会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ウイルス対策TOP > セキュリティソフト > F-Secure SAFE Mac版

F-Secure SAFE Mac版 のレビュー

更新日:2019年6月19日
機能が多めのセキュリティソフト

F-Secure SAFE Mac版は、機能が多めのセキュリティソフトです。ペアレンタルコントロール機能を搭載していますし、ID・パスワードを管理するF-Secure Keyという無料ソフトも利用できます。また、VPNソフトのF-Secure FREEDOME VPNというソフトも有料で使用することができます。

基本的なマルウェアからの保護性能については、第三者機関からの評価が、テストを行うタイミングで高かったり、低かったりとムラがあります。

また、価格もやや高めな気がします。

公式サイトはこちら

目次

F-Secure SAFE Mac版の特徴

大手販売店では扱いなし

F-Secure SAFE Mac版を含め、F-Secureのセキュリティソフトは、Amazonやヨドバシカメラなど大手の販売店ではほとんど扱われていません。

大きな原因は、2015年のF-Secure社の元社員によるものと思われる、Facebookの特定のページに「いいね」を押した約400人の個人情報がTwitterで公開されるという出来事が発端となっています。

セキュリティ会社という特性上、多くの批判の声が上がり、口コミによる評価も急降下したため、現在ではF-Secure社のサイトから直接ダウンロード版を購入するのが、主な入手経路となっているようです。


最大25台までのライセンス

最大25台のライセンス契約

F-Secure SAFEは、最大25台までのサブスクリプション契約が可能となっています。

ただ、家族内の複数のデバイスを保護するためであれば、家族内台数無制限に導入できるソフトなどもあり、そちらの方がお得です。

SOHOや規模の小さな事務所などで複数のデバイスを保護したい場合は、ライセンスの管理が簡単になるというメリットがあるかもしれません。

 

ペアレンタルコントロール機能搭載

ペアレンタルコントロール機能

マルチデバイスに対応したセキュリティソフトでも、Windows版にはペアレンタルコントロール機能を搭載していても、Mac版では省かれていることが少なくありません。

しかし、F-Secure SAFE Mac版には、ペアレンタルコントロール機能が搭載されています。デバイスの使用時間の制限、デバイスを使用できない時間帯の設定、Webコンテンツのフィルタリング設定を行うことができます。My F-SecureというWebコンソールで設定の変更が行えるのも便利です。

 

オンラインバンキング保護機能

オンラインバンキング保護

偽の銀行サイトによりログイン情報を盗まれないように、アクセスしている銀行サイトへの接続の安全性を識別してくれます。

画像で示すように、銀行サイトに接続すると、「信頼できる銀行のWebサイトを開きました」と表示が出ます。

ちなみに、ローカルな信用金庫などでもちゃんと表示されましたので、安心感があります。

 

マルウェア対策性能

F-Secure SAFE Mac版のマルウェア対策性能は、”ムラがある”と思います。

まず、オーストリアのAV-Comparativesの評価を掲載します。下表のMac Security Test & Reviewは、Webサイトを閲覧中の実利用環境で、どの程度マルウェアを防ぐかをテストしたものです。

2018年のテストでは99.7%の保護率を記録しています。ただ、参加した10のセキュリティソフトのうち6つが100%の保護率を示しているので、特別高い保護率とは言えません。なお、2018年より前のテストには参加しておらず、データがありません。

AV-Comparatives
  2016年 2017年 2018年
保護率 99.7%
※AV-Comparatives:Mac Security Test & Reviewのテスト結果

 

次に、ドイツの独立機関であるAV-TEST.orgの評価結果を確認します。

ここで重要なのは、「Protection」の項目です。2018年12月のテストでは、「Protection」は満点の6点となっていますが、2018年6月は4.5、2017年12月は3となっており、低い評価です。

そのため、最近では保護性能が向上しているのかもしれませんが、高い保護性能を安定して継続する点では実績不足です。保護性能の高い時と低い時があるため、保護性能のムラがやや気になります。

AV-TEST.org
  2017年12月 2018年6月 2018年12月
Protection 3 4.5 6
Performance 6 5 5
Usability 6 6 6
※The best antivirus software for MacOS Home Userのテスト結果

 

動作の軽さ

F-Secure SAFE Mac版の動作の軽さは”普通”だと思います。

上述のAV-TEST.orgによるテストでは、動作の軽さを評価する「Performance」の項目で高めの評価を得ています。ただし、詳細を見てみると、ファイルのコピー速度は、平均値よりも遅くなっています。

アプリのダウンロードやインストール、アプリの起動に及ぼす影響は、平均並み、もしくは平均値以下なので、トータルで考えると、動作の軽さは普通だと考えます。

機能一覧

F-Secure SAFE Mac版は、下記のような機能を備えています。

基本的なマルウェアからの保護機能だけでなく、バンキング保護や家族のルール(ペアレンタルコントロール)の機能なども備えています。また、無料のF-Secure KEYを別途インストールすることで、IDやパスワードの管理も行えるようになります。

機能一覧
  機能説明
ウイルス保護 ウイルス、アドウェア、スパイウェアなどマルウェアからの保護
ブラウザ保護 プライバシーを守り、危険なWebサイトから保護
ランサムウェア保護 重要なデータを勝手に暗号化するランサムウェアから保護
バンキング保護 信頼できる銀行のWebサイトに接続したときに通知を表示
家族のルール 使用時間の制限、有害コンテンツのブロックなどで子どもを保護

操作画面

「メイン」画面

F-Secure SAFE Mac版を開いた時の画面です。

Macの保護状況を確認できます。また、手動でのスキャンの開始や、F-Secure SAFEの設定を行うことができます。

メイン画面

 

「ファミリールール」画面

F-Secure SAFE Mac版の左側のメニューで、「ファミリールール」をクリックしたときの画面です。

デバイスの使用制限、ベッドタイム、コンテンツフィルタ、つまりペアレンタルコントロール機能の設定を行えます。

なお、子どもの使用するMacのアカウントでファミリールールを設定しておけば、My F-SecureというWebコンソールを使用して、設定を変更することができ、便利です。ただし、子どもによるデバイスの使用状況や、アクセスしたWebサイトに関する情報などの確認はできません。

「ファミリールール」画面

 

「ツール」画面

F-Secure SAFE Mac版の左側のメニューで、「ツール」をクリックしたときの画面です。

F-Secure SAFE Mac版の全ての機能にアクセスできます。シンプルで分かりやすくなっていますが、通常は、ほとんど操作する必要がない部分です。

「ツール」画面

 

「My F-Secure」画面

F-Secure SAFE Mac版の左側のメニューで、「My F-Secure」をクリックしたときの画面です。

WebコンソールであるMy F-Secureにアクセスすることができます。

「My F-Secure」画面
My F-Secureにアクセスしたときの画面
My F-Secureからファミリールールの設定が可能

 

サポート

電話とチャットでの問い合わせが可能です。

問い合わせ窓口:F-Secure:サポート

電話対応時間:月~金 9:30~12:00, 13:00~17:30

 

価格

価格は下表のようになっています。マルチデバイス版なので、Macだけでなく、Windows、Android、iOSにも導入可能です。

一般的な3台版や5台版の価格を他ソフトと比較した場合、やや高めの価格だと思います。

他のセキュリティソフトと異なる点として、7台~25台までの多数のデバイスに対応したライセンスが販売されています。それでも、契約する台数が増えても、それほどお得さは高くありません。大人数の家族で使用する場合などは、マカフィーのような台数無制限のソフトの方がコスパが高いでしょう。

F-Secure SAFE の価格
台数 年数 標準価格[税込]
3台版 1年 6,755円
2年 12,499円
5台版 1年 9,570円
2年 18,135円
7台版 1年 11,900円
2年 22,800円
10台版 1年 16,100円
2年 31,000円
15台版 1年 23,850円
2年 45,067円
20台版 1年 30,480円
2年 58,326円
25台版 1年 37,110円
2年 71,585円

 

まとめ

F-Secure SAFE Mac版は、ペアレンタルコントロール機能、ネットバンキング保護機能、ID・パスワード管理機能など、付加的な機能が豊富なセキュリティソフトです。

一定の利用があったようですが、元社員による個人情報公開の問題が起こった2015年を境に、F-Secureを愛用していたユーザーが一気に離れてしまった感じがします。

また、以前は価格が非常に安かったのですが、現在は値上がりしており、メジャーなセキュリティソフトと比較しても、やや高めで強気の価格になっています。メインターゲットが個人ユーザーではないのかもしれません。

体験版ダウンロード

体験版のダウンロードはこちら↓です。

体験版ダウンロードはこちら

購入はこちら

F-Secure SAFE は、下記のメーカーサイトから購入できます。

製品の購入はこちら

 

関連ページ

他社のセキュリティソフトとの比較はこちらをご覧ください。