会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > GeForce GTX 1080のベンチマーク

GeForce GTX 1080のベンチマーク

更新日:2016年12月7日

2016.05.31 初稿
2015.06.01 ゲームベンチマーク、3DMarkスコアを追記
2016.07.23 レビュー記事およびおすすめPCの追記
2016.08.15 GeForce GTX 1080搭載のドスパラ GALLERIAのレビュー記事を追記

2016.12.07 GeForce GTX 1080搭載ノートPC、NEXTGEAR-NOTE i7900のベンチマークを追記

GALAX GeForce GTX 1080 Founders Editionを入手

2016年5月27日に、NVIDIA GeForce GTX 1080のグラフィックカードが発売されました。GeForce GTX 1080は、新アーキテクチャの「Pascal」を採用したGPUで、特にVR環境で高いパフォーマンスを発揮します。

ここでは、デスクトップPC用のGTX 1080と、ノートPC用のGTX 1080の2機種で、ベンチマークスコアを計測しています。この2機種の詳細は次の通りです。

その1:GALAX GeForce GTX 1080 Founders Edition

1つ目は、GALAX GeForce GTX 1080 Founders Editionです。

その2:ノートPC用のGeForce GTX 1080カード

2つ目は、ノートPC用のGeForce GTX 1080を搭載したNEXTGEAR-NOTE i7900です。CPUにもデスクトップ用のCore i7-6700を搭載しています。CPUおよびGPUのオーバークロックも可能な機種ですが、今回はオーバークロックなしでテストしています。

各GeForce GTX 1070の仕様の比較

今回ベンチマークを計測するカードは、下表のような仕様になっています。ベースクロックはデスクトップPC用のGeForce GTX 1080のほうがやや高いです。ブーストクロックは、通常のノートPC用グラフィックスはデスクトップ用と同じクロック数なのですが、今回のノートPCはやや高めになっています。

各GeForce GTX 1080の仕様の比較
  デスクトップPC用
GeForce GTX 1080
ノートPC用
GeForce GTX 1080
シェーダ―プロセッサ数 2560基 2560基
ベースクロック 1607MHz 1582MHz
ブーストクロック 1733MHz 1771MHz
メモリクロック 10GHz相当 10GHz相当
メモリ容量 8GB 8GB

 

GPU-Zの結果は、次のようになっています。

GeForce GTX 1080のゲームベンチマーク

GeForce GTX 1080のベンチマークスコアを掲載します。

まずは、フルHD(1920x1080)の解像度で計測したベンチマークスコアを掲載します。なお、4K(3840x2160)でのスコアについてはページ下部に記載しています。

グラフィックドライバーバージョンは、デスクトップ向けGTX 1080が「368.25」、ノートPC向けGTX 1080が「376.09」です。ベンチマークを計測した時期が異なるため、バージョンも異なっています。バージョンが上がればスコアがやや改善されることもあります。

結果を見ると、どちらも非常に高いスコアです。フルHD(1920x1080)の解像度の場合は、どのゲームも60fpsを大きく超えており、非常に快適にゲームをプレイできるでしょう。

また、ノートPC向けGTX 1080は、デスクトップ向けGTX 1080よりもブーストクロックが高いせいか、ベンチマークスコアもやや高いケースが多かったです。恐るべし性能のノートPCです。

ゲームベンチマーク(1920x1080)
製品名 デスクトップ向け
GeForce GTX 1080
Founders Edition
NEXTGEAR-NOTE
i7900
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1080
Core i7-6700
GTX 1080
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド
(DirectX 11)
標準品質 ★ 21391 (非常に快適) 24627 (非常に快適)
高品質 ★ 17475 (非常に快適) 20658 (非常に快適)
最高品質 17318 (非常に快適) 18086 (非常に快適)
ドラゴンズドグマオンライン
低品質 11774 (とても快適) 13390 (とても快適)
標準品質 11719 (とても快適) 13375 (とても快適)
最高品質 11318 (とても快適) 12860 (とても快適)
ファンタシースターオンライン2 EP4 描画:3 70778 (快適) 96220 (快適)
描画:6 52351 (快適) 61958 (快適)
バイオハザード6 RANK S (21683) RANK S (23763)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 44652 43836
ドラゴンクエストX 標準品質 19453 (すごく快適) 20889 (すごく快適)
最高品質 18972 (すごく快適) 20732 (すごく快適)
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 175 fps 191 fps
中品質 143 fps 155 fps
最高品質 120 fps 125 fps
ファークライ プライマル 低い 127 fps 150 fps
高い 104 fps 120 fps
最高 96 fps 104 fps
ドラゴンエイジ:インクイジション 低品質 184 fps 191 fps
高品質 151 fps 154 fps
最高品質 108 fps 109 fps
GRID Autosport ウルトラロー 327 fps 366 fps
ミディアム 169 fps 189 fps
ウルトラ 125 fps 139 fps
Metro Last Light Low 147 fps 154 fps
High 145 fps 153 fps
Very High 133 fps 141 fps
スリーピングドッグス 低品質 230 fps 278 fps
高品質 180 fps 207 fps
最高品質 142 fps 140 fps
★デスクトップPCの場合は「標準品質(デスクトップPC)」と「高品質(デスクトップPC)」、ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※通常の液晶ディスプレイは60Hz駆動であるため、ゲームを快適にプレイするには平均60fpsは欲しいです。ただし、平均fpsが60でも最小fpsはもっと小さいため、60fpsを切らないようにプレイするには平均80~100fpsは欲しいです。また、120Hz駆動の液晶ディスプレイを使用している方は、平均120fpsは欲しいです。

 

以下のゲームについても、平均フレームレートを計測しました。実際にゲームをプレイし、Frapsで平均フレームレートを求めています。こちらも高いフレームレートです。

ゲームベンチマークのスコア(1920x1080)
製品名 デスクトップ向け
GeForce GTX 1080
Founders Edition
NEXTGEAR-NOTE
i7900
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1080
Core i7-6700
GTX 1080
バトルフィールド1
99 fps
91 fps
最高 89 fps
オーバーウォッチ 256 fps 262 fps
158 fps 154 fps
エピック 110 fps 104 fps
ダークソウル3 60 fps(上限) 60 fps(上限)
60 fps(上限) 60 fps(上限)
最高 60 fps(上限) 60 fps(上限)
ストリートファイター V Low spec 60 fps(上限) 60 fps(上限)
60 fps(上限) 60 fps(上限)
最高 60 fps(上限) 60 fps(上限)
Fallout 4 147 fps 166 fps
120 fps 134 fps
最高 113 fps 130 fps
スターウォーズ バトルフロント 200 fps 200 fps
200 fps 200 fps
最高 175 fps 179 fps
黒い砂漠 VERYLOW 60 fps(上限) 60 fps(上限)
MIDDLE 60 fps(上限) 60 fps(上限)
VERYHIGH 60 fps(上限) 60 fps(上限)
ウィッチャー 3 178 fps 166 fps
103 fps 92 fps
最高 74 fps 68 fps
フィギュアヘッズ Low 60 fps(上限)
Middle 60 fps(上限)
High 60 fps(上限)
バトルフィールドハードライン
200 fps
200 fps
最高 164 fps
ウォッチドッグス 143 fps
113 fps
最大 102 fps
メタルギア ソリッド V ファントム・ペイン Medium 60 fps(上限)
High 60 fps(上限)
Extra High 60 fps(上限)
The Elder Scrolls V SKYRIM Low 245 fps
High 192 fps
Ultra High 138 fps
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値および最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください

各GeForce GTX 1060の3DMarkのスコア

3DMarkのスコアです。

非常に高いスコアです。GeForce GTX 980Tiと比較すると、約1.2倍の差がありました。

3DMarkのスコア
製品名 デスクトップ向け
GeForce GTX 1080
Founders Edition
NEXTGEAR-NOTE
i7900
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1080
Core i7-6700
GTX 1080
Score 6472
Graphics score 6847
CPU test 4942
Score 4917 4960
Graphics score 4912 4964
Physics score 11849 12377
Combined score 2632 2606
Score 9219 9176
Graphics score 10140 10014
Physics score 11815 12322
Combined score 4586 4564
Score 16095 16205
Graphics score 21147 20719
Physics score 11739 12063
Combined score 7202 7648
Score 34593 34998
Graphics score 68167 66483
Physics score 11094 11433
Combined score 22812 23972

4Kでのゲームベンチマーク

4K(3840x2160)の解像度でのベンチマークスコアです。

4K(3840x2160)の解像度でも、"中程度"のグラフィック品質設定にすれば、平均フレームレートが60fpsを超えることが多いです。

GeForce GTX 980Tiと比較すると、"最高設定 + 4K(3840x2160)"の設定の場合、平均で約1.3~1.4倍はスコアが高かったです。

ゲームベンチマーク(3840x2160)
製品名 デスクトップ向け
GeForce GTX 1080
Founders Edition
NEXTGEAR-NOTE
i7900
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1080
Core i7-6700
GTX 1080
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド
(DirectX 11)
標準品質 ★ 14389 (非常に快適) 14174 (非常に快適)
高品質 ★ 7849 (非常に快適) 8774 (非常に快適)
最高品質 6750 (とても快適) 6530 (とても快適)
バイオハザード6 RANK S (10989) RANK S (10660)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 13464 13094
ドラゴンクエストX 標準品質 17311 (すごく快適) 19736 (すごく快適)
最高品質 16765 (すごく快適) 18921 (すごく快適)
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 94 fps 93 fps
中品質 62 fps 61 fps
最高品質 48 fps 47 fps
ファークライ プライマル 低い 61 fps 61 fps
高い 48 fps 48 fps
最高 41 fps 41 fps
ドラゴンエイジ:インクイジション 低品質 116 fps 116 fps
高品質 56 fps 56 fps
最高品質 36 fps 35 fps
GRID Autosport ウルトラロー 322 fps 337 fps
ミディアム 164 fps 177 fps
ウルトラ 108 fps 107 fps
Metro Last Light Low 121 fps 122 fps
High 70 fps 72 fps
Very High 58 fps 59 fps
スリーピングドッグス 低品質 182 fps 185 fps
高品質 83 fps 79 fps
最高品質 38 fps 38 fps
★デスクトップPCの場合は「標準品質(デスクトップPC)」と「高品質(デスクトップPC)」、ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※通常の液晶ディスプレイは60Hz駆動であるため、ゲームを快適にプレイするには平均60fpsは欲しいです。ただし、平均fpsが60でも最小fpsはもっと小さいため、60fpsを切らないようにプレイするには平均80~100fpsは欲しいです。また、120Hz駆動の液晶ディスプレイを使用している方は、平均120fpsは欲しいです。

 

ゲームベンチマークのスコア(3840x2160)
製品名 デスクトップ向け
GeForce GTX 1080
Founders Edition
NEXTGEAR-NOTE
i7900
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1080
Core i7-6700
GTX 1080
バトルフィールド1
88 fps
47 fps
最高 45 fps
オーバーウォッチ 200 fps 196 fps
123 fps 118 fps
エピック 86 fps 82 fps
ダークソウル3 60 fps(上限) 60 fps(上限)
48 fps 48 fps
最高 43 fps 43 fps
ストリートファイター V Low spec 60 fps(上限) 60 fps(上限)
60 fps(上限) 60 fps(上限)
最高 60 fps(上限) 60 fps(上限)
Fallout 4 103 fps 105 fps
64 fps 64 fps
最高 52 fps 51 fps
スターウォーズ バトルフロント 140 fps 131 fps
77 fps 75 fps
最高 64 fps 61 fps
黒い砂漠 VERYLOW 60 fps(上限) 60 fps(上限)
MIDDLE 60 fps(上限) 60 fps(上限)
VERYHIGH 50 fps 50 fps
ウィッチャー 3 57 fps 51 fps
42 fps 39 fps
最高 36 fps 34 fps
バトルフィールドハードライン
153 fps
77 fps
最高 50 fps
ウォッチドッグス 113 fps
60 fps
最大 54 fps
メタルギア ソリッド V ファントム・ペイン Medium 60 fps(上限)
High 60 fps(上限)
Extra High 60 fps(上限)
The Elder Scrolls V SKYRIM Low 226 fps
High 121 fps
Ultra High 103 fps
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値および最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください

GeForce GTX 1080を搭載したおすすめゲーミングPC

GeForce GTX 1080を搭載したおすすめのゲーミングPCです。

納期を優先するならドスパラのGALLERIAが良いです。価格を優先するならパソコン工房のミニタワーが良いと思います。デザインや性能のバランスではNEXTGEARが良いと思います。サイコムのPCは、パーツの選択肢が広く型番が細かく書かれているため安心です。

おすすめGeForce GTX 1080 搭載パソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR
パソコン工房
Level∞ R-Class
サイコム
各種タワーPC
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト
※納期は変動するため、詳細はメーカーサイトにてご確認下さい

GeForce GTX 1080を搭載したPCのレビュー

筆者が検証したことのあるGeForce GTX 1080搭載PCを紹介します。

マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR
レビュー記事

高性能でデザインも斬新

NEXTGEARは、高性能パーツを搭載可能なミドルタワーゲームPCです。

西洋騎士の兜のようなフロントパネルに、奥側で光るブルーLEDが特徴的な外観です。一度見たら忘れられないデザインです。

グラフィックカードの手前にあるシャドウベイを取り除き、120mmのフロントファンを搭載することで、グラフィックカードを効率よく冷却することが可能です。フロントファンの手前には防塵フィルターも装備しています。

CPU&GPUのダブル水冷クーラーも搭載可能です。

また、安心パックサービスに加入しておけば、初期不良期間の"新品"交換サービスを受けられるため安心です。

メーカーサイト:マウス(NEXTGEAR) icon


ドスパラ GALLERIA(ミドルタワー:KTケース)
レビュー記事

高性能GPUに細かなカスタマイズ

ドスパラ オリジナルKTケースを採用したミドルタワーゲームPC。高性能グラフィックスを搭載しゲームが快適です。

PCケース内が比較的広く、3.5インチシャドウベイが5つもあるなど、拡張性が高いです。長いグラフィックカードも楽々装着できます。横幅も広く配線も楽です。

計6個のケースファンを選べたり、CPUグリスを選べたり、CPUファンやHDDを静音化できたりなど、細かなカスタマイズも可能です。

注文してから出荷されるまで2日という納期の短さも魅力です。

メーカーサイト:ドスパラ GALLERIAシリーズ
※KTケースは、X、Z、XEシリーズなどです


パソコン工房 Level∞ R-Class
レビュー記事

バランスのとれたゲーミングPC

パソコン工房 Level∞ R-Classは、バランスのとれたミドルタワーデスクトップPCです。

ミドルタワーとしては価格が比較的安く、デザインも良く、PCケースの拡張性、メンテナンス性も割と高いです。

グラフィックカードはミドルからハイスペックなものを選択可能で、ストレージにはNVMe SSDを選択することも可能です。

メーカーサイト: パソコン工房(LEVEL∞ R-Class) icon


HP OMEN by HP Desktop 870シリーズ

レビュー記事

デザインも性能もGood

HP OMEN by HP Desktop 870シリーズは、GeForce GTX 10シリーズを搭載しているミニタワー型デスクトップパソコンです。

具体的には、GeForce GTX 1070とGTX 1080を搭載したモデルが用意されています。

フロント面にポート類がなくすっきりしており、またフロントの1677万色に変化するLEDイルミネーションが綺麗です。

CPUには、水冷式CPUクーラーも搭載しており、CPUに負荷のかかる作業を長時間する場合でも安心です。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス


マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901
レビュー記事

モンスター級ゲーミングノートPC

NEXTGEAR-NOTE i7901は、ノート用シングルGPU最高峰のGeForce GTX 1080を搭載した高性能な17.3型ゲーミングノートPCです。

CPUも、ノート用ではなくデスクトップ用の高速な第7世代インテルCPUを搭載し、ストレージも、読込3,000MB/s以上も出る超高速なSSDを搭載しています。

さらに、GPUおよびCPUのオーバークロックも可能で、モンスター級の性能のハイエンド・ノートPCとなっています。

液晶には、Adobe RGB比100%対応の4K液晶を搭載しており、色鮮やかで高精細な映像でゲームをすることが可能です。

マウスコンピューター直販サイト:
G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901


関連ページ

GeForce GTX 1080と1070と1060の比較

 

ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較

ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較