会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad X1 Extreme

レノボ ThinkPad X1 Extremeの特徴

更新日:2018年9月11日
CPU 第8世代Core i7/i9
GPU GeForce GTX
1050Ti Max-Q
メモリ 最大64GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
4K IPS タッチ
質量 約1.7kg
バッテリー 80Wh
価格 Web発売9月14日
クリエイター向け高性能モバイルPC

ThinkPad X1 Extremeは、GeForce GTX 1050Ti の外部グラフィックスを搭載していながら、「約1.7kg~」という非常に軽いノートPCです。

外部グラフィックスを搭載することで、動画編集、画像編集などがスムーズに行え、レンダリングやエンコードなども高速です。編集系のソフトを使う方に非常におすすめのソフトです。

液晶は、Adobe RGB 100%の4K液晶を搭載。さらにタッチパネルおよびペンにも対応しています。

CPUも高性能で、HシリーズのCore i7-8850Hを搭載。さらにはCore i9も選択できるようになるとのことです。

ThinkPad X1 Carbonはmicro SDカードスロットでしたが、X1 ExtremeはフルサイズのSDカードスロットを備えています。

公式サイトはこちら

ThinkPad X1 Extremeの特徴

GeForce GTX 1050Ti(4GB) with Max-Qを搭載

ThinkPad X1 Extremeは、GeForce GTX 1050Tiの外部グラフィックスを搭載しています。GTX 1050Tiの場合、2GBのグラフィックメモリを搭載している製品もある中、X1 Extremeは4GBとなっています。

また、Max-Qデザインのグラフィックスで、ややパフォーマンスは落ちるものの、発熱や消費電力は抑えることができ、薄型のノートPCには適切なグラフィックスです。

冷却ファンは2つ搭載されており、高性能なCPUおよびグラフィックスを強力に冷やすことが可能です。

GeForce GTX 1050Tiを搭載。冷却ファンは2つ

 

GeForce GTX 1050Ti搭載PCとしてはかなり軽い

ThinkPad X1 Extremeは、GeForce GTX 1050Tiの性能の高い外部グラフィックスを搭載している割には非常に軽量です。下表は、GeForce GTX 1050Tiを搭載し軽量なノートパソコンを比較したものです。X1 Extremeが最も軽くなっています。軽いPCはバッテリー容量を削っているケースもありますが、X1 Extremeは80Whと大容量のバッテリーを搭載しており、ライバル機種と比べても十分な容量です。

ライバル機種との質量の比較
  レノボ
ThinkPad X1 Extreme
DELL
XPS 15
ASUS
ZenBook Pro 15
質量 FHD:1.7kg
4K:1.8kg
56Wh:1.8kg
97Wh:2kg
2.01kg
バッテリー 80Wh 56Wh / 97Wh 71Wh
日本で発売されるThinkPad X1 Extremeの仕様は変わる可能性があります

 

外観は下のようになっています。軽いだけでなく、ボディは非常に薄くなっており、また狭額縁液晶を採用することで横幅、奥行きも短くコンパクトです。持ち運びしやすい製品だと思います。

薄型&狭額縁液晶でコンパクト

 

Adobe RGB 100% & HDR対応の4K液晶を選択可能

動画編集や画像編集をする方は、液晶の品質も非常に大切になってきます。ThinkPad X1 Extremeは、Adobe RGB 100%の4K液晶を選択することができ、映像や画像を扱う作業をする方でも、満足できると思います。さらに4K液晶はHDR、タッチパネルにも対応しています。

【HDRとは】

HDRとは、明るさの幅を非常に広く表現できる規格のことで、明るい部分と暗い部分が同時にあっても、黒つぶれや白飛びを起こすことなく、肉眼で見ているときと同じような自然な表現が可能になります。

 

海外のレノボのサイトを見ると、FHD液晶は「anti-glare」と書かれているのに対し、4K液晶は「anti-reflective」と書かれているため、アンチグレア液晶とは少し違うようです。下の海外の動画を観てみると、アンチグレア液晶よりもやや光沢感があるハーフグレアのような液晶のようです。

ThinkPad X1 Extremeの動画

 

ペンにも対応

細かい仕様は分かりませんが、4K液晶はペンにも対応しているようです。

ペンにも対応

 

ノートPC用CPUとしてはハイエンドクラスの性能

ThinkPad X1 Extremeは、CPUとして第8世代インテルCore i7-8850Hを搭載しています。また、ゆくゆくはCore i9(おそらくCore i9-8950HK)も搭載できるようになるそうです。CPU性能は次のようになっており、かなり高性能なCPUとなっています。

PassMark Performance Test 9.0 - CPU MARK
参照:Pasmark

 

打ちやすいキーボード

ThinkPadシリーズの大きなメリットとして、打ちやすいキーボードを搭載している点があります。キートップは大きく湾曲し、キーストロークも深く、キー配列もまともです。また、トラックポイントも搭載し、マウスが使えない場所でも快適にマウスポインタ―を操作できます。タッチパッドも使いやすいので、トラックポイントが苦手な方も安心です。

 

SDカードはフルサイズ

ThinkPad X1 Carbonは、microSDカードスロットでしたが、ThinkPad X1 ExtremeはフルサイズのSDカードスロットを搭載しています。一眼レフなどはSDカードに保存することがほとんどなので、カメラユーザーには嬉しいと思います。

その他のインターフェースは下図のようになっています。Thunderbolt(USB 3.1共用)が2つとHDMIポートを備え、最大4つの独立した4Kモニターをサポートしています。

LANポートも搭載されていますが、付属するドングル(アダプター)が必要となっています。

側面のインターフェース

 

液晶は180度開く

液晶は180度開くようになっており、座高の高い方でも安心です。対面する人に画面を見せるときにも便利でしょう。

180度開く液晶

 

Windowsのライバル機種との比較

ThinkPad X1 ExtremeとライバルとなるDELL XPS 15とASUS ZenBook Pro 15との仕様を比較します。いずれもGeForce GTX 1050Tiを搭載することが可能です。なお、ThinkPad X1 Extremeは発売前なので、仕様が変わる可能性があります。

ThinkPad X1 Extremeは、質量の軽さが目を引きます。また、メモリやストレージも、かなり容量の大きいものを搭載できます。SDカードスロットを搭載できるのもメリットです。

デメリットになりそうな点は特に見当たりませんが、強いて言えば、納期が遅い点でしょうか。

ライバル機種との仕様比較
  ThinkPad X1 Extreme DELL
XPS 15
ASUS
ZenBook Pro 15
CPU Core i7-8850H
Core i9
Core i5-8300H
Core i7-8750H
Core i7-8750H
Core i9-8950HK
外部GPU GTX 1050Ti Max-Q GTX 1050Ti
GTX 1050
メモリ 最大64GB 最大32GB 16GB
ストレージ 最大2TB PCIe SSD 最大1TB PCIe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢 sRGB100% FHD 非光沢
4K 低反射
AdobeRGB 100%
4K 非光沢
AdobeRGB 100%
4K 光沢
AdobeRGB 100%
ペン 対応 非対応 対応
インター
フェース
Type-C TB3 x2
USB3.1 x2
HDMI
SDカード
LAN(ドングル)
Type-C TB3 x1
USB3.1 x2
HDMI
SDカード
Type-C TB3 x2
USB3.1 x2
HDMI
micro SD
質量 FHD:1.7kg
4K:1.8kg
1.8kg / 2kg 2.01kg
薄さ FHD:18.4mm
4K:18.7mm
17mm 18.9mm
バッテリー 80Wh 56Wh / 97Wh 71Wh
日本で発売されるThinkPad X1 Extremeの仕様は変わる可能性があります

 

MacBook Proとの比較

クリエイターがよく使用するノートパソコンとしては、MacBook Proがあります。ここではThinkPad X1 Extremeと、15インチのMacBook Proを簡単に比較します。

大きく異なるのは搭載しているグラフィックスで、ThinkPad X1 ExtremeはGeForce GTX 1050Ti Max-Q、MacBook ProはRadeon Pro 560X等になっています。両方実機で確認していないので正確ではありませんが、NOTEBOOKCHECKのサイトに掲載されている3D Markのスコアを見ると、GeForce GTX 1050Ti Max-Qのほうがスコアが良いです。また、GeForceには対応しているがRadeonには対応していないアプリも多いので、GeForceのほうが困ることは少ないと思います。

MacBookとの仕様比較
  ThinkPad X1 Extreme MacBook Pro 15インチ
CPU Core i7-8850H
Core i9
Core i9-8950HK
Core i7-8850H
Core i7-8750H
外部GPU GTX 1050Ti Max-Q Radeon Pro 555X
Radeon Pro 560X
メモリ 最大64GB 最大32GB
ストレージ 最大2TB PCIe SSD 最大4TB PCIe SSD
液晶サイズ 15.6型 15.4型
液晶種類 FHD 非光沢 sRGB100%
3840×2160
低反射 AdobeRGB100%
2880x1800
広色域(P3)
ペン 対応 非対応
インター
フェース
Type-C TB3 x2
USB3.1 x2
HDMI
SDカード
LAN(ドングル)
Type-C TB3 x4
質量 FHD:1.7kg
4K:1.8kg
1.83kg
薄さ FHD:18.4mm
4K:18.7mm
15.5mm
バッテリー 80Wh 83.6Wh
日本で発売されるThinkPad X1 Extremeの仕様は変わる可能性があります
グラフィックス性能比較
~3DMark - Time Spy - Graphics score~
GeForce GTX 1050Ti 2278
Radeon Pro 560X 1614
※数値はNOTEBOOKCHECKを参照

 

購入後、実機でレビューします

ThinkPad X1 Extremeが日本で発売されました。

購入後、詳細な記事を、こちらのページに追記する予定です。

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
レノボ ThinkPad X1 Extreme

 

関連ページ

ANANDTECH