コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC、マウス NEXTGEAR JGの実機レビュー

更新日:
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 7 7800X3D
Ryzen 7 5700X
Ryzen 7 7700
Ryzen 5 7500F
Ryzen 5 4500
GPU RTX 4070 / 4070 Ti
RTX 4060 / 4060 Ti
GTX 1660 SUPER
メモリ 16GB(最大64GB)
(DDR4 / DDR5)
ストレージ 1TB(最大2TB)
価格[税込] 9万円台~
コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC

NEXTGEAR JGは、コスパに優れたゲーミングPCです。

例えば、Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060、水冷CPUクーラー搭載モデルが、14万円台という安さです。

ユーザーの声を取り入れた個性的なデザインのケースに、ガラスサイドパネルと内部のLEDファンが点灯し、安い割にはデザインも良いです。

メッシュパネルと最大6つのファンでエアフロー性能も良く、その割には高負荷時でも静かで、長時間のゲームも集中してプレイすることが可能です。

公式販売サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

NEXTGEAR JG-A7G7T

Ryzen 7 7800X3DGeForce RTX 4070 Ti、メモリ16GB NEW!

NEXTGEAR JG-A7G6T

Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti、メモリ16GB

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で、マウスコンピューターのサイトへ行きパソコンを13万円以上(税込)ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。マウスコンピューターの製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。詳細は、下のバナーをクリックして下さい。

 

 

目次

お忙しい方は、「NEXTGEAR JGの特徴」のみお読みください。

 

NEXTGEAR JGの特徴

EC限定販売のリーズナブルなゲーミングPC

マウスコンピューターの新ブランドとなるNEXTGEAR JGは、EC限定販売(ネット限定販売)のゲーミングPCです。搭載できるCPUは、コストを抑えるためAMD Ryzenシリーズのみですが、非常に価格が安いです。

例えば、GeForce GTX 1660 SUPER搭載のエントリーモデルなら「99,800円」、GeForce RTX 4060搭載のミドルレンジモデルでも「129,800円~」です。

また、エントリーやミドルクラスのモデルだけでなく、Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Tiを搭載したハイクラスのモデルも登場しています。

価格例(2023年11月20日時点)

 

同スペック帯のG-Tune ミニタワーと価格を比較しても、NEXTGEAR JGは簡易水冷クーラーを標準搭載しているにも関わらず、非常に安く、コスパが高いことが分かります(下表参照)。

なお、G-Tune ミニタワーのシリーズは、インテル第13世代Coreプロセッサーを搭載したモデルもあります。もしこのプロセッサーのほうが良ければ、G-Tune ミニタワーのほうがいいです。Ryzenプロセッサーでも問題なければ、NEXTGEAR JGのほうがおすすめです。

NEXTGEAR JGとG-Tuneミニタワーの同スペック帯での比較
  NEXTGEAR JG G-Tuneミニタワー
 
CPU Ryzen 7 5700X(簡易水冷 240mm Ryzen 7 5700X(空冷)
GPU RTX 4060 Ti 8GB
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 1TB PCIe SSD 512GB PCIe SSD
価格[税込] 169,800円~ 214,800円~
※2023/11/20時点での価格

 

ユーザーの声を取り入れた個性的なデザイン

NEXTGEAR JGシリーズの新筐体は、大規模SNSアンケートによりユーザーの声を取り入れた、個性的なデザインになっています。シンプルでフラットなG-Tune ミニタワーに比べ、クロスを形どったフロントパネルに、「NEXTGEAR」のロゴが印字された標準装備の内部の見えるガラスサイドパネルといった、よりゲーミングらしい見た目が特徴です。

フロントパネルとガラスサイドパネルが特徴的なNEXTGEAR JGシリーズ

 

さらに、+4,400円で赤、紫、青色のLEDケースファンを搭載することができます。点灯する部分はフロントファン×3、トップファン×2、リアファン×1と多いです。内部の見えるガラスサイドパネルにより、よりゲーミングらしい見た目になります。なお、LEDなしを選択した場合は、フロントファンは1基のみとなります。

+4,400で赤、紫、青色のLEDケースファンを搭載できる
赤色LEDケースファン選択時のケース外観

 

メッシュパネルと最大6つのファンで冷却性能も優秀

NEXTGEAR JGシリーズの筐体は、フロントパネルとトップパネルが空気の通りの良いメッシュ仕様になっており、さらに最大6つのファンで内部を効率よく冷却します。裏面配線により内部がすっきりしているので、エアフローも良く、ミニタワーでも冷却性に優れたケースです。GeForce RTX 4070 Tiなどのハイクラスのグラフィックスを搭載しても、熱を気にすることなく、長時間ゲームを安心してプレイすることができるでしょう。

空気の通りの良いメッシュ仕様のフロントパネルとトップパネル
最大6つのファンで内部を効率よく冷却
LEDなしだとフロントケースファンは1基

 

充実したサポートサービス

マウスコンピューターの製品は、サポートサービスが充実しており、標準で1ヶ月の初期不良に1年間のセンドバック修理保証、24時間365日対応の電話サポートが付いています。

また、標準で3年保証が付いているのも嬉しいです。もし他社と価格を比較する際は、このあたりも考慮するといいと思います。

さらにオプションで様々なサポートサービスを追加でき、パソコンに詳しくない方でも安心して購入することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

標準で手厚いサポートが付いてくる

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

CINEBENCH R23のスコアは下の通りです。

Ryzen 7 7800X3Dは3D V-Cacheを採用した、主にゲームで本領を発揮するゲーミングCPUですが、マルチコア、シングルコアともに高いスコアで、クリエイターソフトも快適に動作する性能です。

Ryzen 7 5700Xは、旧世代のCPUですが、8コア16スレッド、TDP65Wで動作するコスパの高いミドルクラスのCPUです。マルチコアでは、Core i5-13400とほぼ同等のスコアが出ており、シングルコアでのスコアもまずまずです。ミドルクラスまでのグラフィックスであれば、Ryzen 7 5700Xでも問題ないでしょう。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Ryzen 7 7800X3D
Ryzen 7 5700X
他のCPUとの比較(マルチコア)
Core i9-13900K 36658 [PL1:253W]
Ryzen 9 7900X 29007
Core i7-13700K 27496 [PL1:200W]
25805 [PL1:160W]
24092 [PL1:125W]
Core i9-12900K 26530 [PL1:241W]
23108 [PL1:125W]
Core i7-13700F 26413 [PL1:181W]
24367 [PL1:140W]
21867 [PL1:95W]
18364 [PL1:65W]
Ryzen 9 5950X 25000
Core i5-13600K 22965 [PL1:253W]
Core i7-12700K 22792 [PL1:190W]
Ryzen 9 5900X 20251
Ryzen 7 7800X3D 17338
Ryzen 7 5800X 15646
Core i5-13400 15358 [PL1:154W]
13400 [PL1:65W]
Ryzen 7 5700X 13605
Core i5-12400F 12164 [PL1:100W]
11505 [PL1:65W]
Ryzen 5 5500 10605
Ryzen 5 4500 9059
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-13900K 2242
Core i7-13700K 2090 [PL1:160W]
2050 [PL1:125W]
Core i7-13700F 2026 [PL1:95W]
Core i9-12900K 2022 [PL1:241W]
2003 [PL1:125W]
Ryzen 9 7900X 2010
Core i5-13600K 1949 [PL1:253W]
Core i7-12700K 1947
Core i5-13400F 1782
Ryzen 7 7800X3D 1776
Core i5-12400F 1715
Ryzen 9 5950X 1650
Ryzen 9 5900X 1611
Ryzen 7 5800X 1604
Ryzen 7 5700X 1532
Ryzen 5 5500 1370
Ryzen 5 4500 1215
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
CINEBENCH 2024
~ CPUとGPU性能の評価 ~
Ryzen 7 7800X3D
GeForce RTX 4070 Ti
Ryzen 7 5700X
GeForce RTX 4060 Ti 8GB

 

グラフィックス

グラフィックカードには、旧世代のGeForce GTX 1660 SUPER、最新世代のGeForce RTX 4060、RTX 4060 Ti 8GB、RTX 4070、RTX 4070 Tiを搭載したモデルに加え、Radeon RXシリーズを搭載したモデルも用意されています。

レビュー機のモデルでは、GeForce RTX 4060 Ti 8GBを搭載しており、FHD環境であれば、負荷の重い最新のゲームも快適に遊べる性能です。

GeForce RTX 4070 Tiもレビューしましたが、WQHD環境でも、高めのフレームレートでゲームができる性能です。

価格をより抑えたい場合や、フルHD解像度で"軽いゲーム"を主にプレイする方は、GTX 1660 SUPERでもいいと思います。

3DMark Time Spy
~ グラフィックス(ゲーム向け)性能の評価 ~
GeForce RTX 4070 Ti
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
RTX 4090 36298
RTX 4080 28098
RTX 4070 Ti 22408
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 4070 17214
RTX 3080 17064
RTX 3070 Ti 14389
RTX 3070 13431
RTX 4060 Ti 8GB 12916
RTX 3060 Ti 11574
RTX 4060 10339
RTX 3060 12GB 8722
GTX 1660 SUPER 6000
3DMark Speed Way
~ グラフィックス(ゲーム向け)性能の評価 ~
GeForce RTX 4070 Ti
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
RTX 4090 9932
RTX 4080 7171
RTX 4070 Ti 5506
RTX 3090 5160
RTX 3080 Ti 5076
RTX 3080 4493
RTX 4070 4329
RTX 3070 Ti 3718
RTX 3070 3425
RTX 4060 Ti 8GB 3129
RTX 3060 Ti 2979
RTX 4060 2491
RTX 3060 12GB 2178
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

メモリ

メモリには、DDR4-3200またはDDR5-4800を搭載しており、帯域幅は以下の通りです。ゲームをするだけなら、DDR4メモリで十分です。

SiSoftware Sandra 2021
~メモリ性能の評価 ~
ADATA 16GB DDR5-4800
ADATA 16GB DDR4-3200
他のメモリとの比較(帯域のベンチマーク)
DDR5-5200
デュアルチャネル
59.71GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
58.58GB/s
42GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
38.10GB/s
31.75GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のデスクトップPCで計測した実測値で、理論的な最大値ではありません

 

ストレージ

ストレージには、標準で1TBのPCIe Gen3 SSDまたはPCIe Gen4 SSDを搭載しています。速度は以下の通りです。速度が欲しい方は、オプションでPCIe Gen4 SSDを選択することもできます。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
ADATA 1TB PCIe Gen4 SSD
ADATA 1TB PCIe Gen3 SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
5314
PCIe Gen3 SSD 3500
2387
SATA SSD 550
HDD 170
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ゲームベンチマーク

ゲームに付属のベンチマーク機能のスコア、または実際にゲームをプレイし、Afterburnerで計測したフレームレートを掲載します。 

NEXTGEAR JG-A7G7T(Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti)

NEXTGEAR JG-A7G7Tでは、3D V-Cacheを採用したゲーミングCPUであるRyzen 7 7800X3Dに、ハイクラスのGeForce RTX 4070 Tiを搭載しています。別PCでの計測結果にはなりますが、Core 9-13900K/RTX 4070 Ti構成のときよりも、フレームレートが高いケースが多かったです。

特に、フルHD解像度でフレームレートが伸びるケースが多かったです。

 

NEXTGEAR JG-A7G6T(Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti 8GB)

NEXTGEAR JG-A7G6Tでは、売れ筋のミドルクラスのGeForce RTX 4060 Ti 8GBを搭載しており、フルHD解像度なら、負荷の重い最新のゲームも高いフレームレートで動作する性能です。

軽めのゲームでは最高設定+120 fps以上を目指すことができます。

さすがに、Core i9-13900Kに同グラフィックスを搭載したPCと比べると、フレームレートはやや劣るケースはあるものの、それほど大きな差はないと思います。

以下のゲームのフレームレートについて
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)。なお、別のPCに搭載されているCPUはCore 9-13900K。
記載されているフレームレートは、平均値。
非常に重い部類のゲーム
ARK: Survival Ascended
解像度 品質 Ryzen 7 7800X3D
GeForce RTX 4070 Ti
最高設定 1920x1080 81 fps ※1
※1 最高設定ではDLSS FG+DLSS SR(バランス)が有効
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 116 fps
RTX 4080 96 fps
RTX 4070 Ti 83 fps [Core i9-13900K]  ※以下同
81 fps [Ryzen 7 7800X3D]  ※以下同
RTX 4070 68 fps
RTX 4060 Ti 8GB 51 fps
重い部類のゲーム
ホグワーツ・レガシー(DX12)
品質 解像度 Ryzen 7 5700X
RTX 4060 Ti 8GB
Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
最高設定 1920x1080 78 fps 125 fps
2560x1440 60 fps 93 fps
3840x2160 32 fps(46 fps) 53 fps(110 fps)
※括弧内のフレームレートは、DLSS FG+DLSS SR(バランス)が有効
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 130 fps
RTX 4080 127 fps
RTX 4070 Ti 125 fps
123 fps
RTX 4070 98 fps
RTX 4060 Ti 8GB 82 fps [Core i9-13900K] ※以下同
78 fps [Ryzen 7 5700X] ※以下同
RTX 4060 67 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 120 fps
RTX 4080 104 fps
RTX 4070 Ti 93 fps
91 fps
RTX 4070 70 fps
RTX 4060 Ti 8GB 61 fps
60 fps
RTX 4060 48 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 80 fps
RTX 4080 62 fps
RTX 4070 Ti 53 fps
53 fps
RTX 4070 39 fps
RTX 4060 Ti 8GB 34 fps
32 fps
RTX 4060 26 fps
重い部類のゲーム
Forza Motorsport
品質 解像度 Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
ウルトラ 1920x1080 123 fps
2560x1440 108 fps
3840x2160 80 fps
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 147 fps
RTX 4080 125 fps
RTX 4070 Ti 123 fps
109 fps
RTX 4070 92 fps
RTX 4060 Ti 8GB 72 fps
RTX 4060 59 fps
RTX 3050 37 fps
他のグラボとの比較(2560×1440)
RTX 4090 133 fps
RTX 4080 113 fps
RTX 4070 Ti 108 fps
96 fps
RTX 4070 80 fps
RTX 4060 Ti 8GB 60 fps
RTX 4060 29 fps
他のグラボとの比較(3840×2160)
RTX 4090 109 fps
RTX 4080 87 fps
RTX 4070 Ti 80 fps
72 fps
RTX 4070 59 fps
RTX 4060 Ti 8GB 42 fps
RTX 4060 22 fps
重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(アップデート 2.0)
品質 解像度 Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
ウルトラ 1920x1080 170 fps
2560x1440 114 fps
3840x2160 53 fps(89 fps)
※括弧内のフレームレートは、フレーム生成有効時の数値
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 168 fps
RTX 4080 167 fps
RTX 4070 Ti 170 fps
163 fps
RTX 4070 136 fps
RTX 4060 Ti 8GB 117 fps
RTX 4060 89 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 157 fps
RTX 4080 140 fps
RTX 4070 Ti 116 fps
114 fps
RTX 4070 80 fps
RTX 4060 Ti 8GB 73 fps
RTX 4060 52 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 85 fps
RTX 4080 68 fps
RTX 4070 Ti 55 fps
53 fps
RTX 4070 35 fps
RTX 4060 Ti 8GB 33 fps
RTX 4060 23 fps
「AMD FSR2.1」有効
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
品質 解像度 Ryzen 7 5700X
RTX 4060 Ti 8GB
Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
高品質 1920x1080 124 fps 205 fps
2560x1440 92 fps 157 fps
3840x2160 50 fps 88 fps
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 223 fps
RTX 4080 217 fps
RTX 4070 Ti 205 fps
202 fps
RTX 4070 172 fps
RTX 4060 Ti 8GB 132 fps
124 fps
RTX 4060 105 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 214 fps
RTX 4080 189 fps
RTX 4070 Ti 157 fps
157 fps
RTX 4070 128 fps
RTX 4060 Ti 8GB 93 fps
92 fps
RTX 4060 74 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 154 fps
RTX 4080 116 fps
RTX 4070 Ti 90 fps
88 fps
RTX 4070 72 fps
RTX 4060 Ti 8GB 52 fps
50 fps
RTX 4060 42 fps
中程度の重さのゲーム
ブループロトコル(DX12)
品質 解像度 Ryzen 7 5700X
RTX 4060 Ti 8GB
Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
最高 1920x1080 158 fps 262 fps
2560x1440 109 fps 184 fps
3840x2160 54 fps 95 fps
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 315 fps
RTX 4080 285 fps
RTX 4070 Ti 262 fps
253 fps
RTX 4070 213 fps
RTX 4060 Ti 8GB 172 fps
158 fps
RTX 4060 140 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 271 fps
RTX 4080 222 fps
RTX 4070 Ti 184 fps
184 fps
RTX 4070 145 fps
RTX 4060 Ti 8GB 112 fps
109 fps
RTX 4060 91 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 162 fps
RTX 4080 119 fps
RTX 4070 Ti 95 fps
95 fps
RTX 4070 74 fps
RTX 4060 Ti 8GB 57 fps
54 fps
RTX 4060 47 fps
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
品質 解像度 Ryzen 7 5700X
RTX 4060 Ti 8GB
Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
最高 1920x1080 166 fps 289 fps
2560x1440 117 fps 198 fps
3840x2160 56 fps 101 fps
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 272 fps
RTX 4080 269 fps
RTX 4070 Ti 289 fps
251 fps
RTX 4070 228 fps
RTX 4060 Ti 8GB 183 fps
166 fps
RTX 4060 148 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 261 fps
RTX 4080 235 fps
RTX 4070 Ti 199 fps
198 fps
RTX 4070 159 fps
RTX 4060 Ti 8GB 119 fps
117 fps
RTX 4060 95 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 185 fps
RTX 4080 133 fps
RTX 4070 Ti 110 fps
101 fps
RTX 4070 81 fps
RTX 4060 Ti 8GB 58 fps
56 fps
RTX 4060 45 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ(DX11)
品質 解像度 Ryzen 7 5700X
RTX 4060 Ti 8GB
Ryzen 7 7800X3D
RTX 4070 Ti
最高 1920x1080 173 fps 267 fps
2560x1440 128 fps 211 fps
3840x2160 62 fps 110 fps
他のグラボとの比較(1920×1080)
RTX 4090 280 fps
RTX 4080 271 fps
RTX 4070 Ti 267 fps
251 fps
RTX 4070 227 fps
RTX 4060 Ti 8GB 199 fps
173 fps
RTX 4060 175 fps
他のグラボとの比較(2560x1440)
RTX 4090 262 fps
RTX 4080 235 fps
RTX 4070 Ti 211 fps
202 fps
RTX 4070 175 fps
RTX 4060 Ti 8GB 138 fps
128 fps
RTX 4060 115 fps
他のグラボとの比較(3840x2160)
RTX 4090 188 fps
RTX 4080 144 fps
RTX 4070 Ti 111 fps
110 fps
RTX 4070 89 fps
RTX 4060 Ti 8GB 67 fps
62 fps
RTX 4060 53 fps

 

レイトレーシングとDLSSのベンチマーク

サイバーパンク2077のベンチマークにおいて、「レイトレーシング : オーバードライブ」設定にしたときのフレームレートを掲載します。なお、RTX 4070 Tiモデルのみ計測しています。

DLSSがOFFだと、60 fpsを下回る低い平均フレームレートですが、DLSSを併用することで大きくフレームレートが伸び、快適にプレイが可能です。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(アップデート 2.0)
RTX 4070 Ti 154 fps [DLSS 3.5]
150 fps [DLSS 3]
92 fps [DLSS 2]
43 fps [DLSS Off]
 :DLSS 3.5(DLSS SR:バランス、DLSS FG:オン、DLSS RR:オン)
 :DLSS 3(DLSS SR:バランス、DLSS FG:オン)
 :DLSS 2(DLSS SR:バランス)
 :DLSS OFF
SR:Super Resolution、FG:Frame Generation、RR:Ray Reconstruction
※いずれも、1920x1080、レイトレーシング : オーバードライブの設定

 

その他のゲームのベンチマーク

上に掲載した以外のゲームのフレームレートについては、下を参考にしてください。

 

クリエイターソフトの処理時間

各クリエイターソフトの処理速度を計測したときの結果を掲載します。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間

ソフトウェアエンコードは、どちらもまずまずの速さです。

x265でのエンコード時間
Core i9-13900K 3分48秒
Ryzen 9 7900X 3分58秒
Core i7-13700KF 4分08秒 [PL1=253W]
4分20秒 [PL1=210W]
4分21秒 [PL1=180W]
Core i7-13700K 4分36秒 [PL1=160W]
4分56秒 [PL1=125W]
Core i9-12900K 4分25秒 [PL1=241W]
5分03秒 [PL1=125W]
Core i5-13600K 5分13秒 [PL1=253W]
Ryzen 9 5900X 5分20秒
Core i7-12700K 5分36秒
Ryzen 7 7800X3D 6分14秒
Core i7-13700F 6分39秒 [PL1:65W]
Core i9-11900K 7分00秒
Ryzen 7 5800X 7分08秒
Core i7-12700F 7分09秒
Ryzen 7 5700X 8分09秒
Core i7-11700K 8分40秒
Ryzen 7 3700X 8分56秒
Core i5-12500 9分18秒 [PL1:65W]
Core i5-12400F 9分56秒 [PL1:65W]
Ryzen 5 5600X 10分00秒
Core i5-11400 11分00秒 [PL1:100W]
13分00秒 [PL1:65W]
Ryzen 5 3500 13分58秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
DaVinci Resolve Studio 18による書き出し時間

DaVinci Resolve Studio 18による書き出し時間では、RTX 4060 TiはNVENCによるデュアルエンコードに対応していませんが、それでも十分高速です。AV1エンコードにも対応しています。

コーデック「H.264」
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分25秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分27秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4080
2分27秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分27秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分30秒
Ryzen 7 7800X3D/16GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分32秒
Core i7-13700F/32GB
GeForce RTX 4070
2分33秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070
2分35秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
2分56秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060
2分56秒
Core i5-13600K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
3分00秒
Ryzen 7 5700X/16GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
3分02秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3060 Ti
3分14秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3060 12GB
3分18秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080 Ti
3分23秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080
3分23秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分26秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3070
3分31秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「明るさ(カーブ)の変更」+「彩度の変更」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、MP4、H.264、2160p 4K Ultra HD、29.97 fpsで書き出したときの時間
コーデック「AV1」
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分37秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4080
2分38秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分38秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分38秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分40秒
Ryzen 7 7800X3D/16GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分42秒
Core i7-13700F/32GB
GeForce RTX 4070
2分44秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070
2分48秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
2分57秒
Core i5-13600K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
2分59秒
Ryzen 7 5700X/16GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
2分59秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060
2分59秒
※ 上と同じ設定で、AV1で書き出したときの時間
Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

Ryzen 7 7800X3DにRTX 4070 Tiを搭載したモデルでは速い書き出し時間です。

Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分29秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分30秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti 8GB
2分34秒
Core i7-14700KF/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分38秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070
2分38秒
Ryzen 7 7800X3D/16GB
GeForce RTX 4070 Ti
2分49秒
Core i5-13600K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
3分03秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060
3分03秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3050
3分30秒
Core i5-13400F/16GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
3分35秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間
※ グラフィックスは全てデスクトップPC用
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

Lightroomの書き出しも速いです。

グラフィックプロセッサー : 書き出し時にGPUを使用
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
23秒
Core i9-13900KF/16GB
GeForce RTX 4090
26秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
26秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3090
26秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4080
27秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080 Ti
30秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080
31秒
Core i7-14700KF/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
32秒
Core i7-13700K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
32秒
Core i7-13700F/32GB
GeForce RTX 4070
37秒
Ryzen 7 7800X3D/16GB
GeForce RTX 4070 Ti
40秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti
47秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060
48秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3060 Ti
56秒
Core i5-13400F/16GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
68秒
※プロファイル補正、露光量+1、シャドウ+10、自然な彩度+10、ノイズ軽減+10を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
Blender Benchmark
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti
Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti
RTX 4090 12494
RTX 4080 9715
RTX 4070 Ti 6564
RTX 3090 6239
RTX 3080 Ti 6154
RTX 4070 6119
RTX 3080 5212
RTX 4060 Ti 8GB 4342
RTX 3070 Ti 4253
RTX 3070 3875
RTX 4060 3552
RTX 3060 Ti 3434
RTX 3060 12GB 2609
NMKD Stable Diffusion GUI 1.11.0によるAIイラスト生成時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
29秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
40秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080 Ti
47秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070 Ti
51秒
Ryzen 7 7800X3D/16GB
GeForce RTX 4070 Ti
51秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3080
56秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4070
57秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3070 Ti
67秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3070
79秒
Core i5-13600K/32GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
84秒
Ryzen 7 5700X/16GB
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
87秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3060 Ti
91秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4060
102秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3060 12GB
116秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 3050
173秒
※モデルはデフォルトの「StableDiffusion-v1.5」を使用
※プロンプトは内容や長さによって生成時間にそれほど影響がないため「Cat」のみで生成
※ステップ数は最大の75、10枚のイラストを生成し、3回計測して最も速かった時間で比較
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
SPECviewperf 2020
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti

 

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU電力およびCPU温度の推移を確認します。なお、レビュー機には、240mmの簡易水冷クーラーが搭載されています。

  • Ryzen 7 7800X3D
    RTX 4070 Ti
  • NEXTGEAR JG-A7G6T
    RTX 4060 Ti 8GB
NEXTGEAR JG-A7G7T
(Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti)

Ryzen 7 7800X3Dの仕様上のTDPは120W、最大動作温度は89℃ですが、本製品のCPU電力は70W前後で推移しており、CPU温度は85℃付近で推移していました。

CPU電力
CPU温度
NEXTGEAR JG-A7G6T
(Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti)

CPU電力は約76Wで推移しています。CPU温度は60℃付近で推移しており、低い温度を維持しています。 エンコード作業などの長時間に及ぶ高負荷環境でも問題ない温度です。

CPU電力
CPU温度

 

ゲーム時のCPU、GPU温度

続いて、ファイナルファンタジー15のゲームベンチマーク実行中のCPUおよびGPU温度を計測しました。

  • Ryzen 7 7800X3D
    RTX 4070 Ti
  • NEXTGEAR JG-A7G6T
    RTX 4060 Ti 8GB
NEXTGEAR JG-A7G7T
(Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti)

CPU温度は60℃後半と70℃後半を行き来しており、問題ない温度です。 GPU温度は最大でも75℃と、こちらも問題ない温度です。長時間ゲームをしても、問題ありません。

CPU温度
GPU温度
NEXTGEAR JG-A7G6T
(Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti)

CPU温度は最大でも63℃と低めの温度で問題ない温度です。 GPU温度は最大でも75℃と、こちらも問題ない温度です。

CPU温度
GPU温度

 

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェックです。

NEXTGEAR JG-A7G7T(Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti)

高性能なパーツを搭載しているため、CPUに負荷がかかるエンコード中やゲーム中は最大48dBと、騒音値もそれなりに高くなりますが、ゲーミングPCとしては普通の騒音値です。

NEXTGEAR JG-A7G6T(Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti 8GB)

ミドルクラスのパーツ構成ということで、ゲーム中でも、ファンの回転率はそれほど高くならず、騒音値は最大でも44dBと、ゲーミングPCとしては低めの騒音値となっています。ヘッドホンなしでもゲームに集中できます。

計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)
左から3番目:FF15 ベンチマーク実行(高品質、1920x1080、ウィンドウ)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

高性能なパーツを搭載しているため、どちらも消費電力は高めです。

NEXTGEAR JG-A7G7T(Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti)
NEXTGEAR JG-A7G6T(Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti 8GB)
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

外観のチェックです。
筐体カラーはブラック。クロスを形どったフロントパネルに、内部の見えるガラスサイドパネルがゲーミングらしいデザインです。

【NEXTGEAR JG-A7G7T】
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti
【NEXTGEAR JG-A7G6T】
Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti

 

トップパネルは風の通りの良いメッシュ仕様。防塵フィルターはマグネット吸着式で掃除が楽です。

 

トップパネルサイドに電源ボタン、USB 3.0 Type-A×2、マイクとヘッドホンジャックがあり、アクセスしやすい構造です。

 

正面と背面です。「NEXTGEAR JG-A7G6T」ではご覧のようなインターフェースになっています。
トップパネルも風の通りの良いメッシュ仕様になっており、3連ファンが新鮮な空気を内部に取り入れます。

 

左側面は、標準で内部の見えるガラスサイドパネルになっており、「NEXTGEAR」のテキストロゴが印字されています。

 

右側面はフラットです。

 

底面からも吸気できるようになっており、こちらの防塵フィルターも掃除がしやすくなっています。

 

底面のインシュレーターは、高めで制震性に優れています。

 

ガラスサイドパネルはワンタッチで開く構造ではなく、ネジを外す必要があります。

 

ケース内部のチェック

以下、搭載されていたパーツの画像を掲載しますが、必ずしもこのパーツが搭載されるとは限りません。ご了承ください。

左側面ケース内部

左側面ケース内部です。電源ユニットが別の区画に配置されているため、ケーブルがごちゃごちゃしておらず、すっきりしています。 「JG-A7G6T」では電源ユニットが見える小窓がありますが、 「JG-A7G7T」では無くなっていました。ケースの仕様が変わったのかもしれません。

【NEXTGEAR JG-A7G7T】LEDなし
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti
【NEXTGEAR JG-A7G6T】LEDあり
Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti

 

マザーボード

Ryzen 7 7800X3Dを搭載したマザーボードには「ASRock A620M」が搭載されていました。

 

Ryzen 7 5700Xを搭載したマザーボードには「ASRock B550M PRO4」が搭載されていました。

 

CPUクーラー

Ryzen 7 7800X3Dを搭載したJG-A7G7Tの水冷CPUクーラーは下記のようなものが搭載されます。メーカーは不明です。240mmのラジエーターはトップに設置されています。

 

Ryzen 7 5700Xを搭載したJG-A7G6Tの水冷CPUクーラーは下記のようなものが搭載されます。こちらもメーカーは不明です。ラジエーターは240mmです。

 

M.2 SSD

M.2 SSDにはマザーボード付属のヒートシンクが装着されています。空きスロットはありません。

【NEXTGEAR JG-A7G7T】
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti

 

M.2 SSDにはマザーボード付属のヒートシンクが装着されています。空きスロットはありません。

【NEXTGEAR JG-A7G6T】
Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti

 

メモリ

搭載されていたメモリです。

ADATA DDR5-4800
ADATA DDR4-3200

 

電源ユニット

Ryzen 7 5700Xを搭載したJG-A7G6Tの電源ユニットにはEnhance製の750W(80PLUS BRONZ)が搭載されていました。Ryzen 7 7800X3Dを搭載したJG-A7G7Tの電源ユニットは確認できませんでしたが、おそらく同じものが搭載されていると思われます。

 

グラフィックボード

搭載されていたGeForce RTX 4070 Tiのグラフィックボードは、MSIの「GeForce RTX 4070 Ti VENTUS 3X 12G」でした。GPU-Zで確認したグラボの詳細は下記の通り、ブーストクロックなどは標準です。また、大型のグラフィックボードには、画像のようなGPUを支えるステーが搭載されるようです。

 

搭載されていたGeForce RTX 4060 Tiのグラフィックカードは、MSIの「GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G」でした。GPU-Zで確認したグラボの詳細は下記の通り、ブーストクロックなどは標準です。

 

右側面ケース内部

右側面のケース内部です。こちらからは電源ユニットにアクセスできます。2.5インチSSDを2台設置できる場所があります。

 

斜めから見たケース内部

斜めから見た画像はご覧のようになっています。

【NEXTGEAR JG-A7G7T】
Ryzen 7 7800X3D、GeForce RTX 4070 Ti
【NEXTGEAR JG-A7G6T】
Ryzen 7 5700X、GeForce RTX 4060 Ti

 

まとめ

以上が、マウスコンピューター NEXTGEAR JGのレビューです。

内部の見えるガラスサイドパネルに、クロスを形どったフロントパネル、LEDファンが個性的なデザインのゲーミングPCです。

+4,400円の追加料金が必要になるLEDはオプションは、「なし」でも十分かっこいいですが、付けるとさらにゲーミングPCらしさが増します。LEDオプションを付けると、フロントファンが1基から3基になるため、冷却面で見ても、損はありません。

フロントとトップパネルがメッシュ仕様にでエアフロー効率が良く、最大6つのファンを搭載しているので、冷却性能も高いです。その割に静音性も高く、デスク横に配置してもゲームに集中できるでしょう。

コストを抑えるためCPUには旧世代のRyzenを搭載している場合もありますが、Ryzen 7 5700Xであれば、RTX 4060 Tiなどのミドルクラスのグラフィックスなら、大きくフレームレートが落ちることもなくゲームができます。

また、エントリーやミドルクラスだけでなく、CPUにRyzen 7 7800X3DやRyzen 7 7700、グラフィックスにGeForce RTX 4070 TiやRadeon RX 7800 XTなどを搭載した、高性能モデルも追加されました。eスポーツタイトルなどフルHD環境で高いフレームレートを求める方はRyzen 7 7800X3Dを搭載したモデルもいいでしょう。

おすすめは、Ryzen 7 5700Xに、ミドルクラスのRTX 4060またRTX 4060 Tiを搭載したモデルです。FHD環境ならほとんどのゲームが快適にでき、コストパフォーマンスも高いです。

EC限定販売になりますが、見た目、冷却性にも優れ、何より価格が安く、コストパフォーマンス抜群のゲーミングPCだと思います。

 

コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC

マウスコンピューター NEXTGEAR JG

特徴

  • EC限定販売製品
  • ガラスサイドパネルとLEDで個性的なデザイン
  • 冷却性、静音性、コスパが優秀

こんなあなたに

  • 安価で見た目の良いゲーミングPCが欲しい方
  • 安価でも冷却性と静音性にこだわる方
  • 価格9万円台[税込]~
公式販売サイトはこちら

 

 

関連ページ