会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > PCゲーム > バトルフィールド 1 のベンチマークとおすすめPC

バトルフィールド 1 のベンチマークとおすすめPC

更新日:2016年12月8日

バトルフィールド 1がついに発売!

今作の舞台は第一次世界大戦

2016年10月21日についに発売となった「バトルフィールド 1」。先行限定版を購入していると、10月18日には早期アクセスでプレイすることができますが、正式に解禁されたのは10月21日となります。オープンベータテストでは史上最高の1320万人超えの参加者数を記録しており、その数から本作への期待の高まりと、ユーザーどれだけリアル系FPSに飢えているかが伺えます。実際に普段FPSをプレイしない層やFPS経験の浅いカジュアルプレイヤー層にも本作は人気があるそうです。

本作のバトルフィールドではナンバリングである「バトルフィールド1」という数字が語るように、時代は逆行し、舞台は1914年の第一次世界大戦となってます。兵器もその時代に沿ったものが登場しますが、ライフルは単発式でリコイルも大きいので命中精度は低く、また戦車はおもちゃのようで脆く、スピードも遅くて殲滅率も低いです。他にもプロペラ式の戦闘機や古い様々な兵器が多数登場しますが、これがまた新鮮で面白いです。

またバトルフィールドと言えば、大人数でのマルチプレイ対戦がメインコンテンツですが、今作ではシングルプレイであるキャンペーンモードも非常に魅力的な一作となっています。

キャンペーンを通じて戦争の恐ろしさを知る

本作のキャンペーンは「大戦の書」という6人の主人公によるシナリオで構成されており、ひとつのシナリオを終えると、まるで一本の戦争映画でも見終えたかのような充足感が味わえます。シナリオも飽きがこないようにそれぞれ工夫されており、昔話のように語りながら進む感じも、ストーリーへの没入感を高めています。

冒頭さながら、悲壮感漂う戦場の恐ろしさをこれでもかと演出しており、様々な兵士を操作し、その兵士が死ぬたびに、兵士の名前と生きた年数が表示され、戦争はただ行われるのではなく、ひとりひとりの兵士の命の上で行われているということをゲーム越しにプレイヤーに語りかけてきます。

グラフィックもこれまで以上に美麗に仕上がっており、バトルフィールドシリーズでは一番実写に近いのではないでしょうか。特に4K画質でプレイすると、戦場の迫力と泥臭さがリアルに伝わってきます。

特に筆者が好きなシナリオは、4番めの「ランナー」。ガリポリの海岸に上陸し、仲間がどんどん倒れていくなか、ひたすら登り続け、高台を目指すというシナリオは、まるで名作映画『プライベート・ライアン』のノルマンディー上陸作戦をプレイしているような感覚でかなりのめり込めました。

こういったキャンペーンを通じて戦争の恐ろしさを知ることができるのも、これまでにないゲームの垣根を越えた、バトルフィールド1の面白さではないでしょうか。キャンペーンをプレイするだけでも、本作を購入した費用の元は取れると思います。


今作のキャンペーンモードでは6つのシナリオに分かれている

悲壮感漂う戦場

映画のワンシーンのようなシナリオ

リアルな戦場を体験できるマルチプレイ

本作のメインコンテンツであるマルチプレイでは、PC版だと最大64人での対戦が可能となってます。特に今作はグラフィックだけでなく、天候から兵器の効果音、砲撃による地面跡や家屋の倒壊などこれまで以上にこだわっており、戦場さながらの緊張感と臨場感のあるマルチプレイを体験することができます。用意されたゲームモードは、お馴染みのコンクエスト、ラッシュ、ドミネーション、チームデスマッチに加え、新たにウォー・ピジョンとオペレーションが追加されました。

ウォー・ピジョンはステージ上の伝書鳩を手に入れ、支援砲撃部隊にメッセージを送って敵チームを倒し、3回支援砲撃すると勝ちになります。オペレーションでは複数のマップに渡って、シナリオに沿って攻防を繰り広げるゲームモードとなってます。両方とも特徴があって面白いのですが、ウォー・ピジョンは24人で行う少人数制、オペレーションはとにかく長いというのがあって、部屋も少なくマッチングしにくいのが現状です。やはり最も人気のあるのが、最大64人で陣地を奪い合うコンクエストモードでしょう。

本作の対戦マップは9種類用意されており、橋や鉄道があるマップや山岳要塞、森林や市街地に海岸線など特徴も様々です。特に対戦の後半になると逆転要素として登場する飛行船や装甲列車などの巨大兵器が本作の目玉でしょう。これがかなり強力で、これ1台で戦場を支配できるまさにモンスター兵器と言っても過言ではありません。これほどの逆転要素があれば、どんなにチケット差があろうとも、途中で萎えることはありません。しかし逆に言えば、たとえ僅差でも巨大兵器は登場してしまうので、ゲームバランス的には難しいところですが、装甲列車は地雷、飛行船には対空砲など対策もあるので、これはこれでアリなのかも。

また兵器の種類も多く、アンロックする武器も見たことのないものばかり。しかしさすがに古い武器とあってか、どれも扱いにくいです。まず始めたばかりの初期装備だと、弾が当たらないわ、装弾数は少ないわでかなり立ち回りづらいです。そういう時はマップ各地に配置されている対空砲や機関銃などの固定兵器を使っていくのも戦法のひとつです。


大人数での対戦が楽しめるコンクエストモード

本作は特徴ある様々なマップが楽しめる

さらに使いやすく、プレイしやすくなったバトルフィールド

バトルフィールドシリーズはこれまでキャンペーンをプレイするにしても、マルチプレイをプレイするにしても、PC上のブラウザから起動しなければなりませんでした。特にマルチプレイの場合は、ブラウザから参加するサーバーを選択し、クライアントを起動しなければならず、サーバーを変更したい場合は一旦ゲームを終了させてから、またブラウザ上からサーバーを選択するという、かなり面倒な方法でした。

しかし今作のバトルフィールド1からUIやシステムが変更され、ゲーム上からサーバーを選択することができるようになりました。またバトルフィールド4やハードラインなど、バトルフィールドシリーズ間での切り替えもいずれは簡単に行えるようになるのだそうです。なぜこれまでやらなかったのかが謎ですが、バトルフィールドがさらにプレイしやすくなったのは間違いありません。


ゲームクライアント上からサーバーを探すことができるようになった

バトルフィールド 1 のベンチマークとおすすめPC

動作環境とグラフィック設定画面

実際に発売されたばかりのグラフィックカードや、人気のグラフィックカードを用いてプレイし、フレームレートを計測してみました。公開されている動作環境は、下記の通りとなっています。推奨動作環境では、CPUはIntel Core i7-4790以上、グラフィックカードは最近発売されたばかりのGeForce GTX 1060以上が求められ、最高設定で快適にプレイするには高めのPCスペックが必要となります。

  必要動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7、Windows 8.1、Windows 10各64ビット版 Windows 10 64bit版以降
CPU
Intel Corei5 6600K or AMD FX-6350 Intel Core i7 4790 or AMD FX-8350 Wraith 以上
メモリ 8GB 16GB
GPU nVidia GeForce GTX 660(2GB)
or
AMD Radeon HD 7850(2GB)
nVidia GeForce GTX 1060(3GB)
or
AMD Radeon RX 480(4GB)
HDD空き容量 50 GB 50 GB
※「https://www.battlefield.com/ja-jp/games/battlefield-1/tech」のページを参照

 

グラフィック設定画面は下記の画像の通りです。品質設定はこれまでと同様「低」「中」「高」「最高」の4段階となってます。今回の動作検証には、その4つのグラフィック設定で、垂直同期はオフ、GPUメモリ制限はオフにしています。キャンペーンのランナーの冒頭部分をプレイし、「Fraps Version 3.5.99」を用いて平均フレームレートを計測しています。画面解像度は1920×1080(フルHD)と、ハイエンドGPUのみ3840x2160(4K解像度)でも計測しています。




バトルフィールド 1のグラフィック設定画面

バトルフィールド 1のベンチマーク結果

各グラフィックカードでの平均フレームレート計測結果は以下の通りです。

解像度1920×1080(フルHD)で最高設定でも60fps以上出るカードは、デスクトップだと推奨動作環境の通り、GTX 1060 3GBとなりました。ノートパソコンは、試せてはいませんが、それほどフレームレートが落ちるわけでもないので、おそらくGTX 1060 3GBで大丈夫でしょう。砂嵐などの天候変化によるフレームレート変化(環境によっては10fpsほど下がる)を考慮すると、ノートパソコン、デスクトップともに、GTX 1060 6GBでもいいと思います。

低設定や中設定でも動作さえすればいいという場合には、GTX 1050辺りでも大丈夫だと思いますが、やはりPC版でプレイする限りは最高設定である美麗なグラフィックでプレイしたいものです。

ちなみに4Kだと、単体で60fps以上出るカードは、GTX TITAN Xのみとなります。GTX 1080やGTX 1070だと二枚挿し(SLI)が必要になると思います。

今回はマルチプレイではなくキャンペーンモードにてフレームレートを計測しましたが、どちらもそれほど差はなかったので、割りと参考になる数値だと思います。また今作のマルチプレイでのマップは開けた地形や凹凸の目立つ地形、入り組んだ地形が多く、フレームレートも上下が激しいです。

また、原因は分かりませんが、ノートPCのGTX 1080、GTX 1060のスコアが想定よりも低くかったです。


ノートパソコン
グラフィックス GeForce GTX1080 GeForce GTX1070 GeForce GTX1060 GeForce GTX970M GeForce GTX965M GeForce GTX960M
使用したPC
マウス NG-NOTE i7900 ガレリア QSF1070HGS Alienware 17 ガレリア QF970HE Alienware 15 マウス m-Book W
1920x1080
99 fps 152 fps 74 fps 90 fps 58 fps 62 fps

94 fps 144 fps 70 fps 68 fps 41 fps 44 fps
91 fps 108 fps 67 fps 53 fps 30 fps 33 fps
最高 89 fps 99 fps 65 fps 50 fps 29 fps 32 fps

デスクトップパソコン
グラフィックス TITAN X GeForce
GTX1080
GeForce
GTX1070
GeForce
GTX1060
6GB
GeForce
GTX1060
3GB
GeForce
GTX1050Ti
GeForce
GTX1050
GeForce
GTX750Ti
使用したPC NEXTGEAR ドスパラ GALLERIA
1920x1080
190 fps 183 fps 174 fps 163 fps 153 fps 104 fps 97 fps 66 fps

174 fps 168 fps 160 fps 133 fps 120 fps 72 fps 65 fps 50 fps
157 fps 137 fps 118 fps 91 fps 83 fps 53 fps 47 fps 33 fps
最高 147 fps 128 fps 109 fps 83 fps 78 fps 51 fps 45 fps 30 fps
3840x2160
130 fps 105 fps 87 fps 62 fps 58 fps - - -

98 fps 85 fps 70 fps 52 fps 43 fps - - -
68 fps 52 fps 44 fps 31 fps 28 fps - - -
最高 64 fps 49 fps 42 fps 30 fps 27 fps - - -

画質を比較してみる

次にグラフィック品質である"低設定"と"最高設定"での画質比較です。見ての通り、テクスチャや草木の量、影の品質が異なり、LOW設定だとかなりのっぺりしています。これだと世界観も臨場感も半減。やはりバトルフィールドはグラフィックにもかなりこだわりっているシリーズので、せっかくなら最高設定でプレイしたいですね。


低設定

最高設定

バトルフィールド 1をプレイするには「GeForce GTX 1060」が最適!

前述の通り、砂嵐などの天候変化や巨大兵器による負荷も考慮すると、最高設定でも少し余裕があり、推奨動作環境通りでもあるGeForce GTX 1060 3GBが良いでしょう。 ノートパソコンでプレイするという場合にも、GeForce GTX 1060 3GBを搭載したモデルがおすすめです。

おすすめのデスクトップパソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR
パソコン工房
Level∞ R-Class
サイコム
G-Master
高い拡張性 高いコスパ コンパクトなミニタワー 高い品質
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト

関連ページ

バトルフィールド 1 公式サイト

■ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較

■ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較