レノボ Legion Y540(15.6型、17.3型)の展示機レビュー

更新日:2019年6月9日
CPU Core i5-9300H
Core i7-9750H
GPU GTX 1650 / 1660Ti
/ RTX 2060
メモリ 8GB ~ 32GB
ストレージ PCIe SSD (+ HDD)
液晶サイズ 15.6型 / 17.3型
液晶種類 FHD IPS 非光沢 144Hz
質量 約2.3kg / 約2.84kg
価格[税別] 11万円台~
最安かもしれないGeForce GTX 1650搭載ゲーミングノート

Legion Y540は、価格が安いゲーミングPCです。

筆者の調べた限りでは、GeForce GTX 1650搭載のゲーミングノートとしては最も安かったです。

また、高リフレッシュレート液晶を搭載したゲーミングノートとしても、おそらく最も安いのではないかと思います。

ただし、スペックを上げた構成だと、他社のゲーミングノートのほうが安いケースもあるので、価格重視の方はご注意下さい。

価格を除いても、放熱性もしっかりしてそうですし、無難に使えると思います。

公式サイトはこちら

Legion Y540 の特徴

価格を抑えたゲーミングノート

Legion Y540は、エントリーからミドルクラスのグラフィックスを搭載したゲーミングPCです。筆者の調べた限り、GeForce GTX 1650を搭載したゲーミングノートの中では最安でした。

安いことで有名なDell G3 15 (3590)のほうが、同等構成にした場合は安かったですが、Dell G3 15 (3590)はGeForce GTX 1650搭載時はCore i5を選択できないので、最低価格はLegion Y540のほうが安くなっています。

Dell G3 15との比較
  Legion Y540
(15)
Dell G3 15
(3590)
GPU GeForce GTX 1650
CPU Core i5-9300H Core i7-9750H
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD+1TB HDD
価格[税別] 109,200円 135,239円 121,993円
※レノボのメーカーサイトでは税込み表示になっているためご注意下さい
※価格は変動します

 

背面と側面から排熱

Legion Y540は、ヒンジの設計を見直し、冷却ファンを端にもっていくことで、背面と側面の両方から排気をし、冷却効率を高めています。もちろん冷却ファンは左右に2つ搭載しています。実際に温度を計測したわけではありませんが、冷却性は問題なさそうです。

ヒンジ設計を見直し・・・
背面と側面から排熱
デュアルファンを採用

 

ナローベゼル採用でコンパクト

Legion Y540は、最近は当たり前のようになってきたナローベゼルを採用しています。デザインがモダンでサイズもコンパクトです。

ナローベゼル採用

 

144Hz駆動液晶

Legion Y540は、144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しており、映像が滑らかです。ただ、GeForce GTX 1650で、高いフレームレートを出すのは難しいと思うので、滑らかな映像を堪能するなら、GTX 1660Ti以上がおすすめです。

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

Legion Y540のキーボードのチェックです。

15.6型のモデルは日本語キーボード、17.3型のモデルは英語キーボードとなります。

IdeaPadシリーズと同じ普通の打ちやすさです。

テンキーも搭載していますが上のほうに配置されており、「/」や「*」が右側にあります。やや打ちづらいと感じるかもしれません。

単色ですがバックライトも搭載しています。

タッチパッドは左寄りに配置されている点と、クリックボタンが独立している点が良かったです。操作性は普通です。

15.6型
キーボード(15.6型、英語)。日本では日本語キーボードとなります
キーボード拡大図 & バックライト
17.3型
キーボード(17.3型、英語)

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックを行います。

CPU

Core i5-9300HまたはCore i7-9750Hを搭載しています。Core i5-9300Hは使ったことがありませんが、GeForce GTX 1650クラスのグラフィックスであれば、ゲームをするにあたってボトルネックになることはないかと思います。

CINEBENCH R15(マルチコア)
Core i9-8950HK 1231
Core i7-9750H 1212
Core i7-8750H 1133
Core i5-8300H 805
Core i5-9300H 751
Core i7-8565U 602
Core i5-8265U 542
Core i3-8145U 340
Celeron N4100 229
※緑色のバーが、本製品で選べるCPUです
※スコアは他のPCで計測した代表値です

 

グラフィックス

グラフィックスは、GTX 1650、GTX1660TiおよびRTX 2060を選択できます。

ライトにゲームができればいいという方は、GTX 1650がいいでしょう。高いグラフィック設定でゲームをしたいならGTX 1660Tiがいいです。リアルタイムレイトレーシングを使ってみたいなら、RTX 2060がいいです。GTX 1660Tiでもリアルタイムレイトレーシングを使えますが、機能的に制限があります。

3DMark Fire Strike - Graphics score
デスクトップ用RTX 2080Ti 33778
デスクトップ用RTX 2080 27828
ノート用RTX 2080 24348
デスクトップ用RTX 2070 22766
ノート用RTX 2070 19440
デスクトップ用RTX 2060 18799
デスクトップ用GTX 1660Ti 15656
ノート用RTX 2060 15104
ノート用GTX 1660Ti 14401
ノート用GTX 1060 11452
ノート用GTX 1650 9365
ノート用GTX 1050Ti 7898
※緑色のバーが、本製品で選べるグラフィックスです
※他のPCで計測した代表値です

 

外観のチェック

15.6型のLegion Y540の展示機を確認したので、写真を掲載します。

デザインはシンプルですが排気口周りは重厚感を感じます。

 

天板は、見づらいですがスピン状の模様が入っています。

 

液晶の視野角は広いです。メーカーさんの話によると、色域はNTSC 72%だそうです。

 

HARMAN製スピーカーを搭載しており、一定水準の音質はあると思われます。

 

左右の側面にはUSBポートとヘッドフォンポートしかありません。

 

その他のポート類は、全て背面側にあります。抜き差しはしづらいですが、据え置きで使うならケーブル類が邪魔にならずに済みます。

 

底面です。冷却ファンの部分がメッシュ状になっており、吸気しやすくなっています。

 

まとめ

Legion Y540は、価格の安いエントリー向けゲーミングPCです。

Core i5-9300H、GeForce GTX 1650の構成なら11万円(税込)で購入できます。GTX 1650搭載のゲーミングノートとしては、おそらく最安ではないかと思います。

ノート用のGeForce GTX 1650はまだ使ったことがありませんが、FF14クラスの中程度の負荷のゲームなら、"中~高め"のグラフィック設定で、60fpsは出るのではないかと思います。

144Hz液晶も搭載しており、高リフレッシュレート液晶搭載のPCの中では価格が非常に安いです。なお、滑らかな映像を堪能したいなら、GeForce GTX 1660Ti以上がおすすめです。

実際に計測してみたわけではありませんが、放熱性も悪くなさそうです。

価格の安いPCですが、スペックを上げると、他社製品のほうが安くなるケースがあるため、価格重視ならご注意下さい。ただ、価格を抜きにしても、無難に使えるPCだと思います。

エントリー向けゲーミングノートPC

Legion Y540

特徴

  • GTX 1650搭載ノートとしては、おそらく最安
  • 144Hz液晶搭載ノートとしては安い
  • 冷却性能も問題なさそう

こんなあなたに

  • 安いゲーミングPCが欲しい
  • 144Hz液晶を安い価格で使ってみたい方
  • 価格11万円台~
  • 一言GTX 1650モデルがおすすめ
公式サイトはこちら

 

関連ページ