会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ウルトラブック(モバイル向け)の比較

ウルトラブックの比較

更新日:2015年2月16日

ウルトラブックとは?

ウルトラブックとは、インテルが提唱する薄型・軽量のモバイルノートパソコンです。

UシリーズやYシリーズのインテルCore iプロセッサーを搭載し、厚さは23mm以下、動画(HD画質)の連続再生時間が6時間以上、マルチタッチ対応ディスプレイの搭載など(その他にもあります)と定義されています。正式には「Ultrabook」と記載しますが、「ウルトラブック」と検索してくる方が多いため、ここではカタカナで表記します。

 

薄くて、軽くて、起動が速い点が大きなメリットとなりますが、注意事項もあります。バッテリーを自分で交換できない製品が多い、光学ドライブを搭載していない製品が多い、ポートの少ない製品が多い、キーストロークが浅い製品が多い点です。

これらに妥協できるならば、ウルトラブックは、薄くて軽くて起動時間も速く、モバイルノートパソコンとしては良い製品です。

こちらのページもおすすめ

このページでは、タブレット形状ににはならないウルトラブックを紹介します。

タブレット形状にもなるPCについては、下記リンク先をご覧ください。

また、ウルトラブックを含む全てのモバイルノートパソコンの中で、当サイト人気のPCについては、下記リンク先をご覧ください。こちらのリンク先には、最新の第5世代インテルCPUを搭載したモバイルパソコンも掲載しています。

ウルトラブックの比較

ここでは、ウルトラブックのカテゴリに属する製品を紹介します。ただし、以前は要件に入っていなかった"タッチパネルの搭載"が要件に入ったことで、ウルトラブックに属する製品は非常に少なくなりました。また、2013年頃はCMもして注目されたキーワードでしたが、最近はあまりウルトラブックという言葉が使われなくなりました。ウルトラブック以外にも良い製品はありますので、モバイルノート全般の比較表については「人気モバイルノートパソコン」をご覧ください。



実売価格:約170,000円~
レビュー:ThinkPad X1 Carbon
安心の直販店:詳細/価格をチェック

最もバランスが良い

タイピングしやすいキーボードを搭載した第5世代インテルプロセッサー「Broadwell」搭載のモバイルノートパソコンです。

画面も14.0型と大きく作業しやすいです。

旧モデルでは、トラックポイント用のクリックボタンがタッチパッドと一体になってしまいましたが、今回のモデルでは独立クリックボタンが復活しました。

このように、キーボードが打ちやすく、画面も大きく、トラックボタンも復活し、操作性抜群のウルトラブックです。

重量は、最小構成で約1.31kgと画面が大きい割には軽いです。

CPUが第5世代インテルプロセッサーになり、さらにバッテリー容量も少し増えたことで、バッテリー駆動時間も延びています。

液晶は、フルHD、WQHD、タッチ対応WQHDの3種類あり、選択肢が豊富です。

詳細は、ThinkPad X1 Carbon 2015の実機レビューをご覧ください。



実売価格:約120,000円~
レビュー:VAIO Pro 13
レビュー:Pro 11とPro 13の比較
安心の直販店:詳細/価格をチェック

最もバランスが良い

重量が最小構成で約940g(タッチパネルなしのモデル)と軽く、バッテリ駆動時間も比較的長くバランスの良い製品です。なお、タッチパネル搭載モデルの場合、重量は最小構成で1060gとなっています。

CPUは第4世代インテルCore iプロセッサーを搭載し、ストレージにはノートPCとしてはかなり珍しくPCI Express対応のSSDを選択することも可能で、処理性能も高いです。

液晶は13.3型のフルHD、IPSパネルを使用しています。ややギラつきを感じますが、ザラつきはなく視野角も良いです。

Pro 11よりもサイズが大きいため、キーピッチにも余裕があり、Pro 11よりも快適にキー入力可能です。

このように多くの面において性能が高いウルトラブックです。

詳細は、VAIO Pro 13の実機レビューをご覧ください。

※ 株式会社VAIO製のVAIO Pro 13が、ソニーストアで販売されることになりました。



実売価格:約140,000円~
レビュー:LaVie G タイプ Z
安心の直販店:詳細/価格をチェック

13.3型クラスでは最軽量

2つの液晶から選択することが可能です。

2560x1440ドットの非光沢IGZO液晶(タッチパネルなし)、またはタッチパネル搭載1920x1080ドットの光沢IPS液晶です。

前者は、重量795g、バッテリー駆動時間約9.2時間で、後者は重量964g、バッテリー駆動時間約14.5時間です。また、前者は、13.3型ノートパソコンとして世界最軽量で、後者は13.3型タッチパネル搭載Ultrabookとして世界最軽量です。

前者と後者で重量とバッテリーに差があるのは、前者のバッテリーは29.6Whで、後者のバッテリーは44.4Whとなっているためです。また後者はタッチパネルを搭載しているため、その分もやや重くなっています。

液晶は両モデルとも色域が広く、ギラつきがなく見やすいです。

キーボードはストロークが浅く軽めです。天板、パームレストはマグネシウムで出来ており、指紋はそれほど目立たない素材です。

ただし、メモリが4GBしかありません。できれば8GB欲しかったです。メモリの換装もできません。

個人的には、後者の液晶を搭載したモデルのほうが好きです。重量も1kgを切り、バッテリー駆動時間も比較的長く、液晶も見やすく、バランスの良い製品で、タッチパネル搭載ウルトラブックの中では最もおすすめです。前者の液晶を搭載したモデルは、外出先で電源が使える環境であれば問題ないですが、そうでなければ、モバイルノートPCとしてはバッテリー駆動時間が心配です。

詳細は「NEC LaVie G タイプ Zの実機レビュー」です。

2015.1.20 タッチパネル搭載モデルは 2 in 1 パソコンになった後継機のLaVie Hybrid ZERO / Direct HZが発売。レビュー記事はこちら→LaVie Hybrid ZEROの実機レビュー



実売価格:約110,000円~
レビュー:ThinkPad X240s
安心の直販店:詳細/価格をチェック

定番・人気のモバイルPC

モバイルPCとして人気の高いThinkPad X200シリーズの最新機種です。

他社製品と比べてキーボードが打ちやすいです。トラックポイントも搭載し手をキーボードに置いたままマウスポインタを動かすことができます。ただし、幾つか少し小さいキーがあります。またトラックポイント用クリックボタンがタッチパッドと一体型になり、押しにくくなってしまいました。

液晶にはIPSパネルを選択でき、ガンマ曲線も素直で、ギラつきもなく、見やすい画面です。以前はHD液晶のみでしたが、現在はフルHDの液晶も選択できます。

VGA、LAN、Mini-Displayportといったビジネスで良く使うポートも搭載しています。ただし、HDMIポートはありません。

個人的には12.5型液晶ならHD+の液晶がちょうど良かったのではないかと思います。また、トラックポイント用クリックボタンは、タッチパッドから分離していた方が良かったです。

詳細は、ThinkPad X240sのレビューをご覧ください。

また、バッテリーを交換できるThinkPad X240も発売されています。詳細は、ThinkPad X240のレビューをご覧ください。

購入時はクーポンを忘れずに使いましょう。

2015.2.10 ThinkPad X250発売。後日レビュー予定。


実売価格:約130,000円~
レビュー:XPS 13
安心の直販店:詳細/価格をチェック

ロングバッテリー

55WHrの大容量バッテリーを搭載し、Ultrabookの中ではバッテリー駆動時間が長い(当サイト計測結果)です。

また、13.3型液晶を搭載しながら、他の13型クラスPCよりもコンパクトです。

タッチパネルに対応したフルHD IPS液晶も搭載しています。

天板にアルミ、底面にカーボン、パームレストにマグネシウム合金、液晶にゴリラガラスを採用することで堅牢性も高いです。

翌営業日訪問修理サービスおよび24時間365日電話サポートが標準で提供されており、法人並みのサポート内容です。

ただし、有線LAN、VGA、HDMI、メモリカードスロットがなく、入出力インターフェースは少なめです。

詳細は、NEW XPS 13の実機レビュー(Haswell搭載モデル)をご覧ください。

2015.1.8 BroadwellのCPUを搭載したNew XPS 13 Graphic Proが発売。レビュー記事はこちら→New XPS 13 Graphic Proの実機レビュー


バランスが良い

実売価格:約190,000円~
レビュー:dynabook V834(旧モデル)
安心の直販店:詳細/価格をチェック

バランスの良い製品です。

突出して優れた部分はありませんが、バッテリー駆動時間、重量、堅牢性、液晶の見やすさなど、すべて高い水準で、バランスの良い製品です。

約51Whの大きな容量のバッテリーを搭載し、高解像度液晶を搭載している割には、長い駆動時間です。

重量も、メーカー公表値では約1.35kgとなっていますが、当サイトで計測した限りでは1.263kgと非常に軽かったです。

液晶は、色補正されており見やすいのです。また、WQHD(2560 x 1440)の高解像度です。ただし、高解像度液晶にはデメリットもあります。詳細については「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」のページをご覧ください。

価格も高めです。

旧モデルではありますが、外観などほぼ同じですので、詳細は、dynabook V834の実機レビューをご覧ください。

2015.1.26 Broadwellを搭載しdynabook V83が発売。


14型最軽量

実売価格:約160,000円~
レビュー:ThinkPad X1 Carbon
安心の直販店:詳細/価格をチェック

人気のThinkPad X1 Carbon が、やっとHaswellのCPUに対応しました。

また、従来からあったHD+液晶の他に、WQHD液晶およびタッチ対応WQHD液晶を選択できるようになりました。

重量も、約1.36kgから約1.28kgへ軽量化されました(ただしWQHD液晶のモデルのみ)。タッチ対応WQHD液晶はもう少し重くなります。

ボディは、航空機やF1カーで採用されているものよりグレードの高いカーボン繊維素材を使用しており、堅牢性も非常に高いです。

動的に変更可能なタッチパネル式のファンクションキーを搭載しているのも特徴です。

電源およびUSBやLANポートを拡張できるThinkPad OneLinkドックにも対応しています。

ただし、キーの配列が特殊です。慣れないとタイプミスしてしまいます。

詳細は、新しいThinkPad X1 Carbonのレビューをご覧ください。

2015.1.14 Broadwellを搭載し、キーボードとタッチパッドが改善されたThinkPad X1 Carbon が発売。レビュー記事はこちら→ThinkPad X1 Carbon 2015の実機レビュー


最も高解像度

実売価格:約140,000円~
レビュー:LIFEBOOK WU1/M
安心の直販店:詳細/価格をチェック

3200x1800ドットのIGZOパネルの高精細タッチパネル液晶を搭載したウルトラブックです。

色域も広めで、ガンマ曲線もほぼ1:1の直線で、ギラつきもなく見やすい液晶です。

通常、タッチパネルを搭載すると本体が厚くなってしまうのですが、本製品は厚さがわずか15.5mmしかありません。

このカテゴリのウルトラブックは、LANポートを搭載していない場合がほとんどですが、本製品は薄さ15.5mmでありながら、LANポートを内蔵しています。

カスタムメイドモデルではポートリプリケータを選択できる点も嬉しいです。外出先から戻ってきた際に、ポートリプリケータに本機をセットすれば、有線LANや光学ドライブ、デュアルディスプレイなどを即座に使えます。

ただし、解像度が高すぎるため、デメリットもあります。詳細については「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」のページをご覧ください。

詳細はLIFEBOOK WU1/Mの実機レビューをご覧ください。


最も重量が軽い

実売価格:約100,000円~
レビュー:VAIO Pro 11
レビュー:Pro 11とPro 13の比較
安心の直販店:詳細/価格をチェック

重量がわずか770g(最小構成時)しかない超軽量ウルトラブックです。実際に持ってみても、他のモバイルPCと明らかに重さが違います。

液晶は、視野角の良いIPS、フルHD(1920x1080)パネルです。11.6型液晶にフルHD解像度では文字が小さいため、通常はコントロールパネルにある"テキストやその他の項目の大きさ"を拡大して使用します。しかし、一部のアプリは文字が拡大されず、バランスの悪いインターフェースになることがあります。詳細については「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」のページをご覧ください。

ボディが小さい分、ややキーが窮屈で、タッチパッドのクリックボタンも少し固めです。ただし慣れれば気にならない範囲だと思います。

詳細は、VAIO Pro 11の実機レビューをご覧ください。

ソニーストアでの販売が再開しました。

レノボ YOGA 3 Pro
NEC LaVie U
パナソニック レッツノート RZ4
パナソニック レッツノート MX3
デル XPS 11
レノボ ThinkPad Twist
レノボ ThinkPad Helix
詳細や比較表については、「ハイブリッド・タブレットPCの比較」をご覧ください。

 
※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

ウルトラブックで採用されているCPUの仕様を掲載します。

ウルトラブックで搭載されているCPU
  Haswell Haswell Haswell Refresh Haswell Haswell Haswell Haswell Refresh Haswell
  Core i3-4010U Core i5-4200U Core i5-4210U Core i5-4300U Core i7-4550U Core i7-4500U Core i7-4510U Core i7-4600U
コア数 2 2 2 2 2 2 2 2
スレッド数 4 4 4 4 4 4 4 4
動作周波数 1.7GHz 1.6GHz 1.7GHz 1.9GHz 1.5GHz 1.8GHz 2.0GHz 2.1GHz
Turbo Boost なし 2.6GHz 2.7GHz 2.9GHz 3.0GHz 3.0GHz 3.1GHz 3.3GHz
キャッシュ L1:128KB
L2:512KB
L3:3MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:3MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:3MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:3MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:4MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:4MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:4MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:4MB
TDP 15W 15W 15W 15W 15W 15W 15W 15W
PassMark CPU
スコア
2229 3396 3681 3900 3848 3955 3898 4348
※ PassMark Software社で公開している PassMark CPUのスコア値、または当サイトでの実測値を掲載
※ PassMark Software社で公開しているスコア値は日々更新されています

ウルトラブックではないけれど、薄型・軽量モバイルPCの紹介

ウルトラブックではありませんが、薄さ25mm以下、重量1.4kg台以下の薄型・軽量モバイルPCを紹介します。


実売価格:約140,000円~
薄さ:13.9~17.9mm(突起除く)
重量:約1.210kg
レビュー:dynabook R63
安心の直販店:詳細/価格をチェック

バランス良く、作業もしやすい

比較的バッテリー駆動時間が長く、比較的重量も軽く、見やすい非光沢フルHD液晶を搭載しており、バランスの良い製品です。

旧モデルはHD液晶でしたが、2014年夏モデルからフルHD液晶になりました。視野角も良く見やすいです。

ThinkPadのトラックポイントのような、手をキーボードに置いたままマウス操作できるアキュポイントも付属しており、操作性も高いです。

また、VGA、LANなどのポートも搭載しており、ビジネス用途にも適したパソコンだと思います。

店頭では販売されておらず、メーカー直販サイト「東芝ダイレクト」のみで販売されています。

詳細は、dynabook R63の実機レビューをご覧ください。


実売価格:約150,000円~
薄さ:7.6~17.9mm(突起除く)
重量:約1.12kg
レビュー:dynabook V63
安心の直販店:詳細/価格をチェック

ロングバッテリーでも軽い

本製品は、WQHD(2560x1440)液晶搭載モデルと、HD(1366x768)液晶搭載モデルがあります。

重量は共通しており約1.12kgとなっています。

WQHD(2560x1440)液晶搭載モデルは、バッテリー駆動時間が約11.5時間となっており、単位重量当たりのバッテリー駆動時間が比較的長いです。個人的にはかなり好きなスペックです。

HD(1366x768)液晶搭載モデルは、バッテリー駆動時間が約18.0時間となっており、単位重量当たりのバッテリー駆動時間が"非常に"長いです。文字は大きい方が良いという方にはかなりおすすめの製品です。

マグネシウム合金を採用したボディは質感が良く、堅牢性も高いです。

詳細は、dynabook V63の実機レビューをご覧ください。

2015.1.26 Broadwellを搭載したdynabook V73 / V63が発売。レビュー記事はこちら→dynabook V73の実機レビュー



実売価格:約150,000円
薄さ:13.6~19.8mm(突起除く)
重量:タッチ液晶:1.45kg~
重量:非タッチ液晶:1.33kg~
レビュー:LIFEBOOK WS1/M
安心の直販店:詳細・価格をチェック

着脱式の光学ドライブ搭載

LIFEBOOK SHシリーズ(WS1/M)は、光学ドライブを搭載した薄型の13.3型ノートパソコンです。

モバイル・マルチベイ構造を採用しており、光学ドライブを取り外し、増設用内蔵バッテリーユニット(オプション)や、モバイル・マルチベイ用カバー等のユニットを装着することも可能です。

バッテリー駆動時間も非常に長く、メーカースペックで約21.1時間も駆動します。増設用内蔵バッテリーユニットを装着すれば、28.1時間も駆動します。

また、液晶には、2560x1440ドットの高解像度IGZOパネルを採用しています。ただし、高解像度液晶にはデメリットもあります。詳細については「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」のページをご覧ください。

2015.1.20 Broadwellを搭載し、キーボードとタッチパッドも改善されたLIFEBOOK WS1/T が発売。レビュー記事はこちら→LIFEBOOK WS1/Tの実機レビュー

タブレットにもなるタッチ対応ウルトラブック

ノートPCの形状としてもタブレットの形状としても使用できるハイブリッド型のタブレットPCについては下記のリンク先をご覧ください。

ハイブリッド・タブレットPCの比較

新製品情報(国内公式発表)

2015/01/14 レノボから、キーボードやタッチパッドが元に戻ったThinkPad X1 Carbonが発表。詳細

2014/10/15 NECから、インテル Core M搭載でファンレスのLaVie Uが発表。詳細

2014/10/02 パナソニックから、約745gという軽量な2 in 1ノートパソコン、レッツノート RZ4が発表。レビュー

2014/02/19 ASUSから、Office Home & Business 2013を搭載したTAICHI 31が発表。ただしIvy Bridge。詳細

2014/01/29 レノボから、WQHD液晶を搭載した14型のThinkPad X1 Carbonが発表。レビュー

2014/01/29 レノボから、液晶が360度回転する12.5型IPS液晶搭載のThinkPad Yogaが発表。レビュー

2014/01/23 パナソニックから、光学ドライブ搭載ハイブリッド・タブレットのレッツノート MX3が発表。レビュー