※当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

MousePro G4の実機レビュー

更新日:
CPU Core i5-1235U
Core i7-1255U
GPU CPU内蔵
メモリ 8GB~40GB
ストレージ 256GB~2TB SSD
液晶サイズ 14型
液晶種類 FHD 非光沢
質量 約1.08kg
バッテリー 約23.5時間
WWAN LTE対応
価格[税込] 16万円台~
非常に長いバッテリー駆動時間

MousePro G4は、他のモバイルノートPCと比べても、バッテリー駆動時間が特に長い機種です。

約73Whの大容量バッテリーを搭載していることに加え、15Wクラスのプロセッサーを搭載することで低消費電力で、約23.5時間(メーカー仕様値)ものバッテリー駆動が可能です。

また、大容量バッテリーを搭載しているのに、質量も軽く、外へ気軽に持ち運ぶことができます。

オプションで、LTEモジュールを追加することも可能でき、モバイルノートPCとして、使いやすい1台です。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i5-1235U、8GBメモリ (8GBx1)、256GB SSD

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で、マウスコンピューターのサイトへ行きパソコンを13万円以上(税込)ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。マウスコンピューターの製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。詳細は、下のバナーをクリックして下さい。

 

 

目次

お忙しい方は、「MousePro G4の特徴」のみお読みください。

 

MousePro G4特徴

バッテリー駆動時間が非常に長い

MousePro G4はバッテリー駆動時間が非常に長いモバイルノートPCです。外出先でバッテリー駆動状態で使うことが多い方におすすめです。負荷が低い作業のみする方であれば、1泊2日の出張でも、ACアダプターを持っていく必要がないでしょう。

バッテリー駆動時間が長いわけは、バッテリー容量が大きいためと、消費電力が低いUシリーズ(15W)のCoreプロセッサーを搭載しているためです。

モバイルノートPCの中でもバッテリー駆動時間が長め機種の、動画再生時のバッテリー駆動時間を下に掲載します。なお、これは、画面輝度を120cd/m2にして、同じ動画をリピート再生し、当サイトで計測したバッテリー駆動時間となります。

ご覧のように、バッテリー駆動時間が長めの機種の中でも、MousePro G4は特に長いバッテリー駆動時間です。

動画再生時のバッテリー駆動時間
Mouse Pro NB4 (73Wh) 24時間21分
LIFEBOOK WU2/G2 (64Wh) 19時間38分
ExpertBook B9 (66Wh) 19時間10分
XPS 13 9315 (51Wh) 17時間48分
ThinkPad X1 Carbon (57Wh) 15時間12分

 

質量も比較的軽い

最近は1kgを切るような軽い機種が増えてきており、約1.08kgのMousePro G4は、超軽量というわけではありませんが、それでも比較的軽い質量です。

特に、14型のモバイルノートPCとしては大きめのディスプレイを搭載し、バッテリー容量も非常に大きいのに、この質量は優秀です。持ち運ぶときも便利でしょう。

軽めの質量

 

ACアダプターも軽い

MousePro G4は、PC本体だけでなく、ACアダプターも軽いです。薄型なのでカバンなどにも入れやすくなっています。

PowerDelivery対応のUSB Type-Cポートもあるので、PD充電器を別途使っても良いですが、純正のACアダプターのほうがなにかと安心でしょう。

ACアダプターも軽い

 

LTEモジュールが選択可能

MousePro G4は、LTE通信モジュールを選択することも可能です。格安SIMを挿入することで、外にいても、パソコンを開けばすぐにインターネットに接続することができます。

5Gには対応していませんが、"5Gの通信速度は必要ない"という方も多いと思うので、そういった方には4G LTE通信モジュールで十分でしょう。

LTE通信モジュールが選択可能

 

処理性能は最新機種としてはやや劣る

最新のノートPCとしては、MousePro G4の処理性能はそこまで高くはありません。PBP(TDP相当)が15Wと低めであることに加え、高い負荷をかけたときにCPU電力がそれほど上がらないためです。

その代わり、PBP:28Wのプロセッサーよりも省電力であるため、バッテリー駆動時間が長くなり、またCPU温度も高くなりにくいです。

また、最新機種よりは低めと言っても、旧世代のCore i7-1165G7のプロセッサーよりは性能が高く、Web閲覧、メールチェック、Officeの使用といった一般的な用途であれば、十分快適に動きます。

CINEBENCH R23 マルチコアスコア
Core i7-1260P (28W) 9032
Core i5-1240P (28W) 8409
Core i7-1255U (15W) 8300
Core i5-1235U(15W) 7589
5373
旧世代Core i7-1165G7 4720
旧世代Core i5-1135G7 4424
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

メモリはオンボード+スロット

MousePro G4のメモリは、1つがオンボードメモリで、1つがスロット式のメモリです。標準では8GBのオンボードメモリのみなので、シングルチャネルで動作し性能は低めです。8GBだと容量も多くはないことから、できれば、オンボードメモリ8GB+スロットメモリ8GBの合計16GBのデュアルチャネル構成にするといいでしょう。

スロットメモリは、16GB、32GBのものも選択することができますが、合計16GBを超えるメモリに関しては、シングルチャネルで動作するため、オンボード8GB+スロット8GBの構成がちょうどいいと思います。もし、もっとメモリを使うのであれば、別の機種がいいと思います。

メモリはオンボード+スロット

 

各用途の快適度

各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによっても快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。

各用途の快適度
用途 快適度 コメント
Web閲覧
Office作業
Web閲覧やOffice作業をする分には、十分な性能を備えています。
オンライン会議 特別性能の良いスピーカーやWebカメラではありませんが、問題なくオンライン会議をすることができます。
動画鑑賞 スピーカー音はそれほどよくありませんが、色域は広めなので、映像は綺麗です。
RAW現像
画像編集
sRGB比100%クラスの液晶を搭載しており、RAW現像等の用途にも使えます。ただし、メモリは16GBにしたほうがいいです。
動画編集 簡易的なFHD動画編集ならできなくもありませんが、動画編集もするならもう少し性能の高い機種をおすすめします。
ゲーム ゲーム向きのPCでは無いので、ゲームをするなら別の機種がおすすめです。もし、ゲームをしたいなら、メモリは8GB+8GBのデュアルチャネル構成にしましょう。

 

ディスプレイのチェック

MousePro G4のディスプレイは、モバイルノートPCとしては大きな14型ディスプレイで、色域も比較的広く見やすいです。画面比は16:9で、流行りの16:10ではありません。

最大輝度は、当サイトの計測では300cd/m2と比較的高めです。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

当サイトの計測ではsRGBカバー率99.8%でした。一般用途としてはちょうどいい、比較的広めの色域だと思います。

ガモット図
※ i1 Display PlusでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を確認すると、どの色もほぼ補正されていないことが分かります。いずれかの色が強調されることなく、自然な発色です。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いので、見やすいです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢液晶であるため、映り込みが低減されており、作業に集中できます。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)はありませんでした。目も疲れにくいと思います。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

MousePro G4のキーボードの打ちやすさは普通です。

キーピッチは約19.1mm となっており、十分な数値です。キーストロークは約1.2mmとなっており、モバイルノートとしては普通かなと思います。キートップはほぼフラットです。「半角/全角」などやや小さいキーもありますが、変則的なキー配列ではなく、底付きの衝撃は低減されており、総じて普通の打ちやすさです。

タッチパッドの使いやすさは普通です。

キーボード全体図
※画像をクリックすると拡大できます
キーの拡大図

 

キーボードバックライトを搭載しているので、暗い場所でも操作しやすいです。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

MousePro G4のパフォーマンスのチェックです。

 

CPU

CPUには、PBP:15WのUシリーズのインテル第12世代Coreプロセッサーを搭載しています。

今回、Core i5-1235Uを搭載しており、他のノートPCで計測したときよりも、やや低めのスコアでした。それでも、旧世代のCore i7-1165G7よりスコアが高いです。

なお、パフォーマンスが上がるモードは特に用意されていませんでした。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Core i5-1235U
他のCPUとの比較(マルチコア)
Core i9-12900HX 21233
Core i9-12900H 19223
Core i7-12700H 14546
Ryzen 7 6800H 13999
Ryzen 7 5800H 12604
Core i7-1280P 11801
Ryzen 7 5825U 10040
Ryzen 7 5800U 9429
Ryzen 7 5700U 9288
Ryzen 5 5600H 9255
Core i7-1260P 9032
Core i5-11400H 8514
Ryzen 5 5600U 8491
Core i5-1240P 8409
Core i7-1255U 8300
Ryzen 5 5625U 8107
Core i5-1235U 7589
Core i7-1195G7 6594
Ryzen 5 5500U 6250
Core i7-1185G7 6229
Core i5-1235U 7589
5373
Core i7-1165G7 4720
Core i5-1135G7 4424
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-12900H 1920
Core i9-12900HK 1916
Core i7-12700H 1823
Core i7-1260P 1802
Core i7-1255U 1776
Core i7-1280P 1751
Core i7-1195G7 1634
Ryzen 7 6800H 1522
Core i7-1185G7 1517
Core i5-1240P 1483
Core i5-1235U 1675
1467
Ryzen 7 5825U 1460
Core i7-1165G7 1447
Core i5-11400H 1442
Ryzen 7 5800H 1435
Ryzen 7 5800U 1429
Ryzen 5 5625U 1383
Ryzen 5 5600U 1369
Core i5-1135G7 1294
Ryzen 7 5700U 1268
Ryzen 5 5500U 1185
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

なお、高負荷時のCPU電力、CPU温度は「パーツの温度のチェック」で記載しています。

 

メモリ

メモリはDDR4-3200です。標準だと8GBのシングルチャネルなので、帯域は広くありません。購入時のカスタマイズ画面でスロットメモリを追加すれば、デュアルチャネルになるので、帯域は広くなります。メモリ帯域は、特にグラフィック性能に影響するので、グラフィックに負荷のかかる作業をするのであれば、スロットメモリを追加したほうがいいでしょう。

SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
LPDDR5-6000
デュアルチャネル
64.52GB/s
DDR5-5200
デュアルチャネル
62.38GB/s
LPDDR5-5200
デュアルチャネル
58.49GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
52.25GB/s
LPDDR5-4800
デュアルチャネル
51.68GB/s
LPDDR4X-4266
デュアルチャネル
51.65GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
30.66GB/s
DDR4-3200
シングルチャネル
15.18GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のノートPCで計測した実測値です。理論的な最大値ではありません

 

グラフィックス

グラフィックス性能は、今回メモリはシングルチャネルだったこともあり、あまり高くありません。

デュアルチャネルにすれば、もっと高いグラフィック性能になるはずです。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
Core i5-1235U
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX450 30425
Ryzen 7 6800U
Radeon 680M
30319
Core i7-1280P
メモリLPDDR5-5600
23333
Core i7-1260P
メモリLPDDR5-5200
23149
Core i7-1195G7
メモリLPDDR4X-4266
22853
Core i7-1280P
メモリDDR4-3200
21606
Core i7-1260P
メモリDDR5-4800
20478
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
20052
Core i5-1135G7
メモリLPDDR4X-4266
18718
Ryzen 7 5800U
メモリLPDDR4X-4266
17020
Core i5-1240P
メモリLPDDR5-4800
16524
Core i7-1255U
メモリDDR4-3200
16093
Ryzen 5 5625U
メモリDDR4-3200
15826
Ryzen 7 5825U
メモリDDR4-3200
15728
Ryzen 7 5800U
メモリDDR4-3200
15531
Core i5-1155G7
メモリDDR4-3200
14917
Core i7-1165G7
メモリDDR4-3200
14247
Core i5-1235U
メモリDDR4-3200
13877
Core i5-1135G7
メモリDDR4-3200
13316
Core i3-1115G4
メモリDDR4-3200
11487
Core i5-1235U
メモリDDR4-3200
8769
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージは、初期構成ではPCIe Gen3のSSDを搭載しており、速度はご覧の通りです。全体的にそこまで速くありません。PCIe Gen4のSSDを選択することもできます。クリエイティブワークをしないなら、PCIe Gen3のSSDでも十分ですが、もしも動画編集などをするのであれば、PCIe Gen4 のSSDがいいと思います。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
256GB PCIe SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
 PCIe Gen3 SSD 3500
2462
SATA SSD 550
2.5インチHDD 150
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

SDカードスロット

micro SDカードスロットを搭載しています。アクセス速度は普通です。

CrystalDiskMark
~ SDカードスロット性能 ~
最大300MB/sのUHS-Ⅱのカードで測定

 

USB Type-C / HDMIの動作テスト

USB Type-Cの動作チェック

MousePro G4は、Thunderbolt 4ポートを搭載しており、以下の通り、多くの周辺機器が使用できます。

USB Type-C充電器/ドックの動作テスト
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック
PD充電器
※1
61W RAVPower GaN充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower GaN充電器
18W cheero充電器 ×
モニター
※2
EIZO ColorEdge CS2740
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター

 

HDMIの動作チェック

4KテレビへHDMIで接続したときの詳細です。4K、8ビット、RGB、60Hzで出力できていました。

4Kテレビ(ビエラ TH-55CX800)へ接続したときの詳細

 

質量のチェック

MousePro G4の質量のチェックです。

メーカーサイトには「約1.08kg」とあり、当サイトの計測値もほぼ同じです。スロットのメモリを追加すると、ちょうど1.08kgくらいになると思います。

比較的軽い質量で、持ち歩きにも便利です。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 1.075kg
ACアダプター+電源ケーブル 188g

 

バッテリー駆動時間のチェック

MousePro G4のバッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は約73Whと、かなり大きな容量です。ゲーミングノートPCだと99Whのバッテリーを搭載している機種もありますが、小型・軽量のモバイルノートとしてはトップクラスのバッテリー容量です。

バッテリー容量

 

バッテリー駆動時間はご覧の通りです。動画再生程度の軽い負荷であれば、約24時間もバッテリー駆動できます。下の(3)のやや高めの負荷をかけても、約8時間はバッテリーで駆動できます。外出先でも、バッテリー残量をあまり気にすることなく使うことができます。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 約 23.5時間
(2) 動画再生時 24時間21分
(3) CPU8%、GPU9%の負荷 8時間8分
※画面輝度は約120cd/m2
(1) メーカー公表値
(2) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(3) Premiere Proで480x320の動画をプレビュー再生(リピート)させたとき

 

Webカメラ・スピーカーのチェック

Webカメラ

Webカメラは、約100万画素の720pカメラで、普通の画質です。また、顔認証に対応しています。

Webカメラ
本製品のカメラで撮影
※クリックすると拡大できます。
※Webカメラの前にマネキンを置いて、約40cm離し、Windows標準のカメラアプリで撮影

 

スピーカー

スピーカーの音質はそれほど良くはなく、ノートPC基準で10点満点で4点といったところです(5点が普通です。音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。

スピーカー

 

パーツの温度のチェック

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU温度およびCPU電力の推移を確認します。

PBP(プロセッサーベース電力)が15Wとなっており、負荷のかけ始めはそのくらいのCPU電力で動いていますが、徐々に下がっていき、約11Wくらいまで下がります。CPU電力はそれほど高くはありません。

CPU温度については、70℃台で推移しており、問題ありません。

CPU電力&CPUクロック
CPU温度

 

静音性のチェック

静音性のチェックです。アイドル時のときも低負荷のときも高負荷のときも静かです。ファン音を気にすることなく、作業に集中できるでしょう。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:Filmora 9 の動画編集ソフトでプレビュー再生
左から3番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手の平を置くパームレストの温度変化は重要です。

表面温度は比較的低い温度なので、不快に感じることはありません。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

消費電力は低いです。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています
※TAP-TST8は、従来使っていたTAP-TST7よりも、消費電力が低めに計測される傾向があります。他のPCと消費電力を比較するときは、ご注意ください。

 

外観のチェック

MousePro G4の外観のチェックです。

ブラックのカラーでシンプルなデザインです。光沢感はありませんが、触ると割とツルツルしています。なお、本製品は、MIL規格に準拠したテストを実施されており、堅牢性が高いです。

 

天板には、mouseのロゴが入っています。

 

高さは16.9mmとスリムです。

 

インターフェースはご覧の通りです。

 

ヒンジは180度開きます。

 

底面に吸気口はありません。キーボード面から吸気しています。

 

PCの内部はご覧のようになっています。CPU冷却ファンは1つのみです。

 

メモリは、1つがオンボードです。メモリスロットも1つあります。

 

ストレージには、Type 2280のM.2 SSDが搭載されています。

 

LTEモジュールを接続するためのスロットとアンテナがあります。

 

ACアダプターは小型ですが、65Wと十分な容量があります。

 

まとめ

以上が、MousePro G4のレビューです。

何と言っても、バッテリー駆動時間の長さが魅力のモバイルノートPCです。バッテリー駆動状態で長時間使うことが多い方におすすめです。

バッテリー容量が多い割には、質量も軽くて持ち運びやすいです。ACアダプターが軽いのも嬉しいです。

ディスプレイは、モバイルノートにしては大きめの14インチサイズで、色域も広めで見やすいです。

メモリは、オンボード+スロットという構成になっている点に注意しましょう。16GBのメモリで足りる方は問題ありませんが、それ以上の容量が必要になる方は、16GBを超える分はシングルチャネルで動くのでご注意下さい。

また、プロセッサーは、PBP:15WのUシリーズのインテル第12世代Coreプロセッサーです。PBP:28Wのプロセッサーと比べるとパフォーマンスは落ちます。ただし、第11世代Coreプロセッサーと比べると高い性能なので、モバイルノートで行う一般的な用途であれば、遅く感じることはないでしょう。

 

バッテリー駆動時間が非常に長い

MousePro G4

特徴

  • かなり長いバッテリー駆動時間
  • 14型と大きめで見やすいディスプレイ
  • 比較的軽い質量

こんなあなたに

  • バッテリー駆動状態でよく使う方
  • 頻繁に持ち運びする方
公式サイトはこちら

 

関連ページ