デル Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1の実機レビュー

更新日:2014年11月18日

13.3型の2 in 1 パソコン

Inspiron 11 7000シリーズ 2 in 1は、パソコンからタブレットへ変形可能な13.3型ハイブリッド・タブレットPCです。

重量が約1.66kgあるため、ピュアタブレットのように片手で持って操作するようなことはできませんが、タブレット形状で床に置いてみんなで画面を見たり、テント型にしてブラウザゲームをしたり、L字型にして動画を観たりなど、便利な場面もあります。

また、スタイラスペンも搭載しています。静電容量式のペンであるため、お絵描きをするのは難しいですが、画面をタップしたりするときはやりやすいです。

液晶にはIPSパネルを搭載し、価格も比較的安く、普通のノートパソコンとしても魅力的です。

※レビュー機は、メーカーからの借用品です

目次

Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1の基本スペック

Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年11月17日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
UシリーズのCore i プロセッサーを選択できます。本機はCore i3-4010Uです。
グラフィックカード
CPU内蔵(インテル HD グラフィックス 4400)です。
液晶ディスプレイ
13.3型ワイドのタッチ対応光沢液晶です。解像度はHDとフルHDのモデルがあります。
メモリ
4GBまたは8GBです。スロットは1つです。
 
ハードディスク/SSD
HDDまたはハイブリッドHDDを選択可能です。SSDは選択できません。本機は500GB HDDです。
光学ドライブ
光学ドライブは搭載していません。
 
バッテリー駆動時間
3セルバッテリー(43 WHr)です。駆動時間は非公開です。当サイトでの実測値は後述します。
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - タブレットへ変形可能

Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1は、液晶が360度回転し、パソコンへもタブレットへも変形できるハイブリッド・タブレットPCです。

重量が重いので、持って作業をする方はほとんどいないと思いますが、床に置いてなら便利なときもあります。みんなでタブレットを囲んでWebサイトなどを見るときはタブレット形状に、ブラウザゲームなどタッチ操作を多くするときは(画面が揺れないように)テント形状に、動画を観るときはL字形状にすると便利だと思います。


変形可能なハイブリッド・タブレットPC

内蔵できるスタイラスペン付属

本製品はスタイラスペンも付属しています。しかも、本体に内蔵できるため、うっかり無くしてしまうことも少ないでしょう。

ただし、電磁誘導式ではなく静電容量式のペンであるため、イラストを描く用途には向いていませんが、小さいリンクをクリックしたりするときに便利です。


内蔵のスタイラスペン(静電容量式)

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイをチェックします。

本製品は、HD(1366x768)と、フルHD(1920x1080)の2種類の液晶を搭載したモデルがありますが、今回はHD(1366x768)の液晶をチェックします。

まず視野角ですが、IPS液晶を使用しているため、とても広いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、明部が下げ調整で、暗部がやや上げ調整となっています。実際のガンマ曲線はS字になるため、メリハリのある画面になっていることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はやや狭いです。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状はシンプルです。ギラつきは感じません。


 

光沢液晶ですので、映り込みはあります。


映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mmx縦:約18mmで、キーストロークは約1.2mmでした。キートップはほぼフラットであるものの滑りにくいです。キースストロークが浅めですが、キーピッチは十分あるため、慣れれば普通に打てると思います。

欲を言えば、Enterキーがもう少し大きければ良かったです。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。クリックボタンは比較的軽い力で押せるため、押しやすいです。


タッチパッド

 

キーボードバックライトも搭載しています。


キーボードバックライト

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

UシリーズのCore i プロセッサーを搭載し普通の処理性能です。ただ、ストレージにSSDを選択出来ないのは残念です。

Core i3-4010U、4GBメモリ、500GB HDD構成でのベンチマーク結果は次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

PCMARK 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i3-4010U
x264でエンコード 44分53秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 17分03秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


500GB HDD

重量のチェック

重量の実測値は下の図の通りです。

PC本体は実測で1.666kgでした。モバイルノートパソコンとして見るとやや重いですが、自宅内でのみ使用するノートパソコンとしてみると軽いと思います。


重量の実測結果

 

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1は、43WHrのバッテリーを搭載しています。

当サイトで計測した結果は下表の通りです。やや長めの駆動時間です。ただし、CPUがCore i5やCore i7になると、もう少し駆動時間は減ると思います。

バッテリー駆動時間
  Core i3-4010U
動画再生時 ※1 7時間31分
PCMark 8(Home accelerated) のバッテリーライフテスト ※2 4時間35分
※画面輝度は約120cd/m2で計測
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターのチェックです。

SDカード挿入後の出っ張りはほとんどありません。


SDカード挿入後の画像

 

内蔵カードリーダー/ライターの速度はあまり速くはありません。


 


  1 2 次へ
  目次