第12世代Core搭載のハイクラス・ゲーミングノート、MSI Vector GP76 / GP66の特徴

更新日:

CES 2022において、MSIから、ハイパフォーマンスなゲーミングノートPCとして、Vector GPシリーズの2機種が新しく発表されました。17.3型のVector GP76と、15.6型のVector GP66の2種類です。

新シリーズではありますが、ボディなどはMSI GP76 / GP66 Leopardを引き継いでいるように思います。

スペック構成は、第12世代Core + ミドル~ハイクラスのRTX 30シリーズです。特に、GPUの最大グラフィックスパワーが高いので、GPUの性能をしっかり引き出し、高いフレームレートで快適にゲームをプレイできそうです。

動きの激しいゲームも、美しい映像を楽しむゲームも多ジャンルに楽しめそうな機種です。

Vector GP76の詳細はこちら Vector GP66の詳細はこちら

 

製品の特徴

おそらくMSI GP76 / GP66 Leopardの後継機種

Vector GP76 / GP66は、新しいMSI Vector GPシリーズのゲーミングノートPCです。ただ、ボディのデザインやサイズ、質量などを見ると、MSI GP76 / GP66 Leopardとほぼ同じなので、後継モデルがリネームして登場しているのではないかと思います。下の画像のように、ヒンジ部分のステルス機のようなかっこいいデザインも、MSI GP76 / GP66 Leopardと同じです。

なお、MSI GP66 Leopardは、当サイトでもレビューしているので、こちらもご確認ください。

 

Vector GP76 / GP66の主な仕様は、下表のとおりです。

ただ、CPUが替わっただけでなく、液晶のリフレッシュレートがアップしたり、ストレージがPCIe Gen4になったり、無線規格がWi-Fi 6E対応になったりと、全体的にアップグレードされています。

Vector GP76 / GP66の構成
  Vector GP66 Vector GP76
CPU 最大 第12世代Core i9
GPU GeForce RTX 3080 8GB
GeForce RTX 3070 Ti
GeForce RTX 3080 8GB
GeForce RTX 3070 Ti
GeForce RTX 3060
メモリ 最大64GB DDR4-3200
ストレージ PCIe Gen4 SSD
液晶サイズ 15.6型 17.3型
液晶種類 FHD 240Hz
QHD 165Hz
FHD 240Hz
QHD 240Hz
質量 約2.38kg 約2.9kg
バッテリー 65Wh 65Wh

 

なお、旧モデルと思われるMSI GP66 Leopard 11Uは、RTX 3080 Laptopを搭載したハイエンドゲーミング構成が24万円台と、比較的リーズナブルな機種でした。そのため、Vector GP76 / GP66も高めのスペック構成を比較的入手しやすい機種であればいいなと思います。

 

最大グラフィックスパワーが高い

Vector GP76 / GP66は、高性能グラフィックスを搭載しているだけでなく、そのパフォーマンスをしっかり引き出せる高めの設定となっています。

具体的には、最大グラフィックスパワーがとても高いです。Vector GP76と、Vector GP66の各GPUの最大グラフィックスパワーは下表のようになっています。

各GPUの最大グラフィックスパワー
  Vector GP66 Vector GP76
RTX 3080 150W 165W
RTX 3070 Ti 150W 150W
RTX 3060 140W

 

旧モデルと思われるMSI GP66 Leopard 11Uをチェックしたときは、RTX 3080の最大グラフィックスパワーは135Wでした。Vector GP66では、同じGPUでも最大グラフィックスパワーがアップしています。また、Vector GP76では、ボディにゆとりがあるためか、RTX 3080の最大グラフィックスパワーがさらに高く、165Wとなっています。

このように、Vector GP76 / GP66では、最大グラフィックスパワーが高いため、ミドルハイ~ハイエンドクラスのゲーミング性能が期待できそうです。

なお、最大グラフィクスパワーは、製品発表時点での情報です。実際に販売される製品は異なる可能性があります。 

 

最大で第12世代Core i9搭載

Vector GP76 / GP66は、最大で第12世代Core i9を搭載します。パフォーマンスがアップしたインテルの最新CPUを搭載することで、ゲーム時のフレームレートにどの程度のアップするのか気になります。

なお、第12世代Coreプロセッサーは、DDR5メモリに対応しており、Vector GP76 / GP66の公式サイトでも、DDR5対応となっているように見えるのですが、スペック表ではDDR4-3200メモリとなっています。DDR5メモリが理想ではありますが、価格が高くなるため、現時点ではDDR4-3200メモリの方がバランスがいいと思います。

 

FHD 240Hz液晶 / QHD 165Hz液晶を搭載

Vector GP76は、17.3型のFHD 240Hz駆動液晶、またはQHD 240Hz駆動液晶を搭載します。画面が大きいので、視認性も高くなり、ゲームがしやすいです。どちらも高いリフレッシュレートの液晶で、滑らかな表示でのゲームプレイが可能です。FPS系のゲームを本格的にプレイするのにも十分でしょう。

特に、QHD液晶の中では、非常に高いリフレッシュレートだと思います。映像を楽しむゲームから、動きの速いゲームまで、マルチジャンルのゲームを楽しみたい場合は、QHD 240Hz駆動液晶がいいと思います。

 

Vector GP66は、FHD 240Hz駆動液晶、または、QHD 165Hz駆動液晶を搭載します。QHD液晶のリフレッシュレートが、Vector GP76よりも低くはなります。

 

キーボード

Vector GP76 / GP66は、SteelSeriesのPER-KEY RGBゲーミングキーボードを搭載しています。ゲーミングノートPCらしい派手なライティングができます。また、各キーのライティングを設定することも可能です。

Vector GP76には、テンキーも付いています。

 

Vector GP66には、テンキーは付いていません。

 

インターフェイスなど

Vector GP76 / GP66のインターフェイス構成は、下の画像の通りです。

USB3.2 x3、USB-C、HDMI、Mini-DisplayPort、LAN (最大2.5Gb)を備えています。HDMI出力は、8K / 60Hz、4K / 120Hzの出力が可能です。また、USB-Cポートは、DisplayPortにも対応しています。

電源、HDMI、Mini-DisplayPort、LANが背面に配置されているので、常時接続しておいてもケーブルが邪魔にならず、使いやすいと思います。

 

ボディの外観

Vector GP76 / GP66の外観は、下の画像のようになっています。

ヒンジ部分のデザインや、MSIのドラゴンマークがマットになっているところが、かっこいいです。

 

購入先

今回MSIから発表された、Vector GP76 / GP66については、下記のメーカーサイトで詳細を確認することができます。なお、国内での販売に関する情報は、今の時点では不明です。

Vector GP76の詳細はこちら Vector GP66の詳細はこちら

 

関連ページ