※当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「フォールアウト 4」のグラボ毎のフレームレートとおすすめゲーミングPC

更新日:

実写ドラマが公開されたことで急激にプレイヤー数が増えている「Fallout4」について、現行のNVIDIA RTXシリーズでの平均フレームレートを更新しました。また、本作をプレイするためのおすすめのグラフィックス、ゲーミングPCも紹介しています。

執筆:ゲーム記事担当"つむじ"

目次

 

フォールアウトとは

実写ドラマ効果でプレイヤー数が急増!

フォールアウト(Fallout)シリーズは、ベセスダ・ソフトワークスによる、核戦争後の荒廃した世界をオープンワールドで描くアクションRPG。アメリカのレトロ感が残る文明崩壊後の無秩序な世界、残酷でもどこかユーモアのある独特な世界観、広大なマップ、シナリオ、自由度の高さが魅力的なタイトルです。

シリーズの7作目である「Fallout4」は、その自由度の高さから、発売から8年以上経過した今でも根強い人気があり、最近ではAmazon プライム・ビデオにて実写版ドラマ「フォールアウト(Fallout)」が配信開始されたことにより、プレイヤー数が急増。ドラマを見た人たちが、熱冷めやらぬまま「Fallout 4」や「Fallout 76」をプレイしようという流れになっているようです。

4月25日には次世代機PlayStation 5とXbox Series X|Sに向けて、60 fps動作に対応の「パフォーマンスモード」や高解像度でゲームを楽しめる「クオリティモード」、各種安定性の改善や修正が含まれた無料アップデートが行われ、PC版ではワイド画面やウルトラワイド画面にも対応しました。

ただ、今回のアプデにより多くのMODが使えなくなったりしていますが、「Fallout 4 Script Extender(通称:F4SE)」など、主要なMODは徐々に更新され、順次対応しつつあるようです。

 

動作環境

『フォールアウト4』の動作環境と推奨スペック

『フォールアウト4』の動作環境と推奨スペックです。
発売から8年も経過しているので、現在ではエントリークラスのGPUや内蔵グラフィックスでも動作するほど軽いです。メモリも最近では16GBが主流なので、気にすることはないでしょう。ただ、画質向上系MODをてんこ盛りにすると相応のスペックが必要となります。

『Fallout 4』のシステム要件
  必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7/8/10 以降(64-Bit)
CPU Intel Core i5-2300 2.8 GHz
AMD Phenom II X4 945 3.0 GHz
Intel Core i7-4790 3.6 GHz以上
AMD FX-9590 4.7 GHz以上
メモリ
8GB 以上 8GB 以上
GPU
NVIDIA GeForce GTX 550 Ti 2GB
AMD Radeon HD 7870 2GB
NVIDIA GeForce GTX 780 3GB
AMD Radeon R9 290X 4GB
ストレージ容量 30GB以上
『Steamストアページ - システム要件』のページを参照

 

無料DLC「高解像度テクスチャパック」

2017年2月7日より、公式から無料DLCである「高解像度テクスチャパック」が公開されています。効果は「ちょっと高画質になったかなぁ~」程度で、大幅な画質向上ではありませんが、無料なのでインストールしておいて損はないでしょう。ただ、ダウンロード容量が58GB、クライアントと合わせて容量は88GBほどにもなるので、ストレージの空き容量に注意。
「高解像度テクスチャパック」のシステム要件は以下の通りですが、こちらも現環境ではそれほど高くなく、ミドルクラスのGPUを搭載していれば快適に動作するでしょう。

高解像度テクスチャパック適用
  必要動作環境
OS Windows 7/8/10 以降(64-Bit)
CPU Intel Core i7-5820K 以上
メモリ
8GB 以上
GPU
NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB
ストレージ容量 58GB以上
『Steamストアページ - システム要件』のページを参照
「高解像度テクスチャパック」のDLCはSteamからインストールすることができる
タイトルメニューの「ADD-ONS」から「高解像度のテクスチャ」がインストールされていれば適用完了

 

グラボ毎の平均フレームレート

テスト環境

『フォールアウト4』の平均フレームレートを計測するにあたって、テストに使用したPCの構成は以下の通りです。NZXT H7 Whiteケースに、CoolerMasterの1000W電源、Raptor Lake-Sの最上位モデル「Core i9-13900K」に、SSDにはPCIe Gen4の「WD Black SN850X」を搭載したゲーミングPCです。

レビュー機の構成
OS Windows 11(22H2)
CPU Core i9-13900K
ケース NZXT H7 White
マザーボード ASRock Z790 Pro RS
CPUクーラー CoolerMaster PL360 FLUX [水冷]
メモリ Crucial DDR5-4800 32GB(16GB×2)
ストレージ SSD WD Black SN850X [PCIe Gen4x4 NVMe 1TB]
電源 CoolerMaster V1000 Platinum [1000W]
レビュー記事 実機レビュー

 

平均フレームレート計測方法

フォールアウト4の平均フレームレート計測には、NPCとオブジェクトの多い街「ダイヤモンドシティ」を一人称視点で一周して計測。

画質設定はすべて「ウルトラ」設定、「高解像度テクスチャ」を有効にしています。なお、NVIDIAコントロールパネルから垂直同期をオフにすると60 fps以上出ますが、フレームレートが高すぎると動作が加速してゲームが進行不能になったりするので、ここでは最大フレームレートを120 fpsに制限して計測しています。

グラフィックス設定は「ウルトラ」
「ダイヤモンドシティ」を一周して平均フレームレートを計測

 

ベンチマーク結果

ウルトラ設定、高解像度テクスチャを有効での各解像度の平均フレームレートは以下の通りです。

8年以上も前のゲームというのもあり、現行のNVIDIA RTXシリーズだと、エントリークラスのRTX 3050でも快適に動作します。4K解像度で快適にプレイするとしても、RTX 3060以上があれば十分でしょう。

今回、公式の高解像度テクスチャを適用してのフレームレートですが、大型の4KリテクスチャMODやモデルMODなど、MODを盛れば盛るほど重くなり、メモリも食うようになるのでご注意下さい。

フォールアウト 4(DX11)
ウルトラ設定(高解像度テクスチャパック適用)での平均フレームレート
  1920x1080 2560x1440 3840x2160
RTX 4090
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4080 SUPER
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4080
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4070 Ti SUPER
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4070 Ti
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4070 SUPER 120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4070
120 fps(最大) 120 fps(最大) 120 fps(最大)
RTX 4060 Ti 8GB
120 fps(最大) 120 fps(最大) 87 fps
RTX 4060 120 fps(最大) 120 fps(最大) 73 fps
RTX 3060 120 fps(最大) 120 fps(最大) 69 fps
RTX 3050 120 fps(最大) 90 fps 49 fps
※ピンク色のセルはフレームレートが120 fps以上のもの

 

フォールアウト4 をプレイするためのオススメPC

「フォールアウト4」をフルHD解像度で、ウルトラ設定+高解像度テクスチャ有効で快適にプレイするなら、エントリークラスのRTX 3050以上を搭載していれば、快適にプレイが可能です。

4K解像度ではRTX 3060以上を搭載していれば、快適にプレイすることができるでしょう。

ただ、これからゲーミングPCを購入するのであれば、先を見据えて最新世代のミドルクラス「RTX 4060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。また、今後MODを入れて遊ぶことも踏まえると、ミドルクラスのグラフィックスを搭載していると安心です。

下記で紹介するPCは、RTX 4060を搭載することのできる、安価でコストパフォーマンスに優れたおすすめのゲーミングPCです。

マウス NEXTGEAR JG-A5G60
構成例
CPU Ryzen 5 4500
GPU GeForce RTX 4060
メモリ 16GB(DDR4-3200)
価格 129,800円(税込)
コスパ抜群のかっこいいゲーミングPC

Ryzen 5 4500にGeForce RTX 4060を搭載したミドルクラスが12万円台と、コストパフォーマンス抜群のゲーミングPCです。CPUは旧世代のエントリークラスですが、フルHD解像度ならそれほどボトルネックにはならないでしょう。

安価な割には、クロスをかたどったフロントパネルに、内部の見えるガラスサイドパネルと、個性的なデザインが特徴です。

また、メッシュパネルと最大6つのファンでエアフロー性能も良く、高負荷時でも静かで、長時間のゲームも集中してプレイすることができます。

このページご覧の方だけに

マウスコンピューター製PCを13万円以上ご購入の方に、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!詳細はこちらをご覧下さい。

サードウェーブ GALLERIAシリーズ
構成例
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
価格 163,980円(税込)
幅広いラインナップ

GeForce GTX 1650からRTX 4090までの幅広いラインナップを揃えたゲーミングPCです。

価格も比較的安く、人気のシリーズです。メーカー直販サイトには、おすすめランキングも掲載されているので、そちらも参考にするといいでしょう。

ブラックとシルバーのツートンカラーと、フロントパネルのLEDが特徴的なデザインです。ケースは冷却性と機能性に優れています。納期も最短で翌日出荷と早いので、すぐにPCゲームを始めることができます。

パソコン工房 LEVELθ M-Class
構成例
CPU Core i5-14400F
GPU GeForce RTX 4060
価格 149,800円(税込)
デザインが良くコスパも抜群

コスパに特化したWEB限定販売のパソコン工房のゲーミングPCです。

例えば、最新のインテル第14世代Core i5-14400Fに、GeForce RTX 4060搭載のミドルクラス構成で約15万円です。

追加オプションでゲーミングモニター、ゲーミングキーボードとマウス、ゲーミングヘッドセットをまとめて購入できるゲーミングスターターキットもあります。

Thermaltakeのミニタワーケースを採用しており、カラーはブラックとホワイトの2色から選択できます。左サイドの強化ガラスパネルはスイングドア式で、内部へのアクセス性も抜群。デザインもゲーミングらしい見た目でかっこいいです。

 

関連ページ