GeForce RTX 3060 のベンチマーク

更新日:2021年3月6日

GeForce RTX 30シリーズのミドルクラス下位モデル「GeForce RTX 3060」が2月26日に発売開始となりました。

現在ゲーミングPCとマイニング需要により、枯渇気味であるグラフィックカード市場。PCゲーマーたちにとっても、マイナーたちにとっても、注目の最新GPUとなります。

ここでは、「MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」のグラフィックカードを用いて、3DMARKやゲームベンチマーク、マイニング時のハッシュレートなどを計測し、比較した結果を掲載します。

執筆:ゲーム記事担当"つむじ"

2021.3.6 初稿

目次

 

GeForce RTX 3060のスコア結果【概要】

RTX 2060 SUPERよりやや高い性能

細かい説明は不要なので、ザックリとどのくらい性能が向上したのか知りたい方のために、まずは代表的なベンチマーク「3DMark Time Spy」のスコアを掲載します。

GeForce RTX 3060は、旧世代のRTX 2060と比較して約18%スコアがアップ、また、RTX 2060 SUPERよりもやや高く、RTX 2070とほぼ同等のスコアでした。

3DMark Time Spy - Graphics score
RTX 3090 19568
RTX 3080 17064
Radeon RX 6800 14520
RTX 2080Ti 13872
RTX 3070 13393
RTX 3060Ti 11526
RTX 2080 SUPER 11315
RTX 2070 SUPER 9922
RTX 3060 8650
RTX 2070 8605
RTX 2060 SUPER 8482
RTX 2060 7302
GTX 1660Ti 6031
GTX 1660 SUPER 6000
GTX 1660 5431
GTX 1650 SUPER 4630
GTX 1650 3336
※当サイトの計測値

 

GeForce RTX 3060 の仕様

今回レビューするRTX 3060は、昨年の12月3日に発売された「GeForce RTX 3060 Ti」の下位に位置するモデルで、これまでも人気であった、ミドルクラスの60シリーズ代表となる、グラフィックカードです。

注目すべきは異例の12GBのグラフィックスメモリを搭載している点。これは上位のRTX 3060Tiだけでなく、さらに上位のRTX 3080よりも多いメモリ量となります。

ただ、肝心のメモリバス幅は192 bit、帯域幅は360GB/sのまま。それを補うためか、メモリスピードは15Gbpsまで引き上げられています。

その他の基本スペックを確認すると、CUDAコアは3584基とRTX 2060 SUPERよりも格段に増え、ベースクロックは1320MHzと低めなものの、ブーストクロックは1780 MHzと、ミドルクラスにしてはやや高めに設定されています。TDPは170Wに抑えられており、上位のRTX 3060Tiと比べると30Wも低いです。

RTX 3060シリーズの仕様比較
  GeForce
RTX 3060Ti
GeForce
RTX 3060
GPUコア GA104 GA106
GPUアーキテクチャ Ampere
製造プロセス 8nm
CUDAコア数 4864 3584
Tensorコア数 152(第3世代) 112(第3世代)
RTコア数 38(第2世代) 28(第2世代)
定格クロック 1410 MHz 1320 MHz
ブーストクロック 1665 MHz 1780 MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8 GB 12 GB
メモリスピード 14 Gbps 15 Gbps
メモリバス幅 256 bit 192 bit
メモリ帯域幅 448 GB/s 360 GB/s
TDP 200W 170W
想定価格(税別) 59,980円 49,980円
RTX 2060シリーズの仕様比較
  GeForce
RTX 2060 SUPER
GeForce
RTX 2060
GPUコア TU106 TU106
GPUアーキテクチャ Turing
製造プロセス 12nm
CUDAコア数 2176 1920
Tensorコア数 272(第2世代) 240(第2世代)
RTコア数 34(第1世代) 30(第1世代)
定格クロック 1470 MHz 1365 MHz
ブーストクロック 1650 MHz 1680 MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8 GB 6 GB
メモリスピード 14 Gbps 14 Gbps
メモリバス幅 256 bit 192 bit
メモリ帯域幅 448 GB/s 336 GB/s
TDP 175W 160W

 

テスト環境

テストに使用したグラフィックカード

今回の検証に使用したグラフィックカードは「MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」です。価格は税込66,000円とかなり割高です。

なお、メーカーによっても価格は変わりますが、どのカードもだいたい5万円~6万円台でした。上位のRTX 3060Tiでも発売当時は税込5万円台で購入できたので、実質RTX 3060Tiと価格はほとんど変わりません。

「MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」については下記をご覧ください。

 

ファンブレードは10枚でMSI製品としては珍しい2連ファンの小型サイズです。背面は金属製バックプレートにより、基盤を保護し、同時に冷却面もサポート。

 

映像出力端子はDisplayPort 1.4aが3ポート 、 HDMI 2.1が1ポートとなっています。また、本製品では補助電源には8ピンコネクタ1本と、6ピンコネクタを1本使用します。RTX 3060ではほとんどの製品が8ピンコネクタ1本で済むので、注意してください。

 

ミドルクラスのグラフィックスにしてはやや大きめですが、MSIの製品としてはコンパクトです。重量も実測で996gとやや重めです。

 

ファン部分です。最新ファン「TORX FAN 4.0」を採用しており、先代より静音性が少し向上しているそうです。

 

実際にPCに装着したときの写真です。ミドルクラスにしてはややゴツいです。また、クーラーカバーは「Mystic Light」対応の LEDイルミネーション機能を搭載しています。低負荷時にファンを停止する「Zero Frozr」にも対応しています。

 

「MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」のGPU-Zの結果は、次のようになっています。
GPUクロックはブースト時

1837MHzのオーバークロック仕様となっています。

GPU-Zの結果

 

テストに使用したPC

GeForce RTX 3060のベンチマークを測定するにあたって、テストに使用したPCの構成は以下の通りです。

レビュー機の構成
CPU Core i9-10900K
ケース NZXT H510 Matte Black
マザーボード ASUS TUF Z490-PLUS(WI-FI)
CPUファン 簡易水冷 Silverstone PF240-ARGB ZEFT
メモリ Gskill Trident Z DDR4-2666 16GB(8GB×2)
ストレージ1 M.2 SSD WD BLUE SN550 1TB
ストレージ2 SATA SSD Crucial MX500 1TB
電源 Corsair RM1000x 1000W

 

基本ベンチマークスコア

基本的なベンチマークスコアです。ゲームベンチマークスコアでは、各ゲームのグラフィック設定を最高設定のみで計測しています。

3DMark - Time Spy

3DMark Time Spyのベンチマークスコアです。
通常のTime Spy、4K環境でのTime Spy Extremeともに、RTX 2060 SUPERよりもやや高いスコアとなっています。

Time Spy(DX12) - Graphics score (2560x1440
RTX 3090 19568
RTX 3080 17064
Radeon RX 6800 14520
RTX 2080Ti 13872
RTX 3070 13393
RTX 3060Ti 11526
RTX 2080 SUPER 11315
RTX 2070 SUPER 9922
RTX 3060 8650
RTX 2070 8605
RTX 2060 SUPER 8482
RTX 2060 7302
Time Spy Extreme(DX12) - Graphics score (3840x2160)
RTX 3090 9963
RTX 3080 8622
Radeon RX 6800 7026
RTX 3070 6698
RTX 2080Ti 6574
RTX 3060Ti 5631
RTX 2080 SUPER 5293
RTX 2070 SUPER 4679
RTX 3060 4097
RTX 2060 SUPER 4042
※当サイトの計測値

 

ゲームベンチマークスコア

各ゲームベンチマークでのスコア比較です。ミドルクラスであるRTX 3060では、特にフルHD(1920x1080)環境でのゲーミング性能に着目していきます。

負荷が重い「サイバーパンク2077」や「ウォッチドッグス レギオン」でも最高設定で平均60 fpsを越えます。WQHD(2560x1440)環境ではゲームによっては60 fpsを越えます。4K環境では厳しい性能です。

スコアもいずれのゲームにおいて、RTX 2060 SUPERよりやや高く、RTX 2070 SUPER以下という性能です。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DX12)
品質 解像度 平均fps
ウルトラ 1920x1080 62 fps
2560x1440 41 fps
3840x2160 20 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 124 fps
RTX 3080 114 fps
RTX 2080Ti 91 fps
RTX 3070 91 fps
RTX 3060Ti 78 fps
RTX 2080 SUPER 77 fps
RTX 2070 SUPER 68 fps
RTX 3060 62 fps
RTX 2060 SUPER 60 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 89 fps
RTX 3080 80 fps
RTX 2080Ti 62 fps
RTX 3070 61 fps
RTX 3060Ti 53 fps
RTX 2080 SUPER 52 fps
RTX 2070 SUPER 46 fps
RTX 3060 41 fps
RTX 2060 SUPER 39 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 47 fps
RTX 3080 42 fps
RTX 2080Ti 32 fps
RTX 3070 32 fps
RTX 3060Ti 27 fps
RTX 2080 SUPER 25 fps
RTX 2070 SUPER 23 fps
RTX 3060 20 fps
RTX 2060 SUPER 19 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン(DX12)
品質 解像度 平均fps
最大 1920x1080 61 fps
2560x1440 46 fps
3840x2160 27 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 104 fps
RTX 3080 100 fps
RTX 2080Ti 90 fps
RTX 3070 89 fps
RTX 3060Ti 80 fps
RTX 2080 SUPER 80 fps
RTX 2070 SUPER 72 fps
RTX 3060 61 fps
RTX 2060 SUPER 61 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 93 fps
RTX 3080 84 fps
RTX 2080Ti 71 fps
RTX 3070 70 fps
RTX 3060Ti 61 fps
RTX 2080 SUPER 60 fps
RTX 2070 SUPER 52 fps
RTX 3060 46 fps
RTX 2060 SUPER 45 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 61 fps
RTX 3080 54 fps
RTX 2080Ti 43 fps
RTX 3070 40 fps
RTX 3060Ti 36 fps
RTX 2080 SUPER 34 fps
RTX 2070 SUPER 30 fps
RTX 3060 27 fps
RTX 2060 SUPER 25 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
Horizon Zero Dawn(DX12)
品質 解像度 平均fps
最高画質 1920x1080 93 fps
2560x1440 74 fps
3840x2160 41 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 153 fps
RTX 3080 140 fps
RTX 3070 118 fps
RTX 2080Ti 118 fps
RTX 3060Ti 111 fps
RTX 2080 SUPER 104 fps
RTX 2070 SUPER 98 fps
RTX 3060 93 fps
RTX 2060 SUPER 87 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 132 fps
RTX 3080 118 fps
RTX 3070 100 fps
RTX 2080Ti 98 fps
RTX 3060Ti 94 fps
RTX 2080 SUPER 82 fps
RTX 2070 SUPER 78 fps
RTX 3060 74 fps
RTX 2060 SUPER 68 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 85 fps
RTX 3080 71 fps
RTX 3070 56 fps
RTX 2080Ti 56 fps
RTX 3060Ti 55 fps
RTX 2080 SUPER 46 fps
RTX 2070 SUPER 44 fps
RTX 3060 41 fps
RTX 2060 SUPER 38 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
レッド・デッド・リデンプション2(VULKAN)
品質 解像度 平均fps
ウルトラ 1920x1080 68 fps
2560x1440 54 fps
3840x2160 34 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 121 fps
RTX 3080 113 fps
RTX 2080Ti 100 fps
RTX 3070 94 fps
RTX 2080 SUPER 87 fps
RTX 3060Ti 83 fps
RTX 2070 SUPER 70 fps
RTX 3060 68 fps
RTX 2060 SUPER 60 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 108 fps
RTX 3080 97 fps
RTX 2080Ti 80 fps
RTX 3070 77 fps
RTX 2080 SUPER 69 fps
RTX 3060Ti 66 fps
RTX 2070 SUPER 56 fps
RTX 3060 54 fps
RTX 2060 SUPER 48 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 74 fps
RTX 3080 66 fps
RTX 2080Ti 50 fps
RTX 3070 50 fps
RTX 2080 SUPER 44 fps
RTX 3060Ti 43 fps
RTX 2070 SUPER 36 fps
RTX 3060 34 fps
RTX 2060 SUPER 32 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
ボーダーランズ3(DX12)
品質 解像度 平均fps
ウルトラ 1920x1080 78 fps
2560x1440 56 fps
3840x2160 31 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 156 fps
RTX 3080 142 fps
RTX 3070 115 fps
RTX 2080Ti 115 fps
RTX 3060Ti 102 fps
RTX 2080 SUPER 96 fps
RTX 2070 SUPER 80 fps
RTX 3060 78 fps
RTX 2060 SUPER 68 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 124 fps
RTX 3080 107 fps
RTX 3070 84 fps
RTX 2080Ti 82 fps
RTX 3060Ti 74 fps
RTX 2080 SUPER 68 fps
RTX 2070 SUPER 58 fps
RTX 3060 56 fps
RTX 2060 SUPER 49 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 75 fps
RTX 3080 62 fps
RTX 3070 49 fps
RTX 2080Ti 46 fps
RTX 3060Ti 42 fps
RTX 2080 SUPER 38 fps
RTX 2070 SUPER 32 fps
RTX 3060 31 fps
RTX 2060 SUPER 27 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
品質 解像度 平均fps
高品質 1920x1080 89 fps
2560x1440 67 fps
3840x2160 38 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 141 fps
RTX 3080 135 fps
RTX 2080Ti 129 fps
RTX 3070 127 fps
RTX 2080 SUPER 114 fps
RTX 3060Ti 112 fps
RTX 2070 SUPER 103 fps
RTX 3060 89 fps
RTX 2060 SUPER 84 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 129 fps
RTX 3080 116 fps
RTX 3070 98 fps
RTX 2080Ti 95 fps
RTX 2080 SUPER 86 fps
RTX 3060Ti 84 fps
RTX 2070 SUPER 74 fps
RTX 3060 67 fps
RTX 2060 SUPER 63 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 85 fps
RTX 3080 75 fps
RTX 2080Ti 60 fps
RTX 3070 59 fps
RTX 3060Ti 51 fps
RTX 2080 SUPER 50 fps
RTX 2070 SUPER 44 fps
RTX 3060 38 fps
RTX 2060 SUPER 36 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
品質 解像度 平均fps
最高 1920x1080 120 fps
2560x1440 81 fps
3840x2160 43 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 157 fps
RTX 3080 157 fps
RTX 3070 147 fps
RTX 2080Ti 145 fps
RTX 3060Ti 142 fps
RTX 2080 SUPER 136 fps
RTX 2070 SUPER 131 fps
RTX 3060 120 fps
RTX 2060 SUPER 113 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 147 fps
RTX 3080 140 fps
RTX 2080Ti 118 fps
RTX 3070 117 fps
RTX 3060Ti 101 fps
RTX 2080 SUPER 101 fps
RTX 2070 SUPER 90 fps
RTX 3060 81 fps
RTX 2060 SUPER 76 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 96 fps
RTX 3080 83 fps
RTX 2080Ti 64 fps
RTX 3070 63 fps
RTX 3060Ti 54 fps
RTX 2080 SUPER 54 fps
RTX 2070 SUPER 48 fps
RTX 3060 43 fps
RTX 2060 SUPER 40 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 漆黒のヴィランズ(DX11)
品質 解像度 平均fps
最高 1920x1080 19251 / 136 fps
2560x1440 14873 / 98 fps
3840x2160 7289 / 48 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 206 fps
RTX 3080 192 fps
RTX 3070 170 fps
RTX 2080Ti 168 fps
RTX 3060Ti 158 fps
RTX 2080 SUPER 154 fps
RTX 3060 136 fps
RTX 2070 SUPER 132 fps
RTX 2060 SUPER 118 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 162 fps
RTX 3080 151 fps
RTX 3070 136 fps
RTX 2080Ti 134 fps
RTX 3060Ti 125 fps
RTX 2080 SUPER 121 fps
RTX 2070 SUPER 104 fps
RTX 3060 98 fps
RTX 2060 SUPER 90 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 110 fps
RTX 3080 96 fps
RTX 3070 76 fps
RTX 2080Ti 76 fps
RTX 3060Ti 67 fps
RTX 2080 SUPER 64 fps
RTX 2070 SUPER 55 fps
RTX 3060 48 fps
RTX 2060 SUPER 45 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
中程度の重さのゲーム
ファークライ ニュードーン(DX11)
品質 解像度 平均fps
最高 1920x1080 110 fps
2560x1440 92 fps
3840x2160 51 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 120 fps
RTX 3080 120 fps
RTX 3070 118 fps
RTX 2080Ti 117 fps
RTX 3060Ti 116 fps
RTX 2080 SUPER 116 fps
RTX 3060 110 fps
RTX 2070 SUPER 98 fps
RTX 2060 SUPER 92 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 117 fps
RTX 3080 113 fps
RTX 3070 110 fps
RTX 2080Ti 109 fps
RTX 3060Ti 107 fps
RTX 2080 SUPER 105 fps
RTX 3060 92 fps
RTX 2070 SUPER 91 fps
RTX 2060 SUPER 82 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 102 fps
RTX 3080 93 fps
RTX 2080Ti 78 fps
RTX 3070 75 fps
RTX 3060Ti 67 fps
RTX 2080 SUPER 65 fps
RTX 2070 SUPER 55 fps
RTX 3060 51 fps
RTX 2060 SUPER 47 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート

 

DLSS有効時のスコア

次に、ディープラーニング スーパー サンプリング(DLSS)の効果を計測するベンチマークスコアを掲載します。GeForce RTX 30シリーズでは、第3世代「Tensorコア」により、AIレンダリング技術がより強化されており、画質を落とさずに、ゲームのパフォーマンスを向上させることが可能です。

3DMark - NVIDIA DLSS feature test

NVIDIA DLSS feature testの結果は、下表の通りです。こちらでも、RTX 3060は、RTX 2060 SUPERよりわずかに高いフレームレートです。

DLSS有効時のフレームレートの伸びは2.5倍~3倍となっています。

NVIDIA DLSS feature test - DLSS 2.0 (2560x1440)
RTX 3090 130 fps [DLSS ON]
59 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 116 fps [DLSS ON]
51 fps [DLSS OFF]
RTX 2080Ti 92 fps [DLSS ON]
40 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 91 fps [DLSS ON]
38 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 79 fps [DLSS ON]
32 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 76 fps [DLSS ON]
32 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 66 fps [DLSS ON]
27 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 58 fps [DLSS ON]
23 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 57 fps [DLSS ON]
23 fps [DLSS OFF]
NVIDIA DLSS feature test - DLSS 2.0 (3840x2160)
RTX 3090 73 fps [DLSS ON]
29 fps [DLSS OFF]
RTX 3080 63 fps [DLSS ON]
24 fps [DLSS OFF]
RTX 2080Ti 49 fps [DLSS ON]
18 fps [DLSS OFF]
RTX 3070 48 fps [DLSS ON]
17 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 41 fps [DLSS ON]
15 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 39 fps [DLSS ON]
15 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 34 fps [DLSS ON]
11 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 30 fps [DLSS ON]
10 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 29 fps [DLSS ON]
10 fps [DLSS OFF]
※当サイトの計測値
 :DLSS ONの場合

 

ゲームベンチマークスコア

実際のゲームのベンチマークでは、RTX 3060とRTX 2060 SUPERでの、DLSS有効時のフレームレートの伸び率はほぼ同等でした。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DLSS : 自動)
他のグラフィックスとの比較(2560x1440、ウルトラ)
RTX 3090 125 fps [DLSS ON]
89 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 86 fps [DLSS ON]
53 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 86 fps [DLSS ON]
52 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 76 fps [DLSS ON]
46 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 68 fps [DLSS ON]
41 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 65 fps [DLSS ON]
39 fps [DLSS OFF]
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、ウルトラ
RTX 3090 98 fps [DLSS ON]
47 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 60 fps [DLSS ON]
27 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 59 fps [DLSS ON]
25 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 52 fps [DLSS ON]
23 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 46 fps [DLSS ON]
20 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 44 fps [DLSS ON]
19 fps [DLSS OFF]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :DLSS ONの場合
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン(DLSS : 品質)
他のグラフィックスとの比較(2560x1440、最大)
RTX 3090 102 fps [DLSS ON]
93 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 79 fps [DLSS ON]
61 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 78 fps [DLSS ON]
60 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 70 fps [DLSS ON]
52 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 61 fps [DLSS ON]
46 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 61 fps [DLSS ON]
45 fps [DLSS OFF]
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最大
RTX 3090 82 fps [DLSS ON]
61 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 52 fps [DLSS ON]
36 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 52 fps [DLSS ON]
34 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 44 fps [DLSS ON]
30 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 40 fps [DLSS ON]
27 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 38 fps [DLSS ON]
25 fps [DLSS OFF]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :DLSS ONの場合
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DLSS : ON)
他のグラフィックスとの比較(2560x1440、最高
RTX 3090 152 fps [DLSS ON]
147 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 111 fps [DLSS ON]
101 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 105 fps [DLSS ON]
101 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 99 fps [DLSS ON]
90 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 85 fps [DLSS ON]
81 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 83 fps [DLSS ON]
76 fps [DLSS OFF]
他のグラフィックスとの比較(3840x2160、最高
RTX 3090 116 fps [DLSS ON]
96 fps [DLSS OFF]
RTX 2080 SUPER 70 fps [DLSS ON]
54 fps [DLSS OFF]
RTX 3060Ti 65 fps [DLSS ON]
54 fps [DLSS OFF]
RTX 2070 SUPER 62 fps [DLSS ON]
48 fps [DLSS OFF]
RTX 3060 53 fps [DLSS ON]
43 fps [DLSS OFF]
RTX 2060 SUPER 52 fps [DLSS ON]
40 fps [DLSS OFF]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :DLSS ONの場合

 

レイトレーシング有効時のスコア

続いて、リアルタイムレイトレーシングのベンチマークスコアです。GeForce RTX 30シリーズでは、第2世代「RTコア」によりレイトレーシング機能も強化されています。レイトレーシングを使った負荷の重いゲームも、高いフレームレートでプレイが可能です。

3DMark - Port Royal

3DMARKのリアルタイムレイトレーシングベンチマークテスト「Port Royal」のベンチマーク結果です。レイトレーシング環境では、第2世代「RTコア」と大容量VRAMにより、RTX 2060 SUPERとのスコア差が大きくなっています。

Port Royal - Graphics score (2560x1440)
RTX 3090 12904
RTX 3080 11052
RTX 2080Ti 8605
RTX 3070 8200
RTX 3060Ti 6918
RTX 2080 SUPER 6900
RTX 2080 6037
RTX 2070 SUPER 5810
RTX 3060 5062
RTX 2060 SUPER 4884
RTX 2070 4834
RTX 2060 3734
※当サイトの計測値

 

3DMark - DirectX Raytracing

3DMarkの「DirectX Raytracing feature test」のベンチマーク結果です。このテストでは、シーン全体をレイトレーシングでレンダリングするため、純粋な「DirectX Raytracing(DXR)」性能を比較することができます。

こちらではRTX 3060はRTX 2060 SUPERのフレームレートを大きく離し、RTX 2070 SUPERよりもわずかに高い結果となりました。

DirectX Raytracing feature test - 平均フレームレート (2560x1440)
RTX 3090 54 fps
RTX 3080 46 fps
RTX 3070 31 fps
RTX 2080Ti 30 fps
RTX 3060Ti 26 fps
RTX 2080 SUPER 26 fps
Radeon RX 6800 21 fps
RTX 3060 19 fps
RTX 2070 SUPER 18 fps
RTX 2060 SUPER 15 fps
※当サイトの計測値

 

ゲームベンチマーク

レイトレーシング機能を使ったゲームのベンチマークスコアです。レイトレーシングOFFのときは軽かったゲームもレイトレーシングをONにすると急激に重くなります。また、DLSSと併用した際のフレームレートも比較しています。

ゲームベンチマークではレイトレーシングのみ有効時、DLSS併用時両方において、RTX 2060 SUPERよりも高い結果になりました。いずれのゲームにおいても、フレームレート差は大きいです。

また、フルHD環境なら、レイトレーシング有効でもDLSSと併用することで、「ウォッチドッグス レギオン」なら平均60 fpsを越えます。「サイバーパンク 2077」は厳しいですが、ミドルクラスグラフィックスにしては高いフレームレートでしょう。

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077
(レイトレーシング : ウルトラ、DLSS : 自動)
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、ウルトラ)
RTX 3070 69 fps [レイトレ+DLSS]
45 fps [レイトレ]
RTX 3060Ti 59 fps [レイトレ+DLSS]
38 fps [レイトレ]
RTX 2070 SUPER 50 fps [レイトレ+DLSS]
31 fps [レイトレ]
RTX 3060 48 fps [レイトレ+DLSS]
30 fps [レイトレ]
RTX 2060 SUPER 43 fps [レイトレ+DLSS]
26 fps [レイトレ]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :レイトレ+DLSS ONの場合
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン
(RTX : 最大、DLSS : 高性能)
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、最高
RTX 3070 85 fps [レイトレ+DLSS]
48 fps [レイトレ]
RTX 3060Ti 74 fps [レイトレ+DLSS]
45 fps [レイトレ]
RTX 2070 SUPER 68 fps [レイトレ+DLSS]
38 fps [レイトレ]
RTX 3060 61 fps [レイトレ+DLSS]
38 fps [レイトレ]
RTX 2060 SUPER 59 fps [レイトレ+DLSS]
33 fps [レイトレ]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :レイトレ+DLSS ONの場合
重い部類のゲーム
Bright Memory Infinite Ray Tracing Benchmark
(RTX : High、DLSS : Performance)
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、最高
RTX 3070 119 fps [レイトレ+DLSS]
52 fps [レイトレ]
RTX 3060Ti 103 fps [レイトレ+DLSS]
44 fps [レイトレ]
RTX 2070 SUPER 84 fps [レイトレ+DLSS]
35 fps [レイトレ]
RTX 3060 81 fps [レイトレ+DLSS]
33 fps [レイトレ]
RTX 2060 SUPER 70 fps [レイトレ+DLSS]
28 fps [レイトレ]
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :レイトレ+DLSS ONの場合

 

Resizable BAR有効時のスコア

Resizable BARとは

「Resizable BAR」とは、AMDの「Smart Access Memory」と同様の機能で、CPUがGPUのVRAMメモリ全体にフルアクセスすることができ、効率的かつ複数の要求に対する同時転送が可能になり、多くのゲームでパフォーマンスが改善するというものです。

現時点で対応しているGeForceのグラフィックスは、デスクトップ用RTX 3060シリーズと、ノートPC向けのRTX 30シリーズです。他のグラフィックスについても、3月末より順次対応を開始するそうです。

「Resizable BAR」に対応したCPUは、AMDではRyzen 5000シリーズと、マザーボードAMD 500/400チップセット。インテルでは第10世代Coreプロセッサーと、マザーボードZ490/H470/B460/H410チップセット。第11世代Coreプロセッサーでは全チップセットで利用可能となっています。

「Resizable BAR」のイメージ

 

Resizable BARを利用するには

「Resizable BAR」を利用するには、GPUドライバーの更新はもちろん、対応のCPUを搭載したマザーボードのBIOS更新が必要となります。メーカーによってはベータ版のBIOSしかない場合があるので、注意が必要です。なお、更新作業はあくまでも自己責任となります。

筆者のテスト用PCのマザーボードは「ASUS TUF Z490-PLUS(WI-FI)」となっており、Resizable BAR対応のBIOSをサポートベージにて探してみたところ、まだベータバージョンしか公開されていませんでした。そのため、今回はベータ版のBIOSで検証を行います。

「Resizable BAR」対応のBIOSバージョン

 

BIOSを更新すると、上のメニューに「Resizable BAR」という項目が追加されています。ここをクリックし、ONにすることで「Resizable BAR」の有効化は完了。NVIDIAのシステム情報を確認すると、「Resizable BAR」という欄がYesになっているのがわかります。ちなみにメーカーによってBIOS画面での有効化方法は異なります。

BIOS更新前
BIOS更新後「Resizable BAR」という項目が
NVIDIAのシステム情報を確認すると「Resizable BAR」がYesになっている

 

Resizable BAR有効時のフレームレート比較

ゲームベンチマークにて、Resizable BAR有効時と無効時のフレームレートを比較してみました。現時点でResizable BARに対応しているゲームタイトルは以下の8タイトルのみ。今後増える予定ですが、現状ではまだ少ないです。

ベンチマーク結果ではResizable BARに対応しているタイトル「ウォッチドッグス レギオン」「レッド・デッド・リデンプション2」「ボーダーランズ3」ではわずかにフレームレートが上昇している程度で大幅に向上とまではいきません。また、対応していないタイトルも、念のためベンチマークを実行してみましたが、フレームレートに変化はありませんでした。

Resizable BARに対応しているゲームタイトル

・Assassin's Creed Valhalla
・Borderlands 3
・Forza Horizon 4
・Gears 5
・Metro Exodus
・Red Dead Redemption 2
・Watch Dogs: Legion

重い部類のゲーム
サイバーパンク2077(DX12)
1920×1080、ウルトラ
RTX 3060 62 fps [Resizable BAR]
62 fps
2560x1440、ウルトラ
RTX 3060 41 fps [Resizable BAR]
41 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン(DX12)
1920×1080、最大
RTX 3060 64 fps [Resizable BAR]
61 fps
2560x1440、最大
RTX 3060 48 fps [Resizable BAR]
46 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
重い部類のゲーム
Horizon Zero Dawn(DX12)
1920×1080、最高画質
RTX 3060 93 fps [Resizable BAR]
93 fps
2560x1440、最高画質
RTX 3060RTX 3060 74 fps [Resizable BAR]
74 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
重い部類のゲーム
レッド・デッド・リデンプション2(VULKAN)
1920×1080、ウルトラ
RTX 3060 69 fps [Resizable BAR]
68 fps
2560x1440、ウルトラ
RTX 3060 55 fps [Resizable BAR]
54 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
重い部類のゲーム
ボーダーランズ3(DX12)
1920×1080、ウルトラ
RTX 3060 80 fps [Resizable BAR]
78 fps
2560x1440、ウルトラ
RTX 3060 57 fps [Resizable BAR]
56 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
1920×1080、高品質
RTX 3060 89 fps [Resizable BAR]
89 fps
2560x1440、高品質
RTX 3060 67 fps [Resizable BAR]
67 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
1920×1080、最高
RTX 3060 120 fps [Resizable BAR]
120 fps
2560x1440、最高
RTX 3060 81 fps [Resizable BAR]
81 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
 :Resizable BAR ONの場合

 

クリエイター向けソフトのベンチマークスコア

TMPGEnc によるNVENCエンコード時間

以下のグラフは、TMPGEnc Video Mastering Works 7にて、XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVC変換したときのエンコード時間を計測したものです。すべてNVENCでエンコードしています。

どのグラフィックカードもそれほど差はありませんでしたが、RTX 2060 SUPERよりも遅い結果となりました。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間(NVENC)
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2080 SUPER
51秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce GTX 1660 SUPER
52秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2070 SUPER
52秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3090
53秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3080
53秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3070
53秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2060 SUPER
53秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3060Ti
54秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3060
56秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※ NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※すべて同じPCで計測しています

 

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

以下のグラフは、Premiere Proで、4K動画の書き出し時間を計測したものです。

Premiere Proでの4Kエンコード時間でも、RTX 2060 SUPERより遅い結果となりました。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3090
3分53秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3080
3分56秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2080Ti
4分00秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2080 SUPER
4分20秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 2070 SUPER
4分22秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3070
4分23秒
Core i9-10900K/16GB
RTX 2060 SUPER
4分24秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3060Ti
4分28秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce RTX 3060
4分40秒
Core i9-10900K/16GB
GeForce GTX 1650
7分17秒
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間
※すべて同じPCで計測しています

 

Blender Benchmarkによるレンダリング時間

3D CGソフト「Blender」のベンチマークスコアです。ここでは6種類のプロジェクトのレンダリング時間を測定し、合計したものをスコアとして比較しています。

レンダリング速度ではRTX 2060 SUPERを大きく離して11分台、RTX 2070 SUPERと同じレンダリング時間でした。

Blender Benchmark - 実行合計時間
RTX 3090 3分40秒
RTX 3080 4分22秒
RTX 3070 5分45秒
RTX 3060Ti 6分27秒
RTX 2080Ti 7分13秒
RTX 2080 SUPER 8分36秒
RTX 2070 SUPER 11分35秒
RTX 3060 11分35秒
RTX 2060 SUPER 14分39秒
※OptiXでの実行結果

 

消費電力の比較

消費電力の比較です。計測には3DMarkの「Time Spy Extreme」、「Time Spy」、「Port Royal」のストレステストを2分間行い、確認できた最も高い消費電力を記載しています。測定はグラフィックカード単体の消費電力ではなく、PC全体の消費電力です。測定機器にはワットチェッカーを使用しています。

TDPではRTX 3060が170W、RTX 2060 SUPERが175Wとなっていますが、実際の測定結果では、RTX 3060の方が消費電力は低い結果となりました。RTX 3060の電力効率は高いと思います。ちなみに、RTX 3060の推奨電源容量は550Wとされています。

Time Spy Extreme - Stress Test(3840x2160)
RTX 3090 468W
RTX 3080 426W
RTX 2080Ti 363W
RTX 2080 SUPER 322W
RTX 3070 302W
RTX 3060Ti 291W
RTX 2070 SUPER 280W
RTX 2060 SUPER 245W
RTX 3060 230W
Time Spy - Stress Test(2560x1440)
RTX 3090 480W
RTX 3080 442W
RTX 2080Ti 378W
RTX 2080 SUPER 345W
RTX 3070 330W
RTX 3060Ti 306W
RTX 2070 SUPER 296W
RTX 2060 SUPER 261W
RTX 3060 244W
Port Royal - Stress Test (2560x1440)
RTX 3090 462W
RTX 3080 423W
RTX 2080Ti 371W
RTX 2080 SUPER 335W
RTX 3070 316W
RTX 3060Ti 290W
RTX 2070 SUPER 280W
RTX 2060 SUPER 238W
RTX 3060 231W
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

マイニングのハッシュレート比較

マイニング需要により市場から姿を消すグラフィックカード

グラフィックカード需要が急激に伸びた原因とも言える仮想通貨のマイニング。マイニングとは、大量のハッシュ値の計算をし、その報酬として仮想通貨を受け取ることのできるシステム。この一連の作業をマイニングと言い、GPUによる演算が最も効率が良く、最近ではビットコインなどをはじめ、仮想通貨が高騰していることから、グラフィックカードの需要が急激に伸びました。コロナの影響によるゲーミングPCの需要が伸びているのもありますが、グラフィックカードが店舗から突然姿を消したのは、マイナーたちによる買い占めの影響がほとんどと言われています。

NVIDIAはこれに対し、より多くのゲーマーにGeForceを届けるために、GeForce RTX 3060において、ハッシュレートおよびマイニング効率を約50%に制限すると発表しました。販売する製品に対して制限を行うのはどうかとは思いますが、GPUがひとつでもゲーマーに届いてほしいのは同意見なので、個人的には英断と思っています。

どうやって制限しているのかというと、ドライバにより、Ethereumマイニングのアルゴリズム特有パターンを検知し、ハッシュレートを抑えるというもの。ゲームやクリエイターアプリに影響がないのか甚だ疑問ですが、上記のベンチマークを見る限りでは大丈夫そうです。

制限されるのは、Ethereum(イーサリウム)マイニングのみとのことですが、実際のところはどうかわかりません。なので、最新のグラフィックスドライバーにて、実際にマイニングをし、ハッシュレートを比較してみました。

 

Ethereumマイニングにおいて制限がかけられているのは事実

ハッシュレート制限がかけられているのは、Ethereumマイニングのみとのことですが、今回はBitcoinマイニングも試し、ハッシュレートとGPUの消費電力を計測。Ethereumマイニングには「PhoenixMiner」を使用し、アルゴリズムはEthash。Bitcoinマイニングには、「NiceHash Miner」を使用し、アルゴリズムはOctopusで検証を行いました。

結果ではEthereumマイニングにおいてハッシュレートは21.930 MH/s(116W)と、RTX 2060 SUPERよりもかなり低いです。どうやらハッシュレート制限がかけられているのは本当のようです。

マイニング開始後数十秒は41.54 MH/s辺りまで出ていたものの、取り憑かれたように徐々に下がっていき、32.15 MH/sから最終的には21.93 MH/s辺りまで下がっていました。電力制限がかけられているのか、GPU電力も116Wと、極端に低いです。

一方Bitcoinマイニングでは、制限がないのか35.50 MH/sとそれほど下がりませんが、RTX 2060 SUPERよりもやや低いハッシュレートとなっています。どちらにしろ、RTX 3060はマイニングには向かないようです。

Ethereum/ETH(PhoenixMiner/Ethash)
RTX 3090 106.853 MH/s(342W)
RTX 3060Ti 51.757 MH/s(182W)
RTX 3070 51.650 MH/s(182W)
RTX 2070 SUPER 36.910 MH/s(150W)
RTX 2060 SUPER 36.855 MH/s(170W)
RTX 3060 21.930 MH/s(116W)
Bitcoin/BTC(NiceHash Miner/Octopus)
RTX 3090 101.00 MH/s(347W)
RTX 3070 48.33 MH/s(219W)
RTX 3060Ti 47.15 MH/s(199W)
RTX 2070 SUPER 47.07 MH/s(213W)
RTX 2060 SUPER 38.37 MH/s(173W)
RTX 3060 35.50 MH/s(169W)
※ハッシュレートと消費電力は、1分間の平均値を掲載しています。

 

まとめ

RTX 3060はRTXシリーズのミドルクラスとして人気となるはずのグラフィックカードでしたが、性能面ではRTX 2060 SUPERよりやや高い程度。せっかくの12GBの大容量メモリも、ゲームにおいてはバス幅が影響して、効果を発揮しづらく、VRAMを食うレイトレーシングにおいても、RTコア数が少ないので、これも性能がいまいち発揮できていない印象です。

さらにはVRAMの影響か、RTX 3060 Tiと同等レベルの価格で割高感があります。せめて、価格がもう少し安ければ良かったと思います。

ですが、クリエイターにとって12GBの大容量VRAMは魅力的。扱う素材によっては雪だるま式にVRAM使用量は増えていくので、VRAMは多ければ多いほど良いもの。クリエイターの方たちにとっては、RTX 3060 Tiよりも、RTX 3060の方がおすすめです。

 

GeForce RTX 3060レビューまとめ

GeForce RTX 3060の良いところ

  • 12GBのGDDR6グラフィックスメモリを搭載
  • ハッシュレート制限でマイナーによる買い占め回避
  • VRAM容量が欲しいクリエイターにはコスパ良し

GeForce RTX 3060のダメなところ

  • ゲームでは12GBのVRAMを活かし切れない
  • ミドルクラスにしては価格が高い
  • 性能はRTX 2060SUPERよりやや高い程度
  • 総評もう少し安ければ・・・

 

GeForce RTX 3060を搭載可能なおすすめPC

最後に、現在GeForce RTX 3060が搭載できるおすすめのBTOパソコンの紹介です。現状、ネット通販でパーツ単体を入手するのは難しいですが、BTOパソコンであれば、GeForce RTX 3060搭載PCを入手できます。ミドルクラスのゲーミングPCとして、手ごろな価格で販売されています。

ドスパラ GALLERIA
サイズ ミニ / ミドルタワー
CPU ~Core i7-10700K
~Ryzen 7 3700X
GPU GeForce RTX 3060
価格 12万円台(税込)~
価格が安く人気の製品

ケースがリニューアルし、デザイン性も機能性も進化。価格が安く人気の製品。

パーツの選択肢はそこまで多くないため、逆に選びやすい。

レビュー記事はこちら メーカーサイトはこちら
パソコンショップ SEVEN
サイズ 色々
CPU ~Core i7-10920K
~Ryzen 9 5950X
GPU GeForce RTX 3060
価格 14万円台(税込)~
細かく選べて価格も安い

PCケースから、マザーボード、電源など、メーカーを指定してカスタマイズ可能。

細かくパーツをカスタマイズして購入したい方におすすめ。

レビュー記事はこちら
メーカーサイトはこちら
サイコム ゲーミングPC
サイズ 色々
CPU ~Core i7-10900K
~Ryzen 9 5950X
GPU GeForce RTX 3060
価格 17万円台(税込)~
玄人向けゲーミングPC

メーカーを指定してパーツを選べることに加え、ダブル水冷モデルや静音モデルなど、特別なPCをラインナップ。

こだわりのある自分だけの製品が欲しい方におすすめ。

メーカーサイトはこちら
パソコン工房 ミニタワー
サイズ ミニタワー
CPU ~Core i7-10700K
~Ryzen 5 3600
GPU RTX 3060
価格 13万円台(税込)~
低価格ゲーミングPC

比較的安価で購入できるミドルタワーゲーミングPC。

様々なモデルが用意されており、カスタマイズも豊富。

メーカーサイトはこちら

 

関連ページ