コスパ最強のおすすめノートパソコン

更新日:

 

このページでは、コスパが非常に高いノートパソコンを厳選して紹介します。コスパが高いというからには、コスト=価格はとても重要な要素となります。とは言っても、ただ安いだけの機種はおすすめできません。快適に使えるスペックを備えつつ、同等他機種より安い機種を紹介していきます。

なお、ノートパソコンは主に、WindowsノートPC、MacBook、Chromebookがありますが、ここでは、WindowsノートPCに絞って紹介します。

 

目次

 

コスパの高いノートパソコンの選び方

まずは、簡単に高コスパノートPCの選び方を紹介します。

ノートパソコンの分類

ノートパソコンは、大きく分けると「モバイルノートPC」、「家庭用ノートPC」、「ゲーミングノートPC」、「クリエイター向けノートPC」にのカテゴリに分類できます。なお、モバイルノートPCとは、外へ持ち運んで使いやすいように設計された軽量でロングバッテリーの製品です。

用途によっておすすめのノートパソコンは異なるので、ここでは、このカテゴリごとにコスパ最強のノートPCを紹介していきます。なお、家庭用ノートは、部屋間の移動が楽な14型と、大画面の15.6~16型に分けています。

ノートPCの分類
ノートパソコンの分類

 

モバイルノートPCや家庭用PCあれば5万円台~、ゲーミングノートPCやクリエイター向けPCは8万円台~の機種を中心に紹介しています。

 

用途に合ったCPUを選ぶ

モバイル・家庭用プロセッサー

快適に使用するために、用途に合ったCPUを選択するようにしましょう。

モバイルノートPCや、家庭用ノートPCであれば、Ryzen 5 5500Uがコスパが高いです。インテルCPUは少し価格が上がる傾向がありますが、第11世代のCore i5-1135G7もいいと思います。

モバイル・一般家庭向けプロセッサー
~ CINEBENCH R23 マルチコア ~
Ryzen 7 5700U 8445
Ryzen 7 5800U 8086
Core i7-1195G7 6594
Ryzen 5 5500U
特におすすめ
6250
Core i7-1185G7 6229
Ryzen 3 5300U 5469
Core i7-1165G7 4720
Core i5-1135G7
特におすすめ
4424
↑↑↑↑↑これより上がおすすめ↑↑↑↑↑
Core i3-1115G4 3149
Pentium Silver N6000 2021
Pentium Gold 6500Y 1192
Celeron 6305 967

 

ゲーミング、クリエイター向けプロセッサー

一方、ゲーミングノートPCや、クリエイター向けノートPCには、一般用途よりもパフォーマンスが高いプロセッサーがおすすめです。インテルCPUでもAMD CPUでも、プロセッサーの型番の末尾に「H」が付くものが該当します。具体的には、Ryzen 5 5600Hや、Core i5-11400Hといったプロセッサーがコスパが高いです。

なお、Adobe系のソフトの使用がメインの場合は、インテルCPUを搭載したモデルの方が処理が速いがいい傾向があります。

ゲーミング、クリエイター向けノートPC向けプロセッサー
~ CINEBENCH R23 マルチコア ~
Ryzen 9 5900HX 13382
Core i9-11900H 13266
Ryzen 7 5800H
特におすすめ
12604
Core i7-11800H
特におすすめ
12501
Core i7-10875H 10579
Core i9-11980HK 10083
Ryzen 5 5600H
特におすすめ
9255
Core i5-11400H
特におすすめ
8110
Core i7-11370H 7123
↑↑↑↑↑これより上がおすすめ↑↑↑↑↑
Ryzen 5 5500U 6250
Core i7-1185G7 6229
Ryzen 3 5300U 5469
Core i7-1165G7 4720
Core i5-1135G7 4424

 

ディスプレイも大事なポイント

高コスパのノートPCを選ぶにあたり、意外と見過ごされるのが、ディスプレイです。後から変更できませんし、パソコンを使用するときはずっと見るものなので、見やすく作業がしやすい液晶を選ぶのは大切です。

解像度 

モバイルPC・家庭用PCであれば、解像度は1920x1080(FHD)が標準的です。最近は、1920x1200(FHD+)も増えています。4Kなどの高解像度ディスプレイもありますが、価格が高いケースが多くコスパは悪くなってしまいます。

 

視野角 

ディスプレイには、視野角が狭いものと広いものがあります。視野角が広いほうが、ちょっとした液晶の角度で色が変わって見えたりせず、作業がしやすいです。視野角が広いディスプレイは、「広視野角」または「IPS」と記載されていることが多いです。

広視野角の場合

 

色域

ディスプレイは、パネルによって色の表示できる範囲(色域)が異なります。文書作成が主な場合や、画面の色はあまり気にしないという場合は「sRGBカバー率 約60%」のディスプレイで十分です。画像や動画などを比較的正確な色で見たい方は「sRGBカバー率 100%」のディスプレイがおすすめです。「Adobe RGBカバー率 100%」のディスプレイは写真印刷などをするクリエイター向きです。カラーマネージメントというのが出来ないユーザーには、扱いが面倒なのであまりおすすめはしません。

色域の違い

 

8GB/16GB以上のメモリ

モバイルPC・家庭用PCであれば8GB、ゲーミングやクリエイター向けであれば16GBを目安としておくといいでしょう。予算に余裕があり、快適さを求めるならば、それぞれ1つ上の容量でもいいと思います。

 

ゲーム/クリエイター向けなら外部グラフィックスを!

ゲーミングノートPCや、クリエイター向けノートPCは、描画性能が求められるため、外部グラフィックスを搭載したモデルがおすすめです。性能の目安は以下の通りです。どのグラフィックスが良いかは予算次第ですが、はじめてゲーミングPCやクリエイターPCを購入する場合は、「エントリー」と書かれたグラフィックスでもいいと思います。頻繁にゲームやクリエイティブ作業を行う場合は、「ミドルレンジ」がおすすめです。プロを目指すのであれば「ハイクラス」以上のグラフィックスがいいですが、放熱性がいいノートPCじゃないと温度が熱くなりすぎるので、製品選びには注意が必要です。

ノート用グラフィックス性能の目安
~ 3DMark Time Spy - Graphics score ~
ハイエンド RTX 3080 16GB 11361
RTX 3080 8GB 10258
ハイクラス RTX 3070 9220
ミドルレンジ RTX 3060 8302
エントリー RTX 3050Ti 5292
RTX 3050 4560
GTX 1650Ti 3700
GTX 1650 3494
※最大グラフィックスパワー等の設定などによって性能は異なります

 

ストレージにはSSDが必須

最近の新製品では、ほとんどの機種で、ストレージにSSDを搭載しています。容量は、モバイル・一般用途であれば256GB以上、ゲーミングやクリエイター向けであれば512GB以上がおすすめです。

 

それでは、上のおすすめ構成を考慮に入れながら、高コスパのおすすめノートPCをジャンルごとにご紹介します。

コスパ最強モバイルノートPC

モバイルノートPCは、コンパクトで持ち運びがしやすい分、価格がやや高くなる傾向があります。

その中で、使いやすくて、持ち運びもしやすく、コスパも高いおすすめノートパソコンは、下の機種です。

HP Pavilion Aero 13-be
CPU Ryzen 5 5600U
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD+ IPS 非光沢
質量 約957g
バッテリー 最大10.5時間 (約44Wh)
価格[税込] 93,000円
軽くて、高パフォーマンス

1kgを切る軽いモバイルノートPCが、9万円台と非常に安いです。

また、Zen 3のRyzen 5 5600Uを搭載しており、処理性能が高いです。さらに、FHD+液晶を搭載し、sRGB 100%クラスの色域で、作業がしやすいです。

ただし、特定のアプリを起動するとWi-Fiが切れるという不具合があります。

レビュー記事はこちら

 

レノボ ThinkBook 13s Gen2
CPU Core i5-1135G7
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD+ 広視野角 非光沢
質量 約1.26kg
バッテリー 56Wh
価格[税込] 87,780円
Office H&B付きで87,780円

法人で大量にキャンセルがあったのか、未開封・キャンセルのアウトレット品が安く、メーカー直販サイトで大量に売られています。

Core i5-1135G7のプロセッサーでOffice Home & Business 2019も付属して、税込み8万円台という驚異的な安さです。

画面比16:10の1920x1200で、色域も広めでディスプレイも見やすいです。

なお、他にもアウトレットモデルがあり、モデルによっては2560x1600ドットとなっていますす。20V9008PJPと20V9008MJPは2560x1600ドット、20V90029JPは1920x1200ドットです。

 

レノボ Yoga Slim 750i Carbon
CPU Core i5-1135G7
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 2.5K(2560x1600)
広視野角 非光沢
質量 約966g
バッテリー 約50Wh
価格[税込] 91,800円
1kgを切るモバイルノートが1万円切り

こちらも未開封・キャンセルのアウトレット品となります。

1kgを切るインテルCPU搭載のモバイルノートPCが、10万円を切る安さです。

画面比16:10の2560x1600の高解像度ディスプレイを搭載しており、色域もsRGBカバー率 約100%となっています。

ストレージも512GBと十分あります。

コスパはかなり高いです。ただし、在庫が少ないので、購入はお早めに。 

 

コスパ最強 家庭用14型ノートPC

14型ノートPCは、やや大きめの14型液晶を搭載し、15型ノートPCよりもコンパクトで扱いやすく、13型のモバイルノートPCよりも価格が安いという特徴があります。宅内兼時々持ち出しても使用したい場合など、1台を幅広く使用したい方におすすめです。

Inspiron 14 (5415)
CPU Ryzen 5 5500U
メモリ 8GB (8GB x1)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 FHD 広視野角 非光沢
質量 約1.442kg
バッテリー 54Wh
価格[税込] 64,665円
代表的な高コスパ機

高コスパ機の代表的な1台です。

Ryzen 5 5500U、8GBメモリ、256GB SSDで、6万円台(税込)と、非常にコスパが高いです。

ただし、Ryzen 5モデルはメモリがシングルチャネルなので、グラフィックス性能がやや低めです。空きのメモリスロットがあるので、増設してデュアルチャネルにすると、グラフィックス性能も上がります。そのため、メモリを購入後に自分でメモリを増設できるような方に、特におすすめです。

レビュー記事はこちら

 

IdeaPad Slim 550 14型 (AMD)
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.45kg
バッテリー 約14.0時間 (44.5Wh)
価格[税込] 56,800円
迷う方にはこれ!

上のInspiron 14 (5415)と1、2を争う、代表的な高コスパ機です。

こちらは、Ryzen 3 5300Uモデルがあり、5万円台とより安く購入することができます。Ryzen 5 5500U搭載モデルも6万円台とコスパが高いです。

メモリはオンボードなので、増設・換装はできませんが、最初からデュアルチャネルなので、自分でカスタマイズしない方には、Inspiron 14よりもおすすめです。

レビュー記事はこちら

 

ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.64kg~
バッテリー 最大 約17.7時間
価格[税込] 73,810円
キーボードが打ちやすい高コスパ機

打ちやすさに定評があるキーボードを搭載しています。Ryzen 3 5300U搭載モデルだと、7万円台で購入できます。人気の高いThinkPadシリーズとしては、価格も安く、コスパが高いです。

レポートや仕事などでキーボードでの文字入力が多い方、例えば、大学生やテレワーク用として、とてもおすすめです。

sRGB 100%クラスのディスプレイを搭載できるのも特徴です。 

ただし、液晶に視野角の狭いTNパネルを搭載したモデルもあるので、ご注意ください。視野角の広いIPSパネルがモデルがおすすめです。

レビュー記事はこちら

 

コスパ最強 家庭用15.6型ノートPC

15.6型ノートPCは、大きな画面で作業がしやすいです。ほぼ据え置きで使用する方や、宅内でのみ移動するような使い方に適しています。

上で紹介した14型と同じシリーズの15.6型バージョンを紹介しています。使い方などに合わせて、14型か15型かを選ぶといいでしょう。

Inspiron 15 (5515)
CPU Ryzen 5 5500U
メモリ 8GB (8GB x1)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 広視野角 非光沢
質量 約1.643kg
バッテリー 54Wh
価格[税込] 66,205円
代表的な高コスパ機

上で紹介したInspiron 14 (5415)の兄弟機種で、こちらも高コスパの代表機種です。14型には無いテンキーを搭載していますが、その代わり、Enter周りのキーがやや小さいです。

Ryzen 5 5500U、8GBメモリの構成が、6万円台で入手できます。メインPCとしても使ってもいいと思います。

メモリや、ストレージの増設・換装もできます。なお、Ryzen 5モデルは、メモリはシングルチャネルなので、購入後にメモリを増設してデュアルチャネル構成にすると、グラフィックス性能も上がり、より快適に使えるようになります。

レビュー記事はこちら

 

dynabook PZ/HU
CPU Core i5-1155G7
メモリ 8GB (4GBx2)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 広視野角 非光沢
質量 約1.84kg
バッテリー 約10.0時間
価格[税込] 87,780円
あのDynabook製PCが8万円台

国内で有名なノートPCブランドであるDynabookの製品が、8万円で購入できます。

CPUには、最新のCore i5-1155G7を搭載し、メモリはデュアルチャネルです。

また、ディスプレイはシャープ製のsRGB 100%クラスのパネルを搭載しており、画面も見やすいです。

ただ、デザインが地味です。デザインにはこだわらない方には非常におすすめです。

レビュー記事はこちら

 

IdeaPad Slim 550 15.6型 (AMD)
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.66kg
バッテリー 約15.0時間
価格[税込] 57,904円
15型で迷う方にはこれ!

上のInspiron 15 (5515)の強いライバルである、高コスパ機です。

Ryzen 3 5300U、8GBメモリのモデルを、タイミングが良ければ5万円台で購入できます。Ryzen 5 5500Uモデルでも6万円台です。

メモリはオンボードですが、標準状態でデュアルチャネルなので、自分でカスタマイズしない方には、Inspiron 15 (5515)よりもおすすめです。

また、カスタマイズモデルであれば、メモリ、ストレージ、液晶、キーボードなどを結構細かくカスタマイズすることも可能です。

レビュー記事はこちら

 

ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)
CPU Ryzen 3 5300U
メモリ 8GB (オンボード)
ストレージ 256GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.64kg~
バッテリー 最大 約17.7時間
価格[税込] 73,304円
打ちやすいキーボード(テンキー付)搭載

打ちやすいキーボードを搭載しており、テンキーも付いているので、数字の入力もしやすいです。Ryzen 3 5300U搭載モデルだと、7万円台で購入できます。使いやすさなどを含めて考えると、コスパの高い機種と言えます。

購入時のカスタマイズで、100% sRGBのIPS液晶を選択すると、ディスプレイの色再現性も高くなり、快適さがアップし、おすすめです。

レビュー記事はこちら

 

IdeaPad Slim 560 Pro
CPU Ryzen 5 5600H
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 16GB (オンボード)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 16.0型
液晶種類 2.5K(2560 x 1600)
IPS 非光沢
質量 約1.89kg~
バッテリー 最大 約14.0時間
価格[税込] 111,991円
高解像度ディスプレイで高性能

普通の家庭用ノートPCよりも、ワンランク上の性能のノートPCが欲しい方におすすめの製品です。

まず、ディスプレイの解像度が、2560x1600と高く、色域もsRGB 100%クラスで、とても見やすいです。 

また、CPUはHシリーズで、外部グラフィックスも搭載し、性能が高く、仕事がサクサク進むでしょう。動画編集や画像編集などもできるスペックです。

なお、GTX 1650を搭載していないモデル(CPU内蔵グラフィックス モデル)もあるので注意しましょう。

レビュー記事はこちら

 

コスパ最強 ゲーミングノートPC

パソコンで本格的にゲームをプレイする場合は、一般用途のノートPCではなく、スペック高めのゲーミングノートPCが必要になります。

ここでは、エントリークラスからミドルまでコスパの高いゲーミングノートPCを紹介します。

Dell G15 (5515)
CPU Ryzen 5 5600H
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB (8GB x2)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 広視野角 120Hz
質量 約2.449kg~
バッテリー 56Wh
価格[税込] 114,384円
売れ筋ゲーミングノートPC

Ryzen 5 5600H、RTX 3050、120Hz液晶のエントリー構成であれば、11万円台で購入できます。

エントリークラスとはいっても、軽めのeスポーツタイトルであれば60 fps以上のなめらかな映像でプレイできるゲームもあります。また、画質を調整すれば、重めのゲームでもそこそこ遊ぶことができます。

なお、予算に余裕があれば、Ryzen 7 5800H、RTX 3050 Tiの構成で、12万円台のモデルもおすすめです。

レビュー記事はこちら

 

GALLERIA RL5C-R35
CPU Core i5-11400H
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB (8GB x2)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢 144Hz
質量 約2.0kg
バッテリー 約4.4時間
価格[税込] 109,980円
最新RTXシリーズ搭載の高コスパノート

Core i5-11400H、RTX 3050のエントリー構成が、約11万円で入手できます。

軽めのeスポーツタイトルを快適にプレイできますし、重めのゲームでも画質を下げれば60 fps以上出るゲームもありました。

また、液晶の色域が当サイト計測でsRGBカバー率95.2%と広めだったので、動画編集用としてもいいと思います。

最短で翌日出荷と、納期が短いのも魅力です。ゲーム以外に、仕事や、画像・動画編集にも使いたい方におすすめです。

レビュー記事はこちら

 

GALLERIA XL7C-R36 11800H
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3060
メモリ 16GB (8GB x2)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢 144Hz
質量 約2.1kg
バッテリー 約5.0時間
価格[税込] 159,980円
ミドルスペックの高コスパノート

Core i7-11800H、GeForce RTX 3060という、ミドルスペックのゲーミングPCとしてはおすすめの構成で、他社よりも安い価格で販売されています。

当サイトの計測ではsRGBカバー率は95.4%とまずまずで、144Hzの高リフレッシュレートにも対応しています。

年末年始 特大ポイント還元祭を開催しており、今なら、1万円分のポイントが付与されます。

最短で翌日出荷と、納期が短いのも魅力です。

レビュー記事はこちら

 

コスパ最強 クリエイター向けノートPC

ここでは、Adobe Creative Cloudに含まれるアプリなどを使用した作業に適したクリエイター向けノートPCをご紹介します。特に、画像・動画の編集作業などに適した機種です。

必須条件は、Hシリーズのプロセッサー、外部グラフィックス、色域が広めの液晶を搭載していることです。この条件を満たしながら、8万円台~と非常にコスパの高い機種なので、クリエイターではなくても、スペック高めのノートPCが欲しい方にもおすすめです。

raytrek G5-TA
CPU Core i5-11400H
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 16GB (8GB x2)
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢
質量 約2.0kg
バッテリー 約5.9時間
価格[税込] 89,980円
入門機にちょうどいい機種が8万円台!

クリエイター向けソフトの学習をしたいけど、予算に余裕がない方におすすめの機種です。

Core i5-11400H、GTX 1650の構成を、8万円台で入手でき、コスパが非常に高いです。

液晶の色域は、メーカー仕様値で、sRGBカバー率約99%となっています。

Adobe Lightroom Classic CCを使用した写真の編集やRAW現像、Adobe Premiere Pro CCでの動画編集などを、趣味レベルで行ったり、アプリの使い方を学習するのにちょうどいいです。さくさく仕事をするための、スペック高めのノートPCとしてもいいと思います。

レビュー記事はこちら

 

raytrek R5-TA6
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3060
メモリ 32GB (16GB x2)
ストレージ 1TB NVMe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢
質量 約2.1kg
バッテリー 約6.6時間
価格[税込] 174,980円
ミドルクラスのクリエイター向けノート

Core i7-11800H、RTX 3060を搭載したミドルスペックの構成です。

32GBメモリ、1TB SSDと、メモリ容量、ストレージ容量ともに十分あります。

液晶の色域は、当サイト計測でsRGBカバー率98.6%と広めでした。DTP用途にはやや不足していますが、ウェブ掲載用としては十分です。

画像編集、動画編集、3DCG作成などのアプリを試用してみましたが、どれも比較的快適に動作していました。様々なタイプのクリエイティブ作業に、そつなく対応できると思います。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ