最も頑丈なノートパソコン レッツノート(Let's Note) 夏モデル

更新日:2008年5月18日

最新の ThinkPad X201s が発売されました。
最新機種のレビューをご覧になりたいかたは、下記をクリックしてください。

レッツノート S9 の評価レビュー



モバイルパソコンって壊れやすいですよね?

落として壊れたり、電車で押されて壊れたり。

水をこぼして壊れたり。

乱暴に扱ってヒンジが壊れたり。

そんな中、なかなか壊れない頑丈なモバイルパソコンを紹介します。

それは、Panasonic の レッツノートです。 右の図を見て下さい。 水をキーボードにこぼしています。 でも、パソコンは平気した。

水だけでなく、押されても、落としても、壊れにくいのがレッツノート(Let's Note)です。 では詳細をご覧ください。


頑丈なワケ① - 76cmからの落下試験実施

ノートパソコンの主な破損原因の1つは、持ち運び時の落下です。 その点、レッツノートは、一般的なデスクの高さの 「76cmからの落下試験」 をクリアしています。 また、「26方向からの30cm落下試験」もクリアしています。 実際に1.5mの高さから落とした人がいるらしいのですが、異常もなく正常に動いているそうです。

頑丈な理由は、ハードディスクの周囲を衝撃緩衝材で包んで保護し、さらにケース底面には、低反発ダンパーをセッしているためです。 
他社では、ハードディスクを「3D加速度センサー」でヘッドを退避させて保護している場合がありますが、この方法だと、低い位置からの落下では、ヘッドの退避が間に合わずハードディスクが故障していしまう場合があります。 そのたまレッツノートでは、衝撃緩衝材でハードディスクを保護する方法をとっています。 これにより、低い位置からの落下でもハードディスクを保護することができます。

また、パソコンの四隅のカドも、抱え込み構造という設計で、筐体の保護もしています。 

これにより、カドから地面に落下しても、凹んだりするのを防いでいます。





頑丈なワケ② - キーボード全面防滴

ノートパソコンの破損原因には、「水をこぼした」というのも多いです。 その点、レッツノートは、キーボードに水をこぼしても故障しないように 「キーボード全面防滴」 もされています。 

水をこぼしても壊れない理由は、キーボード部分に防水シートを敷いていることと、侵入した水を、裏面の穴から逃がす構造になっているためです。




頑丈なワケ③ - 耐100kg 級タフボディ

パソコンを抱えたまま電車の中に乗って、隣の人にパソコンを押されてしまったことはありませんか? 電車の中で圧迫されてパソコンが故障するケースも多いのです。 その点、レッツノートは 「100kgの耐圧試験」 もクリアしており、日常に起こる様々な故障要因から、パソコンを守ることができます。

押されても壊れない理由は、ボンネット構造の天板と、回路基板に歪が加わりにくいフローティング構造にあります。 天板がちょっと不思議な形をしていますが、この凹凸によって、筐体を強化しています。


ココもすごい① 重さはわずか1kg程度

持ち運ぶなら、やっぱり重さは気になりますよね? レッツノートの重さは、わずか1kg程度! 片手でもひょいひょいと持ち上げることができます。

レッツノートには、4種類モデルがあり、そのモデルによって、重さが少し違います。 詳細な重さは以下をご覧ください。

モデル Y W T R
画面サイズ 14.1型 12.1型 12.1型 10.4型
重さ 1510g 1249kg 1179kg 940kg

ココもすごい② 長時間バッテリ

外出先で使うなら、バッテリが長持ちしたほうが良いですよね。 ちなみに、一般的なA4のノートパソコンのバッテリ稼動時間は、約2時間です。 一方、レッツノートのバッテリ稼動時間は、なんと約11時間です。

ココもすごい③ Windows XP ダウングレードサービス

企業だと、アプリケーションの対応状況から、Windows XP を使っているところが、まだ多いのではないかと思います。 レッツノートは、Windows XP ダウングレードサービスを実施しています。 しかも、Windows XP Professional をインストール済みで出荷することも可能です。

ココもすごい④ 盗まれても安心

長文BIOSパスワード+ハードディスク暗号化で、盗難時の情報漏えいを防ぎます。

ハードディスクの暗号化するときの暗号鍵を、ハードディスク内に保存しておくと、ハードディスクを取り外してデータを読み出される危険性が高いです。 その点、レッツノートは、暗号鍵をハードディスクではなく別のチップへ保存するため、ハードディスクを取り外してデータを読み出される危険性がなくなります。

さらに、黒い筐体のレッツノート プレミアムエディション(右画像参照)を購入した場合に限り、盗難保証が受けられます。
※プレミアムエディションは、レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」からのみ購入できます。

ココもすごい⑤ シェアNo.1、顧客満足度No.1

モバイルパソコンのカテゴリで、パソコンシェア 3年連続No.1の実績です。 また、2007年の日経パソコン 総合満足度でNo.1を獲得しています。 実績、顧客満足度共にNo.1のレッツノートです。

レッツノート(Let's Note) の欠点

レッツノート(Let's Note)の欠点も書きます。

レッツノートは、光沢液晶ではなく色合いもそれほど鮮やかではありません。 これはAV用途というよりも、ビジネス用途を想定して製造されているためです。 ただし光沢液晶ではないため、蛍光灯などの映り込みが少ないというメリットがあります。

価格は少し高いです。 他のパソコンと比較して、頑丈で壊れにくく作っているため、価格が少し高額です。 でも、外へパソコンを持ち出す機会が多い方は、安くて壊れやすいパソコンよりも、高価でも頑丈なレッツノートのほうが良いのではないかと思います。

レッツノート(Let's Note) のラインナップ

レッツノートのラインナップを、以下に紹介します。 個人的には、持ち運びに便利な12.1型画面で、ソフトのインストール時も楽なスパーマルチドライブ(DVD-RW,CD-RW等)付の「W」がおすすめです。 また、プレミアムエディションも、手厚いサポートを受けられるためおすすめです。

Y W T R
14.1型 12.1型 12.1型 10.4型
1510g 1249kg 1179kg 940kg
スーパーマルチドライブ スーパーマルチドライブ なし なし

レッツノート(Let's Note) プレミアムエディション ( WまたはR )

※プレミアムエディションは、レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」からのみ購入できます。

まとめ

レッツノート(Let's Note)は、次のような特徴があります。

レッツノート(Let's Note) は、次のような方に向いています。

今回紹介した「最も頑丈な」レッツノートは、いかがでしたでしょうか? ビジネスマンには最高の1台だと思います。レッツノートを使って、できるサラリーマンになってみませんか?

尚、購入は直販の「マイレッツ倶楽部」がおすすめです。 松下電器(Panasonic)の直販店だけに、安心して購入することができます。 さらに、ここでしか買えないオリジナルモデルや、3年保証や盗難保証などのここでしか受けられないサービスもあります。


レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

※注意 : 価格シュミレーションの選択欄に、「ワイヤレスWANモデル」というのがありますが、これはFOMA回線を利用したデータ通信のことです。 ワイヤレスLAN(無線LAN)ではないのでご注意ください。無線LANは標準モデルにも搭載しています。