マウスコンピューター G-Tune E5 の実機レビュー

更新日:
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB ~ 64GB
ストレージ 最大 2TB PCIe Gen 4 SSD
+2TB PCIe SSD
液晶サイズ 15.6インチ
液晶種類 FHD 60Hz 非光沢
質量 約1.73kg
バッテリー 約9時間
価格[税込] 18万円台~
1.7kg台のRTX 3050搭載ゲーミングノート

G-Tune E5は、約1.73kgと持ち運びしやすいゲーミングノートPCです。

グラフィックスはGeForce RTX 3050で、エントリークラスの性能ですが、最大グラフィックスパワーが高めだったので、割と高いフレームレートが出ます。

8コアのCore i7-11800Hの高性能CPUに、sRGB 100%クラスの液晶を搭載し、動画編集などにも適しています。

ただし、ハイリフレッシュレート液晶ではありません。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i7-11800H、16GBメモリ、GeForce RTX 3050、512GB NVMe SSD

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で、マウスコンピューターのサイトへ行きパソコンを13万円以上(税込)ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。マウスコンピューターの製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。詳細は、下のバナーをクリックして下さい。

 

 

目次

お忙しい方は、「G-Tune E5の特徴」のみお読みください。

 

G-Tune E5の特徴

外に持ち出しやすい軽量クリエイター向けノート

15.6型クラスのゲーミングノートは、約2.0kg以上ある製品が多いですが、G-Tune E5は約1.73kgと非常に軽い製品です。また、当サイトによる計測では、1.678kgとさらに軽い質量でした。このくらいの軽さであれば、そこまで苦なく持ち運べると思います。また、ボディも薄型でカバンへも入れやすいです。

約1.73kgと軽い
ボディも薄型

 

下表は、GeForce RTX 30シリーズを搭載し、かつ2.0kg未満(当サイト計測)の機種を掲載したものです。ROG Zephyrus G14を除けば、G-Tune E5のPC本体の質量が最も軽いです。

ACアダプターを含めた質量も軽いほうです。

RTX 30シリーズを搭載した2kg未満のゲーミングノート
  GPU PC本体の質量
ACアダプターを
含めた質量
G-Tune E5 [本機器] RTX 3050 1.678kg 2.329kg
ROG Zephyrus G14(アニメ天板あり) RTX 2060 MQ~  1.708kg 2.235kg
G-Tune E5-165 RTX 3060 1.731kg 2.593kg
MSI Stealth 15M A11 RTX 3060 1.732kg 2.179kg
MSI GF63 Thin 10U RTX 3050 Ti 1.865kg 2.291kg
GALLERIA RL5C-R35T RTX 3050 Ti 1.877kg 2.443kg
ASUS ROG Zepyurus G15 RTX 3060 1.979kg 2.570kg
MSI GF65 Thin 10U RTX 3060 1.931kg 2.524kg
※PC本体・ACアダプターの質量は当サイトの計測値です

 

エントリークラスのRTX 3050だが性能は高め

GeForce RTX 30シリーズは、同じグラフィックスでも、各機種ごとに設定された最大グラフィックスパワーによって性能が大きく変わります。今回搭載されていたGeForce RTX 3050の最大グラフィックスパワーは、95Wとなっていました。

NVIDIAのシステム情報で確認した最大グラフィックスパワー

 

95Wというのは、GeForce RTX 3050の中では高めの設定で、場合によっては、上位のGeForce RTX 3050 Tiよりも高いベンチマークスコアが出ます。後述しますが、実際のゲームにおいても、割と高めのフレームレートが出ていました。

3DMark Time Spy(DX12) - Graphics score
ハイエンド RTX 3080 16GB 165W 12077
RTX 3080 16GB 140W 11552
RTX 3080 16GB 130W 11361
RTX 3070 130W 10327
RTX 3080 8GB 105W 10258
ミドルレンジ RTX 3070 95W 9220
RTX 3070 85W 8838
RTX 3060 130W 8297
RTX 3060 95W 7519
RTX 3060 75W 7047
RTX 3060 65W 6450
GTX 1660Ti   5667
エントリー RTX 3050Ti 60W 5292
RTX 3050 95W 5054
RTX 3050Ti 40W 4560
RTX 3050 40W 3980
GTX 1650Ti   3700
GTX 1650   3494
 :GeForce RTX 3050 Laptop
 :レビュー機で計測したスコア
W(ワット)は最大グラフィックスパワー

 

CPU性能は高い

GeForce RTX 3050のようなエントリー向けグラフィックスを搭載したノートPCの場合、CPUも4コアのCore i7-11375Hや、Core i5のプロセッサーなどのエントリー向けのものを搭載しているケースが多いですが、G-Tune E5は、8コアのCore i7-11800Hを搭載しており、CPU性能が非常に高いです。

GeForce RTX 3050を搭載した製品の場合、ゲームだけ動かすなら、もう少し性能の低いプロセッサーでもいいかなと思いますが、もし動画編集などもしようと思っているなら、このプロセッサーは役に立つと思います。編集作業が快適にできますし、書き出しも速いです。

インテル第11世代Core(Tiger Lake)Hシリーズ プロセッサー
  コア/
スレッド
Max
Boost
[GHz]
Base
[GHz]
Cache TDP
Core i9-11980HK 8 / 16 5.0 2.6 - 3.3 24MB 45-65W
Core i9-11900H 8 / 16 4.9 2.1 - 2.5 24MB 35-45W
Core i7-11800H 8 / 16 4.6 1.9 - 2.3 24MB 35-45W
Core i5-11400H 6 / 12 4.5 2.2 - 2.7 12MB 35-45W
Core i5-11260H 6 / 12 4.4 2.1 - 2.6 12MB 35-45W
Core i7-11370H 4 / 8 4.8 3.0 - 3.3 12MB 28-35W
Core i5-11300H 4 / 8 4.4 2.6 - 3.1 8MB 28-35W

 

薄型でも十分な放熱性能

薄型ボディのG-Tune E5ですが、背面および側面の合計4方向から放熱することで、ゲーム中のCPU温度およびGPU温度は問題ない範囲に収まっていました。安心してゲームができると思います。

背面と側面から放熱

 

2台のSSDを搭載可能

G-Tune E5は、2台のM.2 SSDを搭載することができ、最大で2TB + 2TBのSSDにカスタマイズすることが可能です。また、ファーストストレージには、PCIe Gen4の高速ストレージにすることもできます。

底面カバーが開けやすかったので、ファーストストレージのみ搭載し、セカンドストレージは自分で増設するのもいいでしょう。ただし、パーツの増設は自己責任でお願いします。

M.2スロットは2つ

 

sRGB 100%クラスの液晶を搭載

G-Tune E5は、sRGB 100%クラスのディスプレイを搭載しています。ゲーム映像が色鮮やかですし、画像編集などの用途にも使用できます。ゲームだけでなく多目的にPCを使いたいのであれば、このくらいの色域があったほうがいいと思います。

sRGB 100%クラスのディスプレイ

 

高リフレッシュレート液晶ではない

ゲーミングノートPCのほとんどは、144Hzや300Hzなどの高リフレッシュレート液晶を搭載していますが、G-Tune E5は、一般的なノートPCと同じ60Hzの液晶を搭載しています。 ここは、ゲーミングノートPCとしては残念なポイントかなと思います。

60Hzの普通の液晶

 

RTX 3050搭載PCにしては価格がやや高い

G-Tune E5は、8コアのCore i7-11800Hに、色域が広めの液晶を搭載しているので、ある程度価格が高いのは分かります。ただ、税込み18万円台というのは、GeForce RTX 3050のエントリークラスGPU搭載モデルとしては高めです。セールなどで値引きされている日を狙って購入するといいでしょう。セール対象になっていれば、20,000円くらい値引きされると思います。

 

また、当サイト限定で、税込み130,000円以上のマウスコンピューター製PCを購入すると、5,000円分のAmazonギフト券がもらえます。こちらも活用して、お得に購入して下さい。

 

ディスプレイのチェック

G-Tune E5のディスプレイは、高リフレッシュレートに対応していないものの、色域は広めで、フリッカーもなく見やすいと思います。なお、当サイトの計測では294cd/m2と普通でした。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

当サイトの計測では、sRGBカバー率は97.6%でした。映像重視のゲームをする場合でも、色鮮やかに表示されて綺麗です。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を見てみると、若干中間部が暗めに発色しているのが分かりますが、そこまで気にはなりません。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢液晶なので、画面への映り込みは抑えられています。暗いシーンになったときに自分の顔が映り込んだり、天井のライトが映り込んでゲームしにくかったりすることがありません。ギラつきもほとんど感じません。

画面への映り込み

フリッカー(ちらつき)があるかどうかをフォトディテクターで確認してみましたが、輝度をいくつにしてもフリッカーは発生していませんでした。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

遅延

キーを押してから、メモ帳に文字が表示されるまでの時間(表示遅延)をハイスピードカメラで撮影し計測したところ、約84msでした。他の一般的なノートPCで計測したところ80ms前後が多かったので、遅延は普通です。ただ、ゲーミングノートPCは50ms以下であることが多いので、ゲーミングノートPCにしては遅延が大きいです。

 

残像

「UFO Test」のサイトの左から右へ移動するUFOを1/2000のシャッタースピードで撮影したところ、2フレーム前まで残像が表示されていました。普通のノートPCも同様なので、本製品の残像は普通と言えます。ただし、ゲーミングノートPCは、残像が少ないケースが多いので、ゲーミングノートPCとしては残像が多いと言えます。


「UFO Test」のサイトのGhosting Testを実行( 画面のリフレッシュレートに合わせてUFOが左から右へ移動)し、速いシャッタースピード(1/2000)で撮影したときの画像。

 

ゲームベンチマーク&フレームレート

G-Tune E5で計測した各ゲームの平均フレームレートは次の通りです。

エントリーグラフィックスの「GeForce RTX 3050」ですが、最大グラフィックスパワーが95Wと高めであったこともあり、割と高めの平均フレームレートです。FF15などの負荷のかかるゲームは、グラフィックス品質設定をやや落とす必要がありますが、FF14クラスの中程度の負荷のゲームであれば、最も高いグラフィックス品質設定でも、60fps以上の平均フレームレートが出ています。

以下のゲームのフレームレートについて
グラフは、ノート用グラフィックスのみ掲載しています。
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
W(ワット):最大グラフィックスパワー
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
解像度 品質 平均fps
1920x1080 軽量品質 96 fps
標準品質 74 fps
高品質 53 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、高品質)
RTX 3080 16GB
※ディスクリートモード
165W 116 fps
RTX 3080 16GB 140W 108 fps
RTX 3080 16GB 165W 107 fps
RTX 3080 16GB 130W 102 fps
RTX 3070 130W 99 fps
RTX 3080 8GB 105W 95 fps
RTX 3070 95W 87 fps
RTX 3060 130W 83 fps
RTX 3060 95W 77 fps
RTX 3060 75W 73 fps
RTX 3050Ti 95W 55 fps
RTX 3050Ti 60W 55 fps
RTX 3050 95W 53 fps
RTX 3050Ti 40W 47 fps
GTX 1650Ti   43 fps
GTX 1650   40 fps
重い部類のゲーム
ボーダーランズ3(DX12)
解像度 品質 平均fps
1920x1080 109 fps
52 fps
ウルトラ 41 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、ウルトラ)
RTX 3080 16GB
※ディスクリートモード
165W 101 fps
RTX 3080 16GB 130W 99 fps
RTX 3080 16GB 165W 96 fps
RTX 3080 16GB 140W 92 fps
RTX 3070 130W 88 fps
RTX 3080 8GB 105W 84 fps
RTX 3070 95W 78 fps
RTX 3060 130W 74 fps
RTX 3060 95W 70 fps
RTX 3060 75W 62 fps
RTX 3050Ti 60W 45 fps
RTX 3050Ti 95W 44 fps
RTX 3050 95W 41 fps
RTX 3050Ti 40W 35 fps
GTX 1650Ti   29 fps
重い部類のゲーム
ファンタシースターオンライン ニュージェネシス
解像度 品質 平均fps
1920x1080 最低 44282 / 159 fps
26701 / 121 fps
ウルトラ 7397 / 63 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、ウルトラ)
RTX 3080 16GB
※ディスクリートモード
165W 127 fps
RTX 3080 16GB 140W 114 fps
RTX 3080 16GB 165W 109 fps
RTX 3060 130W 97 fps
RTX 3070 100W 91 fps
RTX 3050Ti 95W 65 fps
RTX 3050 95W 63 fps
RTX 3050Ti 40W 48 fps
GTX 1650Ti   46 fps
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
解像度 品質 平均fps
1920x1080 最低 108 fps
82 fps
最高 63 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、最高)
RTX 3080 16GB
※ディスクリートモード
165W 130 fps
RTX 3080 16GB 165W 121 fps
RTX 3070 130W 119 fps
RTX 3080 8GB 105W 115 fps
RTX 3080 16GB 130W 108 fps
RTX 3070 95W 108 fps
RTX 3060 130W 102 fps
RTX 3060 75W 92 fps
RTX 3080 16GB 140W 91 fps
RTX 3060 95W 91 fps
RTX 3050Ti 60W 69 fps
RTX 3050Ti 95W 68 fps
RTX 3050 95W 63 fps
RTX 3050Ti 40W 54 fps
GTX 1650Ti   50 fps
GTX 1650   46 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 漆黒のヴィランズ(DX11)
解像度 品質 平均fps
1920x1080 標準(ノート) 17936 / 145 fps
高(ノート) 16010 / 118 fps
最高品質 13437 / 93 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、最高品質)
RTX 3080 16GB
※ディスクリートモード
165W 153 fps
RTX 3080 16GB 140W 144 fps
RTX 3080 16GB 165W 140 fps
RTX 3070 130W 138 fps
RTX 3080 8GB 105W 137 fps
RTX 3080 16GB 130W 135 fps
RTX 3070 95W 129 fps
RTX 3060 130W 120 fps
RTX 3060 95W 111 fps
RTX 3060 75W 108 fps
RTX 3050Ti 60W 96 fps
RTX 3050 95W 93 fps
RTX 3050Ti 95W 92 fps
RTX 3050Ti 40W 78 fps
GTX 1650Ti   73 fps
GTX 1650   64 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ(DX11)
解像度 品質 平均fps
1920x1080 標準(ノート) 19789 / 146 fps
高(ノート) 16398 / 117 fps
最高品質 13456 / 93 fps
他のGPUとの比較(1920×1080、最高品質)
RTX 3080 8GB
※ディスクリートモード
135W 153 fps
RTX 3080 8GB 135W 146 fps
RTX 3080 16GB 165W 134 fps
RTX 3060 130W 122 fps
RTX 3050 95W 93 fps
RTX 3050Ti 95W 92 fps
RTX 3050 65W 73 fps
GTX 1650Ti   68 fps
GTX 1650   63 fps
軽い部類のゲーム
ドラゴンクエストX
解像度 品質 平均fps
1920x1080 最高品質 24557(すごく快適)
※約5500で60fps

 

その他のゲーム

上に掲載していない他のゲームのフレームレートについては、下を参考にしてください。

 

パーツの温度のチェック

ゲーム時のCPU、GPU温度

ファイナルファンタジー15のベンチマーク実行中のCPU/GPU温度は下図の通りです。

CPUおよびGPU温度は、60℃台で推移しており問題ない温度です。安心して長時間、ゲームができるでしょう。

  • バランスモード時
  • パフォーマンスモード時
CPU温度
GPU温度
CPU電力
CPU温度

 

静音性のチェック

G-Tune E5の動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ無音ですが、ゲームをすると、他のゲーミングノートより高め騒音値になります。静音性はそこまで高くはありません。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2~3番目:FF15 ベンチマーク実行(高品質、1920x1080、ウィンドウ

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手の平を置くパームレストの温度変化は重要です。

やや低めの温度です。不快感なくゲームができるでしょう。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

普通のノートPCよりは高い消費電力ですが、ゲーミングノートPCの中ではそこまで高くはありません。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています
※TAP-TST8は、従来使っていたTAP-TST7よりも、消費電力が低めに計測される傾向があります。他のPCと消費電力を比較するときは、ご注意ください。

 

外観のチェック

G-Tune E5の外観はご覧のようになっています。狭額ベゼルでスマートなボディです。良い意味で、ゲーミングPCらしい派手さがありません。どこでも使えるPCだと思います。

 

天板には「G-Tune」のロゴが入っています。

 

ボディの高さは、20.6mmとなっており、ゲーミングノートとしては比較的薄いです。

 

電源コネクタやLANポート、HDMIポートなど、抜き差しすることが少ないポートは、背面に集中しており、マウスを持つ手などの邪魔にならないようになっています。

 

また、抜き差しすることの多いUSBポートやmicro SDカードスロットは側面に配置されています。

 

液晶が開く最大の角度はご覧の通りです。180度は開きませんが、ここまで開けば、通常の用途なら十分でしょう。

 

底面の吸気口の形状が、斜めになっており、かっこいいです。

 

底面カバーは、爪の引っ掛かりが少ないので、開けやすいです。2つの冷却ファンを搭載し、5本のヒートパイプで冷却し、4方向から放熱しています。しっかりとした放熱機構です。

 

メモリは換装することが出来ます。

 

M.2スロットは2つあります。

 

ACアダプターは、150Wとなっています。

 

その他の情報はこちら

G-Tune E5は、天板のロゴが異なるだけで、DAIV 5Pと同じ製品です。ベンチマークスコアや、キーボードの打ちやすさなどは、DAIV 5Pのレビュー記事をご覧ください

 

まとめ

以上が、G-Tune E5のレビューです。

GeForce RTX 3050を搭載したエントリークラスのゲーミングノートPCです。

エントリークラスといっても、最大グラフィックスパワーが高いため、比較的高い平均フレームレートが出ます。

また、性能の高い8コアのCore i7-11800Hに、sRGBカバー率 約100%の広めの色域の液晶を搭載し、クリエイティブな作業にも使えるスペックです。動画編集をするような方にも適しているでしょう。

PC本体の質量が、仕様上では約1.73kg、当サイトの計測値ではさらに軽い1.678kgしかなく、持ち運びに便利です。リビングへ持っていくなど環境を変えてゲームや動画編集をしたり、友人の部屋へPCを持っていってゲームをしたりするケースにもいいでしょう。

ただし、CPU性能が高いとは言え、GeForce RTX 3050搭載のゲーミングノートとしては、価格がやや高めです。マウスコンピューターが開催する「セール」で、安くなったときを狙って購入するといいと思います。

 

1.7kg台のRTX3050ゲーミングノート

マウスコンピューター G-Tune E5

特徴

  • ゲーミングノートとしては軽量
  • RTX 3050は95Wと最大パワーが高め
  • 8コアのCore i7-11800Hを搭載

こんなあなたに

  • 場所を変えてゲームをしたい方
  • ゲームだけでなく、動画編集や画像編集もしたい方
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ