会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ウイルス対策ソフト/セキュリティソフト > セキュリティソフト > FFRI yarai Home and Business Edition

FFRI yarai Home and Business Editionのレビュー

更新日:2018年1月25日

よりセキュリティを強固にしたい方へ

FFRI yarai Home and Business Editionは、今よりも、もっとセキュリティ環境を強固にしたい方へおすすめのセキュリティソフトです。

今インストールしているセキュリティソフトと同居することができ、強力にPCを守ることが可能です(同居可能なソフトはこちら)。

本ソフトは、未知のマルウェア対策専門のセキュリティソフトで、ランサムウェア、バンキングウェア、ゼロデイ攻撃などに強く、パターンファイルベースの既存のセキュリティソフトではカバーできなかった範囲を補うことが可能でしょう。

なお、Windows OSのみインストール可能となっています。


目次

リンクをクリックするとページ下へスクロールします。お忙しい方は「1」をお読みください。特徴を簡潔にまとめています。

FFRI yarai Home and Business Editionの特徴

未知の脅威にめっぽう強い


5つのふるまい防御エンジン

他のコンシューマ向けセキュリティソフトに比べて、未知の脅威を発見・防御する機能が極めて優れています。

例として、WannaCryのランサムウェアが発見されたとき、他のセキュリティソフトはその日に対応されたケースが多かったですが、yaraiは1年以上前のエンジンで既にブロックできたそうです。

一方、パターンファイルによる検出機能は備えていません。未知マルウェアの検出に特化したセキュリティソフトとなっています。

ノートンなど他のセキュリティソフトと同居可能


他のセキュリティソフトと同居して使うことも可能

FFRI yarai Home and Business Editionは、パターンファイルによる検出機能を備えていません。そのためパターンマッチングによる検出は、他のセキュリティソフトに任せることになります。

元々性能の高いカスペルスキーやノートンと言ったセキュリティソフトと組み合わせれば、かなり強固なセキュリティ環境を構築することができます。

AvastやAVIRAなどの性能の高い無料セキュリティソフトと一緒に使うのも良いでしょう。

また、Windows標準のWindows Defenderと一緒に使うことも可能です。

こちらのページの下の方に、同居可能なセキュリティソフトが記載されているので、確認してみると良いでしょう。

金融サービスや中央省庁で高い実績


金融サービスや中央省庁で高い実績

コンシューマ向けソフトとしては、あまり聞いたことのない製品かもしれませんが、金融サービスや中央省庁では高い実績があり、60万ライセンス以上利用されています。

特に、標的型攻撃の対策ソフトとして、非常に高い評価を得ています。

セキュリティが重要視される企業では広く使われており、安心して使っていいと思います。

日本国内


純国産のセキュリティソフト

FFRI yarai Home and Business Editionは、日本で創業された純国産のセキュリティソフトです。

「海外のセキュリティソフトは、情報を収集するようなソフトが入っていそうで信用できない」といった方もいると思います。

有名なセキュリティソフトの場合、そのようなことはまずないですが、不安な方は、本ソフトが最適です。

さらなるセキュリティを求める方に


セキュリティをさらに高めたい方に

FFRI yarai Home and Business Editionは、パソコンの中に、顧客資料や社内秘密文書など、漏えいしてはならないファイルを保存している場合に、特に最適なセキュリティソフトです。

既にインストールしているセキュリティソフトと併用することで、非常に高いセキュリティとなります。

価格は高い


価格は高め

FFRI yarai Home and Business Editionの価格は高めです。

 

マルウェア対策性能

FFRI yarai Home and Business Edition、未知ウイルス特化型のセキュリティソフトであるため、パターンマッチングによる検出機能は持っていません。そういったこともあり、有名な第3者機関での評価結果は存在しません。

そのため、Windows標準のWindows Defenderでも良いので、パターンマッチングによる検出ができるセキュリティソフトと併用して使うことになります。

なお、未知ウイルスは、下図の5つのマルウェア検出、脆弱性攻撃防御エンジンにより検出し、性能は非常に優れています。特に流行りのランサムウェアやバンキングウェアに強くなっています。他のセキュリティソフトと同居して使えるため、ランサムウェアやバンキングウェア対策を、さらに強化したい場合に効果的です。ノートンやカスペルスキーなど、元々性能の高いセキュリティソフトと組み合わせれば、かなり強固な防御が可能でしょう。

また、一般的なセキュリティソフトでは検知が難しい、PCにアプリケーションをインストールしないファイルレス攻撃にも効果的です。


5つのふるまい防御エンジン

 

5つのふるまい防御エンジンの詳細は次のようになっています。

5つのふるまい防御エンジンの詳細
ZDPエンジン

メールや Web ページ閲覧時の攻撃など、既知・未知の脆弱性を狙ったウイルス攻撃を防 御します。独自の「API-NX」技術(特許第 4572259 号)で、任意コード実行型脆弱性の攻撃 を防御します。

スタティック分析エンジン

プログラムを動作させることなく分析します。「PE 構造分析」「リンカー分析」「パッカー 分析」「想定オペレーション分析」 など多数の分析手法「N-Static 分析」で検知します。

サンドボックスエンジン

仮想 CPU、仮想メモリ、仮想 Windows サブシステムなどで構成される仮想環境上でプロ グラムを実行します。独自の「U-Sandbox 検知ロジック」で命令の組み合わせに基づいて検知します。

HIPSエンジン

実行中プログラムの動作を監視します。他プログラムへの侵入、異常なネットワークアク セス、キーロガーやバックドア的な動作などの挙動を、独自の「DHIPS ロジック」 で検知 します。

機械学習エンジン

FFRI が収集したマルウェアに関するビッグデータを元に実行中のプログラムを監視しま す。ビッグデータ上の振る舞い特性を抽出し、 機械学習で分析した特徴により端末上の悪意 ある挙動を検知します。

※製品マニュアルからの引用

マイナーなアプリは誤検知もややあるが監視対象外の設定は簡単

FFRI yarai Home and Business Editionを実際に使ってみると、メジャーなアプリが誤検知することはまずありませんでした。ただし、マイナーなアプリをダウンロードすると、マルウェアと誤検知することもありました。ただし、監視対象外リストへ入れる設定は簡単であるため、安全と分かっているアプリについては難しい設定は必要とせず、監視対象外にすることができます。


誤検知したときの画面


監視対象外リストへの登録画面

動作の軽さ

実際に普段使っているモバイルノートパソコンに、カスペルスキー セキュリティと同居させ、FFRI yarai Home and Business Editionをインストールし、約1ヵ月使用してみました。

パソコンのスペックは、Core i5-7300U、12GBメモリ、512GB SSDとなっていますが、重いと感じることはありませんでした。常時CPU負荷のかかっているプロセスもありませんでした。

古いパソコンにインストールした場合はどうなるか分かりませんが、比較的新しいパソコン(特にSSDを搭載したPC)であれば、特に重さは感じることなく使えると思います。

FFRI yarai Home and Business Editionの操作画面

「ステータス」画面


メイン画面

FFRI yarai Home and Business Editionの管理画面を開いたときに最初に表示されるステータス画面は図のようになっています。

Windows Defenderが「×」になっていますが、今回はカスペルスキー セキュリティをインストールしており、Windows Defenderが無効になっているためです。

「スキャン」画面


「スキャンを開始する」画面

「スキャン」のタブをクリックすると、次のような画面が表示されます。

スキャンは、重要なファイルのみ検査する「クイックスキャン」やすべてのドライブを検査する「フルスキャン」などを選択できます。

「マルウェア管理」画面


「マルウェア管理」画面

「マルウェア管理」のタブをクリックすると、次のような画面が表示され、検出されたマルウェア一覧が表示されます。

誤検出の場合は、この画面で「監視対象外リストに入れる」のボタンを押します。

「ログ管理」画面


「ログ管理」画面

「ログ管理」のタブをクリックすると、次のような画面が表示されます。

「設定」画面


「設定」画面

「設定」のタブをクリックすると、次のような画面が表示されます。

各エンジンのON/OFFや、リアルタイムスキャンの対象を選択することなどが可能です。

価格

FFRI yarai Home and Business Editionの価格は高いです。

1年1台版で7,776円という価格で、他社ならこの価格で3台版を購入できます。

5年版なら23,328円と、1年あたり4,666円になるため、そこまで高くないですが、初めて使うソフトを、5年版で購入するのは勇気がいると思います。体験版があればよかったと思いますが、残念ながらありません。

なお、対応OSはWindowsのみとなっています。

FFRI yarai Home and Business Editionの価格
年数 標準価格
1年1台版 7,776円(税込)
3年1台版 16,200円(税込)
5年1台版 23,328円(税込)

 

ユーザーの評判・口コミはこちら

他のセキュリティソフトの口コミ情報・評価はこちらです。セキュリティソフトを実際に購入したユーザーが、どのような製品を検討し、最終的にどのソフトを選んだのかが書かれています。


まとめ

FFRI yarai Home and Business Editionは、5つのふるまい防御エンジンを搭載し、未知のマルウェアに強いセキュリティソフトです。ゼロデイ攻撃、ランサムウェア、バンキングウェアなど流行りの攻撃に強いです。

他のセキュリティソフトと同居して使うことが可能であるため、ノートンやカスペルスキーなどと組み合わせて使えば、かなり強固なセキュリティ環境を作ることが可能です。

ただし、かなり価格が高いため、セキュリティ意識の強い方向けの製品となります。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

FFRI オンライン・ショップ