会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > Dell G3 15(3579)

Dell G3 15(3579)の実機レビュー

更新日:2018年7月14日
CPU Core i5-8300H
Core i7-8750H
GPU GeForce GTX 1050
GeForce GTX 1050Ti
メモリ 8GB
ストレージ SSD / HDD
[同時搭載可能]
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約2.53kg
バッテリー 56WHr
価格 8万円台(税別)~

8万円台から購入できるエントリー向けゲームPC

Dell G3 15は、8万円台から購入可能なゲーミングノートPCです(クーポン利用時、税別の価格)。

グラフィックスには、エントリー向けのGeForce GTX 1050またはGTX 1050Tiを搭載。

CPUには、インテル 第8世代 Hシリーズプロセッサーを新たに搭載し、性能が飛躍的に上がっています。ゲームだけでなく、エンコード、動画編集、RAW現像などにもおすすめの製品です。

ゲーミングPCとしては珍しいホワイトのカラーもラインナップされています。ボディも非常に薄く、ゲーミングPCとは思えない外観です。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i7-8750H、8GBメモリ、GeForce GTX 1050Ti、128GB SSD+1TB HDD

 

目次

お忙しい方は、「Dell G3 15の特徴」のみお読みください。

Dell G3 15の特徴

10万円台(クーポン使用で8万円台)の安さ

Dell G3 15で、まず驚いたのは価格の安さです。

Core i5-8300H+GeForce GTX 1050の構成ならクーポン利用で8万円台、Core i7-8750H+GeForce GTX 1050Tiでも9万円台で購入することができます。数多くのゲーミングノートPCを見てきましたが、ここまで安い製品は、他にはなかなかありません。1、2位を競うコスパの良さだと思います。

 

インテル 第8世代 Hシリーズプロセッサーを搭載

Dell G3 15は、インテル 第8世代 HシリーズプロセッサーであるCore i5-8300HまたはCore i7-8750Hを選択可能です。こちらのCPUの性能を下表に掲載します。Core i5-8300Hでも、旧世代のCore i7-7700HQよりベンチマークスコアが高く、Core i7-7820HKとほぼ同等のスコアです。Core i7-8750Hに関しては、デスクトップ用のCore i7-7700Kよりもスコアが高くなっています。

CINEBENCH R15(マルチコア)

CPUの性能比較
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

 

ゲーミングノートPCとしては非常に薄いボディ

Dell G3 15は、ゲーミングノートPCとしては、かなり薄いボディでスタイリッシュな外観です。

ただし、薄い分、LANポートは、下側が開くタイプになっています。挿すときは問題ありませんが、抜くときはPC本体を浮かせる必要があります。


薄いボディ

 

ホワイトをベースとした清潔感のあるデザインもあり

Dell G3 15は、ゲーミングPCとしては珍しいホワイトのカラーを採用しています。また、アクセントとして、ロゴマークやタッチパッド周り、キー刻印などは薄めのブルーになっており、空や海を連想させるクールなデザインとなっています。


ホワイトのボディカラー


タッチパッド周りやキーの刻印もブルー

 

なお、ホワイトの他にも、ブラック、リーコンブルーといったカラーもラインナップされています。


ブラック、リーコンブルーもあり

 

ゲームベンチマーク

GeForce GTX 1050Ti搭載のDell G3 15(3579)で計測したゲームベンチマークを掲載します。

ゲームにもよりますが、中程度のグラフィック設定ならプレイできるゲームが多いです。

他の同等スペックのゲーミングノートと比較しても、スコアが悪いといったことはありません。

ゲームベンチマーク(平均フレームレート)
重い部類のゲーム
ファイナルファンタジー 15
1920x1080 軽量品質 5191 (やや快適) 51 fps
標準品質 3944 (普通) 39 fps
高品質 2826 (やや重い) 28 fps
重い部類のゲーム
ゴーストリコン ワイルドランズ
1920x1080 軽量品質 67 fps
高品質 42 fps
ウルトラ 22 fps
中程度の重さのゲーム
ファイナルファンタジー 14 紅蓮のリベレーター
1920x1080 標準(ノート) 11974 (非常に快適) 86 fps
高(ノート) 10323 (非常に快適) 71 fps
最高品質 7616 (非常に快適) 51 fps
中程度の重さのゲーム
ファークライ 5
1920x1080 低品質 54 fps
高品質 44 fps
最高品質 41 fps
軽い部類のゲーム
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
1920x1080 17212
※約6000で60fps
軽い部類のゲーム
ドラゴンクエストX
1920x1080 最高品質 16060(すごく快適)
※約5500で60fps

 

GPU-Zで確認したGeForce GTX 1050Tiの情報は次の通りです。ノートに搭載されるGTX 1050Tiとしては普通の仕様です。


グラフィックカードのスペック

 

GeForce GTX 1050Tiのその他のゲームのフレームレートについては、下のページを参考にしてください。

PCゲームベンチマーク一覧

 

液晶ディスプレイのチェック

Dell G3 15の液晶のチェックです。

視野角は広いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。ややメリハリのある画面であることが分かります。


 

色域はやや狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。ギラつきはややありますが、それほど強くは感じません。


画面拡大

 

非光沢液晶ですので、映り込みが低減されています。


画面への映り込み

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mm×縦:約18mmと十分な広さです。キーストロークは約1.2mmと浅めで、キートップはほぼ水平であるものの、底つきの衝撃は少なく、普通に打てるキーボードだと思います。

ただし、Enterキーと隣のキーが、同じフレーム内にあったりするところはやや見た目が悪いです。「Backspace」キーも小さめです。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

CPUは、Hシリーズの第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載可能で、高い性能です。様々な用途で使えるでしょう。


CPU性能の目安
(コメントは筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは選択できません

 

グラフィックス

グラフィックスは、GeForce GTX 10シリーズの中ではエントリーモデルであるものの、ゲームもできますし、動画編集など多く用途で使えます。


グラフィックス性能の目安
(コメントは筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは選択できません

 

ストレージ

ストレージは、256GB SSDのモデルと、128GB SSD+1TB HDDのモデルがあります。128GBだとやや少なめの容量なので、256GB SSD+1TB HDDのモデルもあったら良かったと思います。


ストレージ性能の目安
(コメントは筆者の独自判断)

 

Dell G3 15で計測したベンチマーク

以下、Core i7-8750H、8GBメモリ、GeForce GTX 1050Ti、128GB SSD+1TB HDDのレビュー機で計測したベンチマーク結果を掲載します。

他の同等構成のPCと比べて、スコアが高いとか低いとかはありませんでした。

SDカードリーダーの速度はやや遅めです。

CINEBENCH R15
(CPU性能の評価)

Core i7-8750H
3DMark
(主にグラフィックス性能の評価)


Core i7-8750H、GeForce GTX 1050Ti(4GB)
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-8750H
GeForce GTX 1050Ti(4GB)
x265でエンコード (※1) 16分20秒
NVENCでエンコード (※2) 1分46秒
QSVでエンコード (※3) 3分39秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー

 


※エンコード中のCPUクロック

CrystalDiskMark 6
(ストレージの評価)

128GB SATA SSD
CrystalDiskMark 6
(SDカードリーダー/ライターの評価)

SDカードのベンチマーク(最大95MB/sのUHS-Iのカードで測定)

 

質量のチェック

Dell G3 15の質量は下表の通りです。

ゲーミングノートPCとして、そこまで軽い方ではありません。

質量(当サイトによる計測値)
  質量
PC本体 2.416kg
ACアダプター 626g

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間チェックです。

本製品に搭載されていたバッテリーは56Whでした。普通の容量です。バッテリー駆動時間は使い方によって大きく変わりますが、もしゲームをした場合、駆動時間は1~2時間程度になると思います。

 


 

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ無音です。エンコードをしたり、ゲームをしたりしたときは、他のゲーミングノートPCと比べてややうるさいです。


 

参考までに、当サイトで使用している騒音計が表示する騒音値の目安を掲載します。

使用計器の騒音値の目安
20dB
ほぼ無音
21~25dB
PCに近づかないと音が聞こえないレベル
26~30dB PCから少し離れても音が聞こえるレベル
31~35dB 静かな扇風機くらいの音
36~40dB PCの近くにいると、ややうるさく感じるレベル
41~45dB 少し風量を上げた扇風機くらいの音。一般的なデスクトップPC音
46~50dB 一般的なエアコン音くらい。うるさい
50dB以上 エアコンをハイパワー運転にしたような音。とてもうるさい
※筆者の感覚ですので、感じ方には個人差があります

 

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度も、GPU温度も普通だと思います。


 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

パームレスト部分は熱くならないのでそれほど不快感はありません。キーボード側は温度がやや上がり、やや熱く感じるかもしれませんが、ゲーミングノートPCはこんなものなので妥協しましょう。


 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

ゲーミングノートPCとしては普通の消費電力です。


 

外観のチェック

外観のチェックです。

リコリスブラック、リーコンブルー、アルプスホワイトのカラーがラインナップされていますが、今回は、リーコンブルー、アルプスホワイトの2つについて外観画像を掲載します。

リーコンブルー

派手なデザインではなく、ゲーミングノートPCには見えない外観ですが、ブルーのカラーが個性的で素敵なデザインだと思います。パームレストは、ストライプ状の模様も入っています。指紋も比較的目立ちにくく実用的です。

液晶の周りが樹脂製のブラックのカラーになっており、ここは少し安っぽいです。

 

天板もボディと同じカラーです。

 

スピーカーは底面に配置されています。比較的音は良く、勝手に点数をつけると、10点満点で6点といったところです(普通が5点で、筆者の独断の評価です)。

 

インターフェースは次の通りです。USB Type-Cおよび光学ドライブは搭載していません。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

底面です。

 

見えづらいですが、冷却ファンは2つ搭載されています。

 

ACアダプターは、普通のノートPCよりは大きいですが、薄型でカバンにはしまいやすいです。容量は130Wです。

 

アルプスホワイト

続いて、アルプスホワイトのカラーを掲載します。

ホワイトのボディですが、液晶フレームはブラックとなっています。パームレスト部分は、四角を並べたような模様が入っています。表面の手触りはツルツルしていますが、光沢感は少なく、指紋などは目立ちにくいです。

 

側面もホワイトです。

 

底面もホワイトに統一されています。

 

DELLのロゴは水色になっています。

 

まとめ

以上が、Dell G3 15のレビューです。

GeForce GTX 1050またはGTX 1050Tiを搭載し、エントリー向けという位置づけのゲーミングノートPCです。

非常にコスパが高く、最小構成なら8万円台で購入することが可能です。

安い製品ですが、温度なども特に問題ありませんでしたし、安くてもスピーカーの音質も比較的良かったです。

ゲーミングPCに見えないデザインもいいと思います。シンプルながら個性のあるカラーで、素敵だと思います。

CPU性能も高いので、ゲームだけでなく、動画編集などにも使えると思います。

ただし、光学ドライブおよびUSB Type-Cポートは搭載されていないため、ご注意下さい。

また、SSD+HDDのモデルの場合、SSDは128GBの容量しかありません。大きめのゲームをインストールすると、すぐに容量がいっぱいになってしまうので、もう少し容量の大きいSSDを搭載できると良かったです。

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
デル公式サイト(Dell G3 15(3579))

 

以下のリンク先から、80,000円以上のDELLのパソコンを購入すると、楽天ポイントが2,500ポイントもらえます。どうぞご活用下さい。

 

関連ページ