マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチの特徴レビュー

更新日:2019年10月10日
CPU Core i5-1035G7
Core i7-1065G7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD
液晶サイズ 13.5インチ
液晶種類 2256x1504 タッチ
質量 約1.265kg~
バッテリー 最大約11.5時間
価格[税別] 12万円台~
タイピングが心地よく、画面も広い

Surface Laptop 3 13.5インチは、アルカンターラ素材をパームレストに採用し、タイピングしていて心地よい点が特徴のモバイルノートです。

剛性の高いボディ、アスペクト比3:2で解像度も高い液晶を搭載している点も特徴です。

新モデルでは、Iris PlusをCPU内蔵グラフィックスとして搭載した第10世代Core(Ice Lake)を採用し、CPU内蔵としては高めのグラフィックス性能になりました。また、アルカンターラ素材ではない、フルメタルボディのモデルも登場、選択肢が広がっています。待望のUSB Type-Cポートも搭載されています。

公式サイトはこちら

Surface Laptop 3 13.5インチの特徴

Iris Plus内蔵の第10世代Core(Ice Lake)搭載

Surface Laptop 3 13.5インチは、最新の第10世代Core i5-1035G7、もしくは第10世代Core i7-1065G7を搭載しています。

搭載するCPUの特徴は、Intel UHD Graphicsよりもグラフィックス性能が高いIris Plusを搭載していることです。このような性能高めのCPU内蔵グラフィックスを搭載することには、CPU+外部GPUの構成よりも低消費電力で、コンパクト化が可能というメリットがあります。モバイルノートで、軽負荷のクリエイティブな作業を行いたい方に適しているでしょう。

ただし、グラフィックス性能が高いとは言っても、あくまでCPU内蔵グラフィックスなので、エントリークラスの外部グラフィックスであるGeForce MX250にも処理性能は及びません。DAIV-NG4300GALLERIA GWL250YFなど、GeForce MX250を搭載しても軽量なノートPCは割とあるので、合わせてこちらも検討してみましょう。

Core i7-1065G7の詳細についは、以下をご覧ください。

Core i7-1065G7の詳細

 

2種類のパームレスト素材

Surface Laptopと言えば、パームレスト部がアルカンターラという温かみのあるファブリック素材となっている点が特徴でした。

Surface Laptop 3 13.5インチでは、パームレストが、このアルカンターラ素材のモデルに加えて、メタル素材のモデルも追加されました。選択するボディカラーによって、素材が異なります。プラチナとコバルトブルーは、従来のアルカンターラ素材。サンドストーンとブラックは、メタル素材となります。

アルカンターラ素材でも水分をはじきますが、より汚れにくく、きれいな状態を維持しやすい方がよければ、メタル素材のモデルがいいと思います。

サンドストーン(メタル)、プラチナ(ファブリック)
コバルトブルー(ファブリック)、ブラック(メタル)

 

アスペクト比3:2の液晶を搭載

Surface Laptop 3 13.5インチの搭載する液晶は、アスペクト比3:2、解像度2256x1504の液晶です。Surfaceペンやタッチ操作にも対応しています。

一般的なノートPCが搭載するアスペクト比16:9の液晶に比べて、縦方向の比率が高いため、上から下に目を動かす画面(WordやWeb)が見やすくなり、作業しやすいでしょう。

また、フルHDよりも解像度が高い2256x1504ドットの液晶は、文字が滑らかに表示され、画像もザラツキなく表現できます。

歴代のSurface Laptopの液晶は、比較的広めの色域となっているため、Surface Laptop 3 13.5インチもクリエイティブな用途に対応できる液晶であることが期待できます。

タッチ操作に対応しており、Surfaceペンの使用も可能ですが、ラップトップ形状なので、ペン入力に関しては、Surface Pro 7の方が快適でしょう。

13.5インチの液晶

 

ソフトタッチキーボード搭載

Surface Laptop 3 13.5インチのキーボードは、キーピッチが約19mmとなっており、しっかりフルサイズをキープしています。キーストロークは約1.3mmとなり、Surface Laptop 2のキーボード(キーストローク:約1.5mm)よりも、やや浅くなっています。マイクロソフト社の紹介では、ソフトタッチフィールのキーボードで、サイレントなキー入力が可能とのことでした。会議中などでも、注意を妨げることなく、キー入力できるかもしれません。

トラックパッドは、115mm x 76.66mmのサイズのガラス製です。Surface Laptop 2のときよりも20%大きくなっており、操作性が向上しています。

キーボード

 

13型ラップトップPCとしてはそこそこの質量

Surface Laptop 3 13.5インチの質量は、アルカンターラ素材を使用したモデルで約1.265kg、メタル素材のモデルで約1.288kgとなっています。

液晶のアスペクト比の違いなどがありますが、13インチクラスの他のラップトップ型のモバイルPCと比較すると、比較的重めの質量です。

持ち運びの妨げとなる質量ではありませんが、少しでも軽いモバイルPCがよければ、他の機種がいいでしょう。

13インチクラスのラップトップ型モバイルPCとの「質量」の比較
LIFEBOOK WU2/D2(25Wh) 約698g
LAVIE Direct PM (L) 約837g
dynabook GZ(42Wh) 約859g
Inspiron 13 7000 約955g~
ZenBook S UX391UA 約1080g
HP Spectre 13 約1110g
ThinkPad X390 約1180g~
New XPS 13 約1230g
HP Pavilion 13-an0000 約1260g
Surface Laptop 3
13.5インチ
約1265g~
Inspiron 13 7000 約1330g
ThinkBook 13s (Core i7) 約1380g

 

SDカードリーダーは無し

Surface Laptop 3 13.5インチのインターフェイスは、通常サイズのUSB-Aと、ヘッドフォンジャックに加え、ようやくUSB Type-Cを搭載するようになりました。

マイクロソフトのサポートによると、USB Type-Cポートは外部ディスプレイ出力にも対応しています。USB PDに対応していれば、給電の面で便利ですが、USB PDに対応しているかは不明です。

ただし、SDカードリーダーはありません。クリエイティブ用途でも使えそうなスペックなので残念です。

室内での使用時に、拡張性が必要であれば、やや値が張りますが、Surface Dockを使用するといいでしょう。Surface Dockを使用すると2台の外部ディスプレイを含めて、トリプルディスプレイ構成も可能になります。

Surface DockやSurfaceペンなど、Surfaceシリーズのアクセサリは、過去のものも含めてSurface Laptop 3 13.5インチで使用できるものが多いです。既にSurfaceシリーズのPCをお使いの方には、この変わらない作りがメリットとなることがあります。

ようやくUSB Type-Cを搭載
Surface Dockを使用するとトリプルディスプレイ構成も可能

 

リムーバブルなストレージ

Surface Laptop 3 13.5インチに搭載されているM.2 SSDは、取り外しが用意になっているようです。

ただし、「ハードドライブはユーザーが取り外しできません。 ハードドライブは、マイクロソフトが提供する指示に従って、熟練した技術者のみが取り外し可能です。」という注意書きがあるため、ユーザーによる装換はサポート外です。

 

MS Office H&Bバンドル

Surface Laptop 3 13.5インチには、Office Home & Business 2019がバンドルされています。これは、Surfaceシリーズの特徴となっています。

ただし、Officeソフトのライセンスをすでに持っているユーザーや、Officeソフトを使用しないユーザーのために、Officeをバンドルしないモデルがあっても良かったです。

 

Surface Laptop 3 13.5インチの外観

Surface Laptop 3 13.5インチは剛性が高いボディで、ひねっても曲がりづらいです。メタル感のある質感で高級感があります。

ブラックの背面
サイド
正面

 

Surface Laptop 2との比較

最後に、Surface Laptop 3 13.5インチと、旧モデルのSurface Laptop 2の比較を行いました。

サイズや質量、液晶に関しては新旧の差はほとんどありません。スタイルとしては、ほぼ完成しているという認識なのかもしれません。CPUが最新になり、インターフェイスにUSB Type-Cが搭載され、順当な進化を遂げています。個人的にはもう少し質量を軽くなれば良かったです。

既存モデルとの比較
  [本製品]
Surface Laptop 3
[既存モデル]
Surface Laptop 2
画像
CPU Core i5-1035G7
Core i7-1065G7
Core i5-8250U
Core i7-8650U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD
液晶サイズ 13.5インチ
液晶種類 2256x1504
バッテリー 最大約11.5時間 最大約14.5時間
(ビデオ再生時)
サイズ [幅]308
[奥行]223
[高さ]14.5
[幅]308.1
[奥行]223.27
[高さ]14.48
質量 約1.265kg~ 約1.252kg~
価格[税込] 139,480円~ 118,580円

 

既存モデルのSurface Laptop 2もまだ販売継続中です。現在、割引価格になっており、最新CPUやUSB Type-Cポートなどにこだわらなければ、少し安く購入できます。ただ、Core i7搭載モデルは、Surface Laptop 2との価格差は小さいです。Core i7搭載モデルならば、新しいSurface Laptop 3の方がよさそうです。

Surface Laptopの新旧モデルの価格比較
  [本製品]
Surface Laptop 3
13.5インチ
[既存モデル]
Surface Laptop 2
13.5インチ
[本製品]
Surface Laptop 3
13.5インチ
[既存モデル]
Surface Laptop 2
13.5インチ
CPU Core i5-1035G7 第8世代Core i5 Core i7-1065G7 第8世代Core i7
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD
価格[税込] 161,480円 137,280円 258,280円 243,980円

 

まとめ

Surface Laptop 3 13.5インチは、順当に進化を遂げた第10世代Core(G)搭載したラップトップPCの高級機種です。

Iris PlusをCPU内蔵グラフィックスとして搭載しており、グラフィックス性能が向上しています。また、USB Type-Cポートを備えるようなり、使い勝手もよくなったと思われます。

アルミニウム製のパームレストのモデルが新登場しました。それ以外の外見、サイズ、質量、液晶の特徴などは、前モデルのSurface Laptop 2からの大きな変化はありません。

質感にこだわった高級機種ですが、インターフェイスが少ないことや、LTEにも非対応な点など、気になる点もあります。

目新しさよりも、堅実なユーザーエクスペリエンスを目指したラップトップPCだと思います。

質感の良いパームレストに3:2の液晶のモバイルノート

Surface Laptop 3 13.5インチ

特徴

  • Iris Plus搭載の第10世代Core(Ice Lake)
  • アルカンターラ素材に加えメタルパームレストが追加
  • 3:2のアスペクト比の液晶

こんなあなたに

  • 軽負荷のクリエイティブな作業を行いたい方
  • やや重くても、剛性が高く質感の良いボディがいい方
  • Excelなど、より下のほうまで表示したい方
  • 価格12万円台[税別]~
  • 一言今どきのPCにしては軽くない
公式サイトはこちら

 

関連ページ