レノボ ThinkPad X13s Gen 1の実機レビュー

更新日:
CPU Snapdragon 8cx Gen 3
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ 最大1TB PCIe SSD
画面サイズ 13.3型 16:10
画面種類 1920x1200
1920x1200 タッチ
1920x1200 省電力
質量 約1.06kg~
バッテリー 49.5Wh
WWAN ミリ波 5G対応
価格[税込] 17万円台~
ARM版Windows 11のモバイルノート

ThinkPad X13sは、Snapdragon 8cxのSoCとARM版Windows 11を搭載したノートパソコンです。

このSoCを搭載することで、バッテリー駆動時間が非常に長く、メーカー仕様では、最大 約31.2時間のバッテリー駆動時間となっています。

また、ミリ波対応の5Gモジュールを搭載したモデルもあります。

ARM版Windows 11では、64ビットアプリも動作します。ただ、当サイトで試した限りでは、動かないアプリもありました。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は以下の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Snapdragon 8cx Gen 3、16GBメモリ、1TB SSD

 

セール情報

以下のページでレノボのパソコンのセールを実施中です。

 

目次

お忙しい方は、「ThinkPad X13sの特徴」のみお読みください。

 

ThinkPad X13sの特徴

2日使えるバッテリー駆動時間

ThinkPad X13sの特徴の1つは、Snapdragon 8cxのARMベースのSoCを搭載することで、バッテリー駆動時間が非常に長くなっている点です。バッテリー容量は49.5Whと特別多いというわけではありませんが、消費電力が少なく、メーカー公表値では約 30.6時間(JEITA2.0)ものバッテリー駆動時間となっています。

当サイトで、動画を連続再生させたときのバッテリー駆動時間は、21時間41分とこちらも非常に長いです。一般的なモバイルノートPCの約1.5倍以上のバッテリー駆動時間です。

これだけ長ければ、1泊2日の出張でも、ACアダプターを持っていかなくても、仕事ができそうです。

かなり長いバッテリー駆動時間

 

ミリ波5G対応モデルを選択することが可能

ThinkPad X13sは、5G対応モデルもラインナップされている点も特徴です。SIMを挿入することで、どこにいてもインターネットに接続することができます。

また、今までの5G対応ノートPCは、Sub6のみに対応した製品しかありませんでしたが、ThinkPad X13sはミリ波にも対応しています。現状、ミリ波に対応しているエリアは、かなり大きな駅や、多くの人が集まる場所、ドコモショップ店舗内などとかなり限定的ですが、最新技術が搭載されているということで、心躍ります。

筆者の自宅近のSub6の5Gエリアで計測した通信速度は次の通りです。光回線並みのかなり速い速度が出ています。 

 

Plutonプロセッサー搭載で高いセキュリティ

ThinkPad X13sは、Pluton対応のノートPCです。Plutonとは、TPMの後継となるセキュリティプロセッサーで、ハードウェアレベルでの各種セキュリティ機能を提供します。TPMは、TPMとCPUのダイが分かれていることで、データを受け渡す経路から攻撃されるという問題がありましたが、PlutonはCPUのダイにPlutonを包含してしまうことで、この問題を解消しています。ThinkPad X13sは、このPlutonプロセッサーを搭載しており、高いセキュリティを実現しています。

なお、従来通りTPMも搭載されており、デフォルトではTPMが有効となっているため、Plutonを使うにはUEFIから切り替える必要があります。

Plutonプロセッサーを搭載

 

約1.06kgと軽量

ThinkPad X13sは、約1.06kgと質量も比較的軽いです。なお、5G対応のモデルの場合、通信モジュールが追加されるのでやや重くなります。当サイトの計測値では、1.112kgでした。また、ボディも薄く、持ち運びしやすいです。

比較的軽い

 

動かないアプリもあり

ThinkPad X13sは、以前のARM版Windowsは、x64(64ビット)アプリが動作しませんでしたが、ARM版Windows 11は、x64アプリも動くことになっています。

以前は動かなかったCINEBENCH R23や3DMarkのベンチマークソフトが、今回のARM版Windows 11では動くようになっていました。ただ、今回試した限りでは、まだ動かないアプリも多いかなという印象でした。

まず、Adobeソフトに関しては、ARM対応のPhotoshopとLightroomは動きましたが、それ以外のアプリはx64版のAdobe Creative Cloudをインストールしようとすると、途中でエラーになってしまいました。また、フォートナイトやVALORANT、APexなどのゲームも動きませんでした。また、NetFlixは、ストアアプリからは動きましたが、ブラウザから動画を観ようとすると画面が真っ暗になり映像が表示されませんでした。

インストールして実行してみるまで、どのアプリが動くのか今一つ分かりません。ARM対応を謳っているアプリであれば安心して使えますが、そうでないアプリは不安があります。

起動しないアプリも多い

 

各用途の快適度

各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによっても快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。

各用途の快適度
用途 快適度 コメント
Web閲覧
Office作業
EdgeやMS OfficeはARM対応していますし、スペック面でも問題ないので、Web閲覧やOffice作業は快適でしょう。
オンライン会議 Teams、ZoomはARM対応していますし、カメラ、スピーカー、ウェブカメラも搭載しているので、問題なくできます。
動画鑑賞 動画さえ再生されれば、ディスプレイの色も比較的鮮やかですし、スピーカー音もまずまずなので、快適に鑑賞することができます。ただし、ブラウザから視聴できないストリーミング配信サービスもありました。
RAW現像
画像編集
△~○ LightroomやPhotoshopならARM対応しています。スペックが高くないので、やや遅さは感じますが、たまにやる程度なら大丈夫だと思います。他のアプリが起動するかは不明です。
動画編集 軽いアプリならできないこともないのかもしれませんが、動画編集用途で使うには、スペック不足です。
ゲーム 軽いゲームならできるかもしれませんが、ゲーム向きのPCではありませんし、ARM版Windowsだとそもそも起動しないゲームが多いです。

 

ディスプレイのチェック

ThinkPad X13sのディスプレイは、16:10の画面比で、100% sRGBクラスの色域で、比較的見やすいです。今回、i1 Profilerが実行できなかったので、色域やガンマ補正曲線は計測していません。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢液晶なので、映り込みは抑えられています。ギラつきもそれほど感じません。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)もありませんでした。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

ThinkPad X13sのキーボードをチェックします。

おそらく、ThinkPad X1 Nanoと同じキーボードを搭載しており、比較的打ちやすいです。タッチパッドはX1 Nanoよりもやや広いです。

キーボード全体図
※画像をクリックすると拡大できます
キーの拡大図

 

バックライトも搭載しています。英語キーボードも選択することが可能です。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

ThinkPad X13sのパフォーマンスをチェックします。

 

CPU

Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3を搭載しています。ネイティブ動作するGeekbench 5の結果を見ると、従来のSnapdragon 8cx Gen 2の約1.8倍も性能が向上しており、Core i5-1135G7よりも高いスコアが出ています。

CPU性能の目安
~ Geekbench 5 ~
Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3 SC8280XP
※AArch64で実行
他のCPUとの比較(Multi-Core Score)
Core i5-1240P 9246 (Windows x86 64-bit)
Snapdragon 8cx Gen 3 5887 (Windows AArch64)
Core i5-1135G7 5334 (Windows x86 64-bit)
Snapdragon 8cx Gen2 3134 (Windows AArch64)
Microsoft SQ2 3005 (Windows AArch64)
Microsoft SQ1 2834 (Windows AArch64)
Core i3-8145U 1930 (Windows x86 64-bit)
Snapdragon 850 1897 (Windows AArch64)
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

次に、エミュレーションで動作するCINEBENCH R23をスコアを確認すると、Core i5-1135G7よりも大分劣るスコアです。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3 SC8280XP
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 7 5825U 10040
Core i7-1260P 9032
Core i5-1240P 8409
Ryzen 5 5625U 8107
Core i7-1165G7 4720
Core i5-1135G7 4424
Snapdragon 8cx Gen 3 2809
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

 

メモリ

メモリはLPDDR4X-4266を搭載していますが、LPDDR4X-4266にしては思ったほど帯域は広くありませんでした。ただ、実用上は十分な帯域です。

SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
16GBメモリ
他のメモリとの比較(帯域のベンチマーク)
LPDDR5-5200
デュアルチャネル
62.38GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
52.25GB/s
LPDDR4X-4266
デュアルチャネル
51.65GB/s
31.33GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
30.66GB/s
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のノートPCで計測した実測値で、理論的な最大値ではありません

 

グラフィックス

グラフィック性能については、ネイティブ動作できる3DMark Night Raidを計測しました。こちらについては、Core i5-1135G7/DDR4-3200メモリ搭載のPCよりも、高いグラフィックススコアが出ていました。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
Snapdragon 8cx Gen 3
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX450 30425
Ryzen 7 6800U
メモリLPDDR5-6400
30319
Core i7-1260P
メモリLPDDR5-5200
23149
Core i7-1260P
メモリDDR5-4800
20478
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
20052
Core i5-1135G7
メモリLPDDR4X-4266
18718
Core i5-1240P
メモリLPDDR5-5200
17450
Ryzen 5 5625U
メモリDDR4-3200
15826
Ryzen 7 5825U
メモリDDR4-3200
15728
Snapdragon 8cx Gen 3
メモリLPDDR4X-4266
15293
Core i5-1155G7
メモリDDR4-3200
14917
Core i7-1165G7
メモリDDR4-3200
14247
Core i5-1135G7
メモリDDR4-3200
13316
Core i3-1115G4
メモリDDR4-3200
11487
Ryzen 3 5300U
メモリDDR4-3200
11321
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージには、PCIe Gen4 SSDを搭載しています。十分な読み・書き速度ですが、PCIe Gen4 SSDとしては速くはありませんでした。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
256GB PCIe Gen4 SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
3179
 PCIe Gen3 SSD 3500
SATA SSD 550
2.5インチHDD 150
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

クリエイターソフトの処理時間

以下、クリエイターソフトウェアの各種処理時間です。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

今回、「Classic」の付かないLightroom(ARM版)によるRAW現像の速度を計測してみましたが、やや遅いです。ただ、パラメーターを変更して露出や彩度などを変更する作業は、それほどストレスなく使えました。

  処理時間
100枚のRAWファイルの書き出し 3分7秒
※プロファイル補正、露光量+1、シャドウ+10、自然な彩度+10、ノイズ軽減+10を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
Adobe Photoshop CCによる各種処理時間

ARM対応のPhotoshopは、被写体の選択を行うと遅く感じました。また下のようなニューラルフィルター処理も遅いです。ただ、露出を変えたりする程度なら遅くは感じません。たまに簡単な画像編集をするくらいならできると思いますが、本格的に使うなら別のPCのほうがいいと思います。

  処理時間
ニューラルフィルター(肌をスムーズに) 約4秒
ニューラルフィルター(スーパーズーム(x2)) 約7分11秒
ニューラルフィルター(JPEGのノイズを削除) 約3分30秒
※ 6000x4000のRAWデータを編集

 

ゲームベンチマーク&フレームレート

いくつかゲームのベンチマークソフトも実行してみました。

ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレについては、FHD/標準品質の設定で、38 fpsの平均フレームレートでした。プレイできないこともありませんが、カクつくことも多いでしょう。

ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ
~ ゲーム性能の評価 ~
Snapdragon 8cx Gen 3
他のグラフィックスとの比較(1920×1080、標準(ノート))
GeForce GTX 1650 115 fps
GeForce MX450 85 fps
GeForce MX330 61 fps
Core i7-1260P
メモリDDR5-4800
50 fps
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
49 fps
Core i5-1135G7
メモリLPDDR4X-4266
49 fps
Core i5-1240P
メモリLPDDR5-4800
45 fps
Snapdragon 8cx Gen 3
メモリLPDDR4X-4266
38 fps
Ryzen 7 5800U
メモリLPDDR4X-4266
33 fps
Ryzen 7 5700U
メモリDDR4-3200
30 fps
Ryzen 5 5500U
メモリDDR4-3200
29 fps
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ドラクエXの場合、FHD/最高品質の設定で、3940のスコア、平均フレームレートだと約44 fpsでした。グラフィック設定をもう少し下げれば、割とプレイできるかもしれません。ただ、実際のゲームはインストールしていません。もしかすると実際のゲームは起動しない可能性もあります。

ドラゴンクエスト X
~ ゲーム性能の評価 ~
Snapdragon 8cx Gen 3
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
Core i5-1135G7 11102
Snapdragon 8cx Gen3 3940
Snapdragon 8cx Gen2 3088
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

フォートナイト、APEX、VALORANTについては、起動することができませんでした。

フォートナイト起動時のエラー

 

質量のチェック

質量のチェックです。

前述しましたが、メーカーの仕様表では、「約1.06kg~」となっています。5Gモジュールを搭載している本製品の質量は以下の通りです。超軽量とは言いませんが、比較的軽く、持ち出しに便利な質量です。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 1.112kg
ACアダプター+電源ケーブル 254g

 

バッテリー駆動時間のチェック

続いて、バッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は、49.5Whと最近のモバイルノートPCとしては普通の容量です。ただ、バッテリー駆動時間は非常に長いです。負荷が低めの作業なら1泊2日の出張でも対応できると思います。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 最大 約31.2時間
(2) 動画再生時 21時間41分
(3) FF14ベンチ
※画面輝度は約120cd/m2
(1) メーカー公表値
(2) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(3) FF14ベンチをループ実行

 

Webカメラ・スピーカーのチェック

Webカメラ

500 万画素のWebカメラを搭載しており、ノートPCとしては比較的画質が良いです。またIRカメラも搭載しています。F9を押すことでカメラをOFFにすることもできます。

Webカメラ
本製品のカメラで撮影
※クリックすると拡大できます。
※Webカメラの前にマネキンを置いて、約40cm離し、Windows標準のカメラアプリで撮影

 

スピーカー

スピーカーは、キーボードの両側に搭載されています。音質はやや良く、ノートPC基準で、10点満点で採点すると6点くらいです(普通が5点。あくまで筆者独自の判断です)。

スピーカー

 

静音性のチェック

ThinkPad X13sはファンレスなので、ほぼ動作音は聞こえません。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手の平を置くパームレストの温度変化は重要です。

負荷が低いときは、表面温度も低いです。高い負荷をかけると、ファンレスであることもあり、やや熱くなってきます。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

ARMプロセッサーなので、消費電力は低いです。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

ThinkPad X13s の外観のチェックです。

ThinkPadの中でも非常に薄いボディが目を引きます。

 

ボディ素材には、マグネシウム合金が使用されています。

 

ThinkPadはカメラの部分がやや盛り上がっています。

 

厚みは13.4mmしかありません。

 

主なインターフェースは、USB Type-Cとヘッドホン/マイク端子のみです。USB Type-Cは、PowerDeliveryおよび映像出力には対応していますが、Thunderboltには対応していません。

 

指紋認証装置も搭載しています。

 

ThinkPadはヒンジが180度回転する機種が多いですが、X13sはご覧の角度までしか開きません。

 

ファンレスなので、底面に通気口はありません。

 

ACアダプターは45Wです。

 

まとめ

以上が、ThinkPad X13sのレビューです。

Snapdragon 8cx Gen 3のSoCとARM版Windows 11を搭載したモバイルノートPCです。

モバイルノートPCとしての1番のメリットは、バッテリー駆動時間の長さです。動画再生程度の負荷であれば、実測で21時間以上もバッテリー駆動することができました。

ミリ波対応の5Gに対応しているのも特徴です。SIMカードを挿すことで、どこでもインターネットに接続することができます。5Gエリアも広がってきたので場所によっては高速通信が可能ですし、もしミリ波対応エリアなら、超高速通信が可能です。

また、ネイティブ動作するベンチマークソフトでは、Core i5-1135G7以上のスコアが出ており、割と性能も上がってきたかなと思います。

ただ、ARM版Windows 11は一応、x64(64ビット)アプリもエミュレーションで動作するとのことでしたが、実際にアプリをインストールしてみると、起動しないものも多々ありました。この辺りは、(マイクロソフト側もしくはアプリ側で)もう少し改善して欲しいところです。

 

ARM版Windows 11のモバイルノート

ThinkPad X13s

特徴

  • ARM版Windows 11を搭載
  • 長いバッテリー駆動時間
  • ミリ波対応の5Gモジュール搭載モデルあり

こんなあなたに

  • バッテリー駆動時間の長いPCが欲しい方
  • ARMで動確がとれているアプリしか使わない方
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ