レノボ Legion T750iの実機レビュー

更新日:
CPU Core i9-11900K
Core i7-11700K
Core i9-10900K
Core i7-10700K
GPU RTX 3080
RTX 3070
RTX 2080 SUPER
RTX 2070 SUPER
メモリ 16 / 32 GB
ストレージ 512GB SSD
2TB HDD
電源 650W / 850W
価格 22万円台(税込)~
LEDライティングが映えるレノボのフラッグシップモデル

Legion T750i は、レノボのフラッグシップ・ゲーミングデスクトップです。

標準搭載された水冷CPUクーラーにフロントには3連の大型ファンで内部を冷却。

ガラスサイドパネルを採用した洗練されたミドルタワーケースは、電源を入れることでLEDライティングが可能なパーツが内部を照らし、見た目がとてもかっこいいです。

現在ほとんどのモデルの在庫がない状態ですが、そのうちRTX 3080 TiやRTX 3070 Ti搭載モデルが登場すると思うので、それを待つのもいいと思います。

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。なお、今回は次のモデルでレビューをしていますが、現在どのモデルも在庫切れ状態となっています。購入を検討される方はRTX 3080 Tiや3070 Tiを搭載したモデルが登場するのを待った方がいいでしょう。

また、今回のレビュー機ではCPUのパフォーマンスが本来の性能よりも低かったです。サーマルモードの変更や電源管理、Power Limit(PL1)の設定など見直しましたが、パフォーマンスは低いままでした。貸し出し機の不具合かと思いますが、記事内のベンチマーク結果ではそのままのスコアを掲載しているため、あまり参考にならないかもしれません。

レビュー機の構成

Core i9-10900K、GeForce RTX 3080、メモリ32GB、512GB SSD+ 2TB HDD

 

セール情報

以下のページでセールを実施中です。

 

目次

お忙しい方は、「Legion T750iの特徴」のみお読みください。

 

レノボ Legion T750i の特徴

美しい内部とLEDライティング

Legion T750iは内部の見えるガラスサイドパネルを採用しており、配線も裏面でまとめられているので、すっきりしています。さらに、LEDライティング可能なパーツがケース内を照らし、とてもかっこいいデザインです。

LEDライティングの設定はプリインストールされているユーティリティツール「Lenovo Vantage」からでき、フロントパネルのロゴ、ケース内のLEDストリップ、CPUクーラー、リアファン、ラジエータの2連ファン、フロントの3連ファンと、6つのパーツそれぞれ独立して設定することが可能です。

ケース内部のLEDライティング

「Lenovo Vantage」から6つのパーツに分けてLEDライティングの設定が可能

 

ガラスサイドパネルから内部へアクセス

Legion T750iのガラスサイドパネルは4点でネジをはずすことで、内部にアクセスすることができます。ドライバーが必要で内部へアクセスしにくいですが、強度はしっかりしています。

4点でネジをはずすことで内部にアクセスできる

 

ミドルタワーケースにしては拡張スペースは少ない

Legion T750iはミドルタワーサイズですが、その割には3.5インチベイが2つに2.5インチのSSDをマウントできるスペースが2箇所のみで、ドライブベイは少ないです。

左側面からアクセスできるドライブベイ

 

Lenovo Vantage

プリインストールされているユーティリティツール「Lenovo Vantage」からは、先ほどのLEDライティングやパフォーマンスのモニタリング、サーマルモードの変更やCPUとGPUのオーバークロックも可能です。

Lenovo Vantage
パフォーマンスモードとオーバークロック設定

 

ゲームベンチマーク

GeForce RTX 3080搭載モデルでのゲームベンチマークのスコアです。前述の通り、CPUのパフォーマンスが出なかったので、フレームレートも低めです。

ゲームベンチマークスコア

以下のゲームのフレームレートについて
表示しているのは平均フレームレートです
 :GeForce RTX 3080
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
重い部類のゲーム
ウォッチドッグス レギオン(DX12)
品質 解像度 平均fps
最大 1920x1080 73 fps
2560x1440 71 fps
3840x2160 52 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 104 fps
RTX 3080 Ti 100 fps
RTX 3080 100 fps
RTX 3070 Ti 91 fps
RTX 2080 Ti 90 fps
RTX 3070 89 fps
RTX 3060 Ti 80 fps
RTX 2080 SUPER 80 fps
RTX 3080 73 fps
RTX 2070 SUPER 72 fps
RTX 3060 61 fps
RTX 2060 SUPER 61 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 93 fps
RTX 3080 Ti 88 fps
RTX 3080 84 fps
RTX 3070 Ti 72 fps
RTX 3080 71 fps
RTX 2080 Ti 71 fps
RTX 3070 70 fps
RTX 3060 Ti 61 fps
RTX 2080 SUPER 60 fps
RTX 2070 SUPER 52 fps
RTX 3060 46 fps
RTX 2060 SUPER 45 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 61 fps
RTX 3080 Ti 59 fps
RTX 3080 54 fps
RTX 3080 52 fps
RTX 3070 Ti 43 fps
RTX 2080 Ti 43 fps
RTX 3070 40 fps
RTX 3060 Ti 36 fps
RTX 2080 SUPER 34 fps
RTX 2070 SUPER 30 fps
RTX 3060 27 fps
RTX 2060 SUPER 25 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15(DX11)
品質 解像度 平均fps
高品質 1920x1080 97 fps
2560x1440 97 fps
3840x2160 71 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 158 fps
RTX 3080 Ti 155 fps
RTX 3080 135 fps
RTX 3070 Ti 133 fps
RTX 2080 Ti 129 fps
RTX 3070 127 fps
RTX 2080 SUPER 114 fps
RTX 3060 Ti 112 fps
RTX 2070 SUPER 103 fps
RTX 3080 97 fps
RTX 3060 89 fps
RTX 2060 SUPER 84 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 133 fps
RTX 3080 Ti 131 fps
RTX 3080 116 fps
RTX 3070 Ti 104 fps
RTX 3070 98 fps
RTX 3080 97 fps
RTX 2080 Ti 95 fps
RTX 2080 SUPER 86 fps
RTX 3060 Ti 84 fps
RTX 2070 SUPER 74 fps
RTX 3060 67 fps
RTX 2060 SUPER 63 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 85 fps
RTX 3080 Ti 82 fps
RTX 3080 75 fps
RTX 3080 71 fps
RTX 3070 Ti 63 fps
RTX 2080 Ti 60 fps
RTX 3070 59 fps
RTX 3060 Ti 51 fps
RTX 2080 SUPER 50 fps
RTX 2070 SUPER 44 fps
RTX 3060 38 fps
RTX 2060 SUPER 36 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー(DX12)
品質 解像度 平均fps
最高 1920x1080 115 fps
2560x1440 110 fps
3840x2160 83 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 168 fps
RTX 3080 Ti 164 fps
RTX 3080 157 fps
RTX 3070 Ti 156 fps
RTX 3070 147 fps
RTX 2080 Ti 145 fps
RTX 3060 Ti 142 fps
RTX 2080 SUPER 136 fps
RTX 2070 SUPER 131 fps
RTX 3060 120 fps
RTX 3080 115 fps
RTX 2060 SUPER 113 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 152 fps
RTX 3080 Ti 150 fps
RTX 3080 140 fps
RTX 3070 Ti 129 fps
RTX 2080 Ti 118 fps
RTX 3070 117 fps
RTX 3080 110 fps
RTX 3060 Ti 101 fps
RTX 2080 SUPER 101 fps
RTX 2070 SUPER 90 fps
RTX 3060 81 fps
RTX 2060 SUPER 76 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 96 fps
RTX 3080 Ti 93 fps
RTX 3080 83 fps
RTX 3080 83 fps
RTX 3070 Ti 71 fps
RTX 2080 Ti 64 fps
RTX 3070 63 fps
RTX 3060 Ti 54 fps
RTX 2080 SUPER 54 fps
RTX 2070 SUPER 48 fps
RTX 3060 43 fps
RTX 2060 SUPER 40 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 漆黒のヴィランズ(DX11)
品質 解像度 平均fps
最高 1920x1080 145 fps
2560x1440 127 fps
3840x2160 88 fps
他のグラフィックスとの比較(1920×1080)
RTX 3090 206 fps
RTX 3080 Ti 200 fps
RTX 3080 192 fps
RTX 3070 Ti 181 fps
RTX 3070 170 fps
RTX 2080 Ti 168 fps
RTX 3060 Ti 158 fps
RTX 2080 SUPER 154 fps
RTX 3080 145 fps
RTX 3060 136 fps
RTX 2070 SUPER 132 fps
RTX 2060 SUPER 118 fps
他のグラフィックスとの比較(2560x1440)
RTX 3090 164 fps
RTX 3080 Ti 162 fps
RTX 3080 151 fps
RTX 3070 Ti 144 fps
RTX 3070 136 fps
RTX 2080 Ti 134 fps
RTX 3080 127 fps
RTX 3060 Ti 125 fps
RTX 2080 SUPER 121 fps
RTX 2070 SUPER 104 fps
RTX 3060 98 fps
RTX 2060 SUPER 90 fps
他のグラフィックスとの比較(3840x2160)
RTX 3090 110 fps
RTX 3080 Ti 108 fps
RTX 3080 96 fps
RTX 3080 88 fps
RTX 3070 Ti 85 fps
RTX 3070 76 fps
RTX 2080 Ti 76 fps
RTX 3060 Ti 67 fps
RTX 2080 SUPER 64 fps
RTX 2070 SUPER 55 fps
RTX 3060 48 fps
RTX 2060 SUPER 45 fps
※当サイトで計測した平均フレームレート

 

その他のゲームのベンチマーク

上に掲載した以外のゲームのフレームレートについては、下を参考にしてください。

 

ゲームのパフォーマンスが向上するResizable BAR(Smart Access Memory)の有効化方法とベンチマークの比較はこちらをご覧ください。

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

Legion T750iでは、第10世代と最新の第11世代インテルプロセッサーを搭載したモデルがあります。

今回第10世代のCore i9-10900Kを搭載したモデルですが、シングルコアのスコアは正常ですが、マルチコアのスコアが本来の2分の1以下です。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Core i9-10900K
他のCPUとの比較(マルチコア)
Ryzen 9 5900X 20251
Ryzen 7 5800X 15646
Core i9-11900K 15513
Core i7-11700K 15011
Core i9-10900K 14483
6503
Ryzen 7 3700X 12273
Core i7-10700
[PL1:150W
11952
Core i5-11600K 11277
Core i5-11400
[PL1:100W]
9613
Core i7-10700
[PL1:65W]
9041
Core i5-11400
[PL1:65W]
8025
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-11900K 1672
Ryzen 9 5900X 1611
Ryzen 7 5800X 1604
Core i7-11700K 1595
Core i5-11600K 1564
Core i5-11400
[PL1:65W]
1398
Core i5-11400
[PL1:100W]
1392
Core i9-10900K 1359
1324
Ryzen 7 3700X 1276
Core i7-10700 1244
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

グラフィックス

本製品で選択できる代表的なグラフィックスは次の通りです。3DMarkのスコアは低すぎることもなく、正常だと思います。

3DMark Time Spy
~ グラフィックス性能の評価 ~
GeForce RTX 3080
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 3080 17064
16214
Radeon RX 6800 14520
RTX 3070 Ti 14389
RTX 2080 Ti 13872
RTX 3070 13393
RTX 3060 Ti 11526
RTX 2080 SUPER 11315
RTX 2070 SUPER 9922
RTX 3060 8650
RTX 2070 8605
RTX 2060 SUPER 8482
RTX 2060 7302
GTX 1660Ti 6031
GTX 1660 SUPER 6000
GTX 1660 5431
GTX 1650 SUPER 4630
GTX 1650 3336
 :本製品で選択できるグラフィックス
 ::レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

GPU-Zで確認したGeForce RTX 3080の情報です。動作クロックなど基本スペック通りです。

GeForce RTX 3080

 

ストレージ

ストレージは、NVMe SSD+HDDモデルです。十分な速度です。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
512GB NVMe SSD

 

 


 

 

以下、パーツの温度、静音性、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU電力およびCPU温度の推移を確認します。

CPU電力は31W、CPU温度は40℃辺りとかなり低いです。Power Limit(PL1)を確認したところ、デフォルトの数値だったのですが、本来の性能を発揮できていません。

CPU電力
CPU温度

 

ゲーム時のGPU温度の詳細

ファイナルファンタジー15のゲームベンチマーク実行中のCPUおよびGPU温度は下図の通りです。CPU温度は最大でも42℃、GPU温度は最大でも70℃といずれも低めの温度です。

CPU温度
GPU温度

 

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェックです。もし動作音が大きいと、ゲーム等に集中しづらいです。

エンコード時のCPU使用率は50%と、本来なら100%のはずが半分程度の使用率です。FF15ベンチマークでのCPU使用率およびGPU使用率も本来よりも低いです。そのため騒音値も低いです。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左:アイドル時(何も操作していない状態)
中:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)
右:FF15 ベンチマーク実行(高品質、1920x1080、ウィンドウ)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

LEDライティングに高性能なパーツを搭載しているので、高めの消費電力です。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

外観のチェックです。
電源オフの時の外観です。筐体は全面ブラックでエッジのないシンプルなケースです。

 

フロントは全面メッシュパネルになっており、エアフロー効率は良いです。パネルの向こう側に見えるフロントファンのLEDライティングがかっこいいです。

 

電源を入れるとフロントのロゴマークが点灯します。

 

トップもメッシュパネルが採用されており、エアフロー効率が高い筐体です。また、フラットで段差がないので、物を置くことができます。

 

インターフェイスです。USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、ヘッドホン x 1、マイクロホン x 1となっています。上面に配置されているので、地面置きだと抜き差ししやすいです。

 

左側面には吸気口はありません。

 

正面と背面です。

 

マザーボードのポート類とグラフィックカードの出力端子です。

 

底面です。電源の排気ができるよう底面がやや浮くようになっており、足はゴム製なので、振動も軽減してくれます。

 

ケース内部のチェック

右側面のケース内部

右側面のケース内部です。裏面配線は綺麗です。2.5インチSSDがマウントできるスペースが2つに、3.5インチシャドウベイが2つあります。

 

左側面のケース内部

左側面のケース内部です。裏面配線と見える部分は隠されているので、内部はとても綺麗です。なお、マザーボード、簡易水冷CPUクーラー、グラフィックスはおそらく社内製品(OEMパーツ)だと思われます。

 

CPUクーラーにリアファン、トップに設置されたラジエータファンもLEDライティングに対応しています。

 

フロント部分に設置されているLEDライティング対応の3連ファンです。

 

搭載されていた512GBの M.2 SSDです。発熱対策に専用のヒートシンクが搭載されています。

 

斜めから見た画像

斜めから見たケース内部の画像です。

 

反対側の斜めから見た画像です。

 

まとめ

以上が、レノボ Legion T750iのレビューです。

最新の第11世代インテルプロセッサーに最大でRTX 3080を搭載したモデルが用意された、レノボのフラッグシップデスクトップゲーミングPCです。

配線が裏面で綺麗にまとめられており、ある程度隠されているため、LEDライティングが映え、ガラスパネル越しの内部がとても美しいです。フロントとトップパネルはメッシュ仕様で、搭載されているファンも多く、エアフロー効率は高いです。

今回貸し出し機による不具合か、低いパフォーマンスでしたが、筐体デザインはよく、本来なら性能も高いので、ハイエンド構成で見た目の良いゲーミングPCをお探しの方にはおすすめです。

 

LEDライティングが映えるレノボのフラッグシップモデル

レノボ Legion T750i

特徴

  • LEDライティングと内部が見えるガラスサイドパネル
  • エアフロー効率の高いミドルタワーケース

こんなあなたに

  • 見た目の良いゲーミングPCが欲しい方
  • ハイエンド構成が可能なゲーミングPCが欲しい方
  • 価格22万円台[税込]~
公式サイトはこちら

 

 

 

関連ページ