会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > MMORPG「黒い砂漠」

MMORPG「黒い砂漠」のフレームレートとおすすめPC

更新日:2015年6月22日

MMORPG「黒い砂漠」オープンサービス開始!

5月8日についにサービス開始となったMMORPG「黒い砂漠」。アクション性の高いノンターゲッティングシステムと、ロードのないシームレス構成のマップや、モンスターとの高速戦闘、生産や貿易、ハウジングなどの生活系に至るまで、多くのコンテンツを詰め込んだサンドボックス型のMMORPGとなっており、サービス開始前から話題を呼んでいました。6月6日には、待望のGvGコンテンツ「占領戦」がスタートし、6月17日には新職ヴァルキリーが追加されるなど、新しいコンテンツもどんどん追加され、今後の展開にも期待のMMORPGです。基本無料のオンラインゲームなので、気になる方は一度プレイしてみてください。
公式サイト:http://www.blackdesertonline.jp/

細かなキャラメイク

最初に選べる職業はウォーリア(戦士)、レンジャー(弓師)、ソーサレス(魔術師)、ジャイアント(狂戦士)の4つとなっており、性別は職業固定となっているので、女性を選びたい場合は強制的にレンジャーもしくはソーサレスになってしまいます。キャラメイクは顔や体など細部まで変更できるようになっていますが、髪型は用意されたプリセットのみ。ただ一部の長さや流す方向が調整できるので、かなり自由度は高いです。顔のパーツも、輪郭から鼻の形までスライダーで細かく調整できます。体型もスライダー調整により、自分好みのグラマラスな体型や、ゴリマッチョな体型にも変更可能です。最近のMMORPGの中ではかなり自由度の高いキャラメイクができると思います。


細かなキャラメイクにより自分好みのキャラを作成

スピード感と迫力感あふれる戦闘

MMOの戦闘はどうしても作業感溢れる単調なクリックゲームになりがちですが、本作の戦闘はノンターゲッティングシステムのスキル性に加え、緊急回避やステップなどもあるため、アクション要素が強く、スピード感あふれる戦闘が楽しめます。下記の動画では各クラスの戦闘シーンを紹介しており、どのクラスもMMOとは思えない迫力ある高速戦闘を繰り広げているのがわかります。最初のうちは、キャラクターの素早い動きに付いて行けず右往左往しますが、慣れるともはやアクションゲームを操作しているようです。操作方法は基本的にキーボードマウスですが、XBOXコントローラーにも対応しており、キーボードマウスに慣れていない人でも家庭用ゲームのような操作感覚でプレイすることができます。


『黒い砂漠』公式動画 -各クラスの戦闘シーン-

MMO初心者でも親しみやすいゲーム設計

最初のチュートリアルでは移動方法や戦闘方法、クエストの受注方法まで動画付きで細かく教えてくれるので、MMO初心者でも比較的取っ付き易い方だと思います。クエストに関してはMMOにありきたりな「たらい回しのようなおつかい」も多いですが、クエストの場所までワンボタンで自動で移動してくれるシステムがあるので、楽と言えば楽です。この移動時間に持ち物を整理したり、クエスト内容を読んだりと、時間の有効活用ができます。

とりあえずレンジャー職をレベル30くらいまでやってみた感想としては、戦闘はアクション要素が強く、非常に楽しいです。効果音も良いですね。ただ画面揺れや緊急回避の多用で長時間プレイしているとたまに酔います(筆者だけかも)。個人的には戦闘よりも、生産や貿易などの生活要素の方が奥深くて楽しいです。ただ残念なのは、マップがシームレスというのは非常に良いのですが、クエストの移動時間が長いのが気になります。そのための自動移動システムなのかもしれませんが、もう少し改善できたのではと思います。


チュートリアルが動画形式で差し込まれ、初心者でもわかりやすい

MMORPG「黒い砂漠」 ベンチマーク結果とおすすめPC

「黒い砂漠」はMMORPGにしてはかなり重い部類のゲームです。ある程度高画質でプレイするなら高いスペックを要求されます。ただ、設定さえ下げれば、低い性能のグラフィックカードでも、ノートPCでも快適に動作してくれます。下記ではデスクトップ、ノート両方の各グラフィックカードで、実際にプレイし、フレームレートを計測した結果を掲載しています。「黒い砂漠」の画面設定は下記の画像の通り、基本的にはテクスチャ品質とグラフィック品質、この2つを調整することになります。また本作のフレームレートには60fps制限があり、全画面表示になるとなぜか、50fps制限になってしまうので、テストに用いた画面モードは、1920×1080の全ウィンドウ画面表示に設定しています。


「黒い砂漠」のグラフィック設定

 

テスト用いた各グラフィックス設定の詳細は下記の通りです。テストではPCやNPC、モブのいるフィールドを周り、「Fraps Version 3.5.99」を使って平均fpsを計測しました。アンチエイリアシング、SSAO、被写界深度はオンにしています。本作はMMOなので、サーバー状況やPC、モブの数によってもフレームレートが上下するので、あくまでも参考程度の数値となります。また、最高仕様は開発途中のβ版の設定なので、こちらも参考程度の数値となります。

■VERYLOW
テクスチャ品質:LOW
グラフィック品質:VERYLOW

■LOW
テクスチャ品質:LOW
グラフィック品質:LOW

■MIDDLE
テクスチャ品質:MIDDLE
グラフィック品質:MIDDLE

■HIGH
テクスチャ品質:HIGH
グラフィック品質:HIGH

■VERYHIGH
テクスチャ品質:HIGH
グラフィック品質:VERYHIGH

■最高仕様(β版)
テクスチャ品質:HIGH
グラフィック品質:VERYHIGH
右下の最高仕様(β版)の項目をチェック

MMORPG「黒い砂漠」のベンチマーク結果(平均fps)

スコア結果は以下の通りです。ノートパソコンの場合、快適にプレイするとなると、GTX 980MでもHIGH設定まで。最低でもGTX 960Mを搭載したノートパソコンが欲しいところです。デスクトップパソコンだと、VERYHIGHまではGTX 970でも快適にプレイすることができますが、最高仕様(β版)だとGTX 980を持ってしても、60fpsを割ってしまうので、グラフィックカードを2枚使った、SLI構成でやっと安心といったところです。

ノートパソコン
グラフィックス GeForce GTX980M GeForce GTX970M GeForce GTX960M
使用したPC
デル Alienware17 ガレリア QF970HE マウス m-Book W
1920x1080 VERYLOW
60.0 60.0 60.0
LOW
60.0 60.0 60.0
MIDDLE 60.0 60.0 48.8
HIGH 60.0 54.8 34.4
VERYHIGH 58.2 51.2 31.0
最高仕様(β版) 38.6 32.3 18.0
※「fraps」を使って測定。「60fps以上」のセルをピンク色にしています。

デスクトップパソコン
グラフィックス Radeon R9
Fury X
GeForce
GTX980
GeForce
GTX970
GeForce
GTX960
GeForce
GTX750Ti
使用したPC マウスコンピューター NEXTGEAR-MICRO
1920x1080 VERYLOW
60.0 60.0 60.0 60.0 60.0
LOW
未計測 60.0 60.0 60.0 60.0
MIDDLE 60.0 60.0 60.0 60.0 50.1
HIGH 未計測 60.0 60.0 50.4 32.7
VERYHIGH 60.0 60.0 60.0 48.0 28.3
最高仕様(β版) 未計測 55.8 48.3 29.8 17.3
※「fraps」を使って測定。「60fps以上」のセルをピンク色にしています。

「黒い砂漠」をプレイするオススメのPC

個人的にはMMORPGの場合、あまりグラフィック品質は求めず、ゲームの快適性を求める効率派なので、ノートパソコンの場合は「GeForce GTX960M」を搭載したモデル、デスクトップパソコンの場合は「GeForce GTX960」を搭載したモデルをおすすめします。下記PCが無難かと思います。グラフィック品質も妥協したくないという方は、デスクトップパソコンの「GeForce GTX980」以上を搭載したモデルがおすすめです。

デスクトップパソコン
ドスパラ GALLERIA マウスコンピューター
NEXTGEAR-MICRO
GeForce GTX960 ~ GeForce GTX960 ~


ノートパソコン
マウスコンピューター m-Book W ドスパラ GALLERIA QF960HE
GeForce GTX960M GeForce GTX960M

その他のゲームパソコンについては、「ゲームデスクトップパソコンの比較」、「ゲームノートパソコンの比較」をご覧ください。

必要動作環境及び推奨動作環境

なお、必要動作環境及び推奨動作環境は以下の通りですが、ちょっと低過ぎるような気もします。

■ 必要動作要件
Intel CPU:Intel Core i3
メモリ:4GB
Nvidia GPU:GTS 250 / GeForce 9800 GTX
AMD GPU:Radeon HD 3870 X2
OS:Windows7以上
DirectX:Direct X 9.0c以上
HDD:ダウンロード時に約17GB、インストール後に約18GB(合計約35GB)が必要です。

■ 推奨動作要件
Intel CPU:Intel Core i5
メモリ:6GB
Nvidia GPU:GTX 650 / GTX 550Ti
AMD GPU:Radeon HD 7770、6770
OS:Windows7以上
DirectX:Direct X 9.0c以上
HDD:ダウンロード時に約17GB、インストール後に約18GB(合計約35GB)が必要です。

関連ページ

公式サイト:http://www.blackdesertonline.jp/

ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較

ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較