会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 富士通 > ESPRIMO FHシリーズ(WF1/B1、FH77/B1など)

ESPRIMO FHシリーズ(WF1/B1、FH77/B1など)の展示機レビュー

更新日:2017年1月17日

実機レビューを公開しました
↓↓
富士通 ESPRIMO WF1/B1の実機レビュー

 

2017年1月17日、富士通より、デザインが秀逸なESPRIMO FHシリーズが発売されました。なお、カスタムメイドモデルの型番はESPRIMO WF1/B1となり、カタログモデルでの型名はESPRIMO FH77/B1、FH53/B1、FH52/B1となります。これらの違いについては後述します。

特徴は次の通りです。

ESPRIMO WF1/B1、FH77/B1、FH53/B1、FH52/B1の特徴

外観のチェック

外観のチェックです。

本製品は、いい意味で富士通らしくないデザインが素敵なPCです。液晶ベゼル(液晶の周りのフレーム)が非常に狭く、スタンドも細くて、スタイリッシュです。23.8型と大画面液晶を搭載しているにも関わらず、圧迫感を感じません。

液晶は、ハーフグレアに近く、映り込みをある程度低減しつつ、色鮮やかさが損なわれないようにしており、映像も見やすい製品だと思います。

 

画面の表示部分と非表示部分の段差もなく完全にフラットです。

スノーホワイトのカラーの他にオーシャンブラックのカラーも用意されています。

画面の表示部分と、非表示部分の境目です。

側面です。

背面です。

上部に電源ボタンがあります。

Webカメラは、PUSHすると収納可能です。

底面に、Pioneerと共同開発した3W+3Wのスピーカーが搭載されています。下向きに音が出て、テーブルに当たって反射するため、若干音質が変化するかもしれません(実際に音を聴いたわけではないです)。

キーボードとマウスです。

カスタムメイドモデルとカタログモデルの比較

下表に、カスタムメイドモデルとカタログモデルの仕様を掲載します。

カスタムメイドモデルは、Web直販サイト「富士通WEB MART」専用のモデルで、パーツのカスタマイズが可能であるのに対し、カタログモデルは、主に家電量販店で販売されているモデルでパーツのカスタマイズは出来ません。

カスタムメイドモデルとカタログモデルの比較
  カスタムメイドモデル
WF1/B1
カタログモデル
FH77/B1 FH53/B1 FH52/B1
カラー オーシャンブラック
スノーホワイト
オーシャンブラック
スノーホワイト
オーシャンブラック スノーホワイト
液晶ディスプレイ 23.8型IPS液晶
CPU Core i7-7700HQ
Core i3-7100U
Celeron-3865U
Core i7-7700HQ Celeron-3865U
メモリ 4GB、8GB16GB 4GB
ストレージ 約1TB HDD
約2TB HDD
約3TB HDD

約256GB SSD + 約3TB HDD
約256GB SSD + 約1TB HDD
約1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
Blu-ray Disc
DVDスーパーマルチ
TVチューナー なし
地上・BS・110度CS×2
地上・BS・110度CS×2 なし
Office なし
Personal
H & B Premium
H & B Premium Personal

 

 

詳細はこちら
メーカーサイト:富士通WEBMART