ω

パルワールドのグラボ毎のフレームレートとおすすめゲーミングPC

更新日:

この記事では、2024年1月19日にリリースされた『パルワールド』について、NVIDIAのグラフィックカードを使った平均フレームレートを掲載しています。また、本作をプレイするためのおすすめのグラフィックス、ゲーミングPCも紹介しています。

執筆:ゲーム記事担当"つむじ"

目次

 

今話題の『パルワールド』とは?

"いいとこ取り"のサバイバルクラフトゲーム

「パルワールド」は、ポケットピアが1月19日にリリースを開始したオープンワールドサバイバルクラフトゲーム。まだアーリーアクセスにも関わらず、リリースから約8時間でSteam販売本数100万本を突破し、現在では1200万本を達成。総プレイヤー数では1900万人超えと、今世界中で最も遊ばれているPCゲームとなりました。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いですが、その人気ぶりとは裏腹に、様々な意見も散見されます。個人的には、「~ライク」というプレイヤー目線で、気軽にゲームを楽しめばいいのではないかと思います。

「パルワールド」は、サバイバルクラフトにモンスター要素を加えたようなシステム。拠点を建築し、「パル」と呼ばれるモンスターを捕まえて、バトルをさせたり、働かせることも可能。また、パルには個体差があるので、配合によって成長させることで、厳選していく育成要素もあります。

筆者が実際にプレイしてみた所感としては、ARK+ポケモン+ゼルダ(BotW)をベースとし、随所にフォートナイトやソウルシリーズっぽさも見受けられます。上記のゲームの"いいとこ取り"と言える本作ですが、可愛らしい見た目や、複雑過ぎないシステム、UIなど、プレイヤーの親しみやすさも本作が人気の理由のひとつではないでしょうか。

シングルプレイでじっくり遊ぶも良し、フレンドとマルチプレイでわいわい遊ぶも良し、PvPサーバーで戦争するも良し、楽しみ方もプレイヤー様々。まだ早期アクセスなものの、既に高い完成度ですが、今後のロードマップも公開され、新規コンテンツの実装にも期待したいところです。


『パルワールド』公式サイト

 

動作環境とグラフィック設定

『パルワールド』の動作環境と推奨スペック

『パルワールド』の動作環境と推奨スペックです。

Steamストアページにて公開されているシステム要件では、必要動作環境はCore i5-3570K+GeForce GTX 1050と、エントリー性能のPCでも動作するようです。

推奨動作環境ではCore i9-9900K+GeForce RTX 2070と、現行のスペックだとミドルクラス程度のゲーミングPCが必要となります。

CPUはCore i5-13400、または最新世代でCore i5-14400は必要となるでしょう。グラボはGeForce RTX 3060、最新世代ならGeForce RTX 4060は必要となりそうです。

また、メモリは最低でもは16GB、快適にプレイするなら32GBが推奨とされます。

『パルワールド』のシステム要件
  必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 10 or later (64-Bit)
CPU Intel Core i5-3570K 3.4 GHz 4 Core Intel Core i9-9900K 3.6 GHz 8 Core
メモリ
16GB 32GB
GPU
GeForce GTX 1050 (2GB) GeForce RTX 2070
ストレージ容量 40GB以上 SSD推奨
『Steamストアページ - システム要件』のページを参照

 

『パルワールド』のグラフィック設定

『パルワールド』のグラフィックス設定を下に掲載します。

『パルワールド』のグラフィックス設定はとてもシンプル。プリセットは「最低」「低」「中」「高」「最高」の5つのグラフィックプリセットが用意されており、画面設定はウィンドウモードかボーダーレスフルスクリーンのみとなっています。

対応しているアップスケーリング技術は「DLSS」のみで、GeForce RTXユーザーは、DLSSを有効にすることによって、画質を落とすことなく負荷を下げることができ、フレームレートを向上させることができます。

グラフィック設定

 

グラボ毎の平均フレームレート

テスト環境

『パルワールド』の平均フレームレートを測定するにあたって、テストに使用したPCの構成は以下の通りです。NZXT H7 Whiteケースに、CoolerMasterの1000W電源、Raptor Lake-Sの最上位モデル「Core i9-13900K」に、SSDにはPCIe Gen4の「WD Black SN850X」を搭載したゲーミングPCです。

レビュー機の構成
OS Windows 11(22H2)
CPU Core i9-13900K
ケース NZXT H7 White
マザーボード ASRock Z790 Pro RS
CPUクーラー CoolerMaster PL360 FLUX [水冷]
メモリ Crucial DDR5-4800 32GB(16GB×2)
ストレージ SSD WD Black SN850X [PCIe Gen4x4 NVMe 1TB]
電源 CoolerMaster V1000 Platinum [1000W]
レビュー記事 実機レビュー

 

平均フレームレート計測方法

本作はオープンワールドなので、フィールドの地形やモンスターの数、オブジェクトなど、シーンによってフレームレートの振れ幅が大きいです。

そこで、MSI Afterburnerを使って、ゲームスタートの「始まりの台地」から、ファストトラベルが可能な最初の鳥の石像「草巨獣の丘陵」まで徒歩で移動し、平均フレームレートを計測しました。

グラフィックのプリセットは「最低」「中」「最高」の3つの設定で計測しています。DLSSはすべてオフで計測していますが、有効にすることで、フレームレートを底上げすることが可能です。

また、最大FPSは無制限に設定していますが、計測した限りでは240 fpsが最大フレームレートとなっていました。

「始まりの台地」から「草巨獣の丘陵」まで移動して平均フレームレートを計測

 

フルHD 1920×1080 での平均フレームレート

フルHD(1920×1080)解像度での平均フレームレートは以下の通りです。

最低設定なら古い世代のエントリークラスGTX 1650 SUPERでも平均76 fpsで動作し、RTX 3050なら平均120 fps以上で快適にプレイが可能です。

最高設定だと平均60 fpsを超えるのはRTX 3060からと、現行のミドルクラスであれば、問題なくプレイできるでしょう。

パルワールド
  最低 最高
RTX 4090
240 fps 240 fps 223 fps
RTX 4080
240 fps 223 fps 190 fps
RTX 4070 Ti SUPER
240 fps 208 fps 170 fps
RTX 4070 Ti
240 fps 198 fps 165 fps
RTX 4070 SUPER 240 fps 189 fps 150 fps
RTX 4070
240 fps 161 fps 128 fps
RTX 4060 Ti 8GB
224 fps 133 fps 106 fps
RTX 4060 188 fps 101 fps 81 fps
RTX 3060 164 fps 92 fps 74 fps
RTX 3050 124 fps 67 fps 53 fps
GTX 1650 SUPER 76 fps 43 fps 35 fps
※ピンク色のセルは平均フレームレートが120 fps以上のもの
※灰色のセルは平均フレームレートが59 fps以下のもの
最高設定の比較(1920×1080)
RTX 4090 223 fps
RTX 4080 190 fps
RTX 4070 Ti SUPER 170 fps
RTX 4070 Ti 165 fps
RTX 4070 SUPER 150 fps
RTX 4070 128 fps
RTX 4060 Ti 8GB 106 fps
RTX 4060 81 fps
RTX 3060 74 fps
RTX 3050 53 fps
GTX 1650 SUPER 35 fps
 :60 fps以上の平均フレームレート

 

WQHD 2560×1440 での平均フレームレート

WQHD(2560×1440)解像度での平均フレームレートは以下の通りです。

最低設定ならRTX 4060で高いフレームレートでのプレイが可能です。最高設定だとRTX 4060でも平均60 fpsはありますが、不安な方は、DLSSを有効にすることで快適にプレイが可能になるでしょう。

パルワールド
  最低 最高
RTX 4090
240 fps 212 fps 186 fps
RTX 4080
240 fps 185 fps 153 fps
RTX 4070 Ti SUPER
240 fps 163 fps 135 fps
RTX 4070 Ti
235 fps 153 fps 126 fps
RTX 4070 SUPER 225 fps 146 fps 114 fps
RTX 4070
196 fps 116 fps 94 fps
RTX 4060 Ti 8GB
155 fps 94 fps 75 fps
RTX 4060 117 fps 71 fps 60 fps
※ピンク色のセルは平均フレームレートが120 fps以上のもの
※灰色のセルは平均フレームレートが59 fps以下のもの
最高設定の比較(2560×1440)
RTX 4090 186 fps
RTX 4080 153 fps
RTX 4070 Ti SUPER 135 fps
RTX 4070 Ti 126 fps
RTX 4070 SUPER 114 fps
RTX 4070 94 fps
RTX 4060 Ti 8GB 75 fps
RTX 4060 60 fps
 :60 fps以上の平均フレームレート

 

4K-UHD 3840×2160 での平均フレームレート

4K-UHD(3840×2160)解像度での平均フレームレートは以下の通りです。

最低設定ならRTX 4060 Tiでも平均76 fpsと、快適にプレイが可能です。最高設定となるとかなり負荷が重く、最新のRTX 4070 SUPER以上は必要となるでしょう。

パルワールド
  最低 最高
RTX 4090
210 fps 150 fps 122 fps
RTX 4080
168 fps 113 fps 92 fps
RTX 4070 Ti SUPER
143 fps 97 fps 80 fps
RTX 4070 Ti
130 fps 89 fps 72 fps
RTX 4070 SUPER 120 fps 83 fps 63 fps
RTX 4070
95 fps 67 fps 53 fps
RTX 4060 Ti 8GB
76 fps 51 fps 40 fps
※ピンク色のセルは平均フレームレートが120 fps以上のもの
※灰色のセルは平均フレームレートが59 fps以下のもの
最高設定の比較(3840×2160)
RTX 4090 122 fps
RTX 4080 92 fps
RTX 4070 Ti SUPER 80 fps
RTX 4070 Ti 72 fps
RTX 4070 SUPER 63 fps
RTX 4070 53 fps
RTX 4060 Ti 8GB 40 fps
 :60 fps以上の平均フレームレート

 

低設定と最高設定の画質比較

『パルワールド』のグラフィックプリセット「最低設定」と「最高設定」の画質を比較しました。画質の差は歴然で、最低設定だと影の表示もなく、簡略的でのっぺりした画質になります。パルワールドの世界観を存分に楽しむにはなるべく高い設定でプレイしたいところ。

最低設定
最高設定

 

おすすめのPC

ミドルクラスならフルHD+最高設定でプレイできる

最後におすすめのデスクトップPCを紹介します。

フルHD解像度、最高設定でプレイするなら、Core i5-13400F+RTX 4060のようなミドルクラスであれば、快適にプレイすることができます。

マウス NEXTGEAR JG-A5G6T
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 5 7500F
GPU GeForce RTX 4060 Ti
価格 169,800円(税込)
コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC

Ryzen 5 7500FにGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルクラスが16万円台と、コストパフォーマンス抜群のゲーミングPCです。

安価な割には、クロスを形どったフロントパネルに、内部の見えるガラスサイドパネルと、個性的なデザインが特徴です。LEDは有料オプションですが、LEDなしでも十分かっこいいです。

また、メッシュパネルと最大6つのファンでエアフロー性能も良く、高負荷時でも静かで、長時間のゲームも集中してプレイすることができます。

このページご覧の方だけに

マウスコンピューター製PCを13万円以上ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!詳細はこちらをご覧下さい。

サードウェーブ GALLERIA RM5C-R46T
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060 Ti
価格 167,979円(税込)
コスパ抜群のGALLERIA人気モデル

最新のインテル第14世代Core i5-14400Fに、GeForce RTX 4060 Ti搭載で16万円台と、こちらも高コスパのミドルクラスゲーミングPCです。

GALLERIAシリーズは、他にも多くのモデルがありますが、最新のインテル第14世代を搭載したミドルクラスでは、人気が高く、コスパも高いと思います。

ブラックとシルバーのツートンカラーと、フロントパネルのLEDが特徴的なデザインです。ケースは冷却性と機能性に優れています。納期も最短で翌日出荷と早いので、すぐにPCゲームを始めることができます。

HP Victus 15L Gaming Desktop
サイズ ミニタワーより小さめ
CPU Core i5-13400F
GPU GeForce RTX 4060
価格 115,500円(税込)
驚愕の安さ

人気のRTX 4060搭載モデルが現在セール中です。Core i5-13400F+RTX 4060の人気のミドルクラス構成が11万円台からとかなり安く購入できます。

PCケースはややチープですが、一般的なミニタワーよりも小さいコンパクトな筐体で、デスクサイドに設置しやすいサイズです。

フロントパネルにある「V」字の無限鏡エンブレムが目を引くデザインで、かっこいいです。

このページご覧の方だけに

メーカーさんから特別に、HP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

パソコン工房 LEVELθ M-Class
サイズ ミニタワー
CPU Core i5-13400F
GPU GeForce RTX 4060
価格 149,800円(税込)
デザインが良くコスパも抜群

Core i5-13400F+RTX 4060のミドルクラス構成が14万円台からと、コスパに特化したパソコン工房のゲーミングPCです。

Thermaltakeのミニタワーケースを採用しており、カラーはブラックとホワイトの2色から選択できます。

左サイドの強化ガラスパネルはスイングドア式で、内部へのアクセス性も抜群。デザインもゲーミングらしい見た目でかっこいいです。

 

その他のおすすめのゲーミングPC

その他のおすすめのゲーミングPCについてはこちらをご覧ください。

 

 

関連ページ