dynabook RZ Special Editionの実機レビュー

更新日:
CPU Core i7-1370P
メモリ 32GB LPDDR5
ストレージ 1TB PCIe Gen4 SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 1920x1200
広視野角 非光沢
質量 約1.05kg
バッテリー 約24.0時間
価格[税込] 28万円台
50台限定!特別感のあるモバイルノートPC

dynabook RZ Special Editionは、東京ゲームショウ2023にて参考出展され、11月に50台限定で発売されたモデルです。

キーボードが5色に光り、東京ゲームショウに出展されたとのことで、ゲームがバリバリ出来そうなイメージですが、外部グラフィックスは搭載されていないので、重いゲームなどはできません。

ただ、CPU内蔵グラフィックスとしては高い性能で、長時間ゲームをしてもそれほどフレームレートの低下はなかったので、軽めのゲームならできます。

また、色域が広めの液晶を搭載しているため、ライトな画像・FHD動画の簡単な編集などもできるでしょう。

非常に軽い機種なので、外出先へ気軽に持ち運べます。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。一部部材は量産品と違う可能性があります。今回は、以下の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i7-1370P、32GBメモリ、1TB SSD

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で以下のDynabookシークレットサイトへアクセスすると、パソコンが割引価格で購入できます。Dynabook製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。

 

目次

お忙しい方は、「dynabook RZ Special Editionの特徴」のみお読みください。

 

dynabook RZ Special Editionの特徴

5色に光るキーボードが特徴的な14型モバイルノートPC

dynabook RZ Special Editionは、その名の通りdynabook RZシリーズのスペシャルエディションです。

見た目で分かる特徴は、5色に光るバックライトを備えたキーボードです。スリムなモバイルノートPCでありながら、ゲーミングノートPCのようなバックライトがついていると、インパクトがあります。

5色に光るキーボード

 

約1.05kg、約15.9mmと軽くてスリムなボディ

dynabook RZ Special Editionは、モバイルノートPCとしては大きめの14型サイズでありながら、質量が約1.05kg、厚みが約15.9mmと、非常に軽くてスリムなボディです。しかも、ボディ素材には、マグネシウム合金を採用し、耐久性や堅牢性が高いので、安心して日常的に持ち運んで使うことができます。

さらに、約65Whと、モバイルノートPCの中でも大容量となるバッテリーを搭載しているので、外出先でも比較的長めのバッテリー駆動が可能です。

約1.05kg、約15.9mmと軽くてスリムなボディ

 

第13世代Core i7-1370Pを搭載

dynabook RZ Special Editionは、CPUにインテルの第13世代Core i7-1370Pを搭載しています。

dynabook RZシリーズの通常モデルは、最大で第13世代Core i7-1360P(Pコア数:4、Eコア数:8)搭載ですが、第13世代Core i7-1370P(Pコア数:6、Eコア数:8)は、Pコア数が多いワンランク上のCPUです。

ベンチマークの結果は下のグラフの通りです。dynabook RZシリーズの通常モデルで計測したスコアよりも高いスコアが出ていました。モバイルノートPCの中では高めの処理性能を備えており、スペシャルエディションらしい構成です。

CINEBENCH R23 ~ マルチコアスコア ~
Core i5-12500H 13213
Core i7-1370P 10449 [本機器で計測]
Core i7-1360P 8987 [dynabook RZシリーズの通常モデルで計測]

 

グラフィックスのベンチマークの結果は、以下の通りです。GeForce GTX 1650で計測した代表的なスコアの半分ぐらいの数値が出ており、CPU内蔵グラフィックスとしては高めの性能を備えています。

Premiere ProによるGPU支援を使ったFHD動画の書き出しも速かったです。外出先でのライトな画像・動画編集などもできるでしょう。

3DMark Night Raid ~ Graphics score ~
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX450 30425
Core i7-1370P
メモリLPDDR5-4800
23373 [本機器で計測]
Core i7-1360P
メモリLPDDR5-4800
22121 [dynabook RZシリーズの通常モデルで計測]

 

軽いゲームならできなくもない

上述の通り、CPU内蔵グラフィックスとしては高めの性能を備えているので、いくつか軽めのゲームも試してみました。

例えば、ドラクエXは、1920x1080、最高品質の設定でも、快適にプレイすることができそうです。また、原神は、1920x1200、低設定であれば、ある程度快適にプレイできました。一方、フォートナイトや、APEXは、設定をかなり低くしてもカクツキを感じる場合があり、快適ではありませんでした(詳細はゲームベンチマーク&フレームレートをご覧ください)。

タイトルを選べば、出張先のホテルで暇つぶしにゲームをプレイするといった用途にも使えないことはないと思います。ただし、ゲームメインで買うなら、やはり外部GPUを搭載したゲーミングノートPCの方がいいです。

軽いゲームならプレイが可能なものもある

 

1920x1200ドットの作業がしやすい14型液晶を搭載

dynabook RZ Special Editionは、画面比16:10、解像度1920x1200の14型液晶を搭載しています。

モバイルノートPCとしてはサイズが少し大きめであることに加えて、一般的なFHD液晶(1920x1080)よりも縦方向に少し広いので、作業がしやすいです。特に、ブラウザやOfficeソフトでは、1度に表示できる情報量が少し増えるので、作業効率が少しアップします。また、映り込みが抑えられた非光沢表面で、フリッカーも発生していなかったので、長時間の作業にも使いやすいです。

さらに、当サイト計測で、sRGBカバー率98.4%と色域が広めでした。そのため、外出先での写真・FHD動画の簡単な編集作業などにも適しています。

1920x1200ドットの作業がしやすい14型液晶

 

「エンパワーテクノロジー」でCPUをしっかり冷却

dynabook RZ Special Editionには、dynabookが長年蓄積してきた、冷却・放熱技術などを駆使した「エンパワーテクノロジー」が活用されています。そのため、28WクラスのCPUを、しっかり28WのCPU電力で動作させつつ、CPU温度は75℃前後と問題のない温度に抑えられていました。負荷が高めの作業でも、安心して使用することができます。

なお、今回は内部を確認していませんが、メーカーサイトによると、Wファン & Wヒートパイプの冷却機構を備えているようです。参考までに、通常モデルで確認した時の内部画像を載せていますが、同じような冷却機構だと思います。一般的なモバイルクラスのノートPCとしては、しっかりした冷却機構です。デュアルファンなので、シングルファンほどファンの回転数を上げる必要がないためか、高負荷時の騒音値もそれほど高くはありませんでした。

Wファン & Wヒートパイプ(参考:通常モデル)

 

dynabook RZシリーズの構成比較

dynabook RZシリーズの通常モデルとの簡単な比較を行います。

先に紹介した、キーボードバックライトの色や、搭載するCPUの他にも違いがあります。

dynabook RZ Special Editionは、大容量バッテリーを搭載しているため、質量は少し重くなりますが、バッテリー駆動時間が長いです。また、IRカメラを搭載しており、Windows Helloの顔認証にも対応しています。さらに、2Way 4speakersを搭載しており、サウンドがいいです。

このように、dynabook RZ Special Editionは、全体的にワンランク上の構成となっています。また、限定50台の販売となっており、プレミアム感もあります。人が持っていないようなモバイルノートPCが欲しい方におすすめです。

一方、通常モデルのRZ/MWは、最安モデルであれば14万円台から購入することができます(無料会員登録後の価格)。一般ユーザーであれば、こちらで十分だと感じる方も多いでしょう。当サイトでもレビューしていますので、こちらからご確認ください。

dynabook RZシリーズの構成比較
[RZ Special Edition]
RZ/HW
[通常モデル]
RZ/MW
OS Windows 11 Home
CPU Core i7-1370P Core i5-1340P
Core i7-1360P
メモリ 32GB 16GB / 32GB
SSD 1TB 512GB / 1TB
セキュリティ 顔認証
指紋認証
指紋認証
重量 約1.05kg 約940g
バッテリー駆動時間 約24時間 約20.5時間
スピーカー 2Way 4speakers ステレオ

 

LTE/5Gには非対応

dynabook RZ Special Editionは、LTE/5Gに対応していません。ここがやや残念だった部分です。28万円台(税込)と高額なモバイルノートPCなので、LTE/5G対応であれば、モバイルノートPCとして死角がなく、さらに完成度が高かったと思います。

 

各用途の快適度

各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによっても快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。

各用途の快適度
用途 快適度 コメント
Web閲覧
Office作業
十分なスペックです。画面比16:10のディスプレイで快適に作業することができます。
オンライン会議 AIカメラエフェクターや、AIノイズキャンセラーといった、オンライン会議用の機能も搭載しており、快適に使用できます。
動画鑑賞 当サイト計測でsRGBカバー率98.4%と色域が広めの液晶を搭載しており、色鮮やかな表示が可能です。スピーカー音もよく、快適に動画鑑賞を楽しむことができます。
RAW現像
画像編集
第13世代Core i7-1370Pを搭載し、液晶の色域も広めです。メモリも32GBあるので、作業も快適です。外出先でのRAW現像・画像編集に適しています。
動画編集 △~○ 色域広めの液晶を搭載し、CPU内蔵グラフィックスとしては性能が高めなので、外出先でFHD動画を簡単に編集するといった用途に対応できます。ただし、本格的に動画編集を行うのであれば、外部グラフィックスを搭載した機種の方がいいです。
ゲーム △~◯ 出張先などで、軽めのゲームを画質を落としてプレイするといった用途であれば、ある程度楽しめます。ただし、本格的にゲームをプレイしたいのであれば、GeForce RTX 40シリーズなどの外部グラフィックスを搭載した機種がおすすめです。

 

ディスプレイのチェック

dynabook RZのディスプレイのチェックです。

パネルは、「BOE CQ NE140WUM-N68」でした。

画面比16:10、解像度1920x1200の14型液晶を搭載しています。映り込みの少ない非光沢液晶で、フリッカーも発生しておらず、見やすく、長時間の作業にも使いやすい液晶です。また、色域が広めなので、外出先でのライトな画像・FHD動画の編集作業などにも向いています。最大輝度は、当サイトの計測では436cd/m2と高いです。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

色域は比較的広いです。当サイトの計測ではsRGBカバー率は98.4%でした。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を確認すると、各色ほぼ1:1の直線になっており、自然な発色であることが分かります。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢液晶なので、画面への映り込みは抑えられています。ギラつきはほぼありません。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)の有無の確認結果です。輝度を下げても、フリッカーは検出されませんでした。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

dynabook RZ Special Editionのキーボードのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mm、縦:約18mmです。キーストロークは約1.5mmです。キートップ中央には約0.2mmのへこみが設けられており、指が滑りにくくなっています。

キー配置は標準的で、アルファベットキーのサイズは揃っています。ただし、「Enter」キー付近の幾つかのキーのサイズが小さいですし、「半/全」キーのサイズが小さいので、日本語入力の切り替え時に押し間違えることがありました。総合的にみると、普通の打ちやすさのキーボードです。

タッチパッドのサイズは大きめです。ただ、指で触ったときに、わずかに揺れる感じがします。クリックするときもやや押しにくさがあります。

キーボード全体図
※画像をクリックすると拡大できます
キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載しています。Special Editionの特徴の一つですが、ゲーミングノートPCのようなカラーです。ただし、色の変更はできません。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

dynabook RZ Special Editionのパフォーマンスのチェックです。

 

CPU

dynabook RZ Special Editionでは、インテルの第13世代Core i7-1370P(Pコア数:6、Eコア数:8、スレッド数:20、PBP:28W)を搭載しています。

dynabook RZシリーズの一般モデルでは、最大でCore i7-1360P(Pコア数:4、Eコア数:8、スレッド数:16、PBP:28W)搭載なので、ワンランク上のCPUを搭載していることになります。

ベンチマークの結果は以下のとおりです。

シングルコアは、Core i7-1360Pよりやや低めのスコアでしたが、マルチコアは、Core i7-1360Pの代表的なスコアを超える数値が出ています。モバイルノートPCの中では高めの処理性能を備えています。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Core i7-1370P
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 7945HX 33229
Core i9-13980HX 28398
Core i9-13950HX 27983
Core i9-13900HX 24314
Core i9-13900H 19299
Core i7-13700HX 18283
Ryzen 7 7840HS 17922
Core i7-13700H 17622
Core i5-13500H 15302
Core i7-12700H 14546
Ryzen 7 7735HS 14068
Ryzen 7 6800H 13999
Core i5-12500H 13213
Ryzen 7 6800U 10830
Ryzen 5 6600H 10470
Core i7-1370P 10449
Ryzen 5 7535HS 10356
Ryzen 7 7735U 10122
Ryzen 7 7730U 10051
Core i7-1360P 9720
Core i5-1340P 9688
Ryzen 5 7535U 8757
Ryzen 5 7530U 8403
Core i7-1255U 8300
Core i5-1335U 8249
Core i5-1235U 7589
Core i3-1215U 4969
Core i7-1165G7 4720
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-13950HX 2097
Core i9-13980HX 2061
Core i9-13900H 2016
Core i9-13900HX 1968
Ryzen 9 7945HX 1951
Core i7-13700H 1898
Core i7-1360P 1826
Core i7-12700H 1823
Core i5-13500H 1785
Core i7-1255U 1776
Ryzen 7 7840HS 1764
Core i5-12500H 1727
Core i5-1335U 1723
Core i5-1340P 1722
Core i7-1370P 1707
Core i5-1235U 1675
Core i3-1215U 1592
Ryzen 7 7735HS 1538
Ryzen 7 6800H 1522
Ryzen 7 6800U 1504
Ryzen 7 7735U 1476
Ryzen 5 6600H 1476
Ryzen 5 7535U 1471
Ryzen 5 7535HS 1463
Core i7-1165G7 1447
Ryzen 7 7730U 1440
Ryzen 5 7530U 1439
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

なお、高負荷時のCPU電力、CPUクロック、CPU温度は「パーツの温度のチェック」で記載しています。

 

メモリ

メモリ形式は、LPDDR5-4800です。広めのメモリ帯域でした。なお、オンボードメモリなので換装はできませんが、32GBメモリを搭載しているので、メモリ容量は十分です。

SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
32GB(16GBx2)メモリ
他のメモリとの比較(帯域)
DDR5-5600
デュアルチャネル
66.34GB/s
LPDDR5-6000
デュアルチャネル
64.52GB/s
DDR5-5200
デュアルチャネル
62.38GB/s
LPDDR5-5200
デュアルチャネル
58.49GB/s
LPDDR5-4800
デュアルチャネル
54GB/s
51.91GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
52.25GB/s
LPDDR4X-4266
デュアルチャネル
51.65GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
30.66GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のノートPCで計測した実測値で、理論的な最大値ではありません

 

グラフィックス

グラフィックスは、CPU内蔵グラフィックスです。ベンチマークの結果は以下のとおりです。

メモリ帯域が広いこともあり、CPU内蔵のグラフィックスとしては高いスコアが出ていました。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
Core i7-1370P
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce RTX 3050 52196
GeForce RTX 2050 48410
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX550 35717
GeForce MX450 30425
Ryzen 7 6800U
Radeon 680M
30319
Ryzen 7 7735U
メモリLPDDR5-6400
28714
Core i7-1370P
メモリLPDDR5-4800
23373
Core i7-1260P
メモリLPDDR5-5200
23149
Core i7-1360P
メモリLPDDR5-4800
21897
Core i7-1260P
メモリDDR5-4800
20478
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
20052
Core i7-1355U
メモリDDR4-3200
18235
Core i5-1340P
メモリLPDDR5-4800
17774
Ryzen 7 7730U
メモリLPDDR4X-4266
17524
Core i5-1240P
メモリLPDDR5-4800
16524
Ryzen 5 7530U
メモリLPDDR4X-4266
16389
Core i7-1255U
メモリDDR4-3200
16093
Ryzen 7 5825U
メモリDDR4-3200
15728
Core i7-1165G7
メモリDDR4-3200
14247
Core i5-1235U
メモリDDR4-3200
13877
Core i5-1135G7
メモリDDR4-3200
13316
Ryzen 3 5300U
メモリDDR4-3200
11321
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージには、PCIe Gen4 SSDを搭載しており、読み・書きともに非常に速いです。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
1TB PCIe Gen4 SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
6623
 PCIe Gen3 SSD 3500
SATA SSD 550
2.5インチHDD 150
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

SDカードスロット

microSDカードスロットを搭載しています。アクセス速度は普通です。

CrystalDiskMark
~ SDカードスロット性能 ~
最大300MB/sのUHS-Ⅱのカードで測定

 

ゲームベンチマーク&フレームレート

CPU内蔵のグラフィックスなので、ARK: Survival AscendedやStarfieldなどの最新の重いゲームをするのは無理です。ただ、比較的軽いゲームなら、グラフィック品質設定を下げることで、プレイできなくもありません。

ここでは、比較的軽めのゲームについて、平均フレームレートを計測してみました。

 

ファイナルファンタジー 14

FF14のベンチマークはご覧の通りです。1920x1200、標準品質(ノートPC)のモードで、スコアは7757、平均フレームレートは 55 fpsですが、多少カクつきがあるときもありますが、プレイできなくもないです。出張時などに、軽くプレイするくらいなら問題ないでしょう。

 

ドラクエX

ドラクエXは、1920x1080、最高品質の設定でも、すごく快適(スコア 10363)という評価が出ており、快適にプレイすることができるでしょう。

 

原神

原神は、1920x1200、低設定であれば、平均フレームレートは 58 fps(最大で60 fps)出ており、快適にプレイできます。また、数十分プレイしてみましたが、フレームレートの低下はほぼありませんでした。

デフォルトの中設定だと平均 47 fpsくらいで、視点を動かすと、やや酔いそうになります。

 

フォートナイト

フォートナイトは、解像度を1920x1200、レンダリングモードをパフォーマンスにして、実際にプレイしてみましたが、平均フレームレートは 94 fps出ていました。ただし、シーンによっては結構フレームレートが落ち込んでカクつきを感じることが多く、対面などはやりにくいです。あまりおすすめはしません。

 

APEX

APEXは、できるだけグラフィック品質設定を下げてみましたが、平均フレームレートは 44 fpsしか出ず、視点を動かすとカクつきを感じます。APEXをプレイするのは難しいかなと思います。

 

クリエイターソフトの処理時間

各クリエイターソフトの処理時間を下に掲載します。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

Hシリーズのプロセッサーや、外部GPUを搭載した機種と比べると遅いですが、28W以下のクラスのCPUとしては速かったです。

Core i9-13900H
RTX 4090 (150W)
38秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i9-13900HX
RTX 4080 (175W)
39秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i9-12900HX
RTX 4080 (175W)
47秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i9-13900H
57秒
Core i7-13700H
RTX 4070 (140W)
60秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i7-13700H
RTX 4060 (140W)
63秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Ryzen 9 7940HS
RTX 4060 (60W)
66秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i7-13700H 68秒
Core i7-12650H
RTX 4050 (45W)
76秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i5-13500H 80秒
Ryzen 7 6800H 82秒
Core i7-1370P 86秒
Core i7-1360P 88秒
Ryzen 7 6800U 89秒
Ryzen 7 7730U 115秒
Core i5-1335U 128秒
※2022年6月より、GPUを使用した書き出しも出来るようになったので、この機能が使えるPCは、機能をONにしたときの書き出し時間も掲載しています。
※プロファイル補正、露光量+1、シャドウ+10、自然な彩度+10、ノイズ軽減+10を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
Adobe Photoshop CCによる各種処理時間

比較的重い機能を実行したので、処理によっては長めの時間がかかりました。ただし、従来からあるフィルター処理などをする程度なら、比較的快適に使用できると思います。

  本製品 Core i7-1360P
モデル
ニューラルフィルター(肌をスムーズに) 約2秒 約2秒
ニューラルフィルター(スーパーズーム(x2)) 約4分59秒 約4分23秒
ニューラルフィルター(JPEGのノイズを削除) 約2分32秒 約3分18秒
※ 6000x4000のRAWデータを編集
Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

Adobe Premiere ProによるFHD動画の書き出し速度は速いです。FHD動画のカット編集くらいであればそこまでストレスなくできました。

FHD動画の書き出し
Core i7-1185G7
GTX 1650 Max-Q
2分10秒
Core i7-1185G7
MX450
2分28秒
Core i7-1370P
Intel Iris Xe
2分59秒
Core i7-1360P
Intel Iris Xe
3分0秒
Core i7-1260P
Intel Iris Xe
3分9秒
Core i7-1185G7
Intel Iris Xe
3分33秒
Core i5-1240P
Intel Iris Xe
4分1秒
Core i7-1165G7
Intel Iris Xe
4分6秒
Core i5-1145G7
Intel Iris Xe
4分40秒
Core i5-1135G7
Intel Iris Xe
4分41秒
Ryzen 7 5800U
Radeon Graphics
5分19秒
Core i7-1160G7
Intel Iris Xe
6分14秒
Core i7-1065G7
Intel Iris Plus
7分41秒
Core i7-10510U
Intel UHD
16分54秒
※ FHD/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間
※ グラフィックスは全てノートPC用
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

USB Type-C / HDMIの動作テスト

USB Type-Cの動作チェック

USB Type-Cポートを利用して、純正以外の充電器やドックが使えるかを試しました。

Thunderbolt 4(USB4 Type-C)ポートを備えており、Thunderbolt 4、DisplayPort、Power Deliveryに対応しています。

今回試した機器は、出力の低い小型のPD充電器を含めて、全て使用できました。

USB Type-C充電器/ドックの動作テスト
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック
PD充電器
※1
61W RAVPower GaN充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower GaN充電器
18W cheero充電器
モニター
※2
EIZO ColorEdge CS2740
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター

 

HDMIの動作チェック

4KテレビへHDMIで接続したときの詳細です。4K、60Hz、RGBでの表示が出来ています。

4Kテレビ(ビエラ TH-55CX800)へ接続したときの詳細

 

質量のチェック

dynabook RZの質量のチェックです。

メーカーサイトには、「約1.05kg」とあります。

当サイトの計測値は下表の通りで、ほぼ仕様値と同じでした。14型ノートPCとしては非常に軽いです。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  バッテリー駆動時間
PC本体 1.039kg
ACアダプター+電源ケーブル 234g

 

バッテリー駆動時間のチェック

dynabook RZ Special Editionのバッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は約65Whでした。14型ノートPCとしては大きめの容量です。

バッテリーL

 

バッテリー駆動時間は下の通りです。28WクラスのCPUを搭載していますが、バッテリーの容量も大きいため、比較的長めのバッテリー駆動が可能です。動画再生のような軽い負荷の作業であれば、(2)ぐらいの駆動時間になります。複数のアプリを立ち上げて作業するなど、少し負荷のかかる状態で連続して作業を行う場合は、(3)に近い駆動時間になると思います。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 約24.0時間
(2) 動画再生時 10時間03分
(3) CPU5%、GPU6%の負荷 5時間28分
※画面輝度は約120cd/m2
(1) メーカー公表値
(2) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(3) Premiere Proで480x320の動画をプレビュー再生(リピート)させたとき

 

当サイトで計測した1時間あたりの充電容量は次の通りです。普通の充電速度です。

1時間あたりの充電容量
純正ACアダプター
アイドル時
59%(約38Wh)
※PCの充電残量が10%から充電を開始し、1時間でどのくらい充電残量が増えたかを計測

 

Webカメラ・スピーカーのチェック

Webカメラ

Webカメラには、Webカメラシャッターが付いているので、Webカメラを使用しないときは、カメラを物理的にカバーしておくことができます。また、今回チェックしているのはデモ機のため、IRカメラは搭載していませんでしたが、販売される製品ではIRカメラを搭載しており、Windows Helloの顔認証に対応しています。

Webカメラは、約92万画素のHDカメラです。解像度は高くありませんが、ノートPCのWebカメラとしては、一般的な性能だと思います。比較的自然な色味の画像で、オンラインミーティングなどにも普通に使用することができます。

Webカメラ
本製品のカメラで撮影
※クリックすると拡大できます。
※Webカメラの前にマネキンを置いて、約40cm離し、Windows標準のカメラアプリで撮影

 

スピーカー

スピーカーは、キーボードの両端と、底面の左右サイドに2way 4speakerを搭載しており、音質がいいです。ノートPC基準で点数を付けると、10点満点で7点といったところです(5点が普通です。音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。

スピーカー

 

パーツの温度のチェック

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU温度およびCPU電力の推移を確認します。

CPU電力は、約28Wをしっかりキープして動作しています。CPU温度は、75℃前後で落ち着いており、心配のない温度です。

dynabookが培ってきた冷却システムにより、PBPの28Wで動作させながら、しっかり冷却できているようです。

CPU電力&CPUクロック
CPU温度

 

静音性のチェック

dynabook RZ Special Editionの動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ無音です。FF14ベンチのような高めの負荷がかかると、騒音値が上がります。それでも騒音値はそこまで高くはなりません。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:PremiereProでプレビュー再生(320pの低画質動画)
左から3番目:FF14ベンチマーク実行時

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手のひらを置くパームレストの温度変化は重要です。

高負荷時はキーボード面の温度が少し上がります。それでも、パームレスト部の温度は低く保たれているので、不快感なく作業を行うことができます。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

通常は、低めの消費電力です。ただし、28WクラスのCPUを搭載しているので、高負荷時は一般のモバイルノートPCとしてはやや高めの消費電力となります。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

dynabook RZ Special Editionの外観のチェックです。

正統派のモバイルノートPCという感じのデザインです。ボディ素材には、マグネシウム合金を使用しており、堅牢性が高いので安心して持ち歩くことができます。

 

天板には、「dynabook」のロゴが入っています。

 

閉じた時です。厚さは15.9mmとスリムです。

 

電源スイッチ一体型の指紋センサーを搭載しています。

 

側面のポート類です。USB3.2 Gen1 Type-A x2、Thunderbolt 4(USB4 Type-C:Power Delivery、DisplayPort対応)x2、HDMI、LAN、microSDカードリーダーを備えています。LANポートがあるので、Wi-Fi環境の無いオフィスや、出張先などでも有線LANでネットに接続することができます。充実したインターフェイス構成なので、ビジネス用途にも使いやすいです。

 

液晶面は約180度開き、フラットになります。ビジネスシーンでは、対面する相手に簡単に画面を見せることができます。

 

底面です。吸気しやすくするため、奥側には少し高めの足が配置されています。

 

ACアダプターは、65Wです。比較的コンパクトなので持ち運びもしやすいです。

 

まとめ

dynabook RZ Special Editionは、東京ゲームショウ2023で展示のあったモデルで、50台限定販売となっており、プレミアム感があります。

5色に光るキーボードバックライトを搭載し、ゲーミングPC感が漂っています。ただし、外部グラフィックスは搭載していないので、重いゲームをするのは無理です。ただし、CPU内蔵グラフィックスとしては高い性能が出ていたので、軽いゲームであればグラフィック設定を落とすことで、60fps前後出るゲームもあります。

質量が約1.05kg、厚みが約15.9mmと、軽くてスリムです。マグネシウム合金製のボディなので、堅牢性が高く、安心して持ち歩くことができます。出張用のPCとして使い、ホテルなどで、軽いゲームで一息つくといったこともできるでしょう。

液晶は、1920x1200ドット、画面比16:10の14型サイズで、作業がしやすく、長時間の作業にも使いやすい液晶でした。色域が広めなので、高めの性能を生かして、画像・FHD動画の編集といったクリエイティブな作業を行うこともできます。

他の人が持っていないような、特別感のあるモバイルノートPCが欲しい方にいいと思います。

ただし、LTE/5Gには非対応です。28万円台(税込)と高額なモバイルノートPCであることを考えると、LTE/5Gに対応していないのはやや残念でした。外でネットにつなぐことが少ない方は、気にしなくていいと思います。

 

50台限定!特別感のあるモバイルノートPC

dynabook RZ Special Edition

特徴

  • 5色に光るバックライト付きキーボード
  • 約65Whバッテリー搭載で、約1.05kgの軽量ボディ
  • 性能が高めのCore i7-1370Pを搭載

こんなあなたに

  • 写真・FHD動画の編集も行えるモバイルPCが欲しい方
  • 50台限定販売の特別感に魅力を感じる方
  • 価格28万円台[税込]
公式サイトはこちら

 

 

このページをご覧の方だけに

当サイト経由で以下のDynabookシークレットサイトへアクセスすると、パソコンが割引価格で購入できます。Dynabook製品をご購入の際は、是非ご活用下さい。

 

関連ページ