会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > MIIX 720 > まとめ

レノボ MIIX 720の実機レビュー(2)

更新日:2017年2月22日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

ファンがあるため動作音は聞こえますが、比較的静かだと思います。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

普通の温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

やや低めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

海外では「シャンパンゴールド」のカラーもあるようですが、日本では「 エボニーブラック」のみの発売となります。

正面から見たときは、シンプルなデザインです。

 

スタンドのヒンジ部分は、レノボが他の製品でもよく採用しているウォッチバンドヒンジを使っており、この部分はかっこいいと思います。

 

側面のインターフェースです。USB 3.1 Type-C兼Thunderbolt3ポートが搭載されており、本体の充電もこのポートを使用します。

 

スタンドを開くと、microSDカードスロットがあります。

 

液晶を倒せる最大の角度です。割と開きます。

 

ACアダプターは小型です。

まとめ

以上が、MIIX 720のレビューです。

本製品はSurfaceタイプのタブレットにキーボードカバーが付いた製品で、CPUに第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載している点や、4,096段階もの筆圧検知に対応したアクティブペンが使える点が特徴です。

本製品のようなSurafceタイプの製品は、タブレットとしても使えるし、ノートPCのようにも使えるし、ペンも使えるし、出来ることは多いです。

ただし、やや中途半端な部分もあります。それは、タブレットとしては重量が重い点、ノートPCスタイルで使うときは自立スタンドを開く手間があり、設置スペースも多めに必要になる点です。

また、液晶は高解像度で綺麗な画面ですが、高解像度であるためにバッテリー駆動時間がやや短めです。

詳細はこちら
メーカーサイト:レノボショッピング(MIIX 720)
※購入時はリンク先のクーポン忘れずにお使いください