会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ウイルス対策ソフト/セキュリティソフト > セキュリティソフト > ESET セキュリティソフト

ESET セキュリティソフト の評価

更新日:2018年5月27日

作業の邪魔にならないセキュリティソフト

動作の軽さ、性能の高さ、安さを並立したセキュリティソフトです。

昔から動作が非常に軽く、当サイトによるテストや、多くの評価機関の結果で優秀な成績となっています。特に古いPCやスペックの低いPCをお使いの方におすすめです。

アドバンスドヒューリスティック機能は歴史が長く、総合的なマルウェア検出力も比較的高めです。

さらに、価格も安く、特に3年版が他のソフトと比べてかなり安くなっています。

PC初心者向けに、ESETの使い方はもちろん、Officeソフトや年賀状ソフトのなどの使い方までサポートしてくれる「プレミアあんしんパック」というサービスもあります。

目次

リンクをクリックするとページ下へスクロールします。お忙しい方は「1」をお読みください。特徴を簡潔にまとめています。

ESET ファミリー / パーソナル セキュリティの特徴

動作が軽い(PCが遅くなりにくい)


動作が軽い

ESETは、動作が軽い(PCに負荷をかけない)セキュリティソフトです。

昔から、”軽さ”を重視してプログラム設計・開発をしており、当サイトでのテスト結果や、多くの第3者機関にて、高い評価になっています。

最近は、他のソフトも軽くなり、以前ほど大きな違いはなくなってきていますが、まだアドバンテージはあると思います。


高い未知ウイルス検出力


アドバンスドヒューリスティック機能を搭載

ESETは、世界で初めて、遺伝子技術を応用した”アドバンスドヒューリスティック機能”を搭載しました。

これにより未知ウイルスの検出力が非常に高く、10年くらい前の第3者機関の調査では、未知のウイルスの検出率が他のセキュリティソフトよりもずば抜けて高く、非常に高い評価を得ていました。

現在は、他のセキュリティソフトと、未知ウイルスの検出率に差は無くなってきていますが、それでもESETは依然として高い検出率です。

総合的なマルウェア保護力は、他のソフトのほうが評価が高いケースもありますが、ESETも高い水準の性能で、安心して使えると思います。


3年版の価格が安い


3年版の価格が安い

ESETは、価格も安くなっており、特に3年版が非常に安いです。

動作が軽く、性能も良く、価格も安く、3拍子揃っており、非常に人気の高いソフトです。


パソコンサポート付のパック商品あり


プレミアあんしんパック

身近にパソコンに詳しい人がいないような方のために、パソコンに関する様々なトラブル、使い方などを教えてくれる「プレミアあんしんパック」という商品もラインナップされています。

セキュリティに関係した質問だけでなく、Officeソフトの使い方、プリンターのつなげ方、インターネットのつなげ方など、様々な質問に対応してくれます。

価格も意外に安く、3年版の場合、3,000円~4,000円の差額のみで、いくつでも質問できます。


マルウェア対策性能

ESETの防御層

ESETは下図のような多層の防御機能で、マルウェアからPCを保護します。


ESETの多層防御

第3者機関による検出率

ESET セキュリティソフトのマルウェアの対策性能は"やや高い"と思います。

詳細な結果および、他のセキュリティソフトとの比較は、下のリンク先をご覧ください。

 

ここでは、代表的な調査結果として、まず、オーストリアのAV-Comparativesの評価を掲載します。下表のReal-World Protection Testは、Webサイトを閲覧中の実利用環境で、どの程度マルウェアを防ぐかをテストしたものです。過去3回の評価結果を見ると、成績はそこそこ優秀で、過去3回のテストについては、ADVANCED+の評価を2回受けています。

AV-Comparatives | Real-World Protection Test
  2016年7~11月 2017年2~6月 2017年7~11月
保護率 98.6% 98.6% 99.1%
AWARD LEVELS ADVANCED+ ADVANCED+
※AWARD LEVELSは、最高評価がADVANCED+(★★★)となります

 

次に、ドイツの独立機関であるAV-TEST.orgの評価結果を確認します。「Protection」と「Usability」の項目はまずまずですが、特に性能の高いソフトに与えられる「TOP PRODUCT」の認定は、過去3回のテストで受けていません。

AV-TEST.org | Windows 10
  2017年6月 2017年10月 2017年12月
Protection 5.5点 5.5点 5.5点
Performance 4.5点 4点 4点
Usability 6点 6点 5.5点
認定
※Protection:ウイルス、ワーム、トロイの木馬などマルウェア全般からの保護能力
※Performance:PCのスピードへの影響
※Usability:誤検出などPCの利便性を損なわないようにする能力
※各項目の最高点は6点です

 

動作の軽さ

ESET セキュリティソフトの動作の軽さは"軽い"と思います。

当サイトでは、スキャン速度、メモリ使用量など、軽さに関するテストを9項目チェックしていますが、テストしたセキュリティソフトの中では、とても優秀な結果でした。

また、AV-ComparativeのPerformance Testsの結果も好成績です。ただ、上に掲載したAV-TESTの「Performance」のスコアは、それほど良くありません。

なぜESETは軽いのか?

なぜESETは昔から軽いのか?

ESETのセキュリティソフトはスロバキアで開発された製品ですが、昔、スロバキアでは性能の良いパソコンがあまり普及していませんでした。性能の良くないパソコンにセキュリティソフトをインストールすると、パソコンが激しく重たくなってしまいます。そこで、ESET社では昔から”いかに動作を軽くできるか”を考えてきました。

ESETの軽い理由の1つは、このように昔から”軽さ”を非常に重視しプログラム設計・開発をしている点にあります。プログラムを作成する人ならわかると思いますが、後からたくさん機能を追加していったプログラムの動作を速くするのは容易ではありません。しかし最初から速くなるように熟考して設計していれば、プログラミングするのは比較的容易だと思います。設計段階から軽くなるように工夫しているので、ESETは軽いのです。

また、昔のウイルス対策方法は、ウイルスを発見してから検出ロジックを追加するという事後対応的なものでした。しかし、この方法では新しくウイルスが出現するたびに、定義ファイルやプログラムがどんどん大きくなり、動作が重たくなってしまいます。それに対してESETが最低限の定義ファイルさえあれば、未知ウイルスをも発見できる機能を開発してきたのも、軽さの要因です。

ランサムウェア対策

現在、最も危険で注意しなくてはならないランサムウェアからの保護性能は"やや高い"と思います。

第3者機関でのランサムウェア対策性能の評価は高い

下図は、イギリスの第3者機関であるMRG Effitasにて実施された「Ransomware blocked or missed」の調査結果ですが、まずまずの結果です。


MRG Effitas - Ransomware blocked or missed Q2 2018


MRG Effitas - Ransomware blocked or missed Q1 2018


MRG Effitas - Ransomware blocked or missed Q4 2017


緑色:自動ブロック、青色:ふるまい検知によるブロック、黄色:24時間以内にブロック、赤色:失敗

 

ランサムウェア保護機能

ESETには「ランサムウェア保護機能」があり、従来よりHIPS機能など多層防御によって防ぐことはできましたが、本機能により、さらに強固にランサムウェアから保護することが可能になります。具体的には、ランサムウェアが発症した後のふるまいを評価し、ランサムウェアを検出・駆除しています。


ランサムウェアに対する多層防御

 

なお、他のセキュリティソフトとのランサムウェア対策性能の比較は、下のページにまとめています。

 

ネットバンキング保護

ESETのネットバンキング保護の性能は"比較的高い"です。

第3者機関では比較的高い評価

セキュリティソフトのオンラインバンキング保護技術を評価しているMRG Effitasの「Online Banking Certification」を確認すると、比較的高い評価を得ているようです。

 

セキュアブラウザで安全に取引可能

ESETには「インターネットバンキング保護」の機能が搭載されており、この機能を使うと、セキュアなブラウザが起動し、キーボード入力した情報はすべて暗号化され、安全に取引を行うことが可能です。

試しに「みずほ銀行」のバンクサイトへ接続してみます。みずほ銀行のトップページから、バンクサイトへログインしようとすると、セキュアブラウザで起動するか聞いてきます。ここで"セキュアブラウザを開く"を選択すると、"セキュリティ保護"とロゴが入った緑色の枠のブラウザが起動します。これで、入力したデータは暗号化されます。






セキュアブラウザの起動画面

 

筆者が試した限りでは、都市銀行および一部の地方銀行のサイトについては自動でセキュアブラウザが起動しました。ただし、信用金庫や一部の地方銀行のサイトは、自動でセキュアブラウザが起動しませんでした。その場合は、ESETの設定画面を開き、ドメイン名を登録する必要があります。個人が使っているバンクサイトは1,2個程度だと思いますし、最初に登録を済ませれば、あとは自動で接続されるため、大きな手間ではないです。


バンクサイトのドメインの登録画面

 

Web脅威対策

ESET のWebの脅威からの保護機能は"高い"と思います。

第3者機関によるAV-Comparativesの評価

AV-ComparativesのWebサイト閲覧中の保護能力を評価するReal-World Protection Tests(上に詳細を記載)では、過去3回のテストのうち2回で「ADVANCED+」の評価を得ています。

迷惑メール対策

ESET の迷惑メール対策性能は、当サイトの環境での限定的な結果ではありますが、"普通"です。詳細は下のリンク先をご覧ください。

脆弱性対策

ESET には、Windowsのアップデートが未適用の場合に通知する機能のみあります。「設定」→「コンピュータ保護」→「デバイスコントロールの設定」→「ツール」から、通知するレベルを選択できます。


脆弱性検査

 

また、「バルナラビリティシールド」という機能で、脆弱性を利用したネットワーク攻撃から保護し、さらに「エクスプロイト ブロッカー」という機能で、アプリの脆弱性を突いた攻撃をブロックします。

ファイアウォール

ESETのファイアウォール機能は"高い"と思います。

第3者機関のMatousec のパソコンからインターネットへ情報が漏れる(リーク)テストの結果を確認すると"Good"の結果です。

 

ID・パスワード管理

ESET Smart Security Premiumという上位版の製品にのみ、ID・パスワード機能が搭載されています。


ESET Password Manager

 

ペアレンタルコントロール

ESETはペアレンタルコントロール機能が搭載されています。Windowsのログインユーザー毎に、フィルターを設定することが可能です。

ESETの設定画面で年齢を設定すると、閲覧できるコンテンツの分類がある程度決められます。


ペアレンタルコントロールの年齢設定画面

 

下の画面では、さらに詳細に閲覧/禁止できるカテゴリを決めることができます。


閲覧禁止できるカテゴリ

 

ただし、インターネットの利用時間制限の機能はありません。フィルタリングの性能については、「セキュリティソフトの有害サイト対策機能の比較」をご覧ください。

また、Web管理サイト「my eset」の画面に、「PARENTAL CONTROL」というタブがあり、ここから、Androidデバイスのペアレンタルコントロール機能の設定やステータス表示ができます。


「my eset」でもPARENTAL CONTROLの設定・表示ができる

その他の機能

Webカメラアクセス制御機能

ESETは、Webカメラからの勝手な覗き見を防止する「Webカメラアクセス制御機能」が搭載されています。撮影を許可していないプログラムなどを、撮影処理から遮断するための機能です。あらかじめ個人利用者が動画撮影や画像撮影で使うアプリを登録し、そのソフトのみ許可する設定をすることで、それ以外のソフトを遮断することができます。


Webカメラアクセス制御機能

 

ゲームモード

ゲーム中に、ポップアップ画面の表示や、定義ファイルのアップデートが行われなくなるゲームモードも搭載されています。急にアクティブなウィンドウを取られたり、動作が重くなったりすることがないので、ゲームをする方には良いでしょう。


ゲームモード設定画面

 

ホームネットワーク保護

使用中のルーターと接続されたデバイスの脆弱性をチェックすることができます。


ネットワーク検査の画面

ESETアンチセフトでPC盗難防止

ESETは、パソコンを紛失した際に、パソコンの位置や、デスクトップのスクリーンショット、PC搭載Webカメラでの撮影画像を確認できる「ESETアンチセフト」機能を搭載しています。

PCを紛失した際、他のコンピューターのブラウザからESETのWeb管理サイト「my eset」へアクセスし、事前に登録したパソコンを「紛失中」に設定します。

「紛失中」のパソコンがインターネットに接続すると、位置情報、スクリーンショット、Webカメラ撮影画像を定期的(デフォルトでは10分毎)にサーバーへアップロードします。これらの位置情報や画像は、ESETアンチセフト専用サイトで確認することができます。

なお、盗難・紛失にあったパソコンが、インターネットへ接続されなければ、これらの情報を確認することはできません。完璧な盗難・紛失対策にはならないのでご注意ください。


「my eset」のアンチセフトの画面

ESET Social Media Scanner

Twitterでのユーザープロフィールおよびフォローしている人からの投稿に、ウイルス感染したコンテンツや不審なコンテンツがないかをチェックすることが可能です。ただし、公開範囲のチェック機能(例えば、公開範囲を"ユーザー"から"友達"へ変更するように推奨してくれる機能)はありません。またURLの安全表示機能もありません。

他のESET製品から独立しており、アプリケーションは無料です。


Social Media Scannerの画面

操作画面

メイン画面


メイン画面

ESETのメイン画面は図のようになっています。

デバイスが安全かどうかが一目でわかるようになっています。


「コンピュータの検査」画面


「コンピュータの検査」画面

左メニューの「コンピュータの検査」をクリックしたときの画面です。

ローカルディスク、リムーバルメディアの検査が行えます。


「アップデート」画面


「アップデート」画面

左メニューの「アップデート」をクリックしたときの画面です。

前回のアップデートの日時を確認できます。


「ツール」画面


「ツール」画面

左メニューの「ツール」をクリックしたときの画面です。

ホームネットワーク保護、インターネットバンキング保護、アンチセフトの機能を選択できます。

「設定」画面


「設定」画面

左メニューの「設定」をクリックしたときの画面です。

現在の保護の状況を確認でき、それぞれの設定を行えます。


価格

ESETの価格は下表のようになっています。3年版の価格が、他のセキュリティソフトと比較して"安い"です。

「プレミア安心パック」は、セキュリティソフト以外のパソコン全般の困ったことや使い方などを聞くことができるパッケージです。「ESET Smart Security Premium」は、パスワード管理機能と、データ暗号化機能が付いています。

通常は無印の「ESET ファミリー / パーソナル セキュリティ」がおすすめです。なお、1台版がパーソナル セキュリティ、5台版がESET ファミリー セキュリティという名称になっています。

ESET ファミリー / パーソナル セキュリティの価格
台数 年数 販売価格 当サイト限定
1台版 1年版 4,104円 2,680円
5台版 6,264円 5,480円
1台版 3年版 8,208円 5,980円
5台版 10,584円 6,480円

ESET ファミリー / パーソナル セキュリティ プレミアあんしんパックの価格
台数 年数 販売価格
1台版 1年版 2,980円
5台版 5,980円
1台版 3年版 5,980円
5台版 6,980円

ESET Smart Security Premiumの価格
台数 年数 標準価格 [税抜]
1台版 1年 6,800円


※販売価格は、2018年5月26日現在のChatWorkでの価格。ESETは価格の変動が大きいため、詳細は販売店でご確認下さい。

※当サイトは、販売店を紹介するのみで、販売自体は行っていないため、購入に関する問い合わせは販売店までお願いします。

 

ユーザーの評判・口コミはこちら

ユーザーが投稿する口コミ情報・評価はこちらです。セキュリティソフトを実際に購入したユーザーが、どのような製品を検討し、最終的にどのソフトを選んだのかが書かれています。

 

まとめ

ESETは、動作が軽く、性能も比較的良く、価格も比較的安く、バランスのとれたセキュリティソフトだと思います。

特に3年版が安く、当サイト経由でも5台3年版のESETファミリーセキュリティが良く売れています。

動作が軽く、特にメモリ使用量が少ないことから、2GBや4GBなどメモリ容量が少なめの古いPCや格安のPCなどでの使用に適しているでしょう。

デメリットを挙げると、iOS(iPhoneやiPad)に対応していません。iPhoneにセキュリティソフトをインストールしている人自体少ないですが、国内で最もシェアの高いiPhoneにインストールできないのは残念です。

購入はこちら

当サイト経由で購入すると、通常よりも安く購入することが可能です。ご購入の際は是非、ご利用下さい。

 

 

関連ページ

他社のセキュリティソフトとの比較はこちらをご覧ください。