Office付きで安いおすすめのノートパソコン

更新日:

 

パソコンで使用する頻度が高いソフトは何ですか?文書作成や、表計算などに使用する、Officeソフトという方も少なくないでしょう。

Officeソフトで最もメジャーなのが、WordやExcelなどを含む、Microsoft Officeです。無料、または格安で使用できるタイプのOfficeソフトもありますが、世界標準といっても過言ではない、Microsoft Officeがいいという方は多いです。作成したデータをやり取りする場合は特にそうです。PCを購入するときに、Microsoft Officeが付いているPCを購入する方も多いのではないかと思います。

そこで、ここでは、快適に使える性能を備え、Microsoft Office付きでありながら、安く購入できる、おすすめ機種を紹介します。ほとんどが10万円(税込)未満で購入できる機種ですが、一部、際立った特徴がある場合は、10万円(税込)を超える機種も紹介しています。

 

おすすめ構成の紹介

Microsoft Officeの種類

Microsoft Officeには、いくつかの種類があります。

ここでは、月や年で契約するサブスプリクションタイプのMicrosoft 365ではなく、PC購入時に一緒に購入するバンドル版について紹介します。

バンドル版のMicrosoft Officeには、含まれるソフトが異なる「Office Personal」、「Office Home & Business」、「Office Professional」という3つの種類があります。

WordやExcelを使用できればいい方は、「Office Personal」を選ぶといいです。Word、Excelに加えて、PowerPointも使用したい方は、「Office Home & Business」を、この3つに加えて、Accessや、Publisherも必要な方は、「Office Professional」を選ぶようにしてください。

なお、バンドル版の最新バージョンは、Office 2021です。メインストリームサポートの終了日は、2026年10月13日となっています。

 

CPUはCore i3 / Ryzen 3以上をおすすめ

Microsoft Office付きでも、5万円台ぐらいから購入できる機種はありますが、その場合スペックがかなり低めになり、快適とは言い難いレベルになります。

それで、Officeソフトを含めパソコンを快適に使用するために、ある程度のスペックを備えたノートPCがおすすめです。下のグラフでは、CPUの目安を示しています。ざっくり言うと、第12世代Core i3-1215U、もしくは「Zen 2」世代のRyzen 3(Ryzen 3 5300U / Ryzen 3 7320U)以上を搭載した機種を目安にするといいと思います。

代表的なCPU性能の目安
~ CINEBENCH R23 マルチコア ~
Core i7-13700H 17622
Core i7-12700H 14546
Core i7-12650H 14189
Ryzen 7 6800H 13999
Core i5-12500H 13213
Core i5-13500H 11554
Ryzen 7 6800U 10830
Ryzen 5 6600H 10470
Ryzen 7 7735U 10122
Ryzen 7 7730U
おすすめ
10051
Core i7-1360P 9720
Core i5-1340P 9688
Ryzen 5 7535U 8757
Ryzen 7 5700U 8445
Ryzen 5 7530U
おすすめ
8403
Core i7-1255U 8300
Core i5-1335U 8249
Core i5-1235U 7589
Core i7-1250U 7435
Core i5-1230U 6273
Core i3-1215U 4969
Ryzen 3 7320U 4887
Core i7-1165G7 4720
↑↑↑↑↑これより上がおすすめ↑↑↑↑↑
Celeron N5100 1431
Core i3-1115G4 1275
AMD 3020e 1234
Celeron N4120 1230

 

メモリは8GB以上がおすすめ

Officeソフトのシステム要件では、基本的に4GB以上のメモリが必要となっています。

ただ、快適に使用することを考えると、メモリ容量は8GBかそれ以上をおすすめします。

 

ストレージはSSD

最近は、ストレージにHDDを搭載した機種はあまり見ることがなくなってきましたが、念のため確認しておきましょう。HDDは読み書き速度が遅く、PCの起動も遅いので、ストレージにはSSDをおすすめします。

Officeソフトや、Officeのファイルはそれほど容量が大きいわけではありません。それで、一般的な使い方であれば、256GBあればいいでしょう。メインPCとして使用する方や、写真なども保存したい場合は、512GBかそれ以上の容量を確保しましょう。

 

液晶のサイズと性能

液晶のサイズは、用途や重視するポイントによって、おすすめが異なります。

モバイルPCとして持ち運びやすさを重視するなら、13.3型がいいでしょう。持ち運びもできて、作業もしやすいということであれば、14型がおすすめです。宅内で使用して、ほとんど持ち出すことがないのであれば15.6型、作業しやすさを重視する方は16型を選ぶといいと思います。

 

次に、画面比や、解像度もチェックしましょう。

通常は、画面比16:9、FHD解像度(1920x1080)という標準的な液晶で十分です。安い機種では、HD解像度の液晶を搭載する機種もあるので、ご注意ください。

また、最近は、画面比16:10、FHD+(またはWUXGA)解像度(1920x1200)の液晶も増えてきました。下の画像で比較しても分かるように、縦方向の表示面積が少し増えるので、WordやExcelを使用するときに1度に表示できる情報が少し多くなり、使いやすくなります。おすすめ機種の紹介の部分でも、画面比16:10と書いているので、作業のしやすさを求める方は、こちらを選ぶといいと思います。

標準的な画面比16:9・FHDの場合
画面比16:10・FHD+の場合

 

さらに、FHDよりも解像度が高い、2.2Kや、2.5K解像度の液晶などもあります。解像度が高いと、きれいな表示ができるだけでなく、下の画像のように、ウィンドウを2つ並べて作業しやすくなります。Officeソフトと、ブラウザを並べて表示すると、資料や調べた情報を見ながら、レポートを作成するといった作業がはかどります。作業効率を重視する方は、FHDよりも少し解像度が高い液晶を選ぶと、いいかもしれません。ただし、解像度が高めの液晶を搭載した機種で10万円台未満の機種はほとんどないので、少し予算をアップする必要があります。

画面比16:10の2.5K液晶

 

Office付きで安いおすすめノートPC

ここでは、上のおすすめ構成を考慮に入れながら、Office付きで安い筆者おすすめのノートパソコンを紹介します。

なお、価格は現時点(2023年9月21日)のものです。時期によって変動すると思いますが、ご了承ください。

 

レノボ Yoga 7 Gen 8 14型 (AMD)
CPU Ryzen 7 7730U
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 13.3型 16:10
液晶種類 1920x1200 IPS 光沢
質量 約1.49kg
バッテリー 約21.7時間 (59Wh)
価格[税込] 109,890円
16:10の13.3型液晶を搭載した2 in 1 PC

使用する場所や用途に合わせて変形が可能な、13.3型の2 in 1 PCです。

「Zen 3」世代のRyzen 7、16GBメモリ、512GB SSDと充実のスペックに、Office Home & Business 2021が付いて、10万円台と安いです。しかも、デジタルペンが付属しており、ペンでの手書き入力にも対応しています。

画面比16:10のWUXGA液晶で作業がしやすいですし、100% sRGBクラスと色域も広めなので、色鮮やかな表示が可能です。

13インチクラスの割にやや重めの質量ではありますが、大きめの容量のバッテリーを搭載しているので、外でも長めの時間使用することができます。

レビュー記事はこちら

 

デル Inspiron 14 (5435)
CPU Ryzen 5 7530U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 14.0型 16:10
液晶種類 1920x1200 非光沢
質量 約1.59kg~
バッテリー 54Wh
価格[税込] 74,000円
コスパの高い14型ノートPC

ここで紹介している機種の中でも、特にコスパの高い14型ノートPCです。画面比16:10の液晶を搭載し、作業もしやすいです。

「Zen 3」世代のRyzen 5 7530U搭載モデルに、Office Home & Business 2021が付いて、7万円台(税込)で販売されていました。売り切れ次第終了のクリアランス販売でしたが、この価格で購入ができればラッキーです。通常でも、同じ構成にOffice Personal 2021が付属して、8万円台と十分安いです。

なお、メモリはオンボードメモリです。後から増設することができないので、より快適に使いたい場合は16GBメモリのモデルを選ぶようにしましょう。

レビュー記事はこちら

 

レノボ IdeaPad Slim 5i Gen 8 14型
CPU Core i5-12450H
メモリ 16GB
ストレージ 512GB PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 1920x1200 IPS 非光沢
質量 約1.46kg
バッテリー 約14時間 (56.6Wh)
価格[税込] 99,880円
インテルCore (H)搭載

インテルCPUを搭載した、コスパの高い機種です。

HシリーズのCore i5-12450H、16GBメモリ、512GB SSDという高めのスペック構成に、Office Home & Business 2021が付属して、約10万円で購入することができます。

画面比16:10のWUXGA液晶を搭載しており、作業がしやすいです。また、アルミボディは質感や見た目もいいです。

インテルCPUがよく、高めの性能で快適に作業を行いたい方におすすめです。

レビュー記事はこちら

 

レノボ IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)
CPU Ryzen 7 5700U
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.6kg
バッテリー 約14.0時間 (42Wh)
価格[税込] 89,870円
サクサク快適に動作する

「Zen 2」世代のRyzen 7 5700U、16GBメモリ、512GB SSDという構成に、Office Home & Business 2021が付いて、8万円台で購入することができます。旧世代のプロセッサーではありますが、サクサク快適に動作する処理性能を備えています。

以前は、視野角の狭いTN液晶でしたが、IPS液晶搭載モデルが登場し、画面の見やすさもアップしています(一部、TN液晶のモデルも販売されているので、間違えないようにしてください)。

樹脂製ボディや、バックライトなしのキーボードなど、抑えられている部分が気にならなければ、作業しやすい機種だと思います。

なお、14型の兄弟機種、IdeaPad Slim 170 14型 (AMD)もあります。こちらは、Ryzen 5 7520U、8GBメモリ、512GB SSD、FHD IPS液晶に、Office Home & Business 2021が付いて、7万円台で購入することができるモデルがありました。

レビュー記事はこちら

 

デル Inspiron 16 (5635)
CPU Ryzen 5 7530U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 16.0型 16:10
液晶種類 1920x1200 非光沢
質量 約1.84kg~
バッテリー 54Wh
価格[税込] 74,000円
大きめの画面で作業がしやすい

上で紹介した、Inspiron 14 (5435)の兄弟機種です。

画面比16:10の16型液晶を搭載しており、大きめの画面で作業をしたい方におすすめです。

Ryzen 5 7530U搭載モデルに、Office Home & Business 2021が付いて、7万円台(税込)で販売されていました。こちらも、売り切れ次第終了のクリアランス販売でしたが、かなり安いです。

ただし、オンボードメモリなのでメモリの増設には対応していません。より快適に作業がしたい場合は、16GBメモリを搭載したモデルがいいでしょう。Ryzen 5、16GBメモリ、512GB SSDのモデルにOffice Personal 2021が付属して、10万円台で購入することができます。

レビュー記事はこちら

 

ThinkPad E16 Gen 1 AMD
CPU Ryzen 5 7530U
メモリ 16GB
ストレージ 512GB PCIe SSD
液晶サイズ 16.0型
液晶種類 1920x1200 IPS 非光沢
質量 約1.77kg~
バッテリー 47Wh
価格[税込] 99,990円
打ちやすいテンキー付きキーボード

打ちやすさに定評があるテンキー付きキーボードを搭載した機種です。Wordでの文章作成や、Excelでの数字入力にも使いやすいです。

画面比16:10の16型液晶は大きめで、見やすく、作業がしやすいです。WQXGA(2560x1600)液晶を選択すると、マルチウィンドウでの作業もしやすくなります。

人気の高いThinkPadシリーズですが、Ryzen 5 7530U、16GBメモリ、512GB SSDという快適スペックに、Office Home & Business 2021が付いて、約10万円と購入しやすい価格です。

また、もう少し小型で、テンキーなしでよければ、14型のThinkPad E14 Gen 5 AMDもおすすめです。

Intelモデル(参考)のレビュー記事はこちら

 

HP 15-fc
CPU Ryzen 3 7320U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.63kg
バッテリー 最大約10時間 (約41Wh)
価格[税込] 87,900円
安くてもしっかり使える

格安ノートPCですが、しっかりと使える機種です。15.6型のIPS液晶はフリッカーが発生しておらず、長い時間の作業にも使用しやすいです。

Ryzen 3モデルであれば、Microsoft Office Home & Business 2021付きで、8万円台で購入できます。Ryzen 5、16GBメモリ、512GB SSDのモデルでも、Officeソフト付きで10万円台です。セール対象機種になると、もう少し安くなるかもしれません。

Officeソフトはカスタマイズ画面で追加します。

なお、14型の兄弟機種であるHP 14-emもあり、こちらも同価格帯で購入することができます。

レビュー記事はこちら

 

 

関連ページ