HP OMEN 25L DESKTOP(AMDモデル)の実機レビュー

更新日:
サイズ ミニタワー
CPU AMD Ryzen 5 5600X
GPU Radeon RX 6700XT
メモリ 16GB DDR4-3200MHz
電源 600W 80PLUS Gold
OS Windows 11 Pro
価格 18万円台~ ※1

※1 クーポン適用時の価格

真っ白な清潔感あるゲーミングPC

HP OMEN 25L DESKTOPは、真っ白な筐体と、内部の見える強化ガラスサイドパネルが特徴的なミドルクラスのゲーミングPCです。

CPUにはRyzen 5 5600X、グラフィックスにはRadeon RX 6700XTを搭載。どちらもAMD製である点も特徴です。

価格も抑えられており、デザインとコストパフォーマンスを両立させたゲーミングデスクトップです。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューしています。

レビュー機の構成

モデレートモデル

Ryzen 5 5600X、Radeon RX 6700XT、メモリ16GB、600W電源

 

 

当サイト向け特別クーポンで安く購入可能

当サイト向けの特別クーポンを利用することで、日本HPパソコンを、通常よりも安く購入することが可能です(132,000円以上の製品が対象)。

HPパソコンが安くなるクーポン

 

 

目次

お忙しい方は、「HP OMEN 25L DESKTOPの特徴」のみお読みください。

 

HP OMEN 25L DESKTOP の特徴

白い箱の中にネオン街

HP OMEN 25L DESKTOP(AMDモデル)は、真っ白な筐体にLEDライティングと内部の見えるシースルー構造で、ミニタワーケースにしては個性的な外観です。

存在感のある白い筐体
シースルー構造とLEDライティング

 

ワンタッチで開くサイドパネル

HP OMEN 25L DESKTOPのサイドパネルは、簡単に内部にアクセスができるツールレス設計となっています。背面の「アクセスドアボタン」を押し込むだけで、サイドパネルがパカッと開きます。ちょっとした増設やパーツ交換も簡単に行えて、掃除もできるので、メンテナンス性抜群です。

パネルが指先ひとつで開く

 

ミニタワーでデスク上にも設置できる

HP OMEN 25L DESKTOPは、デスクトップの中でも比較的小さい方のミニタワーケースを採用しています。そのため足元だけでなく、デスクの上にも設置できるサイズ感です。Wi-Fi 6に対応した無線LANも内蔵しているので、有線がない狭いスペースにも設置できます。

小回りの効くミニタワー

 

拡張性は少ない

HP OMEN 25L DESKTOPは、2.5インチ/3.5インチ兼用ドライブベイが1つのみと、ケース設計上、拡張性は非常に少ないです。M.2 SSDもあるので、一般ユーザーには十分かと思いますが、サブストレージをたくさん搭載するような方には適していないので、ご注意下さい。

2.5インチ/3.5インチ兼用ドライブベイがひとつのみ

 

兄弟機種にインテルモデルもあり

HP OMEN 25L DESKTOPには、白い筐体のAMDモデルの兄弟機種として、黒い筐体のインテルモデルも用意されています。

いくつかモデルがありますが、価格が同じ2つのモデルを比較してみると、CPU性能に関してはインテルモデルのほうがかなり高いです(下表参照)。CPUに大きな負荷のかかるクリエイティブな作業をするなら、インテルモデルがおすすめです。

グラフィックス性能については、AMDモデルのほうが高いです(下表参照)。いくらCPUはインテルモデルのほうが高いとはいえ、ここまでグラフィック性能に差があると、AMDモデルの方がゲームのフレームレートは高くなります。ゲームを中心に行うならAMDモデルのほうがコスパが高いです。

AMDモデルとインテルモデルの比較
  AMDモデル インテルモデル
CPU Ryzen 5 5600X Core i7-12700F
グラフィックス Radeon RX 6700XT GeForce RTX 3060
メモリ 16GB
ストレージ 1TB SSD
価格[税込]  189,000円
CPU比較(CINEBENCH R23 マルチコア)
Core i7-12700F 15454
Ryzen 5 5600X 10182
グラフィックス比較(3DMark Time Spy グラフィックススコア)
RTX 3070 13393
Radeon RX 6700XT 12445
RTX 3060 Ti 10945
RTX 3060 8564

 

OMEN Gaming Hub

プリインストールされているHP OMENオリジナルの管理ツール「OMEN Gaming Hub」からは、LEDライティングや、メモリのオーバークロック、パフォーマンスモードの設定などが可能です。

HP OMENオリジナルの管理ツール「OMEN Gaming Hub」メイン画面
LEDやメモリのOC、パフォーマンスの設定ができる

 

パフォーマンスのチェック

HP OMEN 25L DESKTOPのパフォーマンスのチェックします。なお、今回は、全てデフォルトの設定のままで計測しています。

CPU

AMDモデルのCPUには、ミドルクラスのRyzen 5 5600Xを搭載しています。

Ryzen 5 5600XのCINEBENCH R23のスコアは下記の通りです。インテルモデルのCore i7-12700Fの方が性能は上ですが、ミドルスペックのグラフィックボードで、ゲーム用途で使うなら、十分な性能だと思います。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Ryzen 5 5600X
他のCPUとの比較(マルチコア)
Core i9-12900K 26530 [PL1:241W]
23108 [PL1:125W]
Ryzen 9 5950X 25000
Core i7-12700K 22792 [PL1:190W]
20420 [PL1:125W]
Ryzen 9 5900X 20251
Ryzen 7 5800X 15646
Core i9-11900K 15513
Core i7-11700K 12958
Core i5-12500 12670 [PL1:100W]
11608 [PL1:65W]
Ryzen 7 3700X 12273
Core i5-12400 12164 [PL1:100W]
11505 [PL1:65W]
Core i5-11600K 11277
Ryzen 5 5600X 10182
Ryzen 5 3600 9412
Core i5-11400 8025
Ryzen 5 3500 6421
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-12900K 2022 [PL1:241W]
2003 [PL1:125W]
Core i7-12700K 1947 [PL1:190W]
1820 [PL1:125W]
Core i5-12500 1803 [PL1:100W]
1800 [PL1:65W]
Core i5-12400 1715 [PL1:100W]
1715 [PL1:65W]
Core i9-11900K 1672
Ryzen 9 5950X 1650
Ryzen 9 5900X 1611
Ryzen 7 5800X 1604
Core i7-11700K 1564
Core i5-11600K 1564
Ryzen 5 5600X 1533
Core i5-11400 1398
Ryzen 7 3700X 1276
Ryzen 5 3600 1253
Ryzen 5 3500 1183
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

グラフィックス

Radeon RX 6700XTを搭載しています。インテルモデルのRTX 3060 Tiよりも性能が高く、割と高いグラフィック性能だと思います。フルHD~WQHD解像度でのゲームに適していると思います。

3DMark Time Spy
~ グラフィックス(ゲーム向け)性能の評価 ~
Radeon RX 6700XT
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 3080 17064
RTX 3070 Ti 14323
RTX 3070 13393
Radeon RX 6700XT 12445
RTX 3060 Ti 10945
RTX 3060 8650
RTX 3050 6140
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

メモリ

メモリはDDR4-3200を搭載しています。初期設定では3200MHzですが、前述した「OMEN Gaming Hub」からオーバークロックすることで、3467MHzで動作します。下のSiSoftware Sandra 2020のベンチマークは、3200MHzで計測しています。速度は普通です。

オーバークロックすることで3467MHzで動作
SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
16GB DDR4-3200MHz
他のメモリとの比較(帯域のベンチマーク)
DDR5-5200
デュアルチャネル
59.71GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
56.13GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
31.38GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のデスクトップPCで計測した実測値で、理論的な最大値ではありません

 

ストレージ

ストレージでは1TBのPCIe Gen4 SSDを搭載しており、非常に高速です。なお、カスタマイズで容量を増やしたり、追加でSSDを増やしたりすることはできません。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
WD Black NVMe 1TB Gen4 SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
6909
PCIe Gen3 SSD 3500
SATA SSD 550
HDD 170
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ゲームベンチマーク

ゲームに付属のベンチマーク機能のスコア、または実際にゲームをプレイし、Afterburnerで計測したフレームレートを掲載します。

Ryzen 5 5600X+Radeon RX 6700XT搭載モデルでのゲームベンチマークスコアです。インテルモデルのRTX 3060 Tiよりも性能が高く、フルHDなら高フレームレート、WQHDなら最高設定60 fpsでプレイができるでしょう。

「サイバーパンク 2077」のように、「AMD FidelityFX Super Resolution」に対応したゲームであれば、さらにパフォーマンスを伸ばすことができます。

ただし、レイトレーシングには不向きです。

以下のゲームのフレームレートについて
表示しているのは平均フレームレートです
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアはCore i9-12900K搭載PCで計測した代表値)
重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DX12)
品質 解像度 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 89 fps(140 fps)
2560x1440 54 fps(114 fps)
3840x2160 23 fps(77 fps)
※カッコ内は「AMD FidelityFX Super Resolution」を自動設定
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、ウルトラ)
RTX 3090 134 fps
RTX 3080 Ti 134 fps
RTX 3080 120 fps
RTX 3070 Ti 105 fps
RTX 3070 96 fps
Radeon RX 6700XT 89 fps
RTX 3060 Ti 83 fps
RTX 3060 66 fps
重い部類のゲーム
Forza Horizon 5(DX12)
品質 解像度 平均 fps
エクストリーム 1920x1080 108 fps
2560x1440 90 fps
3840x2160 60 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、エクストリーム)
RTX 3090 131 fps
RTX 3080 Ti 128 fps
RTX 3080 122 fps
RTX 3070 Ti 109 fps
Radeon RX 6700XT 108 fps
RTX 3070 107 fps
RTX 3060 Ti 96 fps
RTX 3060 75 fps
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン(DX12)
品質 解像度 平均 fps
品質:最大 1920x1080 83 fps
2560x1440 63 fps
3840x2160 36 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、最大)
RTX 3090 122 fps
RTX 3080 Ti 120 fps
RTX 3080 115 fps
RTX 3070 Ti 100 fps
RTX 3070 95 fps
Radeon RX 6700XT 83 fps
RTX 3060 Ti 82 fps
RTX 3060 64 fps
重い部類のゲーム
ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界(DX12)
品質 解像度 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 98 fps
2560x1440 71 fps
3840x2160 38 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、ウルトラ)
RTX 3090 165 fps
RTX 3080 Ti 161 fps
RTX 3080 152 fps
RTX 3070 Ti 126 fps
RTX 3070 121 fps
RTX 3060 Ti 103 fps
Radeon RX 6700XT 98 fps
RTX 3060 78 fps
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
品質 解像度 平均 fps
高品質 1920x1080 113 fps
2560x1440 85 fps
3840x2160 47 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、高品質)
RTX 3090 170 fps
RTX 3080 Ti 170 fps
RTX 3080 161 fps
RTX 3070 Ti 136 fps
RTX 3070 131 fps
RTX 3060 Ti 115 fps
Radeon RX 6700XT 113 fps
RTX 3060 91 fps
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
品質 解像度 平均 fps
最高 1920x1080 154 fps
2560x1440 110 fps
3840x2160 56 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、最高)
RTX 3090 204 fps
RTX 3080 Ti 203 fps
RTX 3080 201 fps
RTX 3070 Ti 178 fps
RTX 3070 172 fps
Radeon RX 6700XT 154 fps
RTX 3060 Ti 152 fps
RTX 3060 122 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ(DX11)
品質 解像度 平均 fps
最高 1920x1080 154 fps
2560x1440 119 fps
3840x2160 60 fps
ベンチマークスコアの比較(1920x1080、最高)
RTX 3090 210 fps
RTX 3080 Ti 210 fps
RTX 3080 207 fps
RTX 3070 Ti 195 fps
RTX 3070 185 fps
RTX 3060 Ti 174 fps
Radeon RX 6700XT 154 fps
RTX 3060 148 fps
中程度の重さのゲーム
フォートナイト(Ver.19)
品質 解像度 平均 fps
最高設定 1920x1080 145 fps
2560x1440 92 fps
3840x2160 45 fps
※バトルラボで計測
軽い部類のゲーム
PUBG: BATTLEGROUNDS
品質 解像度 平均 fps
ウルトラ 1920x1080 229 fps
2560x1440 157 fps
3840x2160 82 fps
※トレーニングモードで計測

 

その他のゲームのベンチマーク

上に掲載した以外のゲームのフレームレートについては、下を参考にしてください。

 

クリエイターソフトの処理時間

各クリエイターソフトの処理速度を計測したときの結果を掲載します。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

CPUがそこまで速くないので、Core i7-12700K/RTX 3060といったような構成よりも遅くなっていますが、そこまで大きな差はなく、十分実用範囲内の書き出し速度です。

Core i9-12900K/32GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分00秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce RTX 3090
3分12秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce RTX 3080
3分15秒
Core i7-12700K/16GB
GeForce RTX 3060
3分19秒
Core i7-12700K/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分23秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分23秒
Core i5-12500/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分26秒
Core i7-11700K/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分33秒
Ryzen 7 5800X/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分34秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce RTX 3070
3分34秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce RTX 3060
3分45秒
Core i5-12400F/16GB
GeForce RTX 3070 Ti
3分48秒
Ryzen 5 5600X/16GB
Radeon RX 6700XT
4分12秒
Ryzen 5 5600X/16GB
GeForce RTX 3060 Ti
4分19秒
Ryzen 7 3700X/16GB
Radeon RX 6700XT
5分03秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce GTX 1660
5分32秒
Ryzen 5 3500/16GB
GeForce GTX 1660
6分05秒
Core i9-11900K/16GB
GeForce GTX 1650
6分22秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間
※ グラフィックスは全てデスクトップPC用
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間

Core i7-12700Kなどと比べるとやや遅さは感じます。

x265でのエンコード時間
Core i9-12900K 4分25秒 [PL1=241W]
5分03秒 [PL1=125W]
Ryzen 9 5900X 5分20秒
Core i7-12700K 5分36秒
Core i9-11900K 7分00秒
Ryzen 7 5800X 7分08秒
Core i7-11700K 8分40秒
Ryzen 7 3700X 8分56秒
Core i5-12500 9分18秒 [PL1:65W]
Core i5-12400F 9分31秒 [PL1:65W]
Ryzen 5 5600X 10分00秒
Core i5-11400 11分00秒 [PL1:100W]
13分00秒 [PL1:65W]
Ryzen 5 3500 13分58秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
Blender Benchmark
OptiXで実行した時のスコア

 

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。本製品は管理ツール「OMEN Gaming Hub」から、温度コントロールの設定ができ、ここでは「標準」と「パフォーマンス」で計測しています。

HP ゲーミングデスクトップのラインアップ

 

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU電力およびCPU温度の推移を確認します。

CPU電力は65Wで推移し、CPU温度は「標準」では66℃前後、「パフォーマンス」では64℃前後と、どちらも低めの温度です。空冷CPUクーラーにしてはかなり冷却性能が高いと思います。

  • 標準
  • パフォーマンス
CPU電力
CPU温度
CPU電力
CPU温度

 

ゲーム時のCPU、GPU温度

ファイナルファンタジー15のゲームベンチマーク実行中のCPUおよびGPU温度は下図の通りです。

「標準」ではCPU温度は76℃台前後、GPU温度は84℃前後とやや高めですが、問題ない温度です。

「パフォーマンス」ではCPU温度は70℃台前後、GPU温度は82℃前後とこちらも問題ない温度です。

  • 標準
  • パフォーマンス
CPU温度
GPU温度
CPU温度
GPU温度

 

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェックです。もし動作音が大きいと、作業に集中しづらいです。

ゲーミングデスクトップPCとしては普通の騒音値です。なお、温度コントロールを「パフォーマンス」にしていも、それほど違いはありませんでした。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2~3番目:FF15 ベンチマーク実行(高品質、1920x1080、ウィンドウ)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

高性能パーツを搭載しているので、消費電力はそれなりに高いです。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

外観のチェックです。
筐体カラーはセラミックホワイトです。ケースサイズはミニタワーです。

 

電源を入れるとフロントパネルのダイヤ型のLEDが点灯します。LEDライティングに対応しています。

 

フロントパネルの横に隙間があり、ここから吸気します。

 

トップパネルのインターフェースです。正面ではなく上部に配置されているので、抜き差ししやすいです。左から、マイク端子、ヘッドホン端子、USBx2、電源ボタンです。

 

トップパネルは冷却効率の良いメッシュ状になっています。

 

右サイドパネルはシンプルです。

 

左サイドパネルは内部の見える強化ガラス製です。

 

背面のインターフェースです。USBの構成は、USB 2.0 Type-A ×4、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps ×1、SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1となっています。

 

底面です。メッシュフィルターはありません。

 

底面からも吸気できるようにインシュレーターは高めです。

 

ケース内部のチェック

ケース内部です。ケーブル類は裏面でまとめられており、エアフローも確保されています。

 

空冷のCPUクーラーはサイドフロー式のものが採用されており、光らせることが可能です。

 

メモリにはHyperX DDR-3200MHzが搭載されています。LEDライティング対応です。

 

Radeon RX 6700XT搭載モデルのグラフィックカードです。こちらもメーカーは不明です。サポートで補強されており、重さによる傾きがありません。「Radeon」ロゴは点灯しますが、他は光りません。

 

M.2 SSDにはWestern Digital製のWD_Black 1TB M.2 SSD (PCIe Gen4 SSD)が搭載されています。ヒートシンクは装着されていませんでした。

 

電源ユニットはCooler Master製の600W(80PLUS Gold)電源を搭載しています。

 

ケース内上部にLEDストリップライトはありません。ケースファンは後で増設できそうです。

 

斜めから見た画像

斜めから見た画像はご覧のようになっています。

 

まとめ

以上が、HP OMEN 25L DESKTOP(AMDモデル)のレビューです。

白いボディと、内部の見えるシースルー構造およびLEDライティングが特徴的なミニタワーケースです。清潔感のあるカラーで、奥行きも短いので、場所を選ばず設置しやすいと思います。

AMD Ryzen 5 5600XとRadeon RX 6700XTの構成で、CPU性能はそこまで高くありませんが、グラフィックス性能はGeForce RTX 3060 Ti以上の性能があり、フルHDからWQHD解像度なら快適にゲームができます。

インテルモデルと比較すると、CPU性能は低いですが、グラフィック性能は高く、ゲームを中心に行う方におすすめです。クリエイティブ用途で使用するなら、インテルモデルのほうがいいかもしれません。

 

真っ白な清潔感のあるゲーミングPC

HP OMEN 25L DESKTOP(AMDモデル)

特徴

  • 白い筐体とガラスサイドパネル
  • ハイミドルに近い性能で高コスパ
  • ワンタッチで開くサイドパネル

こんなあなたに

  • 白のボディが気に入った方
  • クリエイティブ作業ではなくゲームを中心に行う方
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ