会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > GeForce RTX 2080 のベンチマーク

GeForce RTX 2080 のベンチマーク

更新日:2018年9月27日

NVIDIAの最新GPUであるGeForce RTX 20シリーズの「GeForce RTX 2080」が2018年9月20日に発売となりました。ここでは、MSI製の「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」のグラフィックカードを用いて、ゲームのベンチマーク(フレームレート)などを計測した結果を掲載します。

なお、目玉機能の「リアルタイムレイトレーシング」および「DLSS(Deep Learning Super-Sampling)」については、まだ対応しているゲームが発売されていないため未テストです。

目次

GeForce RTX 2080のスコア結果【概要】

お忙しい方のために、GeForce RTX 2080のベンチマークスコア結果を、いくつか先に掲載します。

ベンチマークや設定内容にもよりますが、GeForce RTX 2080は、GTX 1080Tiと比較した場合は、ほぼ同等~1.2倍ほどスコアが上昇しています。GTX 1080と比較した場合は、1.3~1.5倍ほどスコアが上昇しています。

3DMark Time Spy - Graphics score
RTX 2080 10602
GTX 1080Ti 8958
GTX 1080 6957
GTX 1070Ti 6794
GTX 1070 6003
GTX 1060 6GB 4018
GTX 1060 3GB 3678
GTX 1050Ti 2173
GTX 1050 1787
※当サイトの計測値
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
~ 3840x2160、最高設定 ~
RTX 2080 46 fps
GTX 1080Ti 42 fps
GTX 1080 31 fps
GTX 1070Ti 29 fps
GTX 1070 25 fps
※当サイトの計測値

 

GeForce RTX 2080 の仕様

GeForce RTX 2080 の仕様を掲載します。

新世代GPUである「GeForce RTX 2080」は、GTX 10シリーズである「GTX」という名前から、RTX 20シリーズという名前に変わり、GPUアーキテクチャも「Pascal(パスカル)」から「Turing(テューリング)」になりました。また、RTコアを利用した「レイトレーシング」や、Tensorコアを利用したディープラーニングを活用したアンチエイリアス技法「DLSS」という機能が搭載されているのも大きな特徴です。

グラフィックカードの仕様の比較
  RTX 20シリーズ GTX 10シリーズ
GeForce
RTX 2080Ti
GeForce
RTX 2080
GeForce
GTX 1080Ti
GeForce
GTX 1080
コードネーム TU102 TU104 GP102 GP104
GPUアーキテクチャ Turing Pascal
CUDAコア 4352基 2944基 3584基 2560基
RTコア 68基 46基
Tensorコア 544基 368基
定格クロック 1350MHz 1515MHz 1480MHz 1607MHz
ブーストクロック 1545MHz 1710MHz 1582MHz 1733MHz
メモリタイプ GDDR6 GDDR5X
メモリ容量 11GB 8GB 11GB 8GB
TDP 250W 215W 250W 180W
※RTコア・・・レイトレーシングに最適なコア
※Tensorコア・・・AIで用いられるディープラーニングに最適なコア

 

レイトレーシングとは?

レイトレーシングとは、映像技術のひとつで、視点からスクリーンに対して光線を出し、反射と屈折を計算し、物体のリアルな光の反射、屈折、陰影を表現することです。Pascal世代では難しかったこのレイトレーシング機能が、RTX 20シリーズではリアルタイムで計算でき、Pascal世代の約10倍の速度で描写が可能だそうです。

例えば、花火や照明などの光の反射による陰影表現、車のボディや鏡、眼球に映り込む物体など、視点の外の映像もリアルタイムで表現することができます。百聞は一見に如かずということで、レイトレーシング技術を使った、下記の動画を見てもらった方が早いでしょう。


Shadow of the Tomb Raider: Exclusive Ray Tracing Video

Battlefield V: オフィシャル GeForce RTX トレイラー

 

現在、「シャドウオブトゥームレイダー」、「バトルフィールドV」、「METRO EXODUS」、「ファイナルファンタジーXV」、「ARK: Survival Evolved」、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」など、このレイトレーシング技術を利用できるようになるゲームが発表されています。今後も発表される対応タイトルは増えていくと思います。

ただし、現状では、まだどのタイトルも、レイトレーシングには対応していません。

 

DLSSとは?

RTXシリーズのTensorコアが生み出す新機能、もうひとつがDLSS(Deep Learning Super-Sampling)と言われるアンチエイリアス処理です。PCゲームをプレイする方なら一度は見たことがある、グラフィック設定にあるアンチエイリアスという項目。これはテクスチャのジャギー(ギザギザ部分)を滑らかに(除去)する技術で、SMAA、TAA、TXAAなどたくさん種類があります。一般的に多くのゲームで活用されているのがTAAです。

このジャギーが滑らかになればなるほど負荷も高くなるのですが、RTXシリーズのDLSSではTAAに比べ、効率良くジャギーを処理できる上、フレームレートも向上し、さらなるパフォーマンスアップが見込めるそうです。

対応予定のゲームは、上記で挙げた「シャドウオブトゥームレイダー」や「ファイナルファンタジーXV」、「ARK: Survival Evolved」、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」などで、現在25タイトルほどが対応予定だそうです。RTXシリーズの登場で、よりリアルな描写が可能になった最新PCゲーム環境、今後どのようなゲームが登場するのか非常に楽しみです。


TAAとDLSS 2Xの比較 NVIDIA開発ブログから抜粋

DLSS対応予定タイトル

 

テスト環境

テストに使用したグラフィックカード

今回使用したグラフィックカードはMSI製の「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」です。ファンはトリプルファンとなっており、大型のヒートシンクを採用しているので、従来のグラフィックカードと比べ、分厚くてかなり長いです。カードサイズは327 x 140 x 55.6 mmとなっており、これまで大型のグラフィックカードでも装着できたというPCケースでも、注意が必要です。その他の製品スペックは公式ページからご確認ください。
「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」製品情報
「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」製品スペック

 

グラフィックカードの正面と背面です。背面はメタルプレートで保護されており、頑強で熱にも強そうです。

 

映像出力端子はDisplayPort x 3 (v1.4) 、 HDMI 2.0b x 1 、USB Type-C x1となっています。USB Type-Cは、VirtualLinkに対応しており、いずれUSB Type-Cケーブル1本でVR機器が接続できるようになる予定です。

冷却性を高めるためヒートシンクはかなり分厚いです。

 

補助電源には8ピンコネクタを2つ使用します。

 

GPU-Zの結果は、次のようになっています。

 

テストに使用したPCとグラフィックカード装着

使用したPCはサイコムの「G-Master Spear Z370」です。品質と信頼性の高いゲーミングPCです。
「サイコム G-Master Spear Z370」 の実機レビュー
「サイコム G-Master Spear Z370」 の製品ページ

 

ケースはCoolerMaster製のミドルタワーケース「CM690III」を使用しています。

 

グラフィックカードを取り付けた「CM690III」のケース内部の画像を下に掲載します。通常だと右の2.5インチシャドウベイが干渉して「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」が装着できませんが、このケースは上段の3.5インチシャドウベイを取り外すことができるので、大型のグラフィックカードも装着可能です。

また、「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」自体が重いので、少し傾いてしまいます。これだとマザーボードに負担がかかり、故障の原因にもなりかねないので、ステーやサポーターなどで補強することをおすすめします。

 

ちなみに「GEFORCE RTX 2080 GAMING X TRIO」はカード側面がレインボーに発光します。MSI Mystic Lightにも対応しており、対応しているマザーボードと合わせることで、カラーやエフェクトを設定することができます。ただしデフォルトで点灯するので、ギラギラ光るのが嫌だという方にはあまりおすすめしません。

 

ゲームベンチマークスコア

ベンチマーク計測機能が備わっているゲームの、GeForce RTX 2080のベンチマークスコアは下の通りです。参考までにGeForce GTX 1080TiとGTX 1080で計測したスコアも掲載しています。なお、テスト時のグラフィックドライバーは現時点で最新の「411.63」です。

フルHD解像度の場合、いずれも60 fpsを大きく超える非常に高いベンチマークスコアです。高リフレッシュレートの液晶ディスプレイでも、高めのグラフィック設定でプレイできると思います。グラフィック設定を低くした場合は、ゲームによってはGTX 1080Tiの方がスコアが高いケースもありますが、グラフィック設定を高くした場合は、GeForce RTX 2080の方がスコアはやや高いです。

4K解像度では「高設定でもこれ1枚でプレイ可能」とまではいきませんが、それでもかなり平均fpsは高いです。重いゲームでも中設定でプレイ可能です。

重い部類のゲーム

重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15
1920x1080 軽量品質 16673 / 168 fps
標準品質 13882 / 139 fps
高品質 10905 / 109 fps
2560x1440 軽量品質 13574 / 136 fps
標準品質 10285 / 103 fps
高品質 8357 / 83 fps
3840x2160 軽量品質 7883 / 79 fps
標準品質 5644 / 56 fps
高品質 4840 / 47 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、高品質)
RTX 2080 47 fps
GTX 1080Ti 45 fps
GTX 1080 33 fps
重い部類のゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー
1920x1080 最低 150 fps
127 fps
最高 113 fps
2560x1440 最低 140 fps
94 fps
最高 79 fps
3840x2160 最低 89 fps
58 fps
最高 46 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高)
RTX 2080 46 fps
GTX 1080Ti 42 fps
GTX 1080 31 fps
重い部類のゲーム
ゴーストリコン ワイルドランズ
1920x1080 170 fps
130 fps
ウルトラ 77 fps
2560x1440 147 fps
102 fps
ウルトラ 62 fps
3840x2160 94 fps
61 fps
ウルトラ 39 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、ウルトラ)
RTX 2080 39 fps
GTX 1080Ti 37 fps
GTX 1080 29 fps

 

中程度の重さのゲーム

中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 紅蓮のリベレーター
1920x1080 標準(デスク) 20776 / 155 fps
高(デスク) 18547 / 135 fps
最高品質 18224 / 131 fps
2560x1440 標準(デスク) 19669 / 145 fps
高(デスク) 16493 / 114 fps
最高品質 15873 / 108 fps
3840x2160 標準(デスク) 16614 / 113 fps
高(デスク) 10245 / 68 fps
最高品質 8914 / 59 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高品質)
RTX 2080 59 fps
GTX 1080Ti 57 fps
GTX 1080 42 fps
中程度の重さのゲーム
ファークライ 5
1920x1080 低品質 145 fps
高品質 124 fps
最高品質 116 fps
2560x1440 低品質 131 fps
高品質 110 fps
最高品質 106 fps
3840x2160 低品質 74 fps
高品質 62 fps
最高品質 59 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高品質)
RTX 2080 59 fps
GTX 1080Ti 55 fps
GTX 1080 42 fps

3D Markのスコア

3DMarkのスコアです。

GeForce RTX 2080は、Time Spyの「Graphics score」に関しては、GeForce GTX 1080Tiよりも1.2倍ほど高いスコアでしたが、それ以外のベンチマークの「Graphics score」については、GeForce GTX 1080Tiとほぼ同等、もしくはやや下回る結果でした。

3D Markのスコア
    GeForce
RTX 2080
GeForce
GTX 1080Ti
Time Spy Score 9943 8699
Graphics score 10602 8958
CPU score 7355 7476
Fire Strike Ultra Score 6687 6793
Graphics score 6591 6731
Physics score 18723 18677
Combined score 3605 3604
Fire Strike Extreme Score 12656 12715
Graphics score 13421 13561
Physics score 18667 18649
Combined score 6627 6539
Fire Strike Score 22562 22333
Graphics score 27828 27837
Physics score 18732 18636
Combined score 10680 10220

 

GeForce RTXを搭載できるおすすめのPC

GeForce RTX 2080またはGeForce RTX 2080Tiを搭載できる、おすすめのBTOパソコンの紹介です。

ドスパラ GALLERIA
CPU Core i7-8700
Core i7-8700K
GPU GeForce RTX 2080
GeForce RTX 2080Ti 他
価格 21万円台(税別)~

高性能グラフィックスが搭載可能で、拡張性が高く、細かなカスタマイズも可能なミドルタワーのゲーミングPC。

レビュー記事はこちら
マウスコンピューター MASTERPIECE
CPU Core i7-8700K
GPU GeForce RTX 2080 他
価格 29万円台(税別)~

フロントパネルは、光沢感のある強化ガラス素材で、デザイン性と性能に優れたフルタワーゲーのミングPCです。

レビュー記事はこちら
パソコン工房 Level∞ R-Class
CPU Core i7-8700
Core i7-8700K
GPU GeForce RTX 2080
GeForce RTX 2080Ti 他
価格 20万円台(税別)~

比較的安く、デザインも良く、PCケースの拡張性、メンテナンス性も割と高いバランスのとれたミドルタワーのゲーミングPC。

レビュー記事はこちら
サイコム G-Master Spear
CPU ~Core i7-8086K
GPU GeForce RTX 2080 他
価格 23万円台(税別)~

パーツの型番まで細かく指定できる玄人向けBTOパソコン。信頼性の高いパーツで組み上げたい方におすすめ。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ