会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウスコンピューター > m-Book N

マウス m-Book N の特徴

更新日:2019年4月18日
CPU Core i7-8550U
GPU GeForce MX150
メモリ 最大32GB
ストレージ M.2 SSD
2.5インチ HDD
[同時搭載可能]
光学ドライブ DVDスーパーマルチ /
ブルーレイ
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 広視野角 非光沢
質量 約2.1kg~
バッテリー 約5.2時間
価格[税別] 9万円台~
光学ドライブとGeForce MX150搭載の15型ノートPC

m-Book Nは、光学ドライブおよびGeForce MX150を備えた15.6型ノートPCです。

GeForce MX150は高い性能のグラフィックスではありませんが、ライトにゲームや動画編集をする程度なら、ギリギリ問題ない性能です。

また、光学ドライブを搭載することで、レンタルしたCDやDVDを読み込んだり、編集した動画を書き込んだりすることが可能です。

光学ドライブの他に、VGA、HDMI、LANなどのポートも搭載しており、インターフェースは充実しています。

価格を抑えつつも、ちょっと高い性能のPCで、色々なことを試してみたいという方に適した製品です。

公式サイトはこちら

目次

お忙しい方は、「m-Book Nの特徴」のみお読みください。

m-Book N の特徴

光学ドライブ+GeForce MX150

m-Book Nは、光学ドライブと、外部グラフィックスのGeForce MX150を搭載したノートPCです。光学ドライブを搭載した15型ノートPCや、GeForce MX150を搭載した15型ノートPCはいくつもありますが、これを同時に備えている15型のノートPCは意外と少なく、m-Book Nの特徴となっています。

GeForce MX150は、エントリークラスのグラフィックス性能で、本格的にゲームをしたり、動画編集をしたりする用途には向きませんが、"軽いゲームをたまにやりたい"、"撮影した短いFHD動画の簡単な編集をしたい"という方にはいいと思います。

また、光学ドライブを備えているので、DVDやCDなどで受け取ったデータを読み込んだり、処理した画像や映像をDVDやCDに焼いて渡したりできます。もちろん、DVD再生ソフトも入っていますので、DVD鑑賞も可能です。

なお、m-Book Kの記事などでも書きましたが、GeForce MX150は、NVENCには対応していないため、ハードウェアエンコードをやろうと思っている方はご注意下さい。

光学ドライブ搭載

 

全部入りのインターフェイス

m-Book Nは、インターフェイスの充実したノートPCです。一般的なUSBポートやHDMI出力に加えて、LAN端子や光学ドライブ(ブルーレイドライブも選択可)も備え、フロント部分にはフルサイズのSDカードリーダーもあります。旧モデルと比較すると、USB Type-CポートとVGA端子を新たに搭載するようになり、新旧様々なインターフェイスが揃っています。

インターフェイスを少なくし、よりコンパクトにするという、最近のノートPCの流れとは逆行するようですが、PCユーザー全てがコンパクトさを求めているわけではないので、VGAなどのレガシーポートを使った機器も繋げつつ、最新の外付け機器も繋げたいといった方に最適です。

インターフェイスは充実

 

安くて柔軟に構成できるストレージ

マウスコンピューター全般の特徴でもありますが、m-Book Nはストレージのカスタマイズを比較的安価に行えます。また、M.2スロットと2.5インチベイを搭載しているため、M.2 SSDのみ搭載しておき、後から自分で2.5インチSSDを増設するといった使い方もできます。

ストレージ変更の価格が安い

 

旧モデルからのマイナーチェンジ

現在は入手できなくなっている旧m-Book Nとの比較を行います。

CPU、GPU、メモリには変化がありません。小さな変化点としては、USB Type-CポートやVGAが搭載されました。ただし、バッテリー駆動時間が半分程度まで短くなった点はデメリットです。

価格も変動はなく、マイナーチェンジが施されたモデルと言えるでしょう。

旧モデルとの比較
  [本製品]
m-Book N
[旧モデル]
m-Book N
画像
CPU Core i7-8550U
GPU GeForce MX150
メモリ 最大 32GB
ストレージ M.2 SSD
2.5インチ HDD
[同時搭載可能]
M.2 SSD
2.5インチ HDD
[同時搭載可能]
光学ドライブ DVDスーパーマルチ / ブルーレイ
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 非光沢
インターフェイス USB3.0
USB3.0 Type-C
USB2.0 x2
HDMI
VGA
SDカード
LAN
USB3.0 x2
USB2.0
HDMI
SDカード
LAN
質量 約2.1kg 約2.2kg
サイズ[mm] [幅] 377
[奥行] 257
[高さ] 25.4
[幅] 379.5
[奥行] 249.9
[高さ] 22.6
バッテリー 約5.2時間 約10.1時間
価格[税別] 99,800円~

 

ライバル機種との比較

ライバル機種との比較を行います。ライバル機種となるのは、GeForce MX150を搭載した15型ノートPCです。マウスコンピューターのm-Book R、HPのPavilion 15-cs0000、ドスパラのCritea VF-HEKSとの比較を行いました。

m-Book Nは、光学ドライブを搭載し、インターフェイスが他よりも充実している点が特徴で、作業の対応力が最も高いです。その代わりに、質量は2kgを超えており、バッテリー駆動時間も最短です。外に持ち出すといった使い方には、一番適していません。

同等の処理性能で、持ち出すこともある場合は、同じマウスコンピューターのm-Book Rが、コンパクト、かつ軽量なので有利です。

Pavilion 15-cs0000は、コストパフォーマンスが高いです。また、デザイン性も高く、全体的なバランスがいいです。ただし、光沢液晶ですのでご注意下さい。

Critea VF-HEKSは、現在HDDとのデュアルストレージ構成を選択できませんでした。ストレージの容量がそれほど必要なければ、価格は最も安いです。

ライバル機種との比較
  [本製品]
m-Book N
マウス
m-Book R
HP
Pavilion
15-cs0000
ドスパラ
Critea
VF-HEKS
画像
CPU 第8世代Core(U)
GPU GeForce MX150
ストレージ M.2 SSD
(+HDD)
M.2 SSD
(+HDD)
M.2 SSD
+HDD
M.2 SSD
光学ドライブ あり なし
液晶サイズ 15.6型 FHD
液晶種類 非光沢 広視野角 非光沢 IPS 光沢 非光沢
USB Type-C
USB3.0
USB2.0 x2
Type-C
USB3.0 x2
USB2.0
Type-C
USB3.1 x2
USB3.0 x2
USB2.0
その他
インター
フェイス
HDMI
SDカード
LAN
VGA
HDMI
SDカード
HDMI
SDカード
LAN
HDMI
SDカード
LAN
質量 約2.1kg~ 約1.7kg~ 約1.82kg 約1.83kg
サイズ[mm] [幅] 377
[奥行] 257
[高さ] 25.4
[幅] 359.6
[奥行] 243.9
[高さ] 18.7
[幅] 361
[奥行] 246
[高さ] 18~20
[幅] 382
[奥行] 256
[高さ] 23.9
バッテリー 約5.2時間 約8.3時間 約9時間 約7.7時間
価格比較
  [本製品]
m-Book N
マウス
m-Book R
HP
Pavilion
15-cs0000
ドスパラ
Critea
VF-HEKS
CPU Core i7-8550U Core i7-8565U Core i7-8550U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD 250GB SSD
価格[税別] 109,800円 119,800円 102,000円 94,980円

 

液晶ディスプレイのチェック

m-Book Nは、フルHD液晶を搭載してます。非光沢液晶なので、長い時間の使用でも目が疲れにくいと思います。視野角も広いです。

非光沢のフルHD液晶

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

m-Book Nは、下の写真のような標準的な配列のテンキー付きキーボードを備えています。バックライトは

「ろ」キーと、右Shiftキーのサイズがやや小さくなっています。右Shiftキーを頻繁に使っているのであれば、左Shiftキーを使うようにするなどの工夫をした方がよさそうです。

キーピッチは約18mmと、気持ち狭めですが、キーストロークは約1.8mmあります。おそらくm-Book Fと同じキーボードですが、そうであれば、やや底付きの衝撃を感じると思います。

タッチパッドは、クリックボタンが分離しており、サイズも普通です。

キーボード

 

パフォーマンスのチェック

m-Book Nは、第8世代のKaby Lake Rプロセッサーを搭載してます。

一般的なノートPCに搭載されるCPUとしては、処理性能は十分高く、画像や映像を扱う高負荷な作業でも、十分対応可能です。ただ、同じ第8世代Core i7でも、最近は新しいWhiskey Lake-Uのプロセッサーを搭載しているPCが増えてきたので、せっかくならCore i7-8565Uを搭載しているとよかったと感じます。それでも実用的には、Core i7-8565Uでも、Core i7-8550Uでも大きな差はありませんので、最新のCPUにこだわるのでなければ、全く問題ないでしょう。

CPU性能の目安
~ CINEBENCH R15 マルチコア ~
Core i7-8565U 602
Core i7-8550U 580
Core i5-8265U 542
Core i5-8250U 536
Core i3-8145U 340
Core i3-8130U 313
Celeron N4100 229
※緑色のバーが、本製品で選べるCPUです
※スコアは他のPCで計測した代表値です
※実際の製品で計測したわけではありません

 

外観のチェック

m-Book Nのボディは、カラーは異なりますがm-Book Fと一緒です。

ディスプレイのベゼルは、最近流行りの狭額ベゼルではありませんし、バッテリー部分も若干出っ張っています。最近のPCを見慣れていると、ちょっと野暮ったい印象を受けるかもしれません。

シンプルなデザイン

 

ディスプレイの開く角度は、約130度と狭めです。画面を倒して、少し上からのぞき込む感じで使用するのが好みであれば、ご注意ください。

ヒンジの開角度は狭め

 

まとめ

m-Book Nは、光学ドライブ、GeForce MX150を搭載した、オールラウンダーの15型ノートPCです。インターフェイスも充実しているので、多くの用途において重宝しそうです。

GeForce MX150はエントリークラスのグラフィックスで、本格的にゲームをしたり、動画編集をしたりする用途には向きませんが、ライトにできればいいという方には適しています。ただし、GeForce GTXシリーズとはかなり性能差があるため、頻繁にゲームをしたり、動画編集をしたりする方は、別の製品のほうがいいと思います。

また、実機を見ていないので何とも言えませんが、m-Book Fと同じ液晶なら、あまり品質は高くありません。

10万円前後の安いノートPCをお探しで、普通のPCよりもやや処理性能の高い製品が良い、という場合にいいでしょう。

何でもそこそこ以上にこなせるPC

m-Book N

特徴

  • 光学ドライブ搭載
  • GeForce MX150搭載
  • USB Type-C、VGAなど充実のインターフェイス

こんなあなたに

  • 安くて、ちょっといい性能PCが欲しい方
  • ライトにゲームや動画編集をしたい方
  • 価格9万円台[税別]~
  • 一言質実剛健
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ