会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ウイルス対策ソフト/セキュリティソフト > セキュリティソフト > KINGSOFT Internet Security 2017

KINGSOFT Internet Security 2017 のレビュー

更新日:2018年9月19日
電話サポートが受けられる無料のセキュリティソフト

KINGSOFT Internet Security 2017は条件を満たせば無料で使用できるセキュリティソフトです。条件は、ブラウザのホームページをStartHomeに設定するか、ポップアップ広告を表示するかです。どちらも嫌な場合は、有料版を選択することもできます。有料版でもそれほど高い価格ではありません。例えば、1台版なら期間無制限で、2,000円です。

セキュリティソフトとしての保護性能は、決して高くありません。ただ、無料版、有料版のどちらを使用していても、無料の電話サポートを受けることができるという点はメリットとなります。

公式サイトはこちら

目次

リンクをクリックするとページ下へスクロールします。お忙しい方は「KINGSOFT Internet Security 2017の特徴」をお読みください。特徴を簡潔にまとめています。

KINGSOFT Internet Security 2017の特徴

高い検出率をアピールするが・・


高い検出率を紹介(2014年3月の単月)

KINGSOFT Internet Security 2017のウェブページには、図のグラフを用いて、99.5%という高い検出率が紹介されています。

確かに高い検出率なのですが、これはKINGSOFT Internet Securityが独自のスキャンエンジン「Blue Chip III」に加え、そこそこ高い性能のAVIRAエンジンも搭載していた、2014年のデータです。現在のKINGSOFT Internet Security 2017には、AVIRAエンジンは搭載されておらず、検出率が下がっていることが予想されます。数年前の高い検出率を鵜呑みにして、現在も性能が高いと判断することはできないでしょう。

さらに、2015年以降、AV-comparativesなどの第三者機関のテストに参加していません。

 

無料の電話サポート


無料電話サポート

KINGSOFT Internet Security 2017は、無料のセキュリティソフトなのに、電話サポートまで無料で受けることができます。操作や設定について電話で相談することができます。

実際にサポートに電話をかけてみましたが、タイミングが悪かったのか、20回ほどかけてもつながりませんでした。無料なので仕方がないですが、あまり期待はできないかもしれません。

 

ブラウザのスタートページがStartHomeに


不定期に表れるポップアップ広告

KINGSOFT Internet Security 2017は、無料、かつ広告なしで使用できる代わりに、Internet ExplorerとEdgeのスタートページがKINGSOFTの運営するStartHomeに設定されます。

それなら、ChromeやFireFoxなどの別のブラウザを使うとよさそうですが、詳細設定でブラウザの追加設定をしないとそれらのブラウザはインターネット保護の対象外となっています。そして、追加の設定をしてChromeやFireFoxを使用していると、時々図のようなポップアップの広告が出てきます。

ポップアップ広告が一番怪しいような気がするのは、筆者だけでしょうか。

 

マルウェア対策性能

KINGSOFT Internet Security 2017のマルウェアの対策性能は、”低い”と思われます。

ここでは、代表的な調査結果として、まず、オーストリアのAV-Comparativesの評価を掲載します。下表のReal-World Protection Testは、Webサイトを閲覧中の実利用環境で、どの程度マルウェアを防ぐかをテストしたものです。2015年以降、テストに参加していないので、残っている記録のうち新しいものから3つを載せています。2014年の3~6月の時期はAVIRAのエンジンを搭載していたこともあり、ADVANCEDの評価を得ていたときもあります。しかし、AVIRAのエンジンを使わなくなってからはAV-Comparativesのテストに参加していません。

AV-Comparatives | Real-World Protection Test
  2013年8~11月 2014年3~6月 2014年8~11月
保護率 92.6% 95.4% 93.5%
AWARD LEVELS
※AWARD LEVELSは、最高評価がADVANCED+(★★★)となります

 

次に、ドイツの独立機関であるAV-TEST.orgの評価結果を確認します。こちらも、2014年までのテストにしか参加していません。2014年の8月と10月の成績は良かったですが、2014年12月のProtectionスコアは3.5ととても低いです。これは、純粋にマルウェアの検出率が平均よりも低かったからのようです。

PerformanceやUsabilityのスコアも重要ですが、高いProtectionスコアはセキュリティソフトの必須条件です。これらの評価を考えると、安心できるかと言われると厳しいです。

AV-TEST.org | Windows 7 / 8
  2014年8月 2014年10月 2014年12月
Protection 5.5 5 3.5
Performance 6 6 5
Usability 5.5 6 6
認定
※Protection:ウイルス、ワーム、トロイの木馬などマルウェア全般からの保護能力
※Performance:PCのスピードへの影響
※Usability:誤検出などPCの利便性を損なわないようにする能力
※各項目の最高点は、6点となります

 

動作の軽さ

動作の軽さは"軽い"と思います。

当サイトでの詳細な動作チェックは行っていませんが、実際に使ってみても、特に重いと感じることはありませんでした。インストールも、アンインストールも非常に速いです。

また、AV-ComparativesのPerformance Testsの結果では最高評価のAdvanced+を得たこともありますし(2014年)、AV-TESTの「Performance」のスコア(上述)でも、なかなか高い評価を得ています。

 

ランサムウェア対策

KINGSOFT Internet Security 2017には、ランサムウェア対策に特化した機能はありません。未だに猛威を振るうランサムウェアからの保護性能は"低い"でしょう。

ただし、他の無料ソフトの中でもランサムウェア対策を強化する機能を搭載したものはほとんどないので、仕方がないかなと思います。

なお、ランサムウェア対策性能の高いセキュリティソフトを探している場合は、下記の性能比較ページをご覧ください。

セキュリティソフトのランサムウェア対策性能の比較

 

ネットバンキング保護

KINGSOFT Internet Security 2017のネットバンキング保護の性能は"低い"と思います。

基本的な機能である程度保護できると思いますが、ネットバンキング保護に特化した機能は搭載していません。

ネットバンキングをよく利用される方は、ネットバンキング保護に特化した機能、例えば決済ブラウザなどを備えたソフトを利用されることをおすすめいたします。

 

Web脅威対策

KINGSOFT Internet Security 2017のWebの脅威からの保護機能は"低い"と思います。

第3者機関によるAV-Comparativesの評価

AV-ComparativesのWebサイト閲覧中の保護能力を評価するReal-World Protection Tests(上に詳細を記載)には、ここ数年参加していません。第三者機関によるテストに参加していない、という事実も一つの評価ポイントとなるかもしれません。

参加していた2014年のテストでは「ADVANCED」の評価を得たこともありますが、保護率にばらつきがあり、安定感がありませんでした。信頼性に疑問が残ります。

 

デフォルトではIE以外のブラウザは保護されない

KINGSOFT Internet Security 2017のインターネット保護機能は、初期状態ではIE(インターネットエクスプローラー)のみしか保護対象になっていません。ChromeやFireFoxといった別のブラウザを使用する場合は、ブラウザを追加する必要があります。

無料のセキュリティソフトを使う方がそれほどパソコンに詳しくない場合、セキュリティソフトの設定の部分まで見ずに、デフォルトのまま使用することが多いと思います。その場合、IE以外を使うと保護されていない状態でインターネットを使用することになり、Web脅威にさらされる危険が高まります。

IE以外のブラウザは追加設定が必要

 

迷惑メール対策

KINGSOFT Internet Security 2017には、迷惑メール対策機能はありません。

 

脆弱性対策

KINGSOFT Internet Security 2017には、脆弱性対策の機能は搭載されていません。

セキュリティチェックを実行すると、「パソコン脆弱性のチェック」も行いますが、適用されていないWindows Updateなどは行われていません。

 

ファイアウォール

KINGSOFT Internet Security 2017には、ファイアウォール機能は搭載されていません。

 

ID・パスワード管理

KINGSOFT Internet Security 2017は、ID・パスワード機能が搭載されています。

下記のような画面で、パスワードを管理できます。最近は、カード情報やオンラインバンキング情報など管理できる種類が増えているソフトもありますが、KINGSOFT Internet Security 2017で管理できるのは、アカウント情報のみ(アカウント名とパスワード)です。

自動入力してくれないので、設定画面を出して、コピペしないといけません。思ったより面倒です。

ID・パスワード管理

 

ペアレンタルコントロール

KINGSOFT Internet Security 2017には、ペアレンタルコントロール機能はありません。無料のペアレンタルコントロール機能を使用したい場合は、Windows Defenderの機能を使用するとよいかもしれません。

 

その他の機能

不要ファイルの削除

KINGSOFT Internet Security 2017には、不要なファイルを検索して、削除する機能があります。

ブラウザ不要ファイル、システム不要ファイル、その他プログラム不要ファイル、SNS不要ファイル、レジストリ不要ファイル、プレイヤー不要ファイル、オンラインゲーム不要ファイルを探して、削除することができます。

不要ファイルの削除

 

PC加速

KINGSOFT Internet Security 2017には、メモリを開放することなどにより、PCのスピードを上げるという、PC加速という機能があります。

デフォルトだと、図の右にある「加速ボール」が常に画面の右下に表示されています。これをクリックしても、メモリの開放が行われるようです。

PC加速

 

ファイルクラッシャー

重要なファイルを安全に削除することができ、復元できなくすることが可能です。

ただし、どのような方式をとっているのかは不明です。あっという間に削除の処理が終わるので、やや心配です。

ファイルクラッシャー

 

操作画面

メイン画面


メイン画面

KINGSOFT Internet Security 2017のメイン画面です。

現在のデバイスの安全性を確認できます。

詳細設定を行うには、右上のメニューから「詳細設定」を選択します。

以下に、詳細設定の画面をご紹介します。


「基本設定」画面


「基本設定」画面

KINGSOFT Internet Security 2017の「基本設定」の画面です。

基本設定、通知設定、アップデート、右クリックメニュー、その他の項目に分かれており、それぞれ設定できます。


「安全保護」画面


「安全保護」画面

KINGSOFT Internet Security 2017の「安全保護」の画面です。

ウイルススキャン、システム防御、インターネット保護、USB保護、除外設定、エンジン設定のメニューがあります。

ちなみに、エンジン設定では、推奨となっているシステムエンジン起動がデフォルトでオフになっています。推奨ならばデフォルトでオンになっていればいいのですが・・・。


「不要ファイル」画面


「不要ファイル」画面

KINGSOFT Internet Security 2017の「不要ファイル」の画面です。

不要ファイルに関する、通知設定と基本設定を行えます。

セキュリティとは直接関係のない機能です。


「PC加速」画面


「PC加速」画面

KINGSOFT Internet Security 2017の「PC加速」の画面です。

通知設定ができます。

セキュリティとは直接関係のない機能です。


「実用ツール」画面


「実用ツール」画面

KINGSOFT Internet Security 2017の「実用ツール」の画面です。

加速ボールの表示に関する設定ができます。

設定を行わないと、常に最前面に表示されます。邪魔に感じるのであれば、最前面に表示のチェックを外すか、加速ボールの設定自体を無効にするとよいでしょう。


 

サポート

問い合わせ窓口:KINGSOFT Internet Security 2017 サポート

電話対応時間:平日 10:00 ~ 13:00、14:00~17:00

 

価格

KINGSOFT Internet Security 2017には、無料版と有料版がありますが、性能や機能に違いはありません。

無料版は、ブラウザのホームページをStartHomeに設定する、もしくはPCの使用中に不定期でポップアップ広告を表示することで、無料で使用できます。

ブラウザのホームページをStartHomeに設定したくない、かつポップアップ広告も表示したくない、という場合は、有料版を選択するとよいでしょう。有料版でも、更新料がかからないのはメリットです。

KINGSOFT Internet Security 2017
台数 年数 価格
1台版 1年 1,000円
無制限 2,000円
3台版 無制限 3,980円
5台版 無制限 4,980円

 

まとめ

KINGSOFT Internet Security 2017は、無料のセキュリティソフトなのに、無料電話サポートまで利用可能です。

数年前のデータをもとに、検出率が高くて性能がよいようなアピールしていますが、現在はAVIRAのエンジンを使わなくなったことで、セキュリティソフトの性能としては、それほど高くありません。

Windows 10をお使いなら、OS標準のWindows Defenderのほうが性能はいいと思います。

実際に使用してみても、セキュリティと関係のない、ファイル削除やPC加速(メモリの開放)、ファイルクラッシャーと言った機能が多いのが目立ちます。ただ、最近のPCであればそれほど必要としない機能だと思います。

 

無料ダウンロード

ダウンロードページはこちらです。

無料版はこちら

 

関連ページ