※当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ゲーミングPC おすすめモデル 2024年版

更新日:

Steamに登録したのは2009年。現在では300以上ものゲームを所持し、かれこれ15年以上もPCゲームに勤しんできた現役PCゲーマーである筆者が、過去200機種以上を検証・テストした結果から、おすすめのゲーミングPCを紹介しています。

学生でも購入できそうな価格の安い製品から、コアなゲーマー向けのハイスペックな製品、パーツの型番まで指定できる玄人向けの製品など、ジャンルごとにおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

 

目次

 

はじめに

ゲーミングPCとは?

グラフィックカードを搭載している

ゲーミングPCには、3Dゲームができるグラフィックカードが搭載されています。このグラフィックカードの性能が、ゲームの快適性を大きく左右します。グラフィックカードの選び方については、次の見出しで詳細に説明します。

高性能CPUを搭載している

ゲーミングPCは、CPUも比較的高い性能のものが搭載されています。特に最近は高負荷なPCゲームが増えてきたので、求められるCPUも高性能なものが多いです。CPUの選び方も後述します。

冷却性能が高い

高い性能のグラフィックカードは、ゲームをするとかなりの熱を発します。そのため、冷却性能が大事になってきます。ゲーミングPCの場合、ケース内の冷却効率を高めるためにファンを多く搭載していたり、ケースの構造を工夫していたりなど、冷却性能が高くなっています。

デザインがかっこいい

ゲーミングPCは、筐体や内部パーツのLEDが発光したり、派手なデザインが多いです。最近では内部が見えるシースルーパネルのケースが人気です。派手なデザインが苦手な方のために、LEDが一切ないシンプルなデザインのケースもあります。

 

グラフィックカードの選び方

グラフィックカード選びの目安

下表に、グラフィックカード選び方の目安を記載しますので、参考にしてください。使っている液晶ディスプレイと、どの程度のフレームレート、グラフィック設定(画質)でゲームをプレイしたいかでグラフィックカードを決めるといいと思います。

最新世代のRTX 40シリーズは、前世代のRTX 30シリーズと比べて高性能で消費電力も低いです。また、フレームレートを飛躍的に向上させるフレーム生成技術といった、DLSS3機能が利用できるのも大きな特徴です。

どうしても、価格を抑えたいならGeForce RTX 3050あたりがいいでしょう。ゲームをする頻度が少なく、軽めのゲームをカジュアルに楽しみたい方に適しています。

フルHD液晶(1920×1080)をお使いなら、GeForce RTX 4060がコスパが高いと思います。

WQHD液晶(2560×1440)や、FHD液晶 120Hzの高リフレッシュレート液晶を使っているなら、GeForce RTX 4070 SUPERあたりがおすすめです。性能が高く、ワットパフォーマンスにも優れています。

さらに高い4K解像度(3840×2160)の液晶や、240Hzの超高リフレッシュレートの液晶をお使いならRTX 4070 Ti SUPER、予算があるならRTX 4080、最高性能が欲しいならRTX 4090がいいでしょう。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K液晶 高設定+レイトレーシング(DLSS3) GeForce RTX 4090
GeForce RTX 4080 SUPER
GeForce RTX 4080
高設定 GeForce RTX 4080 SUPER
GeForce RTX 4080
WQHD液晶 高設定+高リフレッシュレート液晶 GeForce RTX 4070 Ti SUPER
GeForce RTX 4070 Ti
高設定+レイトレーシング(DLSS3) GeForce RTX 4070 SUPER
GeForce RTX 4070
高設定 GeForce RTX 4060 Ti
FHD液晶 高設定+高リフレッシュレート液晶 GeForce RTX 4070 SUPER
GeForce RTX 4070
高設定+レイトレーシング(DLSS3) GeForce RTX 4060 Ti 8GB
高設定 GeForce RTX 4060
中設定 GeForce RTX 3050
※FHD:1920x1080、WQHD:2560x1440、4K:3840x2160
  • 新世代グラフィックスの比較
  • 旧世代グラフィックスとの比較
3DMark Time Spy - Graphics score

下記の表は3Dグラフィック性能をテストするベンチマーク「3DMARK - Time Spy」のスコアをグラフィックカード別にグラフにしたものです。おおよその性能差が分かると思います。

1月17日より順次発売となる新GPU「RTX 40 SUPER」シリーズは、無印版と置き換わっていきます。

ハイエンド RTX 4090 36298
RTX 4080 SUPER 28391
RTX 4080 28098
ハイミドル RTX 4070 Ti SUPER 24128
RTX 4070 Ti 22597
RTX 4070 SUPER 20785
RTX 4070 17214
ミドル RTX 4060 Ti 8GB 13375
RTX 4060 10339
エントリー RTX 3050 6140
GTX 1660 SUPER 6000
 :RTX 40 SUPERシリーズ
 :現在主流のグラフィックカード
3DMark Time Spy - Graphics score

当サイトにて過去計測してきたグラフィックカードの3DMarkスコアです。ゲーミングPC選びの目安にどうぞ。

 :RTX 40シリーズのグラフィックス
 :現在主流のグラフィックカード

 

その他のパーツの選び方

CPUの選び方

下記の表は各CPUのCINEBENCH R23のスコアです。CPU選びの参考にしてください。ゲーム用途であれば、インテルのCore i7-14700がおすすめです。マルチコア性能が高いのはもとより、シングルコアのスコアも非常に高く、ゲーム向きのプロセッサーです。

ちなみに末尾に「K」がついているとオーバークロック可能ですが、ゲームをするだけならそのような運用はしないと思うので、内蔵グラフィックスを搭載しないFや、K無しでも十分です。ミドルクラスのGeForce RTX 4060くらいのグラボ性能であればCore i5-14400でもいいでしょう。最高性能が欲しいなら、インテルCore i9や、Ryzen 9でもいいでしょう。

CINEBENCH R23(マルチコア)
Core i9-13900K 36658 [PL1:253W]
Core i7-14700K(F) 32909 [PL1:253W]
29233 [PL1:125W]
Ryzen 9 7900X 29007
Core i7-13700K 27496 [PL1:200W]
24092 [PL1:125W]
Core i7-14700F 25763 [PL1:125W]
18074 [PL1:65W]
Core i7-13700F 22470 [PL1:125W]
17187 [PL1:65W]
Ryzen 9 5950X 25000
Ryzen 9 5900X 20251
Ryzen 7 7800X3D 17338
Ryzen 7 5800X 15646
Core i5-14400(F) 15324 [PL1:65W]
Ryzen 7 5700X 13605
Ryzen 5 5500 10605
Ryzen 5 4500 9059
CINEBENCH R23(シングルコア)
Core i9-13900K 2242
Core i7-14700K(F) 2164 [PL1:253W]
2146 [PL1:125W]
Core i7-14700F 2072 [PL1:125W]
2067 [PL1:65W]
Core i7-13700F 2026 [PL1:125W]
2023 [PL1:65W]
Core i7-13700K 2050 [PL1:200W]
2050 [PL1:125W]
Core i7-13700F 2027 [PL1:65W]
Ryzen 9 7900X 2010
Core i5-14400(F) 1771 [PL1:65W]
Ryzen 7 7800X3D 1776
Ryzen 9 5950X 1650
Ryzen 9 5900X 1611
Ryzen 7 5800X 1604
Ryzen 7 5700X 1532
Ryzen 5 5500 1370
Ryzen 5 4500 1215
 :インテル第14・13世代コアシリーズ
CPUクーラーの選び方
CPUクーラーの違い

CPUクーラーは空冷式と水冷式があります。空冷式はファンで直接冷やす仕組みとなっており、価格が安く、メンテナンスもほぼ不要ですが、高い冷却性を求めるとなると、サイズは大きくなり、駆動音も大きくなります。

水冷式はその名の通り、CPUを水の流動で冷やすので冷却性能は高いです。Core i9やRyzen 9などの高性能プロセッサーを搭載するなら水冷式クーラーがいいでしょう。なお、水冷液を冷やすラジエーターサイズが大きいほど冷却性能が高くなります。

Core i5やRyzen 5などのミドルクラスのCPUなら空冷式でも十分ですが、内部の見えるガラスパネルタイプの筐体の場合、水冷式の方が内部がすっきりしていて見栄えも良いです。

メモリの選び方

最近のゲームでは要求スペックも上がり、現在では32GBが主流です。交換しやすいパーツなので、最初は16GBを選択しておいて、容量・速度に不満が出たら、後から換装・増設してもいいでしょう。

規格も現在では帯域幅の広いDDR5が主流ですが、現状ではDDR4とそこまでパフォーマンス差はなく、価格も高いです。予算があり、今後も見据えるなら、DDR5がいいと思います。

電源ユニットの選び方

電源は搭載するグラフィックカードによります。GeForce RTX 4060を搭載したミドルクラスPCなら600Wでも足りると思います。GeForce RTX 4070 SUPERなどを搭載したハイクラスPCを搭載するなら700Wは欲しいです。GeForce RTX 4090を搭載したハイエンドPCは1000Wは欲しいところです。

あとは、80PLUS認定はもちろんですが、Bronzeなのかそれ以上なのかもチェックしましょう。今、BTOパソコンで標準搭載されているのはBronzeが多いと思いますが、SILVER、GOLDなど、より上の品質の電源がおすすめです。

ストレージの選び方

最近のほとんどのゲーミングPCは、NVMe PCIe SSDを搭載しており、読み書き速度が速く、ゲームのロード時間が短縮できるのでこれで問題ありません。

SSDの容量は、最低でも512GBは欲しいです。ただ、最近のゲームは容量も大きくなってきているので、予算があれば1TB SSDにしたり、もう1台SSDを追加してもいいでしょう。足りなくなったら後から自分で増設するのもいいと思います。

PCケースの選び方
PCケースの大きさの違い

サイズの種類は大きい方からフルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、スリムタワー、コンパクトタワーがあります。サイズが大きいほど、エアフロー効率が良く、拡張性、メンテナンス性が高いです。逆にサイズが小さいほどエアフロー効率が悪く、拡張性も低くなりますが、省スペースです。人気なのはミドルタワーおよびミニタワーで、最近ではミニタワーが主流になってきています。

サイズの他には、振動を吸収するゴム足の種類や、裏面配線できるか、掃除がしやすいかなどをチェックすると良いでしょう。また、騒音(動作音)がうるさいかどうかも各レビュー記事でチェックすると良いと思います。

デザインも重要です。PCケースも、ファッションと同じで流行があります。側面パネルがアクリルやガラスパネルになっていて、PC内部が見えるモデルや、RGBライティングで筐体を彩ることができるモデルがPCゲーマーには人気です。

 

おすすめのコスパ最強ゲーミングPC

筆者がおすすめするゲーミングPCです。多くのゲームが快適に動く性能で、なおかつ価格も比較的安い高いコストパフォーマンスのモデルです。グラフィックスはRTX 4060、RTX 4060 Tiなどのミドルクラスをおすすめしています。

マウス NEXTGEAR JG-A7G6T
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 7 5700X
GPU GeForce RTX 4060 Ti
メモリ 16GB(DDR4-3200)
SSD 1TB (NVMe Gen4)
価格 179,800円(税込)
コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC

Ryzen 7 5700XにGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルクラスが17万円台と、コストパフォーマンス抜群のゲーミングPCです。

安価な割には、クロスを形どったフロントパネルに、内部の見えるガラスサイドパネルと、個性的なデザインが特徴です。最新モデルではRGBケースファンが標準搭載されており、天面のボタンで点灯パターンを切り替えることができるので便利です。

また、メッシュパネルと最大6つのファンでエアフロー性能も良く、高負荷時でも静かで、長時間のゲームも集中してプレイすることができます。

他にも安価なモデルがラインナップされているので是非チェックしてみてください。

このページご覧の方だけに

マウスコンピューター製PCを13万円以上ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!詳細はこちらをご覧下さい。

サードウェーブ GALLERIA RM5C-R46T
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR4-3200)
SSD 500GB (NVMe Gen4)
価格 167,979円(税込)
コスパ抜群のGALLERIA人気モデル

最新のインテル第14世代Core i5-14400Fに、GeForce RTX 4060i搭載で16万円台と、こちらも高コスパのミドルクラスゲーミングPCです。

GALLERIAシリーズは、他にも多くのモデルがありますが、最新のインテル第14世代を搭載したミドルクラスでは、人気が高く、コスパも高いと思います。

ブラックとシルバーのツートンカラーと、フロントパネルのLEDが特徴的なデザインです。ケースは冷却性と機能性に優れています。納期も最短で翌日出荷と早いので、すぐにPCゲームを始めることができます。

HP Victus 15L Gaming Desktop
サイズ ミニタワーより小さめ
CPU Core i7-14700F
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR4-3200)
SSD 1TB(M.2 SSD)
価格 159,800円(税込)
驚愕の安さ

人気のRTX 4060搭載モデルが現在セール中でお得です。CPUには最新のインテル第14世代Core i7-14700Fを搭載し、15万円台からとかなり安く購入できます。

PCケースは少しチープ感がありますが、一般的なミニタワーよりも小さいコンパクトな筐体で、デスクサイドに設置しやすいサイズです。設置スペースが狭い方にもおすすめです。

フロントパネルにある「V」字の無限鏡エンブレムが目を引くデザインで、かっこいいです。

このページご覧の方だけに

メーカーさんから特別に、HP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

パソコン工房 LEVELθ M-Class
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR5-4800)
SSD 500GB(M.2 SSD)
価格 159,800円(税込)
デザインが良くコスパも抜群

最新のインテル第14世代Core i5-14400Fに、GeForce RTX 4060搭載のミドルクラス構成が14万円台からと、コスパに特化したWEB限定販売のパソコン工房のゲーミングPCです。

追加オプションでゲーミングモニター、ゲーミングキーボードとマウス、ゲーミングヘッドセットをまとめて購入できるゲーミングスターターキットもあります。

Thermaltakeのミニタワーケースを採用しており、カラーはブラックとホワイトの2色から選択できます。左サイドの強化ガラスパネルはスイングドア式で、内部へのアクセス性も抜群。デザインもゲーミングらしい見た目でかっこいいです。

マウス G-Tune DG-I5G60
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR5-4800)
SSD 1TB (NVMe Gen4)
価格 209,800円(税込)
シークレットサイトから購入できる特別価格

メーカーから特別価格で購入できるシークレットサイトをご提供いただきました。最新世代のCore i5-14400Fに、GeForce RTX 4060を搭載したミドルクラスを20万円台で購入できます。

標準で内部の見えるガラスサイドパネルにっており、ミニタワーでも見た目が良く、ワンプッシュで開くことができるので、メンテナンス性にも優れています。

FHD解像度なら負荷の重い最新のゲームも快適に動作する性能で、ほとんどのゲームが不自由なくプレイできるでしょう。

レノボ Legion Tower 5i Gen 8
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR5-5600)
SSD 512GB (NVMe Gen4)
価格 155,210円(税込)
コスパが高くデザインもいい

最新のインテル第14世代Core i5-14400Fに、GeForce RTX 4060搭載で15万円台と、こちらもコスパの高いゲーミングPCです。

グレーの筐体に、シースルーのガラスサイドパネルから見えるRGBファンや、メッシュのフロントパネルがかっこいいケースです。

背面にRGBライティングを一括でON/OFFができる物理スイッチがあり、奥行きも短いので省スペースです。安くても見た目にもこだわりたい方におすすめです。

 

やや性能高めのハイクラスゲーミングPC

ここでは、やや高めの性能でデザインもいいハイクラスモデルとなるゲーミングPCを紹介します。
フルHD(1920×1080)解像度で高フレームレートを目指す方や、WQHD(2560×1440)解像度でゲームをする方におすすめです。ここでは、RTX 4070、RTX 4070 SUPERなどのハイクラス以上をおすすめしています。

マウス G-Tune DG-I7G7S
サイズ ミニタワー
CPU Core i7-14700F
GPU GeForce RTX 4070 SUPER
メモリ 16GB(DDR5-4800)
価格 27万円台(税込)~
特別価格のRTX 4070を搭載モデル

メーカーから特別に提供していただいたシークレットサイトから購入できる特別モデルです。

Core i7-14700Fに、GeForce RTX 4070 SUPER、DDR5メモリと、最新世代のパーツを登載して27万円台から購入できます。

ケースはシンプルですが、標準で内部の見えるガラスサイドパネルにっており、見た目も良いです。

レビュー記事はこちら シークレットサイトはこちら
HP OMEN 25L DESKTOP
サイズ ミニタワー
CPU Core i7-14700F
GPU GeForce RTX 4070 SUPER
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 24万円台(税込)~
見た目もかっこいいミニタワー

内部の見える強化ガラス製のシースルーサイドパネルと、RGBライティングがかっこいいミニタワー。

サイズが小さいのでデスク上に設置してインテリアとしても映えます。

CPUクーラーは空冷ですが、冷却面も問題ありません。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
このページご覧の方だけに

メーカーさんから特別に、HP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

マウス NEXTGEAR JG-A7G7S
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 7 5700X
GPU GeForce RTX 4070 SUPER
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 22万円台(税込)~
コスパ抜群

Ryzen 7 5700XにRTX 4070 SUPERを搭載して19万円台とコスパが非常に高いです。

ケースデザインも良く、冷却性、静音性に優れ、標準で内部の見えるガラスサイドパネルなど、ゲーミングらしい見た目が特徴です。

LEDは有料オプションですが、なしでもかっこいいです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
サードウェーブ GALLERIA RM5C-R47
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4070
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 22万円台(税込)~
RTX 4070を搭載して22万円台

デザイン性、使いやすさ、冷却性に優れたGALLERIAのミニタワー。

最新世代のCore i5-14400Fに、GeForce RTX 4070を搭載して21万円台とコスパも高いです。

空冷式クーラーに16GBのDDR4メモリですが、なるべく価格を抑えたい方におすすめです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
パソコン工房 LEVELθ M-Class
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4070
メモリ 16GB(DDR5-4800)
価格 20万円台(税込)~
RTX 4070を搭載して20万円台

パソコン工房のコスパに特化したLEVELθ M-ClassのRTX 4070搭載モデル。

Core i5-14400Fに、RTX 4070を搭載して20万円台からとかなり安いです。

CPUはCore i5ですが、なるべく価格を抑えたい方におすすめです。カラーはブラックとホワイトの2色から選択できます。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら

 

安い初心者向けのゲーミングPC

カジュアルにゲームを始めてみたいという初心者の方におすすめのゲーミングPCの紹介です。大き過ぎず、小さ過ぎないミニタワーケース、価格も安く、サポートもしっかりしているメーカーをおすすめします。

フルHD(1920×1080)環境で軽いゲームをする方におすすめです。CPUには安価なRyzen 5 4500、グラフィックスはRTX 3050などのエントリークラスをおすすめしています。FortniteやAPEX、VALORANTなど軽いゲームをプレイするなら十分な性能です。

マウス NEXTGEAR JG-A5G60
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 5 4500
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 13万円台(税込)~
コスパ抜群

CPUはエントリークラスのRyzen 5 4500ですが、グラフィックスにはRTX 4060のミドルクラスを搭載して13万円台とコスパは非常に高いです。

ケースデザインも良く、冷却性、静音性に優れ、標準で内部の見えるガラスサイドパネルなど、ゲーミングらしい見た目が特徴です。

LEDは有料オプションですが、なしでもかっこいいです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
サードウェーブ GALLERIA RM5R-R35
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 5 4500
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 125,980円(税込)~
安価でケースもかっこいい

デザイン性、使いやすさ、冷却性に優れたGALLERIAのミニタワーです。

CPUはRyzen 5 4500にRTX 3050と、旧世代のエントリークラスですが、12万円台と安く、軽めのゲームなら快適に動作します。

安価でケースもかっこいいゲーミングPCが欲しいという方におすすめです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
パソコン工房 LEVELθ M-Class
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 5 4500
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 104,800 円(税込)~
RTX 3050を搭載して9万円台

パソコン工房のコスパに特化したLEVELθ M-Classのエントリーモデルです。

Ryzen 5 4500に、RTX 3050を搭載して10万円台と破格の安さです。

CPUとGPUは旧世代ですが、軽めのゲームなら快適に動作します。

カラーはブラックとホワイトの2色から選択でき、デザインもゲーミングらしい見た目でかっこいいです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら

 

高性能のフラグシップゲーミングPC

ここでは、高い性能でデザインもいいフラグシップモデルとなるゲーミングPCを紹介します。
4K(3840×2160)やレイトレーシングなど高負荷環境でゲームをする方におすすめです。冷却性能の高いミドルタワーやフルタワーケース、グラフィックスはRTX 4080以上のハイエンドがおすすめです。

マウス G-Tune フルタワー
サイズ フルタワー
CPU ~ Core i9-14900KF
~ Ryzen 9 7950X
GPU ~ GeForce RTX 4090
価格 25万円台(税込)~
G-Tune フラッグシップモデル

デザイン性と性能に優れたハイエンド向けのフルタワーゲーミングPCです。フロントパネルは光沢感のある強化ガラス素材で、高級感があります。

冷却性能が優秀で、安定したゲーミングが可能です。

高性能なので4Kや高リフレッシュレートモニターでも、安定してゲームがプレイできます。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
サードウェーブ GALLERIA ミドルタワー
サイズ ミドルタワー
CPU ~ Core i9-14900KF
~ Ryzen 9 7950X
GPU ~ GeForce RTX 4090
~ Radeon RX 7900XTX
Intel Ark A750
価格 16万円台(税込)~
高いコスパのゲーミングPC

デザイン性、使いやすさ、静音性、冷却性に優れたミドルタワーのX-SeriesとZ-Series。

他社より比較的安く、コストパフォーマンスが高いゲーミングPCです。

納期も早く、すぐにPCゲームを始めることができます。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
HP OMEN 45L DESKTOP
サイズ ほぼフルタワー
CPU Core i9-14900K
Core i9-14700K
GPU GeForce RTX 4090
GeForce RTX 4080
価格 50万円台(税込)~
高い冷却性と素敵なデザイン

360mmの大型ラジエーターを、上部に切り離した構造により、冷却効率を格段にアップさせたPCです。

内部の見える強化ガラス製のシースルーサイドパネルに、RGBライティングが魅力的です。

価格は高めですが、外観と冷却性能にこだわるならおすすめです。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
このページご覧の方だけに

メーカーさんから特別に、HP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

デル Alienware Aurora R16
サイズ ミニタワー
CPU ~ Core i9-14900KF
GPU ~GeForce RTX 4090
価格 19万円台(税込)~
デザイン一新でミニマルなAlienware

箱型のミニマルなデザインに一新された、新筐体のエイリアンウェアです。

ガラスパネルやLED、ハニカム状の通気孔などシンプルな見た目の中に、Alienwareの魅力が詰まったケースです。

小さくても性能、冷却性、静音性を兼ね備えています。

構成もエントリークラスからハイエンドクラスまで揃っており、選びやすくなっています。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら
レノボ Legion Tower 7i Gen 8
サイズ ミドルタワー
CPU Core i7-14700KF
GPU GeForce RTX 4070
価格 35万円台(税込)~
レノボのフラッグシップモデル

ストームグレーの筐体に、ガラスパネル、RGBを採用したゲーミングらしいレノボのフラッグシップモデル。

3Dメッシュのフロントパネルと3連のRGBファン、スリットラインが美しいトップパネルが特徴的。

背面にはLEDを一括でオフにできる物理スイッチがあるのも嬉しいところ。

レビュー記事はこちら メーカー直販サイトこちら

 

パーツが色々選べる玄人向けゲーミングPC

パーツ選びが豊富なBTOメーカー・ゲーミングPCの紹介です。コアな方や玄人向け、前もってパーツを吟味したい方向けです。パーツの選択肢ではサイコムが圧倒的ですが、PCケースも画像付きで選択できるパソコンショップ SEVENもおすすめです。ある程度知識があり、自作したいけど、自分で組み立てている時間がない方、組み立てるのが面倒な方にも適していると思います。

パソコンショップ SEVEN
サイズ 選択可
CPU ~ Core i9-14900K
~ Ryzen 9 7950X3D
GPU ~ GeForce RTX 4090
~ Radeon RX 7900 XTX
価格 カスタムの内容による
PCケースやマザーも指定できる

パソコンショップ SEVENは、ほとんどのパーツを細かく指定することができます。

厳選された各パーツが図解入りで表示されるため、イメージしやすく非常に選びやすいです。価格も比較的安いです。

ゲーム特化モデルのZEFTシリーズがおすすめです。静音や水冷仕様モデルなどもあります。

レビュー記事はこちら
サイコム
※画像は旧モデルのG-Master Axilus NEOシリーズ
サイズ ミドルタワー
CPU ~ Core i9-14900K
~ Ryzen 7 5700X
GPU ~ GeForce RTX 4080
~ Radeon RX 7800 XT
価格 カスタムの内容による
信頼性の高いパーツを選択できる

サイコムでは、見た目が美しいG-Master Velox IIシリーズや配信者向け水冷ハイエンドPC、静音モデルなど、こだわりのBTOパソコンを購入することができます。

選択できるパーツには型番が明記され、サイコムによる独自の相性チェッカーにより、安心してカスタマイズが可能です。品質も良く、保証も手厚いです。

メーカー直販サイトはこちら

 

メーカー・ブランド別ゲーミングPC

ここでは、メーカー別、またはゲーミングPCブランド別に、特徴やおすすめのPCを紹介していきます。

マウスコンピューター G-Tune シリーズ
安心性能&24時間サポート可

マウスコンピューターは、長野県の工場で組み立てを行っており、国内生産、高品質、手厚いサポートが特徴です。

ゲーミングPCブランドである「G-Tune 」シリーズは、落ち着いたデザインが多く、ゴテゴテしないシンプルなデザインが好みなら、おすすめです。

サポート面では、3年保証、24時間365日サポートが標準で付いてくる点が大きな特徴です。さらに、最短当日修理、初期不良新品交換、専用ダイヤルによる24時間電話サポートを1つにした「安心パックサービス」を展開しています。特に、初期不良があると何度修理しても直らないことがあるため、初期不良時に新品に交換してくれるサービスは嬉しいです。

価格も比較的安く、コストパフォーマンスも高いです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

G-Tune フルタワーモデル

フルタワー

~ Core i9-14900KF
~ Ryzen 9 7900X

~ GeForce RTX 4090

19万円台(税込)~

光沢のある強化ガラスのフロントパネルがエレガント。最高性能も安心のフルタワーモデル。

レビュー

G-Tune ミニタワーモデル

ミニタワー

~ Core i9-14900F
~ Ryzen 7 7800X3D

~ GeForce RTX 4070

12万円台(税込)~

シンプルでフラットなデザインが特徴。オプションでガラスパネルやホワイトボディにも変更可能。

レビュー

NEXTGEAR JGシリーズ

ミニタワー

~ Ryzen 7 5700X

~ GeForce RTX 4070

9万円台(税込)~

Ryzenプロセッサーを搭載することでコスパを高めた安価なモデル。見た目もかっこいい。

レビュー

このページご覧の方だけに

マウスコンピューター製PCを13万円以上ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!詳細はこちらをご覧下さい。

 

サードウェーブ GALLERIA(ガレリア) シリーズ
カスタマイズしても2日で出荷

BTOパソコンの老舗とも言われるドスパラは、神奈川県の工場で組み立てを行っており、BTOパソコンでありながら、速くて翌日出荷、カスタマイズしても2日で出荷(一部パーツを除く)される、納期の早さが魅力です。早く手に入れたい方におすすめです。

ゲーミングPCブランドである「GALLERIA 」シリーズは、斜めにカットされた使いやすいコンソール、ブラックとシルバーのツートンカラー、フロントパネルを縁取るLEDが特徴的なデザインです。

ドスパラのサポートは、標準1年保証で、3年まで延長可能です。電話対応は24時間、365日受付しています。この他に、落下などのユーザー過失の故障にも対応した月額課金の「セーフティサービス」という保証も実施しています。

価格も比較的安く、コストパフォーマンスも高いです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

GALLERIA ミドルタワー

ミドルタワー

~ Core i9-14900KF
~ Ryzen 9 7950X

~ GeForce RTX 4090

14万円台(税込)~

人気のGALLERIAミドルタワーモデル。重厚感のあるデザインと高い冷却性が特徴。

レビュー

GALLERIA ミニタワー

ミニタワー

~ Core i7-14700F
Ryzen 5 4500

~ GeForce RTX 4070

9万円台(税込)~

GALLERIAミニタワーモデル。安価で実用性はトップクラス。ライトゲーマーに最適。

レビュー

 

パソコン工房 LEVELθ(レベルシータ) M-Class シリーズ
コスパに特化

パソコン工房は、株式会社ユニットコムが展開するパソコンショップの1つで、全国で70店舗以上を展開する国内最大級のパソコン専門店です。パソコン工房の通販および店舗で購入したパソコンは、この店舗に持ち込んで、修理、トラブル相談などのサポートを受けることが可能です。

店舗が近くにない場合でも、365日受付の電話サポートを標準で実施しているため、ネット通販で購入する場合でも安心です。

価格も非常に安く、マウスコンピューターやドスパラと同構成で比較しても、最安値であるケースが多いです。

昨年末に発売を開始した、ゲーミングPCの新ブランド「LEVELθ M-Class」は、WEB限定販売のコストパフォーマンスに特化したゲーミングPCで、Ryzen 5 4500にGeForce RTX 3050搭載のエントリーモデルなら10万円台から購入できるという驚愕の安さです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

パソコン工房 LEVELθ M-Class ホワイトモデル

ミニタワー

Core i5-14400F
Ryzen 5 4500

~ GeForce RTX 4070
~ GeForce RTX 3060 Ti

10万円台(税込)~

10万円台から購入できるコスパに特化したゲーミングPC。ガラスパネルとLEDで見た目もかっこいい。

レビュー

 

HP OMEN / Victusシリーズ
デザインが良く価格も安い

国内ゲーミングPC3年連続シェアNo.1のPCメーカーで、エントリー向けのVictusシリーズと、コアユーザー向けのOMENシリーズがあります。

内部の見えるガラスパネルやRGBライティングと言った、魅せるゲーミングPCとして、デザイン性にこだわったケースが特徴的です。

デザイン性だけでなく、冷却性、メンテナンス性も兼ね備え、配線処理も綺麗です。

モデル販売のみでカスタマイズはできませんが、性能が高く、その割に一部自社製パーツを採用することでコストカットしており、価格も安いです。特に、セール中はかなり安くなる場合が多いので、狙い目です。

標準で1年間引き取り修理サービスが付いており、3年まで延長可能。そのほか、オプションで3年間の出張修理サービスや電話&LINE サポート、お子様向け安心設定サポートなど充実しており、安心して購入することができます。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

HP OMEN 45L DESKTOP

ほぼフルタワー

Core i9-14900K
Core i7-14700K

GeForce RTX 4080 / 4090

59万円台(税込)~

パワフルなハイエンドモデル。冷却効率を高めた「OMEN Cryoチェンバー」とガラスパネル、RGBが特徴的。

レビュー

HP OMEN 40L DESKTOP

ミニタワー

Core i7-14700K
Core i7-13700K

GeForce RTX 4070 Ti

47万円台(税込)~

ガラスパネルと、光る内部やファンが特徴的。電源の区画は別。スペックも高い。

レビュー

HP OMEN 25L DESKTOP

ミニタワー

Core i7-13700F

GeForce RTX 4070 / 4070 Ti

21万円台(税込)~

ガラスサイドパネルとRGBで、デスク上にも設置できるスリムタイプ。スペックも高い。

レビュー

HP Victus 15L Gaming Desktop

ミニタワー

Core i7-13700F
Core i5-13400F

GeForce RTX 4060 / 4060 Ti

12万円台(税込)~

前面のVのエンブレムが特徴的な小さめのミニタワー。セール中だとRTX 4060搭載で12万円台と驚愕の安さ。

レビュー

このページご覧の方だけに

メーカーさんから特別に、当サイト経由でHP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

 

デル ALIENWARE
特徴のある独特なデザイン

近未来的なボディに、複数のゾーンに分けられたRGBイルミネーションと、ワクワクするようなゲーマーの心をくすぐるデザインが特徴的。

最新のAlienware Aurora R16では、ミニマルな箱型デザインへと一新され、実用的でシンプルながらも、ALIENWAREらしい魅力が詰まったゲーミングPCになっています。

最近ではエントリーからハイエンドクラスまで幅広いモデルで展開されており、コアゲーマーでない方も購入しやすくなっています。

標準で24時間365日対応のハードウェアとソフトウェアの「PREMIUM SUPPORT」が付いており、最大5年まで延長が可能。さらに手厚い「PREMIUM SUPPORT PLUS」がオプションで選択でき、安心して購入ができます。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

ALIENWARE AURORA (R16)

ミニタワー

~ Core i9-14900KF

~ GeForce RTX 4090

23万円台(税込)~

デザインが一新された、シンプルでミニマルなAlienware。小型化されつつ冷却性と静音性が向上。

レビュー

 

レノボ Legion Tower
コスパが高くデザインもいい

意外と知られていないレノボのゲーミングブランド「Legion」は、スタイリッシュなデザインとコスパの高さが売りのBTOメーカーです。

特にゲーミングデスクトップである「Legion Tower」シリーズは、ストームグレーの筐体に、シースルーサイドパネル、鎖帷子のような3Dメッシュのフロントパネル、スリットラインが美しいトップパネルなど、細部までこだわったデザインが魅力的です。

モデル販売が主ですが、メモリ、ストレージ、ファンなど、ある程度カスタマイズが可能。

標準で1年間の引取修理保証が付いており、さらにゲーミングに特化した24時間365日のサポートに対応した上級の「Legion Ultimate Support」もあるので、初めてゲーミングPCを購入する方でも安心です。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

Legion Tower 7i Gen 8

ミドルタワー

Core i7-14700KF

GeForce RTX 4070

35万円台(税込)~

3Dメッシュのフロントパネルに3連のRGBファン、スリットラインが美しいトップパネルが特徴的。

レビュー

Legion Tower 5i Gen 8

ミニタワー

Core i7-14700KF
Core i5-14400F

GeForce RTX 4060

15万円台(税込)~

グレーの筐体にシースルーサイドパネル、RGBイルミを搭載。コスパも高く、カジュアルゲーマーにおすすめ。

レビュー

 

パソコンショップ SEVEN
画像を見ながらパーツを選べる

パソコンショップ SEVENでは、数多くのPCパーツを選択することが可能で、カスタマイズ画面では、ケースやマザーボードなど、1つ1つのパーツに画像が掲載されており、完成をイメージしながら選ぶことができるのが特徴です。

価格も安く、選択できる各パーツは、事前に相性チェックを行っているので安心です。

『ZEFT』シリーズというゲーミングPCブランドもあり、安価なモデルからハイエンドモデルまで、ゲームに特化した幅広いモデルが用意されています。

サポートではメールでの問い合わせや電話での問い合わせも迅速丁寧に対応してくれます。

パソコンショップ SEVENの評価は、別途こちらのページにまとめていますので、よかったらご覧ください。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

レビュー構成1

NZXT H7 Whiteケース

Core i9-13900K

GeForce RTX 4090

水冷クーラー

第13世代のCore i9-13900Kに、GeForce RTX 4090を搭載したモンスターPC。

レビュー

レビュー構成2

Silencio S600ケース

Ryzen 9 7900X

Geforce RTX 3060

水冷クーラー

Ryzen 7000シリーズに、静音PCケースを組み合わせたゲーミングPC。

レビュー

 

サイコム Masterシリーズ
高い品質・玄人向けショップ

サイコムでは、パーツの選択肢が圧倒的に多く、1つ1つのパーツに型番が書かれているのが特徴です。独自の相性チェッカーにより、安心してカスタマイズすることができます。

PCケースの種類も豊富で、多くのデザインを取り揃えています。人気で品質の高いパーツを採用しており、信頼性が高いです。

特に品質保証書が付いた高品質なPremium Lineモデルでは、標準で2年の保証が付いており、長期間、安心して使用できます。

ワンランク上の品質のゲームPCが欲しい方、パーツやPCケースにこだわりがある方などにおすすめの玄人向けのPCショップです。

品質が高い割には価格もそれほど高くはなく、さらに延長保証(3年)の価格も安いです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

Premium-Line(以下レビュー構成)

Fractal Design Define 7

Core i9-12900K

GeForce RTX 3070 Ti

水冷式CPUクーラー

品質保証書が付いた高品質なプレミアムモデル。デザインも良く、長期間安心して使用できるBTOパソコン。

レビュー

G-Master Spear(以下レビュー構成)

NZXT CA-H510I White

Core i5-12500

GeForce RTX 3070 Ti

空冷式CPUファン

デザイン性・冷却性・メンテナンス性が優秀。型番を指定して、こだわりのパーツを選べる。

レビュー

 

ツクモ G-GEARシリーズ
パーツ型番がある程度分かるBTOメーカー

ツクモ電機は2009年にヤマダ電機子会社へ事業を譲渡し、現在はヤマダ電機グループとして営業をしています。

サイコムほどではありませんが、ストレージや電源などのパーツの型番がある程度分かるので、安心して購入することが出来ます。それでいて、価格も比較的安いです。

自然故障以外の損害にも対応した3年の延長保証の金額も、比較的安いです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

ツクモ G-GEAR

ミドルタワー

~ Core i9-13900K(F)

~ GeForce RTX 4070 Ti

価格:カスタム内容による

シンプルでオーソドックスな筐体のツクモ G-GEAR。通気性が良く価格も安い。

レビュー

 

FRONTIER ゲーミングPC
セール品が安い 

FRONTIERは約30年の実績のあるBTOパソコンの老舗ブランドです。

価格が安い点が特徴で、セール品は特に安いです。ただし、セール品は、通常モデルよりもややパーツ性能を落としているケースがあります。

保証は、ほとんどの製品が1年保証のみとなります。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

FRONTIER GH(以下レビュー構成)

Phanteks タワーケース

Core i7-13700KF

GeForce RTX 3070 Ti

LIQMAX III ARGB 水冷

冷却性とデザイン性に優れたPCケースを採用。ガラスパネルもかっこいい。

レビュー

 

Astromeda
"魅せる"ゲーミングPC

Astromedaは、きらびやかなRGBライティングに、内部を広々と見渡せるピラーレスタイプのケースを採用した、外観にこだわったゲーミングPCです。

カラーバリエーションはピンク、ブラック、ホワイトの3色から選ぶことができ、ケースファンやCPUクーラーなども色が統一され、美しい見た目が特徴です。さらにこだわりたい方は、オプションで電源スリーブケーブルの色も指定することができます。

標準で360mmの簡易水冷クーラーを搭載しており、計10基のケースファンで冷却性能も高いです。

ラインアップもゲーマーモデルからクリエイター / ストリーマーモデルで分かれており、幅広いです。 

ただし、価格はマウスコンピューターやドスパラのような大手と比べるとやや高めです。コストパフォーマンス重視ではなく、見た目重視の方におすすめです。

メーカーサイトはこちら
ピックアップ製品

Palworld×Astromeda コラボPC

ピラーレスタイプ

Core i5-14400F

GeForce RTX 4060

360mm水冷クーラー標準搭載

パルワールドとのコラボレーションから生まれた、特別仕様のゲーミングPC。

レビュー

ASTROMEDA GAMER

ピラーレスタイプ

Core i5-14400F

GeForce RTX 4060 Ti

360mm水冷クーラー標準搭載

冷却性とデザイン性に優れたPCケースを採用。ガラスパネルもかっこいい。

レビュー

 

ゲーム別おすすめスペック

ゲーム別におすすめのグラフィックカードをまとめています。グラフィックカード選びの参考にしてください。

重い部類のゲーム
Ghost of Tsushima Director's Cut(ゴースト・オブ・ツシマ)
詳しいベンチマーク記事はこちら

PC版『Ghost of Tsushima Director's Cut』では、フレームレート上限が解放され、PCに最適化されたグラフィック、NVIDIA DLSS 3、AMD FSR 3、Intel XeSSなどのアップスケール技術、NVIDIA ReflexとNVIDIA DLAAに対応したほか、21:9のウルトラワイドと32:9のスーパーウルトラワイド、さらには48:9のトリプルモニターにも対応しています。また、DualSense ワイヤレスコントローラーを接続することで、PS5版と同様の臨場感のあるプレイが可能です。

本作はオープンワールドで、最高設定でプレイするとなると負荷が高いものの、DLSSやフレーム生成を利用することで、フレームレートを底上げすることが可能です。FHD解像度でなら、Core i5-14400+GeForce RTX 4060といった、ミドルスペックのゲーミングPCであれば、快適にプレイできるでしょう。

ただし、WQHD解像度、4K解像度、高フレームレートとなると、より高いスペックが求められます。特に4K解像度+最高設定でプレイするとなると、RTX 4080などのハイエンドなグラフィックスが必要となります。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) 非常に高い GeForce RTX 4080
非常に低い GeForce RTX 4070
WQHD(2560x1440) 非常に高い GeForce RTX 4070
非常に低い GeForce RTX 4060
FHD(1920x1080) 非常に高い GeForce RTX 4060
非常に低い GeForce RTX 3050
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14(黄金のレガシー)
詳しいベンチマーク記事はこちら

オンラインゲームであるFF14では、最新拡張パッケージ『黄金のレガシー(パッチ7.0)』以降は4K解像度に対応し、高精細かつ美しい映像へとアップデートが行われる予定です。そのため、これまでよりもやや負荷が重くなるようです。

公開されているベンチマークソフトの結果では、フルHD解像度(1920×1080)の場合RTX 3050以上、WQHD解像度(2560×1440)の場合RTX 4060以上、4K解像度(3840×2160)の場合RTX 4070 SUPER以上の性能のグラボを搭載していれば、快適にプレイ可能です。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) 最高設定 GeForce RTX 4070 SUPER
WQHD(2560x1440) GeForce RTX 4060
FHD(1920x1080) GeForce RTX 3050

 

重い部類のゲーム
パルワールド
詳しいベンチマーク記事はこちら

1月19日にリリースを開始したオープンワールドサバイバルクラフトゲーム「パルワールド」では、フルHD解像度、最高設定でプレイするならミドルクラスのゲーミングPCで十分です。

CPUにはCore i5-13400、最新世代だとCore i5-14400が望ましいです。メモリは16GB以上が推奨です。グラボはRTX 3060またはRTX 4060であれば、平均60 fps以上で快適にプレイが可能です。

WQHD解像度、4K解像度、高フレームレートとなると、より高いスペックが求められます。CPUにはCore i7以上、メモリは32GBが推奨です。グラボはRTX 4060 Ti以上が必要となるでしょう。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4090
最高設定+60 fps GeForce RTX 4070 Ti SUPER
WQHD(2560x1440) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4070 Ti SUPER
最高設定+60 fps GeForce RTX 4060 Ti
FHD(1920x1080) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4070 SUPER
最高設定+60 fps GeForce RTX 4060

 

かなり重い部類のゲーム
ARK: Survival Ascended(ASA)
詳しいベンチマーク記事はこちら

アーリーアクセスが開始されたばかりのリメイク版「ARK: Survival Ascended」は、非常に負荷が重いです。推奨スペックでは、32GB RAM+RTX 4070+SSDという最新ゲーミングPC並の性能を求められます。

FHD解像度、平均60 fps、最低60 fps以上でプレイするには、「低」設定でRTX 4060 Ti、「中」設定でRTX 4070 Ti、高設定でRTX 4080が必要となります。DLSS SRとFGが有効になる「最高」設定では、RTX 4070以上が必須となります。

リメイク前と比較して、「低」設定でも十分綺麗な画質ですが、オープンワールドかつ大量のアセットを用いる本作では、ハイクラス以上のスペックを選択した方が、快適にプレイできると思います。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
FHD(1920x1080) 最高(DLSS SR+FG) GeForce RTX 4070
高設定 GeForce RTX 4080
中設定 GeForce RTX 4070 Ti
低設定 GeForce RTX 4060 Ti

 

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077 / 仮初めの自由(アップデート 2.0)
詳しいベンチマーク記事はこちら

アップデート2.0以前の動作環境では、より高いプロセッサ及び、グラフィックスが要求され、NVMe SSDが推奨とされています。

「ウルトラ」設定で平均60 fps以上でプレイするには、FHD解像度ではRTX 4060、WQHD解像度ではRTX 4060 Ti、4K解像度ではRTX 4080は必要になります。

「レイトレーシング : ウルトラ」設定で平均60 fps以上でプレイするには、DLSS有効でFHD解像度ではRTX 4070、WQHD解像度ではRTX 4080 Ti、4K解像度ではRTX 4080は必要になります。

「パストレーシング」を使用した「レイトレーシング : オーバードライブ」設定で平均60 fps以上でプレイするには、DLSSとDLSS FGを有効でFHD解像度ではRTX 4060 Ti、WQHD解像度ではRTX 4070 Ti、4K解像度ではRTX 4090は必要になります。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) レイトレーシング : OD(DLSSあり) GeForce RTX 4090
レイトレーシング:ウルトラ(DLSSあり) GeForce RTX 4080
ウルトラ設定(DLSSなし) GeForce RTX 4080
WQHD(2560x1440) レイトレーシング : OD(DLSSあり) GeForce RTX 4070 Ti
レイトレーシング:ウルトラ(DLSSあり) GeForce RTX 4070
ウルトラ設定(DLSSなし) GeForce RTX 4060 Ti 8GB
FHD(1920x1080) レイトレーシング : OD(DLSSあり) GeForce RTX 4070
レイトレーシング:ウルトラ(DLSSあり) GeForce RTX 4060
ウルトラ設定(DLSSなし) GeForce RTX 4060

 

かなり重い部類のゲーム
Starfield(スターフィールド)
詳しいベンチマーク記事はこちら

『Starfield』の負荷はかなり重いですが、アップデートによりパフォーマンスが向上し、DLSS SRやフレーム生成に対応したことでかなり安定性が向上しました。

FHD解像度では、ウルトラ設定ならRTX 4060 Ti 8GBで平均60 fps前後、DLSS SRとフレーム生成を有効にすると、RTX 4060でも高いフレームレートで快適にプレイが可能です。

WQHD解像度では、ウルトラ設定ならRTX 4070以上、DLSS SRとフレーム生成を有効にすると、RTX 4060でも平均60 fps以上でプレイが可能です。

4K解像度では、ウルトラ設定ならRTX 4070 Ti以上、DLSS SRとフレーム生成を有効にすると、RTX 4060 Tiでも平均60 fps前後でプレイが可能です。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) ウルトラ設定(DLSS3:オン) GeForce RTX 4060 Ti 8GB
ウルトラ設定(FSR2:オン) GeForce RTX 4070 Ti
WQHD(2560x1440) ウルトラ設定(DLSS3:オン) GeForce RTX 4060
ウルトラ設定(FSR2:オン) GeForce RTX 4070
FHD(1920x1080) ウルトラ設定(DLSS3:オン) GeForce RTX 4060
ウルトラ設定(FSR2:オン) GeForce RTX 4060 Ti 8GB

 

重い部類のゲーム
Hogwarts Legacy(ホグワーツ・レガシー)
詳しいベンチマーク記事はこちら

ホグワーツ・レガシーでは、フルHD環境なら、最新のミドルクラスであれば、最高設定でも快適にプレイすることができます。

フルHD解像度(1920×1080)の場合、最高設定で平均60 fps以上でプレイするにはRTX 4060が必要となります。レイトレーシングを有効にしてプレイする場合はRTX 4060 Tiが必要となります。

WQHD解像度(2560×1440)の場合、RTX 4070で高めのフレームレートで快適にプレイすることができます。レイトレーシングを有効にしてプレイする場合も同様に、RTX 4070でプレイ可能です。

4K解像度(3840×2160)の場合、平均60 fps以上でプレイするにはRT X 4080が必要となります。レイトレーシングを有効にしてプレイする場合も、RTX 4080でプレイ可能です。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) レイトレーシング+最高設定(DLSSあり) GeForce RTX 4080
最高設定(DLSSなし)
WQHD(2560x1440) レイトレーシング+最高設定(DLSSあり) GeForce RTX 4070
最高設定(DLSSなし)
FHD(1920x1080) レイトレーシング+最高設定(DLSSあり) GeForce RTX 4060 Ti
最高設定(DLSSなし) GeForce RTX 4060

 

中程度の重さのゲーム
ARMORED CORE VI(アーマード・コア6)
詳しいベンチマーク記事はこちら

アーマード・コア6では、フルHDやWQHD環境ではそれほど負荷が重くありませんが、4K解像度になると、急激に重くなります。

フルHD解像度(1920×1080)の場合、最高設定で平均60 fps以上でプレイするにはRTX 3050以上、平均120 fpsでプレイするにはRTX 4070が必要となります。

WQHD解像度(2560×1440)の場合、最高設定で平均60 fps以上でプレイするにはRTX 3060以上、平均120 fpsでプレイするにはRTX 4080が必要となります。

4K解像度(3840×2160)の場合、最高設定で平均60 fps以上でプレイするにはRTX 4070以上、平均120 fpsでプレイするには最上位のRTX 4090が必要となります。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4090
最高設定+60 fps GeForce RTX 4070
WQHD(2560x1440) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4080
最高設定+60 fps GeForce RTX 3060
FHD(1920x1080) 最高設定+120 fps GeForce RTX 4070
最高設定+60 fps GeForce RTX 3050

 

中程度の重さのゲーム
Diablo IV(ディアブロIV)
詳しいベンチマーク記事はこちら

ディアブロ IVは、あまり画質を求めないゲーム性ですが、負荷が軽く、エントリークラスでも最高設定で快適にプレイできるタイトルです。

フルHD解像度(1920×1080)では、RTX 3050でも60 fps以上の高めのフレームレートで快適にプレイすることができます。WQHD解像度(2560×1440)では、RTX 3060程度のミドルクラスなら快適に動作します。4K解像度(3840×2160)では、RTX 4060 Tiのハイミドルであれば、快適に動作するでしょう。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) ウルトラ設定 GeForce RTX 4060 Ti
WQHD(2560x1440) GeForce RTX 3060
FHD(1920x1080) GeForce RTX 3050

 

中程度の重さのゲーム
BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)
詳しいベンチマーク記事はこちら

ブループロトコルの負荷はそれほど重くなく、平均フレームレートは高めですが、オンラインゲームなので最低フレームレートも60 fpsを超えていた方が無難です。

フルHD解像度(1920×1080)の場合、最高設定で最低フレームレートが60 fpsを超えるのは、RTX 3060 Ti以上なので、RTX 4060なら快適にプレイできるでしょう。

WQHD解像度(2560×1440)の場合、最高設定で最低フレームレートが60 fpsを超えるのは、RTX 4070以上となり、WQHD環境で快適にプレイするにはRTX 4060 Ti以上は必要となるでしょう。

4K解像度(3840×2160)の場合、最高設定で最低フレームレートが60 fpsを超えるのは、RTX 4090以上となり、WQHD環境で快適にプレイするにはRTX 4080以上は必要となるでしょう。

プレイする場合も同様に、RTX 4080でプレイ可能です。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) 最高画質 GeForce RTX 4090
GeForce RTX 4080
WQHD(2560x1440) RTX 4070
GeForce RTX 4060 Ti
FHD(1920x1080) GeForce RTX 4060

 

中程度の重さのゲーム
STREET FIGHTER 6(ストリートファイター6)

格闘ゲームのストリートファイター6は、60フレームで対戦するゲームなので、平均フレームレートが60 fpsなら快適にプレイできます。HIGHEST設定でも負荷は軽く、フルHD解像度ならエントリークラスでも快適に動作します。

フルHD解像度(1920×1080)の場合RTX 3050以上、WQHD解像度(2560×1440)の場合RTX 3060以上、4K解像度(3840×2160)の場合RTX 4070が必要となります。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) HIGHEST設定 GeForce RTX 4070
WQHD(2560x1440) GeForce RTX 3060
FHD(1920x1080) GeForce RTX 3050

 

軽い部類のゲーム
Fallout 4(フォールアウト4)

実写ドラマ効果でプレイヤー数が急激に伸びている「フォールアウト 4」は、発売から8年以上も経過していているため、無料DLCである「高解像度テクスチャ」を有効にしても、FHD解像度ならエントリークラスのRTX 3050でも動作するほど軽いです。ただ、高解像度MODを入れたり4K解像度でプレイする場合はそれなりのスペックが必要とされます。

フルHD解像度(1920×1080)の場合RTX 3050以上、WQHD解像度(2560×1440)の場合RTX 3060以上、4K解像度(3840×2160)の場合RTX 4070が必要となります。

液晶 グラフィック設定 おすすめグラフィックカード
4K-UHD(3840x2160) ウルトラ設定
高解像度テクスチャ
GeForce RTX 3060
WQHD(2560x1440) GeForce RTX 3050
FHD(1920x1080) GeForce RTX 3050

 

 

おすすめのゲーミングノートPC

おすすめのゲーミングノートPCについては、別記事にまとめています。以下のリンク先をご覧ください。

 

PCゲームベンチマーク一覧

各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。

 

自作PCのメリット・デメリット

BTOで購入する以外でも自作するという方法があります。メリットは自分でパーツを細かく選定できるという点と、パーツ費用だけで済むので価格を自由に抑えることができるという点です。デメリットとしては、サポートがないのでトラブルがあった場合は全て自分で解決しないといけません。

そのため自作するにはある程度PCに関しての知識が必要になりますが、最近のPCパーツは説明書が丁寧に日本語で書かれていて分かりやすいのと、トラブルに見舞われも、ネットで検索すれば、大体は解決する時代です。興味がある方は勇気を出して自作してみるのもいいかも知れません。

逆に知識があっても、社会人で時間が無くて面倒だという理由で、BTO製品を購入する方もたくさんいます。

 

中古ゲーミングPCの注意点

中古ゲーミングPCの注意点ですが、よく見かけるのが、フリーマーケットサイトなどで出品されている中古PC。外観は格好良くていかにもゲーミングPCらしい高性能っぽい情報を羅列しているのですが、実は何年も前の古いパーツをかき集めて、OSだけ最新のものをインストールしたPCが多いです。いわゆる情報弱者を騙すような売り方をしているPCが目立ちます。

また中古ゲーミングPCにはサポートもなく、すぐに故障してしまう可能性も高いので、個人的には中古製品はおすすめしません。少し価格が張ってでも、サポートもしっかりした評価の高いゲーミングPCを購入するのをおすすめします。

ただし、ドスパラなどで販売されている余ったパーツを利用した「リノベーションPC」は、ビデオカードは新品のものを搭載しており、動作テストも行われているので、安心して購入できます。中には本当にお買い得な製品もあるので、店頭に直接行ってみるのもいいでしょう。

 

関連ページ