ドスパラの評判・評価レビュー

更新日:
GALLERIA

ドスパラの特徴

ロゴイメージ

ドスパラのパソコンは、最新のパーツをいち早く取り入れます。常に性能の良いパーツを安く購入できるというのはドスパラの非常に良い点だと思います。

しかし、裏を返すと、世界規模で販売しているPCメーカーと比較すると動作検証期間が短いのではないかと思われるのと、パーツの組み合わせが無数にあるためすべての構成での事前の動作チェックは不可能であると思われます。

そのため、ドスパラのようなパソコンを購入する場合は、せめてパーツを自分で交換したり、ファームやドライバーを自分でアップデートでき、問題発生時の切り分けが出来る方が望ましいです。

ある程度のトラブルは自分で解決できるなら、ドスパラのパソコンはコストパフォーマンスが高く非常におすすめです。

また、BTOパソコンの割には、非常に納期が短いです。早ければ当日出荷、多くの場合、2日で出荷が可能です。

短納期のヒミツについては、便利な流通拠点に事業所があることや、部品、商品の荷受け/保管/配送をワンストップで行っていること等が挙げられます。

詳細については、「ドスパラは通常2日の短納期 ~ サードウェーブ綾瀬事業所の見学会」をご覧ください。


 


 

以下、ドスパラの各パソコンについてコメントしていきます。

ゲーミングデスクトップPC

ドスパラのゲーム向けデスクトップPCである、GALLERIAシリーズです。

ケースが7年ぶりにリニューアルされ、洗練された、デザイン性と機能性の高いケースになりました。以前は、GALLERIA GAMEMASTERシリーズや、GALLERIA ミニ・スリムシリーズなど複数のケースがありましたが、現在は新ケースに統一されているようです。

24時間365日電話でのサポートを受けることができるので、PCゲームを本格的にしたいけど、パソコンは苦手という方におすすめです。

モデルは細かく分かれていますが、ここではケースの種類毎に紹介します。

 

GALLERIAシリーズ

GALLERIAシリーズは、CPUやグラフィックスの選択の幅が広く、価格も安く、コストパフォーマンスの高い製品です。

GALLERIA(タワー)

ミドルタワー

Core i9-11900K
Ryzen 9 5950X

RTX 3090
Radeon RX6900XT LC

17万円台(税込)~

ドスパラのゲーミングPCの主力製品でラインナップが多い。コスパが高くおすすめ。

レビューおすすめ

GALLERIA(ミニタワー)

ミニタワー

Core i5-11400
Ryzen 5 3600

RTX 3060Ti
Radeon RX6700XT

10万円台(税込)~

ミドルクラスまでの、やや限定的なラインナップ。ミドルタワーの方が選択肢が多く、おすすめ。

レビューおすすめ

 

メーカー公式サイト

GALLERIA タワー・ミニタワー

 

ゲーミングノートパソコン

ドスパラ GALLERIAブランドのゲーミングノートです。性能が高い割には価格が安くコストパフォーマンスが高い製品が多く、おすすめです。

インテルCPU搭載のゲーミングノート

XL7C-R36 (10875H)は、おそらく第11世代Core搭載のジャンルで紹介しているゲーミングPCと同じボディです。最新CPUにこだわらなければ、コスパが高く、おすすめです。
GCR2070RGF-QCは、1.87kgと軽く持ち運びもしやすい、ミドルクラスのゲーミングノートPCです。発売当初より価格も安くなっています。

GALLERIA XL7C-R36 (10875H)

15.6型 FHD 非光沢 144Hz

Core i7-10875H

GeForce RTX 3060

約2.0kg

15万円台(税込)~

ミドルハイクラスのゲーミング性能を備えています。コスパも高く、おすすめです。

レビューおすすめ

GALLERIA GCR2070RGF-QC

15.6型 FHD 非光沢 144Hz

Core i7-9750H

GeForce RTX 2070 Max-Q

約1.87kg

16万円台(税込)~

約1.87kgと非常に軽く、バッテリー駆動時間も長く、持ち運びもできる。

レビューおすすめ

第11世代Core搭載のゲーミングノート

以下のPCはいずれも同じコンパクト・軽量ボディで、液晶、プロセッサー、グラフィックスの構成が異なります。エントリー~ミドルクラスを細かく網羅しているので、ちょうどいい構成が見つけやすそうです。

GALLERIA XL7C-R36 (11800H)

15.6型 FHD 144Hz

Core i7-11800H

GeForce RTX 3060

約2.1kg

17万円台(税込)~

第11世代Core搭載機の最上位モデル。多くのゲームを快適にプレイできる、ミドルクラスの性能。

概要

GALLERIA RL5C-R35T

15.6型 FHD 144Hz

Core i5-11400H

GeForce RTX 3050Ti

約2.0kg

14万円台(税込)~

Core i5-11400H + RTX 3050Tiを搭載した、ハイエントリークラス。

概要

GALLERIA RL5C-R35

15.6型 FHD 144Hz

Core i5-11400H

GeForce RTX 3050

約2.0kg

13万円台(税込)~

RTX 3050を搭載。初めてのゲーミングノートとして、一番おすすめ。

概要

GALLERIA RL5C-G50

15.6型 FHD 120Hz

Core i5-11400H

GeForce GTX 1650

約2.0kg

11万円台(税込)~

価格が安い、エントリークラス。できれば、RTX 30シリーズ搭載モデルの方がおすすめ。

概要

AMD Ryzen搭載のゲーミングノート

以下のPCはいずれも同じようなコンパクト・軽量ボディで、プロセッサー、グラフィックスの構成が異なります。GR2060RGF-Tは、キーボード配列・形状がやや独特です。

GALLERIA RL5R-G50T

15.6型 FHD 120Hz

Ryzen 5 4600H

GeForce GTX 1650Ti

約1.9kg

10万円台(税込)~

価格の安いエントリーモデル。キーボードが改善。ただ、若干値上がり。

レビュー

GALLERIA GR2060RGF-T

15.6型 FHD 120Hz

Ryzen 7 4800H

GeForce RTX 2060

約1.9kg

13万円台(税込)~

Ryzenを搭載した、ミドルレンジのゲーミングノート。コスパ重視の方におすすめ。

レビューおすすめ

メーカー公式サイト

ドスパラ ゲーミングノート

 

ノートパソコン

モバイルノートパソコン

外出先への持ち運びに便利なモバイルノートパソコンです。

THIRDWAVE VF-AD4

14.0型 FHD 非光沢

Celeron N4000

約1.28kg、約8.6時間

2万円台(税込)

フルHD液晶なのに、驚きの安さ。ストレージ容量は少ないものの、簡単にM.2 SSDの増設が可能。

レビュー

THIRDWAVE VF-AD4S

14.0型 FHD 非光沢

Celeron N4120

約1.3kg、約8.1時間

3万円台(税込)

VF-AD4のCPUを、Celeron N4120に強化。動作が快適になるので、こちらがおすすめ。

おすすめ

THIRDWAVE F-14IC

14.0型 FHD 非光沢

Core i5-1035G1

約1.2kg、約14.4時間

8万円台(税込)~

第10世代Core i5、8GBメモリ、256GB SSDで7万円台とコスパ高め。見やすい広色域液晶もポイント。

レビューおすすめ

 

スタンダードノートパソコン

主に自宅内で使用するノートパソコンです。デザインはイマイチですが、比較的コストパフォーマンスに優れた製品が多いです。

THIRDWAVE DX-T7

15.6型 FHD 非光沢

Core i7-1165G7

約1.58kg、約8.8時間

10万円台(税込)~

Core i7+16GBメモリの快適構成で、10万円台とコスパが高く、おすすめ。デュアルストレージも可。

レビューおすすめ

THIRDWAVE DX-C7

15.6型 FHD 非光沢

Core i7-10510U

約1.55kg、約7.5時間

9万円台(税込)~

DX-C5と同じボディ。第10世代Core i7+16GB+500GB SSDで9万円台と、こちらも高コスパ。

おすすめ

THIRDWAVE DX-C5

15.6型 FHD 非光沢

Core i5-10210U

約1.55kg、約7.7時間

7万円台(税込)~

Core i5、8GBメモリ、256GB SSDが7万円台。デュアルストレージも可。ただし、CPUは旧世代。

レビューおすすめ

THIRDWAVE DX-C3

15.6型 FHD 非光沢

Core i3-10110U

約1.55kg、約8.0時間

6万円台(税込)~

8GBメモリ、256GB SSDの構成で、軽作業には十分のスペック。ボディはDX-C5と同じ。

 

デスクトップパソコン

一般用途向けのデスクトップPCのラインナップです。ミドルタワーからミニパソコンまで、CPUやグラフィックスの選択肢も広いので、設置場所と作業内容に合ったPCが見つかるはず。

一般向けとはいっても、ゲーミングPC並みのスペックを選択できるものもあります。

ケースの種類は多くはありませんが、構成によってシリーズ名が変わります。ここでは、シリーズ名毎に紹介します。

Monarch

ミドルタワー

~Core i9-11900

~GeForce RTX 3060

10万円台(税込)~

拡張性と冷却性能が高く、コスパもいい、ミドルタワー。カスタマイズ用のベースとしてもおすすめ。

レビューおすすめ

ThunderStorm

ミドルタワー

~Ryzen 7 3700X

~GeForce GTX 1650

10万円台(税込)~

Monarckと同じケースに、Ryzenプロセッサーを搭載。選択できるGPUが限定的。

おすすめ

Magnate

ミニタワー

~Core i7-11700

~GeForce RTX 3060

5万円台(税込)~

ミニタワーの中では非常に安い。ミドルスペック、オンボードグラフィックスだと特に安い。

レビューおすすめ

Lightning

ミニタワー

~Ryzen 7 5800X

~GeForce RTX 3060

7万円台(税込)~

Magnateと同ケースに、Ryzen+外部GPUを搭載。ミドルクラスのゲーミング性能も選択可能。

レビューおすすめ

Regulus

ミニタワー

~Ryzen 7 PRO 4750G

内蔵グラフィックス

5万円台(税込)~

Magnateと同ケースに、Ryzen Gを搭載。外部GPUを必要としない作業に、おすすめ。

おすすめ

Slim Magnate

スリム

~Core i7-11700

~GeForce GT 1030

5万円台(税込)~

スリムケースだけどデュアルストレージ構成も可能。事務作業などに最適。

レビュー

Slim Regulus

スリム

~Ryzen 7 4750G

内蔵グラフィックス

6万円台(税込)~

Slim Magnateと同じケース。Regulusとほぼ同価格なので、省スペースで使用したい方におすすめ。

mini Mangate

ミニ

~Core i5-10400

CPU内蔵グラフィックス

6万円台(税込)~

片手で持てる程のサイズで、設置場所を選ばない。ただし、CPUは最大Core i5-10400まで。

レビュー

mini Regulus

ミニ

~Ryzen 5 PRO 4650G

CPU内蔵グラフィックス

5万円台(税込)~

ケースはmini Magnateと同じ。処理性能が高く、コスパも高い、Ryzen 5搭載モデルがおすすめ。

Tiny Magnate

ミニ

Core i5-8265U

CPU内蔵グラフィックス

7万円台(税込)~

手のひらサイズ。ポート類も充実し、2ディスプレイでも使用可能。ただし、CPUは第8世代ノート用。

 

クリエイター向けPC

デスクトップPC

ドスパラのクリエイター向けブランド、taytrekのデスクトップPCです。グラフィックスとしてQuadroを搭載したモデルもあり、様々な内容のクリエイティブワークに対応できます。

raytrekのミニタワー型は、限られた構成しかありませんので、選択肢が広いraytrek タワー型がおすすめです。

raytrek ミニタワー型

ミニタワー

~Core i7-10700

~GeForce GTX 1650
~Quadro P2200

7万円台(税込)~

イラストや画像編集などのライトなクリエイティブ作業に適した機種。

raytrek タワー型

タワー

~Core i9-11900K
~Ryzen 9 5950X

~GeForce RTX 3070Ti
~Quadro RTX 4000

11万円台(税込)~

エントリークラスからはクラスまで、用途に合わせて選べる構成。拡張性も高い。

 

ノートPC

ドスパラのクリエイター向けブランド、taytrekのノートPCです。色域が広めの液晶を搭載しており、ウェブコンテンツの作成、写真や動画の編集といった作業に適したスペックを備えています。

価格が安いモデルは、サクサク仕事をこなしたい方のスペック高めのノートPCとしてもおすすめです。

raytrek G5-R

15.6型 FHD 非光沢

Ryzen 7 4800H

GeForce GTX 1650Ti

約1.9kg、約4.1時間

13万円台(税込)~

ネットやSNS投稿用の動画編集に最適。Ryzenなので、相性が良くないアプリもあり。

レビュー

raytrek R5-CA

15.6型 FHD 非光沢

Core i7-10875H

GeForce RTX 3060

約2.0kg、約8.6時間

18万円台(税込)~

デフォルトで、32GBメモリ、1TB SSDを搭載。高めのスペックながら、持ち出しやすいのも特徴。

レビュー

raytrek R7

17.3型 WQHD 165Hz 非光沢

Core i7-10875H

GeForce RTX 3070

約2.3kg、約7.1時間

23万円台(税込)~

17.3型のWQHD液晶で、作業が快適。Adobe CCのアプリを使うのにも最適。

レビューおすすめ

 

タブレットPC

ドスパラのクリエイター向けブランド、taytrekのタブレットPCです。イラストレーターへの道を目指してみたい方にちょうどいい、入門機です。

raytrektab 8インチモデル RT08WT

8.0型 1280x800 タッチ

Celeron N4000

約434g、約6.5時間

2万円台(税込)~

絵師への入門機。ワコム製スタイラスペンと、CLIP STUDIO PAINT DEBUTのシリアルも付属。

 

ドスパラの評価

ドスパラを運営するサードウェーブが、他社からどの程度評価されているか等をみてみます。


「2013 Microsoft Worldwide Partner Award」において、『OEM Hardware Partner of the Year』を受賞しています。
これは、正規のマイクロソフト ソフトウェア (エンド ユーザー向け主要サポート サービス付き) がプレインストールされた PC やサーバー ハードウェア システムによって優れた顧客価値を創出するOEM システム ビルダーとして、最も優れた企業であるという評価です。


また、「インテル・プレミア・プロバイダ・プログラム」「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」「AMDソリューションプロバイダ プラチナム」として認定されています。


ドスパラの評判・口コミ

他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。 ただし口コミ情報の中には、会社が一方的に悪いかのように印象付ける内容もたま~にあるので、情報は自分で取捨選択して下さい。ただし、全体的に見てサポートはあまり良くなさそうです。

メーカー直販サイトはこちら