『PSO2 ニュージェネシス』のベンチマークとおすすめPC

更新日:2021年6月15日

執筆:ゲーム記事担当"つむじ"

目次

 

『PSO2 ニュージェネシス』とは

セガのオープンワールドオンラインRPGが大型リニューアル

セガのオープンワールド オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』のシリーズ最新作となる『PSO2 ニュージェネシス』が6月10日にサービス開始となりました。

本作は『PSO2』のゲームシステムやグラフィックエンジンなどを一新した超大型アップデート版となっており、最大32人ものプレイヤーが行き交うシームレスなオープンワールドと、簡単操作で行える爽快でスピード感のあるアクションが特徴的です。

プレイヤーは“アークス”の一員としてミッションを受注し、広大なオープンワールドを探索しながら、装備を整え、未知で巨大な敵である「DOLLS」を討伐するというのが本作のおおまかなシステム。サービス開始時点では前作同様「ハンター」「レンジャー」「フォース」「ファイター」「ガンナー」「テクター」の6クラスが続投となっていますが、アクションや固有スキルなどは進化しています。

『PSO2 ニュージェネシス』では全キャラクターがLv1からスタートします。新規プレイヤーの方も始めやすくなっているのでこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。


『PSO2 ニュージェネシス』公式サイト

 

『PSO2 ニュージェネシス』のグラフィック関連

『PSO2 : NGS』の必要動作環境

PSO2のゲームガイドにて公開されている『PSO2 ニュージェネシス』の必要動作環境です。推奨スペックではないのでかなり低い動作環境となっています。グラフィックエンジンの一新により「DirectX11」に対応。ストレージの空き容量は90GB以上必要となっているので、最低でも100GBは確保しておいた方がいいでしょう。

動作環境
  PC版 クラウド PC版
OS Windows 8.1/10 64bit Windows 8.1/10 32bit・64bit
CPU Intel Core i3-4150 以上 Core i5 (第2世代)以上
クロック数 2.0 GHz 以上
メモリ
8GB RAM 2GB以上
グラフィックカード
NVIDIA GeForce GT430
AMD Radeon HD5570
不要
解像度
1280×720ドット以上
DirectX
DirectX 11以上
ストレージ 約90GB以上 100MB以上の空き領域
ゲームガイドを参照

 

『PSO2 : NGS』のベンチマーク機能付きのキャラクリソフト

6月3日にベンチマーク機能付きのキャラクリエイターソフトが公開されました。このソフトでは、『PSO2 : NGS』のキャラクタークリエイトが体験できるほか、付属のベンチマーク機能で動作確認ができます。


ダウンロードはこちらから

 

ベンチマーク機能付きのキャラクリエイターソフトの画面設定ではウインドウモード表示での画面解像度の指定はできますが、フルスクリーン表示では解像度の指定はできず、現環境の最大解像度表示となるので注意。解像度を指定してベンチマークを動作させる場合はウインドウモード表示でないとできません。

また、フルスクリーン表示と表記されていますが、実際には仮想フルスクリーン表示となっているので、4K解像度で実行する場合はWindowsの設定のテキストサイズを100%にするか、アプリケーションの互換性の「高DPIスケール設定の上書き」をオフにしないといけません。

 

『PSO2 : NGS』のベンチマークを実行してみる

ベンチマークを実行する前にまずはグラフィック設定をします。タイトル画面のオプションからグラフィック設定、簡易グラフィック設定の項目をクリック。そして、「1:最低」「2:低」「3:中」「4:高」「5:スーパー」「6:ウルトラ」の6つの簡易グラフィック設定から自身の環境に合わせた推奨グラフィック設定を選択し、変更をクリックします。

 

ベンチマークではリアルタイムレンダリングで映像が再生され、フレームレートによってスコアが算出されるようです。ベンチマーク実行時間は約2分ほどで、最後に測定結果としてスコアが表示されます。

ベンチマークのようす

 

ベンチマークスコア結果の指標

公式によるベンチマーク動作検証スコア評価一覧は次のとおり。スコア5001~1000で標準的な動作、10001以上で快適に動作するそうです。

実際にベンチマーク実行中の平均フレームレートをMSIのAfterburnerで計測してみたところ、スコア5000ラインで平均50 fps、スコア10000ラインで平均70 fpsでした。

公式の指標どおり、カクつきなどストレスなく快適にプレイした場合は、スコア10000以上を目安にするといいでしょう。

ベンチマークスコアのめやす

 

『PSO2 ニュージェネシス』のベンチマークスコア結果

『PSO2 ニュージェネシス』のベンチマークを人気のグラフィックスにて計測してみました。発売したばかりの新グラフィックス「GeForce RTX 3080 Ti 」と「GeForce RTX 3070 Ti」でも計測しています。また、ベンチマークを測定するにあたって、テストに使用したPCの構成は以下の通りです。

テスト機の構成
CPU Intel Core i9-11900K
ケース CoolerMaster MasterBox CM694 TG [強化ガラスサイドパネル]
マザーボード ASUS TUF GAMING Z590-PLUS WIFI [Intel Z590 chipset]
CPUファン CoolerMaster ML240L V2 RGB  [240mm水冷ユニット]
メモリ 16GB(8GB×2)  [DDR4-3200]
ストレージ Intel SSD 660p Series  [M.2 PCI-E SSD 1TB]
電源 Corsair RM1000x [1000W/80PLUS Gold]

 

RTX 30シリーズでのベンチマークスコア

RTX 30シリーズでは「6:ウルトラ」設定にて、フルHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)の3つの解像度で計測しました。

結果はフルHDではRTX 3060でも60 fps以上で快適に動作し、WQHDならRTX 3060 Ti以上で快適に動作します。4K環境でウルトラ設定で快適にプレイするとなると、最低でもRTX 3080は必要となるようです。

PSO2 ニュージェネシス(DX11)
RTX 30シリーズ ウルトラ設定でのベンチマークスコア
  1920×1080 2560×1440 3840×2160
RTX 3090
39777 32434 13606
RTX 3080 Ti
36880 31664 13501
RTX 3080
36782 28012 10759
RTX 3070 Ti
33835 22314 7554
RTX 3070
32747 19335 6529
RTX 3060 Ti 28112 15427 4926
RTX 3060 18584 9108 2871
※5000以下のスコアは灰色、5001~10000のスコアは白色、10001以上のスコアはピンク色で表示
ウルトラ設定での比較(解像度:3840×2160)
RTX 3090 13606
RTX 3080 Ti 13501
RTX 3080 10759
RTX 3070 Ti 7554
RTX 3070 6529
RTX 3060 Ti 4926
RTX 3060 2871
 :10000以上のスコア

 

GTX 16シリーズでのベンチマークスコア

GTX 16シリーズではフルHD(1920×1080)解像度のみで、「1:最低」「3:中」「4:高」「6:ウルトラ」の4つのグラフィック設定で計測。

結果は「3:中」設定なら、GTX 1650でも快適に動作し、「4:高」設定ではGTX 1660以上で快適に動作、「6:ウルトラ」設定ではGTX 1660 Tiが必要となるようです。

PSO2 ニュージェネシス(DX11)
GTX 16シリーズ フルHD(1920×1080)ベンチマークスコア
簡易グラフィック設定 最低 ウルトラ
GTX 1660 Ti 46594 33686 13429 10035
GTX 1660 SUPER 46124 33631 13772 9441
GTX 1660 45632 27671 11351 7173
GTX 1650 SUPER 44528 24665 9319 5880
GTX 1650 36208 13038 4888 3326
※5000以下のスコアは灰色、5001~10000のスコアは白色、10001以上のスコアはピンク色で表示
ウルトラ設定での比較(解像度:1920×1080)
GTX 1660 Ti 10035
GTX 1660 SUPER 9441
GTX 1660 7173
GTX 1650 SUPER 5880
GTX 1650 3326
 :10000以上のスコア

 

おすすめPCとグラフィックカード

GTX 1660 SUPER、RTX 3060がおすすめ

上記のベンチマーク結果の通り、グラフィックスを一新しただけあって、最高設定の負荷は思っていたより重いです。60 fps以上で快適にプレイしたい場合は、フルHD(1920×1080)だと、GTX 1660 SUPER以上、4K環境だとRTX 3080以上が必要となります。

当サイトでは『PSO2 ニュージェネシス』をフルHD(1920×1080)解像度、「6:ウルトラ」設定で、60 fps以上で快適にプレイするには、GTX 1660 SUPERまたはRTX 3060を搭載したPCがおすすめします。

以下で紹介しているPCは、GTX 1660 SUPER、RTX 3060を搭載することができる当サイトおすすめのゲーミングPCです。レビューもしているのでご参考にどうぞ。

 

当サイトおすすめのデスクトップパソコン

ドスパラ GALLERIA R-Series
サイズ ミニタワー
CPU Ryzen 5 3500 / Ryzen 5 3600
GPU GeForce RTX 3060
GeForce GTX 1660 SUPERなど
価格 10万円台(税込)~
価格が安く人気の製品

ケースがリニューアルし、デザイン性も機能性も進化。価格が安く人気のゲーミングPC。

GTX 1660 SUPER搭載モデルなら税込み10万円台と価格が安い。

レビュー記事はこちら メーカーサイトはこちら
マウス G-Tune ミニタワー
サイズ ミニタワー
CPU Core i7-10700K
Ryzen 7 3700X 
GPU GeForce RTX 3060など
価格 15万円台(税込)~
コスパが高いミドルレンジ・ゲーミングPC

ゲーマーの意見を全面的に採り入れて開発された筐体で、シンプルなデザインのゲーミングPC。

価格はドスパラより高いものの、CPU性能が高い。

レビュー記事はこちら
メーカーサイトはこちら

 

関連ページ