富士通 LIFEBOOK WU2/B1の実機レビュー(2)

更新日:2017年4月25日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時は無音に近いです。高性能なCore i7を搭載していることもありますが、高めの負荷のときは他のモバイルノートPCと比較して、やや騒音値が高かったです。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

騒音値の計測結果

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

普通の温度です。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

普通の温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

筐体色は、サテンレッドとピクトブラックがありますが、下図はピクトブラックを選択したときの画像となります。

 

天板です。

 

液晶を閉じたときの画像です。

 

底面です。フラットですっきりとした見た目です。

 

液晶が開く最大の角度です。結構開きます。

 

側面のポート類です。HDMI、USB3.0、USB Type-C、LAN、メモリカードスロットなどが搭載されています。

 

底面カバーを取り外したときの画像です(製品発表会のとき撮影)。

 

ACアダプターの画像です。

サテンレッド

サテンレッドの外観は、天板や底面、キーボードの側面などがサテンレッドのカラーになっており、かっこいいです。以下、展示会場で撮影した画像を掲載します。

まとめ

以上が、富士通 LIFEBOOK WU2/B1のレビューです。

25Whバッテリーを搭載したときは700g台と非常に軽量です。25Whバッテリーだと駆動時間が短いですが、ACアダプターも持ち歩いて、コンセントにつないで作業をすることが多い方には最適な構成です。

50Whバッテリーを搭載したときは、質量が900g台になりますが、それでも他のモバイルノートPCよりは軽く、バッテリー駆動時間はかなり延びます。バランスとしてはこちらのほうが良いと思いますし、筆者もおすすめの構成です。

USB Type-C、HDMI、LANなど、ポートの種類も多いです。

法人モデルの「LIFEBOOK U937/P」ならLTEにも対応しています。個人モデルはLTEに対応していないのが残念です。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:富士通WEBMART(LIFEBOOK WU2/B1)
富士通パソコンクーポン