GeForce RTX 4080 のベンチマーク

更新日:

11月16日に「Ada Lovelace」アーキテクチャを採用した、NVIDIAの次世代ハイエンドグラフィックス「GeForce RTX 4080」が発売となりました。

ここでは、「TUF Gaming GeForce RTX 4080 16GB GDDR6X」のグラフィックカードを用いて、3DMarkや各ゲームのフレームレート、レイトレーシングや最新のDLSS3を有効にしたときのフレームレート、AV1エンコード時間などを計測した結果を掲載します。

執筆:ゲーム記事担当"つむじ"

2022.11.20 初稿
2022.12.02 『サイバーパンク2077』ベンチマークを「Patch 1.61」のスコアに修正

目次

 

GeForce RTX 4080 のスコア結果【概要】

前世代のRTX 3080よりも約1.6倍高速

細かい説明は抜きに、「GeForce RTX 4080」が前世代と比較してどのくらい性能が向上したのか知りたい方のために、まずは代表的なベンチマーク「3DMark Time Spy」のスコアを掲載します。

GeForce RTX 4080は、前世代のRTX 3080と比較して約1.6倍、スコアがアップしています。

従来のRTX 3080、RTX 3080 Ti、RTX 3090と比べると、スコアは非常に高いのに、 グラフィックス カード電力はそれほど変わらず、ワットパフォーマンスは極めて優秀です。

RTX 4080は、最上位のRTX 4090と30%ほど性能差がありますが、価格差も30%ほどなので、順当な性能ではないかと思います。"中途半端"、"高すぎる"という意見もありますが、そこまでコスパが悪いわけでもありません。

3DMark Time Spy - Graphics score
RTX 4090 36298
RTX 4080 28098
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 3080 17064
Radeon RX 6800 14520
RTX 3070 Ti 14389
RTX 2080 Ti 13872
RTX 3070 13393
RTX 3060 Ti 11526
RTX 2080 SUPER 11315
RTX 2070 SUPER 9922
RTX 3060 8650
RTX 2070 8605
RTX 2060 SUPER 8482
RTX 2060 7302
RTX 3050 6140
GTX 1660 Ti 6031
GTX 1660 SUPER 6000
GTX 1660 5431
GTX 1650 SUPER 4630
GTX 1650 3336
 :RTX 40シリーズ
 :RTX 4080で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

GeForce RTX 4080の特徴

速さのその先へ。

2022年9月21日、NVIDIA主催のAI技術カンファレンス「NVIDIA GTC 2022」にて発表された「GeForce RTX 4080」は、16GBモデルと12GBモデルの販売が予定されていましたが、“混乱を招く”ということで急遽12GBモデル販売は取り止めとなりました。

新世代となる「NVIDIA Ada Lovelace」アーキテクチャの特徴は以下の3点。

「NVIDIA Ada Lovelace」アーキテクチャの3つの特徴

■ 前世代の最大2倍の性能と電力効率を実現

レイトレーシング性能が最大2倍と飛躍的に向上

AI性能が最大2倍と飛躍的に向上

 

RTX 4080は、従来のRTX 3080と比較して、製造プロセスはSamsung 8Nから、NVIDIA GPU向けに最適化されたTSMC 4Nになり、「Tensor」コアは第4世代、「RTコア」は第3世代へと進化。CUDAコアは微増ではあるものの、ブーストクロックは大きく引き上げられており、性能が大きく向上しています。また、L2キャッシュ容量は前世代から10倍以上の64MBへと大容量化。これにより特に、レイトレーシング性能が大幅に向上しています。

また、グラフィックス カード電力は320Wと、RTX 3080 Ti/RTX 3080以下となっておおり、「前世代の最大2倍の性能を実現」というのが本当なら、電力効率(ワットパフォーマンス)はかなり期待できそうです。

RTX 4090と同様、ビデオエンコーダであるNVENCでは、第8世代に進化し「AV1」に対応。さらに、デュアルエンコードが可能になったことで、配信者や映像クリエイターにとっても大きな強みとなっています。

上位のRTX 4090と比較した場合、GPUコアはAD102ではなくAD103を搭載しています。また、CUDAコア数、Tensorコア数、RTコア数とも、RTX 4090のほうがかなり多くなっています。ただし、 グラフィックス カード電力はRTX 4090のほうがかなり高いです。

仕様比較
  GeForce RTX 4090 GeForce RTX 4080 GeForce RTX 3080
GPUコア  AD102 AD103 GA102-200
GPUアーキテクチャ  Ada Lovelace Ampere
製造プロセス TSMC 4N SAMUSUG 8N
CUDAコア数 16384 9728 8704
Tensorコア数 512(第4世代) 304(第4世代) 272(第3世代)
RTコア数 128(第3世代) 76(第3世代) 68(第2世代)
定格クロック 2.23 GHz 2.21 GHz 1.44 GHz
ブーストクロック 2.52 GHz 2.51 GHz 1.71 GHz
L2キャッシュ容量 72MB 64MB 5MB
メモリタイプ GDDR6X
メモリ容量 24GB 16GB 10GB
メモリスピード 21 Gbps 22.4 Gbps 19 Gbps
メモリバス幅 384 bit 256 bit 320 bit
メモリ帯域幅 1008 GB/s 716.8 GB/s 760 GB/s
DLSS 3 2
NVENC 第8世代×2 第7世代
グラフィックス
カード電力
450W 320W 350W/320W
推奨電源 850W 750W
販売価格(税込) 約31万円 約24万円 約13万円

 

テスト環境

テストに使用したグラフィックカード

今回の検証に使用したグラフィックカードは「TUF Gaming GeForce RTX 4080 16GB GDDR6X」です。価格は税込 239,800円と余裕の20万超えです。

発売から5日が経過した今でも在庫が多数残っているのを見ると、やはり“高すぎる”というユーザーの素直な意見が、そのまま売り場にも反映されているのかもしれません。

「TUF Gaming GeForce RTX 4080 16GB GDDR6X」の詳細については下記をご覧ください。

 

外箱です。八角形なのが特徴的です。

 

グラフィックカード本体の他に12VHPWR電源ケーブル、グラフィックカードホルダー、Hook & Loopが付属しています。

 

カード寸法は348.2(L)mm x150(W)mm x72.6(H)mmと、サイズ感は先のRTX 4090とほぼ変わりません。質量は実測で1939gとノートPC本体と同等の重さです。

 

手持ちのRTX 4090とRTX 3080 Tiとサイズを比較してみました。サイズはRTX 4090とほぼ同じで、RTX 3080 Tiよりひと回り大きいです。

「ZOTAC GAMING GeForce RTX 4090 Trinity OC 」と比較
「GALAKURO NVIDIA GEFORCE RTX 3080 Ti」と比較

 

3連ファンには冷却性能に優れたAxial-techファンと、耐久性の高いデュアルボールファンベアリングが採用されています。セミファンレスなので、低温の時はファンが停止し、駆動中の音も静かです。

 

バックプレートです。一部ヒートシンクを剥き出しにすることで通気性を高めています。グラフィックカードというよりは、グラフィックボックスという表現が合うかもしれません。

 

映像出力端子はDisplayPort 1.4aが3ポート 、 HDMI 2.1が2ポートとなっています。

 

電源コネクタはRTX 4090と同様、新規格の16ピンとなっています。

 

付属の変換ケーブル「12VHPWR電源ケーブル」を接続して使用します。RTX 4090では8ピン×4を一本に集約していましたが、RTX 4080では8ピン×3になっています。

 

接続方法は以下の通り、8ピンを3本用意して1本ずつ接続します。8ピン2股での接続はNGです。発火の危険性があります。グラフィックスカードに挿す12VHPWRケーブルも、奥までしっかり挿さないと、発火の危険性があるのでご注意ください。

 

NZXT H7 Whiteケース、ASRock Z790 Pro RSマザーボードに接続してみました。グラフィックカードのブラケットは2スロットですが、ヒートシンクとファンを含めると実質3.5スロットほど占有します。

サイズと重さ、接続ケーブルも多いので、大きめのPCケースがおすすめです。また、重さでマザーボードに負荷がかかるので、GPUサポートで支えるか、横置きに対応したオープンフレーム構造のPCケースがおすすめです。

 

付属のグラフィックカードホルダーは細くて軽いので頼りになりません。長尾製作所などのVGAサポートの使用をおすすめします。いちおうドライバーにはなるので使い道はあります。

 

電源を入れると側面のLEDが点灯します。

 

「TUF Gaming GeForce RTX 4080 16GB GDDR6X」のGPU-Zの結果は、次のようになっています。
GPUクロックなどは標準通りの数値となっています。

GPU-Zの結果

 

テストに使用したPC

GeForce RTX 4080のベンチマークを測定するにあたって、テストに使用したPCの構成は以下の通りです。パソコンショップSEVENで購入した、NZXT H7 Whiteケースに、CoolerMasterの1000W電源、Raptor Lake-Sの最上位モデル「Core i9-13900K」を搭載したゲーミングPCです。レビュー記事はスペック表下のリンク先からご覧ください。

レビュー機の構成
OS Windows 11(22H2)
CPU Core i9-13900K
ケース NZXT H7 White
マザーボード ASRock Z790 Pro RS(最新のBIOS 3.12にアップデート済み)
CPUクーラー CoolerMaster PL360 FLUX [水冷]
メモリ Crucial DDR5-4800 32GB(16GB×2)
ストレージ SSD WD Black SN850X [PCIe Gen4x4 NVMe 1TB]
電源 CoolerMaster V1000 Platinum [1000W]

 

3DMark ベンチマークスコア

ここではゲーミングPC向けのDirectX 12ベンチマークである「Speed Way」と「Time Spy」のスコアを掲載しています。

新世代向けのベンチマーク「Speed Way」では、リアルタイムのレイトレーシングやグローバルイルミネーションなども含まれるため、負荷が非常に重く、6GB以上のVRAMを搭載したグラフィックカードが必須となります。

RTX 4080のスコアは、RTX 3080 Tiと比較して約1.5倍、RTX 3080と比較すると約1.6倍のスコアアップとなります。

RTX 4090と比較した場合、RTX 4090はRTX 4080より、1.3~1.4倍ほどスコアが高いです。

Speed Way(DX12) - Graphics score
RTX 4090 9932
RTX 4080 7171
RTX 3090 5160
RTX 3080 Ti 5076
RTX 3080 4493
RTX 3070 Ti 3718
RTX 3070 3396
Time Spy(DX12) - Graphics score
RTX 4090 36298
RTX 4080 28098
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 3080 17064
RTX 3070 Ti 14389
RTX 3070 13393

 

ゲームベンチマークスコア

各ゲームベンチマークでのスコア比較です。いずれもグラフィック設定を最高設定にした場合のフレームレート結果となります。なお、負荷が重い部類のゲームのみ、最低フレームレートも記載しています。
RTX 4080は、重いゲームでも、4K最高設定で60 fpsを上回るフレームレートが出ており、RTX 30シリーズと比較するとスコアの上昇率が凄まじいです。

RTX 4090と比較すると、4K解像度では、1.3~1.4倍の差がついていますが、FHD解像度では、グラフィックス以外のCPUなどがボトルネックになるためなのか、ほとんど差がないゲームタイトルもありました。FHD環境でゲームをする場合、タイトルによってはRTX 4080でも十分なケースもあるでしょう。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DX12)(Patch 1.61)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 84 fps 180 fps
2560x1440 90 fps 147 fps
3840x2160 57 fps 72 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 184 fps
RTX 4080 180 fps
RTX 3080 Ti 163 fps
RTX 3090 160 fps
RTX 3080 146 fps
RTX 3070 Ti 127 fps
RTX 3070 104 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 167 fps
RTX 4080 147 fps
RTX 3080 Ti 109 fps
RTX 3090 107 fps
RTX 3080 96 fps
RTX 3070 Ti 83 fps
RTX 3070 71 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 86 fps
RTX 4080 72 fps
RTX 3090 55 fps
RTX 3080 Ti 54 fps
RTX 3080 47 fps
RTX 3070 Ti 40 fps
RTX 3070 36 fps
重い部類のゲーム
Forza Horizon 5(DX12)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
エクストリーム 1920x1080 171 fps 203 fps
2560x1440 154 fps 176 fps
3840x2160 126 fps 111 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 244 fps
RTX 4080 203 fps
RTX 3090 130 fps
RTX 3080 Ti 122 fps
RTX 3080 114 fps
RTX 3070 Ti 106 fps
RTX 3070 101 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 217 fps
RTX 4080 176 fps
RTX 3090 115 fps
RTX 3080 Ti 108 fps
RTX 3080 101 fps
RTX 3070 Ti 91 fps
RTX 3070 88 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 168 fps
RTX 4080 111 fps
RTX 3090 86 fps
RTX 3080 Ti 83 fps
RTX 3080 76 fps
RTX 3070 Ti 67 fps
RTX 3070 64 fps
重い部類のゲーム
レッド・デッド・リデンプション2(VULKAN)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 82 fps 151 fps
2560x1440 45 fps 143 fps
3840x2160 37 fps 99 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 170 fps
RTX 4080 151 fps
RTX 3090 122 fps
RTX 3070 Ti 120 fps
RTX 3080 113 fps
RTX 3070 Ti 98 fps
RTX 3070 94 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 162 fps
RTX 4080 143 fps
RTX 3090 108 fps
RTX 3080 Ti 102 fps
RTX 3080 97 fps
RTX 3070 Ti 81 fps
RTX 3070 77 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 127 fps
RTX 4080 99 fps
RTX 3090 74 fps
RTX 3080 Ti 70 fps
RTX 3080 66 fps
RTX 3070 Ti 54 fps
RTX 3070 50 fps
重い部類のゲーム
ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界(DX12)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 194 fps 244 fps
2560x1440 154 fps 183 fps
3840x2160 85 fps 100 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 269 fps
RTX 4080 244 fps
RTX 3090 177 fps
RTX 3080 Ti 177 fps
RTX 3080 160 fps
RTX 3070 Ti 138 fps
RTX 3070 115 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 240 fps
RTX 4080 183 fps
RTX 3090 130 fps
RTX 3080 Ti 130 fps
RTX 3080 116 fps
RTX 3070 Ti 98 fps
RTX 3070 92 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 144 fps
RTX 4080 100 fps
RTX 3090 76 fps
RTX 3080 Ti 75 fps
RTX 3080 67 fps
RTX 3070 Ti 55 fps
RTX 3070 51 fps
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
高品質 1920x1080 139 fps 217 fps
2560x1440 119 fps 189 fps
3840x2160 80 fps 115 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 223 fps
RTX 4080 217 fps
RTX 3090 158 fps
RTX 3080 Ti 155 fps
RTX 3080 135 fps
RTX 3070 Ti 133 fps
RTX 3070 127 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 214 fps
RTX 4080 189 fps
RTX 3090 133 fps
RTX 3080 Ti 131 fps
RTX 3080 116 fps
RTX 3070 Ti 104 fps
RTX 3070 98 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 154 fps
RTX 4080 115 fps
RTX 3090 85 fps
RTX 3080 Ti 82 fps
RTX 3080 75 fps
RTX 3070 Ti 63 fps
RTX 3070 59 fps
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
品質 解像度 平均 fps
最高 1920x1080 263 fps
2560x1440 233 fps
3840x2160 135 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 268 fps
RTX 4080 263fps
RTX 3090 168 fps
RTX 3080 Ti 164 fps
RTX 3080 157 fps
RTX 3070 Ti 156 fps
RTX 3070 147 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 259 fps
RTX 4080 233 fps
RTX 3090 152 fps
RTX 3080 Ti 150 fps
RTX 3080 140 fps
RTX 3070 Ti 129 fps
RTX 3070 117 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 183 fps
RTX 4080 135 fps
RTX 3090 96 fps
RTX 3080 Ti 93 fps
RTX 3080 83 fps
RTX 3070 Ti 71 fps
RTX 3070 63 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ(DX11)
品質 解像度 平均 fps
最高 1920x1080 271 fps
2560x1440 235 fps
3840x2160 144 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 4090 280 fps
RTX 4080 271 fps
RTX 3090 192 fps
RTX 3080 Ti 189 fps
RTX 3080 187 fps
RTX 3070 Ti 175 fps
RTX 3070 172 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 4090 262 fps
RTX 4080 235 fps
RTX 3090 168 fps
RTX 3080 Ti 167 fps
RTX 3080 157 fps
RTX 3070 Ti 141 fps
RTX 3070 137 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 4090 188 fps
RTX 4080 144 fps
RTX 3090 110 fps
RTX 3080 Ti 108 fps
RTX 3080 97 fps
RTX 3070 Ti 82 fps
RTX 3070 75 fps

 

DLSS有効時のスコア

次に、ディープラーニング スーパー サンプリング(DLSS)の効果を計測するベンチマークスコアを掲載します。GeForce RTX 40シリーズでは第4世代「Tensor」コアに、進化した「DLSS3」により、従来の超解像技術に加え、フレーム生成技術を追加することでフレームレートをさらに高められるようになりました。

3DMark - NVIDIA DLSS feature test

NVIDIA DLSS feature testの結果は、下表の通りです。10月19日にアップデートでDLSS3に対応しました。なお、DLSS3実行条件は以下の通りになります。

NVIDIA DLSS3 実行条件

■ RTX40シリーズのグラフィックカードと最新ドライバ

■ Windows 10バージョン21H2以上

■Windows 10設定の「ハードウェア アクセラレータによる GPUスケジューリング」をオン
(Windows 11ではデフォルトでオン)

■DX12でゲームを起動

 

GeForce RTX 4080は、従来のDLSS2だと、WQHD解像度でフレームレートの伸びは約2.3倍、4K解像度では約2.6倍アップしています。DLSS3だと、WQHD解像度でフレームレートの伸びは約2.4倍、4K解像度ではなんと3倍以上フレームレートがアップしています。

NVIDIA DLSS feature test (2560x1440)
RTX 4090 245 fps [DLSS ON]
235 fps [DLSS ON]
115 fps [DLSS OFF]
RTX 4080 200 fps [DLSS ON]
188 fps [DLSS ON]
83 fps [DLSS OFF]
RTX 3090 130 fps [DLSS ON]
59 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 Ti 126 fps [DLSS ON]
58 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 116 fps [DLSS ON]
51 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 Ti 94 fps [DLSS ON]
40 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 91 fps [DLSS ON]
38 fps [DLSS OFF]
NVIDIA DLSS feature test (3840x2160)
RTX 4090 173 fps [DLSS ON]
138 fps [DLSS ON]
56 fps [DLSS OFF]
RTX 4080 132 fps [DLSS ON]
102 fps [DLSS ON]
39 fps [DLSS OFF]
RTX 3090 73 fps [DLSS ON]
29 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 Ti 70 fps [DLSS ON]
28 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 63 fps [DLSS ON]
24 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 Ti 51 fps [DLSS ON]
19 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 48 fps [DLSS ON]
17 fps [DLSS OFF]
 :DLSS3 ONの場合
 :DLSS2 ONの場合

 

ゲームベンチマークスコア

実際のゲームのベンチマークでのDLSS有効時のフレームレートです。「サイバーパンク2077」ではまだDLSS3に対応していないので、DLSS2での計測結果となります。RTX 4080、4K解像度でのDLSS2のフレームレートの伸び率は約1.5倍でした。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DLSS : 自動)
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、ウルトラ
RTX 4090 123 fps [DLSS ON]
76 fps [DLSS OFF]
RTX 4080 110 fps [DLSS ON]
72 fps [DLSS OFF]
RTX 3090 96 fps [DLSS ON]
47 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 Ti 94 fps [DLSS ON]
45 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 88 fps [DLSS ON]
42 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 Ti 72 fps [DLSS ON]
33 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 68 fps [DLSS ON]
32 fps [DLSS OFF]
 :DLSS2 ONの場合

 

レイトレーシング有効時のスコア

続いて、リアルタイムレイトレーシングのベンチマークスコアです。GeForce RTX 40シリーズでは、第3世代の「RTコア」によりレイトレーシング機能も大幅に強化されています。

3DMark - Port Royal

3DMARKのリアルタイムレイトレーシングベンチマークテスト「Port Royal」のベンチマーク結果です。

こちらは、RTX4090は、RTX 3080と比較すると約1.6倍スコアがアップしています。一方、RTX 4090のほうがRTX4080よりも、約1.4倍スコアが高くなっており、割と大きな差があります。

Port Royal - Graphics score
RTX 4090 25704
RTX 4080 17869
RTX 3090 12904
RTX 3080 Ti 12453
RTX 3080 11052
RTX 3070 Ti 8742
RTX 3070 8200
RTX 3060 Ti 6918
RTX 3060 5062

 

3DMark - DirectX Raytracing

3DMarkの「DirectX Raytracing feature test」のベンチマーク結果です。このテストでは、シーン全体をレイトレーシングでレンダリングするため、純粋なレイトレーシング(DXR)性能を見ることができます。

こちらはRTX 3080と比較すると約1.8倍スコアがアップしています。しかし、RTX 4090と比較すると、RTX 4090のほうがRTX 4080よりも、約1.6倍もスコアが高いです。

DirectX Raytracing feature test - 平均フレームレート (2560x1440)
RTX 4090 137 fps
RTX 4080 84 fps
RTX 3090 55 fps
RTX 3080 Ti 54 fps
RTX 3080 46 fps
RTX 3070 Ti 33 fps
RTX 3070 31 fps

 

ゲームベンチマーク

レイトレーシングのみON

レイトレーシング機能を使ったゲームのベンチマークスコアです。

レイトレーシングのみを有効にしたサイバーパンク2077のゲームベンチマークでは、従来のハイエンドグラフィックスと比較して、フレームレートは非常に高いです。RTX 4080は、RTX 3080と比較すると、FHD解像度、WQHD解像度ともに約1.7倍、フレームレートが高かったです。ただ、4K解像度については、RTX 4080でも30fpsしか出ませんでした。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DX12)
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
レイトレ : ウルトラ
DLSS : オフ
1920x1080 75 fps 100 fps
2560x1440 49 fps 63 fps
3840x2160 23 fps 30 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、最高
RTX 4090 114 fps
RTX 4080 100 fps
RTX 3090 67 fps
RTX 3080 Ti 64 fps
RTX 3080 59 fps
RTX 3070 Ti 48 fps
RTX 3070 45 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440、最高
RTX 4090 80 fps
RTX 4080 63 fps
RTX 3090 43 fps
RTX 3080 Ti 42 fps
RTX 3080 38 fps
RTX 3070 Ti 30 fps
RTX 3070 28 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高
RTX 4090 42 fps
RTX 4080 30 fps
RTX 3090 21 fps
RTX 3080 Ti 21 fps
RTX 3080 18 fps
RTX 3070 Ti 13 fps
RTX 3070 11 fps
重い部類のゲーム
Bright Memory Infinite Ray Tracing Benchmark
品質 解像度 最低 fps 平均 fps
RTX : High
DLSS : オフ
1920x1080 83 fps 118 fps
2560x1440 51 fps 72 fps
3840x2160 26 fps 33 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、最高
RTX 4090 152 fps
RTX 4080 118 fps
RTX 3090 81 fps
RTX 3080 Ti 80 fps
RTX 3080 70 fps
RTX 3070 Ti 54 fps
RTX 3070 50 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440、最高
RTX 4090 100 fps
RTX 4080 72 fps
RTX 3090 50 fps
RTX 3080 Ti 50 fps
RTX 3080 43 fps
RTX 3070 Ti 35 fps
RTX 3070 31 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高
RTX 4090 49 fps
RTX 4080 33 fps
RTX 3090 25 fps
RTX 3080 Ti 24 fps
RTX 3080 20 fps
RTX 3070 Ti 15 fps
RTX 3070 13 fps

 

レイトレーシング+DLSS をオン(4K)

レイトレーシングとDLSSを併用した際のゲームのベンチマークスコアです。RTX 40シリーズでは、レイトレーシングによる高負荷も、DLSS機能と併用することでフレームレートが大幅に向上します。

いずれも4K解像度のみの結果です。従来のハイエンドグラフィックスでは60 fpsには届かないタイトルがほとんどでしたが、RTX 4080では平均 84fpsと非常に高い結果です。RTX 3080と比較して、約1.7倍フレームレートが伸びています。

サイバーパンク2077(3840×2160)
(レイトレーシング : ウルトラ+DLSS : 自動)
RTX 4090 101 fps [DLSS ON]
42 fps [DLSS OFF]
RTX 4080 84 fps [DLSS ON]
30 fps [DLSS OFF]
RTX 3090 57 fps [DLSS ON]
21 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 Ti 56 fps [DLSS ON]
21 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 50 fps [DLSS ON]
18 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 Ti 41 fps [DLSS ON]
13 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 38 fps [DLSS ON]
11 fps [DLSS OFF]
Bright Memory Infinite Ray Tracing Benchmark(3840×2160)
(RTX : High+DLSS : Performance)
RTX 4090 129 fps [DLSS ON]
49 fps [DLSS OFF]
RTX 4080 97 fps [DLSS ON]
33 fps [DLSS OFF]
RTX 3090 66 fps [DLSS ON]
25 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 Ti 66 fps [DLSS ON]
24 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 58 fps [DLSS ON]
20 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 Ti 47 fps [DLSS ON]
15 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 41 fps [DLSS ON]
13 fps [DLSS OFF]
※解像度は全て4K(3840x2160)
 :DLSS2 ONの場合

 

クリエイター向けソフトのベンチマークスコア

以下、各クリエイター向けソフトの処理時間を掲載します。GeForce RTX 40シリーズでは、NVIDIA独自のエンコード形式「NVENC」が第8世代に進化し、対応しているソフトならデュアルエンコードにより処理時間がさらに速くなります。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間です。グラフィック性能が向上している分、書き出しが速くなっています。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分27秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分30秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080 Ti
2分57秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080
2分57秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3090
3分00秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分03秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070
3分11秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間

 

TMPGEnc Video Mastering Works 7 による書き出し時間

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるH.265/HEVCでのエンコード時間は下記の通りです。
RTX 4080はRTX 4090と同じエンコード時間で、どちらも高速です。

TMPGEnc Video Mastering Works 7による書き出し時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
41秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
41秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3090
52秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080 Ti
52秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080
53秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070 Ti
54秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070
54秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※ NVIDIAのGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー

 

DaVinci Resolve Studio 18 による書き出し時間

Davinci Resolveでは、18.1から正式にNVIDIA AV1に対応しました。

下記のグラフはH.264およびNVIDIA AV1による動画の書き出し時間です。

H.264による書き出し時間は、GeForce RTX 40シリーズは、旧世代のグラフィックスと比べると短いです。

AV1による書き出し時間は、RTX 4090と4080のみ計測しています。どちらもほぼ同じ時間でしたが、RTX 4080の方がRTX 4090より、わずかに短い時間となりました。

DaVinci Resolve Studio 18による書き出し時間
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.264で変換したときの時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分25秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分27秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080 Ti
3分23秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080
3分23秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3090
3分24秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分26秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分31秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「明るさ(カーブ)の変更」+「彩度の変更」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、MP4、H.264、2160p 4K Ultra HD、29.97 fpsで書き出したときの時間
XAVC Sの動画(約2分、4K)をAV1で変換したときの時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
2分37秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
2分40秒
※ 上と同じ設定で、AV1で書き出したときの時間

 

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間も、RTX 4090には及ばないものの高速です。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4090
23秒
Core i9-13900K/32GB
GeForce RTX 4080
26秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3090
26秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080 Ti
30秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3080
32秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070 Ti
48秒
Ryzen 9 7900X/64GB
GeForce RTX 3070
48秒
※プロファイル補正、露光量+1、シャドウ+10、自然な彩度+10、ノイズ軽減+10を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

Blender Benchmarkによるレンダリングスコア

3D CGソフト「Blender」のベンチマークスコアです。

RTX 40シリーズのレンダリング速度はズバ抜けて高く、RTX 4080のスコアは9393と、RTX 3080の約1.8倍のスコアとなっています。

Blender Benchmark Score
RTX 4090 12494
RTX 4080 9393
RTX 3090 6239
RTX 3080 Ti 6154
RTX 3080 5212

 

GPU温度のチェック

GPU温度のチェックです。RTX 40シリーズは、その大きさから発熱が高めかと思いましが、実際は意外と低く、冷却速度も速いです。

下記の画像はゲームベンチマーク実行中のGPU温度の推移をグラフ化したものです。計測時の部屋温度はいずれも26℃に設定しています。

ゲーム中の温度はいずれも50℃後半から60℃前半と低めです。ベンチマーク終了後、30秒もせずに40℃前半にまで下がるので、冷却性能はかなり高いです。伊達にでかいヒートシンクと3連ファンを搭載していません。

ゲームベンチマーク実行中のGPU温度
サイバーパンク2077(3840×2160、レイトレ:ウルトラ)
Forza Horizon 5(3840×2160、エクストリーム)

 

消費電力のチェック

最後に消費電力の比較です。アイドル時は最も低い消費電力、3DMarkベンチマーク時はTime Spy 、Speed Wayのストレステストを1分間行い、確認できた最も高い消費電力を記載しています。平均消費電力ではないためご注意下さい。

測定はグラフィックカード単体の消費電力ではなく、PC全体の消費電力です。ケースとマザーボードのLEDはオフにし、測定機器にはワットチェッカーを使用しています。

アイドル時は、RTX30シリーズのハイエンドカードらよりも、わずかに高い消費電力であったものの、RTX 4090よりは大分低い消費電力でした。

また、ゲームベンチマーク時は、RTX 4080は、RTX 3080 Tiよりもやや高く、RTX 3090よりもやや低く、RTX 4090よりはかなり低い結果となりました。ワットパフォーマンスは優秀です。また、最大電力が500W程度なので、RTX 4090よりもワンランク下の容量の電源ユニットで良さそうです。1000Wもあれば十分だと思います。

アイドル時(3840x2160)
RTX 4090 65W
RTX 4080 57W
RTX 3090 53W
RTX 3080 Ti 53W
RTX 3080 53W
RTX 3070 Ti 53W
3DMark Speed Way - Stress Test
RTX 4090 574W
RTX 3090 445W
RTX 4080 443W
RTX 3080 Ti 432W
RTX 3080 412W
RTX 3070 Ti 388W
3DMark Time Spy - Stress Test
RTX 4090 656W
RTX 3090 530W
RTX 4080 516W
RTX 3080 Ti 504W
RTX 3080 485W
RTX 3070 Ti 464W
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

まとめ

「Ada Lovelace」アーキテクチャを採用した、次世代ハイエンドグラフィックスRTX 4090に次いで発売された「GeForce RTX 4080」は、これまでの検証結果の通り、前世代のハイエンドグラフィックスよりも性能は大幅にアップしており、RTX 3080と比較すると性能差は約1.6倍もありました。消費電力はRTX 3090やRTX 3080 Tiと大差なく、ワットパフォーマンスも優秀です。

ただ、"高すぎる"という声もあるとおり、実売価格は23万円以上し、もう少し足せばRTX 4090が買える価格ではあります。ただ、RTX 4090との性能差は約30%であるのに対し、価格差も30%程度なので、そこまで高すぎるというわけでもありません。また、RTX 4090だと発熱が心配な面もありますが、RTX 4080であれば安定して動くのではないかと思います。また、電源ユニットも、そこまで大きな容量でなくても済みそうです。また、RTX 4080は、オンラインストア上でまだ購入できますが、RTX 4090はほぼ品切れ状態なので、実質的にRTX 4090は購入できません。

あとは、あの大きなサイズのカードが許容できれば、RTX 4080も割といいグラフィックカードではないかと思います。

 

GeForce RTX 4080が搭載可能なおすすめPC

最後に、現在GeForce RTX 4080が搭載できるおすすめのBTOパソコンの紹介です。最新のRyzen 7000シリーズやインテル第13世代CPU搭載モデルが早くも登場しています。

サードウェーブ GALLERIA UA9C-R49
サイズ ミドルタワー
CPU Core i9-13900K / Core i7-13700K
Core i7-12700
GPU GeForce RTX 4080 16GB
価格 44万円台(税込)~
GALLERIA人気のゲーミングPC

デザイン性も機能性も高いGALLERIAの人気ケース。

最新のインテル第13世代にGeForce RTX 4080という構成が可能。

レビュー記事はこちら
メーカーサイトはこちら
パソコンショップ SEVEN
サイズ 色々
CPU 13th Core i9 / i7 / i5
Ryzen 7000 など
GPU GeForce RTX 4080 など
価格 カスタム内容による
細かく選べて価格も安い

PCケースから、マザーボード、電源など、メーカーを指定してカスタマイズ可能。

細かくパーツをカスタマイズして購入したい方におすすめ。

レビュー記事はこちら
メーカーサイトはこちら

 

関連ページ