会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > Dynabook

Dynabook の評判・評価レビュー

更新日:2019年1月20日

Dynabook のパソコンの特徴

2019年1月、鴻海グループ傘下のシャープが、PCブランド「dyanbook」を展開する東芝クライアントソリューションを買収し、社名を「Dynabook株式会社」へ変更しました。

東芝は、世界で最初にノートパソコンを発売したメーカーで、国内でのノートパソコンの売り上げはNo.1でした。世界での人気も高く、昔はノートパソコンで世界トップシェアを記録したこともあります。しかし、近年は、レノボやASUSなどの台頭、パソコン全体の売り上げの減少、不正会計処理問題などもあり、事業は赤字続きとなっていました。

今回、Dynabook株式会社となったことにより、鴻海グループの販売網を活かしてグローバル展開し、シェアを広げていく考えのようです。

2019年1月17日、Dynabook株式会社となって、最初の新製品「dynabook G」が発表されました。この製品は、dynabookで培ってきたノートPCの技術と、シャープの液晶技術を融合した製品となっており、非常にバランスのいい製品となっています。今後の製品についても期待していきたいところです。

店頭モデルとWebオリジナルモデル

Dynabookのパソコンは、家電量販店で販売されている店頭モデルと、Web上で販売されているWebオリジナルモデルがあります。Webオリジナルモデルなら、多くのバリエーションから製品を選ぶことができます。

なお、Webオリジナルモデルの価格は、通常のゲスト価格よりも、会員価格のほうがかなり安くなっています。値段を確認するときは会員になってから確認することをおすすめします。会員にはだれでも無料でなれます。会員登録ページはこちら⇒ 東芝ダイレクト(Room1048)会員登録ページ

 

Dynabook パソコンが安く買えるthe比較限定ページ

メーカーさんに、最大5,000円OFFで購入できる特設サイトを用意していただきました。どうぞご活用下さい。

東芝パソコンのシリーズ

Dynabookのノートパソコンの一覧です。

モバイルノート(2 in 1)

持ち運びに便利、タブレットとしても使える2 in 1 PCです。

dynabook VZ
店頭モデル名はdynabook Vシリーズ

12.5型 FHD 非光沢 タッチ

第8世代Core (U)

SATA / PCIe SSD

約1.099kg、約16.5時間駆動

12万円台~

コンバーチブル型の2 in 1 PC。ペンにも対応。ただし、ややギラつきを感じます。

レビューおすすめ

dynabook DZ
店頭モデル名はdynabook Dシリーズ

13.3型 FHD 非光沢 タッチ

第8世代Core (U)

SATA / PCIe SSD

約1.179kg、約10時間駆動

12万円台~

セパレート型の2 in 1 PC。2種類のキーボードが付属し用途によって使い分け可能。

レビューおすすめ

 

モバイルノート(クラムシェル)

持ち運びに便利なPCです。2 in 1 PCと違い変形することはできませんが、その分質量が軽い製品が多く、よりモバイル用途に適しています。

dynabook GZ
店頭モデル名はdynabook Gシリーズ

13.3型 FHD 非光沢

第8世代Core (U)

PCIe SSD

約779g~、~約19時間駆動

10万円台~

779gの軽いモデルと、859g+42Whバッテリーのバランス型のモデルあり。完成度が高くおすすめ。

レビューおすすめ

dynabook UZ

13.3型 FHD 非光沢
非タッチ / タッチ

第8世代Core (U)

SATA SSD

約1.06kg~、~約16.5時間

10万円台~

どれも平均以上の性能で、バランスの良いPC。タッチパネルモデルと非タッチパネルモデルあり。

レビューおすすめ

dynabook RZ(RZ33・RZ73・RZ83)

13.3型 HD / FHD 非光沢

Celeron / 第7世代Core (U)

SATA SSD

約1.27kg~、~約16.5時間駆動

5万円台

光学ドライブを搭載したモバイルノートパソコン。ただし、RZ33は光学ドライブが無いモデルもあるので注意。Celeronなら価格が安い。

レビュー

dynabook RZ(RZ63)

13.3型 HD / FHD 非光沢

第8世代Core (U)

SATA SSD

約1.215kg、約14.5時間駆動

7万円台~

ThinkPadのトラックポイントのようなアキュポイントを搭載。RZシリーズの中で、RZ63のみボディが異なるので注意。

レビュー

 

スタンダードノートPC

主に自宅内のみで使用するノートパソコンです。

dynabook AZ(AZ25・AZ45・AZ65)
店頭モデル名はdynabook Tシリーズ

15.6型 FHD 光沢 / HD 非光沢

Celeron / 第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブあり

5万円台

富士通、NECと比較すると価格が安い。カラーラインナップが多く、グラフィックパターンも素敵。

レビューおすすめ

dynabook AZ(AZ15・AZ35・AZ55)

15.6型 HD / FHD 非光沢

Celeron / 第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブあり

4万円台

ボディデザインはイマイチだが価格が安いノートPC。液晶も非光沢のFHDを選択可能。

レビューおすすめ

dynabook BZ

15.6型 HD / FHD 非光沢

第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブあり

6 万円台~

使ったことがないので詳細は不明だが、ボディはおそらくAZ15やAZ35と一緒。

 

Dynabook(東芝)の評価

以下、東芝の出荷台数の順位、日経コンピューターの顧客満足度調査の結果を掲載します。

国内および世界でどれだけのシェアがあるかで、評価してみるのも良いと思います。日経コンピューターの顧客満足度調査は法人向けPCの調査結果ではありますが、ある程度参考になると思うので掲載します。

なお、Dynabook株式会社としての評価はまだなく、東芝自体の評価となります。

シェア・満足度
  コメント
国内シェア 2017年国内のPC出荷台数において、東芝は第5位です。東芝はデスクトップPCを発売していないので、シェアはやや低めです。
参考:MM総研
世界シェア 世界シェアは、低すぎて掲載されていません。
参考:IDC
日経コンピュータ
顧客満足度調査
2018 - 2019
ノートPC:第3位 | コスト、サポート面が高い評価で、他は平均的な評価です。
参考:日経コンピューター
2018年10月18日調査

 

Dynabookのサポート

Dynabookのサポートは比較的評判が良いです。修理が迅速である点や、秋葉原に持ちこみ修理ができる東芝PC工房がある点が良いです。

サポート内容や評判の詳細は「パソコンメーカーのサポート評判・比較」をご覧ください。

Dynabookの評判・口コミ

他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。 ただし口コミ情報の中には、会社が一方的に悪いかのように印象付ける内容もたま~にあるので、情報は自分で取捨選択して下さい。

 

 

Dynabookのメーカーページ・直販店

東芝ダイレクト 東芝ダイレクト