会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > GALLERIA GKF1050TGF > まとめ

ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF の実機レビュー(2)

更新日:2017年8月20日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

普通の動作音です。


 

また、「SILENT OPTION」からは、GPUやCPUの温度ごとに、ファンの速度を調整することができます。静音性を重視するならファン速度を低めにすると良いでしょう。逆に冷却性を重視するならファン速度を高めにします。




SILENT OPTION

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

エンコード時のCPU温度がやや高めですが、ゲーム中のGPU温度は低めですので、安定してゲームができることでしょう。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

ゲーミングノートPCとしては普通の温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

ゲーミングノートPCとしては普通の消費電力だと思います。


外観のチェック

外観のチェックです。

ゲーミングノートPCとしては比較的薄いボディだと思います。全身ブラックで、色を変えることができるキーボードバックライトがかっこいいです。なお、正面側にあるオレンジ色の線はLEDではなく、ただの模様ですので、色を変えることはできません。

 

天板です。GALLERIAのロゴが入っています。

電源ボタンとファンコントロールボタンです。

 

スピーカー正面側にあります。Sound Blaster CINEMA3 がインストールされており、サラウンド感はありますが、ややノイズ感があり、そこまで良い音質ではありません。

天板を閉じたときの画像です。

 

側面のポートです。USB3.0、USB3.1 Type-C、HDMI、mini DisplayPort、LAN、SDカードスロット、光学ドライブなど多くの種類のポート類があります。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

底面です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。冷却ファンは2基搭載されており、GPUに関しては、両方のファンで冷却できるようになっています。そのため、上で掲載した通り、GPU温度は低めに抑えられています。その代わり、CPUファンは、GPUと兼用の1つのみで、CPUと一緒にGPUにも負荷がかかると、CPU温度はやや高めになります。

 

今回搭載されていたメモリです。スロットは2つあります。換装も可能です。

 

今回搭載されていた2.5インチ SSDです。こちらも換装可能です。

 

ACアダプターは薄型です。

ACアダプターの詳細は以下の通りです。

まとめ

以上が、GALLERIA GKF1050TGFのレビューです。

エントリーモデルのGeForce GTX 1050Tiを搭載したゲーミングノートPCです。10万円台前半で購入できるため、はじめてゲーミングPCを購入するような層に良いと思います。

2基の冷却ファンを搭載しており、両方のファンがGPUとヒートパイプでつながっており、GPUを強力に冷却することができます。安心してゲームができるでしょう。

光学ドライブも搭載しています。使用機会はだいぶ減りましたが、いざというときにあると便利です。

GALLERIAノートPCシリーズには本機の他にもGKF1050TGTという15.6型ゲーミングPCがあります。こちらとの違いは「ドスパラ GKF1050TGT と GKF1050TGF の違い」の記事をご覧ください。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:ドスパラ(GKF1050TGF)