※当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

MSI Modern 15 B12Mの実機レビュー

更新日:
CPU Core i7-1255U
メモリ 16GB
ストレージ 512GB PCIe SSD
液晶サイズ 15.6インチ
液晶種類 1920x1080 非光沢
質量 約1.7kg
バッテリー 最大 約7時間(39.3Wh)
価格[税込] 139,800円
ちょうどいいスペックのビジネスノート

MSI Modern 15 B12Mは、第12世代のCore i7-1255Uに、16GBメモリ、512GB SSD、FHD 液晶と、一般的なビジネスユーザーにとって、高すぎず低すぎないちょうどいいスペックのノートPCです。

ヒンジが180度回転し、ワンタッチで画面表示を逆さまに出来る機能があるため、対面の人に画面を見せやすく、ビジネスシーンに役立ちます。

また、15.6インチノートとしては比較的軽いので、大画面ノートを持ち歩きたい方にも適しています。

公式サイトはこちら
販売サイト

こちらの製品はAmazonで購入することができます。

Amazon

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i7-1255U、16GBメモリ、512GB PCIe SSD

 

目次

お忙しい方は、「MSI Modern 15 B12Mの特徴」のみお読みください。

 

MSI Modern 15 B12Mの特徴

使いやすい標準的なスペック

MSI Modern 15 B12Mは、第12世代Coreを搭載することでCPU性能が比較的高く、16GBメモリ、512GB SSDと十分な容量です。また、ディスプレイも非光沢で映り込みが低減されており、解像度も標準的なFHDで、仕事などがしやすい画面です。

ビジネスユーザーが、文書作成、プレゼン資料作成、メール作成、ウェブアプリケーションの使用などを行うには、ちょうどいい構成だと思います。

また、ビジネスユーザーだけでなく、家庭用のノートパソコンにも最適なスペックだと思います。

ビジネスユーザーに適したスペック

 

画面表示をワンタッチで回転できる

MSI Modern 15 B12Mは、ヒンジが180度回転し、さらにF12キーを押すと、画面を上下逆さまに表示することが可能です。ビジネスシーンだと、対面に座っているお客様や同僚に、画面の内容を見せたいことがあると思いますが、そのようなときに便利です。

画面の表示を上下逆さまにできる

 

15.6インチノートとしては軽い

MSI Modern 15 B12Mの質量は約1.7kgとなっています。13.3~14インチのモバイルノートPCと比較すると重いですが、15.6インチノートとしては軽いです。また、ボディも薄く、比較的持ち運びやすい製品です。大画面ノートPCを持ち歩きたい方にも適していると思います。

15.6インチノートにしては軽い

 

メモリはオンボード

質量が軽い代りに、MSI Modern 15 B12Mのメモリはオンボードです。購入後に増設・換装はできないためご注意下さい。

 

ディスプレイのチェック

MSI Modern 15 B12Mのディスプレイのチェックです。

普通の性能のディスプレイで、ビジネスユーザーにちょうどいいと思います。最大輝度は、当サイトの計測では287cd/m2と普通です。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 映り込み・
    ギラつき
  • フリッカー

当サイトの計測では、sRGBカバー率は62.5%でした。広い色域ではありません。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

ガンマ補正曲線を確認すると、どの色もほぼズレがなく直線的になっており(補正がされておらず)、自然な発色であることが分かります。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

非光沢なので、周囲の物が映り込みにくくなっています。ややギラつきを感じますが、そこまで気にはなりません。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)は発生していませんでした。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

MSI Modern 15 B12Mのキーボードのチェックです。

キーピッチは十分あり、キーストロークは約1.5mmと標準的です。「半角/全角」キーが小さい点がやや気になりますが、普通の打ちやすさのキーボードだと思います。

テンキーも搭載されていますが、「+」などの位置が通常とは異なるので、経理などで使う方は、外付けのテンキーを使ったほうがいいと思います。

タッチパッドの操作性は普通です。クリック音はやや大きめです。

キーボード全体図
※画像をクリックすると拡大できます
キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載しています。

キーボードバックライト

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

MSI Modern 15 B12Mでは、MSI Centerで動作モードを変更することができます。ここでは、標準の「Smart Auto」と、パフォーマンスが最も出る「ハイパフォーマンス」の2つのモードで、ベンチマークの計測を行いました。

MSI Center

 

CPU

CPUには、第12世代CoreプロセッサーのCore i7-1255Uを搭載しており、従来の第11世代のCore i7-1165G7などと比較すると、非常に性能が上がっています。一般的なビジネスユーザーには十分な性能でしょう。

CINEBENCH R23
~ CPU性能の評価 ~
Core i7-1255U
他のCPUとの比較(マルチコア)
Core i9-12900HX 21233
Core i9-12900H 19223
Core i7-12700H 14546
Ryzen 7 6800H 13999
Ryzen 7 5800H 12604
Core i7-1280P 11801
Ryzen 7 5825U 10040
Ryzen 7 5800U 9429
Ryzen 7 5700U 9288
Ryzen 5 5600H 9255
Core i7-1260P 9032
Core i5-11400H 8514
Ryzen 5 5600U 8491
Core i5-1240P 8409
Core i7-1255U 8300
8235 [ハイパフォーマンス]
8229 [Smart Auto]
Ryzen 5 5625U 8107
Core i5-1235U 7589
Core i7-1195G7 6594
Ryzen 5 5500U 6250
Core i7-1185G7 6229
Core i7-1165G7 4720
Core i5-1135G7 4424
他のCPUとの比較(シングルコア)
Core i9-12900H 1920
Core i9-12900HK 1916
Core i7-12700H 1823
Core i7-1260P 1802
Core i7-1280P 1751
Core i7-1255U 1776
1680 [ハイパフォーマンス]
1680 [Smart Auto]
Core i5-1235U 1675
Core i7-1195G7 1634
Ryzen 7 6800H 1522
Core i7-1185G7 1517
Core i5-1240P 1483
Ryzen 7 5825U 1460
Core i7-1165G7 1447
Core i5-11400H 1442
Ryzen 7 5800H 1435
Ryzen 7 5800U 1429
Ryzen 5 5625U 1383
Ryzen 5 5600U 1369
Core i5-1135G7 1294
Ryzen 7 5700U 1268
Ryzen 5 5500U 1185
 :本製品で選択できるプロセッサー
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

なお、高負荷時のCPU電力、CPU温度は「パーツの温度のチェック」で記載しています。

 

メモリ

メモリはDDR4-3200を搭載し、標準的な速度です。

SiSoftware Sandra 2020
~メモリ性能の評価 ~
16GB(8GBx2)メモリ
他のメモリとの比較(帯域のベンチマーク)
DDR5-5200
デュアルチャネル
62.38GB/s
DDR5-4800
デュアルチャネル
52.25GB/s
LPDDR4X-4266
デュアルチャネル
51.65GB/s
DDR4-3200
デュアルチャネル
31.71GB/s
30.66GB/s
 :本製品で選択できるメモリ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)
※実際のノートPCで計測した実測値です。理論的な最大値ではありません

 

グラフィックス

グラフィックス性能も、最新のノートPCとしては標準的な性能です。動画編集は3DCGなどのクリエイティブな仕事をしない限り、ビジネスシーンで困ることはないでしょう。

3DMark Night Raid
~ グラフィックス性能の評価 ~
Core i7-1255U
他のグラフィックスとの比較(Graphics score)
GeForce GTX 1650 45149
GeForce MX450 30425
Core i7-1195G7
メモリLPDDR4X-4266
22853
Core i7-1280P
メモリLPDDR5-4800
22666
Core i7-1280P
メモリDDR4-3200
21606
Core i7-1260P
メモリDDR5-4800
20478
Core i7-1165G7
メモリLPDDR4X-4266
20052
Core i5-1135G7
メモリLPDDR4X-4266
18718
Ryzen 7 5800U
メモリLPDDR4X-4266
17020
GeForce MX330 16714
Core i7-1255U
メモリDDR4-3200
16254 [ハイパフォーマンス]
16212 [Smart Auto]
16093
Ryzen 7 5800U
メモリDDR4-3200
15531
Core i5-1155G7
メモリDDR4-3200
14917
Ryzen 7 5700U
メモリDDR4-3200
14368
Core i7-1165G7
メモリDDR4-3200
14247
Core i5-1235U
メモリDDR4-3200
13877
Core i5-1135G7
メモリDDR4-3200
13316
Ryzen 5 5500U
メモリDDR4-3200
12154
Core i3-1115G4
メモリDDR4-3200
11487
Ryzen 3 5300U
メモリDDR4-3200
11321
 :本製品で選択できるグラフィックス
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

ストレージ

ストレージには、PCIe Gen3 SSDを搭載しており、こちらも標準的な速度だと思います。

CrystalDiskMark
~ ストレージ性能の評価 ~
512GB PCIe Gen3 SSD
他のストレージとの比較(シーケンシャルリード [MB/s] )
PCIe Gen4 SSD 7000
PCIe Gen3 SSD 3500
2533
SATA SSD 550
2.5インチHDD 150
 :本製品で選択できるストレージ
 :レビュー機で計測したスコア(他のスコアは別のPCで計測した代表値)

 

SDカードスロット

microSDカードスロットを搭載しています。アクセス速度は遅いです。

CrystalDiskMark
~ SDカードスロット性能 ~
最大300MB/sのUHS-Ⅱのカードで測定

 

USB Type-C / HDMIの動作テスト

USB Type-Cの動作チェック

USB Type-Cポートの動作チェック結果は以下の通りです。Power Deliveryには対応していますが、映像出力には対応していません。

USB Type-C充電器/ドックの動作テスト
  充電 モニター
出力
有線LAN
ドック ThinkPad USB Type-C ドック ×
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック × ×
PD充電器
※1
61W RAVPower GaN充電器
45W Lenovoウルトラポータブル
30W RAVPower GaN充電器 ×
18W cheero充電器 ×
モニター
※2
EIZO ColorEdge CS2740 ×
※1 Power Delivery対応の充電器
※2 Type-Cケーブルで接続し、PCへの給電も出来るモニター
※3 低速充電ケーブルであるとの警告が表示

 

HDMIの動作チェック

4KテレビへHDMIで接続したときの詳細です。4K、60Hz、8ビット、RGBでの表示が出来ています。

4Kテレビ(ビエラ TH-55CX800)へ接続したときの詳細

 

質量のチェック

メーカーサイトでは「約1.7kg」とありましたが、当サイトの計測ではそれよりもやや重かったです。メーカーからの貸出機ということもあるかもしれません。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 1.843kg
ACアダプター+電源ケーブル 292g

 

バッテリー駆動時間のチェック

MSI Modern 15 B12Mのバッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は39.3Whと少なめですが、低めの負荷であれば、割とバッテリー駆動できました。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
(1) JEITA2.0 最大7時間
(2) 動画再生時 7時間48分
(3) FF14ベンチ
※画面輝度は約120cd/m2
(1) メーカー公表値
(2) ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
(3) FF14ベンチをループ実行

 

当サイトで計測した1時間あたりの充電容量は次の通りでした。普通の充電速度です。

1時間あたりの充電容量
純正ACアダプター
アイドル時
77%(約30Wh)
※PCの充電残量が10%から充電を開始し、1時間でどのくらい充電残量が増えたかを計測

 

Webカメラ・スピーカーのチェック

Webカメラ

92万画素のWebカメラを搭載しており、ノートPCとしては標準的な性能です。

Webカメラ
本製品のカメラで撮影
※クリックすると拡大できます。
※Webカメラの前にマネキンを置いて、約40cm離し、Windows標準のカメラアプリで撮影

 

スピーカー

底面の左右サイドにスピーカーを搭載しています。最大音量は小さめです。音質は普通で、ノートPC基準で10点満点で5点といったところです(5点が普通です。音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。

スピーカー

 

パーツの温度のチェック

Prime95実行時のCPU温度

Prime95で全CPUコアの使用率が100%になる高い負荷をかけたときのCPU温度およびCPU電力の推移を確認します。

「Smart Auto」、「ハイパフォーマンス」の2つのモードで計測しましたが、どちらも数値はほぼ変わらず、CPU電力は約35Wで推移し、CPU温度は約86℃でした。CPU温度は若干高めですが、問題ない範囲でしょう。

  • パフォーマンス時
  • Turbo時
CPU電力&CPUクロック
CPU温度
CPU電力&CPUクロック
CPU温度

 

静音性のチェック

MSI Modern 15 B12Mの動作音(静音性)のチェック結果です。

普通の騒音値だと思います。動作音はそれほど気にならず、作業が出来るでしょう。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
※約10分経過後に計測しています
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:Filmora 9 の動画編集ソフトでプレビュー再生
左から3番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。特に、手の平を置くパームレストの温度変化は重要です。

負荷をかけるとキーボード部分がやや暖かくなってきますが、パームレスト部分の温度はあまり上がらないので、不快感は少なく使えると思います。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後に計測しています

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。

モバイル向けのプロセッサーなので、低めの消費電力です。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST8
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※約10分経過後から確認できた中で最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

MSI Modern 15 B12Mの外観のチェックです。

ブラックのカラーでシンプルでありつつも、アクセントとしてキーの側面がホワイトになっています。どこでも使えるデザインだと思います。

 

天板には、MSIのロゴマークが入っています。

 

ボディの高さは19.9mmと比較的薄いです。

 

側面のポートはご覧の通りです。

 

底面はシンプルですが、吸気口のデザインはかっこいいです。

 

底面のネジの1つには、FACTORY SEALが貼られており、これを剥がすとメーカー保証が受けられなくなるのでご注意下さい。

 

ACアダプターは65Wです。本体は比較的コンパクトですが、コンセント側のケーブルがやや太いです。

 

まとめ

以上が、MSI Modern 15 B12Mのレビューです。

第12世代Coreプロセッサーに、16GBメモリ、512GB SSDという、ビジネスユーザーにちょうどいい構成のノートパソコンです。ビジネスユーザーだけでなく、家庭用のノートパソコンにも最適なスペックだと思います。

ワンタッチで、画面の向きを変える機能も搭載されており、対面の人に画面を見せやすくなっているので、ビジネスシーンでとても役立つと思います。

また、15.6インチのノートPCとしては、質量も比較的軽く、持ち運びもしやすいです。大画面ノートPCを持ち出したい方にも適していると思います。

ただし、軽い代りに、メモリはオンボードなので、後から換装することができません。

 

ちょうどいいスペックのビジネスノート

MSI Modern 15 B12M

特徴

  • 標準的なちょうどいい構成
  • ワンタッチで画面の向きを変えられる
  • 15.6インチノートとしては比較的軽い

こんなあなたに

  • ビジネスにちょうどいいスペックのPCが欲しい方
  • 大画面ノートを持ち歩きたい方
  • 価格13万円台~[税込]
公式サイトはこちら

販売店

こちらの製品はAmazonで購入することができます。

Amazon

 

 

関連ページ