会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)の比較 > セキュリティソフトの比較表

セキュリティソフトの比較表 2018年版

更新日:2017年12月6日

あなたにピッタリのセキュリティソフトが選べます

ウイルス対策性能は良いけれど重かったり、価格は安いけれど性能が悪かったりと、セキュリティソフトには特徴があります。すべてを兼ね備えたセキュリティソフトは存在しません。PCの使用目的や、保存ファイルの重要性、インストール台数、予算などに合わせて、自分に合うセキュリティソフトを選ぶことが大切だと思います。

厳選!総合セキュリティソフトの比較表 2018年版

Windowsだけでなく、MACやAndroidへもインストール可能な「マルチデバイス版」をメイン製品として扱うメーカーが多くなりました。そこで、このページではマルチデバイス版のセキュリティソフトを中心に比較していきます。

多くのセキュリティソフトが販売されていますが、有料のセキュリティソフトについては、基本的に下の製品を検討すれば十分だと思います。

各機能の評価は、実際に私がテストした結果や、世界的な第三者評価機関の結果をもとにつけています。各機能のリンクをクリックすると、詳細なテスト内容を確認できます。

また、「MAC」、「Android」、「iOS」のリンクをクリックすると、各OS対応のセキュリティソフトの詳細比較を確認できます。ただし、「Windows」はクリックしてもリンク先はありません。機能をクリックすると詳細を確認できます。

総合セキュリティソフトの比較表 2018年版
セキュリティソフト名 ESET セキュリティソフト ※1 ノートン セキュリティ ウイルスバスター
クラウド
カスペルスキー セキュリティ マカフィー リブセーフ G DATA
Internet Security
F-Secure SAFE ZERO スーパーセキュリティ ZERO ウイルスセキュリティ
製品画像
Windows
マルウェア(ウイルス等)対策 ◎+ ◎+
動作の軽さ
迷惑メール対策
ファイアウォール ○ ※2 ◎+ △ ※2
フィッシング対策
ペアレンタルコントロール ◎+ ×
Webサイト安全評価 × ×
ID/パスワード管理 ○ ※3 ○ ※4 × × ○ ※5 ×
ネットバンキング保護
パソコン最適化 × × ×
Mac ウイルス対策 非対応 非対応
ファイアウォール × × ×
Webサイト安全評価 ×
Android ウイルス対策
盗難対策
不正サイトブロック
ペアレンタルコントロール × × × × ×
アプリのPWロック × × × × × × ×
iOS 盗難対策 非対応 × 非対応 非対応
不正サイトブロック ○ ※7 ×
ペアレンタルコントロール × × ×
購入後の電話サポート時間 毎日
9:00-
17:00
平日のみ
10:00-
19:00
毎日
9:30-
17:30
毎日
9:30-
18:00
毎日
9:00-
21:00
平日のみ
10:00-
17:00
平日のみ
9:30-
17:30
毎日
10:00-
18:00
毎日
10:00-
18:00
コメント 軽さと性能を両立 世界シェアNo.1。人気製品 初心者に優しい。人気製品 高性能。最新の脅威に強い サポート時間が長い 高い検出率。やや重い 安心の性能。事件で評判がた落ち 高性能&更新料0円 性能は悪いが、更新料0円
価格の比較
製品画像
価格
の例

※8
価格(1年版)※9 6,253円 5,918円
5,380円 4,980円 5,746円 3,218円 4,122円 7,980円
更新0円
4,980円
更新0円
価格(3年版)※9 7,408円 14,450円 10,860円 9,720円 10,000円 7,538円
インストール可能台数※10 5台 3台 3台 5台 無制限 3台 3台 5台 5台
販売サイト or キャンペーンページ 正規代理店 シマンテックストア トレンドマイクロ カスペルスキーストア マカフィー・ストア 正規代理店 エフセキュア公式ストア ソースネクスト ソースネクスト
the比較限定キャンペーン内容 43%引 3年版で 2000円分ギフト券 90日体験
+15%引 +2ヵ月延長
20%引
50%引
    25%引  
備考
※1 5台版はESET Family Security、1台版はESET Personal Securityという名称で販売(両方ともマルチデバイス対応)。
※2 製品独自のファイアウォールは持っていません。Windowsファイアウォールに、機能追加されます。
※3 新たにラインナップに追加された「ESET Smart Security Premium」の製品にのみ搭載されます。
※4 IDが5つまでなら無料。それ以上登録するときは1,831円/年が必要。
※5 別ソフトのF-Secure KEYで提供。デバイス間で同期するには、プレミアム版(4,029円/月) へのアップグレードが必要。
※6 ペアレンタルコントロール機能の一部として提供され、基本的には子供の個人情報を守る機能。大人も設定次第では使用可能。
※7 無料アプリ「Kaspersky Safe Browser」をインストールすることで対応可能です。
※8 異なる台数の価格は「セキュリティソフトの価格の比較」に掲載しています。
※9 キャンペーン中の価格です。変動する可能性があります。
※10 異なるインストール台数、インストール範囲のライセンスが用意されている製品もあります。

各セキュリティソフトの詳細

比較表だけだと、個々のソフトの特徴がわかりづらい点もあるかと思うので、各セキュリティソフトについて詳細を記載します。

ESET セキュリティソフト V10
(ESET ファミリー/パーソナルセキュリティ)

軽さと性能を両立

高い検出力と動作の軽さの両立を実現したソフトです。

特に、アドバンスドヒューリスティック機能は歴史が長く、未知のウイルスの検出力が非常に良いです。

近年は、ボットネット プロテクション、エクスプロイトブロッカー、バルナラビリティ シールドなどの機能が追加され、 さらに未知ウイルスの対策が強化されています。

動作については、当サイトのテストでは最も軽く、他の第三者機関の調査を見てもESETは非常に軽いという結果になっていることが多いです。

V9.0(2016年版)では、「インターネットバンキング保護」の機能が追加され、ネットバンク上での取引を、より安全に行うことができるようになりました。

セキュリティソフトには珍しく、PC盗難対策機能のESETアンチセフトを搭載しています。

5台版はESET ファミリーセキュリティ、1台版はESET パーソナルセキュリティという名称で販売されています。3年間使えるESET ファミリーセキュリティが、他のソフトよりもかなり安く、非常にお得です。

ただし、Webサイトの安全性を表示する機能がないなど、やや付属機能が少ないです。

こんなあなたに
軽いセキュリティソフトが欲しい方
古いPCや低スペックなPCにインストールする方
AtomのWindowsタブレットにインストールする方
複数年版を安価に購入したい方

世界シェアNo.1

ネットワーク保護、ファイル保護、評判・評価(レピュテーション )による保護、ふるまい検知機能など、あらゆる機能の性能が良く、非常に完成度の高いセキュリティソフトです。

特に、評判・評価(レピュテーション )システムの歴史が長く、また世界シェアNo.1の利用者から収集する大量の情報により、評価精度は非常に高いと思われます。

また、ID/パスワード管理ソフトの「IDセーフ」を古くから搭載し、たくさんのID/パスワード、カード番号などを安全に一元管理することが可能です。

2017年版では、未知の脆弱性攻撃を検知する「PEP」機能が追加され、脆弱性対策がより強化されました。また、難読化などで正体を隠したマルウェアを検知する「エミュレーション」、自己学習し定義ファイルなしで未知・亜種の脅威を検出する「マシンラーニング」といった機能も追加され、全体的にマルウェア対策性能が向上しています。

また、ペアレンタルコントロールの「ノートン ファミリー」の機能が秀逸です。子供がいるならこのソフトの使用をおすすめします。

世界シェアNo.1のソフトで、非常に安心感もあります。

ただし、ふるまい検知をする「SONAR」という機能が、利用者の少ないプログラムをマルウェアとみなして削除する場合があります。ソフトウェア開発者は、除外の設定などをする必要が出てくる場合もあります。

こんなあなたに
高価でも、より安全なソフトが欲しい方
シェア、知名度の高いセキュリティソフトが欲しい方
子供もPCを使う家庭

初心者に優しい

第三者機関でのウイルス検索エンジンのみの評価はあまり良くないケースもあり、ネット上で酷評されている場合もありますが、エンジン以外の機能を含めた多層での防御性能は比較的高く、第三者機関でも高めの評価を得ています。安心して使えると思います。

ウイルスバスター クラウドに、「デジタルライフサポート プレミアム」というサービスを付属した製品が、PC初心者におすすめです。セキュリティに関する質問以外に、PCの操作方法や他社ソフトの使い方、スマートフォンやタブレット、SNSの操作方法についても電話で質問することができます。しかも、24時間365日対応です。新バージョンではチャットやLINEでも問い合わせ可能になりました。なお、サポート内容の詳細はこちらです。

また、URLリンク先のサイトの安全性を評価する機能が優れています。他社ソフトはGoogle等の検索結果のURLに対して評価するのみですが、本ソフトはSNS(facebook、Twitter、LINE、Google+など)内に貼られたURLも評価できます。これほど多くの場面で使えるのは本ソフトだけです。

ランサムウェア対策にも優れています。暗号化される前にバックアップをとったり、指定したフォルダにアクセス制限をかけたりすることが可能です。さらに新バージョンでは、AI技術を用いた「機械学習型スキャン」を搭載し、よりランサムウェアに強くなりました。

また、子供に有害なサイトのブロック率が良いです。セキュリティソフトの中では珍しく、社団法人日本PTA全国協議会の推奨を取得しています。

専用のファイアウォール機能は持っていませんが、Windowsファイアウォールのアドオンとして提供されます。Windows Vista以降であれば問題ないでしょう。

こんなあなたに
PC初心者の方
インターネットをよくする方
パソコン全般のサポートも安価で受けたい方
SNSサービスをよく利用する方
子供もPCを使う家庭

全方位で高性能

スキャンエンジンおよびファイアウォールの性能に優れ、安心して使えるソフトです。多くの第三者機関で高い評価を得ています。

マルウェア対策の性能は、AV-Comparatives、AV-Test.orgなど、どの第三者機関の評価を見ても高いです。

ファイアウォールは、Matousec.comのテストにおいて、ここで紹介しているソフトの中で唯一Excellentの評価を獲得しています。万が一、ウイルス感染した場合に情報漏洩が起こりにくいです。

また、OSやJRE、Adobe Flashなどのアプリへのぜい弱性攻撃をブロックしてくれる機能も搭載しています。2017年版では、さらに、ワンクリックでパッチのダウンロードからインストールまで行う機能や、不要なソフトウェアを検索・削除する機能も搭載され、脆弱性対策が強化されました。

性能の高い「ネット決済保護機能」も搭載しています。悪質サイトへのフィッシング、リダイレクトのブロックや、隔離された環境での実行など、多重の仕組みで安全にネットバンク/決済サイトを利用できます。

また、ダウンロード版なら、同一世帯なら何台でも無制限にインストールできるライセンスが存在します。

こんなあなたに
セキュリティ意識の高い方
家族で、PC、タブレット、スマホなど沢山のデバイスを所持している方

家族なら無制限に使用OK

家族全員、WindowsでもMacでもAndroid端末でも、"無制限"にソフトをインストールできる製品です。パソコン、スマホ、タブレットに加え、今後ウェアラブル端末などが普及したとき、すべてのデバイスにセキュリティソフトをインストールできるのは嬉しいです。

2016年バージョンから、True Keyというパスワード管理機能が追加されています。生体認証で各Webサイトへアクセスすることが出来るため、パスワードを覚える必要がありません。

パーソナルロッカーというクラウドストレージも提供しています。生体認証を含む3つの認証をパスしないとアクセスできないため、強固なセキュリティです。

電話サポートを21時まで受け付けている点も心強いです。

インテルがマカフィーを買収後、2014年5月に新ブランド「Intel Security」を立ち上げました。ハードウェアレベルのより深い階層でセキュリティ対策できる点が強みです。これからのIoT時代に、インテルのチップは多く使われていきますが、IoTデバイスのセキュリティにマカフィーは強いと思われます。※2016年9月に、インテルは、セキュリティ事業部門の「Intel Security」をスピンアウトさせ、独立セキュリティ企業「McAfee」とすると発表しました。

ただし、日本語がわかりにくい機能が多い点がデメリットです。意味が分かりづらかったり、日本では使えない機能があったり、ヘルプが不足していたりなど、少し使いづらい部分があります。また、上で紹介したTrue Keyは動作しないケースがあるため、体験版を試してから使うと良いと思います。

こんなあなたに
夜にサポートに電話したい方
PC、スマホ、タブレット、スマートウォッチなど、何台ものデバイスを使用している方

高い既知ウイルス検出率

第三者機関における既知ウイルス検出率の評価が、高いソフトです。

エンジンがBitdefenderとAvast!のダブルエンジンから、「Bitdefender+独自の補完機能」のハイブリッドエンジンに変わりました。これにより、従来までの欠点だったパフォーマンスが少し改善されています。

バンクガード機能を搭載しており、最近流行りのネットバンク利用者を狙うウイルスをブロックしてくれます。

PCと同じ台数分だけ、Android端末へインストールすることも可能です。

また、高性能なセキュリティソフトの割には価格が安いです。

ただし、従来製品よりは軽くなりましたが、他社と動作の軽さを比較するとまだ重い点がデメリットです。また、メモリ使用量も他社より多いです。高いスペックのパソコンで使うことをおすすめします。

また、子供に有害なサイトをブロックする機能の精度が良くありません。

こんなあなたに
高いスペックのPCを持っていて、ウイルス検出力を重視する方

製品自体は良いが・・・

マルウェア対策性能は非常に良いです。また、動作も比較的軽いほうです。国内での知名度は低いですが、性能は良いセキュリティソフトです。

ふるまい検知や静的ヒューリスティック、サンドボックスによる仮想実行チェック、ファイルのレピュテーションなどを行う「ディープガード」と呼ばれる機能を搭載していますが、この性能が非常に良く、新種のマルウェア検出率が他社よりも高いです。

2016年バージョンでは、ペアレンタルコントロール機能などが改善しています。

宣伝をあまりしていないせいか、日本でのシェアはかなり低いですが、製品の信頼性は高いです。

ただし、メーカーのページのQ&Aなどの情報も少ないですし、メーカー提供のコミュニティサイトも英語のみです。不具合があった場合に、情報を見つけるのに苦労しそうです。また、エフセキュアの社員が、Twitterで大量の個人情報を流出させたという事件がありました。セキュリティ会社の社員が、個人情報を流したということで批判が集まりました。

エフセキュアブログは技術的な解説が掲載されており非常に役に立ちます。

こんなあなたに
トラブル時にある程度、自己解決できる方
高性能で快適なソフトが欲しい方

高い検出率&更新料0円

Bitdefender製のエンジンを用いており、マルウェア検出率は非常に高いです。ZERO ウイルスセキュリティと異なり、安心して使えるソフトです。

それでいて更新料は0円です。更新料0円と言っても、以前は、OSがバージョンアップする度に買い替えが必要でした。しかし、2016/4/5より、OSをバージョンアップしても使い続けられるようになりました。その代わり、インストールした機器が固定され、使わなくなったライセンスを他のマシンで使うことが出来なくなりました。頻繁にPCやスマホを買い替える人は割高になる可能性があります。

また、2016/4/5よりマルチデバイス対応となり、MacやAndroid OSへもインストール可能になりました。

オンライン決済を安全に行える「決済ブラウザ」も搭載しています。またVer.18になり、決済ブラウザでもパスワード管理が使えるようになりました。

ただし、開発をソースネクストで行っているわけではないため、サポートに不安があります。

Ver.19では、仮想ブラウザ機能が無くなりました。不具合が多かったので仕方ないでしょう。

こんなあなたに
サポート面はそれほど気にしないので、高い性能のソフトを安く使用したい方

更新料0円

更新料が0円な点が最大の魅力です。ZERO スーパーセキュリティと同様に、2016/4/5より、OSをバージョンアップしても使い続けられるようになりました。その代わり、インストールした機器が固定され、使わなくなったライセンスを他のマシンで使うことが出来なくなりました。

他サイトでは酷評の場合もありますが、極端に性能が悪いわけでもないです。大分、性能は上がってきています。

ただし、性能が上がってきているとは言え、まだまだ他のセキュリティソフトほど良くない点がデメリットです。ウイルス、スパイウェア感染をしないように、信頼できないサイトは開かない、怪しいメールは開かない、OS・アプのアップデートはすぐに適用するなど、ある程度自己防衛できる人は、選択肢に入れても良いと思います。

こんなあなたに
ある程度、マルウェアから自己防衛できる人
あまりネットへ接続しない人

 

下記のソフトはライセンス内容が分かりにくいため、詳細を掲載します。

分かりにくいライセンスのセキュリティソフトの詳細
セキュリティソフト名 ESET パーソナル セキュリティ ESET ファミリー セキュリティ カスペルスキー セキュリティ マカフィー リブセーフ
1台版 5台版 プレミアライセンス版
製品画像
初年度価格
ライセンス内容 1台のみインストール可能。 同一世帯の家族はもちろん、別世帯の友人も含め5台までインストール可能。 1台のみインストール可能。 5台までインストール可能。 同一世帯なら、何台でも無制限にインストール可能。 同一世帯なら、何台でも無制限にインストール可能。

その他の有料インターネットセキュリティソフト

その他、国内で販売している有料セキュリティソフトを紹介します。

Avast Internet Security

無料版が有名で、無料版でもネットワーク上のデバイスの設定チェックをする「ホームネットワークセキュリティ」や、オンラインバックやネットショッピングを安全に行える独自ブラウザ「セーフゾーン」、パスワードを一元管理する機能などが搭載されており、多機能です。有料版では、さらに、ファイアウォールやアンチスパム、サンドボックス機能などが搭載されています。

ただし、有料版の場合でも、サポートは良くありません。まず、日本の電話サポート番号が見当たりません。掲示板(Avast日本語サポートフォーラム)はありますが、基本的に他のユーザーによる相互サポートです。問い合わせフォームもありますが、日本語では問い合わせできません。

実売価格:6,480円(1年3台版)

Avira Internet Security Suite

無料版が有名なソフトです。無料版よりも機能が多く安全です。動作も軽く性能も良いです。以前はかなり高価でしたが、大分価格が下がりました。

実売価格:5,800円(1年3台版)

AVG Internet Security

こちらも無料版の利用者が多いソフトです。上の2つのソフトに比べると、第三者機関での評価がやや落ちる場合が多いですが、それでも十分安心して使用できます。価格も安価です。

実売価格:4,970円(1年3台版)

BitDefender Internet Security 2017

ZERO スーパーセキュリティにもOEM提供をしている最高峰の性能を持つセキュリティソフトです。一時期、日本語版を発売していませんでしたが、2016年版から復活しました。

実売価格:5,070円(1年3台版)

Webroot SecureAnywhere Internet Security Plus

日本での知名度は高くありませんが、 性能面は高いです。特にスパイウェア対策の機能に優れています。価格はやや高めかなと思います。

実売価格:5,400円(1年3台版)

ZERO クラウドセキュリティ ZERO

米国のMicroworld Technologies社のeScan Internet Security Suiteのエンジンを使用しています。2013年5月30日よりソースネクストから販売開始されました。同社のZERO ウイルスセキュリティとZERO スーパーセキュリティの中間の性能・価格です。更新料0円という点が特徴です。

実売価格:6,980円(3台版)

 

口コミ情報

セキュリティソフトを実際に購入したユーザーが、どのような製品を比較し、どうしてそのソフトを選んだかを投稿する口コミ情報はこちら。

セキュリティソフトの口コミ情報

新製品ニュース

■2017.12.06 IoT向けセキュリティ製品 Bitdefender BOXの月額サービスを提供開始
IoT機器を保護する「Bitdefender BOX」に月額プラン登場。月々990円で利用可能。また、Bitdefender Total Security 2017を台数無制限で利用することも可能。
プレスリリース

■2017.12.06 ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズの最新バージョンを発表
キヤノン IT ソリューションズは、ESETセキュリティソフト シリーズの最新版となる「V11」を発表。IoTデバイスのセキュリティを強化し、UEFIの検査も可能に。また、Officeなどの質問もできる「まるごと安心パック」もラインナップに追加。
プレスリリース

■2017.12.01 FFRI yarai Home and Business Editionが発表
FFRIは、独自の「先読み防御」 技術により、未知の脅威の対策に特化したセキュリティソフト「FFRI yarai Home and Business Edition」を発表。
プレスリリース

■2017.11.16 カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidの最新版を発表
カスペルスキーは、暗証番号で各アプリをロックできる「アプリロック」機能が新搭載された「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」を発表。

■2017.10.26 最新バージョンのマカフィー リブセーフを発表
マカフィーは、クラウドベースの振る舞い解析や、機械学習をさらに強化した最新版の「マカフィー リブセーフ」(2018年版)を発表。11月下旬より発売開始。

■2017.10.20 ノートン セキュリティ 最新バージョン「22.11」の提供を開始
シマンテックは、主にランサムウェア対策を強化した「ノートン セキュリティ」の最新バージョンの提供を開始。標準的なランサムウェアの挙動であるファイルのインタラクションをリアルタイムで検出するヒューリスティック機能を追加。

■2017.10.12 カスペルスキー セキュリティを発表
カスペルスキーは、最新版の「カスペルスキー セキュリティ」(2018年版)を発表。Windows版には、OS再起動時にマルウェアの感染を防ぐ機能を、Mac版には無線LAN使用時の安全対策機能を新たに搭載。

■2017.09.09 ウイルスバスター クラウドを発表
トレンドマイクロは、先進のAI(人工知能)技術を用いた「機械学習型スキャン」を新たに搭載した最新版のウイルスバスター クラウド(2018年版)を発表。

■2017.04.20 ノートン モバイルセキュリティを発表
シマンテックは、iOS向けに新たなセキュリティ機能を追加した最新版の「ノートン モバイルセキュリティ」を発表。新たに追加された「データ保管庫」ではWebサイトで利用するID・パスワードや、クレジットカード番号などをクラウド上に安全に保管することが可能。

■2017.03.05 Bitdefender BOXを発表
Bitdefenderは、家庭内のネットワーク機器をまるごと保護する「Bitdefender BOX」を発表。組み込みのIoT機器を含めたホームネットワーク内のすべての機器を検知し、マルウェアや外部からの攻撃を保護。

■2017.03.02 G DATA 2017版を発表
株式会社ジャングルは、G DATA インターネットセキュリティ 2017版を発表。新機能としてランサムウェア対策や、クラウドファイルバックアップ機能を搭載。3月9日より発売。

■2016.12.07 ソースネクストウイルスセキュリティMOBILEを発表
ソースネクストは、ZERO ウイルスセキュリティのモバイル版アプリ「ウイルスセキュリティMOBILE」を発表。Android OS、iOSに対応します(iOSはウイルス対策機能はなし)。

■2016.12.05 トレンドマイクロ ウイルスバスター for Home Netoworkを発表
IoT時代に向け、ルーター配下のスマート家電をまとめて守る「ウイルスバスター for Home Netowork」を発表。ルーターの空きポートに接続するだけで、ネットワーク上に流れるパケット監視し、不正アクセスなどを防止。12月7日より販売。