会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ

レノボのパソコンの評価レビュー

更新日:2018年9月8日

キーボードの打ちやすさが抜群

レノボの特徴と評価

ThinkPadイメージロゴ

モバイルパソコンと言えばThinkPadと言われるくらい、レノボ(昔はIBM)のパソコンは定評があります。IBMからレノボへPC事業が売却されましたが、ThinkPadは開発・研究は日本の大和事業所で行っているため、品質はなんら変わっていません。頑丈でキーボードの操作性が良く、価格も比較的安いため、ThinkPadシリーズは大変おすすめです。

家庭向けのideapadシリーズは、コストパフォーマンスの高い製品が多く、たまに飛びぬけて良いモデルが登場します。イマイチな製品も存在しますが、そのあたりの見極めは当サイトのレビュー記事をご覧いただければと思います。

2015年2月からは、一部のモデルを国内の米沢工場で組立するようになりました。品質面でも安心です。

ただし、ThinkPadシリーズは、技術的な質問が購入後1ヵ月間のみ詳細)といった点が残念です。30日以降は有償となります。PC操作が不慣れな方は、他メーカーの方が良いかもしれません。ideapadシリーズは、保証期間内の技術サポートは無償なので、PCの操作に不慣れな方はideapadのほうがいいかもしれません。なお、筆者はThinkPad製品について、たまに技術サポートに電話したりチャットしたりすることがありますが、特に問題のない対応です。

また、注文してから納品されるまで日数がかかるので、余裕を持った注文が望ましいです。ただし、短納期モデルであれば、通常3日以内での商品が到着します。

マニュアル類はほとんど無いに等しいので、ある程度PCのことが分かっているユーザーにおすすめです。

レノボの製品を購入して感じること

筆者は検証のために、レノボのパソコンをよく購入します。おそらく過去50台以上のレノボPCを購入したことがあると思いますが、クリックボタンの反応が片方だけやや悪かったり、キーを押すと突っかかったような感じがあったり、LTEの調子が悪かったり、ボディが汚れていたりなど、他のメーカーに比べると細かい部分でトラブルはやや多い気はします。ただ、サポートに連絡すれば大抵は対応してくれます。

また、BIOSなどをアップデートしないと、CPUが全力で動いてくれないときもたまにあります。そのまま使っても問題ないですが、レノボの製品を購入したら、Lenovo Vantageなどを起動し、システムの更新作業を実施することをおすすめします。最新機種は、最新のBIOSが登場すると、ポップアップで教えてくれて、ボタン1つでアップデートできるので簡単です。

あえて悪い点を先に記載しましたが、問題ないときのほうが多く、正常に動いていればとても使いやすいです。筆者もメインPCとして、ThinkPad X201sを長く使っていましたが、特に故障もなく快適に使えていました。今は別機種を試すため別のメーカーのモバイルPCを使っていますが、あのタイピングのしやすさを思い出すと、またThinkPadに乗り換えたくなります。

ThinkPadシリーズ

レノボの製品を買うなら、断然ThinkPadシリーズがおすすめです。キーボードの打ちやすさ、頑丈さ、静音性、トラックポイントの搭載など、素晴らしい品質のノートパソコンです。基本的にはビジネス用のPCですが、自宅用として購入する方も非常に多いです。

 

モバイルノートパソコン(12~13.3型)

12~13.3型の小型のモバイルノートパソコンの一覧です。コンパクトなPCが欲しい方におすすめです。

人気なのはThinkPad X280です。ペンに対応した製品が良ければ、ThinkPad X380 YogaやL380 Yogaが該当製品となりますが、他社製品に比べるとやや重いです。

ThinkPad X280

12.5型 HD / FHD / FHD タッチ

第7、第8世代Core (U)

最大PCIe SSD

約1.13kg

バッテリー 最大約15.8時間

LTE対応

10万円台~

ThinkPad X1 Carbonが小型になった感じのPC。小型で持ち運び重視の方におすすめ。価格も安い。

レビューおすすめ

ThinkPad X380 Yoga

13.3型 FHD タッチ

第8世代Core (U)

最大PCIe SSD

約1.44kg~

バッテリー 最大約12.9時間

LTE対応

15万円台~

実測での質量は1.361kgしかなく思ったよりも軽量だが、他社2 in 1 PCと比べるとやや重い。

レビュー

ThinkPad L380

13.3型 HD / FHD / FHDタッチ

Celeron / 第7、第8世代Core (U)

SATA SSD

約1.46kg~

バッテリー 最大約14.7時間

6万円台

価格の安い、エントリー向けのモバイルノートPC。Core i3-8130U搭載モデルがおすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad L380 Yoga

13.3型 FHD タッチパネル

第7、第8世代Core (U)

SATA SSD

約1.56kg~

バッテリー 最大約12.8時間

10万円台~

ペン対応の2in1PCだけど、やや重め。法人主体なためか、価格も高めに設定。

レビュー

ThinkPad A275

12.5型 HD / FHD / FHD タッチ

第6、第7世代 AMD PRO

最大PCIe SSD

約1.32kg~

バッテリー 最大約10時間

6万円台

X270の筐体に、AMD プロセッサーを搭載し、価格を抑えたノートパソコン。

レビュー

 

 

モバイルノートパソコン(14型)

ThinkPadの場合、14型のモバイルノートPCの人気が高く、メーカーも力を入れています。

最もおすすめなのは、ThinkPad X1 Carbonです。質量が比較的軽く、LTEにも対応し、かなり完成されたモバイルノートPCです。画面も14型と大きく見やすいです。細い液晶フレームを採用することでボディサイズは13型クラスになっています。

ThinkPad X1 Yogaは、X1 Carbonの液晶を360度回転できるようにした機種で、タッチパネルおよびペンにも対応しています。ただし、やや重くなります。ThinkPad T480sも人気があります。スペックが高く、価格も手ごろです。

ThinkPad X1 Extreme

14.0型 FHD / 4K

第8世代Core (H) / (HK)

GeForce GTX 1050 Max-Q

最大PCIe SSD

約1.7kg

バッテリー 80Wh (約16時間)

Webでは9月14日発売

外部グラフィックスを搭載しながら軽量なPC。4K液晶も選択でき、クリエイターなどにおすすめ。ThinkPad P1と筐体は同じ。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Carbon 2018

14.0型 FHD / WQHD

第7、第8世代Core (U)

最大PCIe SSD

約1.13kg

バッテリー 最大約20.9時間

LTE対応

17万円台~

売れ筋のモバイルパソコン。タイピングしやすく、画面も見やすい。HDR対応液晶もあり。非常におすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Yoga 2018

14.0型 FHD / WQHD タッチ

第7、第8世代Core (U)

最大PCIe SSD

約1.42kg

バッテリー 最大約16.3時間

LTE対応

18万円台~

やや重いが変形できる2 in 1 PC。ペンも使える。画面が大きくメインPCとしても使用可能。スピーカーも良い。

レビューおすすめ

ThinkPad T480s

14型 FHD / FHD タッチ / WQHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / GeForce MX150

最大PCIe SSD

約1.32kg~

バッテリー 最大約15.4時間

LTE対応

13万円台~

外部グラフィックスを搭載可能でクリエイティブな作業をする方におすすめ。画面も大きい。

レビューおすすめ

ThinkPad A475

14型 HD / FHD / FHDタッチ

第6、第7世代 AMD PRO

HDD / 最大PCIe SSD

約1.58kg~

バッテリー 最大約14時間

8万円台~

ThinkPad A275の14型バージョン。前面と背面のバッテリーを自由に選べる、ビジネス向けノートPC。

 

スタンダードノートPC(14型)

上で掲載した14型のモバイルノートPCよりも質量がやや重いですが、その分価格や安くなっているPCです。基本的には社内(室内)で使用しますが、質量がモバイルノートPCほどではないですが15.6型PCよりは軽いため、移動に便利な製品です。あまり重さを気にしない方は、モバイル兼室内機として使ってもいいでしょう。

ThinkPad E480

14型 HD / FHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / Radeon RX550

HDD / 最大PCIe SSD

約1.75kg~

バッテリー 最大約14.03時間

5万円台~

コストパフォーマンスの高い製品。パーツの種類も豊富で目的にあった構成にしやすい。おすすめ機種。

レビューおすすめ

ThinkPad T480

14型 HD / FHD / FHDタッチ / WQHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / GeForce MX150

HDD / 最大PCIe SSD

約1.65kg~

バッテリー 最大約14.8時間

10万円台~

MX150を選択可能で、クリエイティブな作業をする方におすすめ。大容量バッテリーも搭載可能。

レビューおすすめ

ThinkPad L480

14型 HD / FHD / FHDタッチ

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / Radeon RX530

HDD / 最大PCIe SSD

約1.68kg~

バッテリー 最大約11時間

8万円台~

デュアルドライブも選択可能。コスパは比較的高いが大きな魅力もなし。

レビュー

 

スタンダードノートPC(15.6型)

15.6型でおすすめなのは、ThinkPad E580で、当サイト経由で抜群に売れています。14型のE480には無いテンキーを搭載していることで人気があるようです。クリエイティブな作業をしたいなら、ThinkPad T580がおすすめです。

ThinkPad E580

15.6型 HD / FHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / Radeon RX550

HDD / 最大PCIe SSD

約2.1kg~

バッテリー 最大約13.0時間

5万円台~

他社製品を含めても、非常におすすめの15.6型ノート。コストパが高く、操作性も良く使いやすい。

レビューおすすめ

ThinkPad E585

15.6型 HD / FHD

AMD Ryzen

Radeon RX Vega 10 / Vega 8 / Vega 3

HDD / 最大PCIe SSD

約2.1kg~

バッテリー 最大約8.62時間

8万円台~

E580のAMD Ryzen搭載バージョン。非常にコスパが高い。ただし消費電力は高め。

レビュー

ThinkPad T580

15.6型 FHD / FHDタッチ / UHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / GeForce MX150

HDD / 最大PCIe SSD

約1.97kg~

バッテリー 最大約13.8時間

12万円台~

GeForceの外部グラフィックスを搭載でき、クリエイティブな作業をする方におすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad L580

15.6型 HD / FHD

第7、第8世代Core (U)

CPU内蔵 / Radeon RX530

HDD / 最大PCIe SSD

約2.0kg~

バッテリー 最大約11.9時間

8万円台~

オンラインで購入するにはやや価格が中途半端。企業が大量購入する場合には安くなるのでいいかも。

レビュー

 

モバイルワークステーション

Quadroのグラフィックスを搭載したモバイルワークステーション。3D CG、CADなどのOpen GLを使ったアプリケーションを使う方や、10bitカラー表示を行い画像編集やRAW現像などを行いたい方におすすめです。

ThinkPad P1

15.6型 FHD / UHDタッチ

第8世代Core (H) / Xeon

Quadro P1000 / P2000

PCIe SSD

約1.71kg

バッテリー 最大約15.0時間

24万円台~

非常に軽量・薄型で、持ち運びに便利なモバイルワークステーション。ThinkPad X1 Extremeと筐体は同じ。

レビューおすすめ

ThinkPad P52

15.6型 FHD / UHDタッチ

第8世代Core (H) / Xeon

Quadro P1000 / P2000 / P3200

HDD / 最大PCIe SSD

約2.67kg~

バッテリー 最大約18.17時間

22万円台~

XeonのCPUやQuadroシリーズを選択可能な3D GCやCAD向けのワークステーション。

ThinkPad P52s

15.6型 FHD / FHDタッチ / UHD

第8世代Core (U)

NVIDIA Quadro P500

HDD / 最大PCIe SSD

約1.99kg~

バッテリー 最大約19.2時間

15万円台~

P52より性能は落ちるが、薄型・軽量のモバイルワークステーション。モビリティを優先した構成。

レビュー

ThinkPad P72

17.3型 FHD / UHD

第8世代Core (H) / Xeon

Quadro P600 / P4200 / P5200

HDD / PCIe SSD

約3.4kg~

バッテリー 最大約18時間

25万円台

Adobe RGB 100%をカバーする17.3型の大画面液晶に、高性能のQuadroを搭載した製品。

おすすめ

ThinkPad P71

17.3型 FHD / UHD

第7世代Core (H) / Xeon

Quadro M620 / P4000

HDD / 最大PCIe SSD

約3.3kg~

バッテリー 最大約12時間

21万円台~

P72の型落ちの機種。価格が安くなっていたら買い。

 

割引クーポン配布中

 

その他ノートPC(Lenovo、ideapad、YOGA)

個人向けのノートパソコンです。かなり安いモデルが多く、ideapad 520や、YOGA 720など、ときどき、飛びぬけて人気が出る製品が現れます。

 

2 in 1 PC(YOGAシリーズ)

まず、タブレットへも変形する2 in 1 PCのYOGAシリーズの一覧を掲載します。

YOGAシリーズでおすすめなのは、YOGA 720です。

まだまだ発展途上の製品のように筆者は感じますが、YOGA BOOKも発売当初は品切れ状態が続いていました。紙にペンで文字を書くと、PCでもデジタル化されるという他にはない製品です。

Yoga Book

10.1型 1920x1200 タッチパネル

Atom x5-Z8550

フラッシュメモリ

約690g

バッテリー 最大約15時間

4万円台~

Androidモデル、Android+LTEモデル、Windowsモデルの3種類。手書きーデジタル化ができる。

レビュー

Yoga 330

11.6型 HD タッチパネル

Celeron

eMMC

約1.25kg~

バッテリー 最大約10.5時間

4万円台~

外出先で気軽に軽作業を行う方におすすめ。ただし、11型の割にそれほど小型ではない。

レビュー

Yoga 720

12.5型 FHD

第7世代Core (U)

SATA SSD

約1.18kg

バッテリー 最大約8.6時間

7万円台~

アクティブペンも付属。軽量でコスパも高いけど、バッテリー駆動時間はそれほど長くない。

レビューおすすめ

Yoga 920

13.9型 FHD / UHD タッチパネル

第8世代Core (U)

PCIe SSD

約1.37kg

バッテリー 約14.6時間 / 約10.3時間

14万円台~

デザイン性に優れている。アクティブペンも付属。やや重めなのが残念。

レビュー

 

モバイルノートPC(11~13型)

次に、クラムシェル型のモバイルノートPCを掲載します。レノボのideapadシリーズは、他社より価格が安いことが多いです。ideapad 720S(13 インテル)がバランスが良くおすすめです。

ideapad 120S(11)

11.6型 HD

Celeron / Pentium

HDD / SATA SSD

約1.15kg

バッテリー 最大約9.6時間

3万円台~

軽量・低価格のカジュアルパソコン。ただし、CPUとディスプレイに妥協が必要。

レビュー

ideapad 320S

13.3型 FHD

第7、第8世代Core (U)

PCIe SSD

約1.2kg

バッテリー 最大約6.1時間

8万円台~

持ち運びはしやすいけど、バッテリー駆動時間が短い。ミドルスペックのエントリーノートPC。

レビュー

ideapad 720S(13 インテル)

13.3型 FHD

第7、第8世代Core (U)

PCIe SSD

約1.14kg

バッテリー 最大約13.6時間

10万円台~

薄型・軽量の高性能モバイルPC。発売当初は9万円台だったが、最近やや値上がり中。でもコスパはまだ高い。

レビューおすすめ

Lenovo V730(13)

13.3型 FHD

第7世代Core (U)

PCIe SSD

約1.2kg

バッテリー 最大約12.3時間

8万円台~

バランスはいいけど、特徴がないノートPC。CPUの世代も古い。価格は比較的安い。

レビュー

 

スタンダードノートPC(14型)

レノボの14型ノートは、15.6型ノートよりも価格が安いことが多く、穴場の製品です。また、13.3型よりもやや重いですが、15.6型ノートよりはかなり軽量なことが多く、自宅内で持ち運ぶことが多いなら、取り回しが便利です。

ideapadシリーズの場合、3桁の数字の真ん中の数字の数が大きいほど世代が新しくなります。また、末尾に「S」が付く製品は軽量化されたノートPCを表します。

ideapad 330S(14)のコスパが非常に高いです。まだ発売されたばかりですが、売れ筋になるのではないかと思われます。ただし、注意点もあるので詳しくはレビュー記事をご確認下さい。

ideapad 120S(14)

14型 HD

Celeron

SATA SSD

約1.44kg~

バッテリー 最大約7.5時間

3万円台~

用途を限れば、結構使えるノートPC。ただし、スペックとサイズの割にやや重め。

ideapad 330S(14)

14型 FHD

Pentium / 第7、第8世代Core (U)

PCIe SSD

約1.67kg

バッテリー 最大約12.4時間

4万円台~

第8世代Core i5搭載でも6万円台。驚異的な安さ。コスパの高いPCを探しているならこれ!ただし注意点も。

レビューおすすめ

ideapad 330S(14 / AMD)

14型 FHD

AMD A6 APU

PCIe SSD

約1.67kg

バッテリー 最大約6.5時間

4万円台~

ideapad 330S(14)のAMD搭載モデル。バッテリーが弱点か。価格次第ではideapad 330S(14)がいいかも。

ideapad 530S(インテル)

14型 FHD

第8世代Core (U)

PCIe SSD

約1.49kg

バッテリー 最大約7.6時間

5万円台~

ideapad 330S(14)よりも軽量化。宅内・社内モバイルPCとしておすすめ。

レビューおすすめ

ideapad 530S(AMD)

14型 FHD

AMD Ryzen APU

PCIe SSD

約1.49kg

バッテリー 最大約5時間

7万円台~

ideapad 530S(インテル)のAMD搭載モデル。バッテリー駆動時間は短め。

ideapad 330(14)

14型 HD / FHD

Celeron / 第7、第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブ搭載モデルあり

約2.1kg

バッテリー 最大約7.8時間

4万円台~

ストレージおよび光学ドライブの構成が変則的なので要確認。ディスプレイの質に妥協できれば、価格は安い。

レビュー

Lenovo V310(14)

14型 HD / FHD

Celeron / 第6世代Core (U)

HDD

光学ドライブ搭載

約1.75kg

バッテリー 最大約5.8時間

4万円台~

CPUは2世代前で、HDDのみ。安いけど、今、あえてこのPCを選ぶメリットは少ない。

レビュー

 

スタンダードノートPC(15.6型)

15.6型で人気が高いのは、ideapad 520です。他社にはない驚異的なコストパフォーマンスです。Core i5-8250U、SSD、フルHD IPS液晶という構成でも、8万円から購入できます。

ideapad 330(15)

15.6型 HD / FHD

Celeron / 第7世代Core (U)

HDD

光学ドライブ搭載

約2.2kg

バッテリー 最大約4.5時間

6万円台~

量販店モデル。液晶、CPU、ストレージの点で妥協できれば、価格は安い。CPUは第7世代。

ideapad 330s(15,Intel)

15.6型 FHD

第8世代Core (U)

HDD+Opteneメモリ

光学ドライブ搭載なし

約1.87kg

バッテリー 最大約10時間

12万円台~

質量が軽い15.6型ノートだが、光学ドライブはなし。価格もそこまで安くはない。

ideapad 320(インテル)

15.6型 HD / FHD

Celeron / 第6~第8世代Core (U)

HDD / SSD

光学ドライブ搭載

約2.1kg

バッテリー 最大約5.8時間

5万円台~

価格が安く人気の高い製品。ただし、そろそろ販売終息する気配。

レビューおすすめ

ideapad 320(AMD A,FX)

15.6型 FHD

AMD A,FX APU

HDD / SSD

光学ドライブ搭載

約2.2kg

バッテリー 最大約5.4時間

5万円台~

AMDのAPU搭載で、コスパが高い。A10-9620P APU搭載モデルがおすすめ。

レビュー

ideapad 320(AMD E2,A)

15.6型 HD

AMD A,E2 APU

HDD

光学ドライブ搭載

約2.2kg

バッテリー 最大約4.8時間

5万円台~

現在、量販店モデルのみ。似ているけど、ideapad 320(AMD A,FX)の方がおすすめ。

ideapad 520

15.6型 HD / FHD

第7、第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブ搭載

約2.2kg

バッテリー 最大約6.0時間

7万円台~

第8世代Core i5、FHD IPS液晶、SSDの構成で約8万円。性能とコスパが高く、おすすめ!

レビューおすすめ

Lenovo V310(15.6型 第7世代インテル)

15.6型 FHD

第7世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブ搭載

約1.97kg

バッテリー 最大約7.1時間

6万円台~

大きな欠点はないけど、現時点の直販モデルはSSDの容量が128GBしかない。

レビュー

Lenovo V330(15)

15.6型 FHD

第7、第8世代Core (U)

HDD / SATA SSD

光学ドライブ搭載

約2.05kg

バッテリー 最大約5.6時間

6万円台~

バランスがいいビジネスPC。液晶の視野角はあまりよくないので、妥協が必要。

Lenovo V510(15)

15.6型 HD

第6、第7世代Core (U)

HDD

光学ドライブ搭載

約2.2kg

バッテリー 最大約6.3時間 (セカンドバッテリー搭載時 最大約13.2時間)

4万円台~

1~2世代前のスペックだが価格はかなり安い。

レビュー

 

ゲーミングノートPC

以前は驚くほど安く提供されていた時期もありましたが、現在はそういったこともなくなりました。LEGION Y530以外はCPUの世代も古く、あえてこのゲーミングノートPCを購入することはないと思います。

LEGION Y520

15.6型 FHD

第7世代Core (H)

GeForce GTX 1050 / 1050Ti

HDD / PCIe SSD

約2.4kg

バッテリー 最大約6.6時間

11万円台~

ゲーミングPCとしては安め。外部グラフィックスはエントリークラス。

レビュー

LEGION Y530

15.6型 FHD

第8世代Core (H)

GeForce GTX 1050 / 1050Ti

HDD / PCIe SSD

約2.3kg

バッテリー 最大約7.7時間

10万円台~

比較的高いコストパフォーマンス。背面が出っ張っており冷却性は良さそう。

おすすめ

Legion Y720

15.6型 FHD

第7世代Core (H)

GeForce GTX 1060

HDD + PCIe SSD

約2.95kg

バッテリー 最大約7.2時間

13万円台~

多くのゲームを快適にプレイできるスペック。ただし、CPUは1世代前。

タブレット

タブレットは様々なラインナップがあります。

ThinkPad X1 Tabletは、スペックが高く、モバイルPCの代わりに良いと思うのですが、価格が高すぎます。

MIIX 720は、4,096段階の筆圧検知に対応したワコム製ペンが付属しています。傾き検知に対応していないのはちょっと残念です。Surfaceのように自立スタンドに、分離可能なキーボードが搭載されています。

YOGA TABLETシリーズは、世の中にAndroidタブレットが発売されたときは、かなりの人気でした。ただ、最近ではHuaweiやASUSのタブレットのほうが人気があり、またAndroidタブレット自体売れなくなってきていることもあり、人気は下火です。

TAB3シリーズ

10.1型 FHD

Android

MediaTek MTシリーズ

フラッシュメモリ

約509g

バッテリー 最大約12時間

2万円台~

防塵防滴に対応。耐久性がある。現在は、量販店モデルのみ入手可能。

Lenovo TAB4シリーズ

8.0型,10.1型 WXGA / WUXGA

Android

Qualcomm

フラッシュメモリー

約300g~約506g

バッテリー 最大約12時間

2万円台~

価格が安いので、子ども用のタブレットとしても適している。

Lenovo TABシリーズ

7.0型 HD / WSVGA

Android

MediaTek MT

フラッシュメモリー

約254g~約260g

バッテリー 最大約12時間

1万円台~

軽量・小型の安いタブレット。現在は、量販店モデルのみ。

YOGA BOOK

10.1型 WUXGA

Android / Windows

Atom x5-Z8550

フラッシュメモリ

約690g

バッテリー 最大約15時間

4万円台~

Androidモデル、Android+LTEモデル、Windowsモデルの3種類。手書きーデジタル化ができる。

レビュー

Lenovo Tablet 10

10.1型 WXGA / WQXGA

Windows

Celeron

フラッシュメモリ

約647g

バッテリー 約13.2時間~

6万円台~

LTEに対応し、キーボードドックもオプションで付けられる2 in 1 PC。

レビュー

YOGA TABシリーズ

8.0型,10.1型 WXGA / WQXGA

Android

Qualcomm / Atom

フラッシュメモリ

約466g~約665g

バッテリー 最大約20時間

2万円台~

高解像度モデルや、LTE対応モデル、プロジェクター内蔵モデルなど種類が多い。

レビュー

ThinkPad X1 Tablet

13.0型 3K

Windows

第8世代Core (U)

最大PCIe SSD

タ:約890g~、タ+キ:約1.27kg~

バッテリー 最大約11時間

19万円台~

スペックはタブレットPCの中でピカ一。ただ、タブレットPCとしてはちょっと重くて、高い。

レビュー

Miix 520

12.2型 FHD

Windows

第7、第8世代Core (U)

PCIe SSD

タ:約880g、タ+キ:約1.26kg

バッテリー 最大約8.2時間

12万円台~

アクティブペンも付属。スペックも高いので快適に使用できそうなタブレットPC。

Miix 720

12.0型 QHD

Windows

第7世代Core (U)

PCIe SSD

タ:約780g、タ+キ:約1.15kg

バッテリー 最大約8.5時間

10万円台~

Surfaceタイプ。性能は十分。レノボのWindowsタブレットの中では、リーズナブルな価格。

レビューおすすめ

※タ:タブレットのみの質量
※タ+キ:タブレット+キーボードの総質量

 

デスクトップパソコン

デスクトップPCは、ideacentre 510Sが、コストパフォーマンスが高く人気です。

また、当サイトではあまりレビューしたことがないですが、法人には、THINKCENTREシリーズもコンパクトで価格が安く人気があるようです。

コンパクト・スリムタワー型

THINKCENTRE M シリーズ TINY

Celeron / 第7、第8世代Core (T) / AMD A,E2

HDD / PCIe SSD

CPU(APU)内蔵グラフィックス

5万円台~

1Lサイズのコンパクトボディ。グラフィックスはCPU(APU)内蔵のみ。

おすすめ

THINKCENTRE Mシリーズ SFF PRO / SMALL

Celeron / Pentium / 第6、第7、第8世代Core / AMD A / Ryzen

HDD / PCIe SSD デュアル構成可能

CPU(APU)内蔵グラフィックス / GeForce GT 730

5万円台~

ビジネス向けのデスクトップ。CPUの選択肢が広い。

おすすめ

IDEACENTRE 510S

Celeron / 第7世代Core

HDD

CPU内蔵グラフィックス / GeForce GT 730

3万円台~

ファミリー向けの省スペースのデスクトップPC。

レビューおすすめ

IDEACENTRE 300Sシリーズ

AMD E2 APU

HDD

APU内蔵グラフィックス

価格不明

AMDのAPUを搭載したファミリー向けの省スペースのデスクトップPC。現在、直販モデルはない。

LEGION Cシリーズ

第8世代Core

HDD / HDD+Optaneメモリー
/ HDD+SSD

GeForce GTX 1050Ti / 1060

12万円台~

コンパクトなゲーミングPC。取っても付いて持ち運びが楽。

 

タワー型

THINKCENTRE Mシリーズ MINI-TOWER

Celeron / Pentium / 第6、第7、第8世代Core

HDD / 最大PCIe SSD

CPU内蔵グラフィックス
/GeForce GT 730

5万円台~

パワフルなスペックと拡張性に優れた、ビジネス用ミニタワーPC。

おすすめ

IDEACENTRE 510A

AMD Ryzen

HDD / SSD+HDD

Radeon RX Vega

5万円台~

AMDプロセッサーを搭載することで低価格。

IDEACENTRE 700シリーズ

第7世代Core

HDD + PCIe SSD

CPU内蔵グラフィックス

10万円台~

個人向けのスタイリッシュデスクトップ。最初からHDDとSSDのデュアルストレージ構成。CPUが第7世代なので、第8世代CPU搭載モデルが登場するのを待ちたいところ。

LEGION Yシリーズ

第7、第8世代Core / AMD Ryzen

HDD + PCIe SSD

GTX 1050Ti / 1060 / 1070
/Radeon RX 570

8万円台~

高性能の外部グラフィックスを搭載した、ゲーミングデスクトップPC。

レビュー

LEGION Tシリーズ

第8世代Core / AMD Ryzen

HDD / HDD+Optaneメモリー
/HDD+SSD

CPU内蔵グラフィックス
/GTX 1050Ti / 1060
/Radeon RX 570

10万円台~

独特な形のPCケース。外部GPUなしモデルもあるので、自分でカードを増設するのもあり。

 

液晶一体型

THINKCENTRE Mシリーズ オールインワン

最大23.8型 FHD タッチパネル

Pentium / 第6、第7世代Core

HDD / 最大PCIe SSD / HDD + 最大PCIe SSD

CPU内蔵グラフィックス

9万円台~

タッチパネルを搭載した、省スペースのビジネス用オールインワン型デスクトップ。

LENOVO Cシリーズ

19.5型 1600x900

Celeron

HDD

CPU内蔵グラフィックス

価格不明

薄型ボディのエントリー向けオールインワンPC。

IDEACENTRE AIO 500シリーズ

21.5型,23型,23.8型,27型
FHD / QHD

Celeron / Pentium /
第7世代Core (T)

HDD / HDD+SSD

CPU内蔵グラフィックス /
GeForce 940MX

6万円台~

デザイン性にも優れた家庭用のオールインワンPC。価格もお手頃。

IDEACENTRE AIO 300シリーズ

19.5型 1440x900

Celeron

HDD

CPU内蔵グラフィックス

4万円台~

スリムで省スペース。家庭向けの低価格オールインワンPC。

 

割引クーポン配布中

 

過去の機種のレビュー

古い機種のレビュー記事です。

ThinkPad Xシリーズ

ThinkPad X1 Carbon(2017)
ThinkPad X1 Carbon (2016年モデル)
ThinkPad X1 Carbon (2015年モデル)
新しいThinkPad X1 Carbon
ThinkPad X1 Carbon Touch
ThinkPad X1 Carbon
ThinkPad X1 Hybrid
ThinkPad X1

ThinkPad X1 Yoga(2017)
ThinkPad X1 Yoga

ThinkPad X270
ThinkPad X260
ThinkPad X250
ThinkPad X240s
ThinkPad X240
ThinkPad X230
ThinkPad X220
ThinkPad X220 vs Let's note S10
ThinkPad X220 Tablet
ThinkPad X201s
ThinkPad X201/X201i
ThinkPad X200

ThinkPad X121e
ThinkPad X100e

ThinkPad Tシリーズ

ThinkPad T550
ThinkPad T540p
ThinkPad T530
ThinkPad T520
ThinkPad T510/T510i

ThinkPad T440p
ThinkPad T430
ThinkPad T420/T420i
ThinkPad T410s/T410si

ThinkPad T470s
ThinkPad T460s
ThinkPad T450s
ThinkPad T440s
ThinkPad T430s
ThinkPad T420s

ThinkPad Edge / Eシリーズ

ThinkPad E570
ThinkPad E560
ThinkPad E550
ThinkPad E540
ThinkPad Edge E525
ThinkPad Edge E520
ThinkPad Edge 15"

ThinkPad E470
ThinkPad E460
ThinkPad E450
ThinkPad E440
ThinkPad Edge E430
ThinkPad Edge E425
ThinkPad Edge E420
ThinkPad Edge 14"

ThinkPad Edge E220s
ThinkPad Edge 13"
ThinkPad Edge 11"

ThinkPad Edge E130

ThinkPad Wシリーズ

ThinkPad W550s
ThinkPad W540
ThinkPad W530
ThinkPad W520

ThinkPad Lシリーズ

ThinkPad L540
ThinkPad L530
ThinkPad L520
ThinkPad L512

ThinkPad L450
ThinkPad L440
ThinkPad L430
ThinkPad L420

その他 ThinkPad シリーズ

ThinkPad Yoga 370
ThinkPad Yoga 260

ThinkPad 13 (2016年モデル)

ideaPadシリーズ

ideapad 720S
ideapad 320 (AMD)
ideapad 110(15型)
ideapad 110(14型)
ideapad 100
ideapad 520
ideapad 510 (第7世代CPU)
ideapad 510
ideapad MIIX 700
IdeaPad Yoga 11S
IdeaPad Y510p
IdeaPad Y570
ideapad Y700(15)
IdeaPad Z560
IdeaPad U300s
IdeaPad U160
IdeaPad S10-3
IdeaPad S10-2
IdeaPad S10e
IdeaPad U300s

タブレット

ThinkPad X1 Tablet
ThinkPad 8
ThinkPad Tablet 2
YOGA Tab 3 Pro 10
YOGA TABLET 8
YOGA Tablet 2-10
YOGA Tablet 2-8
ideapad MIIX 700
Lenovo MIIX 3
Lenovo Miix 2 8

その他

ThinkCentre M91p Eco Ultra Small
ThinkCentre M90z All-In-On
ThinkPad Twist
ThinkPad Helix
ThinkPad Yoga 12
ThinkPad Yoga
Lenovo V310 (15.6型)
Lenovo V310 (14型)
Lenovo G560
Levono B41
Lenovo B51
Lenovo Z51
Lenovo Y50
Lenovo Flex 3
YOGA 920
YOGA 910
YOGA 900S
YOGA 3 Pro
YOGA 720
YOGA 710
YOGA 700
Flex 3
Legion Y520
ideacentre 510s
ideacentre Y720 Cube
ideacentre Y700

レノボの評価

以下、レノボの出荷台数の順位、日経コンピューターの顧客満足度調査の結果を掲載します。

国内および世界でどれだけのシェアがあるかで、評価してみるのも良いと思います。日経コンピューターの顧客満足度調査は法人向けPCの調査結果ではありますが、ある程度参考になると思うので掲載します。

2017年9月14日調査
国内シェア

2016年国内のPC出荷台数において、NEC・レノボグループは第1位です。NECブランドの出荷台数も含まれているため1位ですが、レノボブランド単独では7位程度になると思います。
参考:MM総研

世界シェア

米IDCによる調査では、2017年第1四半期の世界PC出荷台数は、レノボが第2位です。ただし、Gartnerによる調査では、同時期で第1位となっています。日本HPとほぼ同じくらいのシェアで、1位と2位を競っています。
参考:ZDNet Japan

日経コンピューター
顧客満足度調査
2017 - 2018

ノートPC:第6位 | コスト面では評価されていますが、信頼性・サポートでの評価は低いです。
デスクトップPC:第5位(最下位)| コスト以外はどの項目も低評価でした。
参考:日経コンピューター 顧客満足度調査 2017 - 2018

レノボの評判・口コミ

他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。 ただし、レノボのような通販を中心としたメーカーは、パソコンに詳しい人が買う場合が多く、どうしても悪い口コミが書き込まれがちです。情報は取捨選択し、すべての評判を鵜呑みにしないようにして下さい。

レノボのサポート

レノボのサポートの評判はやや悪いです。これは外資系というイメージから評価されてしまう部分もあります。保証期間は4年まで延長できます。天災や不注意まで保証するするオプションもあります。

サポート内容や評判の詳細は「パソコンメーカーのサポート評判・比較」をご覧ください。


レノボのメーカーページ・直販店