安いノートパソコンの比較

更新日:2020年8月7日

 

ここでは、5万円台(税別、送料別)以下で購入できるノートパソコンを紹介します。

以前は、安いノートパソコンは性能が悪く、動きがもっさりしていましたが、最近で、CPUの性能が上がり、SSDの価格も下がっているので、5万円台以下でも快適に動くPCが増えてきました。

 

目次

 

安いノートパソコンの選び方

まずはCPUを決める

安いノートパソコンを選ぶときは、まずCPUを決めると製品を絞りやすいです。

安いノートパソコンに搭載されているCPUは、大まかに分けると下表の通りです。

安くても高い性能のPCが欲しい場合は、Ryzen 3 4300Uや、Ryzen 5 4500Uを搭載したPCがおすすめです。

2万円~3万円台で購入できるようなPCが欲しい場合は、PentiumCeleron、またはAMD Athlonを搭載したPCになるでしょう。PentiumやCeleronはいくつも種類がありますが、性能差が大きく、大分快適度が異なります。できれば下表のCINEBENCH R20のマルチコアスコアが300以上あるものがいいと思います。用途を限定すればそこそこ使えると思います。最近では、2万円~3万円台でもRyzen 3 4300Uを搭載できるPCもあります

代表的なCPU性能の目安
~ CINEBENCH R20 マルチコア ~
Core i7-10750H 2965
Ryzen 7 4700U 2585
Core i7-10710U 2211
Ryzen 5 4500U
おすすめ
1997
Ryzen 3 4300U
おすすめ
1558
Ryzen 7 3700U 1526
Core i7-1065G7 1484
Core i7-10510U 1459
Core i5-1035G1 1424
Ryzen 5 3500U 1419
Core i5-10210U 1418
↑↑↑↑↑これより上の性能があれば快適 ↑↑↑↑↑
Core i3-1005G1 948
Core i3-10110U 922
Ryzen 3 3200U 675
AMD Athlon 300U 637
Athlon Silver 3050U 615
Celeorn N4100 534
Pentium Gold 5405U 516
↑↑↑↑↑これより上の性能があればそこそこ使える ↑↑↑↑↑
Celeron 3867U 294
Celeron N4000 279
Celeron 4205U 254
AMD A4-9125 228
AMD A4-9120E 109
※緑色のバーが、5万円台以下で購入可能なモデルに搭載されているCPUです
 

メモリは最低4GB、ストレージはできればSSDがおすすめ

メモリは最低4GB、できれば8GBは欲しいです。アプリをたくさん起動したり、ブラウザのタブを比較的多めに開く方は、8GB以上にしたほうがいいでしょう。

ストレージは、CPU性能を下げてでもSSDの搭載をおすすめします。第10世代Coreプロセッサー + HDDのような構成よりも、Celeronの上位モデル / Pentium + SSDの方が体感速度は速く感じることがあると思います。容量は、用途にもよりますが、あまりにも少ないと、Windowsのアップデートなどで容量が足りなくなるので、できれば128GB以上はあったほうがいいです。写真や動画をたくさん保存する方は256GB以上、もしくはSSD+HDDの構成にしても良いでしょう。

 

液晶は広視野角なものがおすすめ

液晶は視野角が広いものがおすすめです。視野角とは画面を斜めから見たときに、どの角度まで正常な色に見えるかの指針で、視野角が狭いと斜めから見たときに画面が白っぽくなったり色が大きく変わったりします。真正面から見ると色の変化は少ないものの、画面の端のほうは色が薄く見えたり、ちょっとでも液晶の角度が悪かったりすると、色が変わって来ます。個人的には視野角が狭いと眼が非常に疲れるので、広い視野角の液晶を搭載したノートPCをおすすめします。

視野角が広い液晶は「広視野角」もしくは「IPS」と書かれています。このような液晶を選択すると良いでしょう。

視野角の比較
※画面はイメージです

 

色域も広いほうがいいが、5万円台では難しい

理想を言えば、色域(色の表現できる範囲)がある程度広い液晶がおすすめですが、5万円台以下で買えるノートPCに、色域の広い製品は滅多に無いため、諦めましょう。ただ、デルの13インチノートは、稀に5万円台にまで下がるものがあります。Inspiron 13 5000 (5300)は、セール時期には5万円台まで下がるかもしれません。

 

マイクロソフト Officeは必要?

メーカー直販モデルは、標準ではマイクロソフト Officeが付属していないケースが多いです。もし、マイクロソフト Officeが必要であれば、オプションで付けるか、Office付きのモデルを選ぶ必要があります。おおよそ、+15,000円前後でOffice Personalを、+20,000円前後でOffice Home & Businessを搭載できますが、キャンペーン状況や製品によっては、安くOfficeを付けられるときがあります。日によって変わるので、詳細は各メーカーサイトをご覧ください。

なお、デルは、Office付きのパソコンを安く販売することが多いため、Officeが必要な方は、よくチェックしておくと良いでしょう。

 

筆者おすすめのイチオシPC

まずは、安いPCの中で、筆者おすすめのノートパソコンを紹介します。

レノボ IdeaPad Slim 550 (14)
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ SSD
液晶サイズ 14インチ
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.45kg
バッテリー 約12時間
価格[税別] 4万円台
コストパフォーマンス最高

IdeaPad Slim 550 (14)は、 Ryzen 3 4300Uモデルなら4万円台Ryzen 5 4500Uモデルでもなんと5万円台のノートPCです。

Ryzen 3モデルはメモリが4GBしかない点が気になりますが、Ryzen 5モデルなら、CPU性能が高い上にメモリは8GBあり、かなり快適に作業です。

さらにFHDのIPS液晶を搭載しており、ディスプレイも比較的見やすいです。

ただし、納期が最短で6週間以上と異常に長いです。すぐにPCが必要ないという方にはおすすめです。

レビュー記事はこちら

 

2万円台(税別)の格安PC

最も低価格帯となる、2万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。

構成やボディの作りなど、大きな期待はできませんが、用途を限れば意外と使えるかもしれません。ここで紹介しているPCの質量は比較的軽いです。メインPCを持っている方が軽作業用途の持ち運びPCとして使用する、という使い方がおすすめです。低価格帯のPCなので、万一壊れても精神的ダメージが少ないです。

参考までにCPUのCINEBENCH R20のスコアも紹介しています。目安として、CINEBENCH R20のスコアは「300」を上回っていれば、軽作業ならある程度快適に使えると思って下さい。ここで紹介しているPCは、「300」のスコアを下回っているので、作業を限定するなど、工夫して使用することをおすすめします。

HP 14s-dk0000
CPU AMD A4-9125
Ryzen 3 3200U, Ryzen 5 3500U
ストレージ SSD / SSD + HDD
液晶 14.0型 FHD IPS 光沢
価格[税別] 2万円台~
FHD IPS液晶搭載

2万円台から購入できるのに、FHDのIPS液晶を搭載しており、他の格安PCに比べて、見やすく、作業がしやすいディスプレイが特徴的です。

2万円台なのは、AMD A4-9125(CINEBENCH R20スコア:約228)搭載モデルですが、ストレージが128GB SSDなので、軽めの作業であればなんとか使用できるスペックです。

2万円台のPCとしては、一番おすすめの機種です。

レビュー記事はこちら
レノボ ideapad Slim 150
CPU AMD A4-9120E
ストレージ SSD
液晶 11.6型 HD TN 非光沢
価格[税別] 2万円台~
気軽に使える格安モバイルPC

質量が約1.2kgの、持ち運びやすい11.6型モバイルノートPCです。レノボで最安と思われる価格なので、故障や破損を恐れずに持ち出せるのが、最大のメリットです。

AMD A4-9120E(CINEBENCH R20スコア:約109)の処理性能は予想以上に低いです。ネットやメールなどに用途を限定するなど、工夫して使った方がいいと思います。

また、TNパネルの液晶は、長時間の使用や、子どもの使用にはあまりおすすめしません。

レビュー記事はこちら

 

3万円台(税別)の低価格PC

3万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。

3万円台でも、持ち出し可能なPCや、第10世代Core i3やRyzen 3 4300Uを搭載した快適に動作するPCなど、幅広く購入可能です。ただし、多少の妥協が必要ではあります。この価格帯では、視野角の広い液晶の搭載はあまり期待できません。ディスプレイの見やすさにこだわる場合は、4万円台以上のPCがおすすめです。

HP Pavilion 15s-eq1000
CPU AMD Athlon Silver 3050U
Ryzen 3 3250U
ストレージ SSD / PCIe SSD
液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税別] 3万円台~
見やすいIPS液晶搭載

15.6型 フルHD IPS液晶を搭載した、AMD Athlon Silver 3050U(CINEBENCH R20スコア:約615)モデルが3万円台で購入可能です。

しかも、4GBメモリ、128GB SSDの構成だけでなく、8GBメモリ、256GB SSDの構成も3万円台で選択できます。ライトな作業用であれば、メインPCとして使ってもよさそうです。

15型ですが、割と軽量なので、取り扱いもしやすいです。

もう少し快適に使用したいのであれば、Ryzen 3 3250Uを搭載して、4万円台のモデルもおすすめです。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad Slim 350i / 350 (14)
CPU Core i3-1005G1 ~ Core i7-1065G7
Ryzen 3 4300U ~ Ryzen 7 4700U
A4-3020E
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型 HD / FHD TN 非光沢
価格[税別] 3万円台~
Ryzen 3 4300U搭載が3万円台

Ryzen 3 4300U(CINEBENCH R20スコア:約1558)搭載が、3万円台で購入できます。より安いA4-3020E搭載モデルも3万円台ですが、価格差が小さいのでRyzen 3 4300U搭載モデルの方がおすすめです。

インテルモデルもCore i3-1005G1(CINEBENCH R20スコア:約948)搭載であれば、3万円台から購入できます。

質量は約1.5kgと、持ち出しも可能なレベルです。

ただし、液晶がTNパネルなので、長時間使用する方には、IPS液晶を搭載した他機種の方がおすすめです。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad S340(14)
CPU Core i3-1005G1 ~ Core i7-1065G7
ストレージ PCIe SSD
液晶 14.0型 FHD 非光沢
価格[税別] 3万円台~
軽作業には十分のスペック

Core i3-1005G1(CINEBENCH R20スコア:約948)、SSD、FHD液晶の構成が、ぎりぎり3万円台(税別)で購入できます。

質量は約1.55kgとややありますが、持ち運べなくもありません。また、バッテリー駆動時間も約14.3時間と長いです。

ただし、搭載する液晶はTN液晶なので、視野角が狭く、やや見にくいです。

レビュー記事はこちら

 

4万円台(税別)の高コスパPC

4万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。

この価格帯では、かなり処理性能が高い第3世代Ryzen 5搭載モデルを選択できたり、視野角の広いIPS液晶を搭載したモデルがあり、快適な使用が期待できるレベルとなってきます。

スペックは見劣りしますが、国内の有名メーカーのPCも視野に入ってきます。

レノボ IdeaPad Slim 550 (14)
CPU Ryzen 4000Uシリーズ
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型 FHD IPS 非光沢
価格[税別] 4万円台~
宅内モバイルに最適

狭額ベゼルでコンパクト筐体で、質量も約1.45kgとそこそこなので、宅内モバイル兼時々持ち出すノートPCとして適しています。ただし、バッテリー駆動時間はそこまで長くありません。

視野角が広く、見やすいIPS液晶を搭載しているのもポイントです。

Ryzen 5 4500U、8GBメモリ、256GB SSDのバランスがいいモデルを4万円台で購入できます。Ryzen 3 4300U、128GB SSD搭載モデルも同じく4万円台です。

レビュー記事はこちら
HP 15-db0000/db1000
CPU AMD A4-9125 / Ryzen 3000Uシリーズ
ストレージ SSD / SSD + HDD
液晶 15.6型 FHD
価格[税別] 4万円台~
光学ドライブ搭載の15.6型ノートPC

15.6型 フルHD液晶、AMD Ryzen 3 3200Uモデルが4万円台で購入可能です。光学ドライブも搭載し、ストレージをSSDとSSD+HDDから選択できます。

ただし、液晶の視野角が悪いので、見やすい液晶とは言えません。

メインPCとして、長時間使う場合は、外部ディスプレイを使うといいかもしれません。

なお、A4-9125搭載モデルも4万円台でありますが、価格差がほとんどないため、Ryzen 3モデルを強くおすすめします。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad C340(14,AMD)
CPU Ryzen 3000Uシリーズ
ストレージ SSD
液晶 14.0型 FHD IPS 光沢 タッチ
価格[税別] 4万円台~
アクティブペンまで付いて4万円台!

Ryzen 3、4GBメモリ、128GB SSD、フルHDのIPS液晶を搭載したコンバーチブル型 2 in 1 PCが、4万円台と非常に入手しやすい価格です。しかも、アクティブペンまで付属しています。

質量は約1.65kgとなっており、家の中でPCを移動するような方にも最適です。

タッチパネルとアクティブペンで直感的な操作が可能なので、子どもと一緒に使うPCとしてもおすすめです。

なお、同様に高コスパで4万円台から購入できる、15.6型のC340(15)もあります。

外見やキーボードなどについては、Intel CPU搭載モデルの下記のレビュー記事を参考にしてください。

Intel CPUモデルのレビュー記事
レノボ IdeaPad S540 (14,Intel,AMD)
CPU 第8,10世代Core
Ryzen 3000Uシリーズ
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型 FHD IPS 非光沢
価格[税別] 4万円台~
Core i3 or Ryzen 5+SSD+IPS液晶

4万円台(税別)で、第10世代Core i3、4GBメモリ、256GB SSD、FHD IPS液晶搭載モデルを選択できます。

また、Ryzen搭載モデルもあり、Ryzen 5、8GBメモリ、256GB SSDのワンランク上のスペックも同じく4万円台で入手可能です。

狭額ベゼル、薄型アルミボディによる作りで、外見も含めて、お値段以上のクオリティです。

質量は、実測値で1.3kg台と比較的軽量で、バッテリー駆動時間も約10時間(Ryzenモデル)~約14時間(Intelモデル)と長く、モバイルPCとしても使用できるでしょう。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad S540(15)
CPU 第8、第10世代Core
ストレージ PCIe SSD
液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税別] 4万円台~
コスパ抜群!15型PCの決定版

他のPCの追随を許さない、抜群のコスパの高さを誇る、クラムシェル型の15.6型PCです。

タイミングによっては、第10世代Core i3、256GB SSD、FHD IPS液晶搭載が4万円台(税別)です。あと1万円程プラスすると、第10世代Core i5、8Gメモリのモデルも手に入ります。

狭額ベゼル、アルミボディで、15型としてはコンパクト、かつ質量は約1.8kgと軽めです。さらに、バッテリー駆動時間は、約17.3時間とかなり長いです。宅内モバイルに最適ですが、車での移動であれば、持ち出しも可能です。

目立つ欠点がなく、実際の使用でも、かなり高い満足度

これ以上にお得な15型ノートPCはなかなかお目にかかれないでしょう。2020年もベストバイの座を譲りません。

レビュー記事はこちら
dynabook CZ25/L
CPU Celeron 3867U
ストレージ HDD
液晶サイズ 15.6型 HD / FHD 非光沢
価格[税別] 4万円台~
国内メジャーメーカーの格安PC

「やっぱり国内の有名メーカー!」という方に適したPCです。

海外メーカーと比べると、スペックは落ちますが、Celeron 3867U(CINEBENCH R20スコア:約294)、HDD、FHD液晶、光学ドライブの構成が、4万円台で購入可能です。Celeronの中では処理能力が高めのCPUを搭載しています。ただし、ストレージがHDDなので、動作は重そうです。

マニュアル類も充実しており、サポート面での安心感もあります。

ただし、「在庫なし」になっていることがよくあります。

なお、dynabookのサイトの会員登録をすることで、割引された会員価格を確認できます。

メーカーサイトはこちら

 

5万円台(税別)のおすすめPC

5万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。

かなりコストパフォーマンスの高い機種が揃っており、おすすめ度の高い価格帯です。第10世代Core i3に加えて、第10世代Core i5や、Ryzen 5 4500Uといったワンランク上のCPUを搭載した製品もあります。メモリは8GB、ストレージは256GB SSDが標準的になり、512GB SSDも選択できます。また、IPS液晶、または広視野角液晶を搭載した機種が多く、長時間の使用でも目が疲れにくいです。

モバイルPCや、コンバーチブル型PCなども選択でき、より用途に合った機種を購入できるでしょう。

デル Inspiron 14 5000 (5401)
CPU 第10世代Core (G1/G7)
ストレージ PCIe SSD
液晶 14.0型 FHD 広視野角 非光沢
価格[税別] 5万円台~
モバイルできるシンプルノートPC

17%OFFクーポンを適用することで、第10世代Core i3、4GBメモリ、256GB SSD、FHDの広視野角液晶の構成が5万円台です。

14型のノートPCにしては大きめの53Whrバッテリーを搭載しています。約1.429kgと超軽量ではありませんが、モバイルノートPCとしても使用可能です。

5万円台の構成ではメモリが4GBですが、空きスロットもあるようです。また、メーカーサイトではM.2 SSDの拡張も可能と紹介されており、自己責任で増設もできそうです。 

シンプルな構成で、使用範囲の広い、一般ユーザーにちょうどいいノートPCだと思います。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad Flex 550i / 550 (14)
CPU 第10世代Core (G1/G7)
Ryzen 4000Uシリーズ
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型 FHD IPS 光沢 タッチ
価格[税別] 5万円台~
新登場の高コスパ 2 in 1 PC

14型 IPS液晶を搭載し、デジタルペンまで同梱された、コスパの高い 2 in 1 PCです。広い用途に使えるので、ラップトップ形状のPCを探していた方も、要チェックです。

質量は約1.5kgとやや重めですが、持ち運べなくはありません。

5万円台なのは、インテルモデルであれば、Core i5-1035G1、8GBメモリ、256GB SSDの構成です。AMDモデルであれば、Ryzen 3 4300U、4GBメモリ、256GB SSDの構成に加えて、Ryzen 5 4500U、8GBメモリ、512GB SSDの構成まで5万円台(税別)と、驚くほどコスパが高く、おすすめです。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad Slim 550i (15)
CPU 第10世代Core (G1/G7)
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税別] 5万円台~
15.6型だけど約1.66kgと軽量

Core i3-1005G1、4GB、128GB SSD、15.6型IPS液晶を搭載したモデルが、ぎりぎり5万円台です。タイミングによっては、4万円台で購入できるようになるかもしれません。

15.6型ノートPCですが、質量が約1.66kgと軽量なので、取り回しがしやすいです。1台でメイン兼持ち出し用ノートPCとして使えるでしょう。

メーカーサイトはこちら

 

 

Office付の安いおすすめノートパソコン

Officeが付いて安いパソコンが欲しい場合は、まず、デルのパソコンを中心に探すといいと思います。モデルによっては、+5,000円程度でOfficeが搭載されている場合があります。

ただ、最近では、レノボやHPにも、元々の価格が安いためOffice付きでもコスパの高い機種があります。

デルのパソコン

デルは、Office付きのモデルが安いため、Officeを搭載したモデルを買うなら、デルのパソコンパソコンがコスパが高いと思います。

デルのキャンペーンページ

日本HPのパソコン

日本HPは、Officeが50%OFFになるキャンペーンをよくやっています。このキャンペーンがやっているかどうかは、下の公式サイトのキャンペーンページをご確認下さい。

日本HPのキャンペーンページ

 

軽くて安いノートPC

質量が1.2kg以下の、持ち運びしやすい質量で安く入手できるノートPCです。

モバイルPCとしての使用の場合、盗難や破損のリスクが高まりますが、価格が安いとあまり神経質にならず、気楽に持ち運べるので、活躍の場が広いというメリットがあります。

レノボ ideapad Slim 150
CPU AMD A4-9120E
ストレージ SSD
液晶 11.6型 HD TN 非光沢
価格[税別] 2万円台
広視野角のフルHD液晶

2万円台のノートPCで紹介した機種ですが、質量が約1.2kgの11.6型ノートPCです。

バッテリー駆動時間は、約9.9時間です。

スペックはかなり低めで、液晶の質も低いです。

レビュー記事はこちら
デル Inspiron 11 3000 2-in-1 (3195)
CPU A9-9420e
ストレージ eMMC
液晶 11.6型 光沢 タッチ
価格[税別] 3万円台~
格安の軽量 2 in 1 PC

自在に変形できる2 in 1 PCですが、約1.16kgからと非常に軽量です。

スペックは低めで、液晶の視野角も狭いですが、いろいろな場所で気軽に使うカジュアルPCとしておすすめです。

レビュー記事はこちら
mouse C1シリーズ
CPU Celeron N4100
ストレージ SATA SSD
液晶 11.6型 HD 非光沢
価格[税別] 4万円台~
子どもも使いやすい

質量が約1.2kgと軽量で、4万円台から購入できる、国産のモバイルノートPCです。

CPUの性能はPentium Gold 5405Uを超える程で、ライトな作業であれば、さほどストレスなく使えます。ただし、バッテリー駆動時間は、約7.5時間と短めです。

子どもの初めてのノートPCとしてもちょうどいいです。

レビュー記事はこちら

 

光学ドライブ搭載の安いノートPC

最近は使用する頻度が下がってきたため、光学ドライブを搭載したPCは減っています。

たまに使う程度なら外付けの光学ドライブを接続して使う方法もありますが、頻繁に使う場合は抜き差しするのが面倒です。頻繁に音楽をCDを取り込んだり、DVD鑑賞を行う方であれば、外付けよりも、光学ドライブ内蔵のPCのほうがよいでしょう。

マウス mouse F5シリーズ
CPU Celeron / 第8,第10世代Core
ストレージ SSD / SSD+HDD
液晶 15.6型 非光沢
価格 5万円台(税別)~
光学ドライブ搭載の国内メーカーPC

Celeron 4205U、8GBメモリ、240GB SSD、光学ドライブの構成で、国産ノートPCが5万円台です。処理性能は高くありませんが、メモリが大きく、SSDなので、そこそこ動きそうです。

カスタマイズでき、納期も比較的短めなのもメリットです。

レビュー記事はこちら
HP 15-db0000/db1000
CPU AMD A4-9125
Ryzen 3 3200U, Ryzen 5 3500U
ストレージ SSD / SSD + HDD
液晶 15.6型 FHD
価格[税別] 3万円台~
Ryzen 5+SSD+光学ドライブ

Ryzen 5、8GBメモリ、256GB SSDに光学ドライブを搭載した15.6型ノートPCが、5万円台で購入できます。

ストレージを128GB SSD + 1TB HDDに変更しても、5万円台に収まります。メインPCとしても十分使えます。

レビュー記事はこちら
デル Inspiron 15 3000 (3593)
CPU 第10世代Core (G1/G7)
ストレージ PCIe SSD / HDD
液晶 15.6型 FHD 非光沢
価格[税別] 4万円台~
第10世代Core i3 + 光学ドライブ

第10世代Core i3-1005G1、4GBメモリ、256GB SSD、光学ドライブの構成が、5万円台です。

樹脂製のボディや、液晶の質などを気にしなければ、そこそこ幅広く使えるでしょう。

光学ドライブ無しの構成もあるので、注意してください。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ