Ryzen 5 4500Uのベンチマーク

更新日:2020年7月21日

 

ここでは薄型ノートPC向けのAMD 第3世代Ryzen 5 4500Uのベンチマークスコアを掲載します。インテルの6コアのCore i7-10710Uと同じくらいの高い性能で、価格も安くコストパフォーマンスは抜群に良いと思います。

 

Ryzen 5 4500Uの仕様

Ryzen 5 4500Uは、7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用した第3世代Ryzen Pro 4000 Uシリーズの1つです。Ryzen 5と聞くと、それほど高い性能には感じないかもしれませんが、6つのコアを搭載しており、最大ブーストクロックも4.0GHzと高く、処理性能は高めです。

GPUコアは6つと比較的多く、メモリタイプは高速のDDR4-3200に対応しています。

Ryzen 4000 Uシリーズ プロセッサー仕様比較
  Ryzen 7 4700U Ryzen 5 4500U Ryzen 3 4300U
CPUコア数 8 6 4
スレッド数 8 6 4
最大ブースト
クロック
4.1 GHz 4.0 GHz 3.7 GHz
基本クロック 2.0 GHz 2.3 GHz 2.7 GHz
L2キャッシュ 4 MB 3 MB 2 MB
L3キャッシュ 8 MB 8 MB 4 MB
GPUコア 7 6 5
メモリタイプ DDR4-3200 / LPDDR4-4266
TDP 15W

 

CPU-ZとGPU-Zの詳細は下図の通りです。内蔵グラフィックスは、512MBがメインメモリから割り当てられていました。

CPU-Z
GPU-Z

 

今回、ベンチマークの計測では、HP ENVY x360 13 (2020年モデル)を使用しています。他のPCではまた違った結果が出ることもあることはご了承ください。

 

Ryzen 5 4500Uのベンチマークスコア

CINEBENCH R20

まずは、CINEBENCH R20の結果を掲載します。従来のRyzen 5 3500Uやインテルの人気CPUのCore i5-10210Uとマルチコアのスコアを比較すると、約1.5倍も高いスコアです。インテルのUシリーズのCoreプロセッサーの中ではずば抜けて性能が高い6コアのCore i7-10710Uとほぼ同じスコアでした。

CINEBENCH R20
Ryzen 5 4500U
他CPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 4900HS 4250
Ryzen 7 4800H 3944
Ryzen 5 4600H 3260
Ryzen 7 Pro 4750U 3197
Core i7-10750H 2965
Ryzen 7 4700U 2585
Core i7-10710U 2211
Ryzen 5 4500U 2180
Ryzen 3 4300U 1558
Ryzen 7 3700U 1526
Core i7-1065G7 1484
Core i7-10510U 1459
Core i5-1035G1 1424
Ryzen 5 3500U 1421
Core i5-10210U 1418
Core i3-10110U 922
Ryzen 3 3200U 751
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-10885H 514
Ryzen 9 4900HS 488
Core i7-10750H 478
Ryzen 7 Pro 4750U 467
Ryzen 7 4700U 465
Ryzen 7 4800H 457
Ryzen 5 4600H 452
Ryzen 5 4500U 448
Core i7-10710U 447
Core i7-10510U 444
Ryzen 3 4300U 430
Core i3-10110U 413
Ryzen 7 3700U 366

 

PassMark Performance Test 10.0

PassMark Performance Test 10.0のスコアについては、Core i7-10710Uよりも10%以上高いスコアでした。

PassMark Performance Test 10.0(CPU MARK)
Ryzen 5 4500U
他CPUとの比較
Ryzen 9 4900HS 20343
Ryzen 7 4800H 19080
Ryzen 7 Pro 4750U 16988
Ryzen 7 4700U 14231
Core i7-10750H 12866
Ryzen 5 4500U 11515
Core i7-10710U 10115
Ryzen 3 4300U 8004
Ryzen 7 3700U 7431
Core i7-10510U 7235
Ryzen 5 3500U 7179
Core i5-10210U 6514
Core i3-10110U 4213
Ryzen 3 3200U 4166

 

Geekbench 5

Geekbench 5についてはあまりスコアが伸びず、Core i7-10710Uよりも大分スコアが低くなっています。

Geekbench 5
Ryzen 5 4500U
他CPUとの比較(Multi-Core)
Ryzen 9 4900HS 8129
Core i7-10875H 7447
Ryzen 7 Pro 4750U 6272
Core i7-10750H 6030
Core i7-9750H 5784
Ryzen 7 4700U 5696
Core i7-10710U 5602
Ryzen 5 4500U 4662
Core i7-1065G7 4019
Core i5-1035G1 3920
Core i5-10210U 3821
Core i5-8265U 3546
Ryzen 3 4300U 3411

 

クリエイターソフトの処理時間

以下、実際のソフトウェアで計測した各種処理時間です。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

Adobe Lightroom Classic CCにおいて、100枚のRAWのデジタル写真を一度に現像したときの時間は次のグラフの通りです。

今回テストに用いているHP ENVY x360 13のメモリは8GBです。Lightroomは8GBだと処理が遅くなるので、32GBメモリを搭載した別のRyzen 5 4500U搭載PCで計測した処理時間も合わせて掲載します。32GBだと8GBのときよりも、1~2割処理が高速化し、まずまずの速さだと思います。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間
Core i9-10980HK
32GBメモリ
68秒
Core i7-10875H
16GBメモリ
70秒
Core i9-9980HK
16GBメモリ
79秒
Core i7-10750H
16GBメモリ
80秒
Core i7-9750H
16GBメモリ
85秒
Ryzen 9 4900HS
16GBメモリ
87秒
Ryzen 7 4700U
16GBメモリ
91秒
Ryzen 5 4500U
32GBメモリ
91秒
Ryzen 5 4500U
8GBメモリ
107秒
Ryzen 7 4800H
16GBメモリ
94秒
Core i7-10710U
16GBメモリ
96秒
Ryzen 7 Pro 4750U
16GBメモリ
101秒
Core i7-10510U
16GBメモリ
109秒
Ryzen 3 4300U
20GBメモリ
143秒
※プロファイル補正を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測。画質:100、サイズ調整:長辺100pixcel。
※「Lightroomにおすすめノートパソコン」の記事も興味があればご覧ください

 

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

Premiere Pro CCについては、FHD動画の書き出しは、外部グラフィックスを搭載していない割にはそこそこ速いですが、4K動画の書き出しについては極端に時間がかかっていました。Premiere Proを使うなら、外部グラフィックスを搭載したノートPCがおすすめです。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間
4K動画の書き出し
Core i7-10750H/16GB
GeForce RTX 2060
4分51秒
Ryzen 5 4600H/32GB
GeForce GTX 1650
5分48秒
Core i7-1065G7/16GB
Intel Iris Plus
27分23秒
Core i7-10510U/16GB
Intel UHD
49分32秒
Ryzen 7 Pro 4750U/16GB
Radeon Graphics
約1時間30分
Ryzen 7 4700U/16GB
Radeon Graphics
約1時間30分
Ryzen 5 4500U/8GB
Radeon Graphics
約2時間
Ryzen 3 4300U/8GB
Radeon Graphics
約2時間15分
※ 4K/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間
FHD動画の書き出し
Ryzen 7 4700U/16GB
Radeon Graphics
5分5秒
Ryzen 7 Pro 4750U/16GB
Radeon Graphics
5分8秒
Ryzen 5 4500U/8GB
Radeon Graphics
5分57秒
Ryzen 3 4300U/8GB
Radeon Graphics
6分44秒
Core i7-1065G7/16GB
Intel Iris Plus
7分41秒
Core i7-10510U/8GB
Intel UHD
16分54秒
※ FHD/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間

 

TMPGEnc によるエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間は、Core i7-10710Uとほぼ同じくらいで非常に速いです。

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間 (x265)
Ryzen 5 4500U
Ryzen 9 4900HS 10分55秒
Ryzen 5 4600H 13分10秒
Core i7-10750H 13分29秒
Ryzen 7 Pro 4750U 13分53秒
Core i7-9750H 15分37秒
Ryzen 7 4700U 15分44秒
Core i7-10710U 19分05秒
Ryzen 5 4500U 19分49秒
Ryzen 3 4300U 25分22秒
Core i7-10510U 28分32秒
Core i5-10210U 28分53秒
Core i3-10110U 42分20秒
Core i3-8130U 45分24秒
※XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間(x265のエンコーダーを使用)

 

グラフィックス関連のベンチマークスコア

次はグラフィックス関連のベンチマークスコアを掲載します。

また、3DMark Night RaidのGraphics scoreを見ると、Core i7-1065G7に内蔵されているIntel Iris Plusよりもやや高いスコアです。非常に軽いゲームやブラウザゲームをカジュアルにやりたい方や、VCEエンコードを行いたい方などにいいでしょう。ただし、GeForce MX250のローエンド外部グラフィックスには劣る性能ですので、過度な期待は禁物です。

3DMark Night Raid - Graphics score
Ryzen 5 4500U
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1050 25325
GeForce MX330 16714
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 9 4900HS)
16322
GeForce MX250 15406
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 Pro 4750U)
14302
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 4700U)
13861
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 5 4500U)
11999
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
11084
Radeon Vega 8
(Ryzen 5 3500U)
10014
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 3 4300U)
9800
Intel Iris Plus
(Core i5-1035G4)
9188
Intel UHD
(Core i5-10210U)
5800
Intel UHD 620
(Core i5-8265U)
5274

 

いくつかゲームのフレームレートも計測してみましたが、PUBG LITEやフォートナイトのような軽めのゲームなら、グラフィックス設定を低めにすれば平均フレームレートが60fpsを超えてきます。ただ、低めの設定だと画質がかなり落ちるのであまりおすすめはしません。ドラクエXのような非常に軽いゲームなら、最高設定でもゲームができるでしょう。

軽い部類のゲーム
PUBG LITE
1920x1080 非常に低い 102 fps
48 fps
ウルトラ 81 fps
他のグラフィックスとの比較(解像度:1920×1080、非常に低い)
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 9 4900HS)
144 fps
GeForce MX250 120 fps
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 Pro 4750U)
108 fps
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 4700U)
102 fps
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 5 4500U)
102 fps
AMD Radeon Vega 8 82 fps
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
80 fps
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 3 4300U)
63 fps
Intel UHD
(Core i7-10750H)
55 fps
Intel UHD 620
(Core i5-8265U)
45 fps
Intel UHD 615
(Core m3-8100Y)
35 fps
※トレーニングモードで計測
軽い部類のゲーム
フォートナイト
1920x1080 低設定 113 fps
中設定 62 fps
高設定 24 fps
最高設定 14 fps
※バトルラボで計測
軽い部類のゲーム
ドラゴンクエストX
1920x1080 最高品質 7695(とても快適)
他のグラフィックスとの比較(解像度:1920×1080、最高品質)
GTX 1650 19246
GeForce MX250 11900
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 9 4900HS)
10982
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 4700U)
9462
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 Pro 4750U)
9426
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
7968
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 5 4500U)
7695
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 3 4300U)
6777
Intel UHD
(Core i7-10750H)
6120
Intel UHD
(Core i7-10710U)
5984
Intel UHD
(Core i5-1035G1)
5655
Intel UHD
(Core i5-10210U)
5234
Intel UHD 615
(Core m3-8100Y)
2848
※約5500で60fps

 

プロセッサー内蔵GPUによるハードウェアエンコードについては非常に高速でした。

TMPGEnc 7によるエンコード時間(内蔵GPUによるエンコード)
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 9 4900HS)
56秒
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 Pro 4750U)
1分4秒
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 7 4700U)
1分10秒
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 5 4500U)
1分16秒
AMD Radeon Graphics
(Ryzen 3 4300U)
1分39秒
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
1分43秒
Intel UHD
(Core i5-1035G1)
2分13秒
Intel UHD
(Core i7-10750H)
2分48秒
Intel UHD
(Core i7-10710U)
3分02秒
Intel UHD
(Core i5-10210U)
3分06秒
Intel UHD 615
(Core m3-8100Y)
7分21秒

 

まとめ

Ryzen 5 4500Uは、6コア6スレッドに対応し、一般的なノート用よりやや性能が高めのプロセッサーです。それでいて、一般的なノートPCよりも価格は安い傾向にあり、コストパフォーマンスは抜群に高いです。

ベンチマークスコアは、一部のハイエンド・モバイルノートPCに搭載されているインテルCore i7-10710Uとほぼ同等です。グラフィックス性能についても、Core i7-1065G7内蔵のIntel Iris Plusよりもやや高いスコアでした。

サクサク仕事をしたい方や、持ち運びするモバイルノートでやや重めのアプリを使用する方におすすめです。

一般ユーザーは、Ryzen 3 4300UにするかRyzen 5 4500Uにするか迷うところかと思いますが、ThinkPad E15 Gen 2などを見てみると、価格差は7,000円くらいなので、少し予算をかけられるならRyzen 5 4500Uがいいかなと思います。

 

Ryzen 4000シリーズ搭載ノートPCはこちら

Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載したノートパソコンの一覧は、こちらをご覧ください。各製品のレビューもあります。

 

Ryzen 5 4500U搭載のおすすめノートPC

 

関連ページ