レノボ IdeaPad Slim 550 (14)の実機レビュー

更新日:2020年9月12日
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ SSD
液晶サイズ 14インチ
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.45kg
バッテリー 約12時間
価格[税別] 4万円台
恐ろしく高いコストパフォーマンス

IdeaPad Slim 550 (14)は、非常にコストパフォーマンスの高いノートPCです。

まず価格ですが、Ryzen 3モデルなら4万円台、Ryzen 5モデルでも5万円台からと非常に安いです。

安いだけでなく、液晶にIPSパネルを搭載しているのも特徴で、安いノートPCにありがちなTNパネルよりも見やすくなっています。

Ryzenプロセッサーに、SSD、FHD IPS液晶を搭載してこの価格は、ありえないくらい安いです。

一部を除き納期が6週間以上と長いので、必要な方は早めに購入しておきましょう。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、当サイトの購入品です。今回は以下の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Ryzen 7 4700U、16GBメモリ、512GB PCIe SSD

 

目次

お忙しい方は、「IdeaPad Slim 550 (14)の特徴」のみお読みください。

 

IdeaPad Slim 550 (14)の特徴

非常に高いコストパフォーマンス

IdeaPad Slim 550 (14)は、Ryzen 4000 Uシリーズのプロセッサーに、SSD、FHD IPS液晶を搭載した十分なスペックでありながら、価格が4万円台と非常に安い点が特徴です。

4万円台の構成だとメモリが4GBになってしまいますが、Ryzen 5 4500U、8GBメモリ、256GB SSDといった構成でも、57,684円(税込)と非常に安くおすすめの構成です。筆者の知る限りでは、これ以上コストパフォーマンスの高い一般向けノートPCは見たことがありません。

 

眼が疲れにくいIPSパネルを搭載

価格だけで言えば、IdePad Slim 350 14のほうが安いですが、この製品はTNパネルという液晶を搭載しています。一方、本製品はIPSパネルという品質の高いディスプレイを搭載している点が大きなメリットです。個人的な意見ですが、IPSパネルの方が眼が疲れにくいです。特に長時間、パソコンを操作することがあるのであれば、TNパネルよりもIPSパネルの本製品のほうがいいでしょう。

IPSパネルを搭載し眼が疲れにくい

 

SSDを2つ搭載可能

IdeaPad Slim 550 (14)はM.2 SSDを搭載していますが、この他にもう1つ空きのM.2スロットがあります。底面カバーを外せる方なら、自分でM.2 SSDを増設することも可能です。

試しに、Type 2280のM.2 SSDを増設してみましたが、正常に認識されました。自分でAmazon等から安いM.2 SSDを購入し増設することができます。なお、増設は自己責任でお願いします。当サイトでは保証もサポートも出来ません。

M.2スロットが2つ
SSD増設後の「ディスクの管理」画面

 

持ち運びもできる軽さ

IdeaPad Slim 550 (14)の質量は、約1.45kg(メーカー仕様値)となっており、当サイトの実測値ではさらに軽い1.397kgでした。持ち運び用に特化したモバイルノートPCほど軽くはありませんが、持ち運べない重さでもありません。移動距離が短い方や、車での移動が主である方などであれば、それほど苦もなく持ち運べる軽さです。

持ち運べる軽さ

 

電源ボタンを軽く1回押せばスリープ解除&ログイン!

IdeaPad Slim 550 (14)は、指紋認証装置と電源ボタンが一体化しています。電源ボタンを"軽く"1回押しただけで、スリープ解除&ログインができて便利です。他社でも同様の仕組みはありますが、電源ボタンを長押ししないとログインまでしてくれない機種も多いです。

電源ボタンを軽く1回押せばスリープ解除&ログインができる

 

Webカメラを隠せる

IdeaPad Slim 550 (14)は、プライバシーシャッターが搭載されており、Webカメラを物理的に隠すことができます。Webカメラを隠しておけば、Webカメラを通して覗き見るマルウェアなどから身を守ることができます。付箋などを貼っておく人もいますが、そんなことをしなくても、カメラの上にあるレバーをスライドさせるだけでいいので便利です。

Webカメラを物理的に隠せる

 

指紋や皮脂が目立ちにくいボディ

IdeaPad Slim 550 (14)のパームレスト面はグレーのカラーで、高級感はあまりありませんが、指紋や皮脂が目立ちにくいカラーです。指紋などが目立つ機種の場合、汚く見えるので頻繁に拭いたりする必要がありますが、本製品はそのような手間は必要なく、いつでも清潔感があります。

指紋が付きにくい

 

残念なポイント

IdeaPad Slim 550 (14)の人によっては残念に感じるポイントとしては、メモリがオンボードであるという点が挙げられます。4GBメモリのモデルを買って、自分で安く買ったメモリを取り付けるとか、重いアプリを起動するので32GBメモリを搭載したいとか、そういったことができません。

また他には、顔認証に対応していない点、Wi-Fi 6に対応していない点、Thunderbolt 3に対応していない点などが挙げられます。

 

各用途の快適度

各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによっても快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。

各用途の快適度
用途 快適度 コメント
Web閲覧
Office作業
Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載し、Officeなどもサクサク動きます。視野角が広いので画面も比較的見やすく仕事がしやすいでしょう。
動画鑑賞 処理性能は十分ですが、ディスプレイは色鮮やかではありません。スピーカー音は普通です。
RAW現像
画像編集
ディスプレイの色域が狭いので、デジタル写真を編集したりする用途には適していません。ただし、CPUの処理性能は高いので、外部ディスプレイに接続するならアリだと思います。
動画編集 家庭用動画編集ソフトで、カット編集&テロップ入れをする程度なら問題ないでしょう。ただし、YouTube公開用に動画編集するなら、もう少し色域の広いノートPCがおすすめです。Premiere Proなどを使って本格的にやるなら、外部グラフィックスを搭載したモデルのほうがいいです。
ゲーム 内蔵グラフィックスにしては高い性能なので、軽いゲームなら重く感じないものもあります。例えば、フォートナイトの場合、「中設定」なら60fps出ていました。ただし、頻繁にやるなら、GeForce GTX 1650程度でもいいので、外部グラフィックスを搭載したモデルのほうがいいと思います。

 

ディスプレイのチェック

IdeaPad Slim 550 (14)のディスプレイのチェックです。

色域は狭いですが、視野角は広いので、一般ユーザーなら問題ない品質です。画像編集などクリエイティブな作業に使用するなら物足りない品質です。最大輝度は、当サイトの計測では345cd/m2とやや高めです。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 画素・
    ギラつき
  • 映り込み
  • フリッカー

色域は狭いです。当サイトの計測ではsRGBカバー率は60.2%でした。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を確認すると、暖色系の画面になっているのが分かります。画面がやや黄色っぽいなと感じる方もいるかもしれません。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

画素形状は次の通りです。ギラつきはそれほど感じません。

画面拡大

非光沢液晶であるため、画面への映り込みは低減されています。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカーがないかを確認してみました。正確な確認方法ではありませんが、輝度を「10」に下げてもフリッカーは確認できませんでした。ちなみに、輝度を「0」にするとカメラで撮影できなかったので、今回は「10」で撮影しました。

フリッカーのテスト
※カメラのシャッタースピードを1/2000秒にして撮影したときの画面

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

実測で、キーピッチは横:19mm、縦:18.5mmで、キーストロークは約1.6mmとなっています。ノートPCとしては標準的な数値です。「Backspace」キー、「¥」キー、矢印キーなどは小さく、ややタイプミスしやすいですが、全体的に見て普通の打ちやすさのキーボードではないかと思います。

タッチパッドの操作性も普通です。

キーボード全体図
キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載しています。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

IdeaPad Slim 550 (14)は、第3世代Ryzen 4000 Uシリーズのプロセッサーを搭載しており、とても高い性能です。今回、Ryzen 7 4700Uを搭載していますが、このCPUにしては非常に高いスコアが出ました。Ryzen 7 4700UはデフォルトTDPが15Wですが、TDP 45WのRyzen 5 4600Hとほとんど変わらないほどのスコアでした。

CINEBENCH R20
~ CPU性能の評価 ~
Ryzen 7 4700U
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 4900HS 4250
Ryzen 7 4800H 3944
Core i9-10980HK 3713
Core i7-10875H 3557
Ryzen 5 4600H 3260
Ryzen 7 4700U 3232
2585
Ryzen 7 Pro 4750U 3197
Core i7-10750H 2965
Core i7-10710U 2211
Ryzen 5 4500U 2187
Ryzen 3 4300U 1637
Core i7-1065G7 1484
Core i7-10510U 1459
Core i5-1035G1 1424
Core i5-10210U 1418
Ryzen 3 3200U 751
Celeron N4100 459
Core m3-8100Y 434
Celeron 4205U 304
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

メモリ

メモリはDDR4-3200のデュアルチャネルで高速です。

本製品のメモリ

 

グラフィックス

プロセッサー内蔵のグラフィックスとしては高い性能です。ゲームなどをする場合に、多少フレームレートが出やすいでしょう。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~

Radeon Graphics (Ryzen 7 4700U)
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1050 25325
GeForce MX330 16714
Radeon Graphics
(Ryzen 9 4900HS)
16322
GeForce MX250 15406
Radeon Graphics
(Ryzen 7 Pro 4750U)
14302
Radeon Graphics
(Ryzen 7 4700U)
13861
12948
Radeon Graphics
(Ryzen 5 4500U)
11999
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
11084
Radeon Vega 8
(Ryzen 5 3500U)
10014
Radeon Graphics
(Ryzen 3 4300U)
9800
Intel Iris Plus
(Core i5-1035G4)
9188
Intel UHD
(Core i5-10210U)
5800
Intel UHD 620
(Core i5-8265U)
5274
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージには、PCIe SSDを搭載しています。PCIe SSDとしてはそこまで速くありませんが、体感速度は十分速いです。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
512GB PCIe SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe-NVMe SSD 1500 ~ 3600
2302
SATA-AHCI SSD 550
HDD 140
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

SDカードスロット

フルサイズのSDカードスロットを搭載しています。アクセス速度は普通です。

CrystalDiskMark
~ SDカードスロット性能 ~
最大300MB/sのUHS-Ⅱのカードで測定

 

その他のベンチマーク

その他のベンチマーク、LightroomやPremiere Proの書き出し時間などについては、下のリンク先をご覧ください。他の機種で計測したスコアではありますが、ほぼ変わらないので参考になると思います。

 

フォートナイトやPUBG、VALORANT、Apex、ストV、鉄拳7などのゲームのフレームレートについては下のページにまとめましたので、こちらもご覧ください。

 

クリエイターソフトの処理時間

以下、実際のソフトウェアで計測した各種処理時間です。Lightroom、Premiere Proの処理時間については上のリンク先をご覧ください。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間

高速ですが、CINEBENCH R20ほどの高い数値ではありませんでした。

  エンコード時間
x265でエンコード (※1) 16分25秒
VCEでエンコード (※2) 1分29秒
NVENCでエンコード (※3)
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 AMD APU内蔵のハードウェアエンコーダー(AMD Media SDK)
※3 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
x265でのエンコード時間
Ryzen 9 4900HS 10分55秒
Ryzen 7 4800H 11分00秒
Core i9-10980HK 11分11秒
Core i7-10875H 11分54秒
Ryzen 5 4600H 13分10秒
Core i7-10750H 13分29秒
Core i7-9750H 15分37秒
Ryzen 7 4700U 15分44秒
16分25秒
Core i7-10710U 19分05秒
Ryzen 5 4500U 19分49秒
Ryzen 3 4300U 25分22秒
Core i7-10510U 28分32秒
Core i5-10210U 28分53秒
Core i3-10110U 42分20秒
Core i3-8130U 45分24秒
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
x265でエンコード時間中のCPUクロック

CINEBENCH R20ほど速くなかったのは、実行直後は、他のRyzen 7搭載PCよりも高めのCPUクロックで推移するのに対し、1分くらい経つとCPUクロックが大きく落ちるためです。多少落ちるのは普通の動きですが、本製品は落差が激しいです。ただし、それでも十分速く、TDP 15Wのプロセッサーとしてはトップの処理時間となっています。

 

USB Type-C / HDMIの動作テスト

IdeaPad Slim 550 (14)のUSB Type-Cポートは、Power Deliveryおよび映像出力に対応しています。ただし、Thunderbolt 3には対応していません。充電は18WのPD充電器も使えました。

USB Type-C充電器/ドックの動作テスト
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック × ×
PD充電器
※1
65W ZHOULX充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower充電器
18W cheero充電器
5V充電器 ※2 5V/2.4A ANKER充電器 ×
5V/2.4A AUKEY充電器 ×
モニター
※3
EIZO ColorEdge CS2740
Philips 258B6QUEB/11
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 スマホやタブレット向けの5Vの充電器
※3Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター

 

HDMIの動作チェック

4KテレビへHDMIで接続したときのテストをしました。YCbCr444の30HzもしくはYCbCr420の60Hzで表示できます。

4Kテレビ(ビエラ TH-55CX800)へ接続したときの詳細

 

質量のチェック

IdeaPad Slim 550 (14)の質量は、メーカーサイトには「約1.45kg」と書かれています。当サイトの計測値は下表の通りで、メーカーサイトに書かれていた質量よりもやや軽いです。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 1.397kg
ACアダプター+電源ケーブル 203g

 

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は44.5Whとなっており、普通の容量です。

バッテリー容量

 

バッテリー駆動時間は下の通りで、普通だと思います。なお、バッテリー時に画面がかなり暗くなりますが、「AMD Radeon Settings Lite」を起動し、「Vari-Bright」をオフにすれば、通常の輝度に戻ります。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 約12時間
(2) PCMark 10 Modern Office 9時間35分
(3) 動画再生時 6時間41分
(4) PCMark 8 Work 6時間50分
※画面輝度は約120cd/m2、電源モードは高パフォーマンス
(1) メーカー公表値
(2) 文書作成、ブラウジング、ビデオ会議といった事務作業。アイドル時も多く軽めの処理
(3) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(4) ブラウザでのショッピング/画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャット等。やや重めの作業

 

カメラ・マイク・スピーカーのチェック

Webカメラ

IdeaPad Slim 550 (14)のWebカメラの解像度は1280x720です。画質は、ノートパソコンのWebカメラとしては標準的です。

Webカメラの前にマネキンなどを置いて、Windows 10標準のカメラアプリで撮影
Webカメラの画質
左:本製品、右:Logicool StreamCam

 

マイク性能

IdeaPad Slim 550 (14)のマイク性能は、ノートPCとしては普通です。やや高い外付けマイクには見劣りします。

Zoomでミーティング中の音声を録音
本製品のマイク
[参考]1万円台のマイク
audio-technica AT2020USB+
※音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。

 

スピーカー

スピーカーはキーボードの両側面に配置されています。音質は普通で、ノートPC基準で勝手に採点すると10点満点で5点といったところです(5点が普通です。音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。

スピーカー

 

 


 

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は大きく変わります。

静音性のチェック

動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ無音です。高い負荷がかかったときは、他のノートPCと同様の騒音値です。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:Filmora 9 の動画編集ソフトでプレビュー再生
左から3番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

パーツの温度のチェック

ここでは、CPU使用率がほぼ100%になるエンコード時の温度のみを掲載します。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

実行直後は90℃台まで上がりますが、CPUクロックが落ち着いてからは60℃台で推移しており、問題ない温度です。

x265でエンコード中のCPU温度

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

全体的に低めの温度です。特に手の平は熱くなることなく作業できると思います。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

TDP 15Wのプロセッサーなので、低めの消費電力です。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から、確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

IdeaPad Slim 550 (14)の外観のチェックです。

パームレストが地味な色のせいかややチープさを感じますが、指紋などは目立ちにくく実用的です。

 

天板は、パームレストとはやや異なるカラーで、メタリック風のシルバー色になっています。

 

ボディは薄いです。

 

側面のポート類です。優先LANは無いものの、主要なポートは揃っていると思います。

 

液晶が開く最大の角度は次の通りです。

 

底面です。

 

底面カバーを固定しているネジを外すには、T5トルクスドライバーが必要です。

 

メモリはオンボードで換装することはできません。

 

搭載されていたSSDは、Type 2242のM.2 SSDです。ネジにシールが貼ってあるので破くと保証対象外になると思います。

 

Type 2280のM.2スロットもあります。

 

ACアダプターは、ケーブル一体型で、プラグ部分は収納できません。

 

まとめ

以上が、IdeaPad Slim 550 (14)のレビューです。

Ryzen 4000Uシリーズプロセッサーに、8GBメモリ、SSD、FHD IPS液晶を搭載しており、一般ユーザーには十分なスペックのノートPCです。

この構成で価格は4万円台からとなっており、非常にコストパフォーマンスは高いです。現在発売中のノートPCの中で随一のコスパの高さではないかと思います。間違いなく人気となる機種でしょう。

また、空きのM.2スロットがあるのも、一部のユーザーには嬉しいのではないかと思います。

ただし、メモリがオンボードとなっており、換装することができません。メモリをたくさん使うことが分かっている方は16GBを搭載したモデルを購入するといいと思います。

 

コスパ最高のノートPC!!

IdeaPad Slim 550 (14)

特徴

  • コスパの高さは随一
  • Ryzen 7 4700Uならかなり高性能
  • M.2スロットを2つ搭載

こんなあなたに

  • 多くの一般ユーザー
  • 価格4万円台[税別]~
  • 一言人気間違いなし
公式サイトはこちら

 

関連動画

IdeaPad Slim 550 14について、概要をまとめた動画を作成しました。

 

関連ページ