HP ENVY x360 13 の特徴レビュー

更新日:2020年6月29日
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 8G / 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 13.3インチ
液晶種類 FHD IPS 光沢
質量 約1.25kg
バッテリー 最大 約17時間
(51Wh)
価格[税別] 9万円台~
1台で何役もこなせる13型 2 in 1 PC

HP ENVY x360 13は、コンパクトなボディで、持ち運びと取り扱いがしやすい、13型の2 in 1 PCです。

ボディサイズはコンパクトでも、AMD Ryzen 4000 (U)シリーズプロセッサーを搭載しており、処理性能はしっかり高いことも特徴です。また、バッテリー駆動時間もそこそこ長めですし、別売りになりますが、アクティブペンも使用できます。通常のモバイルPCとしてだけでなく、ペンを使ったドローイングやデザイン、SNS用の動画編集など、ライトなクリエイティブ作業にも使用できると思います。

1台のPCを色々な場所やスタイルで使いたい、しかも処理性能は高めがいい、という方に適した機種です。

ただし、質量はさほど軽くはありません。また、キーボード配列もややクセがありそうです。

公式サイトはこちら

HP ENVY x360 13の特徴

コンパクトだけど高い処理性能

HP ENVY x360 13は、13.3型のコンパクトボディに、AMD Ryzen 4000 (U)シリーズのプロセッサーを搭載することで、高い処理性能でありながら、持ち運びしやすいPCとなっています。

扱いやすいサイズに加えて、コンバーチブル型PCなので、使用する場所や、目的に合わせて変形することができ、多くの場面で活躍するでしょう。

旧モデルでは、液晶の色域もそこそこ広かった(当サイト計測でsRGBカバー率99.6%)ので、同等の液晶が搭載されているのであれば、Webコンテンツの作成など、クリエイティブな作業にも使用できるのではないかと思います。

 

Ryzen 4000 (U)シリーズ搭載

HP ENVY x360 13の搭載するプロセッサーは、AMD Ryzen 4000 (U)シリーズです。

旧モデルのHP ENVY x360 13が搭載していたAMD Ryzen 3000 (U)シリーズから、大きく性能が向上しています。

下のグラフでは、CPU性能の目安として、代表的なプロセッサーのベンチマークスコアを比較しています。Ryzen 3 4300Uでも、Core i7-10510Uや、旧世代のRyzen 7 3700Uに匹敵するほどのスコアを示しています。また、Ryzen 7 4700Uになると、一世代前にはなりますが、HシリーズのCore i7-9750Hと同等クラスのスコアです。

このように、インテルCPUと比較しても勝るほどの性能のプロセッサーでありながら、一般的に価格はインテルCPUよりも安いのも特徴です。価格対処理性能を考えると、とてもコスパの高いプロセッサーを搭載しています。

CPU性能の目安 ~ CINEBENCH R20 マルチコア ~
Core i9-10980HK 3713
Core i7-10875H 3557
Ryzen 7 PRO 4750U 3007
Core i7-10750H 2965
Core i7-9750H 2640
Ryzen 7 4700U 2602
Ryzen 5 4500U 2180
Ryzen 7 3700U 1526
Ryzen 3 4300U 1501
Core i7-10510U 1459
Ryzen 5 3500U 1421
Core i5-10210U 1418
Ryzen 3 3300U 992
Core i3-10110U 922
※緑色のバーが、本製品で選べるCPUです
※一部のスコアはnotebookcheckcpu-monkeyのサイトから引用

 

ただし、コンパクトボディなので、プロセッサーのパフォーマンスを十分発揮できるのかが、少し気になるところです。

また、Ryzen 5 4600HなどのRyzenプロセッサーのパフォーマンスをテストした時に、Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像には思ったより時間がかかるということがありました。Ryzenプロセッサーは、使用するソフトとの相性によっては、思ったほどの性能が発揮できないことがあるかもしれません。

 

コンパクトになった筐体

HP ENVY x360 13は、旧モデルから奥行きが短くなり、かなりコンパクトなボディとなっています。

下の画像のように、液晶の上下のベゼル幅が狭くなり、画面占有比が旧モデルの79%から、88%に大きく変化しています。その結果、旧モデルよりも奥行が18mmも短くなったので、カバンへの収まりがよくなり、持ち運びやすくなりました。また、タブレット形状にして手で持って使用する、といったスタイルでも、使いやすくなっていると思います。

旧モデルよりもコンパクトに

 

どの程度コンパクトなのかを把握するため、13インチのコンバーチブル型PCや、11型ノートPCとサイズを比較してみました。

同サイズのコンバーチブル型PCの中でもコンパクトさが特徴となっているHP Elite Dragonflyよりも、さらに奥行が短いです。また、参考までに比較してみたワンサイズ下の11インチクラムシェル型PCと同等の奥行しかありません。

コンパクトさを重視する方はもちろん、小さめのカバンにも入れやすいので、女性にもおすすめのサイズ感です。

13インチコンバーチブル型PCのサイズ・質量の比較
  奥行 高さ 質量
HP ENVY x360 13 (2020) [本機器] 306 194 15.5-16.5 約1.25kg
HP ENVY x360 13 (2019) 306 212 14.5-16 約1.28kg
ThinkPad X13 Yoga 310.4 219 15.95 約1.25kg~
Inspiron 13 5000 (5300) 305.96 203.4 15.85 約1.053kg~
HP Elite Dragonfly 304.3 197.5 16.1 約999g~
[11.6型クラムシェル]HP Stream 11 281 194 16.5-18.5 約1.0kg
[11.6型クラムシェル]ideapad Slim 150 288 200 18.8 約1.2kg
※ サイズの単位はmm

 

質量はやや重め

HP ENVY x360 13は、13型でコンパクトなボディが特徴となっていますが、モバイルPCとして見ると、質量は意外と重めです。

ただし、同じ13型の"コンバーチブル型"PCには、重めの機種が多いため、同じジャンルのPCでは、標準的な質量と言えるかもしれません。

十分に持ち運べる質量ではありますが、カバンに入れて色々な場所に持ち運ぶ、というような使い方で、質量にこだわるのであれば、13~14型のクラムシェル型ノートPCの方が、軽量な機種が多いので、おすすめです。

13インチクラスのコンバーチブル型モバイルPCの「質量」の比較
HP Elite Dragonfly 約999g~
HP ENVY x360 13 (2020) 約1250g
ThinkPad X13 Yoga 約1250g~
HP ENVY x360 13 (2019) 約1280g
XPS 13 2-in-1 (7390) 約1330g

 

最大 約17時間のバッテリー駆動

HP ENVY x360 13は、51Whバッテリーを搭載しており、旧モデルの53Whからは微減しているものの、それでも13型のモバイルノートPCとしては大きめの容量です。さらに、駆動時間で見ると、旧モデルの最大 約14.5時間から、最大 約17時間に17%ほど延びています。

Ryzenプロセッサー搭載機は、省電力性能にやや劣るというイメージがあるかもしれませんが、Ryzen 4000Uシリーズになって、改善されているようです。ただし、作業内容、例えば、高負荷の作業をある程度の時間続けた場合、駆動時間が大幅に短くなることもあるので、ご注意ください。

なお、HP Fast Chargeに対応しており、30分で約50%の充電が可能となっています。急に充電が必要になった時でも、安心です。

 

アクティブペンも使えるけど別売り

HP ENVY x360 13は、アクティブペンも使用できます。ただし、同梱されてはいないようなので、必要な場合は、別途購入する必要があります。

Microsoft Pen プロトコル(N-trig) に対応しており、この方式を採用したペンであれば、基本的には使用できるようです。メモ書き程度のペン入力ではなく、ちょっと本格的なドローイングにも使用したいのであれば、選択するペンの性能(筆圧検知のレベルや、傾き検知の有無など)もチェックが必要です。

アクティブペンも使用できる

 

キーボードはややクセあり?

HP ENVY x360 13のキーボードは、ややクセのある配置となりそうです。

下の画像は英字キーボードですが、エンターキーが端ではなく、赤枠で囲っている部分にもう一列キーが配置されています。右上端のキーは「Delete」キーで、緑色で囲っている部分は電源ボタンになっています。ピンクで囲った部分は、キーではなく、指紋センサーとなっています。「Delete」キーの押し間違いなどが起こり、慣れるまでやや使いにくく感じる可能性もあります。

英字キーボードはやや変則配置

 

加えて、他のPCと異なる機能として、「F8」キーにはマイクミュート機能、「F12」キーの右隣にはカメラシャッター機能がそれぞれ割り当てられています。日本語キーボードでも似たような配置になるのであれば、オンラインミーティングなどに使用する場合は便利かもしれません。

キーボードの打ちやすさにこだわるのであれば、日本語キーボードを確認した方がよさそうです。

 

HDMI出力端子はない

HP ENVY x360 13には、HDMI出力端子はありません。

ただ、Power DeliveryとDisplayPortに対応したUSB-Cポートを備えているため、USB-C to HDMIのアダプターや、USB-C - HDMIケーブルなどがあれば、外部ディスプレイへの接続も可能です。また、他社のUSB-Cアダプターによる給電もできます。

なお、その他には、下に押し下げて挿すタイプのUSBポートを2つと、microSDカードリーダーを備えています。

インターフェイスはやや限られてはいますが、宅内で使用する場合は、USB-Cドックなどを使用することで、カバーできるかもしれません。

インターフェース

 

Wi-Fi 6対応

HP ENVY x360 13は、これから主流となっていくと思われる無線規格のWi-Fi 6 (2x2)にも、ちゃんと対応しています。ルーターが対応していれば、より高速で安定したネット接続が可能となるので、長く快適に使いたいと考えている場合も、安心です。

 

旧モデルとの比較

最後に、HP ENVY x360 13の新旧モデルの比較を行います。

HP ENVY x360 13は、旧モデルからプロセッサーの処理性能が格段にアップしただけでなく、ボディサイズもよりコンパクトになりました。さらに、バッテリー駆動時間も延び、性能の高いアクティブペンも使用できるようになっています。モバイルPCとしても、クリエイティブな作業に対応できるPCとしても、大きな変化を遂げています。

一方、旧モデルのHP ENVY x360 13も、まだ販売されており、Ryzen 3 3300U、8GBメモリ、256GB SSDの構成モデルが6万円台と購入しやすくなっています。そこまで重い処理はしないということであれば、旧モデルでも快適に使えると思うので、用途によっては、こちらもおすすめです。

新旧モデルの比較
  [本製品]
HP ENVY x360 13
[旧モデル]
HP ENVY x360 13
画像
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
Ryzen 7 3700U
Ryzen 5 3500U
Ryzen 3 3300U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD IPS 光沢 FHD IPS 光沢
質量 約1.25kg 約1.28kg
サイズ [幅]306
[奥行]194
[高さ]15.5-16.5
[幅]306
[奥行]212
[高さ]14.5-16
バッテリー 最大 約17時間
(51Wh)
最大 約14.5時間
(53Wh)

 

まとめ

HP ENVY x360 13は、コンパクトボディでありながら、AMD Ryzen 4000 (U)シリーズの高い処理性能を備えた、13型のコンバーチブル型PCです。

処理性能、モビリティなどが、旧モデルより大きくアップグレードしており、より広範囲の作業に、快適に使用できるようになりました。

一台のPCを、メイン兼モバイルPCとして使用し、なおかつ、ペン入力もしたい、しかも処理性能も妥協したくない、という欲張りな願いを満たしてくれる機種だと思います。

ただし、コンパクトボディなので、高性能のRyzen 4000 (U)シリーズプロセッサーがどの程度のパフォーマンスを発揮できるのかは、未知数です。また、質量もそれほど軽量ではありません。

コンパクト・高性能で多用途に使える2 in 1 PC

HP ENVY x360 13

特徴

  • Ryzen 4000Uシリーズ搭載
  • コンパクトボディだけど高性能
  • アクティブペンも使用できる(別売り)

こんなあなたに

  • コンパクトだけどしっかり使える2 in 1 PCが欲しい
  • 価格9万円台[税別]~
  • the比較限定7%OFFクーポン
  • 一言放熱は大丈夫かな?
公式サイトはこちら

 

関連ページ