※当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ryzen 5 8540UとRyzen 7 8840Uのベンチマーク

更新日:

 

ここでは、AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサーの1つのRyzen 5 8540UおよびRyzen 7 8840Uの各種ベンチマークスコアを掲載します。

CPUおよびグラフィックス性能が比較的高いわりには価格が安く、これから、各社のメインストリーム・ノートPCに搭載されると思われるプロセッサーです。

 

プロセッサーの仕様

執筆時点において、AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサーをTDP毎に分けると、下表のように3つに分けられます。いずれもCPUはZen4世代、GPUはRDNA 3世代、NPUはXDNA世代のアーキテクチャが採用されています。

Ryzen 5 8540UおよびRyzen 7 8840Uは、表の一番下の名前プロセッサーで、プロセッサー名の末尾に「U」が付きます。従来のRyzen 7000シリーズはデフォルトTDPが15Wのプロセッサーもありましたが、Ryzen 8040シリーズでは28Wのみとなっています。

AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサー
  デフォルトTDP cTDP NPU
Ryzen 8045シリーズ 45W 35-54W
Ryzen 8040シリーズ(末尾HS) 28W 20-30W
Ryzen 8040シリーズ(末尾U) 28W 15-30W ○ / ×

 

末尾が「U」のRyzen 8040シリーズのプロセッサーは、下表の通りですが、Ryzen 7 8840Uは、この中では最も高いCPU性能で、Radeon 780Mの内蔵グラフィックスも高い性能です。

Ryzen 5 8540Uは、コア数が少なくなり、内蔵グラフィックスもRadeon 740Mとなり、Ryzen AIも搭載されていませんが、一般ユーザーには十分な性能です。

Ryzen 8040シリーズ(末尾U)
  Ryzen 7 8840U Ryzen 5 8640U Ryzen 5 8540U Ryzen 3 8440U
コア / スレッド数 8 / 16 6 / 12 6 / 12 4 / 8
最大クロック 5.1GHz 4.9GHz 4.9GHz 4.7GHz
L2 / L3キャッシュ 8MB / 16MB 6MB / 16MB 6MB / 16MB 4MB / 8MB
デフォルトTDP 28W 28W 28W 28W
cTDP 15-30W 15-30W 15-30W 15-30W
グラフィックス・モデル Radeon 780M Radeon 760M Radeon 740M Radeon 740M
グラフィックス周波数 2700 MHz 2600 MHz 2500 MHz 2500 MHz
GPUコア数 12 8 4 4
Ryzen AI × ×

 

ベンチマークの計測に利用したノートPC

今回、ベンチマークに使用したノートPCは、次の機種です。

 

 

このノートPCに、CPU使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU電力は、次の図の通りです。なお、高いパフォーマンスが出る「超高パフォーマンス」の設定で計測しています。

Ryzen 5 8540UとRyzen 7 8840Uのどちらも、デフォルトTDPが28Wですが、初動のブースト時を除くと、25Wで推移しています。そのため、これらのプロセッサーにしてはやや低めのベンチマークスコアとなるかもしれません。他のノートPCではもっと高いスコアが出ることもあると思います。

今回のPCの高負荷時のCPU電力の推移
Prime95で、全てのCPU使用率が100%になる負荷をかけたときのCPU電力の推移

 

CPU関連のベンチマークスコア

以下に、各種ベンチマークソフトのスコアを掲載します。

なお、棒グラフについて、Ryzen 5 8540UおよびRyzen 7 8840Uのプロセッサーのスコアは緑色にしています。

また、以下の今回特に比較したいCPUはオレンジ色にしています。

・Zen3世代のRyzen 5 7530UおよびRyzen 7 7730U(TDP:15W)
・Zen3+世代のRyzen 7 7735U(TDP:28W)
・同価格帯で発売されることが多いインテルのCore 5 120U(PBP:15W)
・同じTDP(PBP)のインテル Core Ultra 5 125HおよびCore Ultra 7 155H(PBP:28W)

 

 

CINEBENCH R23

まずは、CPUレンダリングを行いCPU性能を評価するベンチマークソフト、CINEBENCH R23のスコアを掲載します。

Ryzen 5 8540Uについては、Zen3世代のRyzen 5 7530Uと比較して、マルチコアスコアは約12%、シングルコアのスコアは約18%向上しています。同じ価格帯のCore 5 120Uと比較すると、マルチコアスコアはRyzen 5 8540Uのほうが高いですが、シングルコアのスコアはCore 5 120Uのほうが高いです。同じ28Wのインテル Core Ultra 5 125Hと比べると、性能は大分見劣りします。

Ryzen 7 8840Uについては、Zen3世代のRyzen 7 7730Uと比較すると、約25%もマルチコアスコアが向上しています。シングルコアのスコアも22%向上しており、順当な性能上昇です。インテルの28Wの最新CPUのCore Ultra 7 155Hと比べると低いスコアでしたが、Core Ultra 5 125Hとはほぼ同等のスコアでした。Core Ultra 5 125H搭載PCより、Ryzen 7 8840U搭載PCのほうが安いことが多いので、コスパは高いプロセッサーです。

CINEBENCH R23
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 7945HX 33229
Core i9-14900HX 29314
Core i9-13900HX 24314
Core i9-13900H 19299
Core i7-13700HX 18283
Ryzen 7 7840HS 17922
Core i7-13700H 17622
Ryzen 9 8945HS 17151
Ryzen 7 8845HS 16387
Core i5-13500H 15302
Core Ultra 7 155H 14073
Ryzen 7 7735HS 14068
Ryzen 7 8840U 12575
Core Ultra 5 125H 12239
Ryzen 5 7535HS 10356
Ryzen 7 7735U 10122
Ryzen 7 7730U 10051
Core i7-1360P 9720
Core Ultra 5 125U 9553
Ryzen 5 8540U 9378
Core 5 120U 9317
Ryzen 5 7535U 8757
Ryzen 5 7530U 8403
Core i5-1335U 7422
Ryzen 3 7330U 5141
Core i7-1165G7 4720
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-14900HX 2196
Core i9-13900H 2016
Core i9-13900HX 1968
Ryzen 9 7945HX 1951
Core i7-13700H 1898
Core 5 120U 1879
Core i7-1360P 1826
Core Ultra 7 155H 1810
Ryzen 9 8945HS 1788
Core i5-13500H 1785
Ryzen 7 7840HS 1764
Ryzen 7 8840U 1763
Core i5-1340P 1722
Core Ultra 5 125H 1712
Ryzen 5 8540U 1701
Core i5-1335U 1698
Ryzen 7 8845HS 1682
Core Ultra 5 125U 1581
Ryzen 7 7735HS 1538
Ryzen 7 7735U 1476
Ryzen 5 7535U 1471
Ryzen 5 7535HS 1463
Core i7-1165G7 1447
Ryzen 7 7730U 1440
Ryzen 5 7530U 1439
Ryzen 3 7330U 1358

 

CINEBENCH 2024

次は、CINEBENCH 2024のスコアです。

こちらも、先ほどのCINEBENCH R23と似たような傾向ではありますが、旧世代のCPUと比較したとき、性能は微増といったところです。

CINEBENCH 2024
他のCPUとの比較(マルチコア)
Core i9-14900HX 1748
Core i9-13900HX 1512
Ryzen 9 8945HS 919
Ryzen 7 8845HS 919
Core i7-13700H 855
Core Ultra 7 155H 825
Core i5-13500H 778
Core Ultra 5 125H 669
Core i7-1360P 664
Ryzen 7 8840U 618
Core i5-1340P 599
Ryzen 7 7730U 575
Core Ultra 5 125U 572
Core 5 120U 558
Ryzen 5 8540U 500
Ryzen 5 7530U 477
Core i5-1335U 435
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-14900HX 128
Core i9-13900HX 119
Core i7-13700H 114
Core 5 120U 110
Core i5-1335U 109
Ryzen 9 8945HS 106
Core i5-13500H 105
Ryzen 7 8840U 104
Core Ultra 7 155H 103
Ryzen 7 8845HS 101
Core Ultra 5 125H 101
Ryzen 5 8540U 100
Ryzen 7 7730U 99
Core i7-1360P 99
Core i5-1340P 99
Core Ultra 5 125U 94
Ryzen 5 7530U 84

 

Geekbench 6

続いて、拡張現実や機械学習などの最先端の処理を取り入れているクロスプラットフォームのベンチマークソフト、Geekbench 6のスコアを掲載します。先のCINEBENCHは、処理を開始してから10分経過後にスコアを計測するのに対し、Geekbenchはすぐにスコアを計測し始めるので、最初のブースト時のCPU電力が高めのプロセッサーのほうがスコアが出やすくなっています。

Ryzen 5 8540Uは、Zen3世代のCPUよりスコアは伸びていましたが、インテルのCore 5 120Uと比較するとわずかですが性能は落ちる結果でした。ただ、このくらいの差ならPCによって優劣は変わると思います。

Ryzen 7 8840Uは、Zen3世代やZen3+世代のRyzen 7からスコアが伸びが大きく、マルチコアおよびシングルコアのどちらも30%程度スコアが高くなっていました。また、Core Ultra 5 125Hと比較すると、マルチコアのスコアは同等程度ですが、シングルコアのスコアはRyzen 7 8840Uの方が高かったです。

Geekbench 6
他CPUとの比較(Multi-Core)
Core i7-13700H 12503
Core Ultra 7 155H 12375
Ryzen 7 8845HS 11900
Core Ultra 5 125H 10930
Ryzen 7 8840U 10824
Core i5-1340P 9696
Core 5 120U 9557
Core Ultra 5 125U 9219
Ryzen 5 8540U 9174
Core i7-1360P 8886
Ryzen 7 7730U 8168
Ryzen 7 7735U 7615
Ryzen 5 7530U 7463
Core i5-1335U 7022
他CPUとの比較(Single-Core)
Core i7-13700H 2555
Ryzen 7 8840U 2543
Core 5 120U 2526
Ryzen 5 8540U 2447
Ryzen 7 8845HS 2436
Core i7-1360P 2416
Core Ultra 7 155H 2332
Core i5-1335U 2262
Core i5-1340P 2241
Core Ultra 5 125H 2163
Core Ultra 5 125U 2163
Ryzen 7 7730U 1968
Ryzen 5 7530U 1964
Ryzen 7 7735U 1855

 

PassMark Performance Test 11

続いて、PassMark Performance Test 11のスコアを掲載します。

Ryzen 5 8540UはRyzen 5 7530Uよりも約10%スコアが高く、Ryzen 7 8840Uは、Zen3世代のRyzen 7 7730Uよりも約26%スコアが高かったです。

PassMark Performance Test 11(CPU MARK)
他CPUとの比較(CPU MARK)
Core Ultra 7 155H 29257
Core i7-13700H 28021
Ryzen 7 8840U 25655
Core Ultra 5 125H 24709
Ryzen 7 7735U 22371
Core i7-1360P 21341
Core 5 120U 20521
Ryzen 7 7730U 20418
Core i5-1340P 20124
Core Ultra 5 125U 19958
Ryzen 5 8540U 19404
Ryzen 5 7530U 17638
Core i5-1335U 17061

 

グラフィックス関連のベンチマークスコア

次はグラフィックス関連のベンチマークスコアを掲載します。

なお、グラフィックス性能はメインメモリの帯域にも影響されます。メモリがシングルチャネルであったりするとグラフィック性能は大きく落ちるのでご注意下さい。

 

3DMark Night Raid

3DMark Night Raidのスコアは以下の通りです。「グラフィックスのスコア」の部分が、グラフィック性能を評価する指標となります。

Ryzen 5 8540Uは、Radeon 740Mの内蔵グラフィックスを搭載しており、インテル第13世代Coreに搭載されていたIntel Xeと同じくらいのスコアでした。

Ryzen 7 8840Uは、Radeon 780Mの内蔵グラフィックスを搭載しています。インテル Core UltraシリーズのIntel Arcグラフィックスや、Ryzen 7 8845HSのRadeon 780Mのスコアよりは劣りますが、Zen3世代のRyzen 7よりは60%以上も高いスコアでした。ただ、Zen3+世代のRyzen 7 7735UのRadeon 680Mと比較すると、わずかに高い程度のスコアでした。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
他のグラフィックスとの比較(グラフィックスのスコア)
GeForce RTX 3050 52196
GeForce RTX 2050 48410
GeForce GTX 1650 45149
Core Ultra 7 155H
Intel Arc(LPDDR5)
35888
Core Ultra 5 125H
Intel Arc(LPDDR5X)
35271
GeForce MX550 35717
Ryzen 7 8845HS
Radeon 780M(LPDDR5X)
35241
GeForce MX450 30425
Ryzen 7 8840U
Radeon 780M(DDR5)
29410
Ryzen 7 7735U
Radeon 680M(LPDDR5)
28714
Core i7-1360P
Intel Xe(LPDDR5)
21897
Core Ultra 5 125U
Intel Graphics(DDR5)
21525
Ryzen 5 8540U
Radeon 740M(DDR5)
20053
Core 5 120U
Intel Graphics(LPDDR5X)
18333
Core i5-1340P
Intel Xe(LPDDR5)
17774
Ryzen 7 7730U
Radeon Graphcis(LPDDR4X)
17524
Core i5-1335U
Intel Xe(DDR4)
16835
Ryzen 5 7530U
Radeon Graphcis(LPDDR4X)
16389

 

ゲーミング性能

以下、ゲームをしたときのフレームレートを掲載します。比較的軽めのゲームを選んで検証しています。

今回、テストに用いたPCの画面比が16:10だったので、解像度は1920x1080ではなく1920x1200で計測しています。また、CPU内蔵グラフィックスでゲームをする場合、数分経つとフレームレートが大きく落ちるケースがあるため、10分くらいゲームをしたりベンチを回したりした後、フレームレートを計測しています。

 

ファイナルファンタジー 14 暁月の終焉

「ファイナルファンタジー 14 暁月の終焉」のベンチマークのスコアは下の通りです。

どちらのCPUも、標準品質で60 fpsを超えることができませんでした。インテルのCore 5 120Uのほうが高い平均フレームレートです。全体的にAMDプロセッサーより、インテルプロセッサーのほうが高いフレームレートなので、FF14をするならインテルプロセッサー搭載PCのほうがいいと思います。

ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ
解像度 品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1200 標準品質 39 fps / 5683 43 fps / 6253
他のGPUとの比較(1920x1200 or 1920×1080、標準品質)
Georce GTX 1650
(1920x1080)
115 fps
GeForce MX550
(1920x1080)
104 fps
Core Ultra 7 155H
(1920x1200)
81 fps
Core Ultra 5 125H
(1920x1200)
79 fps
Ryzen 7 8845HS
(1920x1200)
58 fps
Core 5 120U
(1920x1200)
51 fps
Core Ultra 5 125U
(1920x1200)
47 fps
Core i5-1340P
(1920x1200)
46 fps
Ryzen 7 8840U
(1920x1200)
43 fps
Ryzen 5 8540U
(1920x1200)
39 fps

 

ブループロトコル

ブループロトコルは、Core Ultra 7 155Hとは差があるものの、Core 5 120Uよりは高いスコアが出ていました。Ryzen 7 8840Uであれば、低画質の設定でなんとかゲームができるかなと思います。

ブループロトコル
解像度 品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1200 低画質 45 fps /6577 58 fps / 8320
他のGPUとの比較(1920x1200 or 1920×1080、低画質
Georce GTX 1650
(1920x1080)
122 fps
Ryzen 7 8845HS
(1920x1080)
92 fps
Core Ultra 7 155H
(1920x1200)
87 fps
Ryzen 7 8840U
(1920x1200)
58 fps
Core Ultra 5 125U
(1920x1200)
55 fps
Ryzen 5 8540U
(1920x1200)
45 fps
Core 5 120U
(1920x1200)
35 fps

 

原神

原神は、最低設定ならRyzen 5 8540Uでも上限の60 fpsが出ていましたが、最低設定だと少し画質が粗いので、低設定でもある程度のフレームレートが出るRyzen 7 8840Uのほうがいいかなと思います。

原神
解像度 グラフィック品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1200 最低 60 fps(上限) 60 fps(上限)
46 fps 54 fps
35 fps 43 fps
他のGPUとの比較(1920x1200、中)
Ryzen 7 8845HS
(1920x1200)
59 fps
Core Ultra 7 155H
(1920x1200)
58 fps
Ryzen 7 8840U
(1920x1200)
43 fps
Core 5 120U
(1920x1200)
41 fps
Core Ultra 5 125U
(1920x1200)
36 fps
Ryzen 5 8540U
(1920x1200)
35 fps

 

PSO2 ニュージェネシス

PSO2 ニュージェネシスは、Ryzen 7 8840Uであれば、最低品質で60 fpsを超えていました。一方、Ryzen 5 8540Uは最低品質でも46 fpsの平均フレームレートしか出ていませんでしたので、PSO2をやるなら、Ryzen 7 8840Uのほうがおすすめです。

PSO2 ニュージェネシス
解像度 品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1200 最低 46 fps 80 fps
41 fps
他のGPUとの比較(1920x1200 or 1920×1080、最低品質)
Georce GTX 1650
(1920x1080)
139 fps
GeForce MX550
(1920x1080)
117 fps
Core Ultra 7 155H
(1920x1200)
92 fps
Ryzen 7 8840U
(1920x1200)
80 fps
Ryzen 7 8845HS
(1920x1200)
74 fps
Ryzen 5 8540U
(1920x1200)
46 fps

 

VALORANT

VALORANTについては、Ryzen 5 8540UもRyzen 7 8840Uも、同じくらいの平均フレームレートでした。低設定であれば、十分プレイできるフレームレートです。

VALORANT
解像度 品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1200 低設定 179 fps 182 fps
高設定 69 fps 72 fps
※プラクティスモードで計測
他のGPUとの比較(1920x1200、低)
Ryzen 7 8840U
(1920x1200)
182 fps
Ryzen 5 8540U
(1920x1200)
179 fps
Core Ultra 7 155H
(1920x1200)
175 fps
Ryzen 7 8845HS
(1920x1200)
164 fps

 

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストXは、どちらのCPUも、最高画質でも60 fpsの平均フレームレートが出ていました。

ドラゴンクエストX
解像度 品質 Ryzen 5 8540U Ryzen 7 8840U
1920x1080 最高品質 6180
(快適)
64 fps
8834
(とても快適)
88 fps
他のGPUとの比較(1920x1080、最高)
Core Ultra 7 155H 18885
Core Ultra 5 125U 14258
Ryzen 7 8845HS 12027
Ryzen 7 8840U 8834
Ryzen 5 8540U 6180
Core 5 120U 5977

 

クリエイターソフトの処理時間

次に、クリエイター向けソフトで計測した各種処理時間を掲載します。

 

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間

Adobe Lightroom Classicにおいて、100枚のRAW画像について、現像処理をして、書き出した時の時間を計測しました。

まずまずの速さで、Ryzen 5 8540UとRyzen 7 8840Uのどちらも、Zen3+世代のRyzen 7 7735Uより速かったです。

Adobe Lightroom Classic CCによるRAW現像時間
Core i9-13900H
RTX 4090 (150W)
38秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i9-13900HX
RTX 4080 (175W)
39秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i9-13900H
57秒
Core i7-13700H
RTX 4070 (140W)
60秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i7-13700H
RTX 4060 (140W)
63秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Core i7-13700H 68秒
Core Ultra 7 155H 72秒
Core i7-12650H
RTX 4050 (45W)
76秒 [書き出しにGPUを使用をON]
Ryzen 7 8845HS 77秒
Core Ultra 5 125H 77秒
Core i5-13500H 80秒
Ryzen 7 6800H 82秒
Ryzen 7 8840U 87秒
Core i7-1360P 88秒
Ryzen 7 6800U 89秒
Core i5-1340P 93秒
Ryzen 5 8540U 102秒
Core Ultra 5 125U 103秒
Core 5 120U 106秒
Ryzen 7 7735U 108秒
Ryzen 7 7730U 115秒
Ryzen 5 7530U 118秒
Core i5-1335U 128秒
※プロファイル補正、露光量+1、シャドウ+10、自然な彩度+10、ノイズ軽減+10を適用した100枚のRAWファイル(1枚あたり約45MB)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測

 

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間

Adobe Premiere Proで、FHD/30pの動画を簡単に編集して書き出した時の時間は下表の通りです。

従来のRyzen 7000シリーズよりも大分速くなっています。なお、Ryzen 5 8540UとRyzen 7 8840Uでは、そこまで時間は変わりませんでした。

Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間
Core i7-12650H
GeForce MX550
2分01秒
Core i7-1185G7
GTX 1650 Max-Q
2分10秒
Core Ultra 5 125H
Intel Arc
2分26秒
Core i7-1185G7
MX450
2分28秒
Core Ultra 7 155H
Intel Arc
2分29秒
Ryzen 7 8845HS
Radeon 780M
2分34秒
Core i7-1360P
Intel Iris Xe
2分49秒
Ryzen 7 8840U
Radeon 780M
2分58秒
Ryzen 5 8540U
Radeon 740M
3分01秒
Core 5 120U
Intel Graphics
3分02秒
Core i5-1340P
Intel Iris Xe
3分03秒
Ryzen 7 6800U
Radeon 680M
3分05秒
Core Ultra 5 125U
Intel Graphics
3分15秒
Core i5-1335U
Intel Iris Xe
3分17秒
Ryzen 7 7735U
Radeon 680M
3分51秒
Ryzen 7 7730U
Radeon Graphics
3分58秒
Ryzen 5 7530U
Radeon Graphics
4分31秒
※ FHD/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 2160p 4K Ultra HDのプリセットで書き出したときの時間

 

Adobe Photoshopの処理時間

Photoshopでは、AIを使ったニューラルフィルターを実行してみました。

「スーパーズーム(x2)」の処理は、Ryzen 8040(U)シリーズのどちらも非常に速かったです。

「JPEGのノイズを削除」に関しては、あまり速くありませんでした。

Photshopは処理によって、得手不得手がありそうです。

Adobe Photoshop CCによる各種処理時間
ニューラルフィルター(スーパーズーム(x2))
Core i5-13500H
RTX 3050
1分03秒
Ryzen 7 8845HS
Radeon 780M
1分18秒
Ryzen 7 8840U
Radeon 780M
1分19秒
Ryzen 5 8540U
Radeon 740M
1分50秒
Core Ultra 7 155H
Intel Arc
4分06秒
Core i5-1340P
Intel Iris Xe
4分07秒
Core 5 120U
Intel Graphics
4分10秒
Core i5-1335U
Intel Iris Xe
4分58秒
Core Ultra 5 125H
Intel Arc
5分20秒
Core Ultra 5 125U
Intel Graphics
5分34秒
ニューラルフィルター(JPEGのノイズを削除)
Core i5-13500H
RTX 3050
2分35秒
Core 5 120U
Intel Graphics
2分47秒
Core i5-1340P
Intel Iris Xe
3分01秒
Core i5-1335U
Intel Iris Xe
3分07秒
Core Ultra 7 155H
Intel Arc
3分13秒
Core Ultra 5 125H
Intel Arc
3分51秒
Ryzen 7 8845HS
Radeon 780M
4分08秒
Core Ultra 5 125U
Intel Graphics
4分31秒
Ryzen 7 8840U
Radeon 780M
4分44秒
Ryzen 5 8540U
Radeon 740M
5分03秒
※ 6000x4000のRAWデータを編集

 

TMPGEnc によるエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるソフトウェアエンコードにかかった時間は次の通りです。なおこの処理は、CPUで行います。

エンコードについては、Zen3世代のCPUとそれほど差はありませんでした。

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間
(ソフトウェアエンコード)
Core i9-13900H 6分13秒
Core i7-13700H 6分39秒
Ryzen 7 8845HS 7分03秒
Core Ultra 7 155H 8分32秒
Ryzen 7 6800U 10分47秒
Ryzen 7 8840U 10分57秒
Ryzen 7 7730U 10分59秒
Ryzen 7 7735U 11分43秒
Core Ultra 5 125U 11分57秒
Core i7-1360P 12分03秒
Core i5-1340P 12分03秒
Core 5 120U 12分08秒
Ryzen 5 7530U 12分31秒
Ryzen 5 8540U 13分10秒
Core i5-1335U 13分31秒
※XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間(x265のエンコーダーを使用)

 

次に、ハードウェアエンコードの処理時間は、高速です。

TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間
(ハードウェアエンコード)
Core Ultra 7 155H 37秒
Ryzen 7 8845HS 38秒
Core Ultra 5 125U 42秒
Ryzen 7 6800U 45秒
Ryzen 7 8840U 49秒
Ryzen 5 8540U 50秒
Ryzen 7 7735U 52秒
Ryzen 7 7730U 55秒
Ryzen 5 7530U 59秒
Core i7-1360P 1分27秒
Core i5-1340P 1分41秒
Core 5 120U 1分42秒
Core i5-1335U 1分52秒
※XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間

 

まとめ

今回、AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサーのRyzen 5 8540UおよびRyzen 7 8840Uのベンチマークスコアなどを計測しました。

Ryzen 5 8540Uは、Zen3世代のRyzen 5からCPU性能もグラフィック性能も10~20%程度伸びていて、一般ユーザーには十分な性能のCPUです。比較的安いPCに搭載されていることが多いので、コスパの高いノートPCをお探しの方にはおすすめのプロセッサーです。ただ、Ryzen AIは搭載していないので、今後ローカルPCでAI処理を行いたい方はご注意下さい。

Ryzen 7 8840Uについては、Zen3世代やZen3+世代のRyzen 7よりも20~30%程度もCPU性能が伸びているケースが多く、Core Ultra 5 125Hとほぼ同等のCPU性能でした。グラフィック性能については、Zen3世代のRyzen 7よりは60%以上伸びています。ただし、Zen3+世代のRyzen 7とはほぼ同じくらいのスコアで、インテル Core UltraシリーズのIntel Arcや、Ryzen 7 8845HSのRadeon 780Mのスコアよりは劣るスコアでした。それでも十分高いグラフィック性能です。やや性能の高いノートPCが欲しい方におすすめです。

 

関連ページ