sRGB 100%クラスの液晶

マウスコンピューター DAIV 4P の実機レビュー

更新日:2021年6月8日
CPU Core i7-1165G7
メモリ 16GB ~ 64GB
ストレージ NVMe SSD
液晶サイズ 14.0インチ
液晶種類 1920x1200 非光沢
質量 約985g
バッテリー 約12時間(53Wh)
価格[税込] 15万円台~
1kgを切る画像編集向けノートPC

DAIV 4Pは、1kgを切る画像編集用途に適したクリエイター向けノートPCです。

画面比16:10のsRGB 100%クラスの液晶に、性能が高めに出る第11世代Core i7を搭載し、書き出し等が速いです。

また、最大64GBの大容量メモリ、最大2TBの大容量SSDを選択可能で、自己責任でSSDを1台追加することもできます。メモリ、ストレージ容量も心配ありません。

Thunderbolt 4も搭載しており、自宅ではドックやGPU BOXなどを繋いで使うこともできます。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i7-1165G7、16GBメモリ、512GB PCIe SSD

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で、マウスコンピューターのサイトへ行きパソコンを13万円以上(税込)ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。マウスコンピューターの製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。詳細は、下のバナーをクリックして下さい。

 

 

目次

お忙しい方は、「 DAIV 4Pの特徴」のみお読みください。

 

DAIV 4Pの特徴

14型で1kgを切る質量

DAIV 4Pは、約985gと非常に軽いノートPCです。外出先へノートPCを持っていくことが多い方におすすめの製品です。

14型液晶で約985gのボディ

 

13.3型液晶を搭載したノートPCだと、1kgを切る製品は結構ありますが、14型液晶を搭載したノートの中で1kgを切る製品は珍しいです。VAIO Zやレッツノートといった高級モバイルノートとほぼ同等の重さとなっています。

"33Whバッテリー"のExpertBook B9よりは重いですが、このバッテリー容量だとバッテリー駆動時間が極端に短くなります。DAIV 4Pのバッテリー容量は53Whもあるので、バッテリー駆動時間も短くありません。

14型モバイルノートの質量(メーカー仕様値)
ExpertBook B9(33Wh) 約0.870kg
VAIO Z 約0.958kg
DAIV 4P 約0.985kg
ExpertBook B9(66Wh) 約0.995kg
VAIO SX14 約0.999kg
レッツノート FV 約0.999kg
Swift 5 約1.04kg
ThinkPad X1 Carbon Gen 9 約1.13kg~
Summit B14 A11 約1.3kg~
ThinkBook 14 Gen 2 約1.4kg
Inspiron 14 5415 約1.442kg~
ThinkPad T14 Gen 2 約1.47kg~

 

画面比16:10のsRGB 100%クラスの液晶

DAIV 4Pは、クリエイター向けノートPCという位置づけだけあって、sRGB 100%クラスの液晶を搭載しています(色域の実測値は後述)。さらに画面比16:10の1920x1200ドットの解像度となっており、フルHD(1920x1080ドット)の解像度よりも、表示領域が広くなっています。

Webページなどをより下の方まで表示でき、ペイン(区切られた領域)が多いクリエイター向けソフトも扱いやすいです。

16:10の1920x1200ドット液晶で見やすい

 

フルサイズのSDカードスロットを搭載

軽いノートパソコンは、ポート類が削られることが多く、SDカードスロットが搭載されない、もしくはmicro SDカードしか使えないケースが多いです。一方、DAIV 4PはフルサイズのSDカードスロットを搭載しており、一眼レフで撮影した画像を、アダプターなどを使用せずに読み込むことが出来ます。

フルサイズのSDカードスロットを搭載

 

最大64GBメモリ

Adobe Lightroom Classicなどのクリエイター向けソフトは、メモリを多く必要としますが、DAIV 4Pは標準で16GB、最大で64GBも搭載することができ、メモリ不足に悩まされる心配はありません。しかも、1kgを切るようなノートPCはオンボードのメモリが多いですが、DAIV 4Pはスロット式で、後からでも自分で増設することが出来ます。ここも大きなメリットです。

最大64GBメモリ

 

ダブルSSD構成が可能

DAIV 4Pは、カスタマイズ画面で最大2TBの大容量SSDを選択することが出来ます。また、PCIe Gen 4の高速SSDを選択することも可能です。

さらに、内部を確認すると、空いているM.2スロットが1つあり、ここにType 2280のM.2 SSDを増設することも出来ます(ただし増設は自己責任でお願いします)。ストレージの容量不足に悩まされる心配もないでしょう。

ダブルSSD構成が可能

 

安心のサポート

DAIV 4Pは、標準で24時間365日電話サポートに対応しています。

さらに、即日修理、専用ダイヤル対応の「安心パックサービス」に加入することができます。このサービスは、初期不良時の新品交換サービスも適用しているので、1年でもいいので加入しておくといいと思います。

さらに、頻繁に持ち運んで使用するのであれば、落下破損などもカバーできる、破損盗難保証サービスに入るのもいいでしょう。

充実したサポート内容

 

やや残念なポイント

DAIV 4Pは、大きな欠点ではありませんが、負荷が高いと動作音がやや大きい(うるさい)です。ただし、負荷が小さいときは静かです。

また、せっかくの軽いノートPCなので、LTEや5Gモジュールもオプションで搭載できれば良かったですが、そこまでは出来ません。

顔認証には対応していますが、指紋認証には対応していません。コロナ禍なので、マスクを外さなくても認証できる指紋認証にも対応していると良かったです。

 

各用途の快適度

各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによっても快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。

各用途の快適度
用途 快適度 コメント
Web閲覧
Office作業
十分なスペックです。
オンライン会議 カメラやマイクの性能が特別いいわけではありませんが、問題なくオンライン会議はできます。
動画鑑賞 色域が広いので映像が見やすいです。スピーカー音は普通で、特に問題なく視聴できます。
RAW現像
画像編集
sRGB 100%クラスの液晶で、スペックもまずまずなので、比較的快適にRAW現像や画像編集ができるでしょう。ただし、Adobe RGBをカバーするような色域はりません。 
動画編集 △~○ 外部グラフィックスを搭載していないので動画編集向きのPCではありませんが、フルHD/30fpsの簡易的な動画編集なら問題なくできるでしょう。
ゲーム 外部グラフィックスを搭載しておりゲーム向きのPCではありませんが、軽めのゲームなら高めのフレームレートが出るものもあります。

 

ディスプレイのチェック

DAIV 4Pのディスプレイのチェックです。

高めの品質の液晶です。最大輝度は、当サイトの計測では331cd/m2とやや高めです。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

色域はやや広いです。当サイトの計測ではsRGBカバー率は97.8%、sRGB比は103.2%でした。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を確認すると、どの色も1:1の直線に近く、補正がほとんど必要ないことが分かります。自然でバランスの良い発色です。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢液晶であるため、画面への映り込みは低減されています。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)は発生していません。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

DAIV 4Pのキーボードの打ちやすさは普通だと思います。

メーカー仕様表には、キーピッチが約19mm(横方向)、キーストロークは約1.2mmと書かれています。縦方向のキーピッチは、実際に計測してみると約18.5mmでした。

実際にタイピングしてみた感想は、普通のうち心地です。もう少しキートップが湾曲していればよかったなと思います。また、仕様表にはキーピッチが約1.2mmとありますが、実際に計測してみると約1.4はあり、そこまでキーストロークが浅いとは感じませんでした。

タッチパッドが大きいですが、タイピングするときにマウスポインタ―が意図せず動くことはありませんでした。問題なく使えます。

キーボード全体図
※画像をクリックすると拡大できます
キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載しています。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

DAIV 4Pのパフォーマンスのチェックです。

CPU

CPUには、モバイル向けプロセッサーの「Core i7-1165G7」を搭載しており標準的な性能です。

CPU電力が27W前後を維持しており、他のPCと比べると高いベンチマークスコアが出ていました。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Core i7-1165G7
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 5900HX 13382
Ryzen 7 5800H 12604
Core i7-11800H 10593
Core i7-10875H 10579
Core i7-10870H 10139
Ryzen 7 5700U 8445
Core i7-11370H 7123
Core i7-10750H 6839
Ryzen 5 5500U 6250
Core i7-1185G7 6229
Core i7-1165G7 5837
4720
Core i5-1135G7 4424
Core i3-1115G4 3149
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i7-11370H 1519
Core i7-1185G7 1517
Core i7-1165G7 1512
1447
Core i7-11800H 1507
Ryzen 9 5900HX 1463
Ryzen 7 5800H 1435
Core i7-10875H 1306
Core i5-1135G7 1294
Core i7-10750H 1277
Ryzen 7 5700U 1264
Core i3-1115G4 1217
Core i7-10870H 1212
Ryzen 5 5500U 1185
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

高負荷時のCPU電力、CPUクロック、CPU温度は「パーツの温度のチェック」で記載しています。

 

メモリ

メモリはDDR4-3200のデュアルチャネルです。メモリ速度は、他社のBTOノートパソコンと比較すると、DDR4-3200のメモリにしてはやや高めの速度が出ています。なお、最大64GBまで搭載することが可能です。

SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
16GB(8GBx2)メモリ
他のメモリとの比較(帯域)
LPDDR4X-4266
デュアルチャネル
最大 約68.2GB/s (34.1GB/s x2)
DDR4-3200
デュアルチャネル
最大 約51.2GB/s (25.6GB/s x2)
32GB/s
DDR4-2666
デュアルチャネル
最大 約42.6GB/s (21.3GB/s x2)
DDR4-3200
シングルチャネル
最大 約25.6GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア

 

グラフィックス

メモリ速度が、他社のDDR4-3200メモリ搭載のBTOノートパソコンよりやや高めに出ているため、3DMarkのスコアも、やや高めです。

GeForce MX330と同等の性能です。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
Core i7-1165G7
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX450 30425
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
20052
Core i5-1135G7
メモリLPDDR4X-4266
18718
GeForce MX330 16714
Ryzen 9 4900HS 16322
Core i7-1165G7
メモリDDR4-3200
16274
14247
GeForce MX250 15406
Ryzen 7 5700U
メモリDDR4-3200
14368
Core i5-1135G7
メモリDDR4-3200
13316
Ryzen 5 5500U
メモリDDR4-3200
12154
Core i3-1115G4
メモリDDR4-3200
11487
Ryzen 3 5300U
メモリDDR4-3200
11321
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージには、PCIe-NVMe SSDを搭載しており高速です。また、PCIe Gen 4のSSDを選択することも可能です。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
512GB PCIe SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
 PCIe Gen3 SSD 3500
2100
SATA SSD 550
2.5インチHDD 150
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

SDカードスロット

フルサイズのSDカードスロットを搭載しています。アクセス速度は普通です。

CrystalDiskMark
~ SDカードスロット性能 ~
最大300MB/sのUHS-Ⅱのカードで測定

 

クリエイターソフトの処理時間

以下、実際のソフトウェアで計測した各種処理時間です。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

HシリーズのCore i7-11370Hなどよりは遅いかもしれませんが、実用上は十分な速度が出ていると思います。現像処理自体も、変更した内容がすぐに反映され、快適に使えます。

Core i9-10980HK
32GBメモリ
68秒
Core i7-10875H
16GBメモリ
70秒
Core i7-11370H
16GBメモリ
72秒
Ryzen 9 5900HX
32GBメモリ
76秒
Core i9-9980HK
16GBメモリ
77秒 (MacBook Pro 16)
Core i7-10750H
16GBメモリ
80秒
Apple M1 (Rosetta 2)
16GBメモリ
80秒 (MacBook Pro 13 M1)
Core i7-1165G7
16GBメモリ
82秒
Ryzen 7 4700U
16GBメモリ
91秒
Ryzen 5 4500U
32GBメモリ
91秒
Ryzen 7 5800H
16GBメモリ
93秒
Core i7-10710U
16GBメモリ
96秒
Ryzen 7 5700U
16GBメモリ
100秒
Core i7-10510U
16GBメモリ
109秒
※プロファイル補正を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
Lightroomにおすすめノートパソコン」の記事も興味があればご覧ください
Adobe Photoshop CCによる各種処理時間

AIを使ったフィルター処理は遅いものもありますが、一般的な操作であれば、快適に作業できます。なお、Photoshopのバージョンなどによって、以下の処理時間は結構変わるので、参考までにご確認下さい。

  処理時間
ニューラルフィルター(肌をスムーズに) 約2秒
ニューラルフィルター(JPEGのノイズを削除) 約2分8秒
ニューラルフィルター(スタイルの適用) 約11秒
スーパー解像度 約48秒
コンテンツに応じた塗りつぶし 約5秒
被写体を選択 約4秒
※ 6000x4000のRAWデータを編集

 

USB Type-C / HDMIの動作テスト

USB Type-Cの動作チェック

USB Type-Cポートは、2ポートありますが、1つはThunderbolt 4に対応しています。また、どちらのポートも、PowerDelivery、DisplayPortに対応しています。動作確認結果は次の通りです。

左側面のUSB3.1 Type-Cポート
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック × × ×
PD充電器
※1
61W RAVPower GaN充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower GaN充電器
18W cheero充電器 ×
モニター
※2
EIZO ColorEdge CS2740
Philips 258B6QUEB/11
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター
右側面のThunderbolt 4ポート
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック
PD充電器
※1
61W RAVPower GaN充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower GaN充電器 ×
18W cheero充電器 ×
モニター
※2
EIZO ColorEdge CS2740
Philips 258B6QUEB/11
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター

 

HDMIの動作チェック

4KテレビへHDMIで接続したときの詳細です。4K、60Hz、8ビット、RGBで出力できています。

4Kテレビ(ビエラ TH-55CX800)へ接続したときの詳細

 

質量のチェック

DAIV 4Pの質量のチェックです。

前述の通り軽いノートPCです。ACアダプターも軽いです。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 986g
ACアダプター+電源ケーブル 234g

 

バッテリー駆動時間のチェック

DAIV 4Pのバッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は約53Whでした。普通の容量です。

バッテリー容量

 

バッテリー駆動時間は下の通りです。普通の駆動時間です。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 約12.0時間
(2) PCMark 10 Modern Office 8時間56分
(3) 動画再生時
(4) PCMark 8 Work
※画面輝度は約120cd/m2、電源モードは高パフォーマンス
(1) メーカー公表値
(2) 文書作成、ブラウジング、ビデオ会議といった事務作業。アイドル時も多く軽めの処理
(3) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(4) ブラウザでのショッピング/画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャット等。やや重めの作業

 

当サイトで計測した1時間あたりの充電容量は次の通りで、比較的速いです。

1時間あたりの充電容量
純正ACアダプター
アイドル時
73%(約38Wh)
※PCの充電残量が10%から充電を開始し、1時間でどのくらい充電残量が増えたかを計測

 

パーツの温度のチェック

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU温度およびCPU電力の推移を確認します。

CPU電力は約27Wの高め数値で推移しています。CPU温度は80℃を超えておりやや高めですが、問題ない範囲かなと思います。

CPU電力
CPU温度

 

静音性のチェック

DAIV 4Pの動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほとんど音は聞こえません。ただ、高い負荷をかけると動作音は高めになります。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:Filmora 9 の動画編集ソフトでプレビュー再生
左から3番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手の平を置くパームレストの温度変化は重要です。

表面温度は低めです。快適に使えるでしょう。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「表面温度のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

モバイル向けプロセッサーを搭載しているので、消費電力は低めです。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※PCの状態は「表面温度のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

DAIV 4Pの外観のチェックです。

ボディはシルバーで、マグネシウム合金を採用しています。ただ、ベゼルやキーはブラックのカラーになっています。

 

天板もシルバーです。

 

スピーカーは底面の左右にあります。音質は、10点満点で採点すると5点くらいです(普通が5点。あくまで筆者独自の判断です)。

 

720pのWebカメラを搭載しており、画質は普通です。顔認証にも対応しています。

 

インターフェースは、Thunderbolt 4、USB 3.1 Type-C、USB 3.0x2、HDMI、SDカードスロットなどがあります。

Thunderbolt 4、USB Type-C、HDMIの3ポートを使って、3台の外部モニターに接続することも可能です。

 

液晶が開く最大の角度はご覧の通りです。180度までは開きませんが、デスクに座って作業をするなら十分な角度でしょう。

 

ディスプレイは、片手で開けることが出来ます。

 

電源ボタンはやや小さいです。

 

シンプルな底面です。

 

底面カバーを外したときの画像です。底面カバーの爪の引っ掛かりがほとんどないため、開けやすいです。

 

メモリは2スロットあります。自分で換装することもできます。

 

Type 2280のM.2 SSDが搭載されています。

 

さらに、左側にも空いているM.2 SSDがあります。今回、試しに、SAMUSUNG 970 EVO Plusを増設してみましたが、問題なく認識されました。

 

ACアダプターは65Wで、サイズは普通です。

 

まとめ

以上が、DAIV 4Pのレビューです。

14型液晶を搭載したノートPCとしては非常に軽く、持ち運びに便利なクリエイター向けノートPCです。

sRGB 100%クラスの液晶に、フルサイズのSDカードスロットを搭載。さらに、最大64GBの大容量メモリ、2TB SSDの大容量ストレージを搭載でき、M.2 SSDを1つ増設することも可能です。こういったことから、画質が大切で、多くのメモリやストレージ容量を消費するLightroomやPhotoshopを使うような方に非常に適していると思います。

 また、搭載しているCore i7-1165G7は、同CPUを搭載した他のノートPCよりパフォーマンスが高めでした。インテルのモバイル向けプロセッサーは、Adobeソフトと相性もいいです。

Thunderbolt 4にも対応し、自宅に帰ってきたら、GPU BOXや、ドック機能付のカラーマネージメントモニターに接続して使うことも出来ます。

大きな不満点はありませんが、強いて言えばLTEに対応していれば、なお良かったです。また、高負荷時の動作音も高めです。

 

1kgを切る画像編集向けノートPC

DAIV 4P

特徴

  • 約985gと軽い
  • 画面比16:10のsRGB 100%クラスの液晶
  • 大容量メモリ、ストレージを搭載可能

こんなあなたに

  • RAW現像、画像編集するような方
  • 外出先でも使う方
公式サイトはこちら

 

関連ページ