会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ウィルス対策ソフト > ELECOM > イカロス モバイルセキュリティ Android版

イカロス モバイルセキュリティ Android版 のレビュー

更新日:2019年7月18日
各種機能が説明されていて、わかりやすい

イカロス モバイルセキュリティは、オーストリアのIKARUS Security Softwareが開発している、Android用のセキュリティソフトです。

イカロスという名前に馴染みがないかもしれませんが、日本ではPCのサプライ品で有名なELECOMが販売を行っており、専門のソフトウェア担当によるサポートが受けられます。

モバイルセキュリティに必要な機能は一通り揃っています。ウイルス対策性能も、第三者機関から高く評価されています。

インストール後のチュートリアルや、各種機能に説明を表示することができるなど、難しいセキュリティの機能が分かりやすくなっているのも特徴的です。

複数台や複数年のライセンスはありません。Androidデバイスだけを保護したいという方に適しているでしょう。

公式サイトはこちら

目次

機能一覧

イカロス モバイルセキュリティを立ち上げると、メイン画面は下記のようになっています。システム保護の状況を一目で確認することができます。また、メイン画面から、主要な機能の設定画面を開くことができます。

アンチウイルス機能に加えて、アプリの監視、WEBフィルタリング、盗難防止といった、多くのモバイル用セキュリティソフトが備えている機能は、一通り揃っています。

それぞれの機能は、下記の機能一覧に示す通りです。それぞれの機能を選択したときの画面と詳細については、続く部分をご覧ください。

イカロス モバイルセキュリティのメイン画面
機能一覧
  機能説明
アンチウイルス ウイルスに加え、アドウェアも検知可能
監視 インストールやアップデートされるアプリを監視
セキュリティアドバイザー デバイスの設定を解析し、セキュリティを向上
プライバシーコントロール 各アプリに与えられている権限を分かりやすく表示
盗難防止 デバイスの紛失や盗難時のサポート機能
WEBフィルタリング フィッシングサイトやマルウェアを含む有害サイトを検知

 

アンチウイルス

イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「アンチウイルス」をタップした時の画面です。ウイルススキャンの設定や、更新設定を行います。

手動でのフルスキャンを行ってみましたが、スキャンには結構時間がかかる印象を受けました。そのためか、デフォルトでは、自動スキャンが有効になっていません。頻度は設定できるので、自動スキャンもONにしておいた方が安心だと思います。

「アンチウイルス」画面

 

第3者機関による検出率

Android用のセキュリティソフトにおいて最重要なのは、ウイルスを含むマルウェアに対する対策性能です。そこで、第三者機関による、イカロス モバイルセキュリティのマルウェアの対策性能の評価を確認しました。結論を先に書くと、マルウェアの対策性能は”やや高め”だと思います。

代表的な第三者機関として、オーストリアのAV-Comparativesがありますが、Android用のセキュリティソフトの真正性を確認したAndroid Test 2018 - 200+Appsでは、最も一般的な2,000のマルウェアに対して、99.9%の検出率を示しています。テストされた204のアプリのうち、28のソフトが検出率100%となっており、イカロス モバイルセキュリティはそれに次ぐ29番目の順位となっています。

次に、ドイツの独立機関であるAV-TEST.orgの評価結果を確認します。直近の3回のテストでは、保護能力を示す「Protection」の項目ではまずまずの評価を得ています。満点とはいきませんでしたが、平均よりは高めの検出率となっているようです。AV-TESTによる認証も取得しているので、安心して使用できるレベルの保護の力を持っていると言えるでしょう。

2018年9月のテストでは、「Usability」の項目で評価を落としています。これは、平均よりも誤検出が多かったからのようです。ただ、多いと言っても、2,254のサンプルに対して、平均では1件の誤検出だったのに対して、イカロス モバイルセキュリティは3件の誤検出です。著しい問題になる程度ではなさそうです。

AV-TEST.org | Android
  2018年7月 2018年9月 2018年11月
Protection 5.5 5.5 5.5
Usability 6.0 4.5 6.0
認定
※Protection:ウイルス、ワーム、トロイの木馬などマルウェア全般からの保護能力
※Usability:誤検出などPCの利便性を損なわないようにする能力
※各項目の最高点は、6点となります

 

最後に、中国の第3者機関であるPCSLにて実施された「Android Malware Detection Test」の結果です。日本でも有名ないくつかのセキュリティソフトも参加しているテストですが、このテストでは連続して満点評価を得ています。

PCSL | Android Malware Detection Test
  2018年6月 2018年9月 2018年12月
Detection Rate 100% 100% 100%
False Positive Counts 0 0 0
Total Score 100 100 100
Monthly Award 5 Star 5 Star 5 Star
※Detection Rate:マルウェアの検出率
※False Positive Counts:誤検出率
※Total Score:トータルスコア
※Monthly Award:星の数で性能を評価。5 Starが最高評価

 

第三者機関による評価を総合して考えると、最高レベルの検出率とは言えませんが、実用上問題のない”やや高め”の性能を備えていると思われます。

監視

下図は、イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「監視」をタップした時の画面です。通常、左の画像のように表示されます。説明を見たいときは、赤枠で囲ったiのマークをタップすると、右の画像のように、それぞれの説明が開きます。

アプリ、SDカード、USSDコードを監視することが可能です。「USSDプロテクト」では、マルウェアやデバイスに害を及ぼすUSSDコードのチェックを行います。日本ではUSSDはほとんど使用されていないので、特に意識する必要はないでしょう。

「監視」画面

 

セキュリティアドバイザー

イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「セキュリティアドバイザー」をタップした時の画面です。

提供元不明のアプリ、スマホの暗号化、USBデバック、スクリーンロック、スマホのルート化、Wi-Fi接続についてチェックし、セキュリティを高めることができます。

「セキュリティアドバイザー」画面

 

プライバシーコントロール

イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「プライバシーコントロール」をタップした時の画面です。

アプリのタブを選択すると、不正な権限が与えられ、プライバシーを守る点でリスクとなるアプリがないかを確認できます。

パーミッションのタブを選択すると、ストレージ、アカウント情報、位置情報、電話帳、カメラなどへのアクセスが許可されているアプリを確認することができます。たまにチェックして、ほとんど使わないアプリにアクセス許可が与えられている場合は、見直しやアプリの削除を検討するといいでしょう。

「プライバシーコントロール」画面

 

盗難防止

イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「盗難防止」をタップした時の画面が左側の画像です。

盗難防止機能をONにしておけば、紛失・盗難した場合に、他のスマホなどからSMSでリモートコマンドを送ることで、データ削除、端末のブロック、端末の検索、アラーム起動を行うことができます。また、SIMカードが別のSIMカードに入れ替えられると、デバイスをロックします。

右の画像は、実際に、端末をブロックするリモートコマンドを送って、デバイスをロックしたときの画面です。紛失した場合は、拾った人からメールか電話での連絡をもらえるかもしれません。

これら紛失・盗難したときの操作は、SMSでリモートコマンドを送ることでしか利用できないので、ちょっと不便に感じるかもしれません。Webのポータルサイトを利用してデバイスを探したり、ロック操作を設定回数以上間違ったときにカメラで画像を撮影するといった機能も搭載されているとよかったです。

「盗難防止」画面 

 

WEBフィルタリング

下図は、イカロス モバイルセキュリティのメイン画面で、「WEBフィルタリング」をタップした時のものです。

個人情報を盗もうとするフィッシングサイトや、マルウェアを含む有害なサイトをブロックします。

右の画像は、実際のフィッシングサイトを開こうとして、イカロス モバイルセキュリティによってブロックされたときの画面です。

マイナーなブラウザではブロック機能は働きませんでした。この機能を使用するためには、メジャーなChromeやFirefoxといったブラウザを使う必要があるようです。

また、ブロックの精度ですが、Chromeのセーフ ブラウジングでブロックされるサイトが、イカロス モバイルセキュリティではブロックされない、ということが結構ありました。精度はあまり期待できなさそうです。

例えば、ブラウザにChromeを使用する場合、セーフ ブラウジングをONにして、イカロス モバイルセキュリティのWEBフィルタリングはサブ的な位置付けで使用するのがいいのかなと思います。

「WEBフィルタリング」画面

 

サポート

イカロス モバイルセキュリティに関する問い合わせは、電話、もしくはWEBフォームで行うことができます。

問い合わせ先は、エレコム総合インフォメーションセンターとなります。こちらへ問い合わせをすると、専門のソフトウェア担当からのサポートを受けることが出来ます。

問い合わせ窓口:ELECOM お問い合わせ

電話対応時間:年中無休 9:00 ~ 19:00

 

価格

イカロス モバイルセキュリティ Android版には、月額版と1年版のライセンスがあります。月額ライセンスは長く使うと割高なので、1年版の方がいいでしょう。1台・1年版に限定するならば、価格は普通だと思います。

ただ、最近は、Androidデバイスだけでなく、PCやMacも含めて複数台にインストールできるマルチデバイス対応のライセンスや、複数年版など、自分や家族の持つデバイスをトータルでお得に保護できるセキュリティソフトが多いです。イカロス モバイルセキュリティ Android版にも、マルチデバイス・複数年にも対応したお得なライセンスがあればよかったのですが、そういったライセンスはありません。

イカロス モバイルセキュリティ Android版 の価格
台数 期間 標準価格[税込]
1台版 月額ライセンス 324円
1年 2,130円
※販売価格は、2019年7月18日現在のELECOMでの価格

 

まとめ

イカロス モバイルセキュリティ Android版は、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、ELECOMが日本での販売を行っているので、安心できると思います。

特徴の一つは、分かりにくい機能の説明を簡単に見ることができ、どんな保護を受けることができるのかが分かりやすい点です。インストール時もチュートリアルが表示されるので、導入もしやすいと思います。

マルウェア対策を含め、機能全般のレベルは、最高レベルではないものの、十分実用できる高い性能です。

デメリットは、マルチデバイス対応や複数年版のライセンスがない点です。せめて更新ライセンスの価格が新規ライセンスよりも安かったらよかったと思います。

対象のELECOMの製品を購入すると、イカロスの90日間体験版が使用できます。また、イカロスの1年版が付いたmicroSDHCカードなども販売されています。こういった製品も検討してみるといいでしょう。

無料体験版はこちら

30日間無料体験版もあります。下記のページから体験版をダウンロードできます。

無料体験版はこちら

 

購入はこちら

イカロス モバイルセキュリティ Android版の1年版は、以下のメーカーサイトから購入できます。

ご購入(メーカーサイト)はこちら

 

イカロスがバンドルされたELECOM周辺機器はこちら。

ご購入はこちら

 

関連ページ

他社のセキュリティソフトとの比較はこちらをご覧ください。