会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Pavilion 15-cs0000

HP Pavilion 15-cs0000の実機レビュー

更新日:2018年9月18日
CPU Core i7-8550U
Core i5-8250U
GPU GeForce MX150
Intel UHD 620
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ PCIe SSD + HDD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 フルHD IPS
質量 約1.82kg
バッテリー 約9時間
価格 8万円台~(税抜)
軽量でコンパクト、しかもGeForce MX150を選択可能

Pavilion 15-cs0000の特徴は、質量が約1.82kgと、15.6型ノートPCとしては軽い点です。さらに狭額縁液晶を採用しボディがコンパクト。持ち運びやすいので、部屋を移動するときや、パソコンを収納場所へ片づけるときに便利です。

さらに、この軽さでGeForce MX150を搭載することが可能です。色々な部屋で(場所で)Adobeソフト等を使いたい!といった方にも適した製品です。プロが使うにはややスペック不足かもしれませんが、その分価格は安く、アマチュアの方が使うには十分なスペックではないかと思います。

PCIe SSDとHDDのデュアルストレージになっている点も見逃せません。動画や画像を扱う場合、ストレージ容量を多く消費するので、HDDも搭載しているのは嬉しいです。

また、淡いゴールドのキーボード面に、清楚なホワイトの天板を採用し、他とは違うデザインになっています。黒っぽい地味なパソコンは嫌だ!という方にもおすすめです。

なお、光学ドライブは搭載していません。

 

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i5-8250U、8GBメモリ、256GB PCIe SSD+1TB HDD

 

当サイト限定クーポンで安く購入可能

当サイト向けの特別クーポンを利用することで、日本HPパソコンを、通常よりも安く購入することが可能です(12万円以上の製品が対象)。

目次

お忙しい方は、「Pavilion 15-cs0000の特徴」のみお読みください。

Pavilion 15-cs0000の特徴

軽量かつコンパクトで持ち運びに便利

一般的な15.6型のノートパソコンは、2.0kg~2.5kgであることが多いですが、Pavilion 15-cs0000は、約1.82kgと、15.6型ノートパソコンとしては非常に軽いです。さらに、ナローベゼルの採用や、光学ドライブを省いていることにより、コンパクトな筐体となっています。

下図は、メーカーサイトに書かれてあった従来モデル「Pavilion 15-cu0000」との比較ですが、質量が軽くなり、サイズもコンパクトになっていることが分かります。

コンパクトで軽量

 

ライバル機種と、質量およびサイズを比べるとどうでしょうか?

HP Pavilion 15-cs0000は、サイズはInspiron 15 7000とほぼ変わらないものの、質量はこの中で最も軽いです。

ライバル機種との質量の比較
  HP
Pavilion 15-cs0000
DELL
Inspiron 15 7000
レノボ
ThinkPad T580
質量 約1.82kg 約1.995kg~ 約1.97kg~
サイズ[mm] 361 x 246
x18~20
361.4 x 244.5
× 18.81~20.04
365.8 x 252.8
x19.95~20.2

 

GeForce MX150を搭載すれば編集作業が快適

Pavilion 15-cs0000には、GeForce MX150の外部グラフィックスを搭載したモデルがラインナップされています。

GPUアクセラレーターに対応したアプリケーションを使う場合は、補正処理等を実行した場合の描画が速くなり、編集作業の動作が快適になります。また、一例ですが、下表のように、Adobe Premiere Proの書き出しのような処理も、CPU内蔵のIntel UHD Graphics 620と比べると速くなります。

Adobe Premiere Proによる書き出し時間
GeForce GTX 1050Ti 1分45秒
GeForce MX150 3分23秒
Intel UHD Graphics 620 9分53秒
※ 4K動画(約2分)に、「テキスト(ブラー付)」+「RGBカーブ補正」+「シャープ」+「自然な彩度」のエフェクトおよびBGMとなるオーディオを加え、H.264形式、YouTube 1080p HDのプリセットで書き出したときの時間
※ 他のPCで計測した時間です

 

上質なデザイン

Pavilion 15-cs0000は、HPの最上位モデルであるSpectreのような上質なデザインになっています。天板は、セラミックホワイトとなっており、かっこいいだけでなく、ひっかき傷に強く、指紋がつきにくいので、美しさを保つことができます。ボディやキーボードはゴールドで、天板のセラミックホワイトとのツートンデザインとなっています。清潔感があって、上品な印象を受けます。

その他、スピーカーグリルのデザインや、タッチパッドの淵のダイヤモンドカットなど、細かい部分からもデザイン性の高さが伝わってきます。

セラミックホワイトとゴールドのツートンカラー
スピーカーグリルのデザイン

 

デュアルストレージ構成

Pavilion 15-cs0000は、すべてのモデルがPCIe SSD 256GB + HDD 1TBのデュアルストレージ構成となっています。PCIe SSDなので、PCやアプリの起動が速いです。さらに、大容量のHDDも搭載しているので、動画や写真などのかさばるデータも、容量を気にすることなく保存できます。動画や画像ファイルを、OSが入っているディスクに保存しておくと、万が一の時にデータを取り出しにくいですが、別ディスクに保存しておけば、万が一のときにデータの取り出しが楽です。

 

光学ドライブはなし

Pavilion 15-cs0000は、光学ドライブを搭載していないためご注意下さい。最近はめっきり使用機会が減ったので、外付けの光学ドライブを用意し、必要なときだけ接続する運用でも良いでしょう。

 

HP Pavilion 15-cu0000との比較

HPには、Pavilion 15-cu0000という、一文字違いの別機種が存在します。どんな違いがあるのかを表にしてみました。

Pavilion 15-cu0000は、光学ドライブを搭載しており、価格は安いです。

一方、Pavilion 15-cs0000は、光学ドライブは搭載していないものの、質量が軽くコンパクトで、SSDも高速で容量も多いです。また、GPUも高性能なGeForce MX150を搭載可能です。

Pavilion 15-cu0000との比較
~CPU内蔵グラフィックス搭載モデル~
  [本製品]
Pavilion 15-cs0000
 
Pavilion 15-cu0000
CPU Core i5-8250U
Core i7-8550U
メモリ 最大 16GB
GPU CPU内蔵
GeForce MX150
CPU内蔵
Radeon 530
ストレージ 256GB PCIe SSD+HDD HDD
128GB SSD+HDD
光学ドライブ なし DVDライター
質量 約1.82kg 約2.07kg
サイズ 361x246x20[mm] 376x248x24[mm]
価格(税別) 80,000円~ 74,800円~
グラフィック性能の比較
~3D Mark Cloud Gate - Graphics score~
GeForce MX150 16255
Radeon 530 8550
Intel UHD 620 8265
Intel UHD620は本製品で計測したスコア
それ以外は、他のPCで計測したスコアの代表値

 

ライバル機種との比較

最後に、Pavilion 15-cs0000と類似したスペックを選択できるライバル機種、Inspiron 15 7000とThinkPad T580との比較を行います。Inspiron 15 7000とThinkPad T580は、Pavilion 15-cs0000のスペックに寄せて、できるだけカスタマイズした状態にしています。

Inspiron 15 7000が最も低価格でしたが、グラフィックスがGeForce MX130となってしまうため、他の製品と比べるとやや性能が落ちます。

ThinkPad T580には、キーボードの打ちやすさなど比較表に現れない利点もありますが、価格が高いです。

Pavilion 15-cs0000は、SSDの容量も多く、価格も安く、バランスは最もいいかと思います。また、上で記載した通り、これらの機種の中では最も軽量です。

類似スペックのライバル機種との比較
  HP
Pavilion 15-cs0000
DELL
Inspiron 15 7000
レノボ
ThinkPad T580
CPU Core i7-8550U
グラフィックス GeForce MX150 GeForce MX130 GeForce MX150
ストレージ PCIe SSD 256GB
+ HDD 1TB
SATA SSD 128GB
+ HDD 1TB
PCIe SSD 128GB
+ HDD 1TB
価格(税別) 129,800円 110,483円 159,850円

 

液晶ディスプレイのチェック

Pavilion 15-cs0000の液晶ディスプレイのチェックです。

当サイトの計測で、最大輝度は224cd/m2とやや低めでした。

視野角は良いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。どの色も1:1の直線に近く、自然な発色であることが分かります。

ガンマ補正曲線
※ i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

 

色域はやや狭いです。

ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。ギラつきはほぼ感じません。

画面拡大

 

光沢液晶ですので、映り込みがあります。

画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

キーピッチは約18.7×18.7mm、キーストロークは約1.5mmとなっており、標準的な数値です。enterキーの右隣にすぐテンキーがあるのがやや気になる方もいそうですが、普通に打てると思います。

ただ、ボディがゴールドであるため、キーボードの文字が光の角度によっては見えづらいです。その場合、部屋が明るくても、キーボードバックライトをつけるといいと思います。

キーボード全体図
キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載しています。

キーボードバックライト

 

タッチパッドの操作性は普通です。

タッチパッド

 

パフォーマンスのチェック

Pavilion 15-cs0000のパフォーマンスのチェックです。

CPU

一般的なノートパソコンに搭載されているCPUです。一般ユーザーであれば、困ることはないと思います。

CPU性能の目安
(CINEBENCH R15 マルチコア)
※コメントは筆者の独自判断
※灰色のバーのパーツは選択できません

 

ストレージ

ストレージは、高速なPCIe-NVMe SSDおよび、HDDを搭載しています。

ストレージ性能の目安
(CrystalDiskMark)
※コメントは筆者の独自判断
※灰色のバーのパーツは選択できません

 

レビュー機で計測したベンチマーク

以下、レビュー機で計測したベンチマーク結果を掲載します。

CINEBENCH R15
~ CPU性能の評価 ~
Core i5-8250U
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Core i5-8250U
x265でエンコード (※1) 28分15秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 3分59秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換したときの時間
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
x265でエンコードしたときのCPUクロック
CrystalDiskMark 6(SSD)
~ 内蔵ストレージ性能の評価 ~
256GB PCIe SSD
CrystalDiskMark 6(SDカード)
~ SDカードスロット性能の評価 ~

普通の速度です。なお、UHS-Ⅱのカードでもテストしましたが、逆に速度が下がりました。

最大95MB/sのUHS-Iのカードで測定

 

質量のチェック

Pavilion 15-cs0000の質量のチェックです。

15.6型のノートPCとしては軽量です。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 1.831kg
ACアダプター 273g

 

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

Pavilion 15-cs0000は、41Whのバッテリーを搭載しており、普通の容量です。

バッテリー駆動時間は次の通りです。バッテリー容量の割にはやや長めかなと思います。

バッテリー駆動時間の計測結果(当サイトによる実測値)
  駆動時間
PCMark 8 Home テスト ※1
PCMark 8 Work テスト ※2 5時間41分
動画再生時 ※3 6時間12分
※画面輝度は約120cd/m2、電源モードは高パフォーマンス
※1 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行
※3 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生

 


 

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時でもファン音が聞こえます。その他の状態については普通の騒音値だと思います。

騒音値
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※CPU使用率およびGPU使用率は平均値です
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:動画再生時(解像度:720x480で実行)
左から3番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコードした時(x265)

 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安

 

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度はやや低めです。

各パーツの温度
測定環境:室内温度 約26℃、 測定ソフト:HWMonitor
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです

 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

表面温度もやや低めです。不快感なく作業できると思います。

PC本体の表面温度
サーモグラフィー:FLIR ONE PRO
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです

 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低めの消費電力です。

消費電力
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※PCの状態は「静音性のチェック」のときと同じです
※確認できた中で、最も高い消費電力を掲載しています

 

外観のチェック

Pavilion 15-cs0000の外観写真を掲載します。

キーボード面はゴールドのカラーを採用し、ゴージャス感があります。

 

全面ゴールドだと、少し派手すぎますが、天板をホワイトにすることで、落ち着いた清潔感のある仕上がりになっています。

 

Pavilion 15-cs0000は、BANG & OLUFSENのスピーカーを配置しています。音質は比較的良く、勝手に点数をつけると、10点満点で6点といったところです(音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。

 

液晶は、次の角度まで開きます。

 

インターフェースは、HDMI出力、LANポート、USB 3.1 Type-C、ヘッドフォン出力/マイク入力、SDカードスロット、USB 3.1 x2を備えています。

フルサイズのSDカードに対応しており、一眼レフなどで撮影したデータを大容量のHDDへ取り込みやすくなっています。また、比較的薄型の筐体なのに、最大1000Mbps対応のLANポートも備えていますので、NASへデータを保存する場合なども高速です。

ただし、光学ドライブは搭載していません。

 

底面の画像です。

 

ACアダプターは小型ですが、電源ケーブルが太めです。

 

まとめ

以上が、Pavilion 15-cs0000のレビューです。

15.6型のノートパソコンとしては、軽量で、ちょっとした移動などに便利な製品です。また、狭額ベゼルを採用しボディもコンパクトで、省スペースです。

ゴールド&ホワイトのカラーで、ゴージャス感がありつつも、嫌みがなく清潔感のあるデザインです。

GeForce MX150を搭載すれば、グラフィックスに負荷のかかる編集系の作業も快適になるでしょう。ただし、ゲーム向きのグラフィックスではありません。

また、光学ドライブが搭載されていないためご注意下さい。液晶も光沢なので映り込みがあります。

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
HP Pavilion 15-cs0000

 

当サイト限定クーポンで安く購入可能

当サイト向けの特別クーポンを利用することで、日本HPパソコンを、通常よりも安く購入することが可能です(12万円以上の製品が対象)。

 

関連ページ