安いノートパソコン おすすめモデル(1~5万円台)

更新日:

 

ここでは、1~5万円台で購入できるノートパソコンを紹介します。

以前は、安いノートパソコンは性能が悪く、動きがもっさりしていましたが、最近では、CPUの性能が上がり、ほとんどの機種でSSDを搭載するようになったので、これらの価格帯でも比較的快適に動くPCが増えてきました。

なお、ここではChromebookの掲載はしていません。Windows OSを搭載した機種のみ掲載しています。

 

目次

 

安いノートパソコンの選び方

まずはCPUを決める

安いノートパソコンを選ぶときは、まずCPUを決めると製品を絞りやすいです。

安いノートパソコンに搭載されているCPUは、大まかに分けると下表の通りです。

CPU性能の目安
~ CINEBENCH R23 マルチコア ~
Core i5-1240P 8409
Ryzen 5 5625U 8107
Ryzen 5 5500U 6250
Ryzen 3 5425U 5496
Ryzen 3 5300U 5492
Ryzen 5 3500U 3481
↑↑↑↑↑これより上の性能があればとても快適 ↑↑↑↑↑
Celeron N5100 1431
AMD 3020e 1234
Celeron N4120 1230
Celeron N4100 1004
↑↑↑↑↑これより上の性能があればそこそこ使える ↑↑↑↑↑
Celeron N4500 894
Celeron N4020 711
※緑色のバーが、1~5万円台で購入可能なモデルに搭載されているCPUです
 

安くても高い性能のPCが欲しい場合は、Ryzen 3 5300U を搭載したPCがおすすめです。

2万円~3万円台で購入できるようなPCが欲しい場合は、Celeronなどを搭載したPCになるでしょう。Celeronはいくつも種類がありますが、性能差が大きく、大分快適度が異なります。できれば上表のCINEBENCH R23のマルチコアスコアが1000以上あるものがいいと思います。用途を限定すれば、Celeronでもそこそこ使えると思います。

 

メモリはできれば8GB、ストレージはSSDがおすすめ

メモリは、よほど用途を限定した使い方をするのであれば4GBでもいいですが、できれば8GB欲しいです。アプリをたくさん起動したり、ブラウザのタブを比較的多めに開く方は、8GB以上にしたほうがいいでしょう。

最近は、ストレージにSSDを搭載した機種がほとんどですが、格安PCの中にはストレージがHDDやeMMCの機種もあるので、気を付けましょう。CPU性能を下げてでもSSDを搭載したモデルをおすすめします。第11世代Coreプロセッサー + HDDのような構成よりも、Celeronの上位モデル + SSDの方が体感速度は速く感じることがあります。

容量は、用途にもよりますが、あまりにも少ないと、Windowsのアップデートなどで容量が足りなくなるので、128GB以上、できれば256GBはあったほうがいいです。

 

液晶は広視野角なものがおすすめ

液晶は視野角が広いものがおすすめです。視野角とは画面を斜めから見たときに、どの角度まで正常な色に見えるかの指針で、視野角が狭いと斜めから見たときに画面が白っぽくなったり色が大きく変わったりします。真正面から見ると色の変化は少ないものの、画面の端のほうは色が薄く見えたり、ちょっとでも液晶の角度が悪かったりすると、色が変わって来ます。個人的には視野角が狭いと眼が非常に疲れるので、広い視野角の液晶を搭載したノートPCをおすすめします。

視野角が広い液晶は「広視野角」もしくは「IPS」と書かれています。このような液晶を選択すると良いでしょう。

視野角の比較
※画面はイメージです

 

マイクロソフト Officeは必要?

メーカー直販モデルは、標準ではマイクロソフト Officeが付属していないケースが多いです。もし、マイクロソフト Officeが必要であれば、オプションで付けるか、Office付きのモデルを選ぶ必要があります。おおよそ、+15,000円前後でOffice Personalを、+20,000円前後でOffice Home & Businessを搭載することができますが、キャンペーン状況や製品によっては、安くOfficeを付けられるときがあります。日によって変わるので、詳細は各メーカーサイトをご覧ください。

なお、HPやデルは、Office付きのパソコンを安く販売することが多いため、Officeが必要な方は、よくチェックしておくと良いでしょう。

 

筆者おすすめのイチオシPC

まずは、安いPCの中で、筆者おすすめのノートパソコンを紹介します。

レノボ IdeaPad Slim 550 15.6型 (AMD)
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税込] 5万円台~
Ryzen 3モデルなら5万円台!

 Ryzen 3 5300Uのモデルなら5万円台で購入できます。

ここで紹介しているノートPCの中では、CPU性能が高く、ストレスなく作業ができるでしょう。

メモリも8GBと余裕があり、ストレージも256GBと十分あります。

5万円台まで出せるなら非常におすすめです。 

ただし、納期が長いです。

 

1~2万円台(税込)の格安PC

続いて、最も低価格帯となる1~2万円台(税込)で購入可能な製品を紹介します。

この価格帯のPCは、毎日使うようなメインPCとしてはおすすめしません。ただ、「Web閲覧するだけ」、「メールを送受信するだけ」といったように、軽めの作業のみに用途を限定していれば、使えなくもありません。PC起動直後など、バックグラウンドで処理が多く流れるときは、動作がややもっさりすることも多いと思いますが、そのあたりを我慢できるなら、意外と使えると思います。低価格帯のPCなので、万一壊れても精神的ダメージが少ないです。

子供向けのPCとして開発された製品も多いため、小中学生が使うPCとしてもおすすめです。

ただ、ディスプレイの品質があまり高くない機種が多いです。 

mouse E10
CPU Celeron N4000 / N4100
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
液晶サイズ 10.1型 1280x800 IPS 光沢 タッチ
価格[税込] 14,800円
ペンも付いて14,800円

キーボードを取り外すことで、タブレットとしても使える製品です。 

落下に強く、防塵・防滴仕様で、壊れにくく安心して使うことができます。

リアカメラを搭載し、ペンが付属しているのも特徴です。

小学生にちょうどいい仕様の製品となっています。 

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad D330
CPU Celeron N4020
メモリ 4GB
ストレージ 128GB eMMC
液晶 10.1型 1280x800 IPS 光沢 タッチ
価格[税込] 29,800円
Office付きでこの価格

PowerPointも使えるOffice Home & Business 2019が付属しつつ、この安さです。

また、キーボードが外れる2 in 1 PCである点も特徴的です。

ディスプレイの解像度は低いですが、IPS液晶なので、そこまで見にくくはないと思います。

販売先(レノボ・ショッピング)
ASUS L410MA
CPU Celeron N4020
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
ディスプレイ 14型 FHD 非光沢
価格[税込] 29,800円
セール時なら2万円台

セール時なら2万円台で購入することができます。

上で紹介した機種は、ディスプレイ解像度が1280x800と低めでしたが、この機種は1920x1080と標準的です。

また、上のPCはキーの間隔がやや狭いですが、本製品は普通の間隔です。

後日レビュー予定です。 

販売先(Amazon)

 

3~4万円台(税込)の低価格PC

3~4万円台(税込)で購入可能な製品を紹介します。

3~4万円台になると、液晶の視野角が良く見やすい機種が増えてきます。ただし、CPUなどのスペックはそこまで高くなく、多少の妥協が必要ではあります。

HP 15s-eq
CPU AMD 3020e
メモリ 4GB
ストレージ 128GB SSD
液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税込] 3万円台~
見やすいIPS液晶搭載

15.6型 フルHD IPS液晶を搭載したモデルが4万円台で購入可能です。

格安機種でありながら、視野角が広くて見やすいIPS液晶を搭載しているのが特徴です。

ただし、3万円台の機種は、プロセッサーがAMD 3020eで、性能はそこまで高くありません。

レビュー記事はこちら
HP 14s-fq
CPU AMD 3020e
メモリ 4GB
ストレージ 128GB SSD
液晶 14.0型 FHD IPS 光沢
価格[税込] 3万円台~
FHD IPS液晶搭載

14型の液晶を搭載し、15.6型ノートよりもコンパクトで軽くて扱いやすいです。IPSパネルを搭載し、画面も見やすいです。

こちらも、CPU性能はそこまで高くありません。Ryzen搭載モデルもありますが、価格が6万円台に上がります。

レビュー記事はこちら
THIRDWAVE VF-AD4S
CPU Celeron N4120
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
液晶サイズ 14.0型 FHD 広視野角 非光沢
価格[税込] 39,980円
こちらも広い視野角の液晶 

こちらも、視野角の広いディスプレイを搭載しており、画面が比較的見やすいです。

Celeron N4120は、ベンチマークスコアを見ると、AMD 3020eとほぼ同じくらいの性能です。

販売先(ドスパラ)
ASUS B1100FKA
CPU Celeron N4500
メモリ 4GB
ストレージ 64GB / 128GB eMMC
液晶サイズ 11.6型 1,366×768 光沢
価格[税込] 4万円台~
2 in 1 PCでペンも付属

ディスプレイが360度回転する2 in 1 タイプのノートPCです。ペンにも対応しているので、お絵描きをすることも可能です。

堅牢性の高いボディで、背面カメラも付いていることから、小学生くらいの子供向けのノートPCです。

レビュー記事はこちら

 

5万円台(税込)のおすすめPC

5万円台(税込)で購入可能な製品を紹介します。

最新の第11世代Core i3やRyzen 3 5300Uに、メモリは8GB、ストレージは256GB SSDを搭載した、コストパフォーマンスの高い機種も選択できるようになります。また、広い視野角の液晶を搭載した機種が多く、長時間の使用でも目が疲れにくいです。ライトな作業であれば快適に使えるレベルです。

また、処理性能は高くありませんが、国内メーカーや国内で人気高いメーカーのPCも選択肢に入ってきます。

レノボ IdeaPad Slim 550 14型
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
価格[税込] 5万円台~
コスパの高いノートPC

一番最初に掲載したノートPCで、コストパフォーマンスが非常に高いです。

Ryzen 3 5300U、8GBメモリ、256GB SSD、FHD IPS液晶搭載が5万円台です。さらに処理性能の高いRyzen 5 5500U搭載モデルでも、6万円台で手に入ります。

ただし、5万円台で購入できるモデルは納期が長いです。Ryzen 5モデルなら納期は短めです。

レビュー記事はこちら
富士通 LIFEBOOK WAB/F
CPU AMD 3020e
メモリ 4GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
液晶 15.6型 HD 光沢
価格[税込] 5万円台~
抜群のタイピングしやすさ

国内で人気の高い富士通製のノートPCを5万円台で入手できます。

スペックは高くありませんし、液晶もHD解像度ではありますが、キーボードのタイピングしやすさはピカ一です。

旧モデルのレビュー記事 販売先(富士通Webmart)
デル Inspiron 15 (3521)
CPU Celeron N4020
メモリ 4GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
液晶 15.6型 FHD 広視野角 非光沢
価格[税込] 5万円台~
広視野角の液晶を搭載

広視野角のFHD液晶を搭載し、画面が見やすいです。

ストレージも256GBのPCIe SSDを搭載し十分でしょう。

底面カバーを開けると、2.5インチベイがあります。自己責任での作業となりますが、SSDなどの増設ができます。

レビュー記事はこちら
デル Inspiron 15 (3525)
CPU Athlon Silver 3050U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
液晶 15.6型 HD 非光沢
価格[税込] 5万円台~
メモリは8GB

メモリが8GB、ストレージも256GBと十分な容量です。

ただし、5万円台で購入できるのは、Athlon Silver 3050UにHD(1366x768)の液晶を搭載したモデルとなります。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad Slim 170 15.6型
CPU Ryzen 5 3500U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
液晶 15.6型 FHD TN 非光沢
価格[税込] 5万円台~
CPU性能が比較的高い

比較的性能の高いRyzen 5 3500Uを搭載し、5万円台から購入できます。

ただし、液晶がTNパネルとなっており、視野角が悪く、やや画面が見にくいです。

レビュー記事はこちら
ドスパラ THIRDWAVE VF-AD5
CPU Celeron N5100
メモリ 4GB
ストレージ 128GB eMMC
液晶 15.6型 FHD 非光沢
価格[税込] 5万円台~
ロングバッテリー

比較的見やすい液晶、ボディにはアルミ素材を使用、大容量バッテリーによるロングバッテリー駆動が可能など、意外と使いやすいです。

また、空いているM.2スロットが2つもあります。自己責任となりますが、2台もSSDを増設することができます。

ただ、以前は4万円台でしたが、5万円台に値上がりしました。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ