レノボのパソコンの評価レビュー

更新日:
キーボードの打ちやすさが抜群

レノボの特徴と評価

ThinkPadイメージロゴ

モバイルパソコンと言えばThinkPadと言われるくらい、レノボ(昔はIBM)のパソコンは定評があります。IBMからレノボへPC事業が売却されましたが、ThinkPadは開発・研究は日本の大和事業所で行っているため、品質はなんら変わっていません。頑丈でキーボードの操作性が良く、価格も比較的安いため、ThinkPadシリーズは大変おすすめです。

家庭向けのideapadシリーズは、コストパフォーマンスの高い製品が多く、たまに飛びぬけて良いモデルが登場します。イマイチな製品も存在しますが、そのあたりの見極めは当サイトのレビュー記事をご覧いただければと思います。

2015年2月からは、一部のモデルを国内の米沢工場で組立するようになりました。品質面でも安心です。

ただし、ThinkPadシリーズは、技術的な質問が購入後1ヵ月間のみ詳細)といった点が残念です。30日以降は有償となります。PC操作が不慣れな方は、他メーカーの方が良いかもしれません。ideapadシリーズは、保証期間内の技術サポートは無償なので、PCの操作に不慣れな方はideapadのほうがいいかもしれません。なお、筆者はThinkPad製品について、たまに技術サポートに電話したりチャットしたりすることがありますが、特に問題のない対応です。

また、注文してから納品されるまで日数がかかるので、余裕を持った注文が望ましいです。ただし、短納期モデルであれば、通常3日以内での商品が到着します。

マニュアル類はほとんど無いに等しいので、ある程度PCのことが分かっているユーザーにおすすめです。

レノボの製品を購入して感じること

筆者は検証のために、レノボのパソコンをよく購入します。過去50台以上のレノボPCを購入したことがあると思いますが、クリックボタンの反応が片方だけやや悪かったり、キーを押すと突っかかったような感じがあったり、LTEの調子が悪かったり、ボディが汚れていたりなど、他のメーカーに比べると細かい部分でトラブルはやや多い気はします。ただ、サポートに連絡すれば大抵は対応してくれます。

また、最近はあまりありませんが、数年前の製品は、BIOSなどをアップデートしないと、CPUが全力で動いてくれないときがたまにあります。そのまま使っても問題ないですが、レノボの製品を購入したら、Lenovo Vantageなどを起動し、システムの更新作業を実施することをおすすめします。最新機種は、最新のBIOSが登場すると、ポップアップで教えてくれて、ボタン1つでアップデートできるので簡単です。

あえて悪い点を先に記載しましたが、問題ないときのほうが多く、正常に動いていればとても使いやすいです。現在、筆者も個人用のモバイルノートPCとして、ThinkPad X1 Carbon Gen 10を使っていますが、LTE接続にも不具合なく、快適に使えています。

 

レノボ ノートパソコン一覧

レノボのパソコンのラインナップです。下のカテゴリをクリックすると、ページ下へスクロールします。

 

 

ThinkPadシリーズ

レノボの製品を買うなら、断然ThinkPadシリーズがおすすめです。キーボードの打ちやすさ、頑丈さ、静音性、トラックポイントの搭載など、素晴らしい品質のノートパソコンです。基本的にはビジネス用のPCですが、自宅用として購入する方も非常に多いです。

 

モバイルノートパソコン

外出先へ頻繁に携帯できるような軽量・頑丈・ロングバッテリーのPCを紹介します。

最新モデル

ThinkPad X1 Nano Gen 2

13.0型 2K

最大 Core i7-1280P

約966.5g~

バッテリー 最大 約18.2時間

4G / 5G 対応

23万円台~

第12世代Core (P)を搭載し、1kgを切る軽さ。モバイルノートPCとしてのバランスがよく、おすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Carbon Gen 10

14.0型 WUXGA / 2.2K / WQUXGA / 有機EL 2.8K

最大 Core i7-1280P

約1.12kg~

バッテリー 最大 約24.9時間

4G / 5G 対応

19万円台~

アスペクト比16:10の見やすい液晶を搭載し、抜群の使いやすさ。ディスプレイの選択肢も多い。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Titanium

13.5型 2256x1504 タッチ

Core i7-1160G7

約1.15kg~

バッテリー 最大 約16.8時間

19万円台~

チタンボディの薄型2 in 1 PC。高級機種だけど、CPUがUP4で、パフォーマンスが控えめなのが残念。

レビュー

ThinkPad X1 Fold

13.3型 2048x1536 OLED

Core i5-L16G7

タ:約973g / タ+キ:約1.151kg

バッテリー 最大 約11.7時間

5G対応

19万円台~

有機ELディスプレイを搭載した、最先端の折りたためるモバイルPC。19万円台~でも、発売当初よりは安い。

レビュー

ThinkPad X1 Yoga Gen 7

14型 タッチ WUXGA / 有機EL WQUXGA

最大 Core i7-1280P

約1.38kg~

バッテリー 最大 約24.5時間

4G / 5G 対応

21万円台~

アクティブペンを内蔵可能な2 in 1 PC。画面比16:10の見やすい液晶を搭載し、5Gにも対応。

ThinkPad X13 Gen 3 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA / WQXGA

最大 Core i7-1280P

約1.19kg~

バッテリー 41Wh / 54.7Wh

4G / 5G 対応

13万円台~

X1 Carbonの弟のような機種。16:10の液晶を搭載し、総合性能も高めながら、割りと安く、おすすめ。

おすすめ

ThinkPad X13 Gen 3 (AMD)

13.3型 WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6850U

約1.19kg~

バッテリー 41Wh / 54.7Wh

4G / 5G 対応

15万円台~

Ryzen PRO 6000シリーズと、16:10の液晶を搭載。使いやすく、おすすめのモバイルノートPC。

レビューおすすめ

ThinkPad X13s Gen 1

13.3型 WUXGA

Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3

約1.06kg~

バッテリー 最大約31.2時間

5G 対応

17万円台~

Snapdragonを搭載し、ロングバッテリー駆動が可能。ただし、動かない64bitアプリもあり。

レビュー

ThinkPad X13 Yoga Gen 3 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA / WQXGA

最大 Core i7-1265U

約1.2kg~

バッテリー 52.8Wh

LTE対応

18万円台~

X1 Yogaの廉価版のような機種。16:10の液晶を搭載。ただし、CPUは、PBP:15WのUシリーズCore。

ThinkPad Z13 Gen 1 (AMD)

13.3型 WUXGA / 有機EL WQXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6860Z

約1.19kg~

バッテリー 最大約22.8時間

LTE対応予定

22万円台~

新しいデザインのThinkPad。13型ながら、主要なキーサイズが揃った打ちやすいキーボードを搭載。

レビューおすすめ

ThinkPad T14s Gen 3 (第12世代インテル)

14.0型 WUXGA / 2.2K / 有機EL WQXGA

最大 Core i7-1280P

約1.22kg~

バッテリー 57Wh

4G / 5G 対応

16万円台~

比較的軽いけど、大きめのバッテリーを搭載。外で使うことが多いビジネスパーソンに最適。

おすすめ

ThinkPad T14s Gen 3 (AMD)

14.0型 WUXGA / 2.2K / 有機EL WQXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6850U

約1.22kg~

バッテリー 57Wh

4G / 5G 対応

16万円台~

内蔵グラフィックスの性能がアップした、最新のRyzen 6000系を搭載。有機ELも選択可能。

おすすめ

ThinkPad L13 Gen 3 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA

最大 Core i7-1265U

約1.26kg~

バッテリー 46Wh

LTE対応

17万円台~

16:10の液晶と、第12世代Core (U)を搭載。法人利用が多いので、個人の場合は価格が高い。

ThinkPad L13 Gen 3 (AMD)

13.3型 WUXGA

最大 Ryzen 7 PRO 5875U

約1.26kg~

バッテリー 最大 約12.4時間

LTE対応

16万円台~

法人での利用が多いLシリーズのモバイルノート。個人ユーザーならX13 Gen 3 (AMD)の方がおすすめ。

ThinkPad L13 Yoga Gen 3 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA

最大 Core i7-1265U

約1.32kg~

バッテリー 46Wh

LTE対応

19万円台~

法人利用が多いLシリーズのコンバーチブル型2-in-1 PC。本体収納型のペンが付属。

ThinkPad L13 Yoga Gen 3 (AMD)

13.3型 WUXGA

最大 Ryzen 7 PRO 5875U

約1.32kg~

バッテリー 46Wh

LTE対応

18万円台~

法人利用が多い、L13 Yoga Gen 3のAMDモデル。色域広めの、16:10液晶を搭載。

 

販売中の旧モデル

-->

ThinkPad X1 Carbon Gen 8

14.0型 FHD

最大 Core i7-10510U

約1.09kg~

バッテリー 最大 約19.8時間

LTE対応

19万円台~

2世代前のCPUを搭載した旧モデル。キーボードの打ちやすさはピカ一。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Carbon Gen 9

14.0型 WUXGA

最大 Core i7-1185G7

約1.13kg~

バッテリー 最大 約26時間

LTE対応

19万円台~

アスペクト比16:10の見やすい液晶を搭載し、仕事がしやすい。ただし、CPUは第11世代Core。

レビューおすすめ

ThinkPad X1 Nano

13.0型 2K

最大 Core i7-1180G7

約907g~

バッテリー 最大 約22.9時間

LTE対応

16万円台~

ThinkPad史上最軽量機種。旧モデルのなので、価格が安い。ただし、CPUはUP4の第11世代Core。

レビューおすすめ

ThinkPad X13 Gen 2 (インテル)

13.3型 WUXGA / WQXGA

Core i5-1135G7

約1.19kg~

バッテリー 最大 約24時間

LTE対応

16万円台~

人気の高いモバイルノートPC。旧世代Core i5ながら、LTE搭載で16万円台~と安い。

レビューおすすめ

ThinkPad X13 Gen 1 (第10世代インテル)

13.3型 FHD

最大 Core i5-10310U

約1.18kg~

バッテリー 最大 約16時間

10万円台~

2世代前のインテルCore (U)搭載。CPUのパフォーマンス的には、X13 Gen 1 (AMD)の方がおすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad X13 Gen 2 (AMD)

13.3型 WUXGA

最大 Ryzen 7 PRO 5850U

約1.19kg~

バッテリー 最大 約18.6時間

13万円台~

Ryzen PRO 5000シリーズに、16:10の液晶を搭載。作業がしやすく、価格も安く、おすすめ。

おすすめ

ThinkPad X13 Gen 1 (AMD)

13.3型 FHD

Ryzen 5 PRO 4650U

約1.28kg

バッテリー 約12.3時間

11万円台~

2世代前のRyzen PROに、16:9のFHD液晶を搭載した、旧型のX13。11万円台~と安い。

レビュー

ThinkPad L13 (第10世代インテル)

13.3型 HD

Core i3-10110U

約1.38kg

バッテリー 最大 約14.7時間

8万円台~

価格は安いけど、HD液晶と、2世代前の第10世代Coreなので、X13 Gen 1 (AMD)などの方がおすすめ。

ThinkPad T14s Gen 1 (AMD)

14.0型 FHD

Ryzen 5 PRO 4650U

約1.26kg~

バッテリー 最大 約17.4時間

12万円台~

約1.26kg~と比較的軽く、12万円台~と価格も高くない。ただし、2世代前のRyzenを搭載。

レビュー

ThinkPad X13 Yoga Gen 1 (第10世代インテル)

13.3型 FHD タッチ

Core i5-10210U

約1.29kg

バッテリー 最大 約16.2時間

14万円台~

アクティブペンを本体に収納可能な2-in-1 PC。価格が下がったものの、CPUは2世代前。

レビュー

ThinkPad X1 Extreme Gen 3

15.6型 FHD

Core i7-10750H

GeForce GTX 1650Ti Max-Q

約1.7kg~

バッテリー 最大 約16.1時間

20万円台~

外部グラフィックスを搭載した、15型ノートの割に軽め。クリエイター向け。カスタマイズモデルはなし。

レビューおすすめ

 

スタンダードノートPC

基本的には移動はせず据え置きで使用する、もしくは室内でのみ移動するPCを紹介します。ただし、14型ノートPCは、そこまで質量にこだわらなければ、持ち出すことも可能です。

最新モデル

ThinkPad E14 Gen 4 (第12世代インテル)

14.0型 FHD

最大 Core i7-1260P

約1.64kg

バッテリー 45Wh

9万円台~

インテル第12世代Coreプロセッサーを搭載したモデル。使いやすくて、価格も安く、おすすめ。

おすすめ

ThinkPad E14 Gen 4 (AMD)

14.0型 FHD

最大 Ryzen 5825U

約1.59kg~

バッテリー 約16.7時間

9万円台~

タイピングしやすく、価格が安い。Zen 3のRyzenで性能も十分。sRGB 100%クラスの液晶も選択可能。

レビューおすすめ

ThinkPad E15 Gen 4 (第12世代インテル)

15.6型 FHD

最大 Core i7-1260P

CPU内蔵 / GeForce MX550

約1.78kg~

バッテリー 45Wh / 57Wh

10万円台~

インテル第12世代Coreプロセッサーを搭載したモデル。テンキー付きで、数字入力もしやすい。

おすすめ

ThinkPad E15 Gen 4 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 5825U

約1.78kg~

バッテリー 最大約16.7時間

9万円台~

Zen 3のRyzenを搭載。sRGB 100%クラスの液晶も選択可能。ThinkPadシリーズの中では価格も安い。

おすすめ

ThinkPad T14 Gen 3 (第12世代インテル)

14.0型 WUXGA / 2.2K / WQUXGA

最大 Core i7-1280P

CPU内蔵 / GeForce MX550

約1.21kg~

バッテリー 最大 約19.9時間

4G / 5G 対応

14万円台~

第12世代Core U/Pを搭載でき、CPUの選択肢が広い。メイン兼時々モバイルとして、マルチに使いやすい。

おすすめ

ThinkPad T14 Gen 3 (AMD)

14.0型 WUXGA /2.2K / WQUXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6850U

約1.21kg~

バッテリー 39.3Wh / 52.5Wh

4G / 5G 対応

13万円台~

16:10の液晶に変化。軽くなり、持ち出しやすさもアップ。十分な性能で、価格も高くなく、おすすめ。

おすすめ

ThinkPad T16 Gen 1 (第12世代インテル)

16.0型 WUXGA / WQXGA

最大 Core i7-1280P

CPU内蔵 / GeForce MX550

約1.64kg~

バッテリー 最大約17.1時間

LTE対応

15万円台~

第12世代Coreと、16:10の見やすい16型液晶で、効率よく作業ができる。色域広めの液晶も選択可能。

レビューおすすめ

ThinkPad T16 Gen 1 (AMD)

16.0型 WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6850U

約1.65kg~

バッテリー 最大約17.3時間

LTE対応

21万円台~

T16のAMDモデル。作業がしやすい液晶を搭載。ただし、メモリはオンボードのみのよう。

おすすめ

ThinkPad X1 Extreme Gen 5 (第12世代インテル)

16.0型 WQXGA / WQUXGA

最大 Core i9-12900H

最大 GeForce GTX 3080 Ti

約1.88kg~

バッテリー 90Wh

5G対応

30万円台~

第12世代Core i9 + RTX 3080 Tiの高スペック構成が可能。プロクリエイター向けのフラグシップ機。

ThinkPad Z16 Gen 1 (AMD)

16.0型 WUXGA / 有機EL WQUXGA

最大 Ryzen 9 PRO 6950H

CPU内蔵 / Radeon RX 6500M

約1.81kg~

バッテリー 最大約25.9時間

LTE対応予定

26万円台~

新世代向けの洗練された新デザインを採用したThinkPad。最大Ryzen 9を搭載し、性能も高い。

レビュー

ThinkPad L14 Gen 3 (第11世代インテル)

14.0型 HD / FHD

最大 Core i7-1260P

CPU内蔵 / GeForce MX550

約1.39kg~

バッテリー 42Wh / 57Wh

LTE対応

16万円台~

法人向けに採用されることが多い、Lシリーズ。個人ユーザーは、Eシリーズか、Tシリーズの方がいいかも。

ThinkPad L14 Gen 3 (AMD)

14.0型 HD / FHD

最大 Ryzen 7 PRO 5875U

約1.39kg~

バッテリー 最大約15.6時間

LTE対応

17万円台~

L14のAMDモデル。同じ14型なら、E14の方が安く、T14の方が軽い。

ThinkPad L15 Gen 3 (第12世代インテル)

15.6型 FHD

最大 Core i7-1260P

約1.76kg~

バッテリー 42Wh / 57Wh

LTE対応

17万円台~

やや重めのボディ。価格ならEシリーズ、扱いやすさならTシリーズの方が有利。

ThinkPad L15 Gen 3 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 PRO 5875U

約1.76kg~

バッテリー 最大約14.9時間

LTE対応

18万円台~

L15のAMDモデル。法人での使用が多いシリーズなので、個人にはEシリーズか、Tシリーズの方がおすすめ。

 

販売中の旧モデル

ThinkPad X1 Extreme Gen 4

16.0型 WQXGA

Core i7-11800H

GeForce RTX 3060

約1.81kg~

バッテリー 最大 約12.8時間

29万円台~

液晶が画面比16:10の16型にサイズアップ。広色域液晶を搭載したプロクリエイター向けの機種。

レビュー

ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)

14.0型 FHD

最大 Ryzen 5700U

約1.64kg~

バッテリー 約17.7時間

8万円台~

キーボードが打ちやすい。Zen 2のRyzenでも、一般用途には十分の性能。短納期モデルも多い。

レビューおすすめ

ThinkPad E14 Gen 2 (第11世代インテル)

14.0型 FHD

Core i5-1135G7

約1.59kg

バッテリー 最大約12.6時間

10万円台~

タイピングのしやすい機種。旧モデルなので、選択肢が少ない。液晶の色域も狭め。

レビューおすすめ

ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)

15.6型 FHD

Ryzen 5 5500U

約1.7kg~

バッテリー 約14.2時間

8万円台~

テンキー付きの打ちやすいキーボードを搭載。旧モデルなので、価格も少し安め。

レビューおすすめ

ThinkPad E15 Gen 2 (第11世代インテル)

15.6型 FHD

Core i5-1135G7

約1.7kg~

バッテリー 最大約12.1時間

9万円台~

一世代前の第11世代Coreを搭載。最新CPUを搭載した、E15 Gen 4 (第12世代インテル)の方がおすすめ。

レビューおすすめ

ThinkPad E15 Gen 2 (AMD)

15.6型 FHD

Ryzen 5 PRO 4650U

約1.7kg~

バッテリー 最大 約14.8時間

8万円台~

2世代前となるZen 2のRyzenを搭載。価格差が小さいので、E15 Gen 3 (AMD)の方がおすすめ。

レビュー

 

モバイルワークステーション

XeonやNVIDIA RTX Aシリーズ(旧Quadroシリーズ)を搭載したモバイルワークステーション(一部除く)。3DCG、CADなどのOpen GLを使ったアプリケーションを使う方や、ISV認証アプリを使用する方、10bitカラー表示を行い画像編集やRAW現像などを行いたい方におすすめです。

最新モデル

ThinkPad P14s Gen 3 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA / 2.2K / WQUXGA

最大 Core i7-1280P

CPU内蔵 / Quadro T550

約1.24kg~

バッテリー 最大約17時間

LTE対応

17万円台~

Quadro T550を搭載可能で、軽量でコンパクト。モビリティ重視なので、性能はほどほど。

ThinkPad P15 Gen 2 (第11世代インテル)

15.6型 FHD / 4K

最大 Xeon W-11855M

最大 RTX A5000

約2.87kg

バッテリー 最大約11.5時間

26万円台~

最大で、Xeon、RTX A5000、128GBメモリ、トリプルストレージ構成が可能な本格派。

ThinkPad P15s Gen 2 (第11世代インテル)

15.6型 FHD

Core i7-1165G7

Quadro T500

約1.75kg~

バッテリー 最大約15.8時間

21万円台~

軽めのボディ。Quadroを搭載した15.6型ワークステーションとしては、エントリークラス。

ThinkPad P16s Gen 1 (第12世代インテル)

16.0型 WUXGA / WQXGA

最大 Core i7-1280P

CPU内蔵 / Quadro T550

約1.68kg~

バッテリー 最大 約15.3時間

LTE対応

17万円台~

Quadro搭載可能な16型ワークステーションでも、約1.68kg~と軽い。16:10の液晶で作業がしやすい。

ThinkPad P16s Gen 1 AMD

16.0型 WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 PRO 6850U

約1.73kg~

バッテリー 最大 約15.2時間

LTE対応

17万円台~

Ryzen 6000系搭載の16型ワークステーション。ただし、外部グラフィックスは選択できない。

ThinkPad P15v Gen 3 (第12世代インテル)

14.0型 FHD / 4K

最大 Core i9-12900H

最大 RTX A2000

約2.09kg

バッテリー 最大約10時間

25万円台~

NVIDIA Tシリーズ / RTX Aシリーズを搭載。X-Rite FCC付き4K液晶も選択可能。 

ThinkPad P16 Gen1 (第12世代インテル)

16.0型 WUXGA / WQXGA / WQUXGA

最大 Core i9-12950HX

最大 RTX A5000

約2.95kg

バッテリー 最大約23.5時間

LTE対応

35万円台~

NVIDIA RTX Aシリーズ搭載の本格派。ハイパワーで作業するための、業務用ワークステーション。

 

割引クーポン配布中

 

その他ノートPC(ThinkBook、Ideapad、YOGA)

個人向けのノートパソコンです。かなり安いモデルが多く、ideapad Flex 550シリーズのように、ときどき飛びぬけてコスパの高い製品が現れます。

 

2 in 1 PC

まず、タブレット形状でも使用できる2 in 1 PCの一覧を掲載します。

機種によっては、ペン付属と、ペンなしのモデルが混在していることがあるので、お気を付けください。

Lenovo 330w Gen 3 (AMD)

11.6型 タッチ HD

AMD 3015e

約1.33kg

バッテリー 約16.7時間

5万円台

本体収納式のペンが付属。子どもの学習など、教育現場向け。ただし、処理性能は低い。

Yoga 670 (AMD)

13.3型 タッチ WUXGA

最大 Ryzen 7 5700U

約1.39kg

バッテリー 最大 約20.0時間

9万円台~

天板にファブリック素材を採用。旧モデルから、CPUはそのままで、液晶が16:10にサイズアップ。

レビューおすすめ

Yoga 770 (14型 AMD)

14.0型 タッチ 有機EL 2.8K

Ryzen 7 6800U

約1.42kg

バッテリー 約17時間

15万円台~

最新世代のRyzen 7 6800Uを搭載。2.8Kの有機ELも美しく、4スピーカーで音も比較的いい。

レビューおすすめ

Yoga 970i (第12世代インテル)

14.0型 タッチ WUXGA / 有機EL WQUXGA

最大 Core i7-1280P

約1.4kg

バッテリー 最大 約15時間

16万円台~

3840x2400の有機EL搭載モデルあり。2Wx2ツイーター + 3Wx2ウーファーで音も非常に良い。

レビューおすすめ

ThinkBook 14s Yoga (第11世代インテル)

14.0型 タッチ FHD

Core i5-1135G7

約1.5kg~

バッテリー 最大 約10.1時間

8万円台~

オールメタルのビジネスPC。本体収納式のペンも付属。やや重くて、バッテリー駆動時間も短め。

Ideapad Flex 550i 14型(第11世代インテル)

14.0型 タッチ FHD

Core i5-1135G7

約1.5kg

バッテリー 最大 約14.9時間

8万円台~

高コスパで人気のある2 in 1 PC。現在は、1モデルのみ販売中。世代交代間近?

Ideapad Flex 570 (14型 AMD)

14.0型 タッチ WUXGA

最大 Ryzen 7 5700U

約1.55kg

バッテリー 最大 約13.0時間

8万円台~

16:10液晶にアップした、Flexシリーズの最新機種。Ryzen 5にペンも付いて、8万円台~と高コスパ。

Ideapad Flex 570 (16型 AMD)

16.0型 タッチ WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 5700U

約2.1kg

バッテリー 最大 約14.0時間

7万円台~

16:10の16型液晶を搭載した、コスパの高いFlexシリーズ新モデル。100% sRGBのWQXGA液晶も選択可。

Yoga 770i (14型 第12世代インテル)

14.0型 タッチ 2.2K / 有機EL 2.8K

最大 Core i7-1260P

約1.42kg

バッテリー 約12時間

13万円台~

上質なユニボディに、第12世代Coreと、16:10のディスプレを搭載。広色域の有機ELモデルも選択可能。

Yoga 770i (16型 第12世代インテル)

16.0型 タッチ WQUXGA

Core i7-12700H

インテル Arc A370M

約2.16kg

バッテリー 約20時間

21万円台~

インテル Arc A380M搭載。100% sRGB、2560x1600の16型液晶は作業がしやすく、ペンも使える。

レビュー

 

販売中の旧モデル

Ideapad Flex 550 14型 (AMD)

14.0型 タッチ FHD

Ryzen 7 5700U

約1.5kg

バッテリー 最大 約18.5時間

11万円台~

Flex 550シリーズのAMDモデル。現在は、Ryzen 7搭載の上位モデルのみ販売中。

レビューおすすめ

Yoga 650/660

13.3型 タッチ FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.30kg

バッテリー 最大 約21.6時間

8万円台~

天板がファブリック素材。16:10の液晶を搭載した新モデルとの比較をおすすめ。

レビューおすすめ

Yoga 950i 14型

14.0型 タッチ 4K

最大 Core i7-1185G7

約1.37kg

バッテリー 最大 約12.2時間

20万円台~

本体収納式のタッチペンを同梱。処理性能だけでなく、画面、音、ボディデザインにもこだわった1台。

レビュー

Yoga 750i 14型

14.0型 タッチ FHD

Core i5-1135G7

約1.43kg

バッテリー 最大 約14.7時間

12万円台~

高級感のあるアルマイトメタルボディ。宅内兼時々モバイルに適したサイズ感。アクティブペンも付属。

 

モバイルノートPC(11~13型)

次に、クラムシェル型のモバイルノートPCを掲載します。レノボのideapadシリーズは、他社より価格が安いことが多いです。

Yoga Slim 750i Carbon

13.3型 2.5K

Core i5-1135G7

約966g

バッテリー 約14.0時間

12万円台~

使いやすい16:10の液晶を搭載。ライトな動画編集もできる構成でも、約966gの軽さも魅力。

レビューおすすめ

ThinkBook 13s Gen 4 (第12世代インテル)

13.3型 WUXGA

最大 Core i7-1260P

約1.23kg

バッテリー 最大 約17.8時間

12万円台~

第12世代Core (P)と、16:10液晶を搭載。パフォーマンス、コスパともに高めで、おすすめ。

レビューおすすめ

ThinkBook 13s Gen 4 (AMD)

13.3型 WUXGA

最大 Ryzen 7 6800U

約1.23kg

バッテリー 最大 約14.5時間

11万円台~

ThinkBook 13sのZen 3+のRyzen 6000系搭載モデル。質感も高く、持ち出しやすい。

おすすめ

 

販売中の旧モデル

ThinkBook 13s Gen 2(第11世代インテル)

13.3型 WUXGA

最大 Core i7-1165G7

約1.26kg

バッテリー 最大 約18.7時間

8万円台~

色域広めの16:10液晶を搭載して、8万円台からと安い。パフォーマンスもしっかり発揮しておすすめ。

レビューおすすめ

ThinkBook 13s Gen 3(AMD)

13.3型 WUXGA

最大 Ryzen 7 5800U

約1.26kg

バッテリー 最大 約16.1時間

9万円台~

Zen 3のRyzen 5000シリーズと、画面比16:10の液晶を搭載。9万円台~とコスパも高い。

レビューおすすめ

 

宅内モバイルノートPC(14型)

レノボの14型ノートは、15.6型ノートよりも価格が安いことが多く、穴場の製品です。また、15.6型ノートよりはかなり軽量なことが多く、自宅内で持ち運ぶことが多いなら、取り回しが便利です。宅内メインで、時々持ち出したい場合なども14型を選んでおくといいと思います。

ideaPad Slim 170 14型 (AMD)

14.0型 TN FHD

Ryzen 5 5500U

約1.4kg

バッテリー 約11.2時間

5万円台~

Ryzen 5 5500U、8GBメモリの快適構成で、5万円台と安い。ただし、液晶は視野角の狭いTNパネル。

IdeaPad Slim 570 (14型 AMD)

14.0型 FHD

最大 Ryzen 7 5825U

約1.38kg

バッテリー 最大 約15.4時間

6万円台~

Ryzen 5 5625U、8GBメモリ、IPS液晶の構成で6万円台。非常にコスパが高く、おすすめ。

レビューおすすめ

Yoga Slim 770i Pro (14型 第12世代インテル)

14.0型 2.2K

Core i5-1240P

約1.32kg

バッテリー 約14.0時間

12万円台~

2.2K、100% sRGBの16:10液晶を搭載し、作業がしやすい。メモリが8GBのオンボードのみなのがやや残念。

Yoga Slim 770i ProX 14.5型 (第12世代インテル)

14.5型 3072x1920 120Hz

最大 Core i7-12700H

約1.45kg

バッテリー 約18時間

17万円台~

第12世代Core H + 100% sRGBの3K液晶。外でのRAW現像用としてもよさそう。

IdeaPad Slim 350i 14 (第10、第11世代インテル)

14.0型 FHD TN

Core i5-1135G7

約1.5kg

バッテリー 約7.3時間

8万円台~

Core i5に、Office H&B 2021付きで8万円台。ただし、液晶の視野角が狭く、バッテリー駆動も短め。

レビュー

IdeaPad Slim 370i (14型 第12世代インテル)

14.0型 FHD

最大 Core i5-1235U

約1.43kg

バッテリー 最大 約7.9時間

7万円台~

第12世代Core (U) + IPS液晶で、7万円台と安い。コスパ重視の方におすすめ。

おすすめ

Yoga Slim 970i (第12世代インテル)

14.0型 タッチ 有機EL WQUXGA

Core i7-1280P

約1.37kg

バッテリー 約12.2時間

豪華なデザインのボディに、有機ELを搭載した、Yoga Slimシリーズのフラグシップ機。

レビューおすすめ

ThinkBook 14 Gen 4 (第12世代インテル)

14.0型 FHD

最大 Core i7-1260P

約1.4kg~

バッテリー 45Wh / 60Wh

9万円台~

14型でも扱いやすい質量で、ポート類も充実しており、使いやすい。好みの構成が選びやすいのもポイント。

レビューおすすめ

ThinkBook 14 Gen 3 (AMD)

14.0型 FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.4kg

バッテリー 最大 約10.7時間

7万円台~

快適に使えるビジネスノートが、7万円台から。テレワークにもよさそう。

おすすめ

Yoga Slim 760 Carbon (14)

14.0型 2.8K OLED

最大 Ryzen 7 5800U

約1.1kg

バッテリー 最大 約14.0時間

13万円台~

Zen 3 Ryzenと、16:10の2.8K有機ELを搭載し、約1.1kgと軽い。画像・映像にこだわる方におすすめ。

レビュー

 

販売中の旧モデル

IdeaPad Slim 550 14型 (AMD)

14.0型 FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.45kg

バッテリー 最大 約14.0時間

6万円台~

バランスが良く、人気の高い機種。Ryzen 5 5500Uを搭載し、6万円台モデルがイチ押し。

レビューおすすめ

ThinkBook 14 Gen 2 (第11世代インテル)

14.0型 FHD

最大 Core i5-1135G7

約1.4kg

バッテリー 最大 約7.25時間

8万円台~

最新CPUにこだわらなければ、14型で比較的軽く、扱いやすい。ただ、現時点では、色域の狭い液晶のみ。

レビューおすすめ

Yoga Slim 750i Pro (第11世代インテル)

14.0型 2.2K

Core i5-11320H

約1.3kg

バッテリー 約23.0時間

11万円台~

約1.3kgのボディに、第11世代Core i5 (H)と、16:10の2.2K液晶を搭載。広処理性能を持ち出せる。

レビュー

 

スタンダードノートPC(15.6~17.3型)

ideapad Slim 550シリーズや、ThinkBook 15シリーズが、コスパが高くおすすめです。

ideaPad Slim 170 15.6型 (AMD)

15.6型 TN FHD

最大 Ryzen 5 5500U

約1.6kg

バッテリー 最大 約12.8時間

5万円台~

Ryzen 5 5500U、8GBメモリで5万円台と安い。ただし、視野角の狭いTN液晶。

レビュー

ideaPad Slim 550 15.6型 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.66kg

バッテリー 最大 約15.0時間

7万円台~

Ryzen 5 5500U + IPS液晶で、7万円台前半と安い。コスパが高く、人気の機種。

レビューおすすめ

Lenovo V15 Gen 2 (第11世代インテル)

15.6型 FHD

Celeron N5100

約1.7kg~

バッテリー 約8.8時間

5万円台~

5万円台と安いけど、Celeron + 視野角の狭いTN液晶なので、用途を絞っての使用をおすすめ。

Lenovo V15 Gen 2 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.7kg~

バッテリー 最大 約15.4時間

7万円台~

十分な処理性能を備え、7万円台から買えるビジネスノートPC。ただし、視野角の狭いTN液晶。

レビュー

Yoga Slim 750i 15.6型 (第11世代インテル)

15.6型 タッチ FHD

Core i5-1135G7

約1.68kg~

バッテリー 最大 約16時間

16万円台~

質感、液晶、サウンドなどの質が高め。モデル末期なのか、選択肢が少なく、価格も高い。

レビュー

ThinkBook 15 Gen 2 (第11世代インテル)

15.6型 FHD

Core i5-1135G7

約1.7kg

バッテリー 最大 約7.5時間

14万円台~

短納期のモデルが多数。価格次第では、AMDモデルのThinkBook 15 Gen 3 (AMD)の方がおすすめ。

レビューおすすめ

ThinkBook 15 Gen 3 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 5700U

約1.7kg

バッテリー 最大 約10.7時間

7万円台~

快適に使える構成で7万円台~と安く、おすすめ。カスタマイズモデルでは、100% sRGB液晶も選択可。

レビューおすすめ

ThinkBook 16p Gen 2 (AMD)

16.0型 WQXGA

Ryzen 7 5800H

GeForce RTX 3060 Max-Q

約1.99kg

バッテリー 約11.3時間

17万円台~

16:10の16型液晶を搭載し、作業がしやすい。動画編集などにも最適なスペック。

レビュー

Yoga Slim 760 Pro 16型 (AMD)

16.0型 WQXGA

Ryzen 7 5800H

最大 GeForce RTX 3050

約2.08kg

バッテリー 約9.0時間

16万円台~

100% sRGB、120Hz、16:10の16型液晶を搭載。動画編集やライトなゲームもできる。

レビューおすすめ

ideaPad Slim 560 Pro (16)

16.0型 2560x1600

最大 Ryzen 7 5800H

最大 GeForce GTX 1650

約1.89kg

バッテリー 最大 約14.0時間

9万円台~

16型2.5K液晶、Ryzen 5000H、GTX 1650と、少し高めのスペック。動画編集などにも使える。

レビューおすすめ

IdeaPad Slim 570i Pro (16型 第12世代インテル)

16.0型 WQXGA

最大 Core i7-12700H

約1.95kg

バッテリー 最大 約19.0時間

11万円台~

第12世代Core (H) + 100% sRGBの16型液晶。作業がしやすく、RAW現像などにもよさそう。

おすすめ

IdeaPad Slim 370i (17.3型 第12世代インテル)

17.3型 FHD

最大 Core i7-1255U

約2.04kg

バッテリー 約6.7時間

8万円台~

第12世代Core (U) + IPS液晶の高コスパ機。17.3型の大型液晶は72% NTSCと色域も広い。

おすすめ

 

販売中の旧モデル

ThinkBook 15 Gen 2 (AMD)

15.6型 FHD

最大 Ryzen 7 4700U

約1.7kg

バッテリー 最大 約8.3時間

11万円台~

ThinkBook 15の旧モデル。新モデルのGen 3の方が価格も安く、おすすめ。

ThinkBook 15p (第10世代インテル)

15.6型 FHD

Core i7-10750H

GeForce GTX 1650Ti Max-Q

約1.99kg

バッテリー 約12.2時間

14万円台~

画像・動画編集作業などの入門機にちょうどいいスペック。ただし、2世代前のCPUを搭載。

レビューおすすめ

 

ゲーミングノートPC

外部グラフィックスを搭載しゲームができるノートPCです。レノボのゲーミングノートは、カスタマイズがあまりできませんが、価格は安く設定されており、構成が気に入ればお買い得です。

IdeaPad Gaming 370 (16型 AMD)

16.0型 165Hz WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 6800H

最大 GeForce RTX 3050 Ti

約2.6kg

12万円台~

最新のRyzen 6000系を搭載した、高コスパのゲーミングノート。液晶は、100% sRGBと色域広め。

レビューおすすめ

IdeaPad Gaming 370i (16型 第12世代インテル)

16.0型 165Hz WUXGA

最大 Core i7-12700H

最大 GeForce RTX 3060

約2.6kg

13万円台~

コスパの高いGaming 3シリーズのインテルモデル。RTX 3060搭載のミドルクラスも選択可能。

おすすめ

LEGION 570i (15.6型 第12世代インテル)

15.6型 FHD (60Hz / 165Hz) / WQHD 165Hz

最大 Core i7-12700H

最大 GeForce RTX 3070

約2.4kg

14万円台~

エントリー~ハイクラスまで充実のラインナップ。カスタマイズモデルでは、好みの液晶も選択できる。

おすすめ

LEGION 570 (15.6型 AMD)

15.6型 FHD 165Hz

Ryzen 5 6600H

GeForce RTX 3050 Ti

約2.4kg

14万円台~

LEGION 570のAMDモデル。スタイリッシュなボディ。ゲーミング性能はエントリーハイクラス。

おすすめ

LEGION 570i Pro (第12世代インテル)

16型 WQXGA 165Hz

Core i7-12700H

GeForce RTX 3050 Ti

約2.5kg

17万円台~

16型の2.5K液晶は、100% sRGBクラスと色域も広め。クリエイティブな作業にもよさそう。

おすすめ

LEGION 570 Pro (16型 AMD)

16型 165Hz WUXGA / WQXGA

最大 Ryzen 7 6800H

最大 GeForce RTX 3060

約2.5kg

16万円台~

最新のRyzen 6000系搭載。スリムベゼルの16型165Hz液晶は、クリエイティブな作業もしやすそう。

おすすめ

LEGION Slim 770i (16型 第12世代インテル)

16型 165Hz WUXGA / WQXGA

最大 Core i9-12900H

GeForce RTX 3060

約2.23kg

17万円台~

削りだしアルミのスリムなボディ。16:10、100% sRGBの16型液晶なので、クリエイターにもおすすめ。

おすすめ

LEGION 770i (第12世代インテル)

16.0型 WQXGA 165Hz

最大 Core i9-12900HX

最大 GeForce RTX 3080 Ti

約2.3kg

30万円台~

Core i9 + RTX 3080 Tiのハイエンド構成が可能。ハイクラスを良心的な価格で入手できる。

レビューおすすめ

 

販売中の旧モデル

LEGION 560 (15)

15.6型 FHD 120Hz / 165Hz

最大 Ryzen 7 5800H

最大 GeForce RTX 3060
最大 Radeon RX 6600M

約2.4kg

12万円台~

エントリー~ミドルクラスのゲーミングノート。コスパも高く、カジュアルゲーマーにおすすめ。

レビューおすすめ

LEGION 560i (第11世代インテル)

15.6型 FHD 165Hz

最大 Core i7-11800H

GeForce RTX 3070

約2.4kg

18万円台~

LEGION 560のインテルCPU搭載モデル。派手なデザインではなく、一般用途にも使いやすい。

おすすめ

LEGION 760

16.0型 2560x1600 165Hz

最大 Ryzen 9 5900HX

最大 GeForce RTX 3080

約2.5kg

24万円台~

ハイクラスのゲーミングノートPC。16:10の2.5K 165Hz駆動の16型液晶は、色域も広め。

レビュー

LEGION 550Pi (第10世代インテル)

15.6型 FHD 60Hz / 144Hz

最大 Core i7-10750H

最大 GeForce RTX 2060

約2.3kg

8万円台~

GTX 1650モデルが8万円台と安い。ただし、CPUは2世代前の第10世代Core。

レビュー

LEGION 750i (第10世代インテル)

15.6型 FHD 240Hz

Core i7-10750H

最大 GeForce RTX 2070 S Max-Q

約2.25kg

22万円台~

240Hz駆動液晶を搭載した、旧フラグシップ機。ただし、安くはないので、最新機種の方がおすすめ。

 

デスクトップパソコン

当サイトではあまりレビューしたことがないですが、法人には、THINKCENTREシリーズがコンパクトで価格が安く人気があるようです。

コンパクト・スリムタワー型

THINKCENTRE M シリーズ TINY

最大 Core i9-12900T /
Ryzen 7 Pro 5750GE

最大 2.5型HDD + M.2 SSD x2

6万円台~

ディスプレイの裏に配置できるような超コンパクトボディ。グラフィックスはCPU(APU)内蔵のみ。

おすすめ

THINKCENTRE Mシリーズ Small

最大 Core i9-12900K /
Ryzen 7 PRO 4750G

最大 M.2 SSD x2 / SATA HDD x2

5万円台~

ビジネス向けのデスクトップ。CPUの選択肢が広く、光学ドライブも搭載可能。

IDEACENTRE 5シリーズ

最大 Core i7-12700
Ryzen 7 5700G

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

6万円台~

家庭でのファミリーユースに最適。どこにでも置けそうな、スタイリッシュなボディが特徴。

 

タワー型

THINKCENTRE Mシリーズ Mini-Tower

最大 Core i9-12900K /
Ryzen 7 PRO 4750G

最大 RTX 3070 Ti

最大 3.5型HDD x2 + 2.5型HDD + M.2 SSD x2

7万円台~

パワフルなスペックと拡張性に優れつつも、省スペースのビジネス用ミニタワーPC。

THINKCENTRE Neoシリーズ

最大 Core i9-12900

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

7万円台~

最新のインテル第12世代Coreを搭載。パワフルながら、比較的コンパクトなサイズのタワー型PC。

LEGION T570i (第12世代インテル)

最大 Core i9-12900

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

最大 RTX 3070

13万円台~

第12世代Core搭載。GTX 1650~RTX 3070まで、GPUの選択肢が広い。

おすすめ

LEGION T550

最大 Ryzen 9 5900X

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

最大 RTX 3070
Radeon RX 6800XT

14万円台~

Ryzen搭載のゲーミングデスクトップ。26Lサイズの筐体は、LEDライティングも映える。

おすすめ

LEGION T750i

最大 Core i9-11900K

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

最大 RTX 3080

29万円台~

RTX 30シリーズを搭載可能。水冷システムのハイスペックゲーミングPC。

レビューおすすめ

LEGION T770i

最大 Core i9-12900K

最大 3.5型HDD + M.2 SSD

最大 RTX 3080

27万円台~

ゲーミング性能、冷却性能、デザイン、ライティングに優れた、レノボのフラグシップ機。

レビューおすすめ

 

液晶一体型

IDEACENTRE AIO 5シリーズ

最大 23.8型 FHD

最大 Core i7-12700H /
Ryzen 7 5700U

最大 M.2 SSD

11万円台~

ノート向けCPUでも、最大で第12世代Core Hを搭載し、快適動作。トップのWebカメラは収納可能。

IDEACENTRE AIO 3シリーズ

最大 27型 FHD

最大 Core i7-1260P /
Ryzen 5 3500U

最大 M.2 SSD

6万円台~

スリムで省スペースで、価格も安い。ただし、ノート用プロセッサー搭載。

THINKCENTRE Mシリーズ All-In-One

最大 23.8型 FHD

最大 Core i9-12900

最大 2.5型HDD x2 / 2.5型HDD + M.2 SSD

11万円台~

デスクトップ用の第12世代Coreを搭載。高さ調整もできる、ビジネス向けのオールインワンPC。

 

レノボの評価

以下、レノボの出荷台数の順位、日経コンピューターの顧客満足度調査の結果を掲載します。

国内および世界でどれだけのシェアがあるかで、評価してみるのも良いと思います。日経コンピューターの顧客満足度調査は法人向けPCの調査結果ではありますが、ある程度参考になると思うので掲載します。

シェア・満足度
  コメント
国内シェア 2021年通年の国内のPC出荷台数において、レノボ・NEC・富士通グループは第1位です。
参考:IDC
世界シェア 米IDCによる調査では、2022年第一四半期の世界PC出荷台数は、レノボが第1位です。近年は連続して1位となっています。
参考:IDC
日経コンピュータ
顧客満足度調査
2021 - 2022
ノートPC:第1位 | 性能・機能と、コストが高く評価され、去年の7位から、初の1位へと躍進しています。
デスクトップPC:第4位| 運用性や、サポートが低評価です。
参考:日経コンピューター
2022年08月18日調査

 

レノボの評判・口コミ

他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。 ただし、レノボのような通販を中心としたメーカーは、パソコンに詳しい人が買う場合が多く、どうしても悪い口コミが書き込まれがちです。情報は取捨選択し、すべての評判を鵜呑みにしないようにして下さい。

レノボのサポート

レノボのサポートの評判はやや悪いです。これは外資系というイメージから評価されてしまう部分もあります。保証期間は4年まで延長できます。天災や不注意まで保証するするオプションもあります。

サポート内容や評判の詳細は「パソコンメーカーのサポート評判・比較」をご覧ください。


レノボのメーカー直販サイト