マイクロソフト Surface Book 3 15インチの特徴レビュー

更新日:2020年5月9日
CPU Core i7-1065G7
GPU GTX 1660Ti Max-Q  /
Quadro RTX 3000
Max-Q
メモリ 16GB / 32GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15インチ
液晶種類 3240x2160 タッチ
質量 約1.905kg
バッテリー 最大約17.5時間
価格[税込] 29万円台~
ペンでの作業が不可欠なクリエイター向け

Surface Book 3 15インチは、クリエイティブワークに対応できる15型 2 in 1 PCです。

Surface Book 2 15インチから、CPU、GPUが刷新され、特にグラフィックス性能が大きく向上し、動画編集などの作業に強くなりました。また、法人モデルでは、CADソフトなどの使用に適したQuadro RTX 3000も選択できます。

ただし、グラフィックス性能が高めの割には、CPU性能が高くありません。ややアンバランスな構成です。また、価格が29万円台からと高です。ペンが使えるノートPCとしては無双のスペックですが、ペン入力にこだわらなければ、Surface Book 3 15インチでなくてもいいのかなぁ、と感じてしまいます。

公式サイトはこちら

Surface Book 3 15インチの特徴

クリエイティブな作業に適したGTX 1660Ti Max-Q搭載

Surface Book 3 15インチは、外部グラフィックスとしてGeForce GTX 1660Ti Max-Qを搭載しています。

ミドルスペックのゲーミングノートPCにも搭載されるようなGPUなので、高いグラフィックス性能が特徴となります。構成は異なりますが、同じGTX 1660Ti Max-Qを搭載した他機種では、Adobe Premiere Pro CCによる動画の書き出しも短時間でこなすことができました。

最近は、YouTubeをはじめ、個人でもハイレベルな動画を配信する方が増えてきたので、配信用の動画編集作業を行うノートPCとしてもおすすめです。

なお、法人モデルにはQuador RTX 3000を搭載したモデルもあります。CADなどの業務ソフトを使用する場合は、Quadro搭載の法人モデルを選択するといいでしょう。

グラフィックス性能の目安
~ 3D Mark Time Spy - Graphics score ~
RTX 2070 7495
RTX 2060 5821
GTX 1660Ti 5626
GTX 1660Ti Max-Q 5030
GTX 1060 3741
GTX 1650 3310
GTX 1650 Max-Q 2630
GTX 1050Ti 2201
GTX 1050 1689
GeForce MX250 1113
※他のPCで計測した代表値です
Adobe Premiere Pro CCによる書き出し時間
Core i7-9750H/16GB
RTX 2070
45秒
Core i7-9750H/16GB
GTX 1660Ti Max-Q
46秒
Core i7-9750H/16GB
GTX 1650
69秒
Core i5-9300H/8GB
GTX 1050
127秒
Core i7-8565U/16GB
GeForce MX250
147秒
Ryzen 5 3550H/8GB
GTX 1050
171秒
Core i7-8650U/16GB
Intel UHD 620
473秒
※ 4K動画(約2分)に、「テキスト(ブラー付)」+「RGBカーブ補正」+「シャープ」+「自然な彩度」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 1080p HDのプリセットで書き出したときの時間
※ グラフィックスは全てノートPC用

 

CPUは第10世代Core i7-1065G7

Surface Book 3 15インチは、グラフィックス性能が高めのIris Plusを内蔵した、Core i7-1065G7を搭載しています。

CPU内蔵グラフィックスと外部グラフィックスを同時に使用できるソフトであれば、短時間で処理を実行することができるでしょう。

一方、CPU自体の処理性能は、クリエイター用ノートPCとしては、それほど高くはありません。薄型のスタイリッシュボディなので、仕方のない部分ですが、高い性能のCPUの方が有利な作業、例えば、大量のRAW現像を頻繁に行う場合などは、Core i7-9750HのようなCPUを搭載したクリエイター向けノートPCの方が適しているかもしれません。

CPU性能の目安
~ CINEBENCH R20 マルチコア~
Core i9-9980HK 3405
Core i7-9750H 2640
Core i7-10710U 2211
Core i5-9300H 1921
Core i7-1065G7 1624
Core i5-1035G7 1431
Core i5-10210U 1418
Core i7-8565U 1268
Core i5-8265U 1252
Core i3-8145U 952
グラフィックス性能の目安
~ 3DMark Night Raid - Graphics score ~
GeForce MX250 15406
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
11084
Ryzen 5 3580U
(Radeon Vega 9)
10999
Intel Iris Plus
(Core i5-1035G4)
9188
Intel Iris Plus
(Core i5-1035G7)
8939
Intel UHD
(Core i5-1035G1)
7248
Intel UHD 620 5274
※他のPCで計測した代表値です

 

本体とキーボードを分離可能

Surface Book 3 15インチは、下図のように、本体とキーボード部分を外して使うこともできます。

ただし、本体側のバッテリー容量は少ないと思うので、本体だけで長時間使うことはできないでしょう。また、本体側にCore i7-1065G7、キーボード側にGTX 1660Ti Max-Qを搭載しているはずなので、性能を十分に発揮するためにも、通常は本体とキーボードを一体で使用した方がよさそうです。

ペンでの作業を行うような場合は、下の画像のように、本体をキーボードに反対向きにはめて、タブレット形状で使用することができます。

本体とキーボードを分離可能
本体を反対向きにドッキング

 

高性能+タブレット形状可能+ペン対応

Surface Book 3 15インチは、高めのスペックを備えながら、上述のようにタブレット形状で使用でき、ペン入力にも対応しています。もっと高い性能のクリエイター向けノートPCはありますが、この3つの条件を同時に満たしている機種は、他にはあまりありません。

イラスト制作ソフトはそこまで高いスペックは要求されませんが、イラスト制作の他に配信や動画編集なども行うような方であれば、他のPCでは満足できないというクリエイターさんもおられると思います。

 

使いやすいアスペクト比3:2の高解像度液晶

Surface Book 3 15インチは、アスペクト比3:2の液晶を搭載しています。

縦スクロールするソフトが使いやすいだけでなく、写真編集やデザインなどにも使用しやすいと思います。というのも、3:2という比率は、一眼レフなどのカメラで多く使われるスタンダードな比率だからです。A4サイズも3:2の比に近いです。そのため、写真や印刷用のファイルをほぼ全画面で表示し、細かい部分を確認する、といった使い方にも適しています。

また、解像度も3240x2160と高く、精細な表示が可能な点も、クリエイター向けノートPCとして適していると言える一つの要素となっています。

 

実際のグラフィックス性能はやや低めかも?

Surface Book 3 15インチは、高いグラフィックス性能を備えたノートPCですが、薄型の筐体なので、十分に性能を発揮できるのかが、少し気になるところです。

同じ筐体だと思われる、旧機種のSurface Book 2 15インチは、外部グラフィックスとしてGTX 1060を搭載していましたが、他社のゲーミングノートPCと比較すると、1~2割り程低めの性能となっていました。Surface Book 3 15インチは、実際に動かしてみると、他機種よりも少し控えめな性能となる可能性もあると思います。

機会があれば実機で検証してみます。

 

高級機種ゆえに価格がネック

Surface Book 3 15インチの最大のデメリットは、最小構成でも29万円台という価格の高さです。また、最小構成ではストレージ容量などが物足りないのですが、メモリとストレージ容量を倍にするだけで、35万円台にまでアップしてしまいます。

個人的な趣味用のノートPCとしては、ちょっと手が出にくいです。

Surface Book 3 15インチの個人モデルのラインナップ
  Surface Book 3 15インチ
CPU Core i7-1065G7
GPU GeForce GTX 1660Ti Max-Q
メモリ 16GB 32GB
ストレージ 256GB 512GB 1TB
価格[税込] 292,380円 351,780円 374,880円

 

アクセサリでより快適に

Surface Book 3 15インチは、アクセサリを使用することで、その能力を最大限に発揮することができます。Surfaceペン、Surface Dial、Surface Dockといった既存のアクセサリをそのまま使用することが可能です。

加えて、Surface Dock 2、Microsoft USB-C Travel Hubという新しいアクセサリも同時に発表されています。

Surface Dock 2は、Mini DisplayPortがUSB-Cになり使い勝手がよくなりました。

Microsoft USB-C Travel Hubは、小型であるため持ち運びがしやすく、出張先やクライアントのオフィスなどでも、作業を行いやすくなると思います。

Surface Dock 2の使用イメージ(画像はSurface Book 3 13インチ)
Surface Dock 2
Microsoft USB-C Travel Hub

 

新旧モデルの比較

Surface Book 3 15インチと、旧モデルのSurface Book 2 15インチを比較してみました。

Surface Book 3 15インチは、CPUとGPUが順当にアップグレードされ、特にグラフィックス性能が大きく向上しています。バッテリー駆動時間も若干延びているようです。また、表には載せていませんが、Wi-Fi 6にも対応しており、より高速でのネット接続も行えます。

一方、サイズや質量、インターフェイスには変化がありません。インターフェイスは、USB-CポートをThunderbolt 3対応にしたり、Surface ConnectポートをなくしてUSB-Cを増やしたりと、アップグレードしてもよかったのにと思います。

マグネシウム合金製のボディと、デザインにも変化がないようです。

全体的に完成度の高い機種なのかもしれませんが、旧機種からの買い替えだと、変化があまりないので、ちょっとつまらないかなとも思います。

新旧モデルの比較
  [本製品]
Surface Book 3 15インチ
[既存モデル]
Surface Book 2 15インチ
画像
CPU Core i7-1065G7 Core i5-8350U
Core i7-8650U
GPU GeForce GTX 1660Ti Max-Q /
Quadro RTX 3000 Max-Q
Intel HD Graphics 620 /
GeForce GTX 1060
メモリ 16GB / 32GB 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15インチ
液晶種類 3240 x 2160 タッチ
インターフェイス USB 3.1 x2
USB 3.1 Type-C
(USB Power Delivery対応)
Surface Connect ポート x2
SDカードリーダー
バッテリー 最大約17.5時間 最大約17時間
(ビデオ再生時)
サイズ [幅]343
[奥行]251
[高さ]15-23
質量 約1.905kg

 

ライバル機種との比較

最後に、Surface Book 3 15インチと、15型のクリエイター向けノートPCである他機種との比較を行います。比較機種は、デルのXPS 15と、GIGABYTEのAERO 15 OLEDです。3機種とも、質量は同等レベルで、15型のクリエイター向けノートPCとしては軽量です。

Surface Book 3 15インチは、これらの2機種と比べると、スペック面では見劣りします。しかも、群を抜いて価格が高いです。ただし、タッチ液晶で、Surfaceペンを使用でき、タブレットとしても使えるというメリットがあります。

ペンの使用を含めた総合的な使い勝手が重要であれば、SurfaceBook 3 15インチがいいでしょう。しかし、スペックや価格を重視するなら他機種のほうがいいです。

ライバル機種との比較
  [本製品]
Surface Book 3 15インチ
デル
XPS 15
GIGABYTE
AERO 15 OLED
画像
CPU Core i7-1065G7 Core i5-9300H
Core i7-9750H
Core i9-9980HK
Core i7-10875H
Core i9-10980HK
GPU GTX 1660Ti Max-Q GTX 1650 GTX 1660Ti
RTX2060
RTX2070 Super Max-Q
RTX2080 Super Max-Q
メモリ 16GB / 32GB 8GB~32GB 16GB~64GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15インチ 15.6インチ
液晶種類 3240 x 2160 タッチ FHD sRGB 100%
4K Adobe RGB 100%
4K DCI-P3 100%
4K-UHD AMOLED
バッテリー 最大約17.5時間 97Wh 94Wh
質量 約1.905kg 約2.0kg 約2.0kg
価格比較
  [本製品]
Surface Laptop 3
15インチ
デル
XPS 15
GIGABYTE
AERO 15 OLED
CPU Core i7-1065G7 Core i7-9750H Core i7-10875H
GPU GTX 1660Ti Max-Q GeForce GTX 1650 GTX 1660Ti
メモリ 16GB
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 512GB SSD
液晶種類 3000 x 2000 タッチ 4K DCI-P3 100% 4K-UHD AMOLED
価格[税込] 292,380円 204,142円 219,780円

 

まとめ

Surface Book 3 15インチは、Surfaceシリーズで最高のスペックを備えた、クリエイターのための15型 2 in 1 PCです。

デザインは旧モデルから変化がありませんが、CPUとGPUが新しくなり、処理性能が向上しています。とりわけ、グラフィックス性能の向上幅が大きいので、GPU支援が使えるクリエイターソフトで処理が速くなるでしょう。

ハイスペックで、より安いクリエイター用ノートPCは他にもありますが、高性能ペンを使用できる点や、タブレットとしても使用できる点は、他機種で替えがきかないと思います。

とても魅力的な機種ですが、価格の高さが最大のハードルとなっています。また、高いグラフィック性能に対して、CPUの性能が見劣りし、バランスが悪いです。

なお、兄弟機種となるSurface Book 3 13.5インチもあります。こちらは、ただサイズが違うだけでなく、構成や、適した用途も異なります。ライトな用途であれば、こちらを検討してみてもいいかもしれません。

ペンでの作業が不可欠なクリエイター向け

Surface Book 3 15インチ

 

特徴

  • GeForce GTX 1660Ti Max-Q搭載
  • 第10世代Core Ice Lake搭載
  • 価格が高い

こんなあなたに

  • ペン必須のクリエイティブワークに使用する
  • 既存のSurfaceシリーズからの買い替え
  • 価格29万円台~
  • 一言もう少し安かったらなぁ・・ 
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ